*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

頭を使ってメニューを考える

IMG_6211


手前より時計回りで、
鶏むね肉と玉ねぎの鶏南蛮風
ニラとひじきのさっと煮
人参と豚小間のウスターソース炒め煮
春菊のサラダ

IMG_6212


鶏もも肉とキノコのお汁

以上を作り、自家製酵母(酒粕酵母)の丸パン、エピを、焼いた。

お友だちの仕事、とある場所でごはんを作る仕事。
で、何かのヒントになれば、ということで。

手に入れやすい材料か、
決まった予算内でできるか、
バランスのいい食材か、
まずは、それを考える。

次に、
味付けは、甘い、酸っぱい、辛いなどのバラエティーはあるか、
ひとりで時間内に作れるか、
鍋やフライパン等、ある道具で作れるか、
などを考える。

そして、なるべく、ひとりで作ってもらう。

パンはおまけだったから、ちょっと忙しかったけど、
たぶん、上記のメニューだけだったら、
ひとりでも、時間内に、十分作れると思う。

・・・

次、また、考えてね、と言われた。
何にするかな〜〜〜?

上記の範囲内でメニューを考えなくてはならない。
これ、頭の体操!

圧力鍋、オーブンがあれば、もっと楽に、
そして、レパートリーはうんと広がると思う。

が、ない・・・

ので、ある道具で作るしかない。

次は、もう少し、洋っぽいメニューにするかな、と思う。
シチューとか、グラタンとか、冬にはいいよね、と思う。

が、圧力鍋もオーブンもない。
う〜ん、どーするか・・・  



ひとり用の茶こし

IMG_6190


11月に行った、名古屋で買った。
ひとり用の茶こし。
少し深めなのと、取ってがついているのが便利。

グラスは、二重になっていて、
熱いものを入れても、冷たい氷水を入れても大丈夫な作り。

これは、嫁のちぃ〜ちゃんが、ゆめ〇ウンのシールを集めて、
安く手に入れたもの。
ガラスだから、緑茶や紅茶の色が、とってもきれいに出る。

・・・

午前中は、10時に、ちぃ〜ちゃんがお茶とお菓子を出してくれる。
午後からは、わたし一人だから、お茶は自分で入れなくてはいけない。

めんどくさがり屋のわたしは、
たいていは、ちぃ〜ちゃんが作って冷蔵庫に入れておいてくれた、
いろいろなお茶や、アイスティー、アイスコーヒー(夏場)を飲む。

ただ、さすがに、12月にもなると、温かい飲み物が欲しい。
のでので、
一人前を簡単に作る、この茶こしは便利。






適当パン焼き上がり

IMG_6199


余り粉の、適当なブレンドのパン、焼けた。
中には、クリームチーズと枝豆入り。
上には、残り物のピザチーズをかけた。

粉量200グラム、小さく焼くのはめんどくさい、から・・・
適当に、二分割して焼く。
大き目のパンは息子の家、小さめのパンは我が家用。

IMG_6200


食べるときは、切って、バルミューダで、焼く。

IMG_6202


夜だと、ワインに合う、パンになる。
朝だと、コーヒーに合う、パンになる。

適当、だけど・・・ 
いや、
適当、だから・・・ なんでも、合う!?

・・・

以前は、もう少し、いろいろなものにこだわった。

例えば、パンの中のフィリング、
ベーコンだとここのベーコン、ナッツだったらここのナッツ、
などなど・・・

でも、最近は、そんなこと、ぜんぜん構わない。

事務所の近くの、超〜庶民のスーパーにある材料を買って、
それでできるパンを作る。

垣根のうんと低いパン作りだ。

ではでは、以前のこだわりパンとの違いは、と、問われると?

ない! 

もしあるとすると、
今は、気軽に作れるから、回数多く焼ける、ってことかな?

いいのか、悪いのか、それは?だけど、
今は、気持ち的にも、時間的にも、お財布的にも、
適当パンが合っている。

・・・

1980年に結婚した。
その当時、家でパンを焼く人は、ほとんどいなかった。
まだ、ホームベーカリーなんて便利な道具はなかった。

結婚するとき、電子レンジは、オーブン付きのを買ってもらった。
パンを焼こうと思ったから。

結婚後、日立クッキングスクールみたいなのに行った。
日立のオーブンを使って焼く、パン教室だった。

習ったのは、ロールパン。
これが、なかなか難しかった。

今思えば、ロールパンの形を作るには、
生地を二等辺三角形に伸ばして、くるくる巻くんだけど、
この二等辺三角形の形が上手にできない。

で、適当にやればいいものの・・・
まだまだ、かわいいお年頃だったから!?
テキスト通りにまじめにやってたんだよね・・・

うまくできないから、やり直して、やり直して、
パン生地は乾燥してくるし、パン生地は傷むし・・・
結果、ふくらみの悪いパンになるの。

いろんな理屈もわからなくて、とにかくロールパンに苦戦した。

もし、タイムマシンがあって、その頃のわたしに会いに行けたら・・・

「ロールパンなんて、やめなよ!
 丸パンの方がうんと簡単だ。
 適当に二分割して、コッペパンだっていいんだよ!

 塗り玉(焼く前に卵の黄身を塗る)なんてしなくていいんだよ!」

などなど、教えてあげる。

家の冷蔵庫にあるような材料を使って、
簡単にできるパンを、教えてあげる。

あ〜、パンだけじゃなくて、
お料理だって、その他の家事だって、なんだって・・・

それに、その他、いろいろ、教えてあげる。

振り返ると、無駄な時間、無駄なこと、いっぱいやってたな。。。

でも、それが、若さ、だったのか・・・も、しれない。

☆ばーさんになると、過去を振り返り、
 あーでもない、こーでもない、思うけど・・・
 でも、済んだことだ。

 しゃあないね・・・

 それよっか、心配するのは、自分の未来だ。。。













適当ぱん、なのだ♪

IMG_6198


事務所で、パンを焼く。
12月に入って忙しい日々が続くが、
パン焼きは、いい気分転換、かなぁ?

お友だちから、新鮮な酒粕をいただいたから、
酒粕の自家製酵母を起こし、今、元種を作っている最中。

酒粕酵母のパンは、もう少ししないと焼けないが、
せっかく、新鮮な酒粕があるからと、
パン種の中に、適当な量、少しばかりちぎって入れてみる。

バターも、適当にちぎり入れてみる。
☆性格なのか・・・
 バターを10グラム量って切るのが、めんどくさい・・・
 なので、適当、なのだ・・・

バターを、ちぎるのもめんどくさいときは、
オイルをたらりと、大さじ1弱程度入れる。
こちらも、最初は、大さじを使っていたが、今は、目分量。

とにかく、わたしのパン作りは、適当、なのだ。
キッチリやっていたら、たぶん、続かない・・・
適当だから、なんとなく続いている、と思っている。

↑ 60年も「自分」と付き合っているから、
  どこが、自分の続けるポイントか、よくわかる。

ということで、酒粕入り自家製酵母のパン種を仕込んだ。

IMG_6195


こちら、先日、仕込んだ、余りものの粉をブレンドしたパン。
ブレンド、というとカッコイイが、こちらも適当な配合。
二度と同じ配合のパンは、できない・・・

これで、枝豆とクリームチーズを入れたパンを焼く。
事務所の冷凍庫に、いつのかわからない、ピザチーズがあったから、
こちらをも最後に乗っけて焼く。

事務所の包丁は、それなりしか切れないから、
パンのクープが、うまくできない。

ので、はさみで、ちょっきんちょっきんと切る。

はさみと言っても、文具用のはさみ。
これを、熱湯消毒したのを、今は、キッチンはさみとして使っている。

なんでもかんでも、本当に、適当だ。

そうそう、自家製酵母のいいところは、時間も適当でいいところ。

ベンチタイム20分なんて本に書いてあっても、
仕事の都合で、30分になったり、40分になったり。

最終発酵も、いい加減だ。
それでも、なんとなくのパンは焼ける。

全てに適当だから、パンも適当なパンなのだ。

それでいいのだ〜〜〜♪ それでいいのだ〜〜〜♪
なんなんnanaぽん、nanaぽんぽん♪
適当一家だ、nanaぽんぽん♪






12月だ

IMG_6196


12月だ。

年末調整の書類、ピークを迎えている。
毎年、数字が合わない。

が、今年は、一発、とはいかなかったが・・・
数字が合った。

すごいっ! と、ひとりで笑う。

この事務所に来て、4回目の年末調整。
やっとこさ、その意味が分かってきた。

次は、決算。
こちらも、難なく、スル〜と、できれば、いいな。。。

帽子の力

IMG_6145


帽子を買った。
キャスケット・・・かな?

色は、こげ茶。
髪の毛と同化して、あまり目立たない、気もする。

う〜ん・・・

・・・

「50代から輝く100人のキレイ」ってHPから目が離せない。

普通の人!? 普通の装いの人!?
ファッションで変身〜〜〜!

50代以上の方々、
beforeの装い、皆さん、きれいに着こなしいる、と思う。

でも、おもしろみがない・・・ 

って、このわたしも同じだけど。
すごく個性的な着こなしをしたいとは、思わないけど・・・

が、が、が、
60歳も過ぎると、どこかに何かのポイントを入れないと、
じみーで、おもしろみがない、さえない・・・苦笑

ストレートに言えば、
ふつーにきれいな着こなしは、実年齢よりも、歳老いて見える。
シンプルが似合うのは、若さがあるから。

歳を重ねての、シンプル、だけ!は、
ばーさん度が増すばかり、だと、最近、つくづく思う。

のでので、何か・・・と、思うが、難しい。

夏場は、ネックレスとかブローチ、バングルとか時計とか、
何かポイントとなるものを、なるべくつけるようにする。
(忘れる時も、多いけど・・・苦笑)

しかし、秋から冬になると、上着やコートを着ると、
そんなものが見えなくなる。

で、去年までは、マフラーとかスカーフとかをぐるぐる巻いて、
ポイントにしていた。

↑ この変身HPを見て思ったのは・・・「帽子の力」

帽子って、それ一つで、すごいインパクトがある。
帽子って、アクセサリーや、マフラー以上にインパクトがある。

それを発見。

夏には日よけで帽子を必ずかぶるけど、冬は、ほとんどかぶらない。
冬の帽子は、なんだか、照れくさい、気もする・・・

去年、
やっとこさ、ニット帽をかぶるようになった、
冬の帽子初心者なのである、わたしは。

この冬は、もう少し、いろいろな帽子に挑戦してみようと思う。



久大線のローカル駅で

IMG_6132


連休中、九州の実家に行き、
最寄りの駅から、9時過ぎ発の電車に乗ろうとしていた。

が、オットが、今、家を出ると、
30分早い電車に乗れる、というので、
大慌てで駅まで行く。

ところが、
30分早く出る電車は、目的地まで行かない・・・
その手前の「うきは」駅止まり・・・ 

あちゃー!

次の電車までは、45分ほどある・・・
う〜ん、待つのもなぁ・・・

ということで、「うきは」まで電車に乗り、
そこで、待とうということに決めた。

駅員さんが言うには、
「うきは」より、「吉井」駅の方がいいですよ。
駅が大きいから、と、アドバイス。

↑ そこで、久大線の「筑後吉井」駅まで、電車に乗る。

IMG_6133


映画のロケにでも、使えそうな、ローカルな駅。

到着すると、改札口で、「吉井」の駅員さんが待ってた。
なんでも、実家近くの駅員さんが電話をしてくださった、という。

ということで、駅の構内から外に出してもらって、
駅の待合室で待つことに。

その間、少しばかり、そのあたりをぶらぶら。

その後、次の列車が来て、乗り込む。

IMG_6134


久大線「夜明け」の駅。

久大線は単線だから、途中、列車待ち合わせがある。
焦ってもしょうがないから、のんびりと列車の中で待つ。

普段、JRは、新幹線しか乗らない。
ローカル線ののんびり列車も、すごくいい。

今回は、実家に行って、掃除やなんやかんや。
それと、
オットの仕事がらみで、いつも通りの、駆け足だったが、
いつかは、ゆっくりとローカル線の旅に行ってみたい。

・・・

実家近くの駅、45分も待たなきゃ・・・と、がっくり。

その時、
駅員さんが、チョコレートを2つ持ってきてくれた。

「これ、食べて、気分でも換えてね。」って。

自動販売機で、ほうじ茶ラテを買って、
チョコと一緒に、一服。

駅を出発するときは、ホームから、
丁寧にごあいさつまでしていただいた。

チョコにご挨拶に、ありがとうございました。




しっかり食べて、歩く

IMG_6120


ウォーキングの時、木々の彩りで楽しむ。

広島市内のイチョウは、まだ、少し緑色。
場所によっては、黄色。

IMG_6113


ちょっと前のスープの残り。
2日目となると、チキンの量が少なくなる。

だから、朝から、焼き肉サンド!
パワーが出る。

IMG_6121


さんま皿を使って、朝のおかずを盛る。
特別なものはない。
お弁当のおかずの、残り・・・苦笑

最近、ごはんは、玄米もち米。
実は、もち米の玄米をたくさんいただいた。
のでので、玄米のように炊いて、食べている。

お味噌汁は、いただいた春菊を入れて。
香りがいい〜

しっかり食べて、しっかり歩く。





ブリューゲル展へてくてく歩いて

IMG_6111


日曜日、オットと美術館に行く。
「ブリューゲル展」広島県立美術館で開催中。

IMG_6114


フランドル派の画家ブリューゲルの絵は、
そのほとんどが、地元の農民たちの絵を描いている。

IMG_6115


この花の絵の前で、オットの足が止まった。

「これ、持って帰りたい・・・」

よく見ると、個人蔵となっている。
なので、

「買ったら!?」と、オットに言った。

IMG_6116


「さっきの花は、やめた。
 買うなら、こっちが欲しい。
 トンボの羽とか、透けてる〜〜〜」

まー、買えるんだったら、どっちでも好きなのにしてちょうだい。

結局、絵葉書一枚買わずに、見るだけ、ということで・・・

・・・

美術館まで、行きは、てくてく、てくてくと歩いた。
帰りは、途中、雨がぽつっ・・・雲行きが怪しい・・・

のでので、途中からは、バスで帰った。
それでも、10,000歩以上は歩いていた。

美術館の帰り、お茶もせず、ビールもせず、
もちろん、お菓子のひとつも買わずに、
ひたすら歩いた、だけ。

先日の、岐阜・名古屋・京都の「ツケ」があるから、
食べること警報発令中!!!

その代り、家に帰ったら、
土曜日に、半額のステーキ肉を買ったから、
それで、鉄板焼きをした。

ステーキとお野菜たっぷり。
おいしい生醤油をいただいたから、それをたらっと垂らしす。
ビールとワインを少々つけて。










旅で増えた体重を戻す

IMG_6110


鶏胸肉を茹でたのを、スープごと冷凍。
それを解凍して、野菜スープを作る。
この数日、朝ごはんは、このスープとパン。

昨日は、日曜日だったから、朝から、里芋を入れてみる。
平日は、里芋の皮なんか剥いている暇は、ないからね。

二泊三日の岐阜・名古屋・京都で・・・
1キロ太って帰ってきた

二泊したのは、ビジネスホテル。
朝ごはんは、いわゆる、バイキング方式の朝ごはん。

こんな朝ごはんの時、パンは、まず食べない。
ごはんを食べる。

お昼も、今回は、
1日目、手作りのお弁当。
2日目、麻婆豆腐のごはん、辛かったから、ごはんがすすむ!
3日目、京都のちらし寿し弁当。

と、ごはんだらけ・・・

夜も、どちらかといえば、糖質の多い食事。

3日目の夜は、京都で買った、棒鯖寿司。
老舗の棒鮨で美味しいんだけど、
やばいほどずっしりとごはんが詰まってた・・・

そんなこんなで、帰ってきたら、1キロ太っている。。。

か〜なりやばい!!!

のでので、できるだけ、歩く。
目標は、1日10,000歩だけど、忙しくて歩けない日もある。
それでも、ちょこちょこ歩く。

それと、食事を、少しばかり気をつける。
朝からは、鶏胸肉と野菜たっぷりのスープ。
それに、茹でたまごを食べる。

昼はいつもの通りのお弁当。

間食は、なるべくしない。
しても、ナッツとかチーズとか。

夜は、腹6〜7部目を目指す・・・が、ついつい食べすぎる。

それでも、なんとか、元に戻りつつある。
気を緩めずに、太った分は、1〜2週間を目標に減らす。

もう少し、がんばんなくちゃ!











記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ