*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

3年ぶりの風邪

FullSizeRender


まいったなぁ・・・

診察券の日付を見ると、
平成26年に病院に行ったのが最後。
3年ぶりの風邪となる。

火曜日の夕方、少しおかしいと思ったんだけど、
まぁ、帰ってから、得意のアルコール消毒で直るだろう・・・

なんて、思ったのが甘かった。

疲れていたのか、気が抜けたのか、
はたまた、歳をとったのか・・・

最近は、なんでもかんでも「加齢」で済まされちゃうから。

朝一回薬を飲めば、後は、トローチのみ。
一日3個って言われたから、朝・昼・晩一個ずつ。

だいぶ良くなったけれども、完全じゃない。
もう少しゆっくり休みます。

☆とはいえ・・・
 午前中は、どうしてもの仕事だけやっている。
 昼まででの早引け。
 家で、ひたすら寝る。
 昼も寝るのに、夜も寝る。よく眠れるもんだ。

風邪だよ。。。

FullSizeRender


年末調整、法廷調査、決算と、
やっとやっと一息ついた・・・

と思ったら、風邪をひいてしまった。

気が緩んだんだなぁ。。。

我が家のかかりつけのお医者さんは、
風邪は自分の力で治すのが一番っていう人。
だから、ほとんど薬をくれない。

ゆ〜っくり身体を休めて風邪を治す。
わかっちゃいるけど、
はぁ〜仕事していたら、なかなかゆっくりもできない。

それでも、この二日、午後からは帰らせてもらっています。

↑昼休み洋裁部、バッグに挑戦。
 詳しくは、また。




魚焼きグリルの扉洗い

IMG_3397


夜、台所片づけが済んだ後、
オットがキッチンで何かごそごそやっている。

IHコンロに付属している魚焼きグリル、
その手前の扉のガラスを洗っている。

このガラスの扉、取り外しができる。
だから、時々取り外しては、ざぶざぶと洗う。

でも、仕事を初めてから、いつ洗ったのか記憶にない。

以前は、毎月のように洗っていたのに・・・

朝から、お弁当のおかずにサワラを焼く。

ガラス扉はきれいになったけれども、
その周りの金属部分は、まだ焦げ付きが残っている。
こちらは、根性入れて磨かないと綺麗にならないかも。

あ〜、仕事をしていると、こんなところに手が回らない。
毎週とは言わないけれども、
ひと月に1〜2回ぐらい、家事休み日が欲しい。

って、家事休み日なんてもらったら、
映画を観に行って、
それも、ワイン飲みながら映画観て、
ランチ食べて、家に帰って昼寝してしまいそう・・・苦笑

☆広島には、ワインやビールを入り口で売っている映画館がある。

FullSizeRender


きれいになった魚グリルで焼いたサワラの入ったお弁当。

今日も、地味だけど、すっごく美味しい〜 

誰かが言っていた。
「家で美味しいものを作って食べるってことは、
 身近な幸せを、一番簡単に感じられることだ。」

なるほど、賛成。






エプロン2枚完成

IMG_3392


昼休み洋裁部、
裁断がすんでいたエプロン2枚。
こちらのエプロンには、ポケットが2枚見つかった。

IMG_3393


右と左、サイズは違うけれども、
まっいいかと、ポケットを付ける。

FullSizeRender


裾には、フランス語が・・・
「私の思い出のお花」って書いてある!?
わかんない・・・苦笑

FullSizeRender


全体はこんな感じ。

ポケットのサイズが二通りだけど、
たぶん、布が足りなかったからだと思う。

でも、これはこれで可愛いと思う。

IMG_3395


もう一つは、チェックのエプロン。
こちらは、ポケットのサイズの布だけあった。

ちゃんと柄合わせもしているポケット。
すごく頑張ったんだね、過去のわたし・・・

両方とも、紐がなかったから、麻の布で作った。
そこまで違和感はないと思っている。

↑なんでも自己満足する、わたしかも・・・笑

これで、中途半端に作りかけたエプロン2枚完成。
まだまだ、作りかけのバッグとかあるから、
昼休み洋裁部でがんばんなくっちゃねっ!







還暦のめがね選び

FullSizeRender


締めのうどん。
シンプルに、かけうどん、一杯をオットとシェア。

日曜日、オットと街中へ。

少しばかり早い晩ごはん。
行きたかったワインバーは、午後6時から。
いちおう行ってみたが、早すぎた・・・

それではと、ちょっと気になっていた「飲めるうどん屋」へ。

FullSizeRender


ビールがいい。
キリンの生ビールが3種類。
一番搾り・ブローマイスター・スタウト。

オットはスタウト、わたしはブローマイスター1杯ずつ。
その後、熱燗一合。
小笹屋竹鶴  生もと  純米生原酒  これ旨い! 旨過ぎる!

旨い日本酒に大満足。
酒量は、我が家としては、やや(かなり)控えめ。

料理を数種類頼んで、軽い晩ごはん。
合計5,000円札一枚でした。

☆本気で飲んで、食べたら、たぶんこの値段ではすまない・・・
 腹九分目ぐらいには、なったけどね。この程度でいいのかも。

・・・

土曜日、眼鏡屋に行った。

サングラスとマチュアめがね(老眼鏡のこと^^)
この二つ、ちょっと合ってないんじゃないと最近思うことあり。

サングラスは、近視用で主に運転に使う。
1時間ぐらい運転すると、目の周りが疲れる。

マチュアめがねは、仕事を集中してすると、
夕方、どっと疲れが出てくる。

60歳、還暦を前に、片づけよりかは、メガネか・・・と思い、
やっとこさで眼鏡屋に行った。

☆なぜ、やっとこさかというと・・・
 眼鏡を替える前に、ヘアースタイルを整えたかった。
 以前に比べて、うんとショートにし、
 白髪を残しつつのカラーも入れて、
 「新しい自分」に合う眼鏡が欲しかった。
 その用意に準備が手間取った。

サングラス、マチュアめがねとも、やはり度が違っていた。
近視は軽くなり、老眼は進んでいた〜〜〜やっぱねぇ。。。

フレームは、今ので十分使えますと言われたが、
いやいや、還暦気分のが欲しい!

サングラスは、わたしと相性のいい眼鏡ブランド、
カルバン・クライン。
白い柄の新鮮なデザインを選んだ。

マチュアめがねは、まずは、軽さ一番。
デザインは、あまりにも多すぎて、迷ってしまう・・・

店員さんに聞くと、わたしのイメージからして、
こちら辺りのブランドでしょう、と紹介されたのが、
やっぱりのカルバン・クライン。

でも、今回、特にお勧めしたいブランドとしては、
マーガレット・ハウエル。

さすが、店員さんのお見立て通り、
どれもかけても、しっくりくる。
顔が明るく見えるように、やや明るめのピンク茶にした。

出来上がりが楽しみ〜!

・・・

日曜日、オットと街に出た。
いろいろな用事があったけれども、ひとつはめがね。

オットのめがねもしばらく替えてない。
検眼結果、やっぱり度が少し違っているようだ。

ということで、オットのめがねも着替えることに。

フレーム選びの時、オットの顔がどんなかをPCチェック。
笑ってしまった。

「ポップ」なんだって! どゆこと・・・!?

「カジュアル」寄りの「ポップ顔」らしい。
わかるような気もするけど・・・

イメチェンをするならと、店員さんが選んでくれたのは、
大人っぽいめがね、関口宏さんみたいな雰囲気。

へぇ〜、めがねが替われば、関口さんになるんだぁ・・・
☆正直、えらそーな人に見える。
 明日から、ニュースキャスターができそー笑
 
でも、なんだか、違う、変・・・

次から次へと選んでくれるんだけど、何か違和感がある。
しっくりこないんだよね。

思い切ってこんなのはどうかしら?と、
わたしが半分冗談気味で指さしたフレーム。

ブルーのう〜んとポップなヤツ。

店員さんは、これはかなりの冒険ですよ〜と、笑い顔。
でも、オット、それが、違和感なく似合う。

オットも、最初は、笑って「ありえん」と言っていたが、
徐々に、もしかしていいかも〜!?と。

結果、ポップなオットが選んだのは、ポップなブルー。

☆このブルーポップ、わたしにもすっごく似合った。
 次、オットがフレームを替えるとき、わたしが使う予定。
 いや〜、わたし、早くブルーポップが使いたい〜〜〜笑

☆☆☆めがね選び、最後の最後に店員さんが念を押したのは・・・
   職業コードはないですよねっ!
   それ何!? 
   いやいや、職場によっては、お仕事めがね(デザイン的に)
   そんな規定とまではいかないが、そういうものもあるらしい・・・

   ブルーポップは、もう、ほとんど遊び人だもんねぇ・・・





財布のひも

FullSizeRender


お友達が、事務所にパン持参で遊びに来てくれました。
豆乳入りの角食パンです。

次の日の朝ごはんが待ちきれず・・・

晩ごはんの時、端っこを食べちゃいました。
豆乳の甘味が微かにするパンです。

ご馳走さん!

・・・

「隠れ貧困」  荻原博子著  を読んだ。

年収が1000万近くあっても、家計が崩壊寸前の家の例があった。
1000万あれば、余裕だろうなぁ〜って思うけど、
違うらしい・・・

人生には3度大きなお金がいるらしい。

教育費・住宅購入費・老後資金の三つ。

教育費・住宅費(ローン)に、収入相当以上の支払いをすれば、
破たん状況に徐々に陥り、老後資金がなくなるらしい・・・

まあ、当たり前と言えば当たり前だが、
それなり以上の収入があって、日々の家計が回っているから、
破たんへと向かっている認識がない。

気が付かない、というよりも、
見ないふりをしているというのが、本当のところらしい。
読みが甘いとでもいうのだろうか・・・どきっ!

現実を直視しなければ・・・

・・・

我が家の場合、教育費を払っている頃はやっぱりしんどかった。
今の大学、国公立でも結構授業料が高いの。

それに、大学院に行くには、またもや入学料がいるなんて、
実は知らなかった・・・

息子の場合で言うと、
授業料と家賃とガソリン代は親が払った。

ガソリン代というのは、
大学が不便な場所にあったことと、
理工系の学部では実験で夜遅くなることもあったので、
車(10万円だったけど・・・)は必要だった。

ただ、それ以外の生活費は、息子がバイトして稼いだ。
生活費や本代などや、友達と遊ぶお金なども、息子支払。

授業料を支払うと、
月々は、家賃4万円とガソリン代少々。
親としては、だいぶ助かった。

子どもには、あまりお金をかけてない(与えない)と思う。

二人息子がいるが、結婚式もしなかったし(本人たち希望)
その後の生活費も、スタートに使う分のみ援助しただけ。

二人とも高給取りではないことは、重々承知しているが、
月々の援助もしなければ、大きなお金も渡さない。

たまに家に来た時に、美味しいものを用意するぐらい。

その点で言うと、
ケチでシビアな、かあちゃんなのである、わたしは。

でも、それは、今、老後資金を一所懸命に貯めている途中だから。
老後、子どもたちには迷惑かけたくないと思う。
特に、お金の面で。

もちろん、歳をとれば、いろいろお世話になると思う。
でも、せめて、お金だけは、最後まで自立したいと思っている。

だから、財布のひもをきゅっと締めて、いや、ぎゅっーっと締めて、
コツコツと貯めている最中なのである。

・・・

大学時代の息子、一人暮らししたのは、家から徒歩5分程度の所。
いろいろ考えたが、食事・洗濯・掃除と親にべったりだったから、
思い切って外に出した。息子も希望したし。

5分の距離だが、家に来るのは月に一回もなかった。
一人暮らしをエンジョイしていたようだ。

ただ、たまに来ると、冷蔵庫の中を物色。
豚コマの半分使ったのなんかも、お持ち帰り(笑)

もう一人の息子も、高校を出てしばらくした所で、
一人暮らしをさせた。
こちらは、家から徒歩20分程度の所。

その後、二人とも家に戻ることはなく、就職、結婚。
もう少し家に置いてもよかったかとも思うこともあったけれども、
まー自立できたから、これでよかったか、と、思っている。

その辺りは、
「赤福とそば饅頭」⇦ クリック
「フックとそば饅頭関係」 ⇦ クリック








途中で・・・

IMG_3385


昼休み洋裁部、ぼちぼちながら、続いています。

今回は、バッグ。
実はこれもリメイク。

たぶん、リメイクしようと思ったのが5年ぐらい前。

こげ茶の皮をアクセントにした持ち手、これは出来ていた。
なぜか、そこで止まっていたバッグ。

IMG_3384


とうとう仕上げた。

内ポケットを付けて、持ち手を付けるだけだから、
あっという間にできるのに、
なぜ、5年もほっておいたのか、自分でも?

今回の「還暦片付け」で、布ものを大処分した。
もう使わない布は、黒いビニール袋いっぱい処分し、
使えそうな布は、友達にもらってもらった。

その途中、不思議なものをいっぱい発見した。

IMG_3383


例えば、これポケット。
ポケットだけ、全部で12個あった。

ポケット口にはちゃんと接着芯を張り、
端ミシンもかけてある、すぐに使えるポケット。

何のために、こんなにポケットを作ったんだろう・・・?

布と、なぜか持ち手だけ用意されたバッグ作りセット、
2セット分。

エプロンの本体のみのは3セット。
エプロンの紐やポケットはない・・・ 
どこにあるんだろう・・・? または、作っていない。。。

その時はその時で何か意図があったんだろうけど、
今となっては、なぜ?そんなことをしたのか記憶にない。

とりあえず、暇をみては、これらの中途半端を完成させたい。





胸肉のポン酢味(お弁当)

FullSizeRender


昨日、木曜日のお弁当。
木曜日ぐらいになると、週末作った常備菜がなくなってくる。

でも、木曜日は、気合を入れたいから、余裕があればトンカツ。
なければ、ぱっぱっとおかずのお弁当。

昨日は、気合がなく、手抜き弁当のほう・・・苦笑

FullSizeRender


胸肉をそぎ切りにし、塩と酒を振りかけたもの(週末仕事)
これに片栗粉をまぶし、オイルを引いたフライパンで焼く。

鶏肉の端っこのところが白くなってきたら、ひっくり返す。

IMG_3376


だいたい火が入ってきたと思ったら、ポン酢を加える。

☆このポン酢、市販のポン酢に、柚子の絞ったのを加えている。
 自家製減塩ポン酢
 なんとか村のお高いポン酢じゃなくても、十分美味しいポン酢になる。

FullSizeRender


ポン酢を絡めたら出来上がり。

鶏むね肉は、とにかく火を入れ過ぎないのがポイント。
だから、週末の用意の時に、薄くそぎ切りにする。

IMG_3377


ざっくり切ったごぼうと人参のきんぴら。
朝は慌ただしいから、いつも同時進行。
だから、きんぴらは、少しばかり焦げているところも^^;

後は、ブロッコリーを茹でて、おかずはこれだけ。
自家製の梅干しと白菜の漬物、これで出来上がり。

・・・

最後にポン酢は、最近のお気に入り。

最後に加える調味料、ほかには・・・

みりんとお醤油で甘目も好き。
ウスターソースもパンチが聞いていい。
焼き肉のたれは夏向き。
ケチャップとしょうゆは懐かしい味。

あれば、最後に刻みネギを振りかける。
大葉の刻んだのでもいい。
七味唐辛子を振っても。

週に一度は登場する、お手軽&節約お弁当メニュー。







スカートからのリフォーム

FullSizeRender


リフォームが続いている。
とは言っても、考えている時間のほうが長いけど・・・

これは、お友達が縫ってくれたスカート、
それをリフォームして、夏のお家キュロットへ。

ダブルガーゼですごく気持ちのいい布。
柄もすっごくかわいらしくて、お気に入り。

ただ、スカートをあまり着ないわたしとしては、
出番が少なく、ちょっぴりもったいないと感じていた。

ずっと考えていたんだけれども・・・

思い切ってキュロットに変身させた。
ポケットも適当に作って(右左違う大きさで形)くっつけた。

今年の夏、大活躍しそうな気がする。

FullSizeRender


もう一つ、スカート。

これは、ヨーガンレールで大好きで買ったんだけど、
やっぱりスカートの出番はほとんどない。

これもキュロットにするかと思ったんだけど、
布幅が厳しい・・・

う〜ん、どうする。

チュニック風のベストならできそうな気がする。

う〜ん、でも、Aラインになるだろうから、
わたしには似合わないよね・・・

う〜ん、こちらは、もう少し考えなくては。

仕事の合間に、スカートをひっくり返しながら、
いろいろと考えを巡らせているところなのである。





ニットを縫った

FullSizeRender


「還暦片付け」のなか、布、かなりの処分。

お友達が使ってくれそうなものは、友達宅へ。
袋一杯もらってくれて、気持ち的に助かった。

処分対象の中に、くすんだ茶のニット布を見つけた。
こんな色、お友達は着ないから、処分か?

う〜ん、でも、これはわたしの好きな色だし、
それに、なんたって、肌触りのいい布。

とりあえず、事務所に持っていく。
二日間ながめて決心した。

ニットを縫おうっ!

IMG_3364


できたのがこれ↑

一日目の昼休み、まずは、裁断。
襟は、クルーネックの型紙だけど、
寒いから、短めのオフタートルにする。

二日目の昼休み、ではではと縫い始める。

ニットでは、縫うときに、まち針をつかわない。
ニット用のクリップみたいなので仮止めするのだが・・・

事務所だもん、そんなものはない・・・どうする。

伝票を束ねてあった、ゼムクリップを外す。
それを使って、う〜ん、なかなか縫いにくかったけれども、
それでも、なんとか縫う。

久しぶりだから、曲がるところもあるが、愛嬌、愛嬌^^

あららびっくりの1時間余りで縫い上げた。

FullSizeRender


お気に入りのカーディガンと合わせてみる。

いいじゃん、いいじゃん!
と、自画自賛。

ついでに、自分で織ったマフラーとも合わせる。一番上の写真
パーフェクトじゃん! と、自画自賛で木に登る!

あ〜、処分せずに縫ってよかった!と思う。

あまりにも簡単に縫えたので、次、また縫いたくなった。

☆布、どんな布だったかを調べてみた。
 アンゴラ混ニット。
 これは暖かいぞ〜っ!










Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ