*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

日曜日ふらふら

IMG_7517


天気のいい日曜日、平和公園へ散歩。
水辺のコンサート、ウクレレの演奏を楽しんだ。

ウクレレの演奏に乗せて吹く風が、まるで、ハワイみたいだ!

その後、街中をふらふらして、秋用のパジャマを買う。
オットには、カーディガンを買う。
いずれも、無印のお手軽値段のものを。

IMG_7522


その後、カフェのビールを。

鶏レバーのコンフィ。
これが、逸品だった。

コンフィとメニューに書いてあったが、
どうも低温調理では・・・そんな気がした。
これは、絶対に、まねっこしなければ。

IMG_7523


牛もつの白ワイン煮。
これは、どーやって作るのかなぁ?

とりあえずは、鶏レバーの低温調理から、作ってみようと思う。







お家と外の麺類

IMG_7511


久しぶりのチキンラーメン。
トッピングは、豚ミンチともやしを炒めたの。
味付けは、塩味のみ。

家で作るインスタントラーメン、そのままだと味気ない。
だから、家にある野菜炒めを乗っける。
豚ミンチともやしのコンビもいいと、今回、発見。

IMG_7494


九州で食べた、野菜たっぷりちゃんぽん。
このくらい具沢山だと、うれしい。

IMG_7493


こちらは、少し豪華な、海鮮ちゃんぽん。
このくらいになると、ごちそうだ〜!

IMG_7491


シンプルなちゃんぽん。
値段もぐっと庶民的で、近くにあったら、週一、行きたい。

IMG_7492


お腹に余裕があれば、炒飯が欲しい。
家で作るのと違う、プロの味。

人のよさそうな店主のおじちゃんの、手作りのきゅうりの漬物。
これ、パリパリ食べながら、白ごはんも、いいなあ〜!

ここのおじちゃん、この前行ったら、お弁当のおかずを作っている。
お弁当でも頼まれたのかのかしら?と思う。

なんでも、近くの道の駅に、手作りお弁当を出しているらしい。
ちゃんぽんも、炒飯も、きゅうりの漬物もおいしい。
きっと、お弁当も美味しいんだろうな〜




夕陽

IMG_7510


台風が来る前日の夕空。
異常に赤い夕陽だった。

広島は、風がかなり強かった。
近くの高校のグラウンドの砂が捲き上る。

あちこちでの、川の氾濫などのニュースが。
被害があまりにも甚大で・・・

被害に遭われた方々のことを思うと、心が痛む。





体調と秋の服と

IMG_7508


10月10日、体育の日だったのになぁ・・・昔は

すっかり秋、なんだろうけど、
昨日などは、日中、陽の光が強くて、
日傘、帽子、サングラスで歩いた。

帽子は、一応、秋っぽいものをかぶるが、
日傘は、ブルーの夏真っ盛り・・・まっ、いいかっ。

それでも、朝夕は、少し涼しいから、
リネンの黒のずろ〜んと長い、羽織モノを着ている。
でも、日中は、必要なし。

去年の今頃は、着るものがなくて、困った。
が、
今年は、何も感じない。

理由としては、自分の健康、かな?
8月半ばから体調を崩し、それを、まだ、少しばかり引きずっている。

正直、着るモノに、そこまで関心がない。
元気じゃないと、オシャレもできないのね。

もう少し、秋が深まって、体調もよくなったら、
新しい洋服でも買って、気分をぐぅ〜んとあげたい。







姑の遺品整理・・・読んで

IMG_7507


「姑の遺品整理は迷惑です」 垣谷美雨 著

あらすじ
姑が亡くなり、住んでいたアパートを片付けることになった嫁。
業者に頼むと高くつくので、嫁の望登子は一人で片付けを始める。
姑の残したものは「安物買いの銭失い」そのものであり、
3DKの部屋には、どこも満杯の荷物が詰め込まれていた。
そして・・・

笑いながら、考えさせられながら、最後まで読んだ。
もし、わたしが、主人公だったら・・・  
亡くなった姑を恨むだろう・・・

なぜ、モノを捨てなかったのか?と、恨むだろう。

この姑の場合、家にあったものは、安物ばかり。
だから、嫁の望登子にとって、捨てるのに躊躇はない。
もし、これが、捨てるのに躊躇するようなモノばかりだったら。

この本の中で、一番心に残ったのは、
 もったいないから、と、処分できなかったモノをとっておき、
 その処分を、次世代へと引き渡す。

 自分で処分できなかったモノを

 「処分する決断」まで、次世代に残す


確かに〜 その通りだ。

親たちは、もったいなくて処分できなくて、
とりあえず取っておこう、と、押入れの中に何気なく入れる。

それらが、遺品となった時、
残されたものたちが、その、もったいないモノと向き合う。

使わないけど、それなりに価値のあるもの、
趣味が合わないけれども、値段の張るもの、
家宝かどうかわからないような、壷や掛け軸などなど・・・

読んでいて、自分のことのように、いろいろ考えた。

・・・

8月、喘息がひどくて、息がヒューヒュー言っていた時、
オットに言った。

「もし、わたしが突然死んだら、
 私のモノは、すべて処分してほしい。
 すべて捨てても構わない。
 金銭的に価値のあるものは、何ひとつ、ない。
 もし、欲しいという人が現れたら、
 どれでも、なんでも、差し上げてください。」

オットは、わかったと言った。

わたしの持っているものなど、価値のあるものは、何もない。
ただ、それなりの量は、あるから、
処分は大変だと思う。

人間、いつ死ぬかわからないから、
わからないから、こそ、年齢と共に、
持ち物は減らさないと・・・





新しいテレビが来た

IMG_7498


10月2日にテレビが壊れ、リビングにテレビがない生活をした。
今朝、やっとこさ、新しいテレビがやってきた。

家電量販店の片隅にあったテレビが、
我が家のリビングの真ん中に、で〜んと座った。

同じテレビなのに、
家電量販店にあったときよりも、数倍もよく見える^^
と、新しいテレビに、大満足。

型落ちの展示品、だから、お値段もお買い得価格、なので・・・
どうかなと思ったが、
以前のテレビ(10年前)と比べると、すご〜くキレイ!

なんでも、新しいものは、ステキだ。
畳と女房は新品がいいと言う。
テレビも、新しいのは、型落ち展示品でも、ベリーグッ!

女房も新しいのがいいと言うけど・・・
夫もなのかな?

わたしは、今のオットでいいや〜笑

今さら、新しいオットは、めんどくさい。。。

これで、朝から「おしん」を観るために、
わたしの作業部屋に、朝ごはんをお盆で運ばずにすむ。

今夜は、ゆっくりとニュースや天気予報が、観られる。

と、新しいテレビで一番に観たのは、台風情報。
すごい台風らしい。
ヒドイことにならないように、願うばかりだ。

・・・

写真が白黒なのは・・・

情報番組の後ろの色が、すごくカラフル。
でもって、
台風進路の色も、激しくカラフル。

両方とも、ラスベガスのネオンサインみたいだ。
って、ラスベガスには行ったことないけど。

こんなに色が氾濫したテレビ画面を観ているのね、普段。
色彩感覚がおかしくなりそうな、色の氾濫だ。

スマホ写真を見て、びっくりした。













86歳の台所

IMG_7490


先週、金曜日のお弁当。
おかずは、塩さばの焼いたのだけ。
おむすびは、2個、自家製のつくだ煮入り、自家製の梅干し入り。

野菜も何もないけど・・・まっ、たまにはいいかと。

・・・

週末は、九州の実家に帰った。

父90歳、母86歳。
暮らしていくの、大変だ〜っ!

以前は、旅館の朝ごはんみたいにいろいろ出てきていたけど・・・
今は、お味噌汁とごはん、数種類のおかず。
朝ごはんには、十分だけど、母の変化が、ここに如実に現れる。

母が、食事を作るのが、だんだん大変になってきているのは、確か。
台所も、以前に比べると、片付けや掃除が追いついていない。

母だけが使う台所だから、もう少し、ものを減らしてもいいと思う。
でも、
たぶん、母に任せても、できないと思う。

使いやすいと思って、小さくて軽いフライパンを買って送った。
まだ、使っていないという。

なぜだろう?

以前のフライパンが、まだ、使えるから?

また、柳宗理の小さなフライパン、焦げ付くという。
じゃあ、処分しなさいよ、と言うと、
もったいない、と言う。

使わないフライパンを、大事にとっておいても、しょうがないと思う。
わたしなら、さっさと処分する。

ゆのみにこびりついた茶渋を、塩でこすって取ると言う。
え〜っ、そんなことするの?と言うと、
昔から、こうやって茶渋は取っていたとと。

ゲキ落ちくんの方が、簡単に落ちるよ、と言う。
だが、ゲキ落ちくん、持ってないのだ・・・

と、あれやらこれやら・・・
とにかく、モノが多い割には、今、必要なモノがない。

母は、どう思うかわからないが、行ってどうにかせねば、と思っている。

86歳に合う、道具と量、どのくらいなんだろう・・・







増税後テレビを買う

IMG_7487


わたしのちっちゃな(狭い)作業部屋。
ミシンや、機織り機などなどがある。
そこに、キャンプ用のテーブル。

リビングのテレビ、増税二日後に壊れた・・・
テレビは、あまり観ないけど、やはり、ないと困る。

作業部屋には、小さなテレビがある。
のでので、朝や夜のニュースが観たいときは、ここに来る。

朝は、再放送の「おしん」がおもしろくて、
それが観たくて、お盆に朝食を乗っけて、ここに来る。

不便だけど、いつもと違っての、おもしろさもある。

しかし、リビングにテレビがないのも不便だ。
意を決して、増税三日後に家電量販店へと行った。

誰もいない・・・

ま〜、テレビなんてもんは、増税前に、買うよね。。。

テレビも、いいのは、50万円・・・ぐらいする。
唖然!

我が家は、今のテレビと同じ程度で十分だから、
型落ちの、おまけに、店頭展示品のうんとお安い、
お手軽値段のテレビにする。

当分は、孫たちが来て、
テレビの画面をめちゃくちゃにしてくれるから、
まっ、お手軽なテレビで十分以上、と思っている。

来週の火曜日に配達予定。

土曜日のラグビーは、どーすると思っていたけど・・・
週末は、実家に行く予定なので、実家の大きなテレビで、観る。
のでので、問題なし。

そのほかは、火曜日までは、作業部屋でなんとかやり過ごす。

・・・

増税前、こんなことを、ブログに書いた。

「増税前、結局、何も買わなかった。
 日用品も、お酒も、買わなかった。

 どーにかなるでしょ、なんて、のんきにしている。

 日々、無駄のないように、いるものをいるだけ賈う、
 それでいいと思っている。」

はい、その気持ちは、変わってないけど・・・
まさか、増税3日後に、テレビを買うとは、思ってもみなかった。

「いるものだけを買う。」

う〜ん、テレビ、いるもの・・・なのかね!?



オットの栗の季節

IMG_7485


オットの作った、栗ごはん。
栗にごはんがひっついている・・・
栗がいっぱいの栗ごはんが、オットのお好み。

栗を食べてるんだか、ごはんを食べてるんだか・・・

わたしは、もう少し、ごはん多めが好き。
でも、オットは、このくらい栗の多いのが好きみたい。

どちらかといえば、栗ごはん、そんなに好きじゃないから、
オットの好きにすればいい、と思っている。

・・・

オットは、栗はもちろん、さつまいも、かぼちゃ、が大好き。
あんパンも大好き。

わたしは、↑こういう、甘みのあるものは、どーでもいい。
卵も、どーでもいい。

オットは、卵が好き。
甘い玉子焼きは、大好き。 
わたしは、塩気の玉子焼ならいいけど、甘いのんは、ねぇ・・・

わたしが作らないから、
オットは、甘い玉子焼きを自分で作る。
かぼちゃや、さつまいもも、自分で煮る。

そして、秋になると、自分で栗を買ってくる。
ニコニコしながら、栗を剥いている。
↑栗が多めの、栗ごはんを炊く。

今年も、栗の季節が来た。
オットの栗の季節だ。

まー、好きにやってください、と、わたしはそばで静観している。






増税後のテレビ

IMG_7451


今話題の味噌(赤味噌・白味噌・玉ねぎ・リンゴ酢)を、
いただいた。

豚シャブ用の肉、なす、貝われで作ったお味噌汁。
味がいいわ〜〜〜

って、味噌のせいか、出汁のせいか、豚のせいか・・・
よくわかんないけど、合わさった感じがいい。

一週間食べ続けたけど、噂の効果は、わかんない・・・

たぶん、めちゃくちゃな生活していた人には、効果大!
しかし、
フツーの生活している人には、そこまでの効果はないかも。。。

⭐️あくまでも、個人の意見です。

・・・

今日は、10月2日、増税二日後。

朝から、テレビの主電源が消えている・・・
調べたら、「寿命」と・・・
なんでも、液晶テレビの寿命は、7〜10年ぐらい、らしい。

このテレビ、孫のなっちゃんが生まれた日に買った。
そのなっちゃん、今年、10歳になる。

だから、我が家のテレビ、なっちゃんと同じく、10歳。

ハァ〜、壊れたんだ。。。

増税後の今、なぜ〜〜〜? って、寿命だったのね。

・・・

野球のシーズンも終わったし・・・(広島は終わりました)
ゆっくり、テレビ選びをするか・・・

いや、ラグビーは、観たい!

困った、です。





記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ