*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

江の島と鶴岡八幡宮

気分のままに旅をするのが好き、と昨日書いた。

横浜、2日目は、うんと早起きして、
新横浜に住んでいる、息子の車を借りて、ドライブ。

IMG_5860


「江の島」とナビに入れて車を走らせること、35分。
江の島に到着。

江の島って意外と近いのね、と思った。

江の島のお店がいっぱいのエリアは、
朝早すぎて、どこも開いてない。
でも、お土産屋さんの並ぶ場所って、苦手なの・・・
どうも、あの雰囲気になじめない・・・

IMG_5861


向こうに見えるのが、三浦半島。
東京オリンピックでは、この辺り、ヨット競技の会場となる。

IMG_5862


朝から、魚釣りをする地元の人でいっぱい。
左奥に見えるのが、去年行った、稲村ケ崎。

江の島を後に、湘南海岸の方に向かってドライブ。
道の海側には、松の木の防風林があって、
海はほんの少ししか見えない。

ので、引き返し、鎌倉方面に向かう。

IMG_5863


途中、去年乗った、江ノ電と遭遇。

景色のいいレストランがあったら、朝ごはんでも・・・
などなど思うが、
何せ、何も下調べしてないから、
都合よくレストランも見つからない。当たり前か・・・苦笑

IMG_5864


大仏さんには、去年行ったからと、
思い付きで、鶴岡八幡宮へと行く。
まさに、行き当たりばったり・・・苦笑

IMG_5867


朝だから、駐車場も、境内もガラガラ。
おまけに、
参道のお店も、まだ、開いてない・・・

のでので、無駄なお金も使わない・・・笑

偶然通りかかった、鎌倉市農協連即売所(通称:レンバイ)発見。
ここは、一度は行きたかったところ。
ちょっと覗いてみる。

旅じゃなかったら、野菜、買うんだけど・・・
いんげん豆とか、すごく欲しいんだけど・・・
見るだけ、だったけど、見るだけで満足。

行き当たりばったりと走ると、横浜横須賀道路。
ここを走って、新横浜に帰る。
帰ると、まだ、朝の9時過ぎだった。





横浜の朝ごはん・旅のスタイル

この連休は、横浜に行った。
今回は、新幹線とホテルのパック。
ホテルの朝ごはん、付いてないのを頼んだ。

IMG_5871


ハワイアンレストラン「メレンゲ」での、朝ごはん。

オットチョイスは、マカダミアナッツクリームパンケーキ。
すごすぎて、声も出ない・・・唖然。。。

IMG_5872


切ったら、こんな感じ。
一口食べたけど・・・ 一口で十分・・・

IMG_5875


お隣の人は、こちら(プレーン)を頼んでいて(メニューの写真)、
こちらの方が、うんとおいしそうだった。

IMG_5874


いろいろな種類(メニューの写真)が、あるみたい。
詳しくはこちらから ←

IMG_5873


わたしは、もう少しシンプルな朝ごはん。
全粒粉のパンケーキが、もちもちして美味しい。
2枚付いてきたけど、 1枚だけ食べた。

・・・

次の日は、おむすびをひとつずつ買った。

オットは明太子玄米、わたしは梅玄米、
東京、皇居近くの千鳥ヶ淵のベンチに座って食べた。

・・・

横浜だから、本当は、中華街の、中華がゆの朝ごはんを食べたかった。
が、
オットは、ハワイアンがいいと言った。

まー、たまには、オットチョイスもいいかもと、同意した。

・・・

旅行、行く前に、あれこれと情報を集め、
あそこに行って、ここに行って、それから・・・

などなどの、計画的な旅行が、苦手だ。

その時、その時の、気分と出会いをもとに、
行き当たりばったりで、旅するのが好き。
それが、今の我が家の旅のスタイル。

だから、
旅行の本や、SNSなどで発信しているような、
「今話題の店・場所」などに行くことは、あまりない。

だいたい、話題の店に限っては、
わざわざ行かない限りは、偶然には出会えない、所にあることが多い。

また、人気の店は、予約必須だから、
行き当たりばったりでは、店に入ることもできない。

それでも、以前は、あらかじめ調べておいて、
行けたら行く、なるべく行く、って思っていたけど・・・

これって、けっこうストレスになる。

旅の時ぐらいは、風の吹くまま、気持ちの向くまま、
あちこち、ふらりふらりとしたい。

だから、ひとつの場所に行ったら、次、どこに行こうか?
って、考える。

今回の横浜は、2泊3日。
最初の日だけ、息子のところの3番目の女の子の宮参り、
これだけは、決まっていて、というか、そのための横浜行き。

それ以外は、全部、気分のままで、あちこちふらふらした。
それは、また、明日。











新しいアイロン

IMG_5818


やっとこさ、新しいアイロンを買った。

古いのは、かれこれ10年以上使った。
いやもっとかも・・・ 15年ぐらいかも。

古いアイロンでスチームを使うと、水がぽたぽた漏る。
おまけに、いつもではないが、
その水が、うっすらと茶色時もある。

何せ、バッグ作り、洋服作りでアイロンを使い、
もちろん、普段のアイロンかけも使う。

だから、よく使うほうだと思う。

新しいのも、コードレスにした。
服を作るときには、コードレスの方が、自由が利くから。

さて、新しいアイロンも来たから、
秋冬モノも、何か張り切って作りたい。


見た目・外見の大切さ

IMG_5852


「すぐ死ぬんだから」 内館牧子 著 講談社

年を取ったら「見た目ファースト」。
くすんだバアサンなんて大嫌い!

終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。

78歳の忍ハナは、
60代までまったく身の回りをかまわなかった。
だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。
「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。
仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、
問題は息子の嫁(由美)である。
自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。
それだけが不満の、幸せな老後だ。
ところが夫が倒れたことから、
思いがけない裏を知ることとなる・・・

以上 本の帯より

・・・

ハナの心の声が、とにかく痛快でおもしろい。

「一般老人はなぜお金がないか。
 貯金するからだ。
 年金をやりくりし、生活を切り詰め、
 老後のためにと貯金するからだ。
 まったく、いまが老後だろうが。
 若いうちに切り詰めて蓄えたお金は、今が使い時だろうが。
 八十間近の、さらなる老後に何があるというのだ。
 葬式しかないだろう。」  本書16ページからの抜粋

「一番最低はね、頑張らないブス。わかる?
 同じブスなら、頑張らないブスが最低」
 わたしは「それアンタだよ」と言うように、しっかりと由美を見た。
「お義母様、わたしもブスだからわかるんですけど、
 頑張るブスは痛いだけですよ。
 同じブスならがん頑張らない方が笑われません」
「そうかもね。
 ま、ブスそれぞれでいいんだよ。
 しょせん、頑張るブスは痛いって笑われて、
 頑張らないブスは貧乏くさいって笑われてんだからさ。
 どっちみち笑われるなら、本人の好きがいいよ」
 本書 93〜94ページからの抜粋

読む端から、このような、ハナの心の声、
そして、痛快なやり取り。
読んでいて、楽しくなる。

あとがきには、このようなことが書いてあった。

あるとき、80代中心の集まりに出かけた。
すると、見事にくっきりと二分されていた。
外見に手をかけている男女と、そうでない男女。
外見を意識している男女ほど、活発、笑い、周囲に気を配る・・・

「人は中身」という声はあるものの・・・

「もう年だからいいや」
「自分にはおしゃれは関係ない」という気持ちでいると、
 それは、外見に現れます。
 中略
すなわち、その人の外見に、『意欲』が見て取れるのです。

確かに、外見に気を使っているお歳の方は、
見た目だけでなくて、はつらつとされている方が多い。

話しの展開だが・・・
60歳ちょいのわたしなんぞが、
まだまだ理解できない気持ちもあるが、
ハナの生き方は、小気味いい・・・

途中、落ち込むことがあるが、ぐっと巻き返すのである。
その時、頼りになるのが、「おしゃれ」なのである。
このあたりの心情を読むのがおもしろい。

さて、そんなとき、図書館で予約してた本が、
やっとこさ、わたしの順番となった。

IMG_5851


「洋服で 得する人、損する人」 霜鳥まき子 著 大和書房

40歳を過ぎると、生き方は装いにあらわれる

なんと言うタイミングだろう。
これを、ハナは読んだのだろうか・・・笑

「人は9割見た目であなたを判断しています。」

うっ・・・・・・・・・・苦笑

日々、選んで着る服。
同じ着る服なら、「得する人」になりたい。

そのためには、「幸せ服」を着る。
「不幸服」は、必要ない、ので、処分する。

わたしの服、
わたし自身が好きで買ったはずなのに、今の気分じゃない・・・

それは、買った時と、今のわたしとの「望み」にずれがきている、と、
著者は言う。

なるほど・・・

その人のクローゼットの中は、その人の生活のすべてを表す。

なるほど・・・

わたしの場合、
だいぶ、クローゼットの中身は、取捨選択したが、
まだ、心に引っかかるものはある。

迷えば、それは、「不幸服」と、なる・・・

なるほど・・・

今一段の、「幸せ服」を選ばなければ・・・

読書の秋、スタートに読んだ本としては、
なかなか興味深い本であった。













偽パールと偽ゴールド

IMG_5792


友だちが、ネイビーのTシャツに、
ゴールドのネックレスと、小さなパールのネックレス、
重ね付けしていた。

すっごく、すてきだった!

のでので、わたしも、さっそくまねっこして、
ゴールドとパールのネックレスを買って、つけてみた。

いい感じ〜〜〜

なお、タンクトップは、無印のタンクトップ。

で、
友だちは、本物のゴールド、本物のパール!!!
合計で、10万〜20万!?

わたしは、ゆめ〇ウンのアクセサリー売り場で、
合計で、3,000円からおつり・・・大笑
それも、500円のお買い物券での支払い・・・苦笑

それが、この写真↑

よおく、よおく、見ると、かなりしょぼい・・・

が、
お友だちと、隣同士でなければ、わかんない・・・と、思う。

☆お友だち仲間、みんな老眼だから・・・
 たぶん、わかんない!
 歳をとるのも、悪くないっ! 若い人にはバレバレ・・・笑

いや、わかっても、いいのだ。
しょぼくてもいいのだ。

遠目には、いいアクセントになっていると思う。

ただ、少しばかり、女の子度数が高いから、
他と合わせるときは、うんと、男の子にする。

IMG_5731


サルエルパンツ、茶のベルト、スニーカー、
シャンブレーコート、帆布の大き目トートバッグ。

全部、男の子要素を入れてみた。

いいか、どうかは、わかんないけど・・・

ま、今回は、こーゆーことで。

☆いちおう、首元のスカーフと、バッグの持ち手は、
 くすんだ赤つながり、の、つもり。



豚ミンチ2キロ

IMG_5804


わたし流ガパオライス。
正しい作り方かどうかは、???だけど、
美味しかった!

IMG_5805


半熟卵をつぶして、とろとろ^^

・・・

日曜日、コストコで、豚ミンチ2キロ入りを買った。
いや、買ってしまった。

お店では、そこまで思わなかったんだけど、
家に持って帰って、冷蔵庫に入れて、唖然・・・デカい!

のでので、まずは、端っこを少し使ってのガパオライス↑
でも、こんなんじゃ、ぜんぜん使い切れない。

IMG_5810


日曜日の夕方、がんばった。

麻婆豆腐の素、3回分。
豚ハンバーグ、20個ぐらい。
シュウマイを2種類。

↑写真は、一部しか映ってない・・・

2キロ、日曜日のうちに、すべて使い切り、
小分けをして、冷凍、冷蔵保存した。

他にも、コストコでは、鶏の胸肉を買ってきて、
蒸し鶏などを作った。

これで、しばらく、とりあえず、何かある。









ネイビーサルエル縫った

IMG_5824


ネイビーのサルエルパンツを縫った。

今年、どこを見ても、パンツのラインの主流はサルエル、
または、サルエル気味。

流行をすっごく追いかける、ってタイプでもないが、
でも、
パンツのラインは、「今」を映し出すから・・・

やっぱり、サルエル欲しい^^

わたしは、どんなサルエルでも似合うとは思わないけど、
↑このデザインのサルエルは、似合う、と思う。
それに、抜群に履きやすいカッティング。

実は、同じ布の、白に近いシルバーグレーも、同型のサルエルを縫った。

ポリアミドという化学繊維が入ったコットン、イタリー製の布。
布代だと、2枚で4,500円(税込)値段。

多分、10月いっぱい、暖かければ11月半ばまでは着られる。
春は、3月から着られそうだ。

布のいいのが見つかれば、茶やカーキも欲しい。
予算は、4枚のサルエルで10,000円からお釣りがくるぐらい。

この歳になると・・・

ユニ⚪️ロや、Gのお店では、わたしに合うパンツを探すのは難しい。
若い子のお店も、なかなか、これといったパンツは見つからない。
たぶん、カッティングが違うと思う。

お高いお店だったら、
カッティングのいいステキなパンツはいっぱいあるけど・・・

このカッティングのサルエルが好きだし、
お手頃値段でできるから、やっぱり縫おう、と思う。





秋冬パンツをチェックする

InkedIMG_5812_LI


↑パンツ棚

1・今年の気分じゃないパンツ
2・去年買ったジョッパーズ型のパンツ
3・去年よく着たパンツ+黄緑のパンツ(新しい)
4・10月の初旬まで着られる薄手のパンツ
5・パンツ外・今からの季節の羽織もの
6・9月中旬が限度の晩夏のパンツ

☆そのほかに、ウールのパンツ2枚。吊るしている。
 それで、わたしの手の持ちのパンツ、すべて。

盛夏のモノ(真っ白や、ごく薄手のパンツ)をしまい、
そのついでに、秋冬モノ全部チェックした。

パンツの数が、半端なくて、自分でもびっくりした。
漫然と全部を眺めると、頭がくらくらして来た。

ので、パンツを分けてみることにした。

1・今年の気分じゃないパンツ

毎年定番で着ているパンツ。
今年も十分着られるんだけど、今年の気分じゃないパンツ。
主に、ストレートタイプのワークパンツの形。

でも、このタイプのパンツが、自分の中では一番好き。
長いのは30年以上履いているパンツもある。
20年選手のパンツもある。

お尻のところも、ぴったりすっぽりの、やや余裕のサイズ。
しかし、今年のラインの、サルエル気味のパンツから見ると、
すっごく今!じゃないのかもしれない。

2・去年買ったジョッパーズ型のパンツ

1本買ったら、友達にすごく足長、そして細く見えると言われた。

季節の変わり目に、半額になっていたので、
思い切って、ベージュ・薄グレー・チャコールを買った。
9月終わり〜4月半ばぐらいまで着られる、活躍パンツ。

3・去年よく着たパンツ+黄緑のパンツ(新しい)

去年の秋冬、毎日のように履いたパンツ。
白2本、黒1本、グレージュ1本。
今年も、大活躍する予定。
ただ、去年より痩せたので、ややサイズ的に大きい。

黄緑のパンツは、細畝コール天のワイドパンツ。
アウトレットで2,000円ちょいで買った。
少しばかり、お遊び要素の強いパンツ。

4・10月の初旬まで着られる薄手のパンツ

綿や麻のパンツ。
わたしは寒がりではないから、11月でも十分着られるんだけど、
見た目には、寒〜い感じがあるかも・・・

5・パンツ外・今からの季節の羽織もの

こちらは、パンツではなくて、ひっかけるもの。
2枚は9月いっぱいかなぁ・・・

6・9月中旬が限度の晩夏のパンツ

真っ白な盛夏のパンツは、洗濯して収納した。
こちらは、薄いぺらぺらのパンツ。
色が濃いから、もう少し着られる、と思う。
が、がんばっても、9月いっぱいまでしか履けないかな?

・・・

秋冬モノのパンツを全部出した時は、
その多さにびっくりしたけど、
わたしなりに分けたら、そこまでの数でもないか、と思う。

10月以降は、

2と3のパンツを中心に、
吊るして収納している、ウールパンツ2枚、
これが、今年履くパンツの総数になる。

わたしは、真冬でも、コットンパンツでへっちゃらで、
秋・冬・春のスリーシーズンは、ほとんど同じパンツを履いている。

スリーシーズンパンツの中には、
少しばかり涼し気なパンツ、少しばかり暖か目なパンツがある。
これを、天気と天候と温度に合わせ、履いている。

・・・

今年、サルエルパンツが全盛!?
でも、秋冬物は持ってないの・・・残念。。。

だから、今年は、がんばって2〜3枚、サルエルを縫う予定。

そんなにパンツいるの?って言われそうだけど・・・

書いたように、2のパンツは、ぶかぶかしていて、しっくりこない。
だからって、買い替える余裕もないから、
せめて、布を買って、縫うつもり。

・・・

全部出して、全部チェックしたら、
すっごく頭がスッキリ!した。

スカート!?
えーと、一年中合わせても、たぶん2枚しか、ない・・・笑
そのうち1枚は、お家専用のくたくたスカート。









自然

IMG_5689


夕方の空がきれい。
自然がくれる、大きな贈り物。

自然は、こんなにも美しい一面を持ちながらも、
時に、あまりにも残酷すぎる。

北海道で、大地震が起こった。

この最近の異常気象による大雨、台風、地震、などの自然災害、
胸が痛くなるばかりである。

被害を受けられた皆さまに対し、心からお見舞い申し上げます。

手抜きアクアパッツァ

IMG_5701


オットが買ってきた、鯛の切り身。
最近は、近所の魚屋のおばちゃんと仲良くなって、
オットは、週1〜2の割合で、魚屋さんに行く。

さて、切り身をどうするか、考えた。
焼いたら、塩焼き。
フライパンだと、ムニエル。

だとすると、他の野菜メニュー、または、付け合わせがいる。

あー、めんどくさいなぁ・・・

ということで、野菜もいっぺんに作ってしまう、アクアパッツァにした。

たまたま、298円のえびを下処理したのがあったので、
そこから、数尾、アクアパッツァに入れる。

アクアパッツァは、2種類以上の魚介がある方が、
味が複合して、おいしくできる、気、がする。

あさり、イカ、なんかも、すごくいいお出しとなる。

IMG_5703


しめは、冷ご飯を入れて、リゾット風。

IMG_5702


冷凍庫に常備している、パルメザンチーズを削る。
大目に削って、リゾットに入れる。

IMG_5705


食べるときには、おまけに、もうちょっとパルメザンチーズを。
わたしは、この夏、体脂肪率が上がったので、
晩のご飯は、控えめにする・・・

さらっとした、リゾットだった。
そー言えば、バターを入れるのを忘れた・・・

後は、冷蔵庫にある、常備菜をちょこっと添えて、
晩ごはんは、終わり。

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ