*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

みかんのパレード

915f5f8e.JPG












みかん2







みかん3







みかん4







みかん5

みかんがやってきた!

ee0e1f45.JPG






今日、buniさんから、みかんが届いた。

島から、私の住む街までやってきた。
「ほうら、ごらん。これが私の家からの眺めだよ〜」

早速食べてみた。
あま〜い。
そして、
しっかりとした「あじ」がする。
最近スーパーで買うみかん、甘いだけのみかんが多い。
あれは苦手。

大事に食べます。
みかんin 皿

Handmade Bag Shop 「木のテーブル」オープン!

f690e546.jpg







本日、Handmade Bag Shop 「木のテーブル」

オープンいたしました。

http://kinotable.sakura.ne.jp/

どうぞよろしくお願いいたします。

初めてのお客様

57604852.JPG







初めての注文が入りました。
お客様は、ネットショップ開店準備講座でご一緒した方です。

まだ、まだ、準備不足のところがたくさんありまして、
いろいろご迷惑もおかけしたのですが、
何とか、発送を終えました。

とてもうれしいことに、
その様子をブログに載せていただきました。

私のブログのリンク先、
「ぶにものがたり」
瀬戸内のみかん山での素敵な生活を発信されています。


まだ、準備が完全ではありませんが、
ご興味のある方は、ホームページ見てください。

http://kinotable.sakura.ne.jp/

新しいうつわ

aea19d2e.JPG













先日、ネットショップ「胡桃庵」さんから買ったうつわ。
22センチのひら皿とカフェボウルぐらいの大きさのうつわ。
ひら皿はもっと数がほしかったけど、
ぐずぐずしているうちに、売り切れていって、
やっと最後の2まい買えました。

このサイズのお皿は毎日、毎回の食事に使う「おりこううつわ」
普段は、ノルウェー、イッタラの「24h」シリーズの20cmを使っている。
このお皿、最初に買ったときは、「高〜い」と思ったけど、
使い勝手がすごくいい。
何でも使える、食器洗い機にもOK。 
今までに割れたのは、落としたときに一回だけ。

興味のある方は下記。

http://shop.prokitchen.co.jp/item_list.command?category_cd=T_YO_II_24H

さて、「胡桃庵」さん。
ここの器は大好き。
店主のtomokaさんの日記も欠かさず読んでいる。
こちらも興味のある方は、下記へ。

http://www.kurumian.com/

今日はカフェの日

カフェ全体





今日のカフェの様子
公民館1階のロビーにカフェをオープン。
写真に見えるテーブルは私たちの手作りです。

カフェタダッチ











コーヒーは、マスターから習った方法で、
丁寧に入れていきます。
写真のT君、ストライプのシャツに黒のカフェエプロン。
真剣な顔をしてコーヒーを入れています。


カフェクッキー






昨日作ったクッキーをコーヒーに添えて。
クッキーを売ってください、という方もいらして、
ちょっぴり感激しました。

明日はカフェの日!

クッキー焼き上がり





明日は、二葉公民館での「cafeプロジェクト」の日。
今、クッキー焼いています。
焼き上がり、いい感じ

クッキー個別包装






昨日作った特性の袋に入れて、準備完了。
ホロホロするようにもろいクッキーで、
どちらかというとサブレのよう。

クッキー整列






明日はこのように整列して、
皆様のお越しをお待ちいたします。

ロシアのダーチャ

ロシアダーチャ






ロシア語を学んでいるときに、セルゲイ先生から、
「ロシアの人はほとんど別荘を持っている。」
と聞いて、びっくり。

別荘といっても、日本の別荘とは違って、
小さなバンガローみたいなもの。
それを、「ダーチャ」という。

ダーチャの周りには、畑があって、そこでいろいろなものを育てている。
ソビエト時代、食べ物が少なかった頃、
人々はダーチャでジャガイモやかぼちゃやトマトを作って、
それで食料の足しにした、とロシアの人から聞きました。

ロシアダーチャの中






ダーチャの中は小さな台所兼居間とベッドルームだけ。
あまり広いと、冬はとても寒いと聞きました。
お金のある人は、夏用ダーチャと冬用ダーチャを持っているそうです。
↑ 写真は、ダーチャの中。


ロシア 井戸






↑ この写真の方、ちょっと有名な詩人だそうです。
彼のダーチャには井戸がありました。
どうやって水を汲むの?
と聞いたら、親切に水を汲んで見せてくださいました。

彼のダーチャは、日本の別荘のように広く、
広々としたお庭でお茶を頂ました。

ホームステイのお部屋 NO2

b982f61a.JPG







写真は、ロシアのホームステイ先のお部屋です。
ちょっと暗くて見えにくいと思いますが、
写真をクリックしていただくと、大きくなります。

ロシア語を習っていて、語学研修で3週間ほど、
サンクトペテルブルグに滞在しました。

ロシア語を習って1年ほどして行ったので、大変でした。
どのくらいのロシア語のレベルだったかというと、
中学校1年生の英語よりずっと程度の低いレベル、
つまり、
ほとんど話せない状態でした。

ホームステイ先は、お母さんと娘二人のご家庭。
お母さんはまったく英語を話さないので、
全てロシア語で会話。
娘さんは英語が話せたので、大事な用は英語でやり取りしました。

朝からロシア語の学校で授業が始まるのですが、
3日もしないうちに、頭がプッツン!
午前中4時間授業だったのですが、
「3時間授業で充分です。後は自分で勉強します。」
なんて、都合のいいことを言って、4時間目はサボりました。

ということで、昼からは毎日のように市内に出て、
ひとりで実践ロシア語会話に挑みました。

というと、聞こえはいいのですが、
毎日、あちこちふらふらと見て回りました。

インターナショナル・スチューデントカード(国際学生証)があったので、
ほとんどの美術館が、無料!
エルミタージュをはじめ、いろいろな美術館に行きました。

ホームステイのお部屋

ホームステイのお部屋







写真は私が滞在したホームステイのお部屋。

2階の南に面したお部屋で、窓も大きく、いいお部屋でした。
広さは8畳ぐらいかな。

お部屋には、クローゼットが二つ、引き出しひとつ、鏡ひとつ、
ベッドの横にサイドテーブルひとつ。
唯一の問題は、勉強机がなかったこと。

朝早くおきて、毎日のように宿題に追われたけど、
机がないので、ベッドの上に、ノートや辞書を出して、
何とかしました。

ベッドの上に見える犬のぬいぐるみは、
湯たんぽです。
この町に来た初日に買いました。

3月で、まだまだ寒い毎日でした。

湯たんぽは、中がゴムみたいなものでできていて、
その中にお湯を入れます。
そして、犬のぬいぐるみのカバーです。

寝る30分ぐらい前にお湯を入れて、
私の脚の辺りに入れておいて、
寝るときは、
湯たんぽの犬を抱いて寝ました。

朝までぽかぽかでした。
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ