*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

フランス料理教室

アスパラの前菜














アスパラとチーズの前菜、
セルクルという、ステンレスの輪っかに入れて形を整え、
それから葱のゆでたので結んで、
周りにバルサミコとオリーブオイルを混ぜたものを、
円を書くように落としていきます。

クリームチーズを生クリームでゆるめた中に、
葱の刻んだのを入れたソース、
パンにつけて食べるとおいしい。

コキィルのサラダ














コキィルサラダ、
シェルの形をしたパスタのことを、コキィルと言うらしい。

先生が、「これって給食のとき食べたよね」
って言うから、「そうそう、きゅうりとハムで、マヨネーズ和えだった」
といっても、他の人は、ポカン!
年代がちがうのかな?
後でよく考えたら、
ハムじゃなくて、魚肉ソーセージだったような気もする。

カジキマグロのトマトソース















メインは、かじきマグロのトマトソース、
これって、さんまやいわし、鯖なんかの青魚もいいらしい。
鯖とか早速やってみたい。

この後、イチゴのババロアがあったんだけど、
話に夢中で、写真忘れました!
でも、すごくおいしかったので、家で作ってみる予定。
そのときにアップします。

キチンラーメン・・・

チキンラーメン














弟から新しいデジカメをもらった。
使い方がわかんないので、ピンボケ写真だ!

チキンラーメン、我が家の常備品です。
子どもが小さい頃、なぜか「キチンラーメン」と言っていたので、
今でも、子ども(もうでっかいけど)と話すときは、キチンラーメン。

さて、海外旅行に出かけるとき、一番先に荷物に入れるのが、
このチキンラーメンと、(丸実屋の)のりたまです。
といっても、ほとんど現地で食べることはないんだけど。

海外に行って、最長2ヶ月だったけど、
日本食が食べたいとか、ご飯が食べたいあまり思わないんです。
家では、一日一食ご飯を食べないと、ご飯食べてない感じなんだけどね。

チキンラーメンものりたまも、保険みたいなものです。

たいていは、夜中に何も食べるものがないとき、
そんな時、ホテルでお湯を沸かして、コーヒーカップに、
チキンラーメンをバリバリ割って入れて、食べます。
ちなみに、割り箸も持っていきます。

のりたまをベジタリアンのイギリス人にあげたら、
ゆでたじゃがいもにかけて食べていた。
玉子と海苔だから、食べたのかな?
でも、きっと鰹の粉とか入っていそうだけど・・・

海外のホテル、特にアジアのリゾート地には、
日本人スタッフがいたりします。
帰りに、チキンラーメンとのりたまを差し上げます。
人によっては、泣かんばかりに喜ばれます。

チキンラーメンとのりたまは、海外在住の、
それも、日本食がなかなか手に入らない人の、お助けグッズかも?

夜久野そば














さて、そば、大好きです。

昨日、オットの仕事に運転手としてついて行きました。
兵庫県の和田山というところ。
オットを待つ間、京都府の夜久野までドライブ。
そして、温泉に入って、そばを食べました。

ここのそば、二人前分ぐらいの量です。
お腹がパンパンになったよ・・・

海を見に・・・

昨日は、いい天気! そうなることはわかっていた。

朝から海を見に行こうということで、
行ってみたかったカフェへとドライブ。

看板















竹原からすぐの海岸線にある、ホクストンカフェへと。
道路脇すぐなの、すぐに見つかる。

天気はいいし、ランチ時なので店内はいっぱい。
それでも5分ぐらい待って、テラス席へと。

のんアルコールビール















ノンアルコールビールを飲む。
海とビールは合うね〜。。。 ワインもいいよね。。。

ステーキランチ














ステーキランチ、ステーキが鰻の蒲焼のようなタレでからめられ、
ご飯の上に乗っている。
ステーキだけど、蒲焼っぽい、不思議な味?


ピザ













よっぽどおいしい店でしかピザは食べないけど、
ここのランチメニューにピザが何種類か載っていたので、
4種類のチーズのピザを頼む。
う〜ん、4種類のチーズ、使っているんだろうけど、
チーズの量は、ちょっと少ないかな?

風が思いのほか強く、テラス席に座るお客さん、
ほとんどが、5分も経たないうちにギブアップで店内へ。

海を楽しみにきた私たちは、潮風に吹かれ、がんばる!

コーヒー













食後のコーヒーと紅茶。
これは、ちょっと悲しかった・・・
カフェと名前の付くところでしょ、もう少しがんばらないと。
コーヒーだけのお客さんもいるようだけど、
みんな満足するのかな?

ヴェル・ヴュー















ここ竹原の海岸線には、老舗的カフェ、ベル・ヴューがある。
広島市西区の古田台にも姉妹店ができている。
さて、
実は、今回、この2つのカフェ、両方行くつもりだった。

しかし、
ベル・ヴューはお休み。
日曜日は開いているはずなんだけどな?
お店の前まで行くけど、何のお知らせもない。
どうしたんだろう?
ちょっとひどいよね。遠くから来るお客さんいると思うんだけど。

そういえば、ホクストンのテラスの下は道路。
そこの道を行った車、ちょっとしたらみんな戻ってくる。
そのときは気がつかなかったけど、
みんな、ベル・ヴューに行って、休みだからここに戻ってきてるんだ。
なるほどね。

かるが















さて、呉へ向かって国道を走っている途中、
「かるが」の海水浴場にちょっと寄ってみた。
ここは、広島から一番近い?海水浴場。
夏、すんごく早起きして、泳ぎに来るところ。
朝飯前の海水浴って感じ。

今の季節、家族連れがバーベキューなんかしていた。
ポーっと海を見るにはいいところかもしれない。

我が家の守り神?

ピノキオ1


















夜中に目がさめた。お水を飲みに台所へと。

ちょっと上を向いて、「元気?」って声をかける。
我が家の守り神? ピノキオくん。
お鼻は長くないけど、なんとなくピノキオに似ている。

ピノキオ2




















どこにいるかというと、台所の換気扇フードの上。
そこのほんのちょっとのスペースに座っている。

我が家にきた人、ほとんどは気がつかないけど、
ときどき、
「え〜ぇ〜、あんなところに・・・」

ピノキオくんのおかげで、毎日何回も上を見上げます。
そして、
ときどきお掃除しなくちゃな、ってお掃除もします。
これからも、よろしくね、ピノキオくん。

オクトパスドレッシング

「もんぺや的生活」のkaoさんご紹介のオクトパスドレッシング。

今話題沸騰の宮崎県のカフェの手づくりドレッシング。

何でも、そこのカフェと広島県の福山市にあるスーパーでしか、
手に入らないらしい。

ドレッシング













じゃーん! お取り寄せ! それも、3本まとめて!

昨日、オーダーしたら、今朝とどきました。速い!
食べたいと思ったときが、食べ時だと思います。
その心、わかっていただけるカフェ、いいですね。
行ってみたいです。

「オクトパスカフェ」宮崎市内です。

4cup+@のbちゃん、もう行ったかな〜?


野菜とドレッシング













さて、試食です。

といっても、朝の8時30分頃に届いたので、
家に何にもないよ・・・
ベランダのロメインレタスをちぎって食べてみました。

見かけは濃厚なドレッシングだけど、
味は結構さっぱり、しつこくはない。

葱ベースのドレッシングだから、葉っぱ系の野菜より、
しっかりした野菜のほうがいいみたい。

レンコン、にんじん、じゃがいも、アスパラ、芽キャベツ、
などなどの温野菜、これには抜群に相性がいいと思う。

アボガド、りんご、オレンジ、そんなものを混ぜたサラダにも合いそう。

貝柱、甘エビ、お魚、などなどのカルパッチョもいいな。

子いわしの素揚げなんか、揚げたての熱々にかけてもよさそう。
たこの天ぷら辺りにも。

カッペリーニ(極細のスパゲッティー)にあえて、
冷たいパスタにして、フルーツトマトなんか添えてもいいかも。
色的にはジェノバソースっぽいし。

いろいろとおいしいものが浮かんできます。
ちょっと楽しみです。

kaoさんに旅行に連れて行ってもらったバッグ、
「木のテーブル」ブログにアップしました。
こちらもよろしく。


今年もたくさん

筍













今年も、たくさんの筍、あちこちからいただきました。
それも、今年はどういうわけか、ゆでた筍をいただきました。
おかげさまで、私は楽チンをしました。

冷蔵庫で保存して、なくなったな〜と思ったら、
次の筍をいただいて、そんなことを何回か繰り返して、
だから、今年はずっと筍を食べ続けています。
筍大好きだから、とっても幸せ。

それでも、とうとう最後の筍となってきました。

先ほど、長尾智子さんの料理本を見ていたら、
「筍と豆腐のじゃこピリ辛焼き」のレシピが見つかりました。
豆腐と筍と赤唐辛子を炒めて、最後にじゃこを入れて、
しょうゆで絡める、なんとも簡単なレシピ。

材料は全部冷蔵庫にあるし、今日みたいな日には、
ビールとともにいただけば、ぴったり。

今晩のお料理、一品、決まりました。

キッチンのかご

キッチンかご













キッチンのかご、とうとう買いました。
本当は置きたくなかったので、
洗っては拭き、洗っては拭き、そしてしまっていました。

でも、ちょっとだけでも、キッチンかごの中に入れておくと、
拭くのもらくだし、モノによっては乾燥している。

どうしようかな〜、ってかなり考えていたんだけど、
やっぱり買うことにしました。

有元葉子さんの「ラ・バーゼ」シリーズのステンレスかご、
いいな〜、とも思ったけど、高いし、
それに、このキッチンには、白いかごがいいかな、
サイズも、一番小さいのでいいかな、
いろいろ考えた結果、このかごになりました。

結果、
やっぱりかごがあると便利です。
かごの中にいろいろあっても、そこまで気になりません。
ちょっと気がついたことは、
かご自体の存在よりも、かごの中のものの存在。

ステンレス、白、などなど、色を抑えれば、
邪魔に感じません。

我が家の食器はほとんど白なので、どうにかなりそうです。

包丁は、かごの中に入れると危ないし、
これはやっぱりすぐに拭いてしまいたいので、
手前に置いておいておきます。

復刻版

方スカレー












ハウスカレー復刻版、です。

こういう復刻版とか、季節限定、地域限定、
ついつい手が伸びます。

さてこのカレー、ルーではなくて、顆粒状のカレーの素です。

味は、さらっとしていて、甘みが少なく、
どっかで食べたことあるような、そんな味です。
後から思い出したのですが、
小学校のころの給食のカレーの味に近いかな?

だったら、次作るときは、
豚コマ肉を使って、
タマネギ、にんじん、じゃがいも、
これらを給食サイズの野菜に切り、
お水の変わりに、いりこダシを加えて煮込めば、
まさしく、給食の再現ができると思います。

フォカッチャに挑戦

フォカッチャ













最近、パンを手づくりしています。

buniさんからいただいた天然酵母のパン、
この影響です。

ただし、焼くのは、普通のイーストを使ったパンです。
準備をして、焼き上がりまで2時間。
食べたい、と思ったときに、すぐ作れて、すぐ食べられる。

今年の標語は「ゆっくり」だったよな〜、なんて思いつつ、
2時間で焼けるパンはありがたい。

オットと二人だけなので、使う小麦粉は300g。
いつもは、丸パンを焼きます。

今日は、ちょっと気分新たに、フォカッチャに挑戦。
といっても、
いつもの生地を使って、その上にオリーブをおいて、
フランス土産の塩をふりかけ、オリーブオイルを垂らします。
オリーブが、一個分しかなかったので、
もうひとつのフォカッチャは、粗引き黒胡椒をかけました。

焼き上がりです。

いつもの丸パン3個と、フォカッチャ2個の出来上がり。

お昼ごはんに、フォカッチャを少しづつ食べました。
これは、おいしい。
黒胡椒のフォカッチャ、これはいけます。
ワインが欲しい!

今日は、その後フランス語の教室、夜はボランティアの会、
だから、お昼からワインなんて飲めません。

ハンス・ウェグナーの椅子

ウェグナー全体

















見た瞬間、その瞬間に、恋に落ちました。

絶対に買う! と言ったものの、値段を見てびっくり。

私の大好きな建築家、中村好文さんが、椅子の本の中で言っていた。
「いい椅子に出会ったときには、買いなさい。
 値段が少々高くても、車を買う思いをすればいい。」
車を買う予定はないし、私にとっては少々の値段でもない。

でも、でも、でも、
今しかないかも・・・・・

買いました! 思い切って。

ウェグナーバック

















後姿もいいでしょう。もうベタ惚れです。

しかし、椅子の張り地はどうもオリジナルではないみたい。
これは後から、麻のキャンバス地か何かに縫い直さないと。

ウェグナー本









そんな椅子なのか、調べてみたくて本を買いました。
「ハンス・ウェグナーの椅子100」

69ページ、「イージーチェア」として出ています。
1953年生まれの椅子です。

説明によると、
座の延長が後脚になる構造は安定性が高く、
さらに、クッションや、フットスツールを組み合わせることもできる。
ハイバックチェアは、頭部が支えられることにより、
長時間腰掛けても疲れない。

座り心地はとってもいい。
座面の下がスプリングになっていて、お尻が心地よい。
それに、背中が椅子の後のラインにフィットする。

この椅子が来て以来、ランチはここで食べます。
大きなプレートにお昼を作って、
ここに座り、テレビを見ながら、(大好きなLOST)
ゆっくりした時間を過ごします。

オットも、大好きです。 よかった・・・!

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ