*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

今日はカフェの日

カフェ全体





今日のカフェの様子
公民館1階のロビーにカフェをオープン。
写真に見えるテーブルは私たちの手作りです。

カフェタダッチ











コーヒーは、マスターから習った方法で、
丁寧に入れていきます。
写真のT君、ストライプのシャツに黒のカフェエプロン。
真剣な顔をしてコーヒーを入れています。


カフェクッキー






昨日作ったクッキーをコーヒーに添えて。
クッキーを売ってください、という方もいらして、
ちょっぴり感激しました。

明日はカフェの日!

クッキー焼き上がり





明日は、二葉公民館での「cafeプロジェクト」の日。
今、クッキー焼いています。
焼き上がり、いい感じ

クッキー個別包装






昨日作った特性の袋に入れて、準備完了。
ホロホロするようにもろいクッキーで、
どちらかというとサブレのよう。

クッキー整列






明日はこのように整列して、
皆様のお越しをお待ちいたします。

ロシアのダーチャ

ロシアダーチャ






ロシア語を学んでいるときに、セルゲイ先生から、
「ロシアの人はほとんど別荘を持っている。」
と聞いて、びっくり。

別荘といっても、日本の別荘とは違って、
小さなバンガローみたいなもの。
それを、「ダーチャ」という。

ダーチャの周りには、畑があって、そこでいろいろなものを育てている。
ソビエト時代、食べ物が少なかった頃、
人々はダーチャでジャガイモやかぼちゃやトマトを作って、
それで食料の足しにした、とロシアの人から聞きました。

ロシアダーチャの中






ダーチャの中は小さな台所兼居間とベッドルームだけ。
あまり広いと、冬はとても寒いと聞きました。
お金のある人は、夏用ダーチャと冬用ダーチャを持っているそうです。
↑ 写真は、ダーチャの中。


ロシア 井戸






↑ この写真の方、ちょっと有名な詩人だそうです。
彼のダーチャには井戸がありました。
どうやって水を汲むの?
と聞いたら、親切に水を汲んで見せてくださいました。

彼のダーチャは、日本の別荘のように広く、
広々としたお庭でお茶を頂ました。

ホームステイのお部屋 NO2

b982f61a.JPG







写真は、ロシアのホームステイ先のお部屋です。
ちょっと暗くて見えにくいと思いますが、
写真をクリックしていただくと、大きくなります。

ロシア語を習っていて、語学研修で3週間ほど、
サンクトペテルブルグに滞在しました。

ロシア語を習って1年ほどして行ったので、大変でした。
どのくらいのロシア語のレベルだったかというと、
中学校1年生の英語よりずっと程度の低いレベル、
つまり、
ほとんど話せない状態でした。

ホームステイ先は、お母さんと娘二人のご家庭。
お母さんはまったく英語を話さないので、
全てロシア語で会話。
娘さんは英語が話せたので、大事な用は英語でやり取りしました。

朝からロシア語の学校で授業が始まるのですが、
3日もしないうちに、頭がプッツン!
午前中4時間授業だったのですが、
「3時間授業で充分です。後は自分で勉強します。」
なんて、都合のいいことを言って、4時間目はサボりました。

ということで、昼からは毎日のように市内に出て、
ひとりで実践ロシア語会話に挑みました。

というと、聞こえはいいのですが、
毎日、あちこちふらふらと見て回りました。

インターナショナル・スチューデントカード(国際学生証)があったので、
ほとんどの美術館が、無料!
エルミタージュをはじめ、いろいろな美術館に行きました。

ホームステイのお部屋

ホームステイのお部屋







写真は私が滞在したホームステイのお部屋。

2階の南に面したお部屋で、窓も大きく、いいお部屋でした。
広さは8畳ぐらいかな。

お部屋には、クローゼットが二つ、引き出しひとつ、鏡ひとつ、
ベッドの横にサイドテーブルひとつ。
唯一の問題は、勉強机がなかったこと。

朝早くおきて、毎日のように宿題に追われたけど、
机がないので、ベッドの上に、ノートや辞書を出して、
何とかしました。

ベッドの上に見える犬のぬいぐるみは、
湯たんぽです。
この町に来た初日に買いました。

3月で、まだまだ寒い毎日でした。

湯たんぽは、中がゴムみたいなものでできていて、
その中にお湯を入れます。
そして、犬のぬいぐるみのカバーです。

寝る30分ぐらい前にお湯を入れて、
私の脚の辺りに入れておいて、
寝るときは、
湯たんぽの犬を抱いて寝ました。

朝までぽかぽかでした。

プチ留学

3f9841bb.JPG






はいっ!
人生で一番勉強した、といっても過言ではありません。

昨年、イギリスに一ヶ月のプチ語学留学。
ドイツから勉強に来た学生さんと、死ぬほど勉強しました。

朝9時から、昼休みをはさんで4時ごろまで授業。
その後、6時まで学校の図書館で宿題。
その後、急いでホームステイ先に帰って、夕食。
もう一度、学校にもどって宿題の続きを9時まで。
帰ったらもうくたくた。
次の朝、早起きして、予習復習。
そして、学校。

半端な宿題ではなかった。
英語でのプレゼンテーションもありで、
よく勉強した、ほんとに。

写真は、右から、
厳しかったけど、説明がめちゃくちゃ上手だった先生。
毎回、イギリス人らしい、ひねったクイズがでた。

イグマ、ピアノがすごく上手でリクエストをすると、
放課後体育館で、癒しのピアノを弾いてくれた。
シューマンがお得意だった。

クリスチャン、彼の隣が私の席だったので、
彼とはいつもペアワークをした。
What do you think? (どう思う?)
と、常に意見を求める勉強熱心な学生で、
飽きることなくディスカッションをした。

英語漬けの一ヶ月。
あの時身に付いた、と思った英語力、
どこにいったのかしら?

おいしいお誕生日

sept&ナイフとフォーク






昨日は、オットと息子の合同誕生日会。

息子たちも大きくなると、なかなかスケジュールが合わない。
昨日は、みんなのスケジュールを調整して、
予約がなかなか取れなかったレストラン、
「La Sette」に前々から予約を入れておいて、
ようやくお誕生会にこぎつけました。

お誕生日だったので、今日は奮発してCコース。

テーブルについて、はっと気がついた。
 カメラ、忘れた!
   あれー!
    なんということを・・・
               ショック!

ということで、写真がありません。

sept大





お店のカードと、連絡先を代わりに。

下記のURLには、広島のおいしいレストランが紹介されています。
次の私の行きたいところは、
「伊谷屋」さんです。

http://homepage2.nifty.com/kiyomi-i/topics.html

ほっとする晩ごはん

8ff198f6.JPG






昨日はちょっと時間があったので、
丁寧に晩ごはんを作りました。

ル・クルーゼ28センチの大なべに、
ドカ〜ンと筑前煮。

えび





活きのいい地えびは、てんぷらに。

牡蠣






この秋はじめての、牡蠣。
すごく身の大きいいい牡蠣だったけど、
高かったので、ちょっとだけ。

後、ほうれん草の白和えと、
ひじきとレンコンに梅干を加えて煮たもの。
先日、居酒屋で付き出しで食べた
ひじきの味付けを真似したもの。
さっぱりしてこれはこれで、おいしかった。

テーブルクロス

ブルーのテーブルクロス



赤のテーブルクロス






カリスマ主婦の食卓には、
必ず、テーブルクロスか、プレイスマットがある、ような。

でも、普段はほとんど使わない。
お客さまが来られるときだけかな。

我が家のテーブルクロスは、

クリスマスプレゼントにもらった、
ネイビーブルーの麻(写真上)、
これが一番のお気に入り。

コットンの真っ赤(写真下)、
これは、クリスマス用。

生成りにくすんだブラウンの木の模様、
これは、最近、アウトレットで買ったもの。

お客様が多いい時には、テーブルは二つ用意する。
なので、
テーブルクロスも二枚いる。

だから、買うときはいつも値段とにらめっこ。
布を買って、端をダーッと縫えばできちゃうと思うけど、
テーブルクロスにいいような、布を見つけるのはムズカシイ。

次は、ダークブラウンの麻がほしいいな、と
今、探している。

公園の秋

平和公園 イチョウ

   平和公園 噴水






先日公園に行ったら、
すっかり秋になっていました。

ぬけるような空の色、
色づいた木々の葉。

やっぱり秋はいいなあ。

Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ