*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

似合う色はオータム

IMG_3951


自由が丘では、パーソナルカラーも診断していただいた。

わたしは、オータム。

自分でも、なんとなく、以前から、オータムだと思っていたから、
やっぱりねっと、納得。

⭐️でも、自由が丘に行く前は、違うかもしれない・・・・・ 
 なんても思ってみたりもして・・・
 なぜなら、パーソナルカラーの自己診断では、スプリングで。
 やはり、自分ではわからないものです。行ってよかった。

そこで、 

↑ さっそく、オレンジ系のチークを買った。
オレンジ、オレンジは、ちょっと違う気がしたので、
落ち着いた色のサーモンピンクにしてみた。

☆サーモンピンクは、オータムらしい・・・

ヘアカラーは、オータムカラーだから、バッチリ。

スカーフは、麻のざらっとした、黄色系のをひとつ買った。

とりあえず、顔の周りは、オータム系でそろえた。
後は、徐々にね・・・

・・・

オータムということで、ひとつガッテンしたのは・・・

だから綺麗なパープルやピンクが似合わないのね。。。ってこと。

それから、ぱっきっとした白が似合わないのも、ガッテン!

表面が、つるつるさらさらした布地がだめで、
それから、真っ白・パープル・ピンクがだめで、
だから、だから、あの服、あのスカーフがだめだったんだね。

などなど、思えば、いろいろなガッテンで、自分、納得。

ただ、顔廻りがだめなだけであって、
顔から遠ければ、大丈夫っていうことも、あり!みたい。

だから、パンツとか、バッグ、靴なんかだったら大丈夫かも。
だって、オータムだから、オータムだけっていうのも、ねー

・・・

骨格診断とか、パーソナルカラーとか、
自分に似合う「基本路線」を知ることは・・・

ある意味での、自分の似合う基本がわかって、
これから先の、自分の選択の判断基準がわかる。

でも、じゃあ、それだけかって言うわけでもなく・・・

「基本路線」を踏襲しつつも、自分の「好き」をプラス、
そのあたりの似合うところを、目指せばいいのではないかと思う。

とはいえ、最初から、応用問題は難しいと思う。
だから、まずは、自分の基本路線をしっかりと見つめていきたい。

・・・

熊本に行ったとき、オットを待つ間、郊外の大型SCに行った。

そこで、自分が思うところの、オータムカラーを見つけては、
鏡の前でチェック。(試着はめんどくさいから、色味だけのチェック)

絶対に選ばないだろうな〜って思う、辛子色なんかも、
顔に当てると、意外にイケる!
深い茶色、深いカーキ―なんかも、バッチリ!

その反対に、こりゃ絶対にダメだろな・・・って色、
ウインタータイプのブルー、ピンク・パープルも、
顔に当ててみる。

うん、やっぱり、ぜんぜん合わない・・・苦笑

それから、ナチュラルに似合うっていう、ロングジレ、
それも、足首ぐらいある丈のを、軽く羽織ってみる。

うん、似合う。

けど、こんなもの、普段には着ないよね・・・
階段降りるときに、自分で自分の服を踏んじゃいそう・・・

1時間ほど、あれこれ見ていくうちに思ったのは、
だんだんと、山ほどある服の中で、
これ、もしかして自分?ってものが、だんだん見え始めたってこと。

ただ、買うってなると、
試着して、サイズとかもチェックしなくてはならないけど、
でも、まず、選ぶってところの最初が見えてきた。

もちろん、まだまだ、その目は、怪しいものだから、
時間があれば、あちこちパトロールして、
より自分に似合うものを選ぶ目を鍛えなきゃ・・・ねっ!







いらないもの探しツアー

FullSizeRender


図書館で借りた本。

著者の中野佐和子さん、たぶん、わたしと同年代ぐらい。
だからだと思うけれども、
暮らし方、考え方、感じ方、などなど共感できることいっぱい。

料理研究家の人などは、調味料とかにこだわりの人も多い中・・・
中野さんは、フツーのスーパーで手に入る、身近な調味料を選択。

生活も、ご主人さんと二人、淡々とした生活が読み取れる。
ちょっと気になるから、しばらくは、中野さんの追っかけをするつもり。

・・・

彼女、今は、都心のマンションに住む。
本の中のお写真では、すっきりと住んでいる様子がうかがえる。

そのためには・・・

持つモノを厳選する。
自宅で料理教室をするから、調理道具やお皿などは、
ある程度は必要だが・・・

持てないものに(スペースの問題で)対しては、
諦める、そのことを納得する、ということも必要、とある。

確かに。

この歳になると、
そのあたりの「腹のくくり方」「心の落としどころ」
それらと向き合う年代となってくる。

そういう意味での、参考となるのが、最後のくくりの言葉。

【その時その時を大切に、心地よく過ごしていくためには、
 生活をハード面からもソフト面からも常に意識しつつ、
 品物だけではなく、家族や生活、
 さらには自分自身への不平不満なども含め、
 すべてにおいて「ため込まず、残さない暮らし」を
 心がけていきたいと思っています。】

「冷蔵庫から始める残さない暮らし」
 よりスリムに心豊かな生活へ  本書194ページより参照

       中野佐和子著 青春出版社

いい結びの言葉だと思う。

「ため込まず、残さない暮らし」

わたしも、まねしたい。

ただし、お金だけは、「貯め込み残す暮らし」にしたいけど・・・

・・・

本の中で、ひとつ、これだけは絶対にまねしようと思ったことがある。

3カ月に一度、家の中でいらないもの探しツアーをする、こと。

確かに。
わたしも、常日頃から、家にいらないものを持ちこまない、
つもりだが・・・

そう思っていても、ついつい、家の中に置きっぱなしで、
その結果、いろいろ溜まっちゃうの・・・

それを、3カ月に一度見直す。
なるほどな〜って思う。

ベッドルームに、ダブルベッドを処分し、シングルベッドを2つにし、
そのためのスペースを得るために、大きな棚をひとつ処分して、
その結果、そこからはみ出たものかなりある・・・

かなりは処分したけれども、まだまだある。
そのもののしわ寄せが、あちこちに出ている。

これらを、やっぱりどうにかしなくてはならない。
今後の生活、快適な生活のためには、
やはり、ある程度は処分しなくちゃいけない。

かなり厳しいー、泣く泣くの処分になるものもあると思うが、
それでも、やらなければ・・・

6月、今月は、「いらないもの探しツアー」月間としよう!

⭐️明日、6月3日(土曜日)広島のアルパークにて、
 「衣料支援プロジェクト」が開催される。
 衣類を集め、世界の必要な人へと送るプロジェクト。
 半年に一回のペースで、アルパークで開催される。
 
 わたしは、60歳のわたしに必要とは思えない服を、
 大袋に2杯分持って行く予定。
 
 なお、次回開催は、11月12日(日曜日)予定
 
 詳しくは、こちらから ⇦ クリック



骨格診断での迷い

FullSizeRender 2


自由が丘では、骨格診断とパーソナルカラーを見ていただいた。

骨格診断、実は、以前、広島で見ていただいたことがあった。
その時は・・・
わかりやすい「ナチュラル」ですね、と即決の診断をされた。

しかし、今回、見ていただいた、Sさんによると・・・
なかなか診断がつかない。
何度も、何度も、わたしの体の骨格を触り、首をかしげる。

事前に送った写真では、ナチュラルらしい〜雰囲気だと思われたそうだ。

が、
わたしの骨格を、実際に、触ってみて、ナチュラルらしいところは、
雰囲気以外は、あまりない・・・ということ。

つまり、骨格の特徴から、ナチュラルっぽくない・・・らしい。

まず、手足が身体の割に大きいのがナチュラルの特徴らしいが、
わたしは、手も足も、身体の割には、小さい。
膝も小さいし・・・ 肩もナチュラルにしてはなで肩・・・

ストレートの要素はあまりないけど・・・

ウェーブの特徴もないこともない・・・ 
というか、ウェーブでもありそう・・・
いやいや、でも、やっぱり、ウェーブとも違うし・・・

すごくお困りの様子。。。

そりゃ、骨格診断3種類しかないんだもの、
その中に、スパッと当てはまる方がおかしいと思っていた。

うんと悩まれるSさんの姿・・・
まじめな方だな、と思いました。
お話ししてわかったのですが、本当に熱心な方です。

そこで、わたしからの提案。

「ナチュラル」ってことでいかがでしょうか?

今さら、ウェーブなんて言われても、わたしも困るし・・・
⭐️ウェーブは、松田聖子ちゃんみたいなタイプで、
 どちらかといえば、ふりふりかわいい服が似合うタイプ
 靴も、バレーシューズみたいなの・・・

「ナチュラル」代表みたいな、今井美樹さんタイプの方が、
わたしとしては、うれしーいんだけど・・・

って、好みで選ぶわけでもないのですが・・・

そこで、Sさんが用意していていた、3種類のジャケットを着てみる。

ナチュラルに似合うジャケット、
これは、文句なく似合いますねぇ〜〜〜

ストレートに似合うジャケット、
これも、ドンピシャって感じでもないけど、イケますね〜〜〜

ウェーブに似合うジャケット、
あらっ、これ、すっごく似合いますねぇ〜〜〜
ナチュラルの人は、これは、絶対に似合わないんですけど・・・

わたしの正直な意見としては、
実は、ウェーブのジャケットが一番似合うと思った。。。
それは、今まで着たことのないタイプのジャケット。

その後、紆余曲折しましたが、
いちおう、ナチュラルということで話を進めていった。

身体つきから見る骨格診断では、ドンピシャナチュラルではないらしいが、
着こなす服については、ナチュラルが似合うタイプであることには、
間違いないらしい。

その中に、今回一番、納得!って思ったのが、
さらっとする、つるっとする、表面がツル〜とする布、
これが、似合わないらしい。

ガッテン!

いやあ、実は、シルクのスカーフがダメで・・・
首回りは、ざらっとしたスカーフ、ショールが好きだった。

↑持っているのは、また、似合うと思うのは、
いずれも、ざらっとする麻や、コットンでもそんな雰囲気のあるもの。

昨日のユニ⚪︎ロのシャツ、あれは、ブロードだから、
ダメなのかもしれない。

まあ、それでも、じゃあ絶対ダメかと言えば、
そうでもないらしい。

いやはや、骨格診断、なかなか、奥が深い・・・








布の表情

IMG_3953


今年買った、お気に入りのシャツ。
これは、ユニ⚪︎ロでは、ワンピースとして売られていたもの。
画面でわかりやすいように、少し明る目の調整だが、色はネイビー。

昨日、これと似たようなデザイン、色は白を着ている人を見かけた。
布は、多分同じ布。
綿のブロード。小学校の時の給食当番の、上っ張りエプロンのような布。

その人は、たぶん、わたしと同じくらいの年齢。

う〜ん、正直な感想としては、ブロードの布が、強すぎる・・・
こういうのって、客観的に見ると、そう、遠目に見ると、
わかるんだよね・・・

我々世代になると、肌は張りや艶がなくなるし、色もくすむ・・・
まあ、しょうがないっちゃ、しょうがないんだけど・・・

布の感じが、パッリっとしすぎると、顔肌が余計に貧弱に見える。

わたしが見た方、すごくいい感じに着こなしていたし、
スタイルも、わたしよりぐっといいんだけど・・・

でも、でも、失礼を承知で言わせていただければ、
顔の肌色に、ブロードの白がキツイかな。。。

家に帰って、早速、同じブロードのシャツを出した。
確かに、ブロードの感じ、布が強すぎる・・・

それで、何をしたかって!?

お風呂で、このシャツを押さえつけて洗った。
洗って、手絞りで干した。

・・・だからって、布が柔くなるわけでもないんだけど・・・
・・・無駄な抵抗かも・・・苦笑

実は、同じようなネイビーの服があって、
そちらの方は、布が薄くて、もう少し繊細な感じ。

FullSizeRender


右のは、去年バーゲン価格になっているものを買った。
で、これを買ったのを忘れてしまっていて^^;
今年、左のユニ〇ロを買ってしまったのだ・・・

2つを並べてみると、
右のは、ネイビーだけど、もう少し墨黒っぽい色が入っていて、
布も薄く、布そのものが平面的な感じじゃなくて、
ひっかいたような地模様のある布だった。 ← 今までちゃんと見てない^^;

バーゲンの半額だったけど、ユニ〇ロよりは、いいお値段だった。

やっぱり、大人(と言っても、60代近い我々世代)は、
ユニ〇ロは、選び方をしっかりしないと、
かなりまずいのかなぁ・・・









遠い〜指先

FullSizeRender


足先、失礼です・・・スミマセン^^;

手の指先には、めったにネイルをしない。
掃除に料理にと、わたしの手は、働く手だから。

でも、足指には、ネイル、するんです。
ヨガやピラティスの教室でも、足指は目立つから、
ネイルは必須。

まー、冬はサボりがちだけど・・・

実は、靴下履くのが苦手。
家では、一年中、素足。

↑これ、事務所用のサンダル。

5月になると、事務所では、履いて行った靴下と靴を脱ぎ、
素足にサンダル。
すーすーするのが、気持ちがいい。

今年は、シルバーのネイルを買ってみた。
ギラギラで、手だとちょっと抵抗があるけど、足だと大丈夫。

次は、ブルー、それもはっきりしたブルーが欲しいと思っている。

・・・

♪ だんだんお家が遠くなるぅ〜、遠くなるぅ〜
  今、来たこの道、帰りゃんせぇ〜、帰りゃんせぇ〜 ♪

こんな歌があった。

今の気持ちはこちら・・・

♪ だんだん足の指が遠くなるぅ〜、遠くなるぅ〜 ♪

身体が固くなっているのか・・・トホホ・・・
お腹の肉が邪魔をするのか・・・へへへ・・・

ネイルを塗る前の指のお手入れをする時、
まー、足指が、遠いわぁ・・・

この歳になったら、今、来たこの道、帰るに帰れんわ・・・
と、ぶつぶつつぶやきながらも、身体を折り曲げ、足指の手入れ。

いつまで、ひとりでできるのかな〜〜〜









還暦祝い for me

FullSizeRender


先週末、孫の1歳のお誕生日祝いに、横浜に行った。
そのついでと言っちゃなんだけど・・・
自分のお勉強にも行ってきた。

お勉強と言っても・・・着こなしのお勉強^^
60歳を前に、還暦になる自分への、節目のお祝いとして、
一度、プロの目を通していろいろ見てもらおうと思った。

そこで行ったのが、自由が丘。

・・・

いろいろ学んだんだけど・・・
実は、まだ、自分の中で整理できてないところもある。

ひとつひとつ、思い出しつつ、反芻しつつ、
これからの自分が、「わたしらしく」生きるための着こなし、
これについて、ちょっと考えてみたいと思う。

・・・

いろいろの中、特に痛感したのが・・・

アクセサリーの力

実は、じゃらじゃらつけるのが苦手なの・・・
普段から、アクセサリーはつけない。
また、出かけるときも、まず、ほとんどつけない。

だから、当然の結果だけど、
アクセサリーって、ほとんど持ってない・・・

アクセサリーと言っても、ここでのアクセサリーは、
高価なジュエリー、宝石ではない。

ダイヤのような、一点豪華なペンダントトップのネックレス、
ああいうのではない。
むしろ、こちらの方は、ひとつ間違うと、昭和レトロなおばちゃんに。。。

フェイクで十分の、
着こなしの、さりげないポイントとなるようなアクセサリー使い。

そういうところに気を配る

そういうところで「ひねり」を取り入れる


それが必要、そう必要以上、必須ということ。

特に、わたしのように、シンプルカジュアルが着たい人は、
この「ひねり」がないと、
ただのつま〜んない、フツーのなかのフツーになる。

☆この話しを聞いたときには、思わず、
 「ガッテン!」って、ボタンを3つくらい叩きたかった。
 だからなんだねぇ・・・ わたしの着こなしが、つま〜んないの^^;

そうはいってもな〜〜〜 
わたしにとっては、こじゃれたアクセサリー使いなんて、
ハードル高い・・・

この数日考えた。
わたしらしい、苦にならないアクセサリーから攻めていこうと!

☆なんでもする時、作戦を立てるのが好きなの^^

ちゃらちゃらしたブレスレットは、苦手だけど・・・
時計なら大丈夫。

フェイスの大き目の、インパクトのある時計、
これ、わたしに合っているようなので、
まずは、こちらから取り掛かろうと思う。

この前、ゆめ〇〇ンに行ったとき、通りすがりに見つけたのは、
1000円ぐらいのおもちゃな時計。

う〜ん、60歳にしては、ややチープすぎるかなぁ・・・
うん、少し、いや、かなり、外れている気がする^^;

もう少し、見た目落ち着いた感じで、お値段の手ごろなもの、
そんな時計を探してみたい。

それから、夏に向かうから、プラスチックのブレスレットもいいかも。
これなら、抵抗なく受け入れられそうな気がする。

きれいなブルーとか、エメラルドグリーンとか、シルバーもいいかも。

大き目のバングルなんかも、軽いのが見つかればいいな〜

今朝、引き出しの中から見つけた、昔の時計↑

20年ぐらい前かなぁ〜
まだ、携帯が一般的でない時代、時計が必要だった時代。
☆そんな時代だったんだよね・・・忘れてた。。。

フツーの時計よりも、手作り時計が好きで、
その時買った、デザインっぽい時計がいくつかある。
どれも、手作りだから、アクセサリーっぽいかも・・・

電池、切れて動かないけど・・・
ブレスレットと思えば、別に、いいか・・・
☆時間は、携帯でわかるもんね^^

ネックレスは、正直、まだ、よくわかんないから、
つまり、どう作戦を立てていいか、その方向性がわからないから、
まずは、今あるのを、工夫して使うつもり。

お気に入りだけど、丈が短いってずっと思っていたのは、
東急〇ン〇で、革ひもを買って、長さを長くするかな。

リングは、ちょっぴり面白めのが二つあるから、
とりあえず、それを使おう。

アクセサリーでひねりを入れる・・・
最初から、ドンピシャ正解にはたどり着かないと思う。
だから、まずは、あるものからスタート。

習うより慣れろ・・・かな。

わたしの60歳の変身作戦、スタートしましたっ!


















イタくて、痛い

昨日、今までで一番おもしろかった〜って書いた、
大人の着こなしの本について。

こちら、40代からの大人がターゲットみたい。

だから、しょうがないんだけど、
50代の悩み、また、60代の悩みなどなどは、
また、違うところにあると思う。

その一つが、ヒールのパンプスについて。

おととい、友だちと会った。
彼女はわたしよりちょっと上の、先輩シックスティーズ。

最近のファッションの話しとなった。

あのさ〜、ジーンズにヒールの靴って、もうありえんねぇ・・・

「イタイよね・・・」と、わたしが言えば・・・

「痛いしね・・・」と、友達・・・

そうなの。
ジーンズやパンツに、高いヒールのパンプス、
バランスはすごくよくなるけど・・・

60歳になると、
見た目は、「イタイ」し、足は「痛い」のである・・・苦笑

昨日の本、before → after の着こなしの違い、
ヒールのパンプスでバランスをとっているのが多いの。

これは、50代後半以降は、きついかも・・・

60代でも素敵に高いパンプスを履きこなしている人もいると思う。
それは、ごく少数のスタイルがよくて(背が高くて細い人)
プラス、足腰に筋力がある人。(じゃなきゃ、ムリでしょ・・・)

フツーの人が、フツーにやると、
ただの「やせ我慢のおばさん」になってしまう・・・イタイ

もし、われわれ世代がパンプスを履くなら・・・
ヒールがしっかりしていて、高さもあまり高くないものが、
バランスがいいと思うんだけど・・・

本の中で、ヒール以外参考になるのは、やや厚底のサンダル。
ビル〇ンのサンダルみたいなの、あれは、履けるかも。
でも、あまりにも厚底は、足、コキって、こねそう

だれか、50代後半からの、リアルクローズ、書いてくれないかな。。。

・・・

友達とは、アクセサリーの話もした。

「もう、重たいネックレスはだめだよね・・・」
うんうん、わかる、わかる。

数年前、彼女もわたしも、肩から腕にかけてを痛めた。
お互い、今は、ほとんどよくなっているけれども、
その時以来、重みのあるネックレスなどはつけてない。

重みと言っても、
そんなにすごいじゃらじゃら重いネックレスのことではない。

フツーに売っているネックレス、
それでも、
我々には十分重いのである。。。

数年前、そんな重さを感じるものは全部、
若くて元気のいい人にもらっていただいた。
その人は、若さなのかなぁ、重くないっていうんだよね・・・

大人体形

FullSizeRender


図書館で借りておもしろかった本。
いやあ、久しぶりにおもしろい!

って、この本のスタッフブログは、毎日チェックしていて、
だいたいこんな感じかなぁ〜と、予想はついていたんだけど。

「大人体形」の人が、どのように服を着たら、おしゃれに見えるか、
そんな感じの本。

わたし的には、着こなしに関して言えば、
今まで読んだ本の中では、一番ぐっときた本と言っていいかも。

☆服を捨てろとか、〇着持てばいいとか、そんな本いろいろ読んだけど、
 結局、じゃーどーすんのーよー! って叫びたくなる本ばかり。
 この本は、そのポイントがわかりやすく書いてあった。
 ☆☆もちろん、わたし的に、わかりやすい、の意味です。

「大人」 ここでは、体形の崩れかけた!?40代以降の人、
そんな「大人」がどのように服を選ぶといいか・・・

なるほど、なるほどとうなずきながら読み進めていった。

さいこーに役に立つのが、ここの事務所の原田さんって方の着こなし。
160センチ64キロぐらいの体型。
堂々の「大人体形」なの。

before
この人が、わたしたちが間違いそうな(やっちまいそうな)服を着る。

after
それをこんな風に着こなせば、今風だよとある。

確かに、確かに、確かにと思って、思わずその間違いに笑い、
そして、
今風になるには、こんなポイントがいるんだね・・・と、納得。

もちろん、すべてが納得いくわけではない。

こちらのスタッフが、40代少しぐらいの人かな?
これが、50代になると、また、違う悩みが出てきて、
それから、60代になると、もう一つ、悩みが複雑化してくる。

突っ込みどころもいっぱいあるけど、
わたしとしては、大いに参考になった。

HPは、こちらから ← クリック

堂々の「大人体形」の原田さんが一押しだけど、
背の低い方のコーデとかもある。





初めての自由が丘

FullSizeRender


東京の自由が丘。
初めて行った、と思う、たぶん。

名前は聞いていたけど・・・
自由が丘、なんだかおしゃれなイメージだよね。

☆でも、フツーのごちゃっとした街だった。。。
 それとも、わたしが歩いた場所が、違うところだった^^;

人と会う予定があったので、その前に簡単ランチ。
ふら〜っと見つけたパン屋カフェに。

自家製のレモネード。

月曜日は暑かったから、さっぱりしていて美味しい。
レモン汁とジンジャーの中に、トニックウォーターを加える。

これは、お家でまねっこできそう。
ビール代わりに飲んでもいいかも!

FullSizeRender


メキシコ風の朝食、そんな名前のメニューだった。

トルティーヤの上に、クリームチーズ、トマトソース、
グワカァモーレが回りに2スクープずつあり、
上には、ソーセージ入りの目玉焼き2個分が乗っかっている。

これは、キャンプ朝ごはんなんかに作ったら、おしゃれだろうな〜
って、キャンプに行く予定はないけど・・・

もちろん、家でも作れそう。

FullSizeRender


見えないけど、中には、リーフライドビーンズが入っていた。
これ、おいしかったぁ〜〜〜

他の人のランチもおいしそうだった。
パンケーキ、パンもよさそー

HPをチェックしたら、写真がきれい。

HPはこちらから ← クリック

おもしろそうなお店はいろいろあったけど、
今、広島でもそれなりのお店はいろいろあるし、
それに、歳なのかなぁ・・・苦笑 そんなにワクワクしない。

電車で少し行ったところに、二子玉川ってあるけど、
今は、そちらの方がおもしろいのかな?

って、たぶん、あまり行くことはないと思う。
とにもかくにも、人が多すぎる、から。

あ〜、何かこんな話、あったよね。
なんだったかなぁ〜〜〜と、ずっと考えて、やっと思い出した。

「田舎のネズミと街のネズミ」ってお話し。

わたしは、今は「田舎のネズミ」だね。
それでもって、
「田舎のネズミ」の幸せを、今、ひしひしと感じている。








箱根行き

IMG_3849


週末、横浜に住む息子一家と一緒に、箱根に行った。

二人の孫は、3歳になったばかりの男の子と、1歳になったばかりの男の子。
下の子は、ママじゃなければダメなときで、ママは大変。

スワンボートに乗ろうって言ったんだけど・・・
ママは、怖いって・・・笑
ひっくり返ったら・・・って思ちゃうのかもね。意外と心配性かも。

FullSizeRender


ここは、箱根の芦ノ湖。
写真ではわかりにくいけど、遠くに富士山も見えます。

FullSizeRender


富士山を見ながら、の〜んびり釣りをしている人たちも。

いいなぁ〜、富士山を見ながらの釣りなんて、いいなぁ〜

芦ノ湖湖畔を、ただただ、何をするにでもなく、散策。
孫たちは、小石を拾ったり、タンポポの綿毛をふ〜っしたり、
お金のかからない遊びに夢中。

お弁当を持って来れば、楽しく一日過ごせそう。

・・・

泊まったのは、箱根湯本。

知らなかったのですが、横浜から近い。
息子一家は、ロマンスカーで1時間ぐらいと言ってた。

我々は、息子の車を借りて、箱根まで運転・・・
まあ、渋滞、渋滞、渋滞・・・車も人も家も、多すぎ・・・

広島での〜んびり暮しているため、渋滞慣れ、してないの。。。
イライラしながらも、湘南の方の道は空いていて、快適ドライブ。

箱根湯本は、りっぱな「観光地」
人が多くて、お店も多くて、いや、多すぎる、、、人が。。。

箱根登山鉄道に乗った。
電車好きの孫たち、電車に乗るだけで楽しいみたい。

実は、息子も電車が大好き。
広島っ子だから、広電大好きっ子だった。

ロマンスカーは、先頭席を予約して、すっごく楽しかったみたい。
特に、パパが大興奮だった、らしい・・・ママ情報より(笑)

それにしても、首都圏一極集中なんていうけど、本当にそうだわ。。。

広島なんて、街中でも空いているもんね・・・
新しくできたショッピングモール、人が多いとか思うけど・・・
首都圏の比ではない。

若いころは、都会にあこがれもしたし、住んでもみたかったし、
もちろん、遊びにも行きたかった。
けど、今、もう、いいや・・・

体力も、気力も、そして、筋力も、金力も足りない・・・

海外に出て、日本の良さを再発見なんていうけど、
わたしの場合は、
首都圏に出て、広島の良さを再発見、そんな旅でもあった。




Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ