*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2006年01月

オープンします!

次回ショップオープン予定、
HP(クリック)にてお知らせしています。


ケース

鍋奉行になる

532ab5c0.JPG






今日は夕方までHP作りやバッグ作り。
そして、
夕方から、とうとう思い切ってお買い物に出かけた。

そごうの駐車場まで車で5分なので、さっさと行けばいいのに、
いつもぐずぐずしてしまう。。。ぐじゅー。。。
(実は着替えるのがめんどくさい・・・)

まず、直しに出していたラップトップパソコン、
修理ができて来ました。
印刷に必要なハガキだのシールの紙だの探して購入。

急いでそごうにとって返し、新館8階のロフト、
本館地下の食料品売り場、
パソだのノートだの食料品だのああ重い!

夕飯準備の時間がなかったので、今日は鍋。
「鍋奉行になる」
オレンジページより648円で出ているこの本、
写真もピカイチだし、器もいいし、
もちろん鍋メニューもおしゃれ。

豚キムチ





今日は、先日いただいた自家製キムチがあったので、
キムチ鍋を作った。
豚バラを豚ロースに変えて、味噌を少々加えて作った。
忙しいときは鍋に限る。



バッグあそび

07cade38.JPG







湯たんぽを作った布地、
カシミア混ウールが、中途半端に余った。
バッグを作るには巾が足りない。
真ん中をついで作ることにした。
ついだところをどうしよう・・・

きれいな薄緑の革があったので、
真ん中に前たてのように張って、
手縫いでちくちくと付けてみた。
これが思ったよりも手間だった。

ついでに、ボタンも革で手作り。
あまりものの布地でかわいいバッグの出来上がり。

裏地は、森の中の狐さん。
童話の絵の世界のよう。

でも、
これって、私にには似合わないバッグかも。

写真撮影の日

9d0f7671.jpg



今日は朝からバッグの撮影に行った。
今回から私のネットショップに参加してくれる、
手縫い革バッグ「アトリエY&N」のYさんと共に。

彼女は手縫いのバッグ専門で作っている。
今回は、お店で売っていないようなデザインをリクエストした。

写真は携帯入れ。

革のエッジのところをうまく使って、味のある携帯いれとなっている。

バッグ革1




これはいろんな革を使って作ったバッグ。
とても楽しいバッグに仕上がっている。

ショップは27日(金)アップの予定。

センター試験

b00ac2a4.JPG










今日はセンター試験の日。

5年前、センター試験を受けた。
大学入学のための絶対にはずせない試験だった。

雪交じりの雨の中、東広島市にある広大に行った。

一時間目は英語。
英語だけは絶対の自信があった、つもりだった。
試験開始後、マークシートを埋めていくのに
けっこう時間がかかることに気がついた。
センター模試など受けたことがなかったので、
マークシートを塗りつぶすのにどれだけ時間がかかるか、
全くの「想定外」であった。

「時間が足りない!」
そう思ったとたん、パニック。
どうにか全問解いたものの、結果は想像できた。

全身に震えが走った。
トイレに行って泣いた。
広大の暗くて寒いトイレで、ぽろぽろ涙がでた。
18歳の受験生の中、教室で泣くわけにはいかない。
彼らにとってママぐらいの歳の私が泣いたら、
彼らもびっくりするだろう。

一発受験の、一発合格。
これしか頭になかった。
受験に失敗したらどうするか、
いや、実は合格することしか考えていなかった。

ぽろぽろ泣いた後、
「次の社会はがんばろう、英語を挽回するぐらいの点を取ろう。」
自分で自分を必死で励まし、涙を拭いた。

恥ずかしながら、朝から勝つようにと
「トンカツ弁当」を作っていっていたのだが、
胸がいっぱいで食べる気にもなれない。

若いお友達のKちゃんが、受験に持って行ってね、
と作ってくれた「おサルの顔のクッキー」
そのクッキーのおサルの顔をかじりながら、
どうにか平常心を取り戻した。

そして、
クッキーのおかげか、単にラッキーだけだったのか、
大学には無事合格した。

全国のお父さん、お母さん、
子どもさんが今日のセンター試験、出来が悪くても、
責めないでね。
どんなに切ない思いをしているか、
本人が一番知っているから。

Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ