*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2006年02月

美姫ちゃんの衣装

1ba1891c.JPG







今朝、オットが出張で朝早く家をでたので、
そのまま女子フィギュアを見た。

安藤美姫ちゃんの衣装、ダントツで好き、大好き。
選曲もよかった。「戦場のメリークリスマス」
坂本龍一の「センメリ」、映画も曲もいい。

テレビのコメントでは、
美姫ちゃんのいいところが台無しになる衣装?なんて言っていたけど、
そうかなあ?

イタリアのベネチアのカーニバルっぽい衣装。
ちょっと道化師っぽいところがイタリア的かな?

衣装では、ダントツのトップの点をあげたい。

ちくちくバスケット

f9f81b18.JPG









一日一ヵ所お掃除大作戦、今のところ続けています。
靴も処分したし、本もだいぶ処分しました。
今日は、もう使わないだろうなと思う
クリスタルのサラダボウルセット、
とうとう思い切って処分することにしました。

お掃除と同時に、お部屋の模様替えも徐々にしています。
その一環として、リビングルームにあった、
私の勉強机、兼、作業机、奥の和室に移動しました。
ミシン2台、アイロン台、そして大きな作業机が揃って、
う〜んと作業がしやすくなりました。

しかし、
お昼にニュースを見る時間、
夜など、オットを待つちょっとした時間、
そんなときに、ちょっとちくちくするのは、
ちょっと不便になりました。

ということで、
ちくちくバスケットを作りました。

針、糸、はさみ、ちくちくするもの、
それを全てひとつのバスケットに入れただけです。

春になったら、これをもって公園などに行ってもいいし、
お友達の家にもこれを持って行ける。
ちょっとしたバスケットだけど、
なんだか、とてもうれしい。

朝の定番

b01101a3.JPG







朝食は、オットと息子が出て行って、
台所を片付けて、もう少しそこいらを片付けて、
洗濯を干して、軽く掃除をして、そしてゆっくりと食べる。

だいたいは、ごはんとパンと半々ぐらいかな?

パンのときは、
「ぶらじる」のハードトースト&カルピスバター、
ミルクティー。

「ぶらじる」のハードトーストは、今まで食べたパンの中でも、
一番のお気に入り。
海外旅行からの帰りの飛行機の中で、
「ブラジルのハードトーストとミルクティーが食べたい〜。」
といつも思う。

一斤半買ってきて、食べきれない分は即冷凍。
一枚ずつラップに包んで、その後ジップロックの袋に入れ冷凍。
こうすると、いつでも焼きたてパンが食べられる。

「ぶらじる」は広島市中区鷹野橋商店街の中にあるお店。
ハードトーストは、すぐに売り切れるので、
早めに行くか、予約を。

244-2327  日曜・祝日も営業 ほとんど休みなし

チーズケーキ

a27393d5.JPG










ユメゴコチのmimirinさまのブログに登場した、
「チーズケーキ」焼きました。

混ぜ混ぜして焼くだけのケーキ。
焼く前のタネ、味見したら、どこかで食べたことのある味。
「ミキサーで混ぜるだけのチーズケーキ」のような。
栗原はるみさんの「栗原さんちのおかしの本」の中のレシピと同じ。
同じレシピだったんだ!

ミキサーでもハンドミキサーでも、バーミックスでも、
要は、手で混ぜてもいいってわけ。
簡単でおいしいケーキです。

早く食べたいけど、まだ熱いので、型から出すと崩れそう。。。

友達にもらったシリコンのケーキ型、
そうっと見てみたら、ふちにぜんぜんひっついていない。
バターも何も塗らなかったのに、こりゃ便利だわ〜。

早く冷めないかな〜。

レシピは、「ユメゴコチ」2月16日のブログ。
cooking home*のカテゴリーの中にあります。

がんばれ、掃除機!

1236cdf5.JPG











もう15年ぐらい前に買った掃除機。
家ダニがお掃除できるということで、
がんばってお金を貯めて買った掃除機。

さて、
ずーっとしたかったことのひとつ、
ドンゴロスのバッグを作ること。
ドンゴロスとは、コーヒー豆が輸入されるときに入ってくる、
目の粗い麻の布のこと。

この袋、かなり汚い、埃っぽい、そして、くさい。
だから洗わなくてはならない。
でも、ちょっとやそこらできれいにはならない。

教えてもらった方法は、
流れの急なきれいな川に3日間ほどつけて置という方法。
去年の夏、広島の田舎の川に、ドンゴロスを持って行った。
持って帰ってから、もう一度、お風呂場でお洗濯し、
よく乾かしたのだが、
それでも、目の粗い麻なので、ぼろぼろと繊維が落ちる。

昨日、思い切って、バッグの裁断に取り掛かった。
一気に六つ分のバッグを裁断し、端をロックミシンで処理した。
もう、すごい埃! マスク着用は必須。

掃除機をかけながらの作業。
どうにか袋の形まで仕上げて、昨日の作業は終了。
家中、丁寧に掃除機をかけて、やれやれ。

明日からは、このバッグの裏地を縫い、
革でもち手をつけて、バッグへと仕上げていく。
明日も、また、掃除機が活躍しそう。
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ