*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2006年10月

明日、です!

宮島と青空














明日、いよいよ、引越しです。
だいたい片付けたけど、最後の食器、
食品全般、洗面所周り、残っています。
今から、がんばってお片づけしないと。

写真は、マンションのベランダからの眺め。
遠くに見える山は、宮島です。

みなさん、遊びに来てくださいね。

お料理教室・その4

今日は、月に一度のお料理教室の日。

天ばらずし丼を作ります。
かき揚げを、カリカリに揚げます。

かき揚げ















かき揚げごはん













揚げたかき揚げをごはんに混ぜて、天むすのようなお味。
根セロリの香りがよくって、これはお酒を飲んだ後にぴったりだな〜。

鶏肉とくらげの煮物風















鶏肉とくらげの煮物風
きゅうりを縦にピーラーで薄く切ります。
きゅうりの食感がしゃきしゃきしておいしい。

かぼちゃのみるくに











かぼちゃのミルク煮。牛乳でかぼちゃを煮るのです。
お砂糖も塩も入れてないけど、かぼちゃの甘みで幸せ気分。


さつまいものみるくに











さつまいものお味噌汁、でもベーコンが入っていてちょっぴり洋風。
だから、黒胡椒を入れていただきます。

栗のアイスクリーム















栗のアイスクリーム。
自家製の栗ペーストと生クリームをあわせて固めたもの。
う〜ん、こんな栗の食べ方もあるんだ!

毎日、引越しの用意でばたばた。
そんな中の、今日はいい息抜きでした。

ただいまのお気に入り

プライムタイム
















秋、といっても、毎日のように暑い!
昨日は28度あったそうな。

もちろん、朝夕は涼しいけど、いやいや、
ここ広島では、夕方は凪(なぎ)と言って風が止まるの。
そのときは、ぐっと体感温度が増します。
夕方だし、ビールがいいな〜って気分。
まあ、何とかかんとか言いながら、一年中ビールはおいしいけど。

さて、今一番のお気に入りが、
アサヒのプライムタイム。

一番のお気に入りは、この缶のデザイン。
きれいな紺色に金の文字。

我が家のテーブルクロスは濃紺。
その上にこのプライムタイムをずら〜っと並べたら、
きっときれいだと思う。
それを端から飲んでいけば、もうそれは天国。

5ミリ???

5ミリの攻防
















3115−3120=−5

5マイナス。5仟りない!!!

台所の後の壁から壁の寸法、3115弌
冷蔵庫と食器棚の寸法合計、3120mm。

ということは、5仟りない。

えっっ!!! 困る。困る。困るじゃないか・・・

冷蔵庫を買い換えるべきなのか、どうしょう。。。

昨日、オットが「巾木」の厚さが5个世ら、これをはずせばいいよ。
なんて、涼しい顔で言う。
そんなことで大丈夫なの???

ヒノキの床を張るのにお世話になった建設会社の方に言うと、
「できますよ。」と言っていただきました。

5弌△匹Δ砲なるかな〜?


お気に入りの文庫本

パリの美術館











本、がんばって、がんばって整理しています。
単行本、絶対に捨てられなかった一冊、それが、

「パリと七つの美術館」 星野知子著です。

女優以外にも多方面で活躍の彼女、
彼女のパリのマイナーな美術館案内です。
ご自分で撮られたカラー写真も載っていて、
パリではこの本を片手に、いくつかの美術館に行きました。

ピカソ、クリュニュー、マルモッタン、モロー美術館は、
前回までのパリ行きで回りました。

モロー美術館なんて、もう、迷って迷って、ようやく到着。
だれもいない美術館を一人でゆっくり堪能。

次は、残りの美術館、
ドラクロワ、サルヴァドール・ダリ、ブルーデル美術館、
これに行ってみたい。

だから、この本だけは、唯一残った単行本です。

本がね〜

古本











捨てる本の山の一角。(全部は見せられない〜)
実はこのくらいの山をもう2回分は処分したんだけど。

見積もりに来た引越しやさん、リビングを先ず見て、
「本が多いですね〜。」

リビングの作り付けの戸棚の中を見て、
「わっ、ここにも本がいっぱいある!」

廊下の突き当りにの本棚を見て、
「ここにも本が満杯ですね。」

寝室の棚を見て、
「ここにも、本がありますね〜。」
実はトイレの中にも本があったけど、見せてない。。。

わたし、「そんなに本が多いですか?」

「本の多い家ですね。本の多い家の引越し、大変なんですよ。
 ダンボール、後50個追加ですね!」

わたし、「・・・・・・50個も?!?!?!」


それで、今回思い切って処分することにしました。
かなりシビアに、本を捨てています。
基本的に、単行本の類は全て処分、これは済!
それでもまだまだ、あります。どうしよう。

やったね!

りんごのガレット2













本日、りんごのガレットの作り方、習ってきました。

思ったよりも、ずっとずっと難しそう・・・
書いてあるレシピを読むと、簡単そうに見えたんだけど、
ひとつひとつの手順、結構大変そう。

今まで自分がいかに、いい加減に作ってきたかが、
よおく、よお〜く、わかりました。
そんないい加減なお菓子を、おいしいと言って、
今まで食べてくれた皆様、ありがとうございました。

今度から、もう少しましなお菓子を作ります。(予定)

秋の呉展

和バッグ1









昨日、秋の呉の明窓園の展示会に向けて、
バッグを発送しました。

引越しの用意や、実家の父の入院騒ぎなどあって、
なんだかばたばたと気忙しい中でのバッグ作りで、
思ったほど数はできなかったけど、
バッグそのものは、結構おもしろいものができました。

「古布を使って」が今回のテーマ。
古い着物を使ってのバッグ作りでした。
先ずは、古い着物を母や友達からもらってきて、
お洗濯。
絹の着物でも、ザブザブと水洗いして、お日様に干しました。
それから、汚れが染み付いているところや、
薄くなっているところを取り除いて、丁寧にアイロンがけ。

しかし、やっぱり強度が心配だったので、
今回は、全てのバッグに接着ドミット芯を
(キルト芯のようにふわふわしている)貼りました。
その結果、ふわふわ感が出て、渋いけどかわいい印象です。

展示会は14日〜20日までです。

秋だもの

りんごと栗
















秋は忙しい。

イチジクのコンポート作りに始まり、栗の甘煮、
そして、りんごのコンポートやジャム作り。

今年も忙しい中、さっそくイチジクのコンポート、
栗の甘煮、そしてりんごジャムの第一陣できました。

今日スーパーで、紅玉のいいのが6玉で298円。
思わず買っちゃいました。
これはコンポートにするか、または、タルトタタン(りんごのケーキ)。

秋はおいしいものがいっぱい。
これをぎゅっと煮詰めておくと、冬が楽しい。

そういえば、ロシアでのホームステイ先でも、
りんごのジャムをいっぱい作っていました。
りんごはロシア語で、ヤーブラカだったかな?
写真の中央の瓶の中がりんごジャム。

ロシアの台所

終わった〜

床塗り












祝、床のオスモ塗料塗り完成!

この連休、二日間がんばりました。
初日、
オットが塗ったオスモ塗料を、ボロ布でひたすら拭きました。
拭いて拭いて、前身の力を込めてふき取り。

二日目、
二度塗りをしました。
台所、洗面所、トイレは、塗りっぱなし。
その他は、昨日同様、塗っては拭き取り。

二日ともとてもいい天気だったので、乾きもよく、
出来栄えも上々。
かなり自己満足の世界だけど。

これでやっと安心。

さて、今週から、根性を入れて引越し準備します!

アルマイトのお弁当箱

アルマイトのお弁当箱












お弁当は、ほぼ毎日作ります。
お弁当箱、オットは塗りのお弁当箱。
息子は、プラスチックのお弁当箱。
私は、ジップロックのくまのプーさん。

オットのお弁当箱一段なのに、
おかずとごはんパートが分かれていて、
おかずが詰めにくいのです。なぜかな?

息子のお弁当箱もプラスチックで嫌で、
私のも「風情」がないお弁当箱です。

それで、アルミのお弁当箱が欲しいな〜って、
ずっとずっと思っていたのです。
それを、きっとあちこちで言っていたのでしょう。

先日、どこかでそれを聞きつけたお友達からの、
思いがけないプレゼント。

「アルミ」のお弁当箱じゃあないよ。
なんと、「アルマイト」だよ!

(アルミとアルマイトの違いって、何?)

それで、このサイズは私のサイズなので、
オットや息子用にと、大きなサイズ、探しました。

島田軽金属工業株式会社、ポスト印、アルマイト、お弁当箱。

いろんな組み合わせで、グーグル検索したけど、
全然ヒットしないの・・・

こんな場合、どうして探せばいいんだろう?

床だけは・・・

土曜日、引越し予定のマンションの部屋を見に行きました。


ヒノキの床











マンションを購入したときは、まだ建設前だったので、
無理を言って、(かなりの無理を言いました!)
床だけは、ヒノキの無垢材を張ってもらいました。
我が家は材木屋なので、オットがどうしてもと譲らなかったのです。

写真は玄関から見た廊下の写真です。
これに、ドイツの仕上げ材のオスモカラーを塗ります。
オスモは天然の材料を使った塗料なので、テーブルなどにも使えます。
カラーといっても、我が家の場合はクリア(透明)を、
保護材として塗るだけです。

オットと二人で、がんばってオスモカラーを塗る予定。

このヒノキの色、今は薄いベージュ色ですが、
お日様に当たって時間が経つと、甘露飴のような色になるのです。
早く甘露飴のような色になるといいな〜。
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ