*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2006年10月

アルマイトのお弁当箱

アルマイトのお弁当箱












お弁当は、ほぼ毎日作ります。
お弁当箱、オットは塗りのお弁当箱。
息子は、プラスチックのお弁当箱。
私は、ジップロックのくまのプーさん。

オットのお弁当箱一段なのに、
おかずとごはんパートが分かれていて、
おかずが詰めにくいのです。なぜかな?

息子のお弁当箱もプラスチックで嫌で、
私のも「風情」がないお弁当箱です。

それで、アルミのお弁当箱が欲しいな〜って、
ずっとずっと思っていたのです。
それを、きっとあちこちで言っていたのでしょう。

先日、どこかでそれを聞きつけたお友達からの、
思いがけないプレゼント。

「アルミ」のお弁当箱じゃあないよ。
なんと、「アルマイト」だよ!

(アルミとアルマイトの違いって、何?)

それで、このサイズは私のサイズなので、
オットや息子用にと、大きなサイズ、探しました。

島田軽金属工業株式会社、ポスト印、アルマイト、お弁当箱。

いろんな組み合わせで、グーグル検索したけど、
全然ヒットしないの・・・

こんな場合、どうして探せばいいんだろう?

床だけは・・・

土曜日、引越し予定のマンションの部屋を見に行きました。


ヒノキの床











マンションを購入したときは、まだ建設前だったので、
無理を言って、(かなりの無理を言いました!)
床だけは、ヒノキの無垢材を張ってもらいました。
我が家は材木屋なので、オットがどうしてもと譲らなかったのです。

写真は玄関から見た廊下の写真です。
これに、ドイツの仕上げ材のオスモカラーを塗ります。
オスモは天然の材料を使った塗料なので、テーブルなどにも使えます。
カラーといっても、我が家の場合はクリア(透明)を、
保護材として塗るだけです。

オットと二人で、がんばってオスモカラーを塗る予定。

このヒノキの色、今は薄いベージュ色ですが、
お日様に当たって時間が経つと、甘露飴のような色になるのです。
早く甘露飴のような色になるといいな〜。
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ