*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2007年06月

雨のデッキ

雨のデッキ
















いよいよ雨が降り始めました。沖縄では梅雨が明けたそうですが。

今日は、朝からあちこちにお出かけの用があるので、
雨は困るな〜って思います、が、雨も必要ですよね。

せんじつ出来たベランダのデッキ、雨に濡れています。
オスモカラーを塗ったので、はじいていてちょっと安心。

このデッキ、もう一度手を入れなおさなきゃいけない場所があります。
早く大工さんが来ないか、またまた、待っています。

水玉花瓶

水玉花瓶



















先日、近所のお店に散歩がてらふら〜っと行った。
すると、この水玉花瓶が。

一目ぼれ、ってこんな感じかな?

店内のほかのものを見て回ったけど、どうしても気になるこの花瓶。
お値段も、それなりだし、どうしよう、どうしよう、って迷って、
ええいっ! と、勢いをつけて買っちゃいました。

この花瓶、水玉部分が薄くなって透けます。
だから、陽の光を浴びると、そこが透けてとってもきれいです。
ためしに、中にキャンドルを入れたら、それもステキ。
キャンドルスタンドとしても使えそう。

デッキと巻き寿司

デッキ2














デッキ、二度塗り、仕上がりました!
明日は、大工さんに来てもらいます。楽しみ!

巻き寿司















お昼は、「おふくろの店」の巻き寿司とおはぎです。
ここの巻き寿司、とってもおいしいんです。
お勧めです。
でも、人気なのですぐに売り切れます。
絶対に食べたい人は、電話で予約してから行ったほうがいいです。

「おふくろの店」
西区草津新町2丁目9−7
電話:082-276-8888

場所は、下記です。


巻き寿司地図

デッキ作り

デッキ作り














我が家のマンションのベランダに、デッキを作ろうと以前から計画。
やっと、やっと、大工さんにデッキ本体を作ってもらいました。

今日は、それにオスモカラーをペイントします。
気は、ヒバの木で、オットいわく、腐りにくい木らしいのですが、
それでも、しみになったりするのが嫌なので、ペイントします。

ペイントといっても、色はちょっと木が陽に焼けた、そんな感じの色です。
家の中の桧に縫ったのと同じ、ドイツの塗料、オスモを塗ります。
今回はデッキ用のオスモです。
オットがこれを使うのは初めて。

箱からかんを取り出し、しばらく缶をながめ、
「ありゃー、これ全部ドイツ語やわ! 英語がない!」
とパニクリ状態。

私も見てみるけど、なるほどドイツ語っぽい、感じ。
缶の蓋にシールが貼っていて、その下から、日本語がチラッと見える。
「日本語や、日本語あるやん!」

何のことはない、そのまま塗れ、と書いてある。なんじゃらほい。

オットと先ず裏から塗っていって、ちょっと乾かし、表を塗った。
今晩一晩置いて、明日もう一度表だけ塗ります。

月曜日、大工さんが来る予定。 いよいよデッキの登場です。

はっはっはっは・・・・・! ビヤガーデンの開店です!

みんな来てね! 

手づくりピクルス

ピクルス












懺悔から、始まります。

実は、昨年「痩せる」って宣言して、全然痩せていません!
正直に言えば、その頃より、2キロほど太ってしまいました。
オットと二人だけの生活になって、楽チンなのか、
更年期障害の影響なのか、
ただ、単に、「食いすぎ」なのか、「飲みすぎ」なのか。

一週間ほど前、友達が来て、
「ええかげん、やせえぇや〜!」って言われました。
(本当は、そんな言葉ではなかったのですが、、、
 私には、そのように聞こえました。。。 
 自分でも嫌になっていたので、そう聞こえたのでしょう。)

優し〜いお友達は、
「週二日お酒をやめなさい!」とはっきりと言ってくれました。
自分でもわかっていたのですが、(わかっとるなら、ダイエットせえや〜!)
なかなかで・・・・・ぐずぐずぐず・・・・・・・

お酒、飲まない日を作りました。
今のところ、体重などに変化はありませんが、
気持ちは、だいぶ違います。

ダイエットの味方、ピクルスを常備することにしました。

【自家製ピクルスの作り方】
材料 タマネギ・にんじん・ズッキーニ・パプリカ・カブ
   きゅうり・大根・などなど
   そのほかなんでもピクルスになりそうなもの
   ただし、彩を考えて作ると楽しいピクルスになる。
   楽しいお料理が、楽しいダイエットにつながると思う!

つけ汁 酢(米酢とか、玄米酢)
    ビネガー(ワインビネガーとか、シャンパンビネガーとか)
    塩・砂糖・水
    お好みで、たかのつめ・ブラックペッパーホールで

☆ つけ汁の量は、お好みで。
  目安として、酢:水 2:1 または、1.5:1ぐらい
  私は、砂糖の分量をかなり少なめで作っています。
  いいお酢で作ると、柔らかでまろやかな味がするので、
  砂糖があまりなくても、充分おいしいです。
  日本のお酢だけでなく、ちょっとワインビネガーなど入れると、
  ちょっぴり味が,洋っぽくなります。でもこれもお好みで。


作り方
つけ汁の材料を鍋に入れて沸騰させ、冷ます。
野菜で、生だと食べにくいものを沸騰した湯の中にさっとくぐらす。
このとき、沸騰したお湯に少々酢を入れてもいい。

野菜とつけ汁を冷ます。
きれいなビンに両方を入れる。冷蔵庫で保存。


毎日の自分を見つめなおすために、
ダイエットブログも付け始めました。
非常に個人的なブログなので公開はしていませんが、
ぜひぜひ、という方は、メールを下さい。

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ