*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2007年09月

冷蔵庫の中

冷蔵庫の中














マレー鉄道の旅、今日はちょっとお休み。

今日は、我が家の冷蔵庫の中のお話し。

3日前ぐらいの冷蔵庫の写真、だいたいふだんはこんな感じ。
本日は、買い物前なので、空っぽで、ほとんど四方の壁が見えている状態。

冷蔵庫の上段は、ジャム・バター(右端の瓶の中)・ゆず胡椒・干しえび、
などなど保存品の瓶が入っている。奥には金柑の瓶も4個並んでいる。

上から2段目左から、
残りご飯・小松菜のゆでたの・豆腐・さつまいもの煮付け・洋ナシの缶詰残り。

下の段左は、卵のケース・頂き物のコンポート(もったいなくて食べられない!)
それから、ビールとお茶。

下の段右上は、緑のタッパーは刻み葱・その上はお弁当の残りの出し巻き卵2切れ、
その右、下は自家製だし昆布の残りの佃煮・カボス半分。

下の段の下は、左から、イリコだし・ヨーグルト・レモン半分。

下のチルドルームには、サワラの味噌漬け・ナチュラルチーズ・豚コマ少々。

冷蔵庫の中に入れることで気をつけていることは、中身がわかること。
だから、入れ物は、ジップロックかパイレックスのガラス容器。
油ものは基本的にパイレックス、そのほかはジップロック。
タッパーは、大量にいただいたのがあったんだけど、
汚れがだんだん取れなくなってきたので、ほとんど処分。

野田琺瑯の白い容器がいいな〜と思って、二個ほど購入したけど、
横から見えないので、今はちょっと購入を躊躇っている。

この夏、みぃ〜ちゃんが生まれて、息子たちが来たときは、
こんな状態ではなかった。
もう、ぎゅうぎゅう満員状態。
そんなときでも、重ねられるジップロックやパイレックスはありがたい。

マラッカへと

ヒーレンハウス













暗くなったタイピン駅、ハンター(友達)はバスの時刻表を見に行った。
駅の前に立っている私に、ちょっと怪しいおじさんが、
「どこまで行くん?」と聞いてくる。どうもタクシーの運転手らしい。
マラッカまでいくらで行くのか、どのくらいの時間で行くのかを聞いてみる。
一応、ガイドブックに書いてある値段と時間とほぼ同じことを言う。

ハンターはバスで行くと言い張るが、バスの時刻表は意味不明だったという。
だいたい、意味不明なのに、この時間にバスを待つの?と言いたい。。。

タクシーと交渉成立、タクシーに乗り込む。
二人なのに、なぜか私は助手席、ハンターは後部座席。
機嫌を損ねたハンターは黙り込む。。。 いつものこと。。。

さて、タクシーの運転手、名前をィザッカヤン???と言った。
私には「居酒屋ン」にしか聞こえない。
まあ、とにかく話の好きな運転手で、いろいろと話をしてくる。

ある日本人の女の子の話。
私たちと同じ時間の汽車から降りてきた、20歳ぐらいの女の子一人。
マラッカまでタクシーに乗せた。
ところが、日本円のトラベラーズチェックしか持っていないという。
現金マレーシアリンギットは全然なしと言う。
もちろん泊まるホテルも決まっていないと言う。

そこで、この「居酒屋ン」は、なんと自宅にその女の子を連れて帰ったそうな。
ウハァ〜、そんなの危なすぎない?!
自宅に戻ったら、「居酒屋ン」の奥さんは目を真ん丸くしたそうな。
息子の「居酒屋ンジュニア」とは意気投合して、
それからご飯を食べに夜の街に繰り出したそうな。

翌朝、「居酒屋ン」が銀行まで連れて行って、トラベラーズチェックを現金化。
無事に、タクシー代を払ってもらったそうだけど、
「日本の女の子って、こんな危ないこと平気でするの〜?」って聞かれた。

さて、タクシーは夜のマラッカに無事到着。
実は、私たちもホテルの予約とかしていない。
とりあえず、「ヒーレンハウス」と言う、マラッカっぽいゲストハウスへと。

ドアを開けると、そこには、亀仙人のような白ひげのおじいさんが。
「ここの宿泊代、いくらだと思う?」と私に聞く。
ハンターは、また、だんまりだ。。。 
実は、リンギットでのレート率なんて全然わかっていないのだ。

私は、本当は知っていたけど、それよりも安い値段を言う。
「だいたいあっているけど、○○リンギットかかるよ。」と亀仙人。
その値段、調べていた値段の通り。それでOKだというと、
「実は、その値段の部屋は空いていない。しかし、高い部屋ならある。」
高い値段だと困るな〜って顔をしていたら、
「一番いい部屋に同じ値段で泊まっていい、
 ただし、ベッドは4つあるが、ベッドはふたつしか使ってはいけない。」
亀仙人は得々と説明する。
部屋は、すごく広い部屋で、おまけにベッドは天蓋付きベッド。

夕飯を食べていないと言うと、亀仙人ご推薦の店を紹介してくれた。
「マラッカは、夜でも安心の街。食事はマダム○○の店へ」
言われたとおりの店に行く。
確かに、おいしいし安かった。

夜のマラッカは、旧正月前なので、特別な飾りつけとライトアップが、
幻想的であった。

「居酒屋ン」といい、亀千人といい、マダム○○は、もっと幻のようだった。





マレー鉄道のたび・シンガポールから

マレー鉄道本










かれこれ7,8年前、いやもっと前かな?
友達と二人で「マレー鉄道」のたびを計画。
シンガポールからマレー半島を北上して一路バンコクへ。
行き当たりばったり、宿も何も決めていないたび、
バックパックを背中に、いろんな大変に遭遇。
この大変は、人生のテストのようだった?!

その頃広島からは、シンガポールエアラインが就航していて、
広島からシンガポールへと直行した。
時期はちょうど旧正月(2月)だったので、
各地の「中国系の旧正月」をテーマに旅をした、つもり。

シンガポールでは、インド人街、アラブ人街を見て周り、
けっこうあちこちにごみが落ちているのにびっくり。
シンガポールでは、ごみを捨てるとすごい罰金刑があると聞いていたので、
めちゃくちゃきれいな街だと思っていたんだけど、現実は違った。
シンガポール地図












【地図】シンガポールはマレー半島の先にある島国。
    上に川のように見えるのは、実は海。
    この海にかかる橋を渡ると、そこはもうマレーシア。

シンガポール駅から、マラッカの入り口タンピン駅へと、
いよいよ汽車のたびの始まり。
シンガポールの飛行場は、さすがハブ空港だけあって大きいのだが、
街はずれのシンガポール駅は、びっくりするほどの田舎の駅。
中心部にあると思っていた駅が、思ったより遠かったので、
駅に着いたとき、汽車の出発時間まで5分もない。

予定していたクレジットカードできっぷが買えない。うそだろ〜。
現金シンガポールドルはほとんどないし、
汽車の出発時間は迫ってくるし。
私はきっぷ売り場に「へばりついて」、順番を死守。
友達は、駅舎反対のマネーチェンジのブースに走っていく。

この友達(名前をハンターとしておく)、全く算数がダメ。
駅舎の反対から大声で、いくら日本円を換えたらいいか聞く。
きっぷ売り場でシンガポールドルでいくらかを聞いて、
それを日本円に換算し、「○○え〜ん」と、大声で返す。
ハンターは、わしづかみにしたシンガポールドルを手に走る。

駅のあっちとこっちで大声を上げる私たち、
それを温かく見守る?駅の人たち。
旅は恥のかき捨て、そんなことしたくないけど、
今は、そんなこと言っちゃいられない。

無事、汽車に乗り込み、シンガポール駅を後にする。
シンガポールは文字通りの島国だから、わずか10分程度で、
マレーシア領内へと入る。ジョホールバルである。
そこから、次の目的地、マラッカに一番近い駅、
タンピンまで汽車は走る。

タンピン駅に着いたとき、すでに日は暮れていた。
友達はバスで行くと言い張るが、バスはもうない。
さて、どうする。
マラッカまでは、まだまだ遠い。



タイ・クワイ川鉄道

タイ橋












写真:タイ西部、ミャンマー(旧ビルマ)国境へとのびる鉄道、
   泰緬鉄道(たいめんてつどう

整理整頓をしていて、見つかったもの。
写真のCD。一緒に旅した友達が作ってくれたもの見つかった!

今回は、「マレー鉄道のたび」を特集予定。

↓ 日本軍捕虜となりこの地で亡くなったおじいさんのお墓を探しに来た
  英国青年、そして、私。
タイ電車

「秋」なの?

秋













この時期、そう!「敬老の日」が過ぎ去るこの時期、
やっと夏の暑さから開放されて、ほっとする。

と、書きたいのだが、いったいこの暑さは何?!

暑いだけならまだ許す?けど、昨日のあの蒸し暑さ。
何にもする気が起きない。
夕飯も、冷たいパスタやカルパッチョが、冷えた白ワインに心地よい。

さて、お片づけですが、
引越しのときあれだけ捨てたのに、まだまだ捨てられそうなものがいっぱい。
「掃除の神様」のMちゃんの言葉を借りると、

「一番必要なもの、、、、それは、『決断力』」

うんうん、そうだよね。決断力だよね。

「使えるものと使うものの違い。着られるものと着るものの違い。」

ああ、耳が痛い〜。
使わないけど、使えるものがいっぱいいっぱいありすぎ!
「いっそ壊れてくれれば、いっそ破れてくれれば」って言う言葉、
どこかで聞いたことがある。

仲のいい友達が、私がモノを処分する様子を見て、
「ruthless」と言ったことがある。
「無慈悲な」とか「容赦ない」とか言う意味。

英和活用辞典によると、次のような例文がある。
ruthless about eliminating those who stood in his way
「邪魔になっていた者は、容赦なく消して」
まあ、「行く手を阻むものは、全て処分」ってことでしょうが、ね。

今は、バイオリズムが悪いのか、その頃よりも優しくなったのか、
ruthlessになりきれない、そんな私がもどかしい。

いやはや、単に「決断力」の低下?!





生活を支えるもの

ベランダ南
















クロワッサン「とことん整理整頓、すっきり収納。」を購入。

「なるほどね」「なるほど〜!」と読みすすめていくが、
なんだかイマイチしっくりこない・・・

考えてみれば、(考えなくてもわかりそうなものだが)
クロワッサンにでているお家、我が家との状況があまりにも違う。
雑誌で取り上げられるような、うらやまし〜ような収納スペース。
すっきり収納」なんてさ。。。あったりまえ!じゃない?

2年ほど前、
ちょっとカッコイイマンションを作る会社のモデルルームに行った。
今までのマンションとはちょっと違う間取り。
モデルルームのインテリアは、東京のインテリアデザイナーが担当。
(これが、イマイチのセンスだと思ったんだけど???)

それでも、ワォ〜! カッコイイ〜! なんて見て回ってたら、
「お客様、ワインはお好きですか?」といきなり聞かれた。
ワインは好きだけど、なぜ〜このマンションと関係あるの?

モデルルームの6畳強ほどあるベランダ、
ここにステキなテーブルと椅子がある。
ちょっとカッコイイモデルルームのお兄さんが、
「ここで、ワインなどをお召し上がりになられるといいですよ」

「ここで〜? ステキでしょうね」といちおう答えておいた。
(以下、心の中でのつぶやき)
だいたい、ここだけしかベランダないじゃない?
すると、ここにゴミ箱置いて、洗濯干して、まな板&布巾も干して、
ペットボトルも乾かさなくちゃ。
そんなものに囲まれて、ワイン?! イヤだね!

我が家の東側のベランダ、生活臭むんむんです。
↑台所のドアの外、まな板、台布巾、ペットボトル、たわし、
などなど干しています。
いつでも、あちこちジャブジャブ洗えるように、
ホースも出しっぱなし。(これはもう少し、きれいにしたほうがいいね)
出番を待つ、鉢も積み重なっている。

ベランダ北

















そして、反対側には、手前から、ごみを置いていて、
その向うは洗濯干し場。

この、決して人にお見せできるような場所じゃないけど、
生活を支える場所、これがあると、主婦はほっとする。

ただし、
家の中に、納戸などのスペースがないので、それは大困り。
その分、モノを持たないようにしないといけない。

火曜日から、またまた、お片づけをしないと・・・・・

この時期に

この時期に













☆ ←Handmade bag 「木のテーブル」に新情報あり!


夏が無事に過ぎ、(まだ気分的には夏なんだけどね〜)
9月にはいると必ずすること。
手づくりジャムなどの「火入れ」です。

今年は、キンカンとマーマレードだけです。
年によっては、イチゴジャムがあったり、梅ジャムがあったりするけど。
さて、冷蔵庫に保存していたこれらの保存品、
それをお鍋に入れて、少々水と砂糖を足して、温めなおします。
温めるというより、コトコト煮直します。

それから、きれいなちっちゃめの瓶に詰め直します。
キンカン3瓶、マーマーレード一瓶できました。

これを冷蔵庫の一番奥にしまっておいて、冬いただきます。
大事に大事に食べます。

さて、
写真整理をしたら、あちこちから、「ようやった!」
とお褒めの言葉が。
ねぎらいのお言葉、ありがとうございます。

みなさん、いる写真といらない写真を分けるのが、どうもネックのようです。
そこで、私流、いい加減、写真の仕分け方法を。

音楽です。昔ゲームで流行った「テトリス」覚えていますか?
ロシア民謡のあの有名な音楽、あの曲です。
♪チャ〜ンチャカ、チャ〜ンチャカ、チャ〜ンチャカ、チャ〜ンチャカ♪
あの曲を、頭の中に流しましょう!

そして、写真を見た瞬間に、「いる」「いらない」を決定!
考えてはいけません。瞬時に決めるのです。

音楽は、だんだん早くなってきます〜。。。

前を向いてぐんぐん進む、決して後ろは振り返らない。
そうです、その乗りです。

みなさん、がんばってくださいね。


写真整理、ひとまず完成

写真はこ

















ダンボール4つ分の写真、ダンボール一つに納まった。
そして、ファイルはまだ三つ残りあり。
後、1200枚の写真が収納可能。
ネガも捨てた。やった〜!

写真をだれがいつまで見るか、という問題。
たぶん、私たちが死んで、子どもたちの時代になって、
もしかしたら、取っておくかも。
でも、それ以上はもうないと思う。
(よっぽど有名人にならない限りは・・・)

「100年プリント」とはよく言ったと思う。
それだけもてば、それ以上は必要なしなんだよね。
それでいいのだ、それでいいのだ!

昨晩息子が来て言うには、
今はプリントをCD化してくれるらしい。
大事な写真だけ、CDにしようかな?

と思いつつ、まあ、それはまた来年のこととしよう。
とりあえず、これで写真は、ひとまず終わり。

写真ファイル


















使ったファイルは、無印の写真ファイル。
3冊で1000円程度。400枚収納可能。
今回我が家は、12冊買いました。

トロピカールな・・・

トロピカル

















我が家のオット、パイナップルが大好き。
マンゴやパパイヤやグァバ辺りも好きらしいけど、
一番お手頃が、パイナップル。
だから、一年中、パイナップルを買います。

そのせいかどうか、性格もいたってトロピカールなもんです。
零細企業のオヤジで、今にも吹っ飛びそうなのに、
「明日がある、明日がある、明日があるさ〜。」的なのり。
本人曰く、
「プライドもないし、ストレスもない!」だって。
それって、単に、「ウマ」と「シカ」でっしょう???

さて、昨日お辞めになられた方、
みなさん「突然」だなんて騒いでおられるけど、
私は、4日前に辞めると思った。。。
(もちろん、相談なんてありませんでしたが・・・)

オージービーフの国での会見のとき、
記者からの突込みが入ったとき、
しばらくボーゼンとして答えられなかった。
あの時、
この人は、精神がかなり参っているな〜、
お辞めになったほうが、いいんじゃないかしら?
なんて、不遜にも思いました。

今朝、
我が家のオット、ニコニコ顔で、
「今日は帰ったら、パイナップル切るからね〜」と、
おむすび弁当片手に、鳥取県のほうに向かいました。

そうだね、明日があるさ、あるよね〜。
どこまでも、トロピカーナなオットに、私は安心で〜す。

☆写真片付け、終了。
 ただし、オットの写真はまだ。
 次の連休、ムチを片手に、オットに片付けていただきます。
 いえいえ、パイナップルで釣ったほうがいいかな?


息子のベビー服

息子のベビー服











私の原則!
モノは取って置かない。処分する。
記念の品は、モノで取っておかずに、
思い出として取っておく。

例外中の例外。

二人の息子の産着2枚、それと、3歳のときのお宮参りのときの足袋。
これだけは、思い出のモノとして、取ってあります。

先日、みぃ〜ちゃんを預かったとき、
ミルクをゲッポって続けてやっちゃって、着替えの服がない。
急いで、この思い出服を出した。

今は、178センチぐらいのでっかい息子、
始めはこんなにちっちゃな服が入っていたんだね〜。

みぃ〜ちゃんがそのままこの服を持って帰ったので、
今は、みぃ〜ちゃんのワードロープに入っているのかな?
これだけは、後で返してもらおう!

寝込みそう・・・な

マリーナホップ















先週の金曜日、午後7時ごろの広島の海。
マリーナホップの先の人口海岸?からの眺め。

カップル一組と高校生の女の子二人、男性一人 そして我々。
高校生の女の子が二人で来るには、ちょっと危ないな〜。

風がとっても心地よい。
この近くのマリオ、金曜日の夜だっていうのに、
車が5台ほどしか停まっていない。
以前、確か3年ほど前かな?、そのとき来た時は、
これがマリオ?って疑いたくなるようなお料理だった。
今、マリオの人気はどうなのかな?

さて、
写真整理、すぐに無印のファイルが足りなくなって、
今日、午前中パルコ無印に補給に行きました。

この写真整理、思ったよりも難儀な仕事。
昨晩は、夜の9時ごろ、ぶっ倒れてしまい、
とうとう、お風呂も入らずに寝てしまった。。。

今日も昼からがんばる。
1996年まで終了。と思ったら、
1980年代の写真が後から見つかるわ、見つかるわ。。。

どないする?!

ええぇ〜い、もう年代関係なくファイルに入れちゃえ〜。
勢いだ、勢いだ、ちょっと気になるけど、
もうしょうがない。。。だろう???

さて、この辺りから気が付いたのだが、
子どもが中学生になると、ほとんど写真がない。
その代わりに増えてくるのが、私の個人写真。
この辺りから、「ママ」は、だんだんと子離れしたんだな〜。

さて、明日からは、
残りを一挙に仕上げるつもり。
この辺りになると、ほとんど旅行モノばかり。
そういえば、中学とか、高校とか、
運動会とか行っていないな〜。
いえいえ、行ったけど写真がないのかな?


思い切って

写真
















みぃ〜ちゃん、息子の小さい頃にそっくり。
そんな記憶がある。
しかし、記憶だけなので、写真を探すことにした。

引越しのとき、ダンボール4つに写真を突っ込んできた。
整理してあるものもあれば、ぐじゃぐじゃなものも。
いつか整理をしなければ、そんな思いを持ちつつ、
早10年以上???

実は無印で写真整理のためのファイルは買ってきている。
でも、いつするか、いつするか、で、だんだん先延ばし状態。

東京のブログ友、彼女のブログに、「掃除の神様」が降りてきて、
ただいま、掃除、掃除の毎日らしい?!
エクセルで表まで作っているらしい。
この辺り、さすがその道のプロで活躍していた人らしい。

このブログに刺激を受け、今朝、思い立った!
今週は、掃除片付け強化週間!

まず、長年の懸念事項、「写真」に挑むことにした。
しかし、しかしである、
全部を引きずり出すところまではおもしろかった。
昔の写真を見つつ、「わぁ〜、懐かしい〜」なんて。
でも、全部出して、遠くから見たら、げんなり・・・・・

このまま、もう一度箱に詰めて、ガムテープ張っちゃおうかしら、
なんて思った、けどけど、がんばる。

しかし、ちょっと頭がくらくらし始めている。。。

みなさんは、どうやって写真を整理しているのかな?
最近のは、デジタルカメラだから、パソコンか、
HDか、CDまたは、DVDに保存?


フラワーアレンジメント9月

はな2


















9月のフラワーアレンジメントに行ってきました。
今回、これは↑先生の作です。
「大正ロマン風着物柄」って感じに仕上がりました。

はな1


















これは↑、私の作です。

ダリア、百合、バラという、個性の強い花ばかりなので、
いったいどうやって生けるのか、ムズカシイ。。。
私が生けて、自分のを見て思ったこと。
「パチンコ屋の開店祝い」みたい・・・・・
軍艦マーチが聞こえてきそうです。

今回の私が生けた花に対してのアドバイスは、
「線を感じさせるもの、それを生かした入れ方を。
 花が多すぎるときは、それを隠してもいいということ。」
以上の二点。

この日は8人の生徒さんがいました。
ほとんど同じ花材なのですが、それぞれに個性が出ます。
やはり、長くやっていらっしゃる方は、違います。

私もいつかはあんなに上手になるのかな?


やっと・・・!

まつげ















やっと!プリンセスみぃ〜ちゃんがお家に帰ります。
4週間近く、みぃ〜ちゃんモードで動いていた我が家、
明日からは、jiji&babaの二人です。

ちょっと家の片付けやら、生活の立て直し、
そして、どうしても作らないといけないバッグ、
今週末までは、予定がいっぱいです。

来週からは、ようやく自分の時間が持てそうです。

☆ メールなどたくさんいただいています。
  お返事できていない状態です。
  今週中には、全てのみなさんにお返事できると思います。
  もう少しお待ちください。 ごめんなさいね。
  (みぃ〜ちゃんの寝顔に免じて、許してください・・・)




食器選びの基準・その2

いろいろ器














食器の基本は、白のスタッキングのできる、割れない、
そして、いつでも買い足しができるもの。

でも、それだけじゃ、テーブルが味気なくなっちゃいます。
それで、テーブルにちょっと変化をつけるために、
買う食器があります。
というか、好きでついつい買うものかな?

だいたい「若手作家モノ」です。
「若手」だと、作家モノでもお手軽な値段で売っているので。
それでも、やっぱり高いので、買うときは2枚ずつです。

これらの食器、サイズも形もバラバラなので、
収納に困ります。
本当は重ねちゃいけないようなお皿を、重ねちゃうので、
ときどき、ふちが欠けたりして。。。

私のお気に入りのお店は、ネット販売している「胡桃庵」です。
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ