*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2008年03月

バッグぐらいは作ってみたい・道具編

本











ときどき、聞かれます。

「どうしたら、きれいに縫えますか?」と。

答えは、ひとつです。

「丁寧に縫ってください。」 そう、これだけです。

そうこ答えると、たいていの人は不満そうな顔をします。
それで、補足説明をすることになります。

では、いつも私がする、その補足説明を何回かに分けて、書いてみますね。
今日は、道具についてです。

【ミシンの調子を整えましょう!】
長いこと使っていないミシン(2年以上押入れにあったようなミシン)は、
まず、お掃除をして、ミシン油を差します。
その後は、油が布に付くかもしれないので、
あまり使わない色の糸とかで、とにかく、布を縫ってみる。
その間に、糸調子、上糸と下糸の調子などを見てみる。

それでも、あまり上手くいかない場合は、ミシン屋さんに見てもらうか、
または、思い切って分解掃除をする。
これは、費用がだいたい5000円ぐらいかな?
私は、ときどき、ミシン屋さんにミシンをチェックしてもらいます。

【はさみを見直そう!】
100円ショップで買った、洋裁用のはさみを使っている人もいるけど、
できれば、はさみには投資しましょう。
作業がぐっと楽になり、できもきれいになります。
私は、最近、刃物専門店で3000円のはさみを買ったけど、
これが、東急ハンズの10,000円のはさみよりも、軽くて使いやすいですよ。
(でも、東急ハンズのはやはり、かなりの優れものです!)

【針と糸について】
普通のコットンの布とか、麻の布とかだと、
薄いブルーのシャッペスパン綿・合繊用の糸に、
ミシン針はだいたい11号がお勧め。
でも、厚い所を縫うときは、14号に替えてね。
もっと厚いものを縫うときは、16号の針も必要です。
(先ほどまで、13号針と書いてありましたが、正しくは14号です)

縫う場所によって針や糸は、小まめに交換してください。
私は、だいたい一つのバッグを作るのに、最低3〜4回、
針や糸を交換します。
その場合、針は、しっかりとドライバーで取り付けてください。


☆ 本日のちょっとひとこと

  ↑このような本、「バッグ作りの基礎ノート」みたいな本、
  丁寧に作り方が載っています。
  図書館とかでも探せばあると思います。
  こういう本の作り方を、丁寧に追っていけば、きれいなバッグができます。




うれしいお土産

クッキー











革バッグ作家のYさん、こと、ヨッコちゃんのお知り合いから、
北欧のうれしいお土産をいただきました。

スウェーデンのクッキー、ANNA'Sのアーモンド薄焼きクッキーです。
これ、実は、大好物なんです。
海外旅行に行くと、乗換えなどで、空港での待ち時間があります。
そのときは、必ず、このクッキーともう一つお気に入りのウェハースを探します。
見つかると、ニコニコです。

久しぶりに食べました!
これって、ミルクティーにいいんですよね。
なお、海外の空港で、もし美味しいビールが手に入ったら、
ビールといっしょでも、結構いけます・・・

毎日、バッグつくりです。
ほっとした時間には、コーヒーか紅茶か、番茶を飲みます。
我が家はお菓子のない家ですから、それだけです。
でも、この何日間は、2枚ずつ楽しんでいます。
それ以上は、もったいないから、ガマンです。

実は、もう一つ、うれしすぎて、ひっくり返りそうなものをいただきました。
リネンです。ヨッコちゃんは、スウェーデンのリネンというけど、
入っていた袋には、ロシア語が書いてあります。
あのあたりでリネンの有名な所は、リトアニアです。
手触りも雰囲気も、リトアニアの感じ!です。
勝手に思い込んでいるだけかもしれませんが。

これは、バッグ展が落ち着いたら、自分用に、ゆっくりをバッグを作りたいです。
それまでは、うふふ、毎日、布をながめて、なでて、楽しんでいます。


ランチはサンドイッチ

サンドイッチ
















普段のお弁当は、チョー日本的なお弁当。
玄米入りごはんに梅干、沢庵、佃煮を添えて、
おかずは、お魚、根菜、緑の野菜、たまに卵ぐらい。

時どきサンドイッチ気分になって、サンドイッチを作る。
昨日は、サンド気分の日だったので、サンドイッチを作った。

写真上は、いつもの定番、
ハムとレタスたっぷり、粒マスタード入りマヨネーズを塗るだけ。
レタスのシャキシャキ感が大好き。

写真下は、アボガドがあるときのサンドイッチ。
アボガドにライムを振りかけたのとレタス。
それから、チキンを塩胡椒でカリッと焼いて、
仕上げにみりんとお醤油でちょっと味を足す。

パンは、絶対にブラジルパン。
中身が多いので、やや厚めに切るのが我が家風のサンド。

サンドイッチのバリエーションはそんなに持っていないので、
先日パルコでサンドイッチの本を買った。
この前、公民館で借りたベーグルマジックも参考になりそうな本なので、
アマゾンマーケットプレイスで安くなっていたので注文中。

春になると、おむすびのお弁当でのお出かけもいいけど、
サンドイッチのお出かけも大好き。

そうそう、来週あたりの錦帯橋、桜がきれいだと思う。
朝早く、サンドイッチブレックファストを持って、
ドライブに行ってみようかな?
我が家、錦帯橋の花見は、いつも花見朝食!
だから、アルコール抜き。コーヒー付なり。

トラブルもまた楽し!

パリ
















昨日のブログ、メルモさんからのコメントにも指摘があったように、
今は、バッグ作りで家に篭もりきりだから、
旅の思い出に、心だけを飛ばしています〜。
でも、本当は、ブログネタがないというか・・・まあ、そんなところです。

↑さて、この写真は、パリの「眺めのいい家」です。
ベルヴィルというところで、このすぐ近くがエディット・ピアフの生家です。
ガイドブックには、あまり近寄る場所ではないと書いてありましたが、
恐る恐る行ってみると、普通の人が、普通に生活しています。
どちらかというと、中東やアジア系の人が多く、
マーケットとかは、そんな匂いでプンプンです。これ、私好きなのよね・・・

なぜ、眺めがいいかというと、高台の上だからです。
方向的には、パリの東側に位置します。
遠くにパリの中心部が見渡せます。
確かに、このアパールトモンの最上階の角の部屋からは、眺めがいいだろうな〜。

旅はトラブル続きだと書きましたが、
でも、旅の全てがトラブルではなく、ほとんどは楽しいトラベルです。
たまにトラブルに合うと、どうしようかな?って考えます。
これが、楽しい!

いっしょに旅行に行く友達がいいました。
「何かトラブルになると、アハハハ・・・って、いつも笑うよね。
 あの笑いを聞くと、安心するし、こっちも気が楽になるよ。」と。

私的には、怒っても落胆しても仕方がないので、
後は、このトラブルをどう楽しもうかって思うだけかな?
というか、いろんなことを考えないと、誰も助けてくれないからね。

トラブル続きでも、トラベルに行きたいな〜・・・

でも、当分は、バッグ展に向けて、バッグつくりをがんばらなければ。
バッグ展が終わったら、思い切って、どこかに行くかな?
5月の連休が過ぎた頃、チケットが安くなるしね。

トラブルトラベルのお好きなかた、どなたかご一緒しませんか?
トラブル、トラブル、トラブルで、大いに笑えますよ〜、なんて。

旅はトラブル続き・・・

ロシアの駅












日本に来た外国の人、全て(私が知っている限りの人だから、チョビットだけ)
口をそろえて言う。
日本のJRぐらいすごいものはない。
新幹線なんか、今どこを通過中で、何時にどこの駅について、
それらを英語で案内してくれる。もう、ミラクルの世界らしい。

一番最初にイギリスに行った時、二人の息子を連れて行った。
シェフィールドからヨークまで汽車に乗ったとき、
なんとヨークには予定時刻より15分も早く着いたのだ!
私たちは、そこが目的地だからいいけど、ヨークからどこかに行く人、
予定よりも15分も早く汽車が出発したら、困らない?

はじめて一人で行ったのは、ベルギーのアントワープ。
オランダのスキポール空港から、アントワープ行きに乗った。
アントワープ手前の駅で何かのアナウンスがあった。
もちろん、オランダ語かフレミング語か何かで、私には???

近くに座っていた、中国系のおばさん二人、私のところに来て“#$”%&・・・”
中国語もわかんないよ〜・・・
みんな汽車から降りるし、チャイナおばさんに腕を引っ張られ、
そこの駅で下車。とっぷり日は暮れ、こんな田舎駅で、どうすんのよ!
チャイナおばさん、一生懸命に説明してくれるけど、???状態。

どこに行くのか聞いているのかな?って思って、
「アントワープ、セントラァ〜ル」って言うと、
「セントラ〜、セントラ〜・・」と、腕をつかまれ階段をおり、
向かいのプラットホームへと強制移動。
そこに汽車が入ってきて、またまた、腕をつかまれ引っ張り込まれる。

本当にアントワープセントラルに行くのかどうかは?だけど、
よく見ると、ほとんどの人は、この汽車に乗り換えている。
もう、真っ暗になっているし、こんな田舎駅にいるわけにも行かず、
とりあえず、この汽車に乗る。

3つ目の駅で、汽車はストップ。チャイナおばさんがまた来て、
「アントワープ、セントラ〜」と、教えてくれる。

アジア系のわけのわからんおばちゃんが一人汽車に乗っていて、
チャイナおばさん、ほっとけなかったんだろうな・・・
でも、あの時は、状況がよくわからず、ちゃんとお礼も言っていない。

チャイナおばさん、ありがとう。

このスキポール空港の汽車では、
後日、またまた、大変な目にあった・・・
それも、2度も・・・

↑写真は、ロシアのサンクトペテルブルグから1時間30分ぐらいの田舎駅。



プラハの地下鉄

エスカレーター













↑写真は、ロシアのサンクトペテルブルグの地下鉄のエスカレーター。
デパートのエスカレータを5階から一気に1階に行くぐらいの長さ。
長いエスカレーターのため、速度がすごく速い。
そんなエスカレーターを、ふたつ乗って、やっと地下鉄乗り場に着く。

なんでも、冷戦時代、核攻撃を受けたときに、地下鉄乗り場を、
核シェルターにするつもりだったらしい。
ということで、地下鉄乗り場も広い。
国家高揚ムードの絵や彫刻などがあって、異様な雰囲気をかもし出していた。
サンクトペテルブルグでは、何度も地下鉄を利用したけど、
いつも、何か妙に緊張する場所だった。

さて、
話は、パニックになったプラハの地下鉄。
プラハはチェコの首都だが、旧共産国のチェコスロバキアだったところ。
今は、チェコとスロバキアに分離している。

チェコでは、家族経営のプチホテルを予約して泊まった。
チェコ最終日は、夕方発のミュンヘン行きの夜行列車に乗る予定。
荷物があったので、プチホテルからプラハ駅まで、タクシーを予約していた。

その日のランチは、最終日だということで、
プラハで偶然に見つけた、小さなチェコ料理のお店でランチを堪能していた。
ダンプリングという、じゃがいもと小麦で作っただんごのようなもの、
これがすごく美味しく、また、
ここのデザートのベリーのスープのお米のお団子添えも、よかった〜!
グラスワインと共に、素敵なランチ。
ランチが済んでみると、あらあら、タクシーを予約している時間が迫っている。

歩いてホテルまで帰るには、30分以上かかるということで、
急きょ、近くの地下鉄駅からホテルのすぐそばの地下鉄駅まで、
地下鉄を利用することにした。
急いで、駅に急行し、地下鉄に乗る、三つめの駅がホテル近く。
地下鉄を降りて、友達がエスカレーターを駆け上る。
サンクトペテルブルグほどでもないけど、結構長いエスカレーター。

「全然見たことない景色!」と、友達が叫ぶ。
後ろから私は、
「駅の反対側に出たんじゃない?」といいながら、駆け上ると、

そこは全く別の場所。ホテル近所の繁華街とは待ったく別の、森の中。
反対方向に、地下鉄を乗ったんだ!と気が付く。
急いで、反対側のエスカレーターを下り、中心街へと向かう地下鉄を待つ。
こういうときに限って、地下鉄が来ない、来ない、来ない・・・

タクシーとの約束の時間は、とっくに過ぎている。
プラハ駅で夜行列車に乗りミュンヘン駅へと行き、
その後、ミュンヘン空港からロンドンへと飛行機を乗り継ぐ予定。
もし、夜行列車に間に合わないと、その後の全てが変更となる。

やっとの思いで地下鉄に乗り、息も絶え絶えにホテルに戻ると、
ホテルの皆さん、タクシー運転手、全員でホテル前で待っている。
急いで荷物を取り、タクシーへと乗る。
その後、映画「タクシー」のように、タクシーはぶっ飛ばす!

途中、プラハ滞在中ずっと見たかった、現代建築が右手に見える。
私が、「きゃあ、ラッキー! あの見たかった建物よ〜!」って言ったら、
友達は、マジになって、不機嫌、怒り出す・・・まあ、わかるよ・・・

プラハ駅、まあ、これが広いし、わかりにくいし、
背中にバックパック、そして、手には大きなイギリスのお友達へのお土産バッグ。
これを持って、駅の中を、走る、走る、走る。

まだ、汽車はいる。よかった・・・ほっ。

それ以来、予約を取っている汽車や飛行機に乗るときは、
時間に余裕を持っていかなければ、と、心に誓ったのだが・・・
そうは、いつも上手くは行かないことばかり・・・


バスが好き

バス












旅行に行くと、バスや汽車に乗りたくなります。
知らない土地での乗り物は、不安もありますが、
絶対に期待の方が大きいので、乗ってみます。

NY、ロンドン、パリなど地下鉄の発達している都市もありますが、
そんな都市でも、できれば、バスに乗ります。
まず、路線図を手に入れますが、無い場合は、
まあ、適当に乗ってみます。
どこに行っちゃうのか、不安ではないの?
なんて思われるかもしれないけど、
大草原の真ん中で下ろされるようなことは無いので、大丈夫です。

香港では、スターフェリーに乗って香港島に渡り、
そこから、バスに乗りました。
思ったところと違うところをバスが走ります。
でも、どちらの方面に走っているかは、
地図とコンパスがあるからわかります。

さて、バスの終点は、香港庶民の街って感じのところ。
バス乗り場の近くの公園では、
おじいさんおばあさんが太極拳をしています。

近くをぶらぶらしていると、庶民のマーケットみたいなのがあって、
そこも、ぶらぶらと覗いてみます。
地図を見ると、とラムも走っているようなので、
それに乗って、バスの出発地点まで戻ります。
1時間以上トラムに揺られながら、香港見物です。
香港のトラムは、2階建てなので、もちろん2階の前列席に座ります。

NYでも、夕暮れ時、バスに乗りました。
この街はわかりやすく便利です。
バスは、北か南かどちらかに向かって走るだけです。たぶん・・・
南方面粋のバスに乗り、降りたい場所を運転手さんに伝えておきます。
後は、ゆっくり、バスの窓から街見物です。

いろいろな土地でバスに乗ったけど、だいたい間違えなく乗れます。
間違ったのは、プラハでの地下鉄です。
あの時は、プラハの地下鉄でパニックになりそうでした・・・つづく


行きたいな〜・・・

NY












連日、円高で1ドル95円までなったとかいうニュース。
こんなニュースを聞くと、アメリカに行きたいな〜って思う。

今一番行きたいのは、マリメッコやアラビア、そしてアアルトの
フィンランドだけど、何せ、ユーロ高だからね・・・
以前、138円のときに行っても、物価が高いな〜って感じたのに、
今は158円ぐらいかな?

ドルが100円を切れば、やっぱりアメリカかな?
う〜ん、ハワイのオアフ島以外でのんびりもいいな〜。

アメリカだと、やっぱり最低2週間は行きたいな。
レンタカーを借りてあちこち走り回るのがいいな。
NYの街も見所がいっぱいだし、
メトロポリタンミュージアムは、まだまだ半分も見ていないし、
今度は、ロングアイランドあたりにもレンタカーで行ってみたい。

しかし、同じ行くなら、やっぱり思い切ってフィンランドかな?
それとも、パリかな?

なんて思いつつ、あちこちのサイトを覗いて、
チケットの値段をチェックしたり、
レンタルアパートをチェックしたり、
ああ、これだけでも楽しい・・・

ただいま、貸し出し可能のアパートin ニューヨーク

こんなアパートを借りて、NYっ子の気分で、
グラマシーのマーケットなどで、オーガニックの野菜を買ってきて、
キッチンでお料理して食べるなんていいな・・・

円が95円になって、すぐすぐには恩恵は無いけど、
こんな、夢だけでも見られるのは、楽しい!

こんなテラス付きのアパート、1週間で1000ドルぐらい。
今だったら、10万円を切るぐらい。
一泊だと1万5千円ぐらいかな?
4人で泊まれば、安いよね・・・ ああ、夢、夢、ゆ・め!

むしむし・・・そして虫

むしむし












おもしろい虫たちでしょ?
これって、全て手作りです。

公民館のボランティアに月に2回ほど行っています。
そこで知り合った、おじいちゃまの作品です。
よく、よく見ると、すごく凝っています。

これを公民館のロビーに置いていると、
子どもたちが寄ってきます。
みんな、欲しい欲しいって言います。
子どもだけでなく、私も欲しいと思います。

色といい、形といい、すごく独創的です。
こんな趣味があるといいな〜って思います。



さてさて、
今晩オットは同業者と飲み会です。
雨だから、送っていきました。
ひとり家に帰って、晩ごはんの用意を簡単にしていた所、
オットから電話。

「ねえ、ひとり来なくなったんよ。ごはん食べに来ない?」
「ええ〜、知らん人ばっかりじゃん。」
「そんなことないよ。○○さんじゃろ、○○さんじゃろ、○○・・・
 みんな、おいでて言いよるよ。」

でも、今から行くのはめんどくさいし、
なんだか、おじさんたちの中に、私一人っていうのもね〜〜〜

「やっぱ、行かんわ。お誘いありがと、って言っといて」
と電話を置いたが、
ちょっと興味のあるお店だし、行けば、美味しいお酒も飲めるし、
やっぱ、行ったほうがよかったかな?なんて、思う、
今!なのである・・・ 複雑・・・

行ったよ、MARKS&WEB そして、椅子・・・棚?!

marks&web











日曜日の夕方、駅ビルのASSEにできた、MARKS&WEBに行った。

私は、アトピーだし、皮膚がめちゃくちゃ弱いので、
ここのシャンプーにちょっと興味があった。
今まで使っていた、ヨーガンレールのシャンプーもすごくよくて、
これをまた買おうかな?なんても思っていたけど、
独特の匂いにちょっと飽きたって感じ。

お目当てのシャンプーは3種類あって、
その中でも石鹸シャンプーの一番オーソドックスなものにした。
こういうものを選ぶとき、いつも気をつけるのは、何も入ってないこと。
いろいろ髪にいいですよ〜なんていうものが入っていると、
だいたいそれに負けてしまうから。
一番小さな、お試しサイズを買った。

アウトドア用の食器洗い洗剤なんかもあって、環境に優しいらしい。
これは、アウトドア派の○○じるさんにいいかな〜?なんて、
今度これをお土産にしよう、なんてひとりでニマニマした。

シャンプーやリンス、台所用の石鹸、顔洗いの石鹸なども買った。
ふと気がつくと、オットがお店の店長さんらしい人とお話中。

「ちょっと、ちょっと、この椅子いいね〜。買おう!」とオット。

店内の隅にあった椅子、それを、なでなでしながら、ニコニコしている。
このニコニコは、危ないのだ!
お店の店長さんも、ニコニコしている。
うう、二人のニコニコには、負けないぞ〜。

実は、私も店内に入ってきた瞬間に、この椅子が目に入ったのだ。
私もニコニコしそうになるのを、ぐっとこらえて、

ええ、また、椅子買うの・・・ 椅子ね〜・・・
確かにいい椅子だし、我が家に合うと思う。

オットいわく、メープルの木でできた椅子で、
材料費だけでもかなりするらしい。
それが、この値段ではどうもかなりお買い得らしい。

う〜ん、それでも椅子はね〜・・・ 今、あるし・・・

椅子といえば、私がすぐに、買おう!って言うって思っていたみたい。
しかし、
私の反応が悪いので、次は、棚を見つけてきて、
これを買おうって言い出した・・・ オイオイオイ・・・値段が・・・

結果、
メープルのお釣り入れを買った。
四角くて真ん中がまるく凹んでいるもの。
オットに、これに鍵を入れておくと、なくならなくていいよ〜、
と、どうにかこれにてガマンしてもらう。
これなら、1260円だから・・・

オット、それでも諦められないらしく、
お店の店長さんに、お店のパンフレットをもらっていた。
そして、やっぱり私に、棚、棚、棚・・・と・・・

昨日夜、家でミシンをかけていたら、オットが部屋に入ってきて、
「ねえ、棚の大きさ、これくらいだよ〜」って、
縦・横・長さを手で指し示す。

やっぱ、買うつもりかね・・・え・・・

同じ買うなら、椅子にしとこ・・・ 椅子なら買ってもいいよ・・・

ホワイトデーのだんご

だんご












ちょっと前の話だけど、3月14日はホワイトデー。
オットから別に何もあるとは思っていなかった。
バレンタインデーには、一応、ハート型のチーズを買い、
それでワインを飲んだんだけど・・・
そのほかの特別な贈り物はしなかった。

さて、3月14日の日、この日オットは岐阜から奈良への出張最後の日。
スペシャルがあるからね!なんて、思わせ気味なメールが入った。

そのスペシャルが、このだんご。

外側












奈良の橿原にある「団子庄」の串だんご。
これは、この界隈ではかなり有名店らしい。
関西版のお土産本などには、ここを紹介したものもある。

ここのだんご、米の粉を団子にして、周りにきな粉をまぶしただけ。
でも、その素朴な味は一度食べたら忘れられない。
甘いものの苦手な私も、このだんごは一押しのだんご。

でも、このだんごなかなか手に入らない。
まず、売り切れたら、そこまで。
そして、売っている場所が、なかなか行かない場所。
行ったとしても、車をちょっと止める場所も無いような、
そんなところに店はある。

もう一つの困ったことが、賞味期限。
だんごを作ったその日が、賞味期限となる。
オットが奈良に行って、帰ってくるのはたいてい夜遅く。
家族は、次の日でもヘッチャラで食べるけど、
さすがに、賞味期限の切れただんごを差し上げるわけにはいかない。

ということで、
差し上げるとしても、ごくごく親しい人だけに限る。

そんな、いろいろ困ったちゃんのだんごだけど、
これが、大好き。

オット、私がこのだんごを大好きなのは知っているけど、
まさか、この日がホワイトデーだったとは、知らんかったやろうな・・・

マリメッコらしからぬマリメッコバッグ

マリメッコバッグ












まりさんから見たい!とリクエストのあった、オットのマリメッコバッグです。
先日、ワインを飲んだ勢いにのって熊本で買った、例のバッグです。

この冬、フィンランドに行って、マリメッコに行ったmariちゃん情報によると、
マリメッコらしからぬマリメッコがいっぱいあった、
と、ブログに書いてありました。
こんなのかな〜?なんて、勝手に思っています。

横長で、荷物を入れるとバランスがすごくいいのです。
前面と裏面にはファスナー付の大き目のポケットがふたつ。
両脇には携帯やペットボトルなど入れると便利なポケットがふたつ。

タグ2










a perfect balance of function & style
バランスの取れた機能とスタイルと書いてあるとおりのバッグだと思います。

タグ






こんなファスナーの先に、小さくmarimekkoと書いてあるのがにくい!

肩掛け









取り外し可能な、肩掛け用のストラップも付いています。
よく考えたバッグだと思います。

これは、オットの合気道用のバッグです。
久しぶりに新しくなった合気道用のバッグ。
今晩辺り、土曜の夜だというのに、ニコニコしながらこのバッグを抱えて、
合気道に行くのでしょうか・・・・ね・・・

ひいばあちゃんとみぃ〜ちゃん

てんとう虫












なぜか、我が家の窓ガラスに遊びに来ていたてんとう虫さん。
キッチンのバジルの上にとめてあげました。

さて、
おとといの晩遅く、九州の母から電話。
みぃ〜ちゃんに会いたいな〜、会いたいな〜って電話。

「ぐずぐず言わんと、明日の朝、新幹線に乗っておいでよ!」と言うと、
「決めた! 明日行くわ〜」だってさ。

ってなことで、ひいばあちゃんが新幹線に乗って広島に来ました。
昼過ぎ、お昼寝から目が覚めたみぃ〜ちゃんがママとやって来ました。

親○カ、ばば○カ、いろいろあるけど、
完全なる、ひいばあちゃん○カです。。。
「まあ、なんてかわいい子なのかしら?
 まあ、なんて色の白い子なのかしら?
 お口が小さくて品がいいわね〜。
 おめめは、くるくるしていて愛くるしい〜!
 ほっぺがプクプクでかわいい〜」
などなど、褒められるだけ褒めます。

まあ、私も、ばば○カですから、同意はしますけど・・・

昨日、ゆめタウンではずっとベビーカーだったのでわからなかったのですが、
ママの話によると、三日前に初めてひとりでお座りができたそうです。
今日は、はいはいしながら、ひとりでお座りが上手にできました。

「みぃ〜ちゃん、お座りが上手にできるのね〜」って褒めると、
すごくうれしそうな顔。
赤ちゃんだって、褒められるとうれしんだね。

夕方、ひいばあちゃんを広島駅まで送って行きました。
わずか、7時間あまりの広島でしたが、ニコニコで帰って行きました。


☆ 今回、急に来ることになったので、前日にお金がないって騒いでいた。
  駅でクレジットで切符が買えることを教えると、
  買えたよ買えたよと、大喜び。
  いくらだったの?って聞いたら、知らん!と言う答え。
  クレジットにサインする前に、ちゃんと金額を確認しましょう!
  これを、ちゃんと言っておかないといけない・・・


初めての・・・

梅












暖かい日が続く毎日です。
でも、朝から遠くが見えません。
黄砂なのか、花粉なのか、見るだけで気が滅入ります。
お洗濯、最近はずっと家の中に干しています。

さて、
やっと、やっと、ゆめたうんに行って来ました!

ちぃ〜ちゃんと、みぃ〜ちゃんといっしょにです。
私の車にはチャイルドシートがないから、タクシーで行きました。

ママのちぃ〜ちゃんによると、みぃ〜ちゃんはお買い物が嫌いみたいです。
大丈夫かな〜と思いながら連れて行きました。

みぃ〜ちゃん用の店内ベビーカーを発見!
しっかりとみぃ〜ちゃんを固定するタイプのベビーカーです。
嫌がるかな?って思いながら乗せてみました。
どうも、気に入ってくれたみたいです。
時どき、足をばたばたしながら、あちこちキョロキョロ見ています。

みぃ〜ちゃん用の春のカーディガンとTシャツを買いました。
かわいいスタイも見つけました。

おもちゃ屋さんの前では、ワンワンなく犬を見て、
みぃ〜ちゃんはにっこり。
babaは、思わず一つ買うことにしました。

その後、ちょっと休憩して、食料品売り場へと。
ここでもみぃ〜ちゃんはいい子にしています。

ゆめタウン、私の欲しいものは何も見つからなかったけど、
みぃ〜ちゃんといっしょのお買い物、楽しかった!

また、babaといっしょにお買い物に行こうね〜、みぃ〜ちゃん!

熊本めぐりの旅

阿蘇












土曜日から3日間、オットの仕事に付き合い、ドライバーとして参加。
土曜日、朝から一路熊本へと車を走らせる。
午前中にはオットの仕事が終わったので、
次の目的地、小国町へと、またまた車を走らせる。

途中、阿蘇外輪山から、阿蘇山を見ながら、お弁当タイム。
前回は、雨模様だったけど、今回はいいお天気。
小国町での用事はすぐに済んだので、
小国ファームのソフトクリームを食べて、また、運転。

オットが黒川温泉に行ったことがないというので、
黒川温泉からやまなみハイウェイに抜ける道をドライブ。
市内へと戻り、今日のホテルにチェックイン。

楽しみにしていた、marimekko(マリメッコ)へと布を見に行く。
いい布がいっぱいで、すっごくうれしくなる。
ちょっとだけ買う。でも、心残り・・・

その後、オットの熊本の仕事仲間の行きつけの店へといく。
馬刺しを食べたり、新鮮なお魚を食べたり。
う〜ん、熊本って、いいね。

熊本城











日曜日は、あいにくの曇り空。
朝から、熊本城へ行く。小学校の修学旅行以来、何年ぶりかな〜。
改修中で一部見学できない場所もあったけど、また来れば、いいっか。

お昼は、熊本城でゲットした、ロハス熊本マップを見て、
餃子を食べに行くことに決定。
町の餃子屋さんって感じで、おばちゃんがひとりでやっている。
焼き餃子、水餃子、えび餃子などなど食べる。
オットが、おいしいけど、家の餃子の方がボクは好きだな〜、
なんて小声で言うから、黙っとけ!と、目配せをした。

その後、車の調子が悪くなり、JAFに連絡したり、いろいろ。
雨の中、ちょっと凹む。

夕方、気を取り直して、ホテルにチェックイン。
くまもと阪神デパート地下に行ってみる。
くまもと名物の「いきなり団子」をふたつ買って、
デパートのベンチで食べる。おいしい〜、おいしいよ。

元気を取り戻した所で、ふふふ・・・もう一度、マリメッコへと。
思いを残していた布をまた買う。

マリメッコのお姉さんに、熊本のイタリアンレストラン情報を聞く。
お店にいた、お客のイケテルお兄さんも、携帯であちこち聞いてくれる。
結局、すぐ近くのイタリアンに決定!
このお店、おしゃれで、熊本黒牛のカツレツがミディアムで美味しかった。

お店でワインを飲みながら、マリメッコの話。
実は、オットの合気道用のバッグにぴったりのがマリメッコにあった。
食事中、そのバッグを買うかどうか、ディスカッション!
ワインをボトルで1本半飲んで、買うことに決定。
まあ、これが酔った勢い!ってもんでしょかね・・・

再び、マリメッコへと。
イタリアンが美味しかったお礼を言って、
それから、オットがバッグを買った。
う〜ん、いい夜だ。熊本はいいね〜。

翌日、朝から、人吉へと。
オットが仕事の間、私は、お醤油の釜元に行ったり、
お茶屋さんに行ったり、産直野菜市場に行ったり。
オットがびっくりするぐらいに、いっぱいお買い物。
その後、もう一度、熊本に寄って、広島まで運転。

午後8時過ぎ、帰広。やれやれ、疲れた。
でも、おいしいものいっぱい食べたし、
新鮮なお野菜屋、地場の食品などなど、いっぱい買ったし、
マリメッコもいっぱい買ったし、
楽しい熊本旅行だった。




簡単なスープ

スープ











先日習ったスープを作った。

1・鍋に水を入れ、セロリとカブをを入れ、顆粒コンソメを加え煮る。
2・大体煮えたら、辛いソーセージとマッシュルームを加え煮る。
3・塩と胡椒で味を整える。

カブの代わりに大根でもOK。
マッシュルームの代わりにエリンギでもいいし、なくてもいい。
辛いソーセージは、今回は、チョリソーを使ったけど、
もし、辛いのが嫌な人は、普通のソーセージでもいい。
シャウエッセンなんかがいいかもしれない。

ソーセージは切らずに入れるので、
ソーセージの辛さはスープに出てこない。でも、いい味は出てくる。
子供向けには、辛いソーセージと普通のソーセージを入れて、
食べるときに、辛いのは大人に、普通のは子どもにと、
注ぎ分ければ大丈夫。ただし、間違わないように・・・

できれば、ソーセージはいいのを使ったほうがおいしいかも。

すごくお手軽にできるスープなので、作るのに気が楽。
今晩は、オットがいなかったので、
先日作ったこのスープの残りと簡単サラダ、そしてパンを食べた。

テーブルの上だけでも・・・

テーブルの上











夕方5時頃のダイニングテーブル。
夕日が差し込んできて、きれいだな〜。

先日お邪魔した家が、あまりにもきれいだったので、
昨日は、朝からちょっとお掃除をしました。
いらないものを処分して、片付けて、収納して・・・
ちょっとしたことで、だいぶ部屋がすっきりしました。

テーブルの上には、ティッシュペーパーの箱のみが原則。
でも、なかなか、これが守れません。

第一、新聞の定位置が決まってないのが問題。
場所を見つけてやらないと。
そして、読んだらその位置に戻してやらないとね。

テーブルの上には、ザルがあるけど、
ぬか漬け用のカブを干したざるで、今、乾かしているところ。
急須と湯飲みも、飲みっぱなしのまま・・・

でも、このくらいは許容範囲かな?
なんて思っているから、すぐにぐちゃぐちゃになるのかな?

ほっぺた落ちる「焼き餃子」

焼き餃子











昨日は、朝から、ブログで知り合ったお友達の家へと。
あまりに家の中が素敵で、居心地がよくて、ご飯がおいしくて、
感激!でした。
英語に「cozy」って言葉があるけど、まさに、そんなお宅でした。
ありがと! また、呼んでね!

帰ってからは、すぐにフラワーアレンジメントへと。
いっしょにレッスンに行くお友達から、
チリコンカンをもらちゃった! ラッキ〜!
ということで、晩ごはんは、
チリコンカン、ロメインレタス、アボガドをピタパンにはさんで、
うう〜〜〜、赤ワインによく合う〜〜〜!
あまりに感激、写真なし。

これじゃ、ご飯が足りないということで、
全然合わないのを覚悟で、先日作った冷凍餃子を焼き餃子にしてみた。

手作りの皮だから、フライパンにくっつくかな〜って心配したけど、
冷凍してあるせいか、全くフライパンにはくっつかずに、
むしろ、市販の餃子の皮よりも、簡単に上手に焼けた。

醤油とカラシで食べると、うんまい! これって感激の味!
ビールにいいね〜。
オットと二人、チリコンカンで感激して、
餃子で感激して、盆と正月がいっぺんに来た気分!

完全に「ハマッタ」! 焼き餃子、サイコー!

これに気をよくして、じゃんじゃん作ります冷凍餃子。
いっしょに作りたい方は、この指に止まってくださ〜い。


はじめてのいちご

いちご






みぃ〜ちゃんが遊びに来ました。

夕飯前に、ミルクを飲ませようとしても、全然飲みません。
みんなで夕食を食べ始めると、
それまでコロンコロンしていい子に遊んでいたみぃ〜ちゃん、
突然、こっちを見て、抗議の顔をしました。
文句を言っています。

だっこして食卓に連れてくると、じ〜っと、食卓を見ています。
久しぶりにお寿司を取りました。おいしい握り寿司です。

「どうして、私にはミルクだけなの?
 私も、おいしいもの食べたい〜。」って、顔をしています。

かぼちゃのマッシュを作ってあげたら、それは食べました。
でも、ミルクは飲みません。

食後にいちごを食べました。

大きなあまおう、みぃ〜ちゃんの口に持っていきました。
すると、歯もないのに、あむあむしています。
いちごを口から離すと、私の手をぎゅ-っと自分の方に寄せます。
一所懸命にいちごを、あむあむ、あむあむ、します。

大きなあまおういちご、半分くらい食べました。
きっとおいしかったんだろうな〜。


☆ 節約生活なのに、息子たちが来るとお寿司を取ったりして、
  1週間分、いえ、2週間分の我が家の食費がぶっとびます!
  昨日、もう一人の息子が夕飯時に来ました。
  焼肉屋さんに行きました。
  これで、もう1週間分の食費が、ぶっ飛びました!
  節約しても、節約しても、そうなんです、がんばっているんです。
  でも、お寿司と焼肉で、3週間分の食費が、消えてしまった・・・

冷凍餃子

冷凍餃子











皮から作る餃子、第二弾、作りました。
今回は、作った餃子をラップの上に並べ、そのまま冷凍庫へと。
完全に凍ったらジップロックの袋に入れ替えます。
バラバラになっているので、好きなだけとって使えます。

先日、牡蠣をいただいたので、豆乳牡蠣鍋にしました。
突然、大食い息子が来たので、牡蠣の量がちょっと心配。
そこで、この冷凍餃子を鍋の中に入れてみました。
これが結構いけました。

昨晩のNHKの7時のニュース、パエリャを作りながら見たので、
詳しくはわからなかったのですが、
最近、餃子を手作りしている人が多いそうです。

餃子もハンバーグも、ほんのちょっとの手間で家で作れます。
もし、冷凍できれば、もっと気軽に使えます。

ケーブルテレビで、肉団子の冷凍をチラッと見ました。
レシピがよくわからなかったけど、
まあ、家庭の味ですから、適当に作ればいいと思います。
これも、冷凍に挑戦したいなと思います。

数年前、すごく忙しかった頃、
土曜日か日曜日に、2時間がんばりました。
2時間がんばると、1週間分のお弁当と夕飯の下準備ができました。
後は、日々、30分で夕飯の準備ができました。

ほんのちょっとで、安心と、おいしさが買えます。
それから、
経済的にも、とっても安くできると思っています。



「木のテーブル」 春のバッグ会開催案内。こちらもよろしくね。
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ