*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2008年03月

プラハの地下鉄

エスカレーター













↑写真は、ロシアのサンクトペテルブルグの地下鉄のエスカレーター。
デパートのエスカレータを5階から一気に1階に行くぐらいの長さ。
長いエスカレーターのため、速度がすごく速い。
そんなエスカレーターを、ふたつ乗って、やっと地下鉄乗り場に着く。

なんでも、冷戦時代、核攻撃を受けたときに、地下鉄乗り場を、
核シェルターにするつもりだったらしい。
ということで、地下鉄乗り場も広い。
国家高揚ムードの絵や彫刻などがあって、異様な雰囲気をかもし出していた。
サンクトペテルブルグでは、何度も地下鉄を利用したけど、
いつも、何か妙に緊張する場所だった。

さて、
話は、パニックになったプラハの地下鉄。
プラハはチェコの首都だが、旧共産国のチェコスロバキアだったところ。
今は、チェコとスロバキアに分離している。

チェコでは、家族経営のプチホテルを予約して泊まった。
チェコ最終日は、夕方発のミュンヘン行きの夜行列車に乗る予定。
荷物があったので、プチホテルからプラハ駅まで、タクシーを予約していた。

その日のランチは、最終日だということで、
プラハで偶然に見つけた、小さなチェコ料理のお店でランチを堪能していた。
ダンプリングという、じゃがいもと小麦で作っただんごのようなもの、
これがすごく美味しく、また、
ここのデザートのベリーのスープのお米のお団子添えも、よかった〜!
グラスワインと共に、素敵なランチ。
ランチが済んでみると、あらあら、タクシーを予約している時間が迫っている。

歩いてホテルまで帰るには、30分以上かかるということで、
急きょ、近くの地下鉄駅からホテルのすぐそばの地下鉄駅まで、
地下鉄を利用することにした。
急いで、駅に急行し、地下鉄に乗る、三つめの駅がホテル近く。
地下鉄を降りて、友達がエスカレーターを駆け上る。
サンクトペテルブルグほどでもないけど、結構長いエスカレーター。

「全然見たことない景色!」と、友達が叫ぶ。
後ろから私は、
「駅の反対側に出たんじゃない?」といいながら、駆け上ると、

そこは全く別の場所。ホテル近所の繁華街とは待ったく別の、森の中。
反対方向に、地下鉄を乗ったんだ!と気が付く。
急いで、反対側のエスカレーターを下り、中心街へと向かう地下鉄を待つ。
こういうときに限って、地下鉄が来ない、来ない、来ない・・・

タクシーとの約束の時間は、とっくに過ぎている。
プラハ駅で夜行列車に乗りミュンヘン駅へと行き、
その後、ミュンヘン空港からロンドンへと飛行機を乗り継ぐ予定。
もし、夜行列車に間に合わないと、その後の全てが変更となる。

やっとの思いで地下鉄に乗り、息も絶え絶えにホテルに戻ると、
ホテルの皆さん、タクシー運転手、全員でホテル前で待っている。
急いで荷物を取り、タクシーへと乗る。
その後、映画「タクシー」のように、タクシーはぶっ飛ばす!

途中、プラハ滞在中ずっと見たかった、現代建築が右手に見える。
私が、「きゃあ、ラッキー! あの見たかった建物よ〜!」って言ったら、
友達は、マジになって、不機嫌、怒り出す・・・まあ、わかるよ・・・

プラハ駅、まあ、これが広いし、わかりにくいし、
背中にバックパック、そして、手には大きなイギリスのお友達へのお土産バッグ。
これを持って、駅の中を、走る、走る、走る。

まだ、汽車はいる。よかった・・・ほっ。

それ以来、予約を取っている汽車や飛行機に乗るときは、
時間に余裕を持っていかなければ、と、心に誓ったのだが・・・
そうは、いつも上手くは行かないことばかり・・・


バスが好き

バス












旅行に行くと、バスや汽車に乗りたくなります。
知らない土地での乗り物は、不安もありますが、
絶対に期待の方が大きいので、乗ってみます。

NY、ロンドン、パリなど地下鉄の発達している都市もありますが、
そんな都市でも、できれば、バスに乗ります。
まず、路線図を手に入れますが、無い場合は、
まあ、適当に乗ってみます。
どこに行っちゃうのか、不安ではないの?
なんて思われるかもしれないけど、
大草原の真ん中で下ろされるようなことは無いので、大丈夫です。

香港では、スターフェリーに乗って香港島に渡り、
そこから、バスに乗りました。
思ったところと違うところをバスが走ります。
でも、どちらの方面に走っているかは、
地図とコンパスがあるからわかります。

さて、バスの終点は、香港庶民の街って感じのところ。
バス乗り場の近くの公園では、
おじいさんおばあさんが太極拳をしています。

近くをぶらぶらしていると、庶民のマーケットみたいなのがあって、
そこも、ぶらぶらと覗いてみます。
地図を見ると、とラムも走っているようなので、
それに乗って、バスの出発地点まで戻ります。
1時間以上トラムに揺られながら、香港見物です。
香港のトラムは、2階建てなので、もちろん2階の前列席に座ります。

NYでも、夕暮れ時、バスに乗りました。
この街はわかりやすく便利です。
バスは、北か南かどちらかに向かって走るだけです。たぶん・・・
南方面粋のバスに乗り、降りたい場所を運転手さんに伝えておきます。
後は、ゆっくり、バスの窓から街見物です。

いろいろな土地でバスに乗ったけど、だいたい間違えなく乗れます。
間違ったのは、プラハでの地下鉄です。
あの時は、プラハの地下鉄でパニックになりそうでした・・・つづく


行きたいな〜・・・

NY












連日、円高で1ドル95円までなったとかいうニュース。
こんなニュースを聞くと、アメリカに行きたいな〜って思う。

今一番行きたいのは、マリメッコやアラビア、そしてアアルトの
フィンランドだけど、何せ、ユーロ高だからね・・・
以前、138円のときに行っても、物価が高いな〜って感じたのに、
今は158円ぐらいかな?

ドルが100円を切れば、やっぱりアメリカかな?
う〜ん、ハワイのオアフ島以外でのんびりもいいな〜。

アメリカだと、やっぱり最低2週間は行きたいな。
レンタカーを借りてあちこち走り回るのがいいな。
NYの街も見所がいっぱいだし、
メトロポリタンミュージアムは、まだまだ半分も見ていないし、
今度は、ロングアイランドあたりにもレンタカーで行ってみたい。

しかし、同じ行くなら、やっぱり思い切ってフィンランドかな?
それとも、パリかな?

なんて思いつつ、あちこちのサイトを覗いて、
チケットの値段をチェックしたり、
レンタルアパートをチェックしたり、
ああ、これだけでも楽しい・・・

ただいま、貸し出し可能のアパートin ニューヨーク

こんなアパートを借りて、NYっ子の気分で、
グラマシーのマーケットなどで、オーガニックの野菜を買ってきて、
キッチンでお料理して食べるなんていいな・・・

円が95円になって、すぐすぐには恩恵は無いけど、
こんな、夢だけでも見られるのは、楽しい!

こんなテラス付きのアパート、1週間で1000ドルぐらい。
今だったら、10万円を切るぐらい。
一泊だと1万5千円ぐらいかな?
4人で泊まれば、安いよね・・・ ああ、夢、夢、ゆ・め!

むしむし・・・そして虫

むしむし












おもしろい虫たちでしょ?
これって、全て手作りです。

公民館のボランティアに月に2回ほど行っています。
そこで知り合った、おじいちゃまの作品です。
よく、よく見ると、すごく凝っています。

これを公民館のロビーに置いていると、
子どもたちが寄ってきます。
みんな、欲しい欲しいって言います。
子どもだけでなく、私も欲しいと思います。

色といい、形といい、すごく独創的です。
こんな趣味があるといいな〜って思います。



さてさて、
今晩オットは同業者と飲み会です。
雨だから、送っていきました。
ひとり家に帰って、晩ごはんの用意を簡単にしていた所、
オットから電話。

「ねえ、ひとり来なくなったんよ。ごはん食べに来ない?」
「ええ〜、知らん人ばっかりじゃん。」
「そんなことないよ。○○さんじゃろ、○○さんじゃろ、○○・・・
 みんな、おいでて言いよるよ。」

でも、今から行くのはめんどくさいし、
なんだか、おじさんたちの中に、私一人っていうのもね〜〜〜

「やっぱ、行かんわ。お誘いありがと、って言っといて」
と電話を置いたが、
ちょっと興味のあるお店だし、行けば、美味しいお酒も飲めるし、
やっぱ、行ったほうがよかったかな?なんて、思う、
今!なのである・・・ 複雑・・・

行ったよ、MARKS&WEB そして、椅子・・・棚?!

marks&web











日曜日の夕方、駅ビルのASSEにできた、MARKS&WEBに行った。

私は、アトピーだし、皮膚がめちゃくちゃ弱いので、
ここのシャンプーにちょっと興味があった。
今まで使っていた、ヨーガンレールのシャンプーもすごくよくて、
これをまた買おうかな?なんても思っていたけど、
独特の匂いにちょっと飽きたって感じ。

お目当てのシャンプーは3種類あって、
その中でも石鹸シャンプーの一番オーソドックスなものにした。
こういうものを選ぶとき、いつも気をつけるのは、何も入ってないこと。
いろいろ髪にいいですよ〜なんていうものが入っていると、
だいたいそれに負けてしまうから。
一番小さな、お試しサイズを買った。

アウトドア用の食器洗い洗剤なんかもあって、環境に優しいらしい。
これは、アウトドア派の○○じるさんにいいかな〜?なんて、
今度これをお土産にしよう、なんてひとりでニマニマした。

シャンプーやリンス、台所用の石鹸、顔洗いの石鹸なども買った。
ふと気がつくと、オットがお店の店長さんらしい人とお話中。

「ちょっと、ちょっと、この椅子いいね〜。買おう!」とオット。

店内の隅にあった椅子、それを、なでなでしながら、ニコニコしている。
このニコニコは、危ないのだ!
お店の店長さんも、ニコニコしている。
うう、二人のニコニコには、負けないぞ〜。

実は、私も店内に入ってきた瞬間に、この椅子が目に入ったのだ。
私もニコニコしそうになるのを、ぐっとこらえて、

ええ、また、椅子買うの・・・ 椅子ね〜・・・
確かにいい椅子だし、我が家に合うと思う。

オットいわく、メープルの木でできた椅子で、
材料費だけでもかなりするらしい。
それが、この値段ではどうもかなりお買い得らしい。

う〜ん、それでも椅子はね〜・・・ 今、あるし・・・

椅子といえば、私がすぐに、買おう!って言うって思っていたみたい。
しかし、
私の反応が悪いので、次は、棚を見つけてきて、
これを買おうって言い出した・・・ オイオイオイ・・・値段が・・・

結果、
メープルのお釣り入れを買った。
四角くて真ん中がまるく凹んでいるもの。
オットに、これに鍵を入れておくと、なくならなくていいよ〜、
と、どうにかこれにてガマンしてもらう。
これなら、1260円だから・・・

オット、それでも諦められないらしく、
お店の店長さんに、お店のパンフレットをもらっていた。
そして、やっぱり私に、棚、棚、棚・・・と・・・

昨日夜、家でミシンをかけていたら、オットが部屋に入ってきて、
「ねえ、棚の大きさ、これくらいだよ〜」って、
縦・横・長さを手で指し示す。

やっぱ、買うつもりかね・・・え・・・

同じ買うなら、椅子にしとこ・・・ 椅子なら買ってもいいよ・・・

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ