*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2008年08月

夏旅二日目

IMG_3178_1










山口の旅館の二日目の朝ご飯です。
昨晩は、すき焼きでどひゃりこん!だったから、
軽めのトーストとコーヒーがいいな、何て思っていたら、
朝は、和食のみらしいです。
以前は、洋食・和食両方あったみたいですが・・・

ご飯とお味噌汁とそのほかいろいろ。
大根の薄味で煮たのがおいしいです。
でも、器にヒビが・・・ そこが茶色に染みてる・・・
こういうの、私はダメです・・・気になる・・・
サラダの盛り付けも、ちょっとやだな・・・家だといいけど・・・

昨晩のすき焼きのにおいが、まだお部屋に残っています。
鼻がすごく利くんです。ちなみに地獄耳と言われます。
目は悪いから、ホコリには気がつきません。
いえいえ、今回は気がつきましたが・・・

IMG_3180_1










食後のコーヒーは、ロビーにしていただきました。
コーヒーカップではなく、汲出しのような器に入ってきました。
ゆっくりとコーヒーをいただきます。
オットは、新聞を読んでいます。

IMG_3181_1










朝の日差しが気持ちいいです。

「いいね、ゆっくりできて。気持ちがいいね〜」
 と私が言うと、オットが、
「家とあんまり変わらんじゃん。床は我が家のヒノキのほうがエエで・・・」
 まあ、そうですけど・・・
 でも、生活感のないのがいいね。
 家に帰ったら、大いに片付けようと、決めました。

IMG_3174_1










今回、すごくよかったこと。
ロビーには、いろんなセンスのいい雑誌やCDが置いてあります。
部屋に持って帰って、自由に読んだり聞いたりできます。

昨晩の夕飯の後、そして、朝から、ゆっくりと雑誌を読みました。
読むというより、写真を眺める感じ。
本屋さんで気になっていた雑誌や本、たっぷりと読みました。

大好きな、渡辺有子さん、高橋みどりさん、他にもいろんな方、
結構、たくさんの本にあちこち出ています。
皆さん、きちっとした片付けられた部屋、そしてきちんとお掃除した部屋、
がんばっているんだな〜って思いました。

が、

もし、我が家だって、本の取材で、それも、こんなに何軒もの取材で、
写真を撮られるとすると、

絶対に、お掃除するし、片付ける! それは、まちがいありません。

有名なこの方々、その気になれば、お手伝いの人だって雇えるだろうし。
そう言えば、栗原はるみさんの家には、お掃除の人がいるって書いてあった。

いえいえ、我が家には、お掃除の人が来てくださらなくても、
私一人でも何とかなる、そんな狭い我が家です。

問題は、雑誌の取材だ! もし来るとなると、お掃除絶対にします!

どこか、雑誌の取材が来ないかな・・・

我が家の夏休み

<IMG_3126_1











お盆、倉庫での合宿、そこからの洗濯のための一時帰宅、
そのとき、何気なくチェックしたら、なんと、なんと、
あの予約の取れにくい旅館、23日(土)に、空きがあった。
倉庫合宿で、仕事、仕事だから、ちょっとの贅沢もいいかな?と予約。

さてさて、行ってきました。

館内の布ものは、sousouの布製品で統一してあるらしく、
お布団カバーもsousou、浴衣もsousou、カーテンもsousouでした。
一番のお気に入りは、カーテンの布地。バッグを作りたいような布地です。

IMG_3142_1







今回は、山口うに懐石のコースです。
前菜、左から、うにのせソーメン、山芋のうに挟み海苔巻き揚げ、ごぼうの天ぷら
うに豆腐、生ハムのぶどう巻、焼きなすの山芋とろろのせ。

これって、予め作ってあったのか、揚げ物は冷たく、
ソーメンはくっついてしまってうにと絡まない・・・

IMG_3148_1









キスの酢の物。
キスを酢で〆て、和風ゼリーと夏野菜の5ミリ角に刻んだものを和えたもの。
キスは、酢で〆すぎのような気もするけど、これは好みの問題かな?

IMG_3150_1












お造りです。
うに懐石とあって、うにがドカ〜ンと出てきました。
本わさびをちょっとつけて食べるうには、やっぱり、おいしい(二コッ!)です。

生きたえびもいいです。白身魚(ひらめだったと思う)も、
実が厚く食べがいがあります。

IMG_3143_1






お酒は、山口の地酒5種盛りを、まずは頼みました。
その中から、オットは、東洋美人超から口、私は貴をチョイス。
それぞれを、方口で頼みました。
方口には、180ccのお酒が入ってきます。飲みごたえ!があります。

さて、ここらで、これからの予定(何が出てくるのか)が、気になります。
お運びの方に聞いてみました。

「イタリア風すき焼きと、うにご飯です。」というお答え。

え〜っ!? すき焼きなの?
ちょっとびっくりの答えです。
うに懐石だから、あくまでも最後まで、うになのかと思っていました。
私の勝手な予想では、
うにの冷たいスープとか、うにのゼリー寄席とか、うにのムースとか、
うにと地元野菜のオーブン焼きとか、そんなうに尽くしのもの。。。

すき焼きならば、赤ワインにすればよかった・・・と、
おいしい地酒を前に、ちょっと後悔・・・

IMG_3155_1







期待と全く違った、びっくり登場のすき焼きです。
それも、イタリア風!?
玉ねぎとトマトの上に霜降りの牛肉です。

IMG_3158_1








割り下と卵です。
ここで、いやあな予感がしました。
すき焼きは、ちょっと苦手です。特に甘いすき焼きは絶対にダメです。
割り下の味を見ようと思っていたとき、
オットが、割り下をザ〜ッと入れてしまいました・・・ムッ!

私だったら、割り下を半分、またはそれ以下、入れて、
後は、お醤油とお酒を入れます。
これだったら、甘くならずにすみます。
それに、頼んだお酒が、ここで消費でき、
私は、赤ワインを頼めます・・・

お肉を一切れ食べてみました。甘い、甘すぎ、お菓子みたいな味・・・
これでは、キレのいい冷酒とは合いません・・・

オットは、ニコニコして食べています。
この人は、すき焼きが好きなんです、きっと。
私が苦手だからあまりしないし、たまにしても、
私の味付けは甘くないすき焼きですから、
きっと普段からの不満があったのでしょう。
ニコニコして、すき焼きを食べます。

しょうがないから、私は、お酒を飲みます。
つまみのないお酒、しょうがないから、ビールを肴にお酒を飲みます。
いやいや、お酒をつまみにビールを飲むのかな・・・!?

IMG_3161_1










最後、うにご飯とお吸い物とたき合わせが出ました。
やっと、塩気のものが食べられると、お吸い物を一口。
これは、ちょっと・・・いえ、かなり好みではありません。
私の嫌いな味が、舌に残ります。これも、好みの問題ですけど。。。

うにご飯も、ご飯を少なめにしていたけど、半分も食べれません。
オットが全てを食べてくれます。
そうそう、先ほどのすき焼きも、オットが二人分完食しました。

IMG_3164_1








デザートは、ブラマンジェです。
オットが、ニコニコしながら食べて、おいしいから食べてごらん、
って、優しく言います。

「私の本日の糖の許容量はすでに、
 すき焼きで目いっぱい胸いっぱいでございます。
 これ以上、甘いものの入る余地はございません。」
と。でも、まあ、一口食べました。その後は、オットが食べました。


お食事にというのは、個人の嗜好により、おいしい!が決まります。
私の嗜好がどうなのかは、よくわかりませんが、
少なくとも、甘みのものを好まない嗜好であることだけはまちがいありません。

今回は、あまりにも、甘い!が多すぎでした。
ある意味、お酒も、甘さを感じるものですから、
日本酒にせずに、ずっとビールだったらもしかしたら、違ったかもしれません。
または、
赤の重めのワインだったら、また、違ったかもしれません。

それから、
うに懐石と聞いて、勝手に、うに尽くしと思った私の勘違いもいけません。
食べるものに、もう少し素直にならなければなりません。

などなど、いろいろ考えました。考えさせられました。

水ようかんとキャベツ

IMG_3102_1










和菓子は、土橋にある「もみじ庵」で買うと決めている。
でも、水ようかんだけは、じぞう通りの風雅堂のが好き。
昨日、あの辺りに行ったので、久しぶりに寄ってみる。

1個200円のを5個買う。
渋皮煮が1個丸ごと入っているようかん、
一口サイズ136円も3個買う。
これは、初めて買った。

水ようかん、私がおやつに1個、夕食後にオット2個、わたし1個、
そして、朝からコーヒーと共に、オット1個食べた。
以前のより、塩気がやや少なくなっているような気がする。
もし、和菓子のオーダーなんてできたら、
もう少し塩をたくさん入れてもらって、砂糖は3割控えてもらう。
そうしたら、きっと私好みのパーフェクト水ようかんになると思う。

さて、
昨日、テレビのニュースで、長野の安曇野のキャベツを無料配布、
でも、これって東京の話し。

キャベツや他の野菜の消費が落ち込んでいるらしい。
なぜ?
農水省もその原因がわからないらしい。
なぜだろう?

キャベツの値が暴落って言っていたけど、
月曜日に買ったキャベツは、鳥取県産ので198円だった。
どこか忘れたけど、信州のキャベツは248円だった。
これは、ガソリン代と高速代とトラックの運転手代、
合計50円上乗せしてあるのかな?何て、勝手に思ったけど。

さて、198円のキャベツ丸ごと1個使って、ロールキャベツを作った。
脂の少ないひき肉に、長ネギや玄米ご飯をつなぎに入れての和風味。
キャベツ一個に対して、肉の量は250グラムだから、
我が家のロールキャベツ、ほとんどキャベツ煮!?みたいになる。

キャベツのニュースを見ていて、キャベツ消費第一位の県は、
広島かな〜?何て思った。
だって、お好み焼き、キャベツを大量消費するでしょ。

我が家でお好み焼きを作るときは、キャベツやっぱり丸ごと1個全部、
そう全部刻んじゃいます。
それを、全部使ってのお好み焼きです。
だから、お好み焼きというより、キャベツ焼きです。

安曇野農協の人たち、キャベツを皆さんに食べて欲しい、
そのための料理法も伝授するらしいけど、
広島風お好み焼きを全国区にしたら、キャベツ消費量、
うんとうんと増えそうな気もするけど、どうかな・・・?



秋の気配

IMG_3097_1















今朝も、うんと涼しかった。
40分ほどのウォーキング、汗もほとんどでない。

昼間はまだ、夏が残っていて暑いけど、でも、クーラーなしでもOK。
昨日の夕方5時、日の入り方がだいぶ違っていることに気がついた。

夕方の西日、夏の間は部屋の中に入ってこないんだけど、
秋になるに連れて、部屋の中にどんどんと入ってくる。
冬には、部屋の中いっぱいに日が入ってくる。

昨日、日がほんの少しだけ部屋の中に入ってきていた。
お盆が過ぎたんだな〜と感じた。
これから、どんどんと日の向きが変わる。
その変化を見るのも楽しい。

IMG_3096_1











昨日は久しぶりに自分のお弁当がなかった。
息子の分も作ったので、材料が足りなかったということ。

お昼は、ソーメンをゆでてみた。
ちょっと太目のドロ様ソーメン。
島原のソーメン。
飢饉のとき、ドロ神父がソーメンの作り方を教えて、
島原の人を救ったという逸話から、
ドロ様ソーメンというのが島原にはある。

冷蔵庫にほとんど何もなかったので、
あるものでどうにか、ソーメンを作った。

きゅうりを一本分千切りにして、
鶏の手羽を薄く切って、塩と酒に浸し、
フライパンで軽くいためて、柚子胡椒と醤油をたらり。
ソーメンの上に乗っけて、出汁をぶっかけ食べた。

柚子胡椒がピリッとしておいしい。
夏は、生姜、柚子胡椒が大活躍。

冷たいソーメンがおいしいけど、
あと少しすると、温かいソーメンが食べたくなるんだろうな。

福岡県地方の方への情報
麺食べ歩きの情報HP←ここをクリック
とにかく、食べ歩いた量がすごい。
それをこと細かくブログにも書いている。
次に福岡に行ったときには、これを参考に、
ラーメン、蕎麦、うどんを食べ歩きたい。

秋の風

IMG_7396_1










今朝起きると風が違う。うんとうんと涼しい風が吹いている。
こんな朝だと、ウォーキングもうんとうんと楽になる。
オットは、これでもう涼しくなるって言うけど、
私はそんなに簡単には涼しくならないと思う。
でも、ちょっとだけでも涼しいだけで、気分はうんと違ってくる。

さて、季節が変わる頃って、いつもやりたくなることがある。
それは、おかたづけ。
今年の秋で引っ越してから2年。
その間、台所周りは、まだ一回も片付けてない。
そろそろその時期が来た見たい。

一度、台所の収納棚のものを全部引き出して、
それから、いるものといらないものに分ける。
このとき、いつも悩むのが、使えるけど使わないもの。
これが、おまけとか、安かったとかだったらいいんだけど、
高かったものだと、なかなか、踏ん切りがつかない。

食器はもう買わない、って決めてからもう何年も経つ。
でも、やっぱり買ってしまって、反省ばかり。

先日、近くの公民館で借りた本を読んで、ちょっと考えたこと。
飛田和緒さんの「おいしいごはんは、器とはじまる」という本。

やはり、器によって、料理の見栄えはうんと変わってくる。
ただのおかずも、器により、盛り付けにより、うんとご馳走に見える。
そうだな〜、あまり厳しくせずに、器を買ってもいいかな?
何ても思えてくる。

我が家の場合、普段は、食洗機に入れられる食器中心のお皿使い。
でも、オットと二人だと、そうじゃないお皿を使ったとしても、
洗うのは、そんなに手間じゃない。
現に、手洗いしかできないものは、やっぱり手で洗っているし、
それが、そこまで苦にも思えない。

家族が多いときは、やっぱり、お皿の数も多かったから、
食洗機に入るお皿がすごくありがたかったけど。

で、密かに考えていること。

今回のお片づけは、お皿を買うためのお片づけ。
つまり、
食器棚の中を少し片付けて、スペースを見つけて、
それで、新しいお皿を買う。

買うといっても、すぐすぐ買うんじゃなくて、何かいいのが見つかったら買う。
そんなゆるい思いを持っておくと、それだけで楽しい。

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ