*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2008年10月

栗のポタージュ

IMG_0824_1











栗の自家製ペーストを使って、栗のポタージュを作ってみました。
レシピは、渡辺有子さんのレシピ。

炒めた玉ねぎに、栗のペーストと水を加え、煮えたところで、
フードプロセッサーにかけ、低脂肪牛乳とコンソメを少し加えます。
栗の味がしっかりするように濃厚に作りました。
仕上げに、生クリームと、栗のゆでたものをのせます。

ゆっくりと食べると(スープを飲むというより食べる感覚)
ゆっくりと栗の味が口の中に広がります。
秋だけの贅沢なポタージュだと思います。

さて、
昨晩、最後の2キロの栗、剥きました。
やれやれです。
でも、
いったいこれだけの栗、何にするつもりなんだろう・・・・・

今晩は、りんごです。

オットが今朝、出掛けに言いました。

「栗も里芋もりんごも終わったら、なんだか、寂しいね・・・」だって・・・

いつまで続くの・・・・・・

IMG_0821_1







むかしむかし、そのむかし、こんな歌がありました。

♪追いかけ〜ぇて、追いかけ〜ぇて・・・・・・♪

お若い方はご存じないと思いますが、ザ・ピーナッツの曲です。
先日、久しぶりにどこかで聞きました。
むかし、子ども心に、オシャレな曲だな〜って思いましたが、
今聞いても、オシャレな曲だと思います。

さて、私は、「追いかけて」はいないのですが、「追いかけられて」います。
誰からに?って・・・・・

ピーナッツではなく、栗からです・・・・

おととい、朝から栗のペースト用に栗をゆでて、スプーンですくい取りました。
これに2時間以上かかりました・・・
夜、オットと二人で、最後の栗剥きをしました。
今年の栗は、完了! ヤレヤレ、ヤレヤレ、ヤレヤレ・・・・・

昨日、メールが入りました。オットからです。

「500g250円の栗、4袋買いました!」って・・・・・・

えっ、まだ栗なの・・・・・・・

昨日は、九州で買った里芋を大量に剥きました。
九州の里芋は、土のせいでしょうか、とってもおいしいんです。
それで、赤目(セレベス)と白目の里芋を、先日たくさん買いました。
それを、昨日は、全て剥いてゆでて、やれやれ。

そして、もう、紅玉りんごが見つかってしまって、
これも10こ買ってきたの、これも甘煮にしなくてはいけません。

なのに、栗、また栗、です。後2キロです。

これが最後になるんでしょうか・・・・・
今晩は、オットとまたまた、栗剥きです。

甘いもの、好き?嫌い?

IMG_0791_1









甘いものは、基本的に苦手!

それを知っている人は、ワイン、酒、漬物などをお土産によくいただきます。
甘いものを持って我が家に来る人は、ほとんどいないといってもいいぐらいです。

でも、実は、甘いものの中でも、好きなものがあるんです。

キャラメル、これは、スーパーで売っているようなのでも、大好きなんです。

チョコレート、これは、お高いチョコレートに限り、大好きなんです。

地方の名産、これでのお気に入りは、ふうき豆。
これには、目がない。大大大好き!
すやのくりきんとんも、大大代好き!

後は、タピオカ入りココナッツミルクも大好き。

お手軽には、御座候の白餡入りの二重焼きも、好き。

ただし、好きや大好きでも、ほんのちょっとあれば、それでいいんです。

先日、チョコレートをいただきました。
二日に一回ぐらい、コーヒーと共にいただきます。
二日に一回だから、しばらく楽しめます。

そうそう、自分で手作りする保存食の甘いのも好きです。
金柑、いちじく、栗、今からの季節では、りんごの甘煮、
これらは、冷蔵庫の中に入れて、一年中、たま〜に出しては食べます。

最近、熊本に行って見つけたお気に入りがあります。
いきなり団子です。
サツマイモとあずきの餡子を、小麦粉で練った皮で包み、蒸したものです。
これが、素朴でおいしいんです。
お菓子屋さんのとかよりも、道の駅で売っているような、
そこいらのおばちゃんの作ったのが、うんとおいしいです。


愛しの間引き菜

IMG_0726_1











間引き菜という名前で売られている野菜、大好きです。
大根、広島菜、人参、カブ、などなど、いろいろあるけど、
ちっちゃいっていうだけで、おいしいし、そして、なんたって、かわいい!

IMG_0733_1











人参の間引き菜?というか、もうちっちゃいけど立派な人参です。
葉っぱはゆでて、小さく刻みます。
捨てる所はないです。全部刻みます。

IMG_0735_1











葉っぱと、人参の先のうんと細い所を刻んで、ちりめんじゃこと炒めます。
ぱらぱらになるまで炒めます。最後にお醤油で味付け。
ふりかけ代わりにご飯にまぶして食べます。
水分を飛ばしてぱらぱらになるまで炒めているので、
冷蔵庫で一週間ぐらい持ちます。

IMG_0763_1










ちっちゃな人参とちっちゃなカブ、それに、玉ねぎは、
ポークローストの付け合せに一緒にオーブンで焼きました。
塩胡椒してオーブンに入れるだけなので、チョー簡単です。

ポテトは、インカの目覚めです。
これは、森の家からの贈り物です。
大切に取って置いた最後のインカです。
お昼にyoccoちゃんが来て、ちょっとだけ出したら、
おいしい〜って感激されて、私もうれしかったです〜。

お野菜は、全て山本ファミリー農園さんからのお野菜です。
おいしい野菜があると、とっても、とっても、幸せになります。

↓なぜか、ダイエットの宣伝が入ります!?
 食欲の秋ですが、ダイエットもがんばっている「つもり」です。


栗・狂乱ものがたり!?

IMG_0787_1









我が家の年中行事に組み込まれているもの、ほとんど食べ物関連。
秋は、やっぱり栗を煮ること、その栗の甘煮をビンに入れて保存すること。

九州の「栗の木」って言う田舎に住んでいた伯母、
高齢のために近くの街の駅横にマンションを買って移り住んで以来、
我が家には、秋の栗の宅急便が届かなくなってしまった。

秋になると、あちこちのスーパーや道の駅で栗を買い求め、
何とか栗の甘煮を作ってきた。
今年は、九州に行ったりして、栗は結構買ったんだけど、
栗ご飯にして食べてしまい、栗の甘煮のストックはほとんどない。

先週行った鳥取、そして、九州でもとうとう栗は見つからず、
かなりあせってきた!

土曜日の朝、オットが岩国に仕事に行くという。
岩国といえば・・・ そうそう、木村栗園があったはず、と早速電話。
電話の感じでは、栗はもう終わりに近づいていて、あまりないということ。
とにかく、行くだけでもと出かけた。

仕事の都合で、栗園に着いたのはもう夕方。
どうかな〜って心配だったけど、まだ少しは残っている様子。

早速、火バサミとプラスチックバッグをひとつもらう。
何でもこのバッグ一杯で2キロぐらいらしい。
栗は1キロ900円、二人で4キロで3600円、
プラス入園料ひとり200円の二人分400円、合計4000円。
まあ、安くはないけど、そんなものかな?と思う。

頭で計算しつつ、早速栗拾い開始。
オットと私、あっちとこっちに分かれて栗を拾い始める。
よく見ると、あるわ、あるわ、でっかい栗があちこちに。
虫が付いていないか確認しながら拾っていく。

ちょっと拾ったら、袋に半分以上。大体2キロぐらいかな?って、そこでストップ。
オットのほうに行ってみると・・・・・・

なんと、オットの袋には、栗がいっぱい、めいっぱい!
プラスチックバッグの持ち手がちぎれるぐらい、そのくらいにいっぱい!

いったい何キロ拾ったんだろう? その意味は、いったいいくらになるんだろう?

結果、二人合わせて6,6キロ。ひえぇ〜・・・・・・・・・!

入園料合わせて、6,340円なり!
今年の栗は、高いぞ・・・・・・・・・予算、かなりオーバー・・・・・・・・

車に乗ってしばらくすると、オットが、いきなり、
「なんだか身体の調子が悪くなってきた・・・
 一生懸命に栗拾いをしたからだ・・・・・・・」
なんて、訳のわからないことを言い出した。

運転を代わり、私が運転するが、なぜそこまでして栗拾いに没頭したのか・・・
オットいわく、ついつい夢中になってしまって・・・
わからなくもないけど、キロ900円だよって思って拾わないのかな?

とにかく、無事に家に帰って、さてさて、これからが大変だよ〜。
何せ、6,6キロの栗を剥かなきゃいけない。

ということで、
木金の九州弾丸ツアーのあと、土曜日は岩国に仕事に行って栗拾いして、
お疲れムードなのに、土曜の夜は栗剥き。
もちろん、日曜日も栗剥き。栗炊き。そして、またまた、栗剥き。
まだまだ、残っている・・・
今日もがんばって栗剥きをしなくちゃ。。。

人吉のゲストハウス

IMG_0770_1







木曜金曜、またまた九州弾丸ツアー!?に行って来ました。
いつものようにオットのお仕事に付いて行く、ドライバー!です。

木曜日、朝5時出発、熊本でオットが仕事の間、私は市内へ遊びに行きました。
その後、人吉に向けて出発。

今回の宿は、球磨川を望む場所にあるゲストハウス「ピルミレンゲ」
ゲストハウスというと、
なんとなく東南アジアの安宿をイメージするかもしれないけど、
ここは、どちらかといえば、イギリスのB&B風の宿。
B&Bはベッド&ブレックファストだけど、ここは一泊二食付き。
ひとり6300円という、うれしいお値段です。

お若いお二人とかわいいベービーの3人家族さんがオーナー一家です。
オーナーの方は、学生時代広島に住んでいたそうです。

IMG_0769_1










部屋には薪ストーブもあります。
冬行ってみたいな〜って思います。

夕食前、近くのお勧めの温泉に行きました。
ぬるめの温泉です。
入湯料が、ひとり300円というのもうれしいし、
地元のおばちゃんとお風呂の中で話すのも、楽しい、
そんなローカルな温泉です。

IMG_0765_1









夕食は、オーナーの手作り野菜中心の家庭料理です。
それに、ここ人吉は、球磨焼酎で有名な所です。
球磨焼酎は、米焼酎です。
湯割で3杯、いただきました・・・ 幸せ・・・

そして、なんとも楽しいのは、ここのオーナー夫妻とのお話です。
いろんなお話ができました。
また、行ってみたいな〜って思う、そんな宿でした。

IMG_0780_1










さて、
次の日は、オットは仕事、私は人吉城へと行ってみました。
小学生が、美術の時間でしょうか、写生をしていました。
人吉では、お気に入りのお茶屋さんで番茶を買ったり、
焼酎のお店を覗いたり、地元の野菜を買ったり、忙しく走り回ります。

昼、オットの仕事が終わり、さてさて、帰ろうかと思ったら、
オット、突然、「帰りは小国にと日田に寄るよ〜」だって。
ええ〜っ、聞いてないよ・・・

人吉から熊本まで高速を走り、その後、阿蘇方面へと走り、
阿蘇の外輪山を走る、ミルクロードを駆け抜けます。
黒川温泉のすぐ近くを通り過ぎ、(いつも通り過ぎダケ!です・・・・・)
小国、そして、日田で、オットの仕事です。

やっと、やっと、仕事が終わり、車を走らせ帰ります。
遅くなったついでに、福岡の久山にあるコストコに寄りました。
ついでに、モンベルも・・・

家に付いたのはもうほとんど11時。
ヤレヤレ、今回も無事に行って来ました。

理想の冷蔵庫

IMG_0756_1











我が家の冷蔵庫、1999年製の日立。
「あなたなら新しい日立の冷蔵庫を、どのように活用しますか?」
そんなコンテストがあって、それに応募して当たった冷蔵庫。
だから、無料でいただきました!

あれから、かれこれ10年近くなります。
まだまだ充分に働いてくれています。
でも、いつまで使えるのかな〜って、ちょっと心配。
エコ的には、最近の冷蔵庫に買い換えた方がよさそうですが、
フトコロ的には、まだまだがんばって欲しいな〜って思います。

さて、本日の日経新聞に書いてあった事。
「冷蔵庫の中の死蔵品」
これって、冷蔵庫の中に入れっぱなしにしておいて、
食べなかった、または、食べられなくなった食品のことについて。

何でも、京都で家庭ごみの排出を研究している先生がいて、
その方によると、家庭ごみのなんと29%は、食べられるものらしい。
先日テレビでもチラッと見たけど、
トマト丸ごと3個入りのパックとか、賞味期限切れの冷凍食品とか、
いろいろ、いろいろ。

私も最近、冷蔵庫の中から、賞味期限切れの「ヌテラ」を発見。
これは、チョコレートクリームでオットが欲しいって買ったもの。
でも、スプーン3杯くらい食べて、それっきりになっていた・・・
賞味期限は切れているし、もう絶対に食べる見込みもなかったので、
ごみとなりました。

今、物価高で、いろんなものが高い高いって世間は騒いでいるけど、
買ってきたものをきちんと最後まで食べきること、
これが一番の節約かもしれないし、もちろん、エコであることは間違いないはず。

今日の新聞では、
土日のまとめ買いにより多く買う、または、安いといって買いすぎる、
それらが、
冷蔵庫の中にいろいろ入っていて、それが忘れられているということ。
それから、なんでもかんでも冷蔵庫に入れすぎということ。
などなどが、冷蔵庫の中に「死角」を作り出し、気が付かずに食べない、
そして、賞味期限切れになるということ、
などなどが書いてありました。

確かに、冷蔵庫の中、毎日整理整頓しないと、すぐにぐちゃぐちゃになります。
我が家は、空き空きぎみですが、
それでも、毎日毎日、整理整頓しなくちゃなりません。

日経新聞にも指摘がありましたが、
マンションとかでは、家中が暖かいので、冷暗所に保管のものも、
ついつい冷蔵庫に入れちゃいます。

我が家の場合、入れなくてもいいんだろうな〜っていうもの、
やっぱり、入れています。
例えば、
メープルシロップ、ぬか、瀬戸内レモン、カボス、スダチ、
これは、外でも大丈夫かもしれないけど、
やっぱり悪くなりそうで、冷蔵庫の野菜室にいます。
胡桃などのナッツ類、イリコ、ドライイーストなども入っています。

こんな入れなくてもいいもの、もし、冷蔵庫に入ってなかったら、
我が家の場合、冷蔵庫の中がかなりすっきり!すると思います。

私の理想の冷蔵庫は、
キッチンには、とりあえず食べるものの冷蔵庫があって、
これには、普段食べるものが入っています。

それから、もうひとつ、冷蔵庫があって、
この中には、↑であげたもの、それとか、白菜まるごととか、
りんごの買い置きとか、あまり登場しない調味料とか、
こんなものを入れておく冷蔵庫があれば、理想だな〜って思います。

ただし、これを置く場所、ないです・・・・・
もし、もし、もし、一軒家を建てるとしたら(その可能性もないですけど・・・)
絶対に、理想の冷蔵庫置き場を作りたいな〜。
これは、夢のまた夢のそのまた夢だけど。

ちなみに、我が家の冷凍庫、これは、我が家の場合、すっきりしています。
何でも、冷凍庫はぎっしりの方が効率がいいらしいのですが・・・
冷凍庫の中には、ご飯とか、↑ブラジルのパンとか、
バターやチーズとか、イリコとか、干物とか、塩さば&塩鮭とか、
そんなものが入っています。

冷凍庫の引き出しを開けるたびに、ごろんごろん、と、
中のものが動く音がします・・・





痩せたいけど・・・

IMG_0723_1












昨日もまた、コーヒーボランティアで公民館に行きました。
ここで話題になったのが、バナナを使って痩せるという話し。

「今朝から、バナナと水だけのダイエット始めたんよ〜」って言う人。
「そんなんで痩せんと思うよ。」と私。
「無理かね〜。」とその人は、ちょっとガッカリ・・・顔。
「大体、そんなことで痩せた人のスタート、たぶんすごい体重でしょ。
 普段食べている量もすごいと思う。それを、朝からカロリーをうんと減らせば、
 そりゃ、バナナじゃなくても、りんごでも、おむすび1個でも、痩せるよね。」
「私は無理かね・・・・・・」
「無理よね。だって、見た目絶対に標準体重だもん。」
「いやあ、最近、わき腹の方に肉が付いてきてね・・・」
「それは、歳をとってたるんできたんよね。バナナより、運動じゃないん!?」

何でも、体重が80キロぐらいの人が、60キロ代に落ちたらしい。
こんな人のダイエットは、バナナでも何でも、ある意味簡単に痩せると思う。
難しいのは、標準体重をちょっとはみ出ている人、
そんな人が、美容のために痩せたいと思うときだと思う。

食事も普通ぐらい、運動も適度、こんな人が痩せるとなると、
それは、かなりの無理をしないと痩せないと思う。
この飽食の時代、一日1600kcalなんて、かなり厳しい食事内容になる。
おやつなんてもってのほか、ないっ!って思った方がいい。
もちろん、アルコールもなし。

それでいて、たぶん月に1キロ、または、2キロが限度の痩せ方しかしない。

今、私も、後3キロ痩せたいと思っている。
しかし、これがかなり難しい。
いっくらがんばっても、私の場合、月に1キロ、または、1.5キロが精一杯。

友達に寄れば、この更年期の年代、それ以上に太らないだけでも、
それはそれで、いいことだ、なんていう人も要る。
でも、昔を知っている人は、やっぱ少し痩せた方がいいよって言う。

食欲の秋、食べることは、何より一番好きだけど、健康も大事。
朝の散歩だけでは、体重維持はできても、痩せないってわかった。
この秋、やっぱり、運動の秋にしなくちゃだめ!ですね・・・

↑写真は、相変わらず変化なしのお弁当。
 本日は、玄米ご飯なり。
 塩さば・里芋の煮付け・インゲンの塩ゆで・出し巻卵・ぬか漬け・うめぼし
 

ぶつかった人生、それでいいんだ・・・

IMG_0712_1








気になる内容だったので、アマゾンマーケットプレイス(中古の本)で、
取り寄せて読んでみた本、「彼女たちの年齢革命」

40歳〜56歳までの女性が10人登場する。
井上由希子さん、高橋みどりさん、大塚あや子さん、篠原寛子さんなどなど、
もの作りの世界で活躍している人も登場。

執筆したのは、一田慶子さん。
インテリアとか、いまどきのオシャレな生活をしている人たちを取材し、
本や雑誌に文章を書いている人、その人の独自取材の本。

今、各界で活躍している、というか、じぶんの世界を作り出している人たち、
この人たちが、どのようにしてそこまで歩んできたかとう「ものがたり」である。
この「ものがたり」、決して、サクセスストーリーではない。

読んでみてわかったことは、皆さん、あちこちにぶつかりながら、
曲がりくねりながら、悩みながらの道を歩み、
そして、今があるということ。

何かにずっと一筋なんて人生じゃなかったんだ・・・
ずっとひとつのことをやり続けている人、そんな人に憧れていたけど、
ぶつかりながら、立ち止まりながらやって来た人、
それでもそれでも、いいんだ・・・

読んでいて、いろいろな思いが私の頭に浮かぶ。

私も、あちこち、あちこち、ぶつかって、曲がりながらだったな〜って思う。
なんだか一貫性がなくて、それが、私のコンプレックスだったんだけど、
この本を読んだら、皆さんほとんど、あちこち、あちこちされている。

なあ〜んだ、それでもよかったんだ!

いまさらながら、なんとなく、読みながらホッとした。
いいんだよ、いいんだよ、それでいいんだよって言われているようで。

ちょっと残念だったのは、一田さんの文章の書き方かな?
彼女のフィルターを通しての人物像だから、
あちこち随所に彼女の感想が書いてある。
そして、ひとりひとりについて、分析というか、
彼女の人生にあわせてのコメントが付いている。

これはこれで、興味深いんだけど、
私としては、人物を淡々と取材していただいた方が、
ありがたかったかも。
でも、これは、本のスタイルに対する好みの問題!?かな。

それにしても、読んでみて、よかったと思える本だった。
(お読みになりたい方、よろしければ、お貸しいたします。)


鳥取野菜&びっくり紀行

IMG_0713_1












昨日は、朝から、鳥取へと、オットの仕事にくっついて行きました。
もちろん、私の仕事は、運転手。
いったい年間にどれだけ運転するかな〜って思う。

さてさて、オットが仕事の間、これまたいつものように、
一人でその辺りをさまよいます。

昨日は、これまたいつものように、
道の駅をまずはチェックしました。
うわ〜、新鮮な野菜がいっぱい。
農家の人がどんどんと運び入れてくる野菜を見て、
テンションがう〜んと上ります。

次の火曜日には、「山本ファミリー農園」さんの野菜が来るけど、
でもでも、新鮮な野菜を前に、ええい〜買っちゃえ〜!
結果、あちこち、野菜や果物だけで、昨日は6000円越えの出費。
これで、当分、いろいろ作れそうです。

オットの仕事、あの界隈、あちこち、あちこち回って、
その後、広島へと高速道路を走ります。

いきなり、電光掲示板に、え〜!?!?!?!っていう案内表示が!

「逆走車あり、注意!」

えっ、これって、高速道路を逆走している、そんな車が今走っているってこと!
いや〜ん、めちゃくちゃ危ないじゃん!

とにかく、どうすればいいのかわからず、
ライトを上向きにつけて、ゆっくり走ります。
まっすぐな道はいいんだけど、カーブになると怖いです。

こんな場合、もし、面と向かったら、お互い、どちらに避けるのでしょうか?
オットは、お互い、左だって言います。
これって正しいの?
自動車教習所、もう、30年以上前だけど、
逆走車と対面時、どちらに緊急避難か、習ってない!

とにかく、途中に、高速道路の見回りの車が旗を振るのを見るは、
パトカーは、なぜか反対側車線を猛スピードで走るは、
緊張緊張でしたが、結局、何もなく無事でした。

そんなこんなで、帰りついたのは、6時。
大変、大変。昨晩は友達と久しぶりのお約束。
お約束には、遅れて参加。

あ〜、楽しい〜。もう20年ぐらいのお付き合いの方ばかりだから、
懐かしい話し、それから、歳をとったの話し、いろいろ、いろいろ。
また、会う約束をしてから、帰りました。

昨日も、本当にいい一日だった。

今日は、またまた、忙しくなりそうです。
袋町小学校である「ストリートピースコンサート」、
ここで、コーヒーボランティアをします。
深川珈琲さんで、コーヒーを200杯分仕入れています。
おいしいコーヒー、がんばって淹れなくちゃ!

おもいっきり&びっくり

IMG_0698_1










【おもいっきり】
思い切って、買っちゃいました。
アンティークのプジョーのコーヒーミルです。

昔からミルが欲しくて、でもなかなか、思うようなのがなくて。
このプジョー、ハンドルが大きく回りそうだからいいな〜って、
それに、ちゃんとメインテナンスされているので。
(後から聞いた所、永久メインテナンスしていただけるようで・・・)

早速、コーヒー豆を買って、ガリガリしました。
いい感じです。
panama mountainを淹れました。
朝から、コーヒーのいい香りが家中に広がります。
幸せです。

【びっくり】
TEN TEN HOUSEのHPを見たら、
あれえ〜、どこかで見たことある・・・どこ!?
えっ、我が家のお家2件じゃない!

写真をTEN TEN HOUSEのブログにアップしていただきました。
私のブログで見るよりも、ずっと素敵に見えます。

TEN TEN HOUSE の写真は、唐悠さんが撮られていると思います。
唐悠さんは、プロの写真家です。
だから、私の写真、ちょっと、恥ずかしいです・・・

そうそう、↑コーヒーミル、noeさんのお座部の上にいます。

タコのマリネwith瀬戸内レモン

IMG_0703_1











瀬戸内のレモンが店頭に並び始めると、必ず作るもの、
それが、「タコのマリネ」です。

タコ・セロリ・玉ねぎ、そして、瀬戸内レモンを使います。
レモンは皮ごと薄切りにしてマリネに入れます。

朝から作っておくと、夜にはいい具合にマリネが出来上がっています。
もちろん、夜作って、次の日に食べてもいいです。
2,3日は、充分食べられます。

IMG_0695_1











このレシピ、日経新聞の「かんたん美味」という記事からです。
毎週土曜日版の日経新聞に、プラスワンと言うお洒落な新聞が入ります。
そこのひとつのコラムが、「かんたん美味」です。

ここに掲載されたお料理で、我が家の定番になっているのが、
この「タコのマリネ」と「豚ヒレの揚げ浸し」です。
他にも、いろいろ、お料理のヒントとなるものがあります。

先週載っていたのが、「ししゃものマリネ」です。
何でも、カリウムがたくさん入っているそうです。

ちょっと前、足がつるって言う人がいて、
カリウム足りないんじゃない? じゃがいも食べたら?
って言ったんだけど、
最近、私も足がつりました・・・
私もじゃがいも食べなきゃ!
そして、このししゃものマリネも、作ってみるつもりです。

我が家の能楽堂

IMG_0651_1









どういうわけか、オット、能を習っています。
なぜなのかは、私にもわかりません。

さて、もちろん家で練習しなければなりません。
先生の舞う能をビデオで見ながら、練習です。

場所、もちろん、我が家には能楽堂なんてないです。
だから、
朝からリビングが、なんちゃって能楽堂に変わります!

ダイニングテーブル、椅子、ソファーなどなど、部屋の四隅に寄せます。
どうにかこうにか、8畳ぐらいのスペースを作って、
ここが、にわか能楽堂になります。

宝くじが当たったら、(買ってもないから、確率はゼロなんだけど)
オットに、能楽堂は建ててあげられないけど、
ちょっとばかり広いマンション、買ってあげられるかも。

次の日曜日、発表会です。
だから、毎朝練習してます。

IMG_0632_1










そんなそばで、私は、朝から、鮭フレーク作りました。
紅鮭のアラが398円で、安かった。
アラに鮭を振って、チンして、身だけにして、
それから、フライパンで炒ります。
人参の葉っぱを茹でてしぼって刻んだものと、ゴマを入れます。

これでご飯を食べたら、おいしいです。
お結びにもいいです。
お酢のご飯に入れて、お寿司でもいいです。

朝から、オットの「ワオワオ」言う声の中、
鮭フレークのいい匂いが漂います。


秋の仕事、いろいろ、いろいろ・・・

IMG_0688_1










心配していた栗、手に入りました。

昨日、連休最後の日夕方近く、急に瑞穂の方にオットの仕事が。
それで、高速飛ばして行って来ました。
その帰り、小さな産直所があって、そこに栗がありました。
栗もいいけど、大根、カブの間引き菜など、素敵な野菜がいっぱい。
それも、買っちゃました。

さて、夜は栗剥きです。
友達が遊びに来て、おしゃべりをしながら、栗をむきます。
友達の知り合いのイギリスの人、例の破綻した(しかけている!?)、
アイスランドの銀行に預金を預けていたそうです。
へぇ〜、いったいどうなるんだろうね・・・

IMG_0656_1











秋の仕事、薪作りです。薪ストーブ用の薪です。

国産のサクラとケヤキの薪です。
長いのを、30cmぐらいに切りそろえます。
天気がいい中、作業がはかどりました。

この薪、火持ちがいいんです。
そして、においもいいです。
どんな家の薪ストーブで、この薪は使われるんでしょうか。
薪ストーブのない我が家、ちょっぴり嫉妬します・・・

芦田湖の一日

芦田湖での「芦田湖アートクラフトまつり」に行ってきました。

帰ってみて、びっくり、アートクラフト展に行っているのに、
食べ物の映像ばかりでした・・・

IMG_0641_1








蕎麦屋「森の家」が始動し始めました。
蕎麦屋の名前の入ったTシャツとエプロンで、
蕎麦を打つ手、蕎麦を切る手、蕎麦を茹でる手、蕎麦を仕上げる手、
それぞれに、「おいしい蕎麦を出す」、そして、
「お金をいただく」という熱意が込められています。

IMG_0635_1









いただいた蕎麦、蕎麦の香りのいい蕎麦でした。
前回いただいた蕎麦よりも、一段とおいしい蕎麦になっていました。
今後の蕎麦も、期待値がぐんぐん上ります。

IMG_0639_1








キャンプ場での蕎麦屋、
しかし、
キッチンのシンクや蛇口持込の!?
「そこまでやるか〜?」って思うほどの「設備」を持った蕎麦屋です。

蕎麦を茹でるタイミング、洗うさま、それは、もう蕎麦屋です。

IMG_0634_1









休日の蕎麦、といえば、これがなくちゃ!です。
にくい蕎麦屋です。
ちゃんと酒がありました。
酒をちょびりとやりながら、蕎麦をすすります。
ほとんど、オヤジ状態!です。

IMG_0643_1 







蕎麦でスタートを切ったら、次は、もちろん、お好み焼き。
かの有名な鉄板王子のお好み焼き、食べるのは本日がデビューです。

プロです、この味。

我が家の近所の「にわか」お好み焼き屋の味とは、比べようもありません。
なぜか、オットは、チーズとコーンのトッピング・・・
私は、プレーンが好きなんだけど・・・

私とお誕生日が同じ、かわいいお姫様が、お運びのお手伝いです。

さてさて、
いっぱい食べて、本当に食べに来たみたいに、食べて、
アートをいろいろ見て回ります。

noeさんにも、再びお会いできました。
久しぶりじゃね〜!って、ずっと会っていないみたい!
って、1週間ぶりの再開を、握手で喜び合いました。

そして、

「さっき、家一軒プレゼントしたお友達が、もう一軒買ってかえったよ。」
「じゃあ、家が二軒になったんだね。」
「そうそう、家二軒持ちになったよ・・・」
「私も、家二軒持ち! いいね、この言い方。自宅以外に家を二軒持っているって」

yumikoさん、yumikoさんは、もう家2軒持ちですよ〜!

いまさらですが、この家、noeさんの手作りの家です。。。
住めませんが、持っているだけで幸せになる家、です。

noeさんとは、コムでギャルソンやワイズなんかの話しをして大盛り上がり。
好きなものが似ているな〜って、またまた、うれしくなっちゃった。

他にも、気になる椅子もあって、あって、あったけど、
今回は、見るだけ、見ただけにしました。

帰りは、三原、そして、ちょっと足を伸ばして岩国まで、
オットの仕事の用事を済ませて、一日いっぱい遊んで、仕事して、
ああ、楽しかった!






お家のお守り!?

IMG_0606_1











先週の日曜日、高田にあるTEN TEN HOUSEに行って買った、
手織り布を使った、鍋つかみ? ポットマット?
家の形が、とてもかわいい。

これは、あまりにもかわいらしくて、使えない・・・
だから、しばらくは、家の台所に、お守りとして飾っておくつもり。

もうひとつ買ったのは、先日遊びに行ったお家にあります。
きっと、かわいく飾って、または、使っていただけているはず。

「芦田湖アートクラフトまつり」に、
TEN TEN HOUSEさんも出店予定です。

こんなかわいいのも紹介されています。

IMG_0609_1











これは、鍋敷きということ。
今は、鍋じゃなくて、紅茶のポットを置いている。
コーヒーのポットになるときもあるけど。

秋の日差しが長くなってきて、
こんなぽったりとしたポットと、お座部のようなポットマット、
いいな〜って、一人悦に入っている・・・

IMG_0624_1









さてさて、この時期すること。
いちじくの安いのを見つけてきて、ワイン煮を作ること。
昨日、1パック198円のいちじくを発見!
4パック買って来て、早速ワイン煮を作った。

ワインは、白ワインを一本使います。
といっても、2本で980円のワインです。
ワインに酸味があるから、レモンなど使いません。
グラニュー糖と白ワインだけで煮込みます。

ワインを使っているせいか、
冷蔵庫で一年保存してもどうもなりませんでした。
(もしかしたら、途中で一回火を入れたかもしれない・・・)

後、この季節のやり残しは、栗の甘煮作り。
今年、どういうわけか、栗のいいのに当たりません。
ちょっと、あせり始めています・・・

金曜日・土曜日にすること

2008 006_1










毎週、金曜日とか土曜日とかには、何か保存食を作る。
保存食といっても、うんと長いこと持つようなものじゃなくて、
週末土日を乗り切るための保存食。

土曜日は、我が家のオット、ほとんど仕事なので、
一日中どこかに遊びに行くことはないけど、
たまに、夕方から急にお出かけなんてこともあるし、
私がオットの仕事に朝から夕方まで付いていくこともある。

日曜日は、出かけたり、まあ、出かけなくても、
なんとなく日曜日、夕飯作りはめんどくさい。

となれば、外食だったり、何か出来合いのものを買ったり、
それは、もう、止めようと思った。
めんどくさいからが理由の外食やお惣菜を買う、
それは、無駄以外の何ものでもないと思った。

だから、金土曜日になると、何かを作る。

先週は、油鶏と煮豚を作った。

油鶏は、醤油:酒:サラダオイルが1:1:1の割合で鍋に入れ、
鶏もも肉を20分煮るだけ。
我が家の場合、油控え目、酒大目、プラス、生姜を入れる。

温かくてもOK、冷蔵庫で冷たくしたのでもOK。
お弁当のおかずにもなる。
1週間は冷蔵庫で保存可能。
なお、煮ただし汁でごぼうなんか煮てもいいし、
これにまた、醤油・酒・油を足して、もう一度油鶏もできる。

煮豚は、塩豚を茹でたもの。
塩豚は、豚の肩ロースに塩を多めにして、昆布でまいて3,4日冷蔵庫に保存。
昆布で巻く方法は、お友達のブログからアイデアをいただいた。

後は、昆布のまま鍋に入れて、水を酒を入れてコトコト煮込む。
昆布は、あまり長く入れずに、適当な所で取り出す。
塩豚の塩気と昆布の味で、茹でたスープが、絶品スープとなる。

これは、熱いところをスライスしてカラシ醤油で食べてもいいし、
ごま油やラー油なんかをたらした醤油で食べてもいい。
柚子胡椒なんかでも、すっごく合う。

冷たくなったのは、サラダでも、サンドイッチの具でもいいし、
先日は、みょうがの酢付けと混ぜ合わせた、酢の物、これもいけた。

スープは、変なラーメン屋のスープよりもずっとおいしい。
今回は、ベトナムフォーやもやしを入れて食べた。

さて、今日は金曜日、何を作っておこうかな・・・

IMG_0611_1










yumikoさんレシピのサツマイモのケーキ、焼いた。
リング型に入れて焼いたら、ひっついて取れなくて、
しょうがないから、無理やり、引っ剥がした!
そしたら、ぐじゃぐじゃで・・・

でも、味は、うんといいです。
材料は、
紫サツマイモ蒸かしたの・牛乳・卵・小麦粉ちょっと、
お砂糖代わりに和三盆、そして、ちょっとだけクリームチーズ。

A killer box !

IMG_0589_1












山本ファミリー農園さんから、隔週の火曜日にお野菜を届けていただくことに決定。
おととい、朝から野菜がやって来ました。

「もう、殺されそう・・・・・・」

↑この箱、見てください。送り主の方の絵が描いてあります。
「あんたぁ、わたしぃを殺す気かぁ〜?」って言いたいぐらいの、ツボです。

この箱、野菜を出した後、押入れの中にしまいました。
何か、大切なものをこれに入れようっと。

IMG_0593_1










届いた、人参の間引き菜、あれれ、前回よりも人参が大きくなっている。
すくすく育っているんだね・・・にんじんさん。

早速、玄米で人参ご飯を炊くことにしました。
これは、「森の家」の方のまねっこです。
人参と、葉っぱの根元の硬いところは、玄米と一緒に炊き込みます。
葉っぱは、茹でて刻んで、出来上がりに混ぜます。

玄米に少しだし汁を入れて、塩とお醤油を入れて、昆布を入れて、
炊き込みご飯みたいにしました。
出来上がり、もちもちして、素朴な味です。

冬瓜のクリアスープ、大根間引き菜のおひたし、などなど、
美人の野菜たちが勢ぞろいします。

朝から、yumikoさんからいただいたレシピを参考に、
紫芋のケーキも焼きました。
バターなしのケーキです。
これは、今から、ゆっくりと10時のおやつにいただきます。

ああ、楽し!

IMG_0592_1









今日は、yumikoさんからのお誘いで、
久しぶりにお出かけしました。

こう見えても、結構引きこもりで家にいるほうです。
だから、誘われない限り、家から出ること、珍しいんです。

さてさて、お邪魔したのは、sakurairoさんとsoraさんと私です。
みんな、手作りが大好き。

ボビンケースの話で、大いに盛り上がったり、
型紙の話しでは、大いにまじめになったり、
とにかく、キャリアも年齢もいろいろだけど、
好きなことが一緒の人とのおしゃべりは、楽しいものです。

↑手作りビビンバ、温泉卵がチンでできるって、初めて知りました。
 だんご汁も、我が家のとはかなり違います。
 人の家におよばれして、手作りのご飯をいただくと、
 いろいろ参考になることがいっぱいです。

IMG_0590_1











行ってすぐには、お抹茶をいただきました。
秋ですね。素敵。

サツマイモの焼きお菓子も、作りたくて、レシピをいただきました。

楽しい時間は、あっという間でした。
帰りには、お土産までいただいて、また、行きたい・・・
引きこもりですから、また、呼んでください・・・

さて、
帰り、秋のバッグ展についての打ち合わせのために、
Mamachenに行ったら、というか、マルナカから電話したら、
マユちゃんはシャレオにいる様子・・・
急いで、クレドパーキングへと。

クレド広場下でコーヒーを飲みながらの打ち合わせ。
で、打ち合わせ5分。
後は、子育てのこと、お金のため方のこと、ご飯つくりのこと、
などなど、主婦の井戸端会議のようでした・・・

ああ、よくしゃべった一日でした。

たまには、引きこもりをやめて、外に出るのも、いいね!

MINORI堂さんのパン

IMG_0585_1










久しぶりに、おいしいパンを発見しました。

いつもいただいている、ブラジルのハードトーストも絶対お勧めだけど、
他のパンも食べたい・・・

昨日のラッピング教室、このMINORI堂さんのパンとお菓子を包む、
それがテーマでした。
ラッピングも楽しかったけど、それプラス、
おいしいパンとお菓子に出会ったのも、うれしかった〜。

天然酵母のもっちりとしたパン。
それから、シフォンケーキもいただきました。
パンは手こね、ケーキも手で泡立てるなんて、
私には、絶対にまねのできないことをされています。

ラッピングの先生、くみさんは、往復1時間以上かけて、
ここにパンを買いに行くそうです。
わかるな〜って思う、そんなおいしさのパンです。

IMG_0587_1








五日市にあります。

詳しくは、くみさんのレポートを見てください、ね!

私も癖になりそうです・・・ ダイエットの秋なのに・・・

笑顔のラッピング

IMG_0570_1










ラッピング教室に行ってきました!

「Smile Wrapping」のくみ先生のお教室です。
スパルタ!って聞いていましたので、どんなに怖いのか・・・ビクビクで。

今日、最初に習ったのは、↑の合わせ包み&リボンの結び方です。
箱に合わせて、紙を切るところから始まります。
いい加減な大きさに切ってはいけないと、初めて知りました。

リボンも、簡単なようで、むずかしい〜。
でも、今までの自己流のリボンの結び方とぜんぜん違う〜、びっくり!

IMG_0571_1










次に習ったのが、袋の作り方。
長〜いパンに合わせて、長〜い袋を作りました。
袋作りは、すっごく楽しかった。

作りながら、バッグもこんな感じで作ったらおもしろいものができるかな?
なんて、一人で、ニマニマ笑いながら、作りました。

奥のちっちゃなのは、中に飴玉が二個入っています。
このテトラの形もかわいい〜。

IMG_0561_1










で、どれだけスパルタで怖かったか、というと、
それはそれは、恐怖の時間!なんてことはなかったです。
すごく丁寧に教えていただきました。

教えていただきながら思ったことは、
「適切な言葉」で説明されたということです。
わかりやすい言葉、ポイントとなる言葉、
言葉の使い方が上手な方だと思いました。

さてさて、家に帰っての練習用の紙もいただきました。
何か包むものを探して、早速ラッピングの復習をしなくては・・・

むむむ、そのためには、細〜いカッターと両面テープが必要です。
早速、近所の刃物専門店にカッターを探しに行きます。
それから、その近所の文房具屋さんで、両面テープを買います。

くみ先生、ちゃんと復習するから、また、教えてください!

さてさて、
早速全てを手に入れました。
↓私流、復習開始です・・・

IMG_0574_1








幅の広いリボンで、リボンかけの復習しました。

買ってきたカッターと両面テープを使って、
紙包みの復習とリボンかけの復習をしました。
笑わずに、見てください・・・

IMG_0581_1








くみ先生からいただいたペーパーを練習用に使うのは、あまりにももったいなくて、
でも、
家にあると思った紙がなくて・・・

苦肉の策、広告で練習しました。
一応、カープ坊やの顔が見えるように「工夫」したつもりですが・・・
リボンは、箱の面積分量からすると、細すぎたと思います。

次は、ちゃんと練習用の紙を手に入れて、練習します。


身代わりと思って・・・

IMG_0550_1











カメラ、調子が悪かったり、よかったり。
何とかかんとか使っていましたが、
とうとう、壊れました・・・

なんと、私がカメラを落としたのです。
それも、レンズから真っ逆さまに・・・

何せ、粗忽者ですから、しょっちゅう粗相をします・・・
どうも、頭で考えている方が、行動よりもワンテンポ速いので、
そこにできる、ズレ、これが私のおっちょこちょいの原因だと思います。
もう少し、ゆっくり構えることが必要だと思います。

カメラからPCに映像は取り込めましたから、カメラ本体は大丈夫みたいです。
レンズは、笑っちゃうぐらいに、曲がっています・・・
もう、買い換えるしかないと思います。

しかし、全くの素人ですから、どんなレンズがいいのか?です。
家電量販店に行ったら、きっと高いのを勧めるんだろうな・・・

yoshikiさんじゃないけど、もう、事故にあったと思って諦めます。
私の身代わりに、オットの身代わりになったと思えば、
レンズ、安いものです・・・  でも、レンズ、安かったら、いいな・・・

というわけで、
最近のブログの写真は、もうひとつのお手軽カメラで写しています。
ちゃんと使えば、いいカメラなんでしょうけど、
(現に、弟は、同じカメラで、かなり上手な写真を撮っている)
使い慣れてないせいか、私が未熟なのか、イマイチの写真です。

↑写真も、なんとなく焦点が合っていません。
数を撮って、練習するのみです。

さてさて、
三日以上経ちましたので、もう三日坊主ではありません。
お金の計算のできない私ですが、先月の25日の給料日から、
ノートに、とりあえず、レシートだけでも貼ることにしました。
貼ってみて思ったことは、最近のレシートって、すごい。
全部書いてある。

大体の月のお金の流れを見てみるつもりです。
月末には、大体のことがわかるかしら!?

昨日、野依さんから、家計簿を見せていただきました。
びっくりするくらいに、きちんと書かれています。

暮らしの基本がしっかりされている方は、作られる作品も違います。
お話していてわかったことは、私とちょうど10歳違いということです。
人生のいい先輩として、あんな生き方に憧れます。

もちろん、全てをまねするわけにもいきませんし、そうしたいとも思いません。
ただ、モノを追いかけるような生活はされてないようです。
最近の私の思い、そうなりたい自分に、近い考えの方です。

今年の目標は、「節約」だったはず。
どれだけできたか・・・
外食をしない、これは、結構きちんと守られています。
「節約」、そして、今考えていることは、「始末をする」ということ。
きちんとした生活、モノに左右されない生活、
後3ヶ月の今年、もう少し、生活を考えてみたい。

TENTENHOUSE in 高宮・その2

IMG_0543_1








昨晩遅く、そう、かなり遅くの時間に、オットが、
「明日、三次に行く。ドライバーで来てくれる?」って。

やったー! 三次から、高田まではすぐ近くじゃない!

TEN TEN HOUSEで、今、エキシビションがある。

帰りにそこに寄るなら、ドライバーとして行くって約束した。

朝から、三次へと。
オットの仕事中は、頼まれていた、CDの楽譜化を車の中でする。
歌を楽譜に書き落とすこれ、早くしないと思いつつ、
なかなかじっくり腰を落ち着けてできないでいた。
だから、こんな「ほかにもできない時間」は、じっくりと楽譜作りができる。

オットの仕事時間と、私の楽譜化の時間、ほとんど同じ。
だから、効率のいい時間の使い方したと思う。

さて、後は一路、TEN TEN HOUSEへと向かう。

とっても日差しの素敵な秋の日、
それでなくても、とっても素敵なTEN TEN HOUSEが、より素敵に見える。

野依さん、先に来ていた子連れのお母さんと、ミシン談義に花が咲く。
オットは、小さな子どもたちと、裏の栗の木へ行き、栗拾い。

「小学生の頃だったら、一日中、外で遊び回るだろうな〜!」
って、オット、目を細めて楽しそうな笑顔で話す。

さて、TEN TEN HOUSEでは、田川幸義さんのちっちゃな絵、
そして、
野依さんの手織り布を使った、鍋つかみや鍋敷きが置いてあった。

ぅうわ〜っ! 全部かわいい〜・・・ 全部ほしい〜・・・

ちょっと前に、野依さんと、
モノはたくさんいらないよね〜、シンプルな大人の生活をしたい〜、
って、生き方談義をしていた、この私が・・・・・全部ほしいなんて・・・
やっぱり、50歳を越えても、物欲を抑えるのは、ムズカシィイ・・・

選びに選んで、数点、持ち帰りました。
台所の神様として、しばらくは眺めていたいです。
(このお持ち帰りのは、また、登場させますね)

帰りは、ひたすら54号線を走る。
オットは、ぐっすりと眠っている。
最近、ちょっとお疲れ気味だったから・・・



気分屋さん!?

2008 005_1










カメラ、今日は調子がいいみたいです・・・どうしてかな〜?
持ち主に似て、気分屋さんなのかしら?

10月に入って、うんと涼しくなりました。
ノースリーブの大好きな私、まだまだノースリーブです。
昨晩は久しぶりに、ベランダでお食事をしましたが、
ノースリーブで大丈夫でした。

涼しくなると、ガゼン!バッグ作りに意欲が燃えてきます。
この3日間、和のバッグの製作に日々を費やしました。
カメラの調子を見ながら、撮影しなくては・・・

ウールの布もオーダーしました。
ウールも、ホワホワモサモサの厚手のものです。
まだまだ、暑そうだけど、すぐに冬が来ます・・・きっと。

バッグ作りに熱中し始めると、いけないことがあります。
引きこもり!になります。
とにかく、家から出る用事、全てキャンセルして、引きこもります。

ホットヨガも夏の間、しばし休憩していました。
それを再開するか、フィットネスクラブに入会するか、
今、ちょっと考え中です。
とにかく、運動をする習慣をつけないといけません。
歩くだけでは、やっぱり運動不足になりそうです。

困るよ・・・困るっ!

2008 001_1










カメラの調子がおかしい・・・
シャッターを押したときに、シャカッ・・・と、元気ない音を出す。
もちろん、写真は撮れていない。
壊れたかな・・・?

修理に持って行ったら、高いこと言うだろうな・・・
かといって、新しいの買いなおすほどのこともないだろうし・・・
困った・・・


↑食べられるほおずきです。
果物のような味がします。生まれて初めて食べました。

決して上手な写真じゃないけど、
左端のほおずきに焦点を合わせて、右奥のほうはボケています。
こんな写真が撮りたいんです。
これ以上は望まないのです。
ああ、カメラ、困ったな・・・

バッグを作ったのに、画像がないとブログもアップできません。
いやあ、もう1つのカメラで撮ってみるかな。

もう、飛ばない

2008 002_1










以前、ブログで書いたこと、ちゃんと見てくれている人がいました。

ジップロック、外に干していたときです。
風が吹いて、ふたがどこかに飛んで行っちゃって、
その結果、本体とふたの数が合わなくなって、
合わなくなったジップロックは処分しました。

先日、あの問題↑解決した? って、聞かれました。

ううん、まだ。

そこで、いただいたのが、↑写真のもの。
名前、なんていうんだろう・・・

ジップロック、これでもう、飛びません。
ありがとうございました!

これを見たとたん、思ったことは、
干物を作りたい!と思ったこと。

冷たい北風が吹いてきたら、干物を作るつもりです。
アジとかカマスとかいいな・・・

今は、上段に、唐辛子を干しています。
中の段、大根とかも干します。
干した大根、ぬか漬けにするとおいしいんです。

びっくりしたのは、なす。
なすって、日に干してぬか漬けにすると、色が落ちないんです。

とにかく、ジップロックだけでなく、いろいろ干すつもりです。

そうそう、これにぶら下がっている草みたいなのは、
レモングラスです。
夏生い茂ったもの、カットしました。
これは、タイカレーなどに香辛料として入れる予定です。

Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ