*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2008年10月

人吉のゲストハウス

IMG_0770_1







木曜金曜、またまた九州弾丸ツアー!?に行って来ました。
いつものようにオットのお仕事に付いて行く、ドライバー!です。

木曜日、朝5時出発、熊本でオットが仕事の間、私は市内へ遊びに行きました。
その後、人吉に向けて出発。

今回の宿は、球磨川を望む場所にあるゲストハウス「ピルミレンゲ」
ゲストハウスというと、
なんとなく東南アジアの安宿をイメージするかもしれないけど、
ここは、どちらかといえば、イギリスのB&B風の宿。
B&Bはベッド&ブレックファストだけど、ここは一泊二食付き。
ひとり6300円という、うれしいお値段です。

お若いお二人とかわいいベービーの3人家族さんがオーナー一家です。
オーナーの方は、学生時代広島に住んでいたそうです。

IMG_0769_1










部屋には薪ストーブもあります。
冬行ってみたいな〜って思います。

夕食前、近くのお勧めの温泉に行きました。
ぬるめの温泉です。
入湯料が、ひとり300円というのもうれしいし、
地元のおばちゃんとお風呂の中で話すのも、楽しい、
そんなローカルな温泉です。

IMG_0765_1









夕食は、オーナーの手作り野菜中心の家庭料理です。
それに、ここ人吉は、球磨焼酎で有名な所です。
球磨焼酎は、米焼酎です。
湯割で3杯、いただきました・・・ 幸せ・・・

そして、なんとも楽しいのは、ここのオーナー夫妻とのお話です。
いろんなお話ができました。
また、行ってみたいな〜って思う、そんな宿でした。

IMG_0780_1










さて、
次の日は、オットは仕事、私は人吉城へと行ってみました。
小学生が、美術の時間でしょうか、写生をしていました。
人吉では、お気に入りのお茶屋さんで番茶を買ったり、
焼酎のお店を覗いたり、地元の野菜を買ったり、忙しく走り回ります。

昼、オットの仕事が終わり、さてさて、帰ろうかと思ったら、
オット、突然、「帰りは小国にと日田に寄るよ〜」だって。
ええ〜っ、聞いてないよ・・・

人吉から熊本まで高速を走り、その後、阿蘇方面へと走り、
阿蘇の外輪山を走る、ミルクロードを駆け抜けます。
黒川温泉のすぐ近くを通り過ぎ、(いつも通り過ぎダケ!です・・・・・)
小国、そして、日田で、オットの仕事です。

やっと、やっと、仕事が終わり、車を走らせ帰ります。
遅くなったついでに、福岡の久山にあるコストコに寄りました。
ついでに、モンベルも・・・

家に付いたのはもうほとんど11時。
ヤレヤレ、今回も無事に行って来ました。

理想の冷蔵庫

IMG_0756_1











我が家の冷蔵庫、1999年製の日立。
「あなたなら新しい日立の冷蔵庫を、どのように活用しますか?」
そんなコンテストがあって、それに応募して当たった冷蔵庫。
だから、無料でいただきました!

あれから、かれこれ10年近くなります。
まだまだ充分に働いてくれています。
でも、いつまで使えるのかな〜って、ちょっと心配。
エコ的には、最近の冷蔵庫に買い換えた方がよさそうですが、
フトコロ的には、まだまだがんばって欲しいな〜って思います。

さて、本日の日経新聞に書いてあった事。
「冷蔵庫の中の死蔵品」
これって、冷蔵庫の中に入れっぱなしにしておいて、
食べなかった、または、食べられなくなった食品のことについて。

何でも、京都で家庭ごみの排出を研究している先生がいて、
その方によると、家庭ごみのなんと29%は、食べられるものらしい。
先日テレビでもチラッと見たけど、
トマト丸ごと3個入りのパックとか、賞味期限切れの冷凍食品とか、
いろいろ、いろいろ。

私も最近、冷蔵庫の中から、賞味期限切れの「ヌテラ」を発見。
これは、チョコレートクリームでオットが欲しいって買ったもの。
でも、スプーン3杯くらい食べて、それっきりになっていた・・・
賞味期限は切れているし、もう絶対に食べる見込みもなかったので、
ごみとなりました。

今、物価高で、いろんなものが高い高いって世間は騒いでいるけど、
買ってきたものをきちんと最後まで食べきること、
これが一番の節約かもしれないし、もちろん、エコであることは間違いないはず。

今日の新聞では、
土日のまとめ買いにより多く買う、または、安いといって買いすぎる、
それらが、
冷蔵庫の中にいろいろ入っていて、それが忘れられているということ。
それから、なんでもかんでも冷蔵庫に入れすぎということ。
などなどが、冷蔵庫の中に「死角」を作り出し、気が付かずに食べない、
そして、賞味期限切れになるということ、
などなどが書いてありました。

確かに、冷蔵庫の中、毎日整理整頓しないと、すぐにぐちゃぐちゃになります。
我が家は、空き空きぎみですが、
それでも、毎日毎日、整理整頓しなくちゃなりません。

日経新聞にも指摘がありましたが、
マンションとかでは、家中が暖かいので、冷暗所に保管のものも、
ついつい冷蔵庫に入れちゃいます。

我が家の場合、入れなくてもいいんだろうな〜っていうもの、
やっぱり、入れています。
例えば、
メープルシロップ、ぬか、瀬戸内レモン、カボス、スダチ、
これは、外でも大丈夫かもしれないけど、
やっぱり悪くなりそうで、冷蔵庫の野菜室にいます。
胡桃などのナッツ類、イリコ、ドライイーストなども入っています。

こんな入れなくてもいいもの、もし、冷蔵庫に入ってなかったら、
我が家の場合、冷蔵庫の中がかなりすっきり!すると思います。

私の理想の冷蔵庫は、
キッチンには、とりあえず食べるものの冷蔵庫があって、
これには、普段食べるものが入っています。

それから、もうひとつ、冷蔵庫があって、
この中には、↑であげたもの、それとか、白菜まるごととか、
りんごの買い置きとか、あまり登場しない調味料とか、
こんなものを入れておく冷蔵庫があれば、理想だな〜って思います。

ただし、これを置く場所、ないです・・・・・
もし、もし、もし、一軒家を建てるとしたら(その可能性もないですけど・・・)
絶対に、理想の冷蔵庫置き場を作りたいな〜。
これは、夢のまた夢のそのまた夢だけど。

ちなみに、我が家の冷凍庫、これは、我が家の場合、すっきりしています。
何でも、冷凍庫はぎっしりの方が効率がいいらしいのですが・・・
冷凍庫の中には、ご飯とか、↑ブラジルのパンとか、
バターやチーズとか、イリコとか、干物とか、塩さば&塩鮭とか、
そんなものが入っています。

冷凍庫の引き出しを開けるたびに、ごろんごろん、と、
中のものが動く音がします・・・





痩せたいけど・・・

IMG_0723_1












昨日もまた、コーヒーボランティアで公民館に行きました。
ここで話題になったのが、バナナを使って痩せるという話し。

「今朝から、バナナと水だけのダイエット始めたんよ〜」って言う人。
「そんなんで痩せんと思うよ。」と私。
「無理かね〜。」とその人は、ちょっとガッカリ・・・顔。
「大体、そんなことで痩せた人のスタート、たぶんすごい体重でしょ。
 普段食べている量もすごいと思う。それを、朝からカロリーをうんと減らせば、
 そりゃ、バナナじゃなくても、りんごでも、おむすび1個でも、痩せるよね。」
「私は無理かね・・・・・・」
「無理よね。だって、見た目絶対に標準体重だもん。」
「いやあ、最近、わき腹の方に肉が付いてきてね・・・」
「それは、歳をとってたるんできたんよね。バナナより、運動じゃないん!?」

何でも、体重が80キロぐらいの人が、60キロ代に落ちたらしい。
こんな人のダイエットは、バナナでも何でも、ある意味簡単に痩せると思う。
難しいのは、標準体重をちょっとはみ出ている人、
そんな人が、美容のために痩せたいと思うときだと思う。

食事も普通ぐらい、運動も適度、こんな人が痩せるとなると、
それは、かなりの無理をしないと痩せないと思う。
この飽食の時代、一日1600kcalなんて、かなり厳しい食事内容になる。
おやつなんてもってのほか、ないっ!って思った方がいい。
もちろん、アルコールもなし。

それでいて、たぶん月に1キロ、または、2キロが限度の痩せ方しかしない。

今、私も、後3キロ痩せたいと思っている。
しかし、これがかなり難しい。
いっくらがんばっても、私の場合、月に1キロ、または、1.5キロが精一杯。

友達に寄れば、この更年期の年代、それ以上に太らないだけでも、
それはそれで、いいことだ、なんていう人も要る。
でも、昔を知っている人は、やっぱ少し痩せた方がいいよって言う。

食欲の秋、食べることは、何より一番好きだけど、健康も大事。
朝の散歩だけでは、体重維持はできても、痩せないってわかった。
この秋、やっぱり、運動の秋にしなくちゃだめ!ですね・・・

↑写真は、相変わらず変化なしのお弁当。
 本日は、玄米ご飯なり。
 塩さば・里芋の煮付け・インゲンの塩ゆで・出し巻卵・ぬか漬け・うめぼし
 

ぶつかった人生、それでいいんだ・・・

IMG_0712_1








気になる内容だったので、
取り寄せて読んでみた本、「彼女たちの年齢革命」

40歳〜56歳までの女性が10人登場する。
井上由希子さん、高橋みどりさん、大塚あや子さん、篠原寛子さんなどなど、
もの作りの世界で活躍している人も登場。

執筆したのは、一田慶子さん。
インテリアとか、いまどきのオシャレな生活をしている人たちを取材し、
本や雑誌に文章を書いている人、その人の独自取材の本。

今、各界で活躍している、というか、じぶんの世界を作り出している人たち、
この人たちが、どのようにしてそこまで歩んできたかとう「ものがたり」である。
この「ものがたり」、決して、サクセスストーリーではない。

読んでみてわかったことは、皆さん、あちこちにぶつかりながら、
曲がりくねりながら、悩みながらの道を歩み、
そして、今があるということ。

何かにずっと一筋なんて人生じゃなかったんだ・・・
ずっとひとつのことをやり続けている人、そんな人に憧れていたけど、
ぶつかりながら、立ち止まりながらやって来た人、
それでもそれでも、いいんだ・・・

読んでいて、いろいろな思いが私の頭に浮かぶ。

私も、あちこち、あちこち、ぶつかって、曲がりながらだったな〜って思う。
なんだか一貫性がなくて、それが、私のコンプレックスだったんだけど、
この本を読んだら、皆さんほとんど、あちこち、あちこちされている。

なあ〜んだ、それでもよかったんだ!

いまさらながら、なんとなく、読みながらホッとした。
いいんだよ、いいんだよ、それでいいんだよって言われているようで。

鳥取野菜&びっくり紀行

IMG_0713_1












昨日は、朝から、鳥取へと、オットの仕事にくっついて行きました。
もちろん、私の仕事は、運転手。
いったい年間にどれだけ運転するかな〜って思う。

さてさて、オットが仕事の間、これまたいつものように、
一人でその辺りをさまよいます。

昨日は、これまたいつものように、
道の駅をまずはチェックしました。
うわ〜、新鮮な野菜がいっぱい。
農家の人がどんどんと運び入れてくる野菜を見て、
テンションがう〜んと上ります。

次の火曜日には、「山本ファミリー農園」さんの野菜が来るけど、
でもでも、新鮮な野菜を前に、ええい〜買っちゃえ〜!
結果、あちこち、野菜や果物だけで、昨日は6000円越えの出費。
これで、当分、いろいろ作れそうです。

オットの仕事、あの界隈、あちこち、あちこち回って、
その後、広島へと高速道路を走ります。

いきなり、電光掲示板に、え〜!?!?!?!っていう案内表示が!

「逆走車あり、注意!」

えっ、これって、高速道路を逆走している、そんな車が今走っているってこと!
いや〜ん、めちゃくちゃ危ないじゃん!

とにかく、どうすればいいのかわからず、
ライトを上向きにつけて、ゆっくり走ります。
まっすぐな道はいいんだけど、カーブになると怖いです。

こんな場合、もし、面と向かったら、お互い、どちらに避けるのでしょうか?
オットは、お互い、左だって言います。
これって正しいの?
自動車教習所、もう、30年以上前だけど、
逆走車と対面時、どちらに緊急避難か、習ってない!

とにかく、途中に、高速道路の見回りの車が旗を振るのを見るは、
パトカーは、なぜか反対側車線を猛スピードで走るは、
緊張緊張でしたが、結局、何もなく無事でした。

そんなこんなで、帰りついたのは、6時。
大変、大変。昨晩は友達と久しぶりのお約束。
お約束には、遅れて参加。

あ〜、楽しい〜。もう20年ぐらいのお付き合いの方ばかりだから、
懐かしい話し、それから、歳をとったの話し、いろいろ、いろいろ。
また、会う約束をしてから、帰りました。

昨日も、本当にいい一日だった。

今日は、またまた、忙しくなりそうです。
袋町小学校である「ストリートピースコンサート」、
ここで、コーヒーボランティアをします。
深川珈琲さんで、コーヒーを200杯分仕入れています。
おいしいコーヒー、がんばって淹れなくちゃ!
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ