*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2009年07月

雨の日の急なごはん

IMG_5250_1










金曜日の夜、オットは会合でビアガーデンに行く予定、だった・・・

しかし、雨。

夕方電話があって、ビアガーデンは休止。
家に何にもないよ!って言うと、
ご飯を食べに行こうって言う。ラッキー!

7時過ぎに帰ってきたオット。
玄関で靴を脱ぎながら、
「雨凄いよ〜。ご飯食べに行くの中止だ〜っ・・・・・・」

もう、何にも用意してないよ・・・・・・ブツブツブツブツ・・・

急きょ、いただき物のタコ・紫玉ねぎ・きゅうり、
それに、トマトとグレープフルーツ、
レモンオイルと塩とブラックペッパーで味付けした、
簡単サラダを、まずは一品。

ビールを飲みながら、さてさて、次は何にするかな・・・・・
そういえば、さんまの買ったのがある。

IMG_5252_1










初モノのサンマ。北海道から飛行機に乗ってやって来た。
えらく高〜いサンマ。ファーストクラスに乗ってきたのかな?

味も確かにファーストクラスだった。
熱燗とピッタリ! とろけるぐらい旨いサンマ。
しかし、
庶民には、エコノミークラスのサンマの方が落ち着く・・・
早く、エコノミークラスのサンマが出てこないかな〜。

サンマを焼きつつ(魚焼き器が、勝手にだけど・・・)
海老とキノコのにんにく炒めを作る(オットがだけど・・・)
(写真なし)

IMG_5271_1










さて、次は、なあんにも冷蔵庫にもうないぞ・・・・
見たら、奥にブラックペッパーベーコンが転がっていた。
そうそう、買ったんだっけ。

ベーコンにブラックペッパーをうんとまぶしたコレ、
私の大好物。
これを、薄〜く、薄〜く切って、食べる。

冷蔵庫に、残り物の赤ワイン、小さなワイングラスに一杯ずつ。
ちびちびやりながら、ベーコンをつまむ。

カロリー完全にオーバーだねぇ、といいつつ、
まあ、食べに行ったら、こんなカロリーじゃ済まないだろうね、
って、変に納得して食べる。
明日の朝、ウォーキングで、カロリーを解消しようっていう約束で。

IMG_5278_1










最後、飲み物さえも無くなった・・・・・

仕方がない、デザート用のベイリーズをロックで飲む。
甘〜いベイリーズに、ピリッとしたペパーベーコンもなかなかいい。

オット、ビアガーデンに行かなくてよかった・・・って言う。
行っても、僕らの世代の食べるもの、ないんだよ・・・・・って。
確かにね・・・・・ないよね。

最後、藻塩のアイスクリームをスプーンに2さじ食べて、終わり。

土曜日の今日、広島港の花火大会。
我が家のベランダから、悲しいほどちょっぴり花火が見える。
ベランダにテーブルでも出して、
お家ビアガーデンでもしましょうかね。


☆ 今朝(土曜日)のウォーキング、雨がすごい。
  でも、昨晩摂取したカロリーをどうにかしなくちゃ。
  オットと広島の中心部へと車で行き、100円Pに駐車。
  広島の地下街シャレオ、そして、本通りアーケードを、
  ひたすら歩いた・・・・・40分で5000歩なり。
  完全な歩きモードのウェアで歩いたけど、
  朝から、そんな人は、我々だけだった・・・・・!

お取り置き

IMG_5243_1










人間付き合いって、本当に難しいと思う。
これが上手にできる人って、一番うらやましい。
そうありたい、そうなりたいと思っても、なかなか・・・・・

本日(7月24日)の中国新聞朝刊15面、
「政治リーダー『品格』不可欠」という見出しの記事、
今の私の心に、ずん!と来る言葉があった。

「品格には『世界観』と『誠実さ』が不可欠。
 『遠くを見る目』と『他者への繊細さ』と言い換えてもいい。」
                記事よりの抜粋

「遠くを見る目」と「他者への繊細さ」かぁ・・・・・と思った。

人間関係は難しい。
こちらの人に角が立たないように言えば、
あちらの人の話し、少々嘘をつくこともあり、
私自身の考えと違うことも言わないといけないことも。

で、あちらの人に角が立たないように言えば、
こちらの人の話し、少々嘘をつくこともあり、
そしてまた、私の思いとは違うことを言わないといけないことも。

いったんこじれた関係を修復するのは、非常に難しい。

めんどくさいことが嫌いな私は、
「ほっとけ〜」の一言で片づけてしまう。
これが、いいのか、わるいのか・・・・・?
いやいや、いい、わるい、で、片づける問題でもないのかもしれない。

とにかく、人というものは、なんとややこしい世界に住んでいるのか。

いやいや、ちょっと見方を変えれば、
ある意味、なんと単純な世界に住んでいるのか。
「正直、まっすぐ言えば、角は立つ。」
「面倒なことに巻き込まれたくなければ、人と付き合わない。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

みんな、みんな、少しばかりの面倒さの中に生きている。

そんなとき、私の対処法!

上手に回避するには、今ある問題点から、ふっ〜と眼をそらすこと。
つまり、考えない! いったん、そこらに置いておく! 

「お取り置き」しておくの・・・とりあえず3日ほど。 

40歳を過ぎてから、このふっ〜と眼をそらす「お取り置き」、
これがだんだんと上手くできるようになってきたかもしれない。

何か、
問題があるとき、
  いやだな〜と思ったとき、
    心が痛いとき、
      めんどくさいな〜って、
                  思ったとき、

そんなとき、大きく息を吸って、楽しいことを考えてみる。
泣きながらでも、楽しいことを考えてみる。
とことん、考えてみる。

すると、何かが見つかるかもしれない。
見つからなくったって、楽しいことを考えるのは、
誰にも迷惑をかけないし、おまけに、使いたい放題のタダ!

何か、何か、何か、
一人でぐずぐず思い悩む前に、(考えても解決方法ないよ〜!)
人に愚痴を言いたくなる前に、(ぐずぐずを聞く人のことも考えよ〜!)
そして、
すべてを「お取り置き」しておいてもらって、
ちょっとだけ、自分で楽しいことを考えてみよう!

これだけで、ずっと世界が開けてくるような気がする。
気がしなくても、思えなくても・・・

そして、

おりこうさんの自分をうんと褒めてあげる。自分ってえらいって。

今日の新聞の記事は、全く違うことを書いていた内容だけど、
この品格から来る言葉を見て、ちょっとちょっと思ったこと、
それを、だらだらと書いてみた。

↑アジサイの色、この微妙な色、見ていて飽きない。
 雨がまた降ってきた。
 アジサイの花を、雨粒が当たりそうなベランダの場所へと移動。
 雨粒をじっと見る。
 いやなことは考えない! 絶対に泣くもんか! 絶対に負けるもんか!
 ただ、ただ、雨粒を見て、楽しいこと考える。
 って、さ〜、もしかして、もう給料振り込まれているっ! うれし〜!








この夏の気分

IMG_5240_1










パン作り、気温が暑くなると、結構簡単にできる。
これ以上暑くなると、また難しくなるのかな?

プチパン、ベーグル、イングリッシュマッフィン、
今のところ、焼くのはこの三つだけど、
中に、くるみを入れたり、干しイチジクを入れたり、
変化を付けてパン作りを楽しんでいる。

3〜4月ほど前、とあるピザ屋さんへと行った。
昔、かなり昔、ここで食べたピザがおいしかった記憶があるため。

でも、今回は、ちょっと当てが外れて、がっかり・・・
サラダもイマイチだし、
オットと二人、サラダとピザ1枚とサイドディッシュで、
5000円からおつりというのも、ちょっと高い!?
(ランチだったから、お水だけ、アルコール類はなしでのお値段)

ならば、作ろうではないか・・・・・!

作ってみたら、パン作りよりもうんと気持ちが楽。
あれれ、ピザってこんなに簡単に作れたんだっけ!?
そこいらにあるものを入れて、ただ焼くだけ。

今日のお昼も人が来たので、ピザを焼いた。

キノコ・玉ねぎ・トマト・ピーマン、それにチーズだけ。
後から気がついたのは、
ソーセージを入れるの忘れた。
育てているバジルを入れるのも忘れた。

ついでに、

写真を撮るのも忘れた。。。

おいしかったことだけは、確か。

こんなに簡単に、おいしく、そして、安く、安全にできるのに、
どうして、今までピザを焼かなかったんだろう・・・・・?
それが不思議。

この夏の気分は、ピザかもしれない。

日食とドイルと当り!

IMG_5232_1










今日は、日食! 

日食って書くと、食いしん坊の私には、「日本食堂」のことに思える。
まあ、それはしょうがないにしても、
日食で次に連想するのは、コナン・ドイルの「失われた世界」

小学生のころ、胸をドキドキしながら読んだ記憶がある。
南米ギアナ高地が舞台だとされているが、
ここに恐竜が生息しているという設定。
それをイギリスの科学者たちが確かめるため、冒険に出かける。

この話の中で、現地人につかまって、危機一髪!って時、
日食が起こる、というストーリ。

子供心に、そんなに都合よく日食って起きるの〜?って思った。
確か、それで日食の起こる確率を、図書館の人と調べた記憶が、
なんとな〜ぁく、思い出される。

「失われた世界」「地底探検」「海底2万マイル」
これは、私が選ぶ冒険小説ベスト3!
小学生中学年〜高学年のお子様には、ぜひぜひお勧め。
夏休み、読まれてみては?
大人でも、十分楽しめる内容であること、間違いなし。

↑写真じゃ、全然わかんないけど、家からも部分日食が観測できた。
 って、家で、パンを焼いていたら、オットから電話。
 この忙しいときに誰から〜?って思ったら、
 「日食見えるよ〜。今見えるよ〜。」だってさ!

IMG_5235_1










パンを焼きつつ、日食も観測しつつ、
広島で一番見所の時間11時、その時、ピンポ〜ン!

今頃、誰だっ!

来たのは、黒ネコのお兄さん。
荷物は、なんとなんと、今年の春に出かけた鳥取から。
なんでも、現地で書いたアンケートに当選したみたい。

板わかめ、梨ゼリー、ラッキョウの詰め合わせ。
あらら、すっかり忘れていた・・・・・

黒ネコのお兄さんにも、日食が見えるけんねっ、ちゃんと見るんよ!
って、しっかりと伝えた。

梅雨はぐずぐずだし、気分もぐずぐずだし、
でも、
部分日食でも見えたし、鳥取にも当選したし、
テレビでちゃんと皆既日食も見たし、
パンもおいしく焼けたし、思わず1個食べたのは、まあ、許すとして、
もしかしたら、
今日は、うんといい日かもしれないっ! ラッキー!!!

きゅうり・きゅうり・きゅうり

IMG_5230_1










土曜日、田舎の畑できゅうり取り。
いっぱい、いっぱい、いっぱいなってる〜。
みぃ〜ちゃんもお手伝いで、箱にどんどん入れて収穫!

帰ってみて、びっくり! 全部いただいてきたようです・・・恐縮…!

全部で軽〜く20本以上はあるかなぁ〜。30本あったかも・・・
全部、食べる予定です!

↑「きゅうりの中華風」
大きめのきゅうり、半分に割り、種を出す。
1センチぐらいに切って塩をする。水が出てくる。
水を絞って、醤油・酢・てんさい糖ちょっぴり・ごま油で合える。

冷蔵庫で冷たくし、サラダ感覚で、バリバリ食べる。
大きめに切る方が、歯ごたえがいい。

IMG_5224_1










↑「きゅうりのピクルス」
半分に割り種を出し、立て長にきゅうりを切る。
沸騰したお湯に3秒付けて、ざるに上げる。
水・てんさい糖・塩・ローリエ・粒コショウを煮たて、
砂糖が溶けたら火を止める。酢を加え、冷めるまで待つ。
冷めたきゅうり、付け汁をジャム瓶に入れ冷蔵庫へと。

半日から食べられる。
このままバリバリ食べてもいいし、
ポテトサラダとかに入れてもいいし(付け汁も混ぜるといい)、
サンドイッチにしてもベリーグー!

IMG_5212_1











↑「きゅうりのキューちゃん風漬物」
きゅうりを1センチぐらいに輪切り。
きゅうりの重さの10%ぐらいの塩をまぶす。
重石をして一晩置く。きゅうりのカサの3〜4倍の水が出る。
大きめのボールにきゅうりを入れ、水を入れて塩出しをする。
3〜4時間の間、水を3回ほど換える。
醤油・みりん・酢(同じぐらいの割合)で煮たて、
水をしっかり絞ったきゅうりを入れる。
5〜10分強火で煮る。冷めたら瓶に入れ冷蔵庫で保存。
(お好みにより、砂糖を入れてもいい。
 しその実とか入れたら、もっとおいしくなりそう・・・)

これって、安全な漬物だよね〜。
市販のこの手の漬物って、裏を見るといろんなものが入っている。
その点、この自家製キューちゃんは、安心して食べられる。

我が家、お弁当の横にちょこっと入れる予定。
それから、これを使って、夏のさっぱりちらし寿司もいいかも。

IMG_5209_1










↑「きゅうりのスープ煮」
大きめのきゅうりの皮をピーラーでむき、半分に割って種を出す。
2〜3センチにザクザク切って、沸騰したお湯で20秒ぐらい茹でる。
鍋に、干しシイタケの戻し汁・水・豚コマ(豚ミンチでもOK)を入れ、
煮立ったらアクをとる。
下ゆでしたきゅうり・干しシイタケ・スープの素(コンソメ顆粒)をいれ、
ぐつぐつと煮る。
きゅうりが軟くなったら、最後に片栗粉でとろみをつけ、
火を止めてから、ゴマ油をたらりと垂らす。

これ、オットが何だかわからなかった!きゅうり料理。
冬瓜よりもこちらの方が、とろりとできるから、
子供たちには食べやすいかもしれない。
パリパリのきゅうりが、なぜこんなにとろとろになるのか不思議だけど、
食感が変わっておもしろい〜一品。

大きなきゅうりが手に入ったときに、ぜひやっていただきたい。

IMG_5221_1










↑「きゅうりの干物」
干物だから、焼いてあぶって食べる!?
違う違う、違うよ〜。
これは、ぬか漬け用に陽に干したもの。
ぬか漬けにするとき、水分の多い大きめのきゅうりは、
干したほうが、味がギュッと詰まって、うんとおいしい味になる。


きゅうり・きゅうり・きゅうり・・・・・・・

いっぱいのきゅうりを堪能しています。
まだ残っているけど、
半分以上はキューちゃん漬物を作り、ピクルスももうすこし作り、
そして、
大きな立派なきゅうりは、煮物を作るために残している。
次は、鶏ささみと海老を入れた煮物にするつもり。

梅雨がどうなるのかな〜。
うんと暑い夏になったら、きゅうりがもっともっと出てくるはず。
そんなとき、以上のどれか、ぜひぜひお試しを〜。

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ