*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2010年01月

雨の日の日曜日

IMG_7178_1










日曜日の朝、ちょっと寝坊、といっても朝7時過ぎ・・・
雨なのでウォーキングはお休み。
なんとなく、朝はそのままずるずるずる・・・

お昼ごろ、買い物に行く。
ビールなど、重いものをオットとともに購入。
昼から、またずるずるずる・・・

そのうち、寝てしまった・・・気がついたら、薄暗い・・・
オット、私が寝ているうちに、会社に仕事に行ってるよ!

ああ〜ああ〜、一日、だらだらしたな〜・・・

オットが帰って来て、雨がやんだからウォーキンへ行こうと言う。
確かに、私の万歩計、152歩だもんねぇ・・・

よしっ!と気合を入れて、お家スタイルのままでウォーキングへと。
てくてく、てくてく、てくてく、と広島の中心街へと。
時間は午後6時過ぎ。

ウォーキングの時は、必ず水を持って行く。水分補給のため。
そごう近くで水分補給。

でもさ〜、この時間だと、ビールがいいよね・・・ビールだよ・・・

それでも、てくてく、てくてく歩く。
東急ハンズの付近で、やっぱ、ビール、ビールだよって思った。

行った先は、モーリーマローンズ
アイリッシュパブ。アイルランド風居酒屋のこと。

ここのビール、噂によると、アイルランドから空輸しているらしい。
本当かな・・・・・
真偽のほどは???だけど、ビールがうまいことは確か。

キルケニーという、私の一押しのビールを1パイントずつ頼む。
ビールだけで帰るつもりだから、座ったのはカウンター。

オット、つまみが欲しいって言う。
イカのリングフライを注文。

ビール、足りないよ・・・

って、二杯目をそれぞれ注文。

ジェームソンチキンもついでにオーダー。
来たお皿を見て、オット、絶句状態!
「これって、一人前!?」 うん、うん、一人前だよ・・・

オットと二人でシェアしながら食べる。
ビール、もう一杯欲しいね・・・

全部で、ビールのパイント5杯とお料理二つ、
これで、我々はお腹いっぱい、幸せ気分。

てくてく、てくてく、てくてく、途中まで歩き、
その後は、バスが来たから、それに乗って帰った。

万歩計、6000歩を超えていて、やれやれ・・・

たまには、いいな〜、アイリッシュパブ。
ただし、金土の夜は、めちゃくちゃ状態になるから、
お勧めしない。
日曜日の夜って、案外、静かでいいのかもしれない。

来週も行きたいな・・・ 誰か行く!?

カラー&カラー

IMG_7159_1










紫キャベツの酢漬け、赤かぶの皮の酢漬け、かぼちゃ煮、
寒い冬、こんな色の濃い野菜を食べると、
うんと元気ができそうな気がする。

紫キャベツ、赤かぶの皮、ただ切って、酢につけただけ。
その酢は、お好み焼のソースで有名なおたふくの、
「なま酢の酢」という、なま酢用に調合された酢を使う。
これだけだとちょっと甘すぎるので、
なま酢の酢と千鳥酢を、2:1ぐらいで混ぜて使う。

色ものの野菜、酢につけて3時間ぐらいすると、
すごくきれいな色が出てきて、身体にいいような気がする。

IMG_7154_1










この季節、我が家のニンジン消費量はかなり多いかも。
ニンジンもあの色が元気になりそうだから好き。
ニンジンとごぼうのきんぴら。
今日は、ニンジンのほうが多めの、カラフルきんぴら。

さて、
昨日、「ファッションが教えてくれること」という映画を観に行った。

「プラダを着た悪魔」のモデルにもなったという、
アメリカ版ボーグの編集長アナ・ウィンター、
彼女をを追いかけたドキュメンタリー映画。

ドキュメンタリーにしては、
現場の厳しさが一元的にしか描かれてないような気がしたし、
アナの都合のいい場面だけ描かれていたような気もするが、
それでも、インパクトのある映画だったことは確か。

とにかく、アナがめちゃくちゃかっこいい〜!
年齢60歳ぐらいだと推測するが、憧れちゃうぐらいかっこいい。

顔のシミ・しわはしょうがないにしても、スタイルはいいし、
身のこなしも、背筋が伸びていて素晴らしい。

アナが着ていた、えりなし袖なしのワンピースが素敵だった。
今年の夏は、あんなワンピースに挑戦してみたい、
そんな風に思えるような素敵なファッション。
アナみたいなヒールは無理だけど、ワンピースは真似したい。
(リンクのワンピースは、映画では出てこないが、こんな感じのワンピ)

映画に出ていた、アナの片腕的存在のグレイス、
彼女、たぶん70歳ぐらいになるのかな???
モデル出身の彼女の美的センス、時代の先端を行っていてかっこいい。

さて、この映画の中で、アナが何回も言う言葉。
「もうブラックはいらない・・・ もっとカラーを」

黒を着たらセンスがいいなんていう時代は終わった・・・

確かに、ちょっと前までは、かっこいいイコール黒服!?
そんな感じもあったよね・・・
黒って色は便利のいい色だけど、
アナに言わせると、黒はもう流行遅れ!?となるのだろうか。

野菜もファッションも、カラーが好きになりそう・・・

里芋のコロッケ

IMG_7142_1










昨日は、友達が遊びに来た。
ランチに、都城で買ったさといも、これでコロッケを作った。

里芋を皮ごと蒸して、皮をむいてつぶして、
ごぼうと牛肉をお醤油とみりんで炒め煮したもの、
これを混ぜ入れて、コロッケとした。

3人で作ると、まあ、普段はめんどくさいな〜って思うコロッケも、
分業すると、それに、おしゃべりしながらだから楽しく作れる。
あっという間にコロッケの衣つけまでできた。

里芋の和風のコロッケだから、ソースも和風にした。
だしを切らしていたから、インチキして、そうめんつゆにお湯を足して、
シメジとシイタケの切ったのを入れて煮て、
最後に片栗粉を入れただけの、超簡単ソース。

超簡単だけど、ウスターソースやケチャップなんかよりも、
ずっと里芋のコロッケには合うと思う。

水菜には、ニンジンドレッシングをかけた。
山本ファミリー農園さんのニンジンは、
「ニンジンだぞ〜!」っていう匂いがするニンジン。
それに、塩と酢とグレープシードオイルを入れて、
フードプロセッサーで混ぜただけのドレッシング。

冷蔵庫で1週間ぐらい置いておくと、味がまろやかになる。
ニンジンの甘みが少なければ、少々砂糖を足してもいいし、
お好みでメープルシロップでもいい。
お家で簡単にできる、お気に入りのドレッシングのひとつ。

昨日は、とにかくよくしゃべった。
どうしてこんなに次から次へと話題があるのか分からないけど、
とにかく、しゃべる、しゃべる、しゃべるんだよね・・・

はぁ〜楽しかった〜・・・

一番と敗者と

IMG_7141_1










「アメリカンダンスアイドル」という番組、
これが好きで観ている。

全米各地から集まったダンスに自信のあるダンサーたちが、
まずは、全米各地でのオーディションを受ける。
いったいどれくらいの人がこのオーディションを受けるのだろうか?
とにかく、凄い人数であることは間違いない。

テレビでは、この各地のオーディションの様子から映し出す。
この程度の踊り、私だってできるでしょ!?
って言うようなトンチンかんなダンスをする人、
これは絶対に勝ち進むよねと思う人などなど、さまざま。

各地のオーディションでの優秀者がラスベガスに集い競い合う。
そのラスベガス、今回は200人ぐらいが行ったが、
その中から、男女10名ずつのトップ20を決める。

トップ20になると、ペアを組んでいろんなダンス課題をこなす。
ヒップホップのダンサーでも、課題がウィンナワルツになることもある。
ラテンダンスになることもあるし、コンテンポラリーのことだってある。

才能のあるダンサーと言うのは、どんな課題もこなす力がある。
その力がないダンサーは、当然ながら、次のステージとは進めない。

さて、アメリカでの放送とはタイムラグがあるのだが、
日本での放送、シーズン4は、この日曜日がファイナルだった。

最後一人勝ち残ったのは、ストリートダンサー出身のジョシュア。
身体能力、表現力、個性、素晴らしいの一言に尽きる。

全米での一番を決めるコンテストだから、
最後に勝ち残る人以外は、すべて敗者となる。
たった一人の勝ち組と、残りすべての負け組と言うことに・・・

今回、全米各地でのオーディションで印象に残った女性がいる。
彼女のダンス、まあ、はっきり言って、
まあ、かなり微妙なダンスで・・・

審査員が、あきれた顔をしていたんだけど、それを見て彼女、
「そんなに私のダンスってひどい!?」と笑顔で聞く。
審査員の答えは、ひどいよって言う正直な答え。

自分でひどいと思わない?っていうコメントに対して、
そこでの彼女の受け答えがよかった。

「もう少しましだと思っていたんだけど・・・
 わかったわ、私のダンスはプロとしては通用しないのね・・・
 それがわかっただけでもよかった。」

彼女、好感度抜群!!! いい人なんだな〜って!!!

もちろん、そのオーディションでは敗者となったわけだけど、
このダンスというステージの中での敗者であって、
人生の敗者になったわけではない。

英語で敗者のことを、loserと言うが、
直訳すれば、何かを失った人という意味だと思う。
この番組の場合、
ダンスを通して、優勝者への道を失ったということである。

多くのコンテスタントのうち、勝ち残るのはただひとり、
後は全部、loserとなる。
人生って、勝者と言うのは、ほんの一握りに人であって、
ほとんど全ての人は、敗者なんだな・・・・・って思った。

でも、敗者であったにしても、何かのジャンルに対してだけで、
すべての敗者になることなんてないと思う。

負けたって、負けたって、負けたって、いいじゃないかと思う。
何か一つぐらい、いいことがあると思う。
上手く言えないけど、人生の敗者なんていないと思う。

あまりテレビは見ないけど、この番組にはダンスだけの楽しさじゃなく、
人の人生を観ているようで、なかなか面白いのである。

なお、2月からは、「アメリカンアイドル」と言う、
歌の方の全米での一番を決める番組が始まる。
これもまた観なくっちゃ!

疲れもぶっ飛ぶ餃子

IMG_7130_1










九州、仕事旅行。
一日目 広島−山国(大分県)−熊本−人吉(熊本県)−熊本
二日目 熊本−人吉−湯前(熊本県)−都城(宮崎県)−小林(宮崎県)
三日目 小林−人吉−都城−広島

車でよく走った・・・

三日目、都城では、もう吐きそうなぐらい、疲れた・・・
オットは仕事で、私はそこいらで待つんだけど、
時間がたくさんあれば、あちこち行くけど、
2時間ぐらいは一番困る・・・

たとえば都城、3〜4時間あれば、
宮崎に行ったり、霧島神宮に行ったりする時間もある。
または、
スーパー銭湯なる所に行き、温泉に入り、
それから、休憩室で昼寝をしたりして時間を過ごす。

でも、2時間ぐらいだと、かなり微妙。
たいていは、あれば、道の駅とか産直市。
少し街中だと、地元のスーパーとか、本屋とか、
後は、ファーストフード店でコーヒーを飲んだりとか、
まあ、そんなところ。

今回、都城、最初の予定は1時間半だったんだけど、
オットからの電話で、予定変更、4時間になったと・・・・・・
それなら、霧島神宮に行けたんだけどなぁ・・・ブツブツ…文句…

電話をもらってからの時間だと霧島へは行けないし、
スーパー銭湯に行っても、昼寝する時間もないしなぁ・・・って、
ファーストフード店でコーヒーを飲む。

それでも時間があるから、車で街を走ると、
「百姓市」なるもの発見!

うぬうぬ・・・道の駅よりも、ずっとずっとおもしろい!!!
その建物、私だってこのくらい作れるじゃろう!って言うような、
鉄パイプを組み立てて、それにビニールシートを張ったような、
まあ、何とも愛らしい!?建物。こんなの好きだな〜♪
要は、建物の立派さじゃないんだよね。中身なんだよね。

売っているものも、地元の野菜、それから手作りの食品などなど。
手作りのお菓子など、おもしろいものがいっぱい。
蒸しパンのようなお菓子とかがあって、
とにかく、お母さんが家で作ってくれたようなものがいっぱい。

寒干しダイコンって、しわしわの大根が売っていて、
その食べ方を書いた紙もあったから、こちらは買った。130円だった。

レジに行くと、どこかのおじちゃんが生餃子を持っている。
えっ、そんなのどこにあったの?って聞くと、
あそこ、あそこ、って、そこいらのお客さんがみんなで教えてくれる。

冷蔵庫の中には、手作りの生餃子の他に、地鳥も。
1パック220円!?だって・・・地鳥が・・・
グラムじゃないよ、1パックの値段だよ!

地鳥のたたきは、1パック280円だって・・・安すぎる・・・
地鳥砂肝は1パック120円・・・もう、泣きたいよぅ・・・・・
都城に引っ越したい・・・

保冷バックを持っていなかったから、生餃子だけを買った。
これだと、中にショウガやニンニクが入っているはずだから、
広島までの6時間ぐらい、大丈夫かな〜って思って。

後で思ったのは、コンビニで氷を買えばよかったと・・・
地鳥砂肝120円は、夢に出てくるぐらい、欲しかった・・・

さてさて、↑写真は、カリッと焼けた餃子。
おいしかった〜。
何がポイントなのかわかんないけど、とにかくおいしかった。
30個ぐらい入って500円なのもうれしい。

都城に住んでいたら、一週間に一回はこの餃子でもいい。
地鳥のたたきも、二週間に一回ぐらい買っちゃうかな?
120円の砂肝をにんにくで炒めて食べて、
それから、220円の地鳥で里芋を炊いたら、おいしいだろうな・・・

そうそう、
ここいらの里芋、すごくおいしいの。
なんたって、火山灰の地質だから、土が違うの。
その里芋が、またまた、安いのなんのって・・・

お店のおばちゃんに、お願いだから、お願いだからって、頼んだ。
こんな時、私は、どうしてこんなにズーズーしくなれるのか・・・

「広島から、お金を送ります。里芋を送ってください。」って。

おばちゃん、いいよ〜、送ってあげるよ〜だって。
もう、アイラブ都城だわ〜。

オットに、1000円高速で都城に行きたい!って言ったら、
ヨッシャ行こう行こうって言うから、また、近いうちに行きたい。
次は、500円餃子と、220円地鳥と、120円砂肝、
それから、280円の地鳥のたたき、それにそれに、なんでもかんでも、
たんまり買い込むからね〜!!!

先ほどまで、吐きそうなぐらいに疲れていた私、
もう、これで元気がモリモリ出てきた。
その勢いに乗って、なんと福岡の古賀まで運転できた!

食べ物の力は、私を元気にさせてくれる!



九州行ったり来たり

IMG_7095_1










大分県中津市にある、青の洞門へ行った。

小学生のころの道徳の本で学んだ記憶がある。
今の青の洞門は、車が通れるように大きく広げてある。

IMG_7093_1












途中、禅海和尚が実際に掘った場所も残っている。
大変だっただろうに・・・

IMG_7105_1










時間があったので、案内板にあった羅漢寺へと行ってみた。
お寺は山の中腹にあり、リフトで登って行った。

青の洞門もそうだったが、一月の平日の朝なんて、
誰もいない・・・私ひとり・・・
青の洞門も洞窟だし、ここも山の中のお寺、
何かが出てきそうで、こわごわ歩く。

出迎えてくれたのは、ここのご住職さんで、ちょっと安心した。

まったくもって何も知らずに行ったのだが、
ここは耶馬渓観光のハイライト!らしい・・・
秋の紅葉の頃はきれいだろうな〜と思う。

今回の九州の旅、
いつものように、オットの仕事の運転手として行った。

福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島、と言っても、
ほとんどが県庁所在地とは程遠い、県境のところを行ったり来たり。

さてさて、ここで今回考えたこと。

県境あたり、県境をまたいで行政区分が違うためか、
その行政区分ごとに、道の駅だとか、産直市だとかができている。
しかし、県境は越えるけれども、道路は一本でつながっている。
だから、車で走るちょっとの間に3つも4つも産直市がある。

以前は、道の駅のような産直市は、あまりなかったけれども、
町おこし、村おこしなのか、とにかくたくさんできている。
町や村にひとつづつ!?ぐらいの割合でできているのか、
このように、県境をまたぐようなところには、あちこちにある。

時間もあるし、そういうところを見て歩くのが好きだから、
あちこち車を停めては見て回るのだが、
ここはおもしろいっ!と思えるようなところが少ない。

はっきり言って、ほとんどが同じような感じ・・・

地元の特産品コーナーがあって、
役所が作った同じような地元の観光パンフレットが置いてあって、
地元の採れたて野菜販売コーナーがあって、
食事処があって、山菜うどんとか、ヤマメ定食とかがあって、
その横では、ソフトクリームも売っている。

漬けものとか、せんべいとか、試食用も置いてあって、
「ご自由にどうぞ」なんて書いてある、お茶があるところもある。

地元の観光アピール前線基地なんだろうけど、
いろいろ聞いてみると、案外と知らなかったりして・・・

とにかく、建物だけはご立派!

トイレも立派なウォシュレット付きで、
トイレットペーパーもちゃんとあって、ありがたいんだけど、
なぜか、100均のプレスチックの花が飾ってあったりして・・・
角にはクモの巣が見えたりして・・・

道の駅や産直所以外にも、町や村の立派な建物が多くある・・・
けれども、車を停めて中に入ろうとすると、
開いてなかったりするところ、多い・・・

建物を建てること、お金もかかるし、行政の支援がないと難しいと思う。
それから後、そこをどのように活用するのか、
これは、行政と地元の住民との知恵の出し合いなんだろうな。

このあたりが、今後の道の駅や産直市の生き残りのポイントになる、
そんな思いを持ちながら、九州の田舎をあちこちした。

IMG_7100_1










羅漢寺のリフトです〜! リフト大好き!
私だけだったけど、ちゃんと動かしてくれました。

化粧品考

IMG_7084_1










テレビを買い替えたことは、以前ブログにも書いた。
あの頃、妙に違和感を感じたテレビも、
すっかり慣れ親しみつつある・・・

テレビの画面が大きくなってわかったこと!

しわしわじゃん・・・・・
シミもいっぱい・・・・・

きれいといわれる女優さんとかが、テレビでアップになると、
思わずそばに行ってじっくり見る。

肌のきれいなので有名な!? あの人もこの人も、
そばで見ると、う〜ん、微妙ですなぁ・・・・・・・

もちろん、そこいらの人よりもずっときれいです。
でも、ミラクルみたいなことはないです・・・
歳をとれば、しわもあるし、シミもあるし、
まあ、ええじゃないんでしょうか。

さてさて、
最近、立て続けに、どこの化粧品を使っているか聞かれた。

自然素材のせっけんで顔を洗って、
無印良品の化粧水・敏感肌用 400ml980円を付けて、
夜はそのまま寝る。

朝は、顔を洗って化粧水を付けて、いちおう下地を塗る。
パックスナチュロンUVクリーム 800円を薄く塗る。
その上から、気が向けば、パウダリーファンデーションをはたく。

口紅はほとんどつけない。
たいていは、メンソレータムのリップクリームのみ。

時々、Yoccoちゃんが口紅をくれるから、
ここ20年ぐらい、自分で口紅も買わない。

目のまわりのメイクアップ化粧品とか、頬紅は持ってない。

ナチュラルメイクだとか、なんとかだとか、そんなんじゃなくて、
とにかく、
他は強いが、肌はめっぽう弱いので、何もつけられないだけ。

ちょっとよそいきの時は、本当に困る。
顔だけ、スッピンに近いから・・・
でも、しょうがないから、それでよしとしている。

うんとメイクしてみたい気もするけど、
肌が負けるのも嫌だし、
それに、似合わない気もする・・・
だから、メークはたぶんしないままだと思う。

ただ、最近思うのは、
せめて、美肌クリームとか、アンチエイジングクリームとか、
あんなのは買って塗った方がいいのかな?なんても思う。

みんなどうしているのかな???

かっこいい大人

IMG_7079_1










いちごだよ。

春だな〜って、まだ1月も半ばなんだけど・・・

ボランティアカフェの帰り、てくてく歩いていると、
野菜屋さんで見つけたいちご、1パック198円の小粒いちご。
さっそく、ゆる〜いジャムを作った。

朝からヨーグルトを食べるのが好き。
その時、何をトッピングするかは、オットの仕事。

毎日、バナナだとか、りんごだとか、ブルーベリーだとかの果物、
そして、いちごのジャム、イチジクや桃のコンポートなど、
その時の気分で、いろいろトッピングを考えるのは、オットの仕事。

ヨーグルトを入れてもさまになる器、いくつか種類がある。
そのどれを選ぶか、それから、スプーンをどれにするか、
これも、オットの仕事。

器、トッピング、スプーンのチョイスが悪いと、
このうるさい私から、すぐにチェックが入る・・・(笑)
だから、
毎朝オットは真剣なのである!

これは、オットのおしゃれ修行のひとつ、のつもり・・・


昨日、オットがいなかったから、ひとりで街へと行った。
久しぶりに、お気に入りのお店に行ってみた。
本通りっていう広島のアーケード街の裏にある、
通称「裏袋」っていう通り。

お兄さんとも久しぶり。
春ものもぼちぼち入ってきている。

「今年はね、マリンを着たいんだけど、いいのない?」
って言うと、

「マリンね・・・ 流行るよ、でも難しいよね・・・・・」と微妙。

お兄さんと私の話し合いの結果、
大人のマリンは、かなりレベルの高いおしゃれになると言うことに。

50歳を超えると、
ラルフ・ローレンのようなマリンはもう肩が凝る・・・
だからと言って、若者のマリンを着れば、みすぼらしくなる・・・

大人のマリン・・・難しい。

お兄さんには、大人のマリンの服と、
それから、
大人の半分遊びのクールなジャケットをお願いした。

「がんばって、見つけてきますっ!」との返事をもらった。

ここのお兄さん、歳は30代半ばなんだけど、
なぜか、好きなものがぴったりカンカン同じ!

ショップで、これいいね〜って言うと、
「それ、僕私物で持っています・・・」

ただ、私のいいと思うのは、ほとんどメンズの服。
若いころはメンズの服が好きだったけど、
この歳になると、メンズの服が、しっくりこなくなる・・・

ヘタすると、息子のお下がりを着ているみたいになる・・・

日曜日の昼下がり、ほかにお客さんも来ずに、
お兄さんとファッション談義で、大いに盛り上がった。

かっこいい大人を作ってほしいって言うと、
大人は服を買わない・・・という悲しいお返事。

大儲けしている例の洋服屋さんや、ショッピングモールの服、
あの辺りの服で満足している・・・のが大人、らしい・・・

なんともさみしい話し。

大人になると服の数はそんなにいらなくなる。
好きなものも決まってくるから、買い間違いも少ないし。

だから、
3着買うところを1着買う。
5着買うところを1着買う。

そして、大事に長く着る。
そうすれば、少しはかっこいい大人になれる、だろう・・・・・

って言うのが、お兄さんと私の出した結論。

町おこし、町おこしなんて言うけど、
どこも同じようなモノばかりに着目せずに、
かっこいい大人の街、なんてどうかな・・・・・・?

かっこいい大人って、町おこしになると、マジで思うんだけど。

ルーシーだって!?

IMG_7073_1










昨日は、私にとって、1億円が当たったぐらいラッキーな一日だった。

朝から、県北に向かって運転。
我が家の周りは雪が全くないのに、少し運転すると、雪、雪、雪。
雪道初心者だから、速度規制50キロの速度規制の中、
ゆっくりと走行車線を80キロで運転する・・・ 

そして着いたところは、薪ストーブのある素敵なところ。
生まれて初めて、雪かきをした。

ここの住人さん、お会いするのは2回目。
・・・実は、初めてお会いした時に強引にお宅訪問の約束を取り付けた!

なんだか、ずっと前から知っているような気がする。
変な表現かもしれないけど、
同じ「におい」のする人。好きなものが一緒なの・・・うれしい〜

さてさて、そこで何をしたかは、またゆっくりとブログに書くからね。
ひとつだけ言えることは、
人生でもう一つ、新たな楽しみを見つけた!ということ。

そこに一緒に遊びに行った、お目めくるんくるんの人が、
「ねえねえ、ルーシー・リーって知っている?」って聞いた。

「知らない・・・」とわたし。ただ今取り込み中・・・だった。

「ルーシー・リーについて説明してもいい?」
って、とっても込み入ったことをしている私に話しかけるから、

「だめ、だめ、今はだめ。後から・・・」

「うん、じゃあ、待つね」
もう、ルーシー・リーについて話したいオーラがそこいらに漂う。
子供が、昨日買ってもらったおもちゃの話しをしたいときみたいに!

無事、私の込み入ったことも終了して、話を聞いた。

うわあ〜、素敵、素敵、大好きい〜っ!
ルーシー・リー、こんな人がいたんだ。

私って何も知らなかった。無知だな・・・
だけど、
こうやって、教えてくれる人がいるなんて、
私は、なんて幸せなんだろう〜

さてさて、素敵な県北の雪の中の一日は終わった。

素敵な余韻を残して・・・

次の日、つまり、今朝新聞を広げて、おったまげた!!!

「ルーシー・リー展」   だってぇ・・・・・・・・・!!!


び、び、びっくり。あまりにものタイミングに、
きっと、神様が私に何かを啓示しておられるに違いない。
きっと、私の今からの方向性をお示しになっているに違いない。

大げさだけど、そう思わずにはいられないような気分のタイミング。

萩だってよ〜! 行くよ〜! お弁当持って行くよ〜!
いやいや、萩にはめちゃうまいそば屋があるよ。
あそこでそばも食べるよ〜。

昨日の一日は、やっぱり1億円より価値があったかもねっ!

☆この展覧会を記念して、陶芸コンテストもある。
 お目めくるんくるんのお隣さん、彼女も応募したらいいのに・・・
 ルーシー・リー制作のボタンセットが最優秀賞の賞品だって。

「おいしいテーブル」1月

IMG_7061_1










今月の「おいしいテーブル」は、温か「ビーフシチュー」
ビーフシチューっていっても、高いお肉じゃなくて、
牛のすね肉、すじ肉って部位の安いお肉。
これまた、お安い赤ワインとコトコト煮込めば、
とろとろにやわらかくおいしくできる。

付け合わせは、新じゃがの粉ふきいもとバターライス。
それから、サワークリームを添えて、ちょっとレストラン気分。

IMG_7053_1










前菜は、「さっぱりサーモンロール」
今の季節、甘みを増しておいしいカブを薄切りにして、
それでスモークサーモンと大葉を巻いただけの、簡単メニュー。

くるくる巻くから、フィンガーフードとしてもいい。
食べるときにレモンを添えると、さっぱりとおいしい。

IMG_7050_1










ちょっとつまむのには、「酒飲みのクラッカー」
これは、酒粕を使った簡単クラッカー。
クレージソルトを入れて味付け。

このまま酒のつまみにしてもいいし、おやつで食べてもいいし。
今回は、サワークリームとマーマレードをのっけて食べた。
この組み合わせは大好きな組み合わせ。
紅茶と一緒でもいいし、ワインにも合う。

そして、「白菜のコールスロー」
これは、今の時期、生でもおいしい白菜を使ったサラダ感覚の和えもの。
簡単にできるから、それに白菜をいっぱい食べられるから、
それに、白菜を刻むだけでいいから、作るの楽チン!

IMG_7067_1










デザートは、「りんごのすりおろしゼリー」
りんごをすって作ったゼリー。
簡単だけどさっぱり味が好き。

さてさて、今朝はこの冬一番ぐらいの冷え込みにより、
広島も郊外では雪がいっぱい積もったらしい。
それでも、みなさん、元気にやって来ました。

だいぶ、手順も慣れてきて、今日は12時過ぎにはすべて完成。
ゆっくりとコーヒーを入れて飲んで、おしゃべりする時間も取れました。
やれやれ・・・・・でした。

酒飲みのクラッカーとマリボ

IMG_7044_1










デンマークのチーズ、マリボが好き。
何が好きって? 値段が一番好き。 リーズナブルだと思う。

そして、リーズナブルの割には、酸味のするしっかりした味なのも好き。

薄っく切って、そのまま食べるもよし、
ちょっと黒いパンにはさんでサンドイッチで食べてもよし、
薄いパンにはさんでフライパンで焼いてホットサンドにしてもよし、
ピザやグラタンの上に乗せてとろとろで食べてもよし。

ちなみに、よく似たチーズにサムソもあるけど、
何が違いなのか、よくわからない・・・

私が一番よく食べる方法としては、
クラッカーと一緒に食べる。もちろん、ワインも一緒に。

そのクラッカー、買ったら結構高いんだよね・・・
ということに最近気がついた。遅いかな・・・
今年は、自宅でできるものは作るつもりの年だから、
さっそくクラッカーも作った。

昔むかし、そのむかし、作ったことがあるクラッカー。
記憶を頼りに作ってみた。

オットが、こりゃうまい、うまい、うまいって、
食い付きがすごくよかった!

作れば、安くできるんだよね・・・
それに、おいしくできるしね・・・

次は、全粒粉クラッカーとかも作ってみようかな?


行きたいところ

IMG_7033_1










「バウハウス・テイスト−バウハウス・キッチン展」
 Bauhaus Taste− Bauhaus Kitchen

東京汐留ミュージアムにて、9月18日始まる。

行きたいなぁ〜・・・ バウハウスだもの・・・

って、詳しくは知らないんだけど、実は・・・バウハウスについては。
でも、行きたいなぁ・・・

バウハウスについては、それまでに勉強すればいいとして、
行くための予算を組まなければならない・・・
一泊二日、29800円なりのパックツアーもあるし、
それで行っちゃうかな・・・

でも、東京に行くと、ほかにいろいろお金がかかっちゃう・・・
うんとうんと貧乏旅行で行くつもりでも、
欲しいものは次から次に見つかっちゃうし・・・
食べたい物は次から次に出てきちゃうし・・・

東京に住んでいたら楽しいだろうな〜って思う反面、
東京に住んでいたらいくらお金があっても足らないだろうな〜って思う。

その点、広島はそこまで行きたいところもないし、
そこまで買いたいものもないし、
そこまで食べたいレストランもないし、
まあ、ありがたいっちゃ、ありがたい!?

そうそう、現代美術館に行ってみたいな〜。
これは、すぐにでも行けそうだから、やっぱり行ってみようっと。


連休に食べたもの

IMG_7039_1










食べること好きな人が集まっての会「おいしいテーブル」、
今月はビーフシチューを作る予定。

だいたい、いつもいい加減に作っているので、
レシピ起こしはちょっと手間取る・・・
分量がわかんないからね・・・ いつも適当だからね・・・
ただ、いつも適当だけど、結構評判のビーフシチューなのは確か!

そのビーフシチューを試作した。
でも、お肉の量とか、ワインの質とかによって違うから、
やっぱり、「現場主義」で味付けはしてもらわないと、
大さじ何杯とか、書けないよね・・・と言い分け・・・なんだけどね。

IMG_7027_1










今朝、起きたら、オットがなぜかお粥を炊いていた。
って、炊飯器にセットしたら、簡単にお粥はできるんだけどね。

冷凍庫にあった里芋と小松菜でお味噌汁を作って、
年末にいただいた白菜でつけたお漬物、目刺し、
それに目玉焼き。

目玉焼きはゆるゆるに作って、お粥の上にのっけて、
お醤油をたらり。
つぶして食べるのが好き。

世界のお弁当っていう本を図書館から借りてきて、
それに、ナシゴレンの上にのっかっていた、とろり卵がおいしそうで、
それを、ジャパニーズ風にアレンジしたつもりの朝ごはん。

こういう朝ごはん、なんだか落ち着く。

IMG_7008_1










おととい、なぜか、甘いふわふわしたものが食べたくて、
でも、我が家にはそんなもの何にもなくて、
近所のケーキ屋さんに行くのもめんどくさくて、
冷蔵庫に、卵が1個しかなくて、
う〜ん、って考えて、蒸しパンを作った。

作ってみてびっくり、お砂糖の量半端じゃない・・・
60グラムのところを45グラムにしたら、
甘さがすっごく遠い〜っ!

オットが、私らしい蒸しパンだと言うから、
砂糖がめちゃくちゃ高いからね・・・って答えておいた。

夕方、何だか小腹が減ったけど、食べるものなし。
ケーキ屋に行く元気もなし。
冷蔵庫の中に酒粕あり。
これで、酒飲みのクラッカーを作った。
久しぶりに作ったけどいい感じ。

クリームチーズとマーマレードをつければ、紅茶とおやつに。
チーズだけだと、ワインに合う、酒飲みのクラッカー。
冬の間だけ、楽しむクラッカーなり。


もらってうれしいもの・モノ編

IMG_7000_1










もらってうれしいもの、やっぱり食べ物!
食材だと、どうやって食べるか考える時間もすごく楽しく、
それも含めてありがたいいただきものだと思っている。

さてさて、モノでも同じかも。

↑このハンコ、いいでしょ!
どこにぺたぺたするか、今いろいろ考え中。

IMG_7004_1










無印ではこんな文庫サイズノートが売ってある。
何にもない表紙がいいよね。
これに、このnanaハンコ、よくないっ!?
いいよね、いいよね、絶対にいいよね。
今、何色のハンコにするか、迷い中。

そうそう、この何にするか、考えるところが楽しい。
もらってうれしい、考えてうれしい。
考えを実行してものになってうれしい。
うれしいの三本立てだよね。

手作りするのが好きだからって、
布や毛糸、はたまた羊毛、皮、レースなどいろいろいただく。
どうやって使うのか考えるのが楽しい。

しかしながら、モノってその人をよく知ってないと贈るのが難しい。
このハンコの方からのいただきもの、
趣味が似ているためか、いつもうれしい〜ものばかり。

IMG_7005_1










ステーショナリーが好き。
それを知っている人は、こんなものをくれる。
遊び心があるこんなモノ、大好き。
ずっと使えるのもうれしい。

人にプレゼントをする時、
ほとんどの場合、私は食べ物にするかな???
なくなるものの方がいいかなって思って。

でも、これはあの人よね!って思うモノをプレゼントすることもある。
でもでも、もらった人は、これは自分じゃないって思うこともあるかも。
モノは難しい。

しかし、モノをプレゼントするのは楽しい。モノをいただくのも楽しい。

意外なモノのプレゼントの場合、
どうしてその人がそれを選んだのか、
ちょっとその人の気持ちになってみる。

派手なマフラーだったら、
「きっと、普段暗い色ばかり着る私、たまには明るい色で、
 元気だしなよ〜って、落ち込んでいる私に、
 エールを送ってくれてるのかも」
なんて思う。違うかもしれないけど・・・

マフラーと言えば思い出した。
イギリスに行くと必ず行くところ、それがノッティングヒル。
そこにあるカシミアのお店、フレンドリーで大好きなお店。

スコットランド製のマフラーをいつも5,6枚ぐらい買う。
チェックや無地や、派手なの地味なのいろいろ。
何かの時に、一枚ずつプレゼントする。

マフラーって冬にありがたいし、場所とらないから、
もらっても迷惑しないかな〜って勝手に思って。
それに、自分でいらなかったら、誰かにあげられるしねっ。

最後に、もうひとつだけ、この話し。

何かの記念にと、お高いワインをいただいた。
たぶん10000円超えのワイン。
ワインは好きだけど、高すぎるのは、正直ビビる。

奮発して、シャトーブリアンのいいのを買って来て、
素敵なステーキとお高いワインをいただいた。

・・・何か違う・・・ と思った・・・

このワインには、シャトーブリアンではなかった・・・
強い味のチーズ、または、ビーフシチューのようなものがよかった、
なぞなぞ思った・・・がすでに遅し・・・

お高いワインを贈るときには、どんなお料理とがいいのか、
そんな一言をカードに添えて贈るのがいいと、その時思った。

ただ、それ以後、
いまだに、人に10000円以上のワインを贈ったことはないけど・・・

もらってうれしいもの・食べもの編

IMG_6995_1










いただいてうれしいもの、ベスト3に絶対入るのが、
じゃがいも!

ベスト3は、じゃがいも・たまねぎ・海のもの

どれがベスト1とか、ベスト2とか言えないけど、
とにかく、めちゃくちゃうれしいのが以上の3つ。

じゃがいもや玉ねぎって、毎日のように使うし、
それに、和洋中エスニックにと大活躍の野菜だと思う。

もちろん、ホクホクのカボチャなんかもすごくうれしいし、
下仁田ネギを大量にいただいた時も、幸せだった。

新鮮な野菜もすごくうれしい。
その野菜に、山や野の花なんか添えてあると、
送る人の優しさが胸にじーんと響いて来て、
落ち込んでいる時なんて、涙しちゃう・・・

ニンニクも、どか〜んとうれしいな〜!

りんご一箱も、すごく幸せ気分になる。
ぱりぱりなうちに、ちょっとだけおすそ分けして、
後は、冷蔵庫に保存して大事にいただく。

海のものは、でびらカレイとかちりめんとか、涙が出そう、うれしくて。
釜揚げちりめんも感激したな〜。

新鮮な干物、これも宝物のように大事に大事にいただく。
イリコ、あごなどの出汁を取るものも、幸せいっぱいになる。

そうそう、上等の出し昆布も幸福度が高い一品。
白い粉がふいていたりすると、頬ずりしたくなっちゃう。

母が定期便で送ってくれる、
大分県の肉厚な干しシイタケ、これが少なくなると、
心が風邪をひきそうなぐらい、心細くなる。

そういえば、母の手作りの梅干しも、弁当の我が家にはありがたい。
梅の砂糖漬けや、金柑の煮たのは、オットの目じりが下がる。

この前、実家に行った時に、母に、
「ねえ、お母さまがあちらの世界に行ったら、
 干しシイタケとか梅干しとか、どうなるん・・・?」って聞いた。

干しシイタケは、買うところの住所を教えると言った。
梅干しは、何でも同級生の家の梅をもらって漬けているらしく、
その同級生に、我が家の住所を教えておくねと言う。

「同級生なら、どっちが先にあちらの世界への河を渡るかわからんね。」
と言ったら、まことにそうじゃねと言うことで、
梅干しの方は、ちょっと心配になってきた・・・

とにもかくにも、もらってうれしいもの書いたら、いっぱいあって、
自分でも呆れてしまった。

たぶん、今は思い出さないけど、
まだまだいっぱいあることは間違いなし。

明日は、もらってうれしいもの、モノ編!

食べたいものリスト

IMG_6993_1










5日の夜は新年会だった。
待ち合わせの場所は、新パルコ。
若い人との会だと、待ち合わせ場所まで違う・・・パルコだもの(笑)
ちょっと年齢的に上だと、必ず福屋デパートだものね(苦笑)

せっかく街まで行くんだからと、(とにかく出無精なんで・・・)
美容院の予約も入れて、髪も切りに行った。

ここで、髪とともに、昨年のいやなこともバッサリ切り落としてもらい、
落ちない部分!?は、カラーで覆い隠し、心機一転!
そして、若い美容師さんたちのエネルギーをいっぱい取り込んで、
いざパルコへと。

バーゲン初日はすごかったらしいパルコも、
5日の夕方になると、ガランガラン。
買いたいモノ、ひとつ見つかったんだけど、
試着するのがめんどくさくて、やめた・・・

それは、ブルーと白のストライプデニムのワーキングパンツ。
帰ってから、やっぱり買えばよかったと、やや後悔。
今から行っても、もう売れちゃってないかな・・・

そんなこんなで、何も買うものがなくて、
でも、待ち合わせの時間まで少しあったから、本屋さんへと。

パルコの本屋さんは、写真集とかいっぱいあるから大好き。
そこで、たまに買う「旬遊」を買った。
この雑誌は、広島の地元の情報が載った雑誌。
大人向けに作ってあって、粋な雑誌だと思っている。
「サライ」の広島版みたいな本かな?

今回の特集は、「編集部が見つけた 話題の新店」

うむうむ・・・おしゃれな店がいっぱいだ!

って、どれもこれも旨そう・・・・・・っ!!!

冒頭のすし屋、これは高そうだけど行ってみたいな・・・
オットに見せると、行こう行こうって言った。
ちょっとがんばらないと行けそうにないな・・・
でも、ご褒美に行っちゃうか!? (何のご褒美かわかんないけど)

オットの仕事、材木屋。
たまにレストラン・居酒屋を作る人が、
カウンターやテーブル、それに店の看板などを作るために、
木を買いに来てくださる。

今回、我が家から木を買っていただいたお店も載っている。
そこにも行ってみたいな〜。
なになに・・・ ディナーは10000円だって!?
と言うことは、お酒も含めると、うわぁ〜高いな・・・・・・・・

オットは、視察だから行ってみようって言う。
会社の経費で落ちない!? 
って、絶対に無理だな・・・ 
この不景気じゃね…経費は出ないよね。わかっているよ、オット。

しょうがないから、コツコツ貯めて、自腹で行かなくちゃね。

他にもおもしろそうなお店がいっぱいあって、
蕎麦屋とパン屋は必ず行ってみたいところ。
これは、今日にでも行けるお値段だから、安心して行ける。

それから、今回おもしろいな〜って思ったのは、
チーズを食べさせてくれるお店。
カウンター前のショーケースに、ずら〜っとチーズが並んでいる。
お寿司みたいに、あれっ、これっ、って注文するのかな?

チーズ好きにはたまんないお店だな〜。
ワインも一緒に飲んだら、極楽だよね。

この「旬遊」には、もう一つ、見逃せないコーナーがある。
「伝えて行きたい家庭料理」―折々の季に

奥出雲在住の中村成子さんのお料理コーナー。
地味なんだけど、すごく丁寧に作られているお料理がいっぱい。

今回一番心を奪われたのは、柚子みそ。
土鍋に柚子を入れて、8〜12時間炊いて、裏ごしして作る柚子みそ。
手間がかかる分、時間がいい味を醸し出すんだろうな〜って思う。

甘鯛の柚子蒸し、これは、いい甘鯛が見つかればできそう。
鯛でもできるだろうし、魚じゃなくても牡蠣なんかもおいしいかも。

ああ〜っ、日本酒だね・・・

今年、不況のせいか、ふぐも安い、らしい・・・
確かに、年末の高くなる前に(ここがポイント!)食べたふぐ、
びっくりするほど安かった。

比べるのも変な話だが、正月明けに買った、
しめ鯖用の鯖のほうが気分的に高かった。

でも、しめ鯖、やっぱり、旨かった。ユダレ・・・

お正月用に特別に頼んだ鯖は、やっぱり時期が悪かった。
値段の割には、鯖がいまいちだった。残念無念。
お正月を外すと、旨いものが安く手に入るんだよね。

今年もやっぱり、食べることには力が入るな〜。
健康でおいしく頂く、それが私のパワーの源かもしれない。

と言うことで、今年も一年、食べまくります!

春のハーブ計画

IMG_6984_1










年末にいただいた、スペアミント、元気がいい!

お正月に来られたお客さまに出したシフォンケーキ、
生クリームを添えて、このミントを飾った。

たまに水を替えていた。
今朝水を替えたら、根っこが出ていた。
鉢に植えたら、根付きそうな勢い。

ラムを焼いたときに添える、ミントソースが大好き。
スペアミントは使ったことがないけど、できるかな?
ちょっと楽しみ。

我が家のベランダ、ただ今、すごく寂しい状態。
環境が悪いのか、土が悪いのか、たぶん、手入れが悪い・・・
そのためか、植えるもの植えるもの、なかなかうまくいかない。
春になったら、ハーブを少し植えたいんだけど・・・

去年は、とにかく虫にやられた。
すぐに虫が付く。
マンションの12階なのに、どこから虫ってやってくるの???

殺虫剤をまくのが嫌だからまかない。
すると、すぐにひどい状態になる。
何がいけないのかもわからない。
情けない。

売っている野菜などを見るたびに思う。
どうしてこんなに上手にできるんだろう・・・って。
無農薬なんて書いてある野菜、大変なんだろうな、作るのって。

たかがベランダのハーブにだって、あたふたしている私。
野菜なんて作れそうにない。

野菜、お料理して食べるのは得意(好き!?)なんだけどな・・・・・

今年の目標

IMG_6983_1










我が家、お正月は4日までだった。
といっても、そんなに特別なことはしないお正月だったけど・・・
今日からが、普通の生活のスタート。

さてさて、今年の目標をそろそろ考えないとね。

1・ウォーキング・フィットネスを続ける
1・ピアノを楽しむ
1・何か新しいことにトライする
1・海外に行く
1・少しは掃除をがんばる

運動は、今までのペースで続ける。とにかく「やめない」ことが目標。
くじけそうになることもあるけど、やめない。

ピアノは上手になろうとかそんなことを考えずに、
うんと簡単な楽譜でもいいから練習する。
なんて言いながら、ドビッシーの楽譜とか、ジャズの楽譜とか、
難度の高い楽譜、去年買っちゃったんだけどな・・・

何か新しいこと、これは、頭の中でもやもやしていること。
それを具現化するための一歩を踏み出すこと。
どこからどうやって手を付けていくのかは、リサーチしなくちゃね。

海外に行くのは、去年の目標の一つだったけど、去年は断念。
今年は、やっぱりどこかに行きたい。
オットはお手軽に、ハワイの田舎でボケーとしたいなんて言うけど・・・
私は、ドイツのアウトバーンを運転したい・・・

最後に、やっぱり掃除は嫌い。
年末、やっとのことで換気扇の掃除はしたけど、
後は、さぼった・・・
今年は、ほんの少しだけがんばる。ほんの少しね。

後、目標じゃないけど、バッグ作りも再開したい。
そのためのヒントや刺激となるような、
エキシビションや美術館巡りなど、今年は精力的に行きたい。

去年は、なぜっていうほど、ひきこもりの状態だったから。。。

最近、自分のことがほんの少し見えてきて、
それでもってわかったことがある。

私って一つのことにしか、集中できない! ってことが・・・

ひとつのことをすると、ほかのことがお留守になっちゃうの。
だから、バッグ作りの時はバッグを作るだけ。
運動するときは運動だけ。
お料理に熱中すれば、それだけ・・・

バランスよくできないんだよね・・・
これは、目標と言うよりも、努力、それとも訓練!?
それとも、どうしようもないのかな・・・



去年の反省

IMG_6956_1










新しい年になってしまったけど、去年の反省、まだしてない・・・

去年の元旦に立てた目標以下の三つ。

1・節約しつつ、節約したお金を有効に使う
1・運動を生活の中に取り込む(去年以上を目指す)
1・左手をしっかりと治す(完治するまで病院通いをやめない)

節約については、無駄なお金を使わなくなり「つつ」ある。
そして、節約したお金を有効に使うも、それなりにOKだった。
これは、後でもう一度振り返る。

運動については、ウォーキングはもう生活の一部に完全になっているし、
フィットネスクラブも、それなりにまじめに行っているし、
最近では自宅スクワットも、サボりながらも続けている。

左手の方は、完治するまで意地になり病院通いをした。
おかげで、今はもう大丈夫。

さて、去年我が家が買ったもの、結構いいお買い物だったと思う。
一番金目の高かったものは、なんたってテレビ。
その次は、アーコールの丸テーブル。
今ではすっかり我が家に馴染んでいる、かな?

ヘルシー路線では、クルーゼのスチーマー付き鍋セット。
それに万歩計。
この二つは、ヘルシー生活に大いに役に立っている。

ずっと欲しかった物も手入れた。
オーロラシューズ、それから、ヘレンカミンスキーの帽子。
この二つ、永遠の定番の理由が買って使ってみてわかった。
帽子は今年も欲しいな〜って思っている。

それから、日本の手仕事品も買った。
岩手のざる、竹で編んだおむすび入れ、杉の弁当箱、
曲げわっぱの弁当箱、それに小田鹿焼などの器。
手織りの大判ショールも買った。
日本製じゃないけど、アカシアのアンダープレートも買った。

そうそう、ノッティンさんところで買った、
ドイツ製のスケール、プジョーのコーヒーミル、
そして、電気スタンド、こんなのも買った・・・

洋服は、mont bellの極軽ダウンジャケット、
パルコで買ったパンツ3本、
ブラウス1枚、トレーナー地のジッパージャケット、
薄手のウールの羽織りもの。
Tシャツ2枚程度。年間を通じてこれぐらいかな?

靴は、ウォーキングシューズを一足、
クラークスのサンダルを一足。
バッグはカンペールのバッグをひとつ、ポーチひとつ。

私なりに厳選してのお買い物のつもり。
そのせいか、全部お気に入りだし、ずっと使えそう。

そういえば思い出したっ! ピアノを買ったんだ・・・
買って一ヶ月間はよく練習したけど、その後、蓋を閉めっぱなし・・・
今年は、ピアノ強化年にしなくちゃ。

今年の目標、実は、まだ考えてない。何にするかな・・・?




ぶらり9時間四国

IMG_6971_1










お正月二日目、朝からオットが起こしに来た。
「起きて、起きて、今から四国に行くよ。」だって。

え〜っ、そんな話聞いてないよ〜っ?

「ずっと四国に行きたいって言っていただろ。だから今から行くよ。」
はいはい、四国に行きたいって言っていたけど、
それは、高知の雑貨屋さんと、ひろめ市場に行きたいって話で、
市場は日曜日の朝市だから、お正月はないじゃろうに・・・

ベッドでぐずぐずしていると、オットが一人で用意をしている。
バスケットの中を見ると、
コーヒーとお茶、それに玄米むすび、バナナとみかんが入っている。

ほんまに行く気なんじゃね・・・

ぼけーっとした顔で起きて、昨日の残りのお雑煮を食べて、
コーヒーを飲んで、やっと目が覚める。

午前8時、我が家出発。
高速は結構空いていて、9時半ごろには、しまなみ海道真ん中あたり。
PAで地図をもらって眺めて、どこにいくかな・・・と考える。

高知に行っても市場はないだろうし、
高松にうどんを食べに行く!?
それとも、徳島の鳴門に行って、ついでに淡路島から明石大橋!?
などなど、四国の地図を見る。

金毘羅さん、そういえば行ったことないよね・・・
とオットに言うと、じゃあ金毘羅さんに決定ということで、
一路金毘羅さんへと。

金毘羅さん、さすが、お正月の二日目だね。
車も人もいっぱい。

すごい階段を上るってことは知っていたけど、
階段なんて全然見えない・・・見えるのは人、人、人・・・

日ごろのスクワットで鍛えた足、難なく登れた。

IMG_6975_1








家族の健康だけを神様にお願いして、
あっ、それから、今年一年オットの会社がつぶれないこともお願いして、
金毘羅さんを後にした。

帰りは瀬戸大橋経由。
山陽自動車道、途中で事故のためか、上り線は大渋滞。
大変だな・・・・・

我々は、午後5時前には家に到着。
たった9時間の四国旅。

それでも、
地海老の天ぷら付きのうどんも食べたし、
持って行った玄米むすびもおいしかったし、
渋滞にも合わなかったし、
ちょっとした幸せなお正月二日目だった。

年の初め&年の終わり

IMG_6968_1










明けましておめでとうございます。

一年、最初の日、各家庭ではどんなものを食べているのかな?

何かの本で読んだことあるけど、
お雑煮ってお正月のものだし、家族で食べるものだから、
他の家がどんなお雑煮を食べているか、意外と知らないものらしい。

なるほどな〜って思った。

我が家の今年の一番の朝食は、
コーヒー、フルーツ入りプレーンヨーグルト、
それに、天然酵母の自家製パン。

ところが・・・バターがないっ・・・ことに気がついた。
バターなしだから、メープルシロップで食べた。
やっぱり食パンは、バターが欲しいな〜っ。

そこで、お正月の朝はバターを買いに行くことにした。
それから、
カレンダーも買いに行くことにした。

アルパークに車を停めて、オットとちょっと散歩をすることにした。
鈴峯っていう団地が、アルパークの近くの山沿いにあるけど、
あの辺り、いったいどんな風になっているのか観察のため、
登って行った。

これが、結構キツイのなんのって・・・・・
お正月早々、山登りの気分。
登って、登って、登って、かなりの高さ登ったら、
瀬戸内海から宮島の方まで見えて、きれいだった。

その後、無事にバターとカレンダーを手に入れて帰った。

お昼は、数の子と黒豆とお雑煮だけのランチ。
お正月だから、ビールを一本ずつ飲んだ。
ささやかだな〜


さてさて、
昨日、大みそか、yoccoちゃんの家に5時前に着いて、
それから、牡蠣をいただいた。

炭火で牡蠣を焼くっていうから、ガンガン焼けるのかと思いきや、
すごくかわいいサイズの焼き鳥焼き器みたいなので焼くから、
一回にでっかい牡蠣が4つしか焼けない。

牡蠣を焼くの、待つのが長い。
外で寒いから、マグカップの熱燗を一杯飲んで、
その後は、岩手の濁り酒をコップで飲んで、
4人で一升飲んじまった・・・

実は、昨晩はカレンダーを買いにパルコに行きたかったんだけど、
ぐだぐだ飲んでいたら、パルコ閉店時間6時30分を過ぎた・・・

それでも、オットとともに平和公園をずんずん歩いて街に行った。
オットの年賀状をそごう横の郵便局に投函するために。

オットが、蕎麦を食べようって言うけど、
大みそかの午後8時、蕎麦屋なんて開いてないよ・・・
仕方なく、マックでチキンタツタとポテトとコーヒーを買って、
食べながら、再び平和公園を通って歩いて帰った。

大晦日の8時30分ごろ、マックの袋を手に、
平和公園の中を、寒い寒いと震えながら帰るなんて、
大晦日の午後5時までは、想像だにしたかったこと・・・

一年の終わり方として、よかったのか悪かったのか、わかんないけど、
変な年の終わり方だった。

ちなみに帰ってから、蕎麦を茹でて食べようと思ったら、
蕎麦がないことに気がついた・・・
仕方がないから、ソーメンで代用した。


Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ