*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2010年02月

靴下編み

IMG_7382_1










♪寒さこらえて編んでます〜♪ 靴下を。

って、寒さはこらえてないです・・・笑 
暖房のきいた部屋で、膝には湯たんぽをのっけてね。

↑この靴下、4足目なの。
「5足編むと、編み方がわかるし、上手になるよ〜」って言われて、
ただ今4足目の靴下に挑戦中。

羊の毛を自分で毛糸に紡ぐ人がいて、その毛糸で編んでいる。
そんなことを聞くと、自分でも紡いでみたいな〜って思う。
次の冬、また、無理なお願いをして、毛糸紡ぎ教えてもらおうかな・・・

手で紡いだ毛糸だから、微妙にでこぼこしていて、
それが何とも言えない味を出している。
こんな毛糸、大好き。

IMG_7354_1










これは2足目の靴下。
毛糸がちょっと細かったので、時間がかかった。
それに、
片方編んだあと、ちょっと時間が経って編んだもう片方、
編み上がってみたら、サイズがかなり違った・・・

1週間ほどそのままにしておいたんだけど、
やっぱり気持悪いな〜って思って、ほどいた・・・
そして片方は編みなおした。

この靴下、3色の毛糸を使って編んだ。
どこにどれだけ配分すれば毛糸が足りるのか、
いろいろ考えながら編み進めた。

IMG_7311_1










この靴下、3足目の靴下。
微妙に大きさが違うけど、微妙だから合格にした・・・
靴下って、対で編まなくちゃいけないから、
同じサイズに編むっていうのが、結構難しいとわかった。

これは、yoccoちゃんにプレゼントした。
微妙に大きさ違うよ〜って言ったけど、
ぜ〜んぜ〜ん気にしないって言うから。

写真ではわかりにくいけど、すごくいい色なの。
本心で言うと、あげるのは、ちょっと勇気がいった・・・
yoccoちゃん、大事にはいてね〜♪

さてさて、一足目の靴下、
きなりベースにダークグリーンと茶色のしましまの靴下。

これはあまり出来が良くなかった・・・何せ、一足目だから。
そんな靴下だったけど、
かわいい〜って言ってくれた人、ちょうどお誕生日だったから、
ささやかなプレゼントにした。

ごめんね・・・ できがよくなくて・・・
でも、私の人生最初に編んだ靴下だから、
その意味では、プレミアム!?が付いているはずだけど・・・
そんなプレミアム、いらないかっ・・・笑

来年のお誕生日には、もうちょっとましな靴下を編むから、
一年は、プレミアム付きの靴下で、我慢してね、お願い〜♪



酒粕酵母のパン・できあがり

IMG_7361_1










酒粕酵母のパン、今朝焼きあげた。

水分量が多かったせいか、すごく扱いにくかった。
でろでろ、どろどろ、たれさがって、たれさがって・・・
最後は、でろんでろんのまま、食パンの型に入れた。

酒粕酵母を起こす種は、酒粕の匂いがする。
しかし、
焼き上がったパンからは、酒粕の匂いはしない。
何度も、何度も、鼻を近づけては、くんくんしてみる、犬みたいに。

IMG_7365_1










お昼ごはんの頃には、すっかりとパンも冷めて落ち着いていた。
端っこから切ってみる。

気泡ができているのは、一次発酵が長すぎたのかな?
それとも、
水分量が多いのかな? 

くんくん、くんくん、くんくん、やっぱり匂ってみる。
酒粕の匂いは、やっぱりしない。
でも、とってもいい匂いがする。くんくん、くんくん・・・

食べてみたら、しっとりもっちりとした食感。
ホシノとかの天然酵母とはまた違う感じ。
ちなみに、粉ははるゆたかブレンドを使った。

トーストにすると、また違った感じになるのかもしれないけど、
とりあえず、そのまま食べた感じでは、かなりグー!
私的には、合格点以上!

さて、
ニンジンの千切りと、レバーペーストと、ゆずジャム、
これの和えもののレシピを見つけた。ずっと前にね。

どんな味なんだろ〜? 旨そうな予感がする・・・

しかしもって、ニンジン以外は冷蔵庫にいつもあるものじゃない。
ところが、
なんとなんと、今朝気が付いた。全部、あるぞ〜っ!
そのレシピには、トーストしたパンとワインがあればいいとある。

うひゃうひゃ、パンもあるし、ワインも安いのだったらある。

ということで、
今から、ニンジンのレバーペストとゆずジャム和え!?を作り、
この酒粕酵母のパンをスライスしてトーストして、
ワインを飲むのだ。

なんだか、人生楽しいな〜って思う。
食べることが好きって、もちろん、飲むことも好きって、
人生いっぱい得をしていると思う。


酒粕を使ったパン

IMG_7347_1










先日、天然酵母の食パンを作ろうと粉を量った。
すると、どうも計量の数値がおかしい・・・
だいたい300gと思う量を入れても、
指し示す数値は100gちょっと。

電池切れ!? 困ったな・・・ 買い置き電池がない。
しょうがないから、電子辞書の電池を拝借した。

次の日、電池を大量に買った! これで当分困らないはず!

ちゃんと正確に粉を量ることができて、一安心。

IMG_7351_1










今回、挑戦するのは、酒粕で作った自家製天然酵母、
これを使ったパン。

この酒粕、大好きな賀茂泉の酒粕。
酒が旨いんだもの、酒粕も結構いいはず。パンもきっと・・・!

酒粕に、ミネラルウォーターを入れて、砂糖をちょっと入れて、
台所の隅に4日ほどほっておいた、酒種。

プシューッ、プシューッ、って、かわいいぶくぶくが出てきた。

さて、いざパンを作ろうと思ったら、その配合がわかんない・・・
困ったね。

ええい〜っ、めんどくさい〜っ! 適当、適当、てきとーだ・・・

粉300gに対して、塩3g、砂糖9g、
酒種の液、だいたい170cc入れたら、どうも足りない・・・
もう少し酒種を足してみた。
ちょっと水分が多いような気もするけど、まっ、いいかっ。

1次発酵、冬だから結構時間がかかる。
夜になってしまったから、続きは明日にすることにした。

最近、天然酵母(あこ、またはホシノ)のパンを焼くようになってから、
外で買ったパンが食べられなくなってきている。

それでも、たまには面倒だから、外のパンを買っちゃう。
この前、近くのパン屋さんのパンを買って来たオット、
「二度とこのパンは買いたくない・・・」と言う。

確かに。私も同意見。買いたくない、食べたくない・・・

まだまだ、パンの100本ノックの途中だから、
天然酵母のパンの出来に大きなムラがあるけど、
それでも、
自分で焼いた天然酵母のパン、これが一番おいしい。

酒種のパンはどんなパンになるかな〜?
すっごく楽しみ。

お家オイルサーディン

IMG_7327_2










この方がオイルサーディンを作っていた。

そういえば、今、小いわしのいいのが出てるよね・・・
って、私もさっそく、まねっこでオイルサーディンを作った。

1パックで128円の小いわし、並べてぜん〜ぶ!

頭をとって、お腹はオイルサーディンだから、
手で取らずに、包丁でとって下準備。
それを、約5%の塩水に浸けておく。

今回の小いわし、ちょっとスリムな小いわしさんだったから、
塩水には40分ほど漬けておいた。
それを引き揚げて、キッチンペーパーできれいに拭いて、
野田琺瑯のバットに並べた。

オリーブオイルとにんにくのスライス、
森の家の月桂樹の葉っぱ(たくさんあるから、いっぱい使える!)
それに、山本ファミリー農園さんの唐辛子を自分で干したもの、
これを入れた。

IMG_7335_1










野田琺瑯をそのまま火にかけて、くつくつ・・・っていったら、
そのままオーブンへと。
110度で約30分間、その後、余熱を使ってのほったらかし。

↑できあがり! うふふふふふ・・・・・・ うまぁ〜い!

出来立てに、レモンを絞ったら、ほのかな塩味でおいしい。

ただ、ちょっとばかりオリーブオイルをケチったから、
オイルから出た部分は、ちょっとだけ「乾びている!?」けど。
このちょっとのケチが、出来上がりを左右するんだよね・・・
って、わかっちゃいるけど、やっぱ、ケチなんだよね。

う〜ん、これを使って、ニース風サラダを作ってみたい。
それには、やっぱり白ワインだよね。

安くて買った小いわし、もう1パック、これは刺身にした。
これは、日本酒だよね。

悩むな・・・ 今晩、いったいどっちを飲むんだ???

3分間フレンチ!?

IMG_7315_1










昨日は寒かった。だから、鮭の粕汁を作った。
あと一品がほしいな〜。
冷蔵庫に、牡蠣のむき身6個ある・・・

気分は、冷えた白ワイン、牡蠣フライはめんどくさいし、
だいたい6個じゃ足りないよね・・・

と考えている途中に、オットは帰って来た。 焦るな・・・

しょうがないから、牡蠣をササッと洗って、しっかりふいて、
小麦粉をまぶして、バターで焦げ目がつくまで中強火で焼く。

冷蔵庫の中に、リアスからし菜の茹でたのがあったから、
それを切って、牡蠣の隣で炒めて塩こしょう。

牡蠣に焦げ目が付いたところで、白ワインを入れて蒸し煮。
そして、最後に生クリームをちょっとたらした。

からし菜を下にひいて、その上に牡蠣を並べて、
上からブラックペッパーをかけて、出来上がり。

3分間クッキングで、いちおうフレンチ風前菜のつもり・・・

うん! ワインに合うよ!

ゆっくり飲んでいたら、天然酵母のパンも焼けて、
それも食べて、
なぜか、それに粕汁なんだけど・・・合わないこともない。

なんだか変な組み合わせだったけど、ああ〜おいしかった。

我が家、デザート係りはオット。

りんごとパイナップルのデザートだった。
最後まで変な組み合わせだったけど、
まあ、お家ごはんはこんなものだと思っている。

記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ