*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2010年03月

冷凍庫のお掃除

IMG_7739_1










冷蔵庫、冷凍庫、汚れる・・・その割に、お掃除しない所かも・・・

わたしだけ!?  かな・・・・・?

特に、冷凍庫のお掃除はなかなか難しい。
冷凍庫のものを一時避難させる場所、夏場は見つけるの難しいしね。

昨日、冷凍庫のお掃除をした。
中身がガラガラするほどになったから、いいチャンスと思って。

それでもまだある冷凍庫の中のもの、ちょっとの間、冷蔵庫に入れて、
冷凍庫の引き出しを出して、お風呂場で洗った。
ゴシゴシ洗った。

きれいに拭きあげて、冷凍庫の中にセッティング、やれやれ・・・

冷凍庫の中のラム、それに、以前作ったトマトソース、
そして、冷蔵庫の野菜室にあるものを何でも入れて、
ラムのトマトソース煮込み。

なんとなく、モロッコ風にしたかったから、
クミンとカイエンヌペッパーを入れた。
それで、モロッコ風になるかどうかは、わかんないんだけど・・・

ベイリーフは、山ほどいただきモノがあるから、
豪快に5枚ほど入れた。

IMG_7742_1










それから、最後の1パック残っていた、鶏のせせりも解凍へと。
これ、グラム78円なの。
この↑1パックで、117円。

これで、きょうは、団子汁を作るつもり。
せせり、ごぼう、里芋、たけのこ、ダイコン、干しシイタケ、
そして、冷凍していた団子を入れての団子汁。

白ネギが10センチ残っているから、最後にこれを入れる。
すると、きょうは、買い物に行かなくてもご飯ができる。
やったね!

今晩、オットは飲み会だから、わたしひとり。
だから、団子汁の具をちょぼちょぼつまみながら、
焼酎の湯割りでも飲むつもり。

なんだか、ヒジョーにオヤジっぽいけど、こんなの大好き。


☆久しぶりにバッグを作りました。
 くわしくは、「木のテーブル」へ(←クリック)

忙しさと休養と

IMG_7731_1










3月、駆け抜けるように忙しかった・・・気分だけかもしれないけど。

その3月も明日で終わり。
3月末までにすること、何かあったけ!?

私には特別ないけど・・・
「移転先」の方は、3月末までに方針を出すんじゃなかったんだっけ!?
どうするのかな・・・

さて、わたくしごと、
3月を振り返ると、毎週日曜日、オットの仕事についてあちこち運転手。
九州へは2回も行った。
4月は、もう少しのんびりと、「あそび」の時間もできるかなぁ〜?

この週末行った九州で、久しぶりにおまんじゅうを買った。
私にしては珍しいこと。

「草木饅頭」、これ、好きなの。
どこが好きかって言われると、その素朴な味、そして、サイズかな?

もともと、小豆の餡子よりも白餡の方が好き。
ちっちゃくて、ちょっと食べるのにおいしい。

お饅頭にお茶で、ちょっとだけ勢いを付けて・・・それから・・・

週末、家を開けると、週が明けてからが忙しくなる。
とにかく、溜まりに溜まった洗濯物、どうにかしなくちゃ。

冷蔵庫の中も、とりあえず突っ込んでいるものがあるから、
ちゃんと始末しなくちゃ。
そして、お買い物にも行かないと、食べるものがない・・・

縫いかけものものいろいろあるし・・・

こんな日は、一日家にじっくりといて、
パンを作りつつ、冷凍してあるラムでシチューを煮込みつつ、
お弁当用の常備菜のストックも作りつつ、
そして、合間合間に、縫物もしつつ・・・

それにね、ちょっとだけ、きょうはお昼寝もしたい気分。
なんだかね、
身体がね、ちょっと休んでよ〜って言っているような気がする。





技術とセンス

IMG_7630_1










私の友達、最近習いごとを始めた。
50歳を過ぎてからの新たなるチャレンジ、がんばれ〜っ!

友だちのことだから、ここに詳しくは書けないけど・・・・・

モノ作り、手作り系の習いごと。
最初、相談の電話があったとき、私が言ったこと。

・・・おうおうにして、習いごとの教室というものは・・・


カリキュラムというものがあるから、好き勝手にできない。
最初は、スローテンポでイライラ来るかもしれない。

それに、その部分に月謝や謝礼を払うのが無駄に思えるかもしれない。
でも、それが、習いごとのルール。

それから、手作り系の場合、一番の問題は、
技術を学ぶことと、センスを学ぶことは違う。これははっきり違う。
技術がある人が、センスがあるとは限らない。

今回、技術を学ぶのであれば、センスには目をつぶる。

家に帰っての自分での自由な復習、
技術が身についてからの自分の自由なやり方、
その部分で、自分のセンスを信じてモノを作ると割り切った方がいい。


さてはて、彼女、何回か教室に通った。
で、ある日、彼女の家に行った。

作ったものを見て・・・・・・・・・イスから転げ落ちた・・・・・

笑った、笑った、笑った!!!

「これ、何になると思う〜?」って、彼女が聞くから、

「これ〜ぇ、これ〜ぇ、さぁ・・・? 笑いの種!にはなるよ!」と私。

いやはや、ぶっ飛んだセンスだわ・・・彼女の先生は・・・

確かに、詳細を見ると、確かな技術はそこにある。
いわゆる、「手はきれい」なこと、これは認める。

けど、けど、けど・・・・・・ゴメンナサイ、笑っちゃう!

その後、彼女、何回か、「技術、技術、技術」と、
がまんして教室に通ったらしい・・・

で、この前会ったとき、浮かない顔でね、
「やっぱり、やめようと思うんだけど・・・
 一回にかかるお金も中途半端じゃないし、
 それにね、教材を見ると、力が入らんのよ・・・」

わかるな〜! あれじゃ、私も続かない。

技術とセンス、なかなか両方一緒に学ぶのは難しいのである。




おおらかさ

IMG_7725_1










NHKで時々やっている番組「猫のしっぽ カエルの手」
たまたま観て以来のファン。

京都大原の古民家に住む、イギリス人女性、ベネシアさん。
四季のおりおりの手作りの暮らしが、ちょっとおしゃれに描かれた番組。
そして、真似したいエコのヒントもありの番組。

彼女の大好きなところは、イギリス人的なおおらかさ。
ちょっと言葉を変えて言うと、おおざっぱ・・・ゴメンナサイ。

イギリスに行ったとき、とにかく何でもみなさんおおざっぱと言うか、
おおらか・・・だった。
同じ島国なのに、違うんだな〜って。

スーパーの駐車場、ガラガラの駐車場、みんな勝手に停めている。
ラインはいちおう引いてあるけど、それにまたがっての駐車なの・・・
日本だと、ガラガラでもラインの中に停めるのにね。

お料理ももうおおらかだな〜って思う。
だいたい、みじん切りなんてできない。
それに、千切りと言えば、箸ぐらいの大きさの千切りだし。

ケーキを焼くのを見たときもびっくりした。
計量もいい加減なら、作り方もおおざっぱ。
ひとつのボウルにどんどん材料を入れて混ぜるだけ。
そして、焼くだけ。

ちょっとおしゃれなつもり!?で、アイシングとかで飾っても、
あのう、あのう・・・はみ出しているんですけど・・・私、気になる。

へっ? はみ出して、それが、どしたん!? って感じだからね・・・

卵を別立てして、ふわふわのスポンジケーキを焼いたら、
イギリス人のお母さん、ぶったまげた!様子で、
急いで近所の人に電話を掛けまくって、近所の人が飛んできた。

なんでも、私は、魔法使いみたいにケーキが上手に焼ける日本人、
そんなことを言われてしまった・・・

さてさて、
酒粕酵母のパン、前回は見事に失敗。
あちこち出かける日で、発酵時間が長すぎた・・・

久しぶりに天気が良くて、朝から元気が出たので、
再び、天然酵母から元種を使ってのパンに挑戦。

何かの本に、玄米ごはん入りのパンを見た。
今朝炊いた玄米ご飯があったから、残りの玄米ご飯を入れてこねた。

う〜ん、うまく玄米がパン地に練りこめない。困ったな。

こういうときは、そうそう、そうなんです、
「ベネシア流」で行きましょう!

おおらかに家事をすること、私は密かに「ベネシア流」と呼んでいる。
本家本元のベネシアさんが聞いたら、叱られそうだけど、
私の気持ちとしては、すごくいい意味でそう思わせていただいている。

そうそう、この「猫のしっぽ カエルの手」の番組の名前の由来は、
猫のしっぽは、キャットテール、つまり、ねこじゃらしのこと。
カエルの手は、カエデの木の葉っぱのこと。
最近、やっとわかった。

この番組のもう一つの見どころ!

彼女、イギリスのちゃんとした家の出身の方。
そして、今、英語の先生もされている。

番組の中では、きれいな日本語で話される。
そして、最後の部分に話される英語、きれいな英語。

この部分になると、目をつぶって聞いてみる。
わかりやすい、きれいな英語。
そして、
その英語が、詩のようで、美しい。

おおらかさと美しさを持ったこの番組、私の今の一押しテレビ番組。



わからん・・・・・・

IMG_7716_1










↑この写真を見て、「はは〜ん!」って思った人は、
我が家に来た人。

我が家に来たら、あいさつの次に言う言葉、
最初に、「手を洗ってね!」

我が家に来る人、ほとんどの場合、ご飯を食べに来る人。
だから、まずは手を洗って、それからもって・・・
それから・・・

まずは、飲む練習!?かな・・・・・(酒飲む練習なのだ!)

さてはて、今日の疑問?

とある料理実習へと行った。
みなさん、かなりの実績と経験を持たれた方々。

はっ! っと気がつくと、
三角巾なるものをしてないのは、このわたしだけ・・・・・・!

急いで、急いで、三角巾を探すけど、そんなもの持っていってない。
だから、だから、だから、あわてながらも、
持っていった茶碗ふきで、急きょ三角巾もどき!?を作り、
頭に巻く。

で、さ、これってなんの役に立つの??????

調理スタートの号令のもと、私は前のテーブルにある手洗い石鹸、
そこに行って、手を洗う。
念入りに手を洗う。

ってさ、見てみたら、みなさん三角巾は頭に巻いているけど、
いきなりスタート、えっ、もうスタートなの?
手は、洗わないの???

不思議・・・・・・・・・・・・

「おいしいテーブル」の料理の時、三角巾は「義務」ではない。
でも、手洗いは、必須!のつもり。

手洗いよりも、三角巾!?

世界中、三角巾を使うのはどこの国? 知らない・・・

誰か知っている人いる!?

なぜ、なぜ、なぜ、三角巾なの?
手洗いよりも大事なの?



リサイクルコーヒー袋

IMG_7673_1










近所のコーヒー屋さん。
ここでの豆を入れてくれる袋、厚手のいい袋。

オットがある日、これ一回一回捨てるのもったいないよ、と言った。

なるほど、一回で捨てるのはもったいない。
ということで、それ以後、その袋を捨てないようにした。

コーヒー豆を買いに行くとき、忘れずに持っていって、
その袋に入れてもらう。
たまに忘れる時もあるけど、それは、しょうがない・・・

何回も使った袋、ちょっとしわしわなるけど、
コーヒー豆とは全く関係のないこと。

我が家、時々ここのコーヒーを手土産にする。
もしそのとき、
袋がしわしわでも、気にしないでね。
それは、我が家が何回か使った袋であって、
お店自身が使いまわしているわけじゃないから。



九州のおいしいものと・・・

IMG_7675_1










九州出身の私、「たかな」のお漬物、大好き!
ここ広島では、やはり「広島菜」の方がうんと幅をきかせている。
九州に行ったら、スーパーや産直市などでは、たかなを探す。

先日、高菜をいただいた。
お漬物じゃなくて、高菜の葉っぱを。

半分を漬物に漬けた。
そして、半分は、揚げはんと煮て食べた。

今朝、いい感じに高菜が漬かっていたので、あげてみた。
う〜ん、いい感じに漬かっている。
お弁当の横に、たかなのお漬物を添えた。お昼が楽しみ。

IMG_7668_1










九州の実家の近くのお菓子屋さん、なかなかいい感じ。
お菓子がしゃれている。

母の仕入れた情報によると、
なんでも、博多の人気菓子店「16区」で修業したパテシエの店らしい。

私の一押しお気に入りは、ダックワース。
外はカリっとしてふわっとして、その食感が大好き。

でもって、特筆すべきは、中のクリーム。
これが、苦いんです!
苦いって言う言い方はおかしいかもしれないけど、
甘さ控えめで、ナッツの苦みがちょっと出ていて、何とも言えない。

今朝、福屋の広告になんと、本家本元の「16区」がのっている。
やっぱりここにもあるある・・・ダックワースが。
今週は、ちょっとタイトスケジュールだけど、行きたいな〜ぁ。

IMG_7671_1










その広告に、ミルキーがのっていた。
私、ペコちゃんの箱に入っていた、ミルキー大好き。
大箱の方は、ペコちゃんの目がくるくる動いていたっけ!

なんと、ミルキー味のロールケーキがあるんだって!?
これも食べてみたいなぁ〜。

一本1000円だって。
一本は多いな・・・・・・

どうしてロールケーキって一本売りなんだろう?
三分の一ぐらいのサイズで、400円ぐらいで売ってくれないかな?

誰か、一緒にロールケーキを食べてくれる人を探さなければ・・・

ワインなら一本へっちゃらだけど、ロールケーキは、なぁ・・・・・

IMG_7683_1










食べもののことばかりみたいですが、ちょっと物作りもしています。

ブラウス作りました。詳しくは「木のテーブル」へ

年に二回のお誕生日

IMG_7666_1










日曜日の夕方、びゅんびゅん風の吹く中、
本川町にあるLOUTOさんにオットとウォーキングで行った。

以前から興味があった人、山本和宏さんの木工作品が見たかったため。

いいな〜って、ほれぼれするようなまな板、木の器がある。
LOUTOの店主さんが使い込まれているまな板と器、
数年使うとあんないい感じになるんだ、ともう感激。

実は、買い!の気分で行ったんだけど・・・
いいお値段だから、我慢かな・・・って。

細川亜衣さんのレシピ本も置いてあった。
なかなかおもしろいレシピ本。

それをいろいろ眺めていたら、オットがいきなり、
「これください!」って言う。

えっ、えっ、えっ!?!?!?!? なに買うの???

手には、桜の木箱を持っている。
なんでもバターケースらしい。

我が家には、曲げわっぱのバターケースがあるのに、
なぜ、そんなものを買うの?

「何、入れるん?」って聞くと、「秘密」だって・・・

とにかく、結構なお値段のバターケース、オットは買った。
帰るときにオットに聞くと、
なんでも、桜の木の使い方がすごく面白いから、買ったということ。

ふう〜ん、私は木のお皿の方がずっとおもしろいって思ったんだけど。

ああ〜、お誕生日だったらいいのになぁ〜。
あの木の器、買うのになぁ〜。

今年は特別にお誕生日が二回にして、
もちろん、二つ歳をとっても文句言わないから、
あの器が欲しいな〜。

って、実は実は、まだまだあと一週間展示会はあるから、
じっくり、じっくり考えて、買いに行くってこともできる。

それを、本気で考えている私が、実は、ちょっと、こ・わ・い・・・

お家バーガー

IMG_7661_1










土曜日の朝、ウォーキング。
朝の6時過ぎ、ぼんやりと明るい。
最近は、夜が明けるのが早い。

すたこらと歩いていると、オットが、
「腹減った・・・」とのたまう。

ちょっと歩くとマクドナルドがあるので、
「マック、買ってあげようか?」って聞く。
それは遠慮するという。

ぐる〜っと平和公園の方まで行って歩いていると、
「モスバーガーなら買ってもいいかな・・・」なんて言う。

それほどバーガーが食べないなら、
朝からハンバーガーを作ってあげようって、
24時間開いているスーパーに行き、
牛ミンチと豚ミンチとトマトを買った。

帰ってから、急いでハンバーグ作り。
私のハンバーグはすっごく簡単。

玉ねぎは刻むだけ、炒めない。
牛ミンチ・豚ミンチ・玉ねぎ・パン粉・卵・塩・ブラックペッパー、
以上を混ぜ混ぜするだけ。

焼き立てのハンバーグに、サニーレタスとトマトをはさんだだけ。
パンは、バンズがなかったから、冷凍していた酒粕酵母の食パンで。

オット、美味しいな〜って、にこにこで食べる。
確かに、この前のカルフォルニアバーガーもおいしかったけど、
お家バーガーの方が、我々好み。

ヘルシー、安い、美味しいの三拍子そろっている、自慢バーガー。

バクバク食べて、ハンバーグ種はまだ半分残った。
それは、日曜日のお昼のお弁当に入れた。
まだ、残っているのは、今日のお昼のオットのランチになる予定。

わたし?! 私は、ガチャマナさんのランチを食べる予定。楽しみ!

変わり身の速いヤツ

IMG_7654_1










小学生のころの我が息子・・・涙声で・・・
「ママぁ〜、きのう言ったことと、きょう言うこと、ちがうぅ・・・」

「ママはそんな人なんです。そう思って生きて行きなさい!」と、私。


中学生のころの息子・・・怒った声で・・・
「ママはね、きのう言ったことと、きょう言ったこと、違うよ・・・」

「それが、世の中です。世の中、そういうもんだと思って生きなさい!」


高校生のころの息子・・・あきれた声で・・・
「あのね、毎日言うこと、コロコロ変わるね・・・」

「うん、ママってそんな人だから。まあ、合わせて生きんさいや〜!」

わたし、変わり身の速い、というか、ポリシーのないというか、
そんなママでした・・・


こんな私に育てられた息子たち、
幸か不幸か、いまさら言ってもねぇ・・・遅い・・・
こんないい加減なママだったけどね、子は育つんだよね・・・


さてさて、話は全然違うけど、
この酒、月曜日の朝、蔵元で搾り酒屋へと。
それから、その日のうちに我が家へと。

今日は金曜日。だから、搾ってから5日目になるんだよね。
我が家、このお酒、ずっと冷蔵庫の野菜庫で保管。

5日目の今日飲んでの感想。
月曜日、つまり初日の味と違う・・・
たった5日で味が変わるなんて、コイツ、変わり身の速いヤツ!

初日、麹の匂いの強い、独特の甘さがねっとりする酒、だった。
5日目の今日は、えらいさっぱりとした味へと変化している・・・

そんな酒、もしかしたら?

毎日、息子たちに違うことを言って、子育てした、そんなわたし・・・
そんなわたしに、ぴったりの酒かもしれない。

☆この春、初めての空豆。
 一回でいいから、空豆、死ぬほど食べてみたい。
 それぐらい好き、空豆。





さむあたたかい!?

IMG_7619_1










私の作業部屋は、北側東向き。
だから、夕方の日の光が入り込まない。
そんな作業部屋だけど、最近の夕方、午後6時、まだ明るい。

ダイニングテーブルのある部屋は、南側で西にやや振っているから、
夕方、日の光がぐぅ〜んと入ってくる。

12月ごろ5時過ぎには暗くなっていたのに、
今では6時過ぎても、6時30分ぐらいになっても明るい。

春は着実に来ているんだな〜って思う。
でも、
まだまだ、寒い。

気分は春だし、日差しも春だけど、洋服はまだ半分冬。
さむあたたかい!? そんな日が続く。

ワインの日

IMG_7645_1










昨日の朝、出掛けにオットが、
「最近、ワインの日がないねぇ・・・・・」と。

確かに。
最近は、人吉で買ってきた焼酎と、搾りたての酒、
この二つをメインに飲んでいたので、ワインの日、なかった。

昨日は買い物に行かない日だから、何かあるかな〜と・・・
ごそごそ食品棚を見ていたら、ダル豆があった。
これでスープを作った。

ベーコンと玉ねぎをオリーブオイルで炒めて、
鍋肌にひっつきそうになってきたら、白ワインを入れる。
これで味のベースは決まり。

後は、冷蔵庫の野菜を入れて、コンソメとクレイジーソルト、
最後に、ブラックペッパーで味を整えるだけ。
乾燥タイムをちょっぴり入れると、レストランぽい味になる。
ただし、ほんのちょっとだけ。
入れすぎると、オットからクレームが出る。

夕方、ちょっと近所へとお出かけ。
友だちが作ったという、花柄のニットスカート、
あまりにも友だちのイメージと違うので、大笑い。
笑いすぎるぐらい笑った。

まあ、人のことはあんまり言えない。
私のバルーンジャンスカも学芸会用だから・・・
ここだけの話、花柄のスカートも学芸会しか着られない・・・
ふたりで、学芸会に出られるよ!

そんなかんやで、
あまりにもおしゃべりしすぎて、帰ったのはもうかなり遅く。
晩ごはん、どうしよう・・・

kakoちゃんから、カルフォルニアワインのいいのをもらった。
そうそう、今晩はワインの日だったと思いだし、
オットにチーズ頒布会のチーズを、帰りにとって来るように頼む。

結局、
ワイン、チーズ、ダルスープ、そして、パンの夕飯。

ワインは干し葡萄のような味のするワイン。
それに、干しぶどう入りのブルーチーズの入ったチーズ、
それから、ハーブとタイムとガーリック味のチーズ、
これが、天然酵母のパンとよく合う。 

至福の時!

焼酎や日本酒もいいけど、ワインもいいね。

IMG_7650_1










酒粕酵母のパン、順調に焼いている。
いわゆるストレート法という方法。
あまりにも自己流だったから、やっぱりわからないことがいっぱい。
とうとう本を買った。

本には、今まで私が疑問に思っていたことがいろいろと書いてある。
なるほどね・・・と、半分納得。正直、半分もわかってない。

酒粕酵母を発酵しただけの液、これを液種と言う。(写真奥)
これに、粉と塩を少々入れて混ぜたしていく方法、(写真手前)
これができたら、これのことを元種と言う。

今回は、元種を作ることに挑戦している。
なんでも、発酵がより元気になるらしい。
この元種を使って、カンパーニュを焼いてみたい。

美味しいパンが焼けたら、また、ワインの日を楽しみたい。

学芸会用ジャンスカ!?

IMG_7622_1











久しぶりに、「木のテーブル」の方のブログをアップしました。

TEN TEN HOUSE 個展とランチ

IMG_7618_1










「ナチュリラ vol.9」に、
TEN TEN HOUSE で織った裂き織り、
それを使ったバッグ、取り上げられています。

素敵な織りのTEN TEN HOUSEさん、
今週末の連休、広島の「ガチャマナ」さんで、個展と販売があります。
詳しくはこちらから。

ずっとガチャマナさんにも行ってないので、行ってみようかと思います。
ここのランチ、評判のランチなのですが、
日曜日限定でなかなか行けなくて・・・
行けても、ランチが売り切れていたりもして・・・

しかし、今回は特別に、22日月曜日もランチがあるそうです。
きっと、月曜日もランチがあること知らない人いると思います。
だから、狙い目!だと思っています。

月曜日のランチタイム、私は密かに出没するつもりです・・・

きっときっと・・・今回こそは、食べられるはず!です。

では、みなさま、月曜日ランチタイムにガチャマナさんで〜!
それまで、
SEE YOU SOON!

私のリゾット修行

IMG_7567_1










15年近く前ぐらいになるだろうか?
初めて行ったイギリス。そして、もちろん、ロンドン。
その頃、私にとって遠い遠い国であり、街であった。

ロンドンで絶対に来たかったのが、「コンランショップ」
いまでは、日本にも、東京・名古屋・博多に店舗があるけど、
その頃は、ロンドンだけだったと思う。

コンランは、お店もすごく素敵だけれども、
レストランも時代の先端を行く「感覚」を持っていた。

マドンナがよく行くというレストラン
そこのレストランでは、野菜中心のメニューが流行りだった。
今でいうところのマクロビっぽい料理がメニューに並んでいた。
ブルーバードというそのレストラン、今でもあるみたい。

さてさて、
ロンドン、リージェントストリートからひとすじ入ったところに、
「ズィニックバー」というコンランのお店があった。
バーと言っても日本のバーのようなものではなく、
カジュアルなレストラン、今でいうカフェのようなお店。

とにかく、すべてがかっこよかった。

そこで一番最初に注文した食べ物、それがリゾットだった。
その頃、日本でもちらほらリゾットを出すお店はあった。
しかし、まだまだ一般的ではなかった。

本場のリゾット!?ってどんなんだろう・・・
興味津津だった。

そのお店、キッチンがセミオープンキッチンだった。
これも、日本から行った私には珍しかった覚えがある。

そのセミオープンのキッチン、天井に斜めになった鏡があった。
シェフの動きが、その鏡を通して見えるのだ!

レストランのテーブルから、白ワインを飲みながらその様子、
ず〜っと見ていた。

すると、一人のシェフが、おいでおいでをする。

キッチンの方に行くと、シェフが尋ねた。
「何を見ていたの?」って。

「リゾットの作り方が知りたくて見ていました。」

にこっと笑ったシェフが、
それなら、キッチンの中に入っておいでよ〜って言ってくれた。
ラッキーじゃないわたし! ってキッチンの中に入った。

そこで、ズィニックバーのリゾットの作り方、一部始終見た。
米はといではいけない、スープは必ず熱々をいれる、
スープの味は薄めに、最後はアルデンテで仕上げる、
バターとパルメザンは火からおろして入れる、
などなど、約20分間の間、ずっと説明してくれた。

説明の合間には、反対に、日本食についても質問もあって、
ブロス、つまり、日本のだしについていろいろ聞かれた。

お米から作るリゾット、この前の「おいしいテーブル」でも作ったけど、
作り方、そんなに難しくはない。
ただ、お鍋から離れられないので、
めんどくさいメニューであることは確か。
ロンドンのシェフもそう言っていた。手のかかるメニューだと。

さて、私はレストランに行ったら、いつもではないけど、できる限り、
「このメニューはこの辺りがおいしかった。」
と、感想を言うようにしている。

それに対して、シェフ自らが出てきて話をしてくれることもある。
ただ、これは外国のレストランの場合で、
なぜか日本のレストランでは、ほとんどない。
それでも、美味しかった時には、きちんと感想を言って帰る。

そうそう、日本でも、シェフ自ら出てきたこともあった。
広島のレストランだけど、それ以来、
メニューにないものを作ってくれたりもした。

それだけじゃなくて、そこのスタッフと仲良しになり、
その人たちが、我が家にも遊びに来たこともある。
私の家庭料理を食べながらワイワイガヤガヤ・・・

圧倒されたのは、片づけ。
食べながら飲みながら、我が家の台所がきれいになっていって、
ごちそうさまの時には、もうすっかりピッカピッカ!
さすがプロだと思った。

お店のシェフとお友達になるといいことがいっぱいありそう・・・

まあ、そんなこんなで、我が家のリゾットは、
いちおうロンドン仕込み!?ということで・・・っす(自慢!)

↑写真は、「おいしいテーブル」で作ったリゾット。
 フライパンで簡単にできます。




この酒は・・・

IMG_7611_1










夕方、酒を買った。期待値の高い酒。

今晩、オットは晩ごはんがいらないということで、
まあ、明日飲めばいいかと、何の酒の肴も用意しなかった。
それが、夜になって、今晩やっぱりご飯は家と言う・・・

なにもない、冷蔵庫、ちくわはあるけど・・・

酒を飲んだ。旨い。

何を肴に飲んだらいいか、酒に聞いてみた・・・

酒自体が旨いから、酒の肴はいらないかもしれない。
とりあえず、冷蔵庫の中のもので肴を対処する。

目刺し。 これは、合わないとわかった・・・

あげを焼いた。大根おろしにねぎ、そして七味と生醤油。
これは、なかなかいい感じだ。

酒自体、発酵途中、やや酸味がある。
だから、ポン酢味は合わない。
生醤油の方が合う。

刺身よりも、あぶり魚とか、焼き魚の方が合いそうだ。
旨いかまぼこでもよさそうだ。

この酒には、何が合うのか・・・考えるな・・・
酒飲み、これを考えるのが楽しい。

問題は、一本しかないこの酒。
考えているうちに、飲んじゃう・・・・・

いい感じ

IMG_7597_1










酒粕酵母の食パン、今回のパンは、最高だ〜!

酒粕・砂糖・ミネラルウォーターを入れて、
毎朝、ガチャガチャと振って空気を入れ込んでやる。

5日ほど経つと、ぶつぶつ言いだす・・・

粉300グラム・塩小さじ1弱・↑このぶつぶついう奴を200cc弱、
それを全部混ぜる、そしてこねる。

ちょっと暖かいところにほっておいて、約9時間ほど。
季節や酵母の状態により、この時間は多少変化する。

で、最近ちょっとだけわかってきたことは、
第1次発酵の見極めができるようになったこと、かな?

1次発酵が済んだパン地を、分割して40分ほどベンチタイム。

そして、食パンの容器に入れ込んで、第2次発酵。
これもその時によって、時間が違う。
昨日は約2時間かかった。

それから、オーブンに入れて焼く。
2斤分(粉600グラム)で、約40分焼く。

すると、すると、パンの出来上がり。

昨日焼き上がりは、午後8時過ぎだったけど、食べたいな〜。
ちょっとだけ、粗熱が取れるのを待って、切った。

切るのって熱いから、オットの仕事なの・・・

熱々にバターを塗って食べたら、うまいのなんのって・・・
赤ワインがほしくなったけど、麦茶で我慢した。

今朝は、トーストして食べた。
カリカリしておいしい。

天然酵母パン、好きな人とそうでもない人にわかれると思うけど、
パン好きな人だったら、このパン、かなりの確率で好きだと思う。

ちょっと頭に浮かんだパン好きのあの方、
片道40分かけて車を運転してパンを買いに行かれるあの方、
ちょっと大雑把なあの方、あの方ならどんな感想なのか、聞いてみたい。

今朝、イチゴから起こした酵母でパンをこねた。
ただ今、発酵中。どんなパンが焼けるかな・・・楽しみ。

パン作りは、理科実験みたいで、本当に楽しい。

☆正直な告白
 いつも成功とばかりとは、限らないパン作り。

 りんご酵母のパンは、失敗した。
 温度が高すぎて、酵母が腐ってしまったと思う・・・

 いちご酵母は、カビがきてしまった。
 なんでもイチゴはつぶさないとダメみたい。
 丸ごとそのままでが失敗の原因。

 実験だから、失敗はつきものだと思うけど、
 やっぱり、失敗すると、ちょっと凹む。。。
 
 でもでも、パンの100本のック、続けるのだ!
 そろそろ、折り返し地点に近づいてきた・・・

大切なものは・・・

CNN の「Student News」 BSでやっている。
たまたま見たその番組は、興味深いものだった。

最近、アメリカでの若者の自動車事故、
その原因の一つとして見逃せないもの、
それが、メールらしい。

メールをしながらの運転、それがもとで事故が多発している。

このことを重大視したアメリカの警察が、キャンペーンを行った。

「そのメール、命と引き換えにするほど、大事ですか?」


自動車事故で死亡した人、または、他人を死なせてしまった人、
そして、重大な状態になった人、他人をそのようにさせてしまった人、
その人たち、メールが原因だったとしたら・・・
どんなメールをしていたのか・・・

そのメールを公開しているらしい。

さて、話は変わって・・・

日曜日、オットが仕事で三原に用事があるという。
急きょ用意をして家を出る。
あまりにも急なので、お昼のお弁当の用意もなし・・・

広島インター近くのマクドナルドで、カルフォルニアバーガーを買った。

う〜ん、何年ぶりかな、マクドナルド。

さてさて、それを2個手に入れ、高速道路へと。
オットに、サービスエリアで食べる?と聞くと、
いやいや、今食べるということ。

そこで、
カルフォルニアバーガーを包んでいる紙、
それを食べやすいように、また、手が汚れないように包み見直し、
運転中のオットに手渡す。

オットが一口食べる。
私も自分のカルフォルニアバーガーを食べる。

オット、包み紙から出ていたバーガーを食べ、
そして、もう少し紙をずらしてほしいと、私に手渡した。

はい、ってオットのバーガーを受け取るとき、
その時、私は、自分のバーガーを膝の上に置いた。

オットのバーガーを手にした、まさにそのとき、悲劇は起こった・・・

私のバーガーが、転げ落ちた・・・

車のシートとドアの間に、滑り落ちたのだ!

バーガーの下半分、パンとレタスの部分は、見つかった。
けどけど、上半分、パンとハンバーガーとトマトの部分、
見つからない・・・・・・

「ギャーッ! 私のバーガーが、おっちたっ・・・・・っ!」

オット、えっえっえっ、とあわてるが、高速運転中。
「待て待て、車を停めるから」

それまで、二人の話題は、アメリカでの自動車事故とメールのこと。

「バーガーのために、命を失いたくないよ〜っ!」
ナビで次のサービスエリアまでは、8キロと表示してある。
そこまでは車は停まれない。

その間、私のカルフォルニアバーガーは気になるけど、なるけど・・・

うんと長い8キロを運転して、やっとサービスエリア。

「他の人から見えないような場所に停車してね・・・」
と、オットにおねがい。
隅の方に、遠慮気味に停車。

急いで車から降りて、私のカルフォルニアバーガーをチェックした。

シートに下に転がり込んでいると思ったバーガー、
なんと、シートの脇とドアの間に、うまいぐあいに挟まっていた。

ということで、どうにかこうにか、バーガーを救出した。

そのバーガーどうしたかって!?

もちろん、わたしが食っちゃったよ〜ん! だって、420円だもん!

命とカルフォルニアバーガー、比べられないけど、
でも、それでも、やっぱり、バーガー気になって仕方なかった・・・



第5回「おいしいテーブル」

IMG_7554_1










卒業、そして入学のシーズン。
そんな中、春のお祝い膳にいいかな?というメニュー。
それが今回のメニューのテーマ。

コンセプトは、「地中海のテーブル」・・・そのつもり・・・

地中海、行ったことはないので、あくまでもイメージで・・・苦笑

↑メインは「アクアパッツァ」
季節は問わないメニューだけど、春らしいな〜って勝手に思っています。

鯛・アサリ・それに菜の花を使った、春のアクアパッツァです。
春らしい色の一品になりました。

初夏のころだったら、トマトを最後に入れると、
トマトの酸味で、さっぱりといただけます。

IMG_7562_1










↑「ニース風サラダ」
ゆで卵、じゃがいも、それに、アンチョビやツナ缶が定番のニース風。

今回は、小いわしの季節だから、ツナ缶の代わりにオイルサーディンを。
もちろん、これも手作り。
ドレッシングは、このオイルサーディンのオイルを使ったドレッシング。

さっぱりとしたレモンの味と、オイルサーディンがいい感じ。
1パック128円の小いわし、美味しく化けました!

IMG_7591_1










↑「リゾット」は、アスパラとブラウンマッシュルーム入り。

アスパラだけでも十分おいしいけど、
珍しくブラウンマッシュルームが見つかったから、
今回は特別に、マッシュルームも入れました。
あれば、イタリアの乾燥ポーチニを入れてもおいしい〜。

ちょっと残念なのは、日本のお米で作ったこと。
イタリア米で作ると、もう少しリゾットぽくなるけどね・・・

IMG_7581_1










↑デザートは「イチゴのババロア」

プレーンヨーグルトが入っているから、さっぱりとした味。
といっても、
やっぱりババロアだから、ミニサイズでも1個160㎉はある・・・

私のババロアは、ゼラチンが控えめ。
だから、
ちょっとゆるゆるとしたババロア。
あんまり固いババロアは、ちょっと苦手だから・・・


今回、バーミックスの刃は忘れるし、
最後の方になって、ブラックペッパーも忘れたのに気がついて、
走って走って、二回も家に忘れ物を取りに帰った。
気分が緩んでるのかな・・・

前日に、何回も何回もメニューを見て、持っていくものを考え、
リストを作って、道具を集めて、最終チェックする・・・
だけど、だけど、忘れ物がある。

もう、いやになっちゃう。。。

大きなものは忘れないけど、小さなちょっとしたものを忘れる。
気を付けなくちゃな〜って思うけど、直らないだろうな・・・

この「おいしいテーブル」 
私にとっては、いいボケ防止なのかもしれない・・・なんて。。。

☆参加者のブログ↓ 本音が見えます・・・

「わたしのイチニチ」 
この方にとっては、「おいしいテーブル」は、戦う場所らしい・・・

「Sankirai」
この方にとっては、「おいしいテーブル」は、オロオロ!?らしい・・・

「レトロなガールじゃいられない」
この方にとっては、「おいしいテーブル」は、不思議!?らしい・・・

「私の素敵な壱日」

この方にとっては、「おいしいテーブル」は、モノが増えるらしい・・・

「Close To You」

この方にとっては、「おいしいテーブル」は、自分史上初らしい・・・

「Smile Wrapping」
この方にとって、「おいしいテーブル」は、気を良くする場らしい・・・

「marinotoko2」
この方にとって、「おいしいテーブル」は、違いを実感する場らしい…

春気分・・・

春らしくなってきた。
そうなると、髪が重たい。
まるで、冬眠から起きだしてきた熊のようにもさもさ・・・

そう思いながら、1週間たち、2週間たち、そして・・・
こりゃいかん、とばかりに、今日は時間を見つけてカットに行った。

なんとなんと2ヶ月以上ぶりに行ったカット、
カットだけでいいかな?なんて思っていたけど、
カラーもした方がいいんじゃない?ってことで、カラーも。

予定していた時間を大幅に延長してのカット終了。

カット終了後、いつも思うのが、次はもっと早くカットに行こう!
って思うこと。
これ、いつものこと。
なんだかんだで、いつもカットは後回しになる。

今日は、すっきり春頭になって、気分もすっきり。

うんとうれしくなって、時間がないのにちょっとだけあちこち寄り道。
頭が軽くなったせいか、春、春、はる〜ぅ♪の気分。

気分に乗りすぎてしまって、シャツを買ってしまった・・・
それも、半そでシャツ。

「いつになったら、半そでシャツ着れるかな・・・?」

お店のお兄さん、「当分、無理です!」だって。

くやしいな〜、もう、もう、待つこと出来ないよ〜。
お店でタグを取って、長袖Tシャツの上から着ちゃった!
もう、着て帰るからねっ!
すごくエコでしょ! だって紙袋いらないじゃない!?

お兄さんは、ハイハイ、お好きにしてくださいって、にこにこ笑った。

私もニコニコ。

先日作った麻のコートの襟ぐりから、シャツがのぞく。」
うん、うん、春だな〜、いいな〜、ってご満悦。

ヘアーウイッグの、○田○子さんみたいに、
歩きながら、お店のウインドーの中の自分を何回も見た。
うふふふ、いい感じ! 

私の気分は、春気分!

☆正直、寒かった・・・
 帰り道、平和公園の中を歩いて帰ったら、風がびゅんびゅん。
 それでも、
 春気分だから、背筋をのばして、うんと気合いを入れて歩いた。

はきよかパンツの布地

IMG_7552_1










勝手に名付けたパンツ、その名も「はきよかパンツ」
名前の通り、はきやすいんです。

なぜ、はきやすいかって!?

それは、長年作り続けたお家用パンツ、
改良して、改良して、改良して・・・
ゆとりはたっぷりだけど、見た目はスマートに見える、
そんなパンツ、それが、はきよかパンツ。

このパンツ、布地によって全く違う表情を見せる。
↑これは、しっかりめの麻で縫ったから、マニッシュな感じ。
夏など、う〜んと薄めの布地で作ると、
ベトナムのアオザイみたいな感じに仕上がる。

さてさて、
手作りの神様がいるうちにと、このはきよかパンツ、
なんと、4枚も作り上げた!
私にしては、近年ないほどの快挙、というより、もう奇跡に近い。

なぜ、今こんなに縫い物が楽しいのか・・・考えた。

ちょっと痩せたから、いろいろ似合うようになってきたのかな?
しかし、
このはきよかパンツ、少々太めでも似合う不思議パンツなのである。
でもでも、やや痩せた私が着ると、余計に似合う・・・自画自賛(笑)

問題は、布地。

とにかく、布地がなかなか手に入らない。
ネットで見て買っても、???っていう感じのが多い。
特に、色はもう来てみるまでは、ドキドキする。

先日買った布地、
ブルーと紺の中間の色と思っていたら、来たのは茄子紺・・・
草色というから黄緑っぽいかと思えば、みどり・・・

現に、この写真のパンツ、グレイッシュパープルだけど、
微妙な色の感じ、PC画面と実際とは違う。

布地屋さんに実際に足を運んで買うのが一番だと思うけど、
近所にはいい布地屋さんがないのが問題。
だから、ネットで買うか、大都市に行ったときに買うかしかない。

ネットはネットで、人気店は、いい布が見つかっても、
売り切れていることが多い。これも問題。
せっかくいい布が見つかっても、売り切れていたらガックリ来る。

誰か、素敵な布地を売っているネットショップ知りませんか?
知っていたら、ぜひぜひ教えてください。

旬・今の気分は

IMG_7547_1










パソコン、一晩寝ても、二晩寝ても、調子悪い・・・

再起動したら、どうにか写真は読みこめた。
↑旬の白菜、干してお漬物に漬けた。
浅く使ったのをバリバリ食べるのが好き。

さてさて、
人間って、いやいや、私ってどうしてこうも移り気なんだろう・・・

去年ほしかったものと、今年ほしいもの、違う・・・
一貫性がないのかとも思うが・・・

ある人のブログを見て納得。

過去・現在・未来、それぞれにお好みも変わるってこと。

やっぱり、誰でもあるんだよね・・・
だから、今年大好きだからって、大量に買っておいても、
来年の「自分の旬」はまた違うから、
それを来年使うとは、限らない・・・

今年の着るものの「私の旬」は、
ちょっと大人のマリンっぽいネイビーブルー。

ずっとネイビーブルーとはご無沙汰だったから、
ネイビーブルーの布地は、ない。
家にある在庫は、茶系ばっかり。

茶系は大好きな色。
今年の気分がいくらネイビーブルーだといっても、
茶が基本色で、ネイビーブルーは差し色になるだけ。

そんな中、久しぶりの手作りの神様のほほ笑み。
このチャンスに、作りたいものが浮かんだ。

シャツ、それも、メンズライクなシャツ。
素材は麻100%のシャキッとしたシャツ。
オフホワイトとネイビーブルーの5ミリぐらいのストライプ。
これを縫ってみたい。

ところが・・・

布が見つからない・・・
薄いブルーのストライプならあるけど、
ネイビーブルーのストライプは見つからない。

綿100%の素材の布だったら、見つかったけど、
やっぱり麻100%のシャキッとした布で縫いたい。

ないとなると、ほしい。ほしいけど見つからない。

シャキッと男前のシャツ、縫う気は十分なんだけどなぁ・・・・・

どうなる!?

ときどき、パソコンの調子が悪くなる。
人間だって調子のいい時悪い時があるから、
まあ、それはそれでいいとして・・・

わたしの場合は、たいてい、一晩寝ていればよくなる。
しかし、
パソコンは、一晩寝れば・・・ってことはない。

困ったな・・・ 写真が取り込めない・・・
パソコン抱えて、電気屋さんに駆け込む!?
めんどくさいな・・・

もう一晩、寝たらよくなる? ねえ、どう!? どうなる!?


オットの仕事がらみで、九州に行ってきた。
日曜日、1000円高速だから、結構車が多かった。
それに、
知らなかったけど、毎月第1日曜日は、サービスエリア2割引き。

そのせいかどうか知らないけど、サービスエリアは、
お土産類を買う人でいっぱい。
お菓子とか、かまぼことか、漬物とか、とかとか・・・
そんなに買って、どうすんの???
っていうほど、みんな買いものしている。

第一日曜日のサービスエリア、ここに不況はない・・・
でも、
1000円高速がなくなったら、また事情は変わるのかもしれない。

日曜日は、九州の実家に泊まって、月曜日の朝早く帰ってきた。
行きは1000円だったけど、帰りは6000円・・・

♪ 行きはよいよい・・・帰りはこわい・・・
  こわいながらも、1000円高速、いつまでだ〜 ♪

6月ぐらいまでだったけ・・・

こんな、ちょっとおいしい話、なくなったらなくなったで、
人の流れは、どう変わるのかな・・・

1000円だったから、行ったところ
神戸IKEA、金毘羅さん、などなど・・・
1000円じゃなかったら、きっと行ってなかったと思う。

6月からは、近場で遊ばなくちゃねぇ・・・
それはそれでどうなんだろう・・・ どうなる!?



はさみ

IMG_7541_1










やっと、縫物の道具も整理した。

はさみ、大好き。包丁も好きだけど、はさみも好き。

洋裁ばさみ大、洋裁ばさみ中、洋裁ばさみ小、
紙用はさみ、ピンキングはさみ、以上5つはよく使う。
洋裁ばさみの中と小は、ちょっと切れ味が悪くなっている。

中は砥ぎに出さなくちゃいけないけど、
小の方は、買い替えかもしれない。
2500円で安いのにすごく使いやすいはさみ。
だから、普段はこればかり使っている。

はさみは、近所の刃物屋さんで買う。
そして、砥いでもらう。
洋裁はさみは、先が肝心だから、先をちゃんと砥いでね、
ってお願いする。

手前のペットボトルのお水、飲むためじゃない。
アイロン用の水、いちいち洗面所に取りに行くのが面倒。
だから、ペットボトルに水を入れて置いておく。

洗面所までの距離、3メートルなんだけど・・・
たったこれだけの距離、縫物に集中し始めると、めんどくさい。

昨日は、スリムパンツを作った。
いつも作る、「はきよかパンツ」をスリムにしたバージョン。

思い切ってスリムにしたら、スリムにしすぎて、
着るときちょっと難しい・・・
もう少し痩せたら、す〜っと入るかもしれない。
腹筋、がんばんなくちゃね・・・

とにもかくにも、今は手作りが楽しい〜。
いろいろ楽しいことに挑戦しているからかな?

土日は忙しくて、ミシンはできないけど、
また、来週時間を見つけては、カタカタするつもり。
なんだか、やっぱり手作りは楽しい〜。

☆ちゃんと家事もやっています〜 ぼちぼちだけど・・・(笑)

当選!?

IMG_7537_1







「何か当たっているよ!」って、オットが郵便物を持って帰った。

某スーパーのプレゼント、そういえば、応募したな〜と思いだす。
なんと、なんと、日帰りバスツアーが当たっていた。
バスツアーだから、お昼にはビールだって飲める!

ヤッタネッ! 

晩ごはんを食べながら、ゆっくりと「ご招待状」を読む。

1名様ご招待、だから、私が行く、これ決まり。
オットが、二人で行くとなるとどうなるか聞いてくる。

え〜ええっと、2人目は、10,000円別途いるって・・・
もったいな〜い。
わたし、絶対に一人で行く〜っぅぅぅ・・・

約10日間ある出発日から、都合のいい日を選んで参加できる。
4月の桜のころ、いつが桜がきれいかな〜なんて考える。

晩ごはんのビールが程よくいい気分になってきて、
血の巡りもよくなってきたけど、
頭のめぐりも、ちとよくなってきた・・・・・

バス、多すぎじゃない!?

一台辺り40人乗るとして約10日分、全部で400人ぐらい?
その中で、二人で参加する人が、150人×の2で、300人。
一人で参加する人が、100人、合計400人。

ちょっと待ってよ、このプレゼント当たった人数は何人???

私の試算だと、250人ってことになる・・・
もう少し少ないとしても、200人は当選っていうこと・・・?

これって、何なの・・・?

この辺りから、焼酎の湯割りを飲み始めて、
頭の回転もグングンよくなり加速していった。

一人で参加ということは、バスツアーの隣、誰か座る。
あ〜あ〜、だいたいどんな人が隣に座るか、想像できる・・・

お昼のランチ話題、大型スーパーの安売りと、
そして、お嫁さんの悪口、子ども自慢、旦那の愚痴、
そしてそして・・・あっちが悪いこっちが悪いと病気自慢・・・

なんだか、どんな人が隣か、パターンが読めてきたような・・・

湯割り焼酎片手に、ああでもない、こうでもないって言っている私。

オットが、
「行きたければ、ツアーじゃなくて、一人で行ったら? 
 お金自分で出して、一人で行ったら?」

日帰り一人で運転するにはちょっと遠いけど、
行こうと思えば、行ける場所。
ただし、自分で運転となると、ランチのビールはないな・・・

なんて、考えていると、またまた、オットが、
「時間の無駄だよ・・・・・
 日頃から、時間の無駄ムダっていってるだろ・・・」

確かにねぇ・・・・・・

焼酎の湯割りも2杯目となり、ほろ酔い加減で考える。

いったいこのプレゼント、ツアーの意図するところは・・・
なんだか、腑に落ちないな・・・

とにもかくにも、ちょっと喜んだけど、
結果は、行かないことにした。

代わりに、花見にでも行くかな〜?




家事の合間に

IMG_7531_1










やっとやっと、手作りの神様、ちょっとだけ私にほほ笑んだみたい。

素敵なデザインのコートワンピース。
私と同じくらいの背丈の人が着ていて、
試着させてもらったコートワンピ。う〜んステキ!

本をお借りして、そこまではよかったんだけど・・・
本を眺める{だけ}で、頭の中では出来上がっていたんだけど・・・

やっとやっと、作業用のテーブルもニュートラルポジションになって、
気になっていた、このコートワンピに取り掛かった。

製図して、布を水につけてアイロンかけて、(ここまで30%の気持ち)
それから、
布を裁断して、接着芯を張り付けて、(ここまで70%の気持ち)
その後、
ミシンで縫い始めたら、3時間でできた。(これで100%!)

つまり、布を切った時点で、7割出来上がった気持ちになる。
最初の70%の部分、ここをがんばったら、後は楽勝なんだけど・・・

出来上がったコートワンピには、
今年の気分のネイビーの手織りのストールを合わせる予定。
デニムのジャンスカがほしいな〜・・・

IMG_7535_1










今回、縫物をしながら、最近の「いいことば」を思い出した。

私よりちょっとだけ、人生の先輩、
その彼女から、アドバイスをいただいた。

「家事の合間にすればいいのよ。
 何もかも、ほったらかしてまで、する必要はない。」

ひとつのことを極めている人、だけど無理をしない。
生活の基本となるところをきちっと抑えながら、
自分の手作りを追求している。

生活の基本が一番大事なんだよ、
その生活の上に成り立つモノづくりじゃないと、人の心は動かない、
と、教えてもらった。

自分の家で何かをしていると、
だら〜んとなってしまうか、
その反対に、
生活の基本的な部分まで削りながら、やってしまうか、
その二つに一つに陥りやすいところがある。

以前、手作りで頑張っている方、えらいな〜と思った方、
食事は作らない、子供と遊ぶ時間がもったいない、
そんな話を聞いて、すごくがっかりきたことがある。
それ以後、その方の作ったもの、なんだかかすんで見える・・・

生き方、考え方の違いだと思うけど、
そこまでして、手作りのものを作るのって、
私にはできないな〜って思った。

まあ、私の場合、ほとんど、「だら〜ん」としてしまうわけで、
正直なところ、
人のことがどうのこうのって言えるような立場ではないことは事実。

少しだけ微笑んだ手作りの神様、
この神様のご機嫌を損なわないように、
お家のこともしながら、手作り、少しずつやっていきたい、
そんな、そんな、今年の春の気分、です・・・


泣いた泣いたひなまつり

IMG_7486_1










昨日は、ひなまつり。
男の子しかいない我が家だったけど、孫は女の子。
うれしくて、ちっちゃなひなまつり会をした。

2日に近所のお魚屋さんに行って、
ハマグリと鯛を予約するはずだったのに・・・

3日の日は第1水曜日、なんでも魚市場がお休みだって。
だから、
ハマグリも鯛もないよって言われた・・・おひなさまなのに!?

ということで、おひなさまだって言うのに、変なメニューになった。

ヒラメのカルパッチョ・粒マスタード風菜の花添え
ローストビーフ・ワイングレビーソース
それに、
ちらし寿司、おひなさまケーキ。

おひなさまケーキは、今回はイチゴのムースのケーキ。
買ったほうがかわいいかな〜って思ったから、
近所のケーキ屋さんで予約したケーキ。

やっと5カ月になった、なっちゃんの初節句。
いい子なのに、かわいい子なのに、
最近は、ママじゃないと泣くの・・・

ママがご飯を食べている間でも、
ばんたん(わたし)が抱っこしていてあげようねって、抱っこ。

顔をじろじろ見る。きょろきょろあちこち見る。
そして、
泣く。半端な泣きかたじゃなくて、必死で泣く。
根性のある泣きかた、根性泣きをする。
ママが抱っこするまで泣く。

ママはゆっくりご飯も食べられない・・・

大変だなぁ・・・・・・って思う。
私もああして子育てしてきたのかな?って思う。

世の中のママさんたち、がんばってね。
今は大変だけど、そのうち、そのうち、そのうち・・・

あのね、本当のこと言うけどね・・・・・・・

もっともっと大変になるよ〜!? 

子供が大きくなればなるほど、悩みは深刻になるからね・・・
でもね、
いいこともいっぱいあるから、きっとあるからね。がんばれ〜

ありえんじゃろ・・・

IMG_7458_1










昨日のニュース、思わず耳を疑った・・・

なんでもかんでも、5月の連休がなくなるんだって・・・
それで、その代わりに・・・ これを聞いて、ぶったまげた!

5月の第2週は、九州地方が連休、
5月の第3週は、中国地方が連休、
5月の第4週は、近畿地方が連休・・・・・・

という具合に、日本を5つの場所に分けて、連休をずらすんだと!

あんれま〜ぁ・・・・・ ありえんじゃろ・・・・・

メリットは、道路が混まなくなる、旅館ホテルの予約が取りやすくなる、
などなど、旅行に行くのが便利になるかららしいけど・・・

我が家は、零細企業、ほんとにちっぽけな会社。
そよ風だって吹けば、ぶっ飛ぶよな会社。

もし、この地方時間差連休がスタートしたら・・・

中国地方が連休中だって、九州や中部地方では休みがないとすると、
オットの仕事の関係上、相手様に合わせて出張もあるし、
向こうからの問い合わせもある。

そんな中、のんびりと連休で休んでられない。
だから、連休はあってないようなもの、ずっと働かなくてはならない。

今でも、5月の連休、2〜3日休みがあればいいほうなのにね。。。

我が家の息子、関東地方に住んでいる。
ここの家族が連休で休んで我が家に帰ってきたら、
我が家のもう一人の広島在住の息子一家と、ピクニックにも行きたいし、
お金が許せば、温泉にだって行きたい。

でもでも、関東地方は連休でも、中国地方は休みがないということは、
広島の孫ちゃんたち、学校が休みじゃないってことになる。
そうなったら、一緒に遊べないじゃない!?

誰がいったいこんなことを考え付いたんだろう?

国民の祝日、ナショナルホリデーって言うよね。
それが、
ニッポン全国一斉にお休みするんじゃなくなるって・・・

わからん、わからん、ありえん、ありえん、わけわからん・・・

☆このことは、今から審議されるそうで、
 もし、祝日を変えるとなると、法律を変えないといけないらしい。
 だから、もし、仮にこの連休システムになるとしても、
 早くて再来年度からだということらしい。

ニュートラルポジション

IMG_7455_1










作業部屋を片づけた。まだ途中だけど・・・

我が家、いわゆるどこにでもありそうな4LDKのマンション。
4の内訳は、寝室、オットの部屋、私の作業部屋、
それから、リビングにくっついている、
畳の枚数は4・5枚あるけど、実質3畳の広さの和室。

リビングルームは、なるべくなるべくモノを置かないようにしている。
ここは、何もモノが出ていない状態、
私はこれを「ニュートラルポジション」と呼んでいる。

人が来たり、何かの作業をしたりしても、
次の日は、ニュートラルポジションに戻すように心掛けている。
じゃないと、何だか落ち着かない。

寝室には、モノを置きたくない。
でも、どうしても置き場所のない、酒類が置いてある。
ビール、酒、焼酎、ワインはこの部屋にある。

オットの部屋は、いつも爆発!?したような状態だけど、
それはオットの勝手だから、私は関知しない。

わたしの作業部屋、これは、私が好き勝手に使っている。
とりあえず、何かものを置いておくのがこの部屋。
というか、私の作業部屋にしか、とりあえずの場所がない・・・

だから、私の作業部屋は、いつもごちゃごちゃ・・・
ごちゃごちゃだから、すぐに作業ができない。
見るだけでもストレスが溜まっちゃうぐらい、ごちゃごちゃ。

春になって、服も作りたいし、そろそろバッグも作りたいし、
あれもこれもやりたいけど、やる気を削ぐ、そんな作業部屋・・・

第一の問題は、作業部屋のキャパシティーに対して、モノが多すぎる。
わかっちゃいるけど、どうする・・・

ということで、先週あたりから、片づけを始めた。
この作業部屋に置かなくてもいいものは、ほかの部屋に移動。
ほかの部屋だってスペースがあるわけじゃない。

だから、スーツケースとかバイクのヘルメットとか、
いらないものは処分することに。
プラスチックのケースも、処分することに。

まだまだ、片づけ半分だけど、とりあえず作業テーブルの上は、
やっとやっとニュートラルポジションになった。
これで、やっと縫物ができるようになった。

これがどのくらいキープできるかと言えば・・・
ダメなんだよね・・・いったん作業を始めるとまたぐちゃぐちゃ。
作業をもう少しきれいに進めなくちゃね。

ウォーキング圏内の器屋

IMG_7448_1










ガラスの器を買った。
今までに我が家にはないタイプのガラスの器。
重厚感のあるガラス。
四隅がぐっと上に向かって上がっている。

お刺身、酢の物、サラダ、などちょっと盛るのにいいかな、
と思っている。
お刺身って、平皿には盛りにくいと思う。
ベターとフラットになると、おいしくなさそうに見える。

高さを出そうとすると、ダイコンのケンを山にして、
それにもたれかからせるように、お刺身を並べる。
う〜ん、なかなか料亭のようにはいかないのだ・・・素人は。

料亭までの完璧さはなくてもいいけど、もう少しましに盛りたい。
ということで、四隅が上がっていたら、どうかな…と買った。

先週、見事な鯖を発見。
さっそくしめ鯖にした。
大きなサバで、片身はその日のうちに生っぽいしめ鯖で。

そして、残ったしめ鯖、ややしまりすぎのしめ鯖、
このガラスに盛ってみた。
ただ、いっしょに飾り盛りする大葉など、全くなかった。
だから、しめ鯖だけ切って並べただけ。

・・・やっぱり、プロみたいにはいかないね・・・苦笑。

研究の余地あり。

さて、このガラスの器を買ったのは、
広島タカノ橋商店街、市場の北側出口にある「やまね」というお店。

すごく小さなお店なんだけど、プロご用達なのかな!?
どちらかというと、お店やカフェで使いそうなシンプルなお皿が充実。

とにかく、小さなお店に器が重ねてあって、見るのが大変。
自分で、下の方にあるお皿をとって見るのは、ちょっと・・・
でも、お店の人がとっても親切で、
見たいお皿を、いろいろと見せてくれる。

今探しているのが、
どんぶり、そして、サンマをのっける長細い皿。
その両方、他にも使い回しができるような、多目的皿じゃなきゃダメ。

それを説明すると、どんぶり3種類、サンマ皿4種類、
たちまちのうちに、その器の山から出してきてくれた。
お店にないものは、パンフレットも見せてくれた。

う〜ん、考えちゃうな・・・

「サンマの季節まで、気長に考えてください〜。
 お店にない器は、また入れておきますから、
 近くに来た時は、いつでも寄ってくださいね〜♪」

我が家から近いから、ふら〜っと行ける所にある。
ウォーキング圏内の器屋さんなのだ。

それに、
ふら〜っと買えそうな値段のものもいっぱいだから、
ふら〜っと買いそう・・・それが怖い。

気をつけなくちゃね。

☆ただ今、春のお家片づけ大作戦、実施中!
 どうして、こんなに次から次へとモノがあるんだろう・・・
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ