IMG_8132_1










連休初日の昨日・・・

お爺さんは山へ芝刈りに・・・
     お婆さんは川へ洗濯に・・・

ではないが・・・

我が家のオットは仕事場へと・・・
    わたくしは家で破れた服の繕いものを・・・

写真↑ オットのシャツの襟をひっくり返して縫って、
きれいになったところ。

IMG_8121_1










写真↑ これ、繕い以前の様子。
2003年に買った、オックスフォードのシャツ、
襟が擦り切れてボロボロになってしまって、
それでも、オット、このシャツが好きでね・・・

このシャツシリーズ、以前数えたら、1ダース以上持っていた。。。
オットいわく、この2003年バージョンが一番のお気に入りだそうな。
布の感じとか、カッティングとか、そんなのがいいのかな?

さてはて、いくらお気に入りでも、この状態でこれ以上は無理かな?
と言うことで、
襟を取り外し、裏表反対にして、縫いなおした。
その繕いの結果が、一番上の写真。

どう? まあまあの結果でしょ。。。

袖口のカフス部分も擦り切れているけど、これはまだいけそう。
長袖だから、半そでにすれば、問題は解決する。

仕事から帰ったオット、
「これでまた、3年着られる〜」とニコニコ。

2003年に買ったシャツ、2013年ぐらいまでいけそうだ!

ティンバーランドのお兄さんが見たら、
泣いて喜ぶか、ええかげんにして次のを買え〜!と怒るか・・・

このシャツ、シャツで着られなくなったら、次はエコバッグに変身!
シャツで10年使い、エコバッグにして10年使う。

とことん使い倒す、それが今の我が家の気分なのかもしれない。