*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2010年07月

織りのある生活

IMG_9326_1










九州に住む母からの定期便、
大分の干しシイタケ、そして、母の手作り梅干。
ありがたいなぁ・・・って思う。

干しシイタケ、国産のだから高いんだろうな〜って思うけど、
年金暮らしの中でも、そのくらいはまだ出せると言う母に、
それじゃ、遠慮なく・・・って、甘えている。

まあ、たまにはご機嫌取りにと、こちらからも荷物を送る。

手でプチプチ止めるジップロックの袋、
あれ、嫌いやわ〜、何回か使ったら、留まらんごとなる・・・
ちゃんと留めたつもなのに、ぱかって開くの・・・
って文句。

!って、ちゃんと留めてないからだと、思うんだけどねぇ・・・

私が持っているファスナー付きが欲しいと言う。
簡単なことだ!
コストコで大パック入りを安く買ったのを2箱送る。

これだけじゃあ、いくらなんでも、大袋の干しシイタケのお返しには、
ちょっとかわいそうにもなってきた・・・

ちょっと奮発して、かなり奮発して、
マーガレット・ハウエルのティータオル2枚を一緒に送った。
1枚は、2世帯住宅の2階に住む、義妹にねって。

おしゃれなティーなんとかかんとか・・・
もったいなくて使えない、って電話口で言う。

もったいないって使わなかったら、寿命の方が足りなくなるよ〜、
三途の川、ティータオル持って渡れんよ〜、
って言った。

すると、あわてて、今日からもうすぐに使うって言う。
母、77歳なり。

一緒に、手織りで作った、綿の手ぬぐいもどき!?も3枚入れた。
台ふきにでもしてねって。

2階の義妹が、その手ぬぐいを見て、欲しい欲しいと言ったらしい。
普段、人の持っているものが欲しいなんて言わない人なのに・・・
と、母、びっくり。

まだまだ、未熟でヘタクソみたいだよ〜、この織り、って母が言うと、
そこが素朴で何ともいい! って誉めてくれたみたい^^;

母、ケチ母、3枚全部あげればいいのに、1枚だけあげたと言う。
もう、また、送ってあげるのにねぇ・・・

ヘタクソな織りでも、欲しいって言ってくれる人がいると、
なんだかすごい励みになる!

昨日から、今朝にかけて、機(はた)に、糸をかけている。
今回は、アイリッシュリネンの白。
シャキッとしたいい感じ。

家事の合間に、30分糸を通して、ちょっと他の用事。
次、また、30分ほど糸を通して、ちょっと休憩。

大変だ、大変だって思っていた糸通しも、
こうやってやると、そうでもないな〜って思う。

「日々の生活の中の織り」
これを目指してね、って言われた。
まさしく、今、それを目指して、日々「織りのある生活」を実践中。






夏の元気の素

IMG_9324_1










以前ここでも紹介した、フランスのバター、塩バター
あれもおいしかったけど・・・

ニッポンにも、まだまだこんなおいしいバターがあった!

嬉野に旅行に行って帰ったら、クール便が届いていると、
メールボックスに連絡があった。
誰から、何が?

来たのはびっくりのバター。
それも、
私が小学校1年生のころに知り合った彼から・・・

彼は父の同僚で、その頃まだ独身のお兄さんだった。
大きくなったら、私がお嫁さんになってあげる、と言っていたらしい。
残念ながら、私じゃなくて、すら〜っとした美人の人がお嫁に行って、
それからも、時々噂は聞いていたんだけど・・・

突然のバターで、びっくり。

大分県の九州乳業のバター。

小学校の頃、大分県に住んでいたとき、
給食の牛乳は、九州乳業のみどり牛乳だった。
子ども心に、草の匂いのする牛乳だと思って飲んでいた。

その草の匂いが何とも言えず好きで、
九州のスーパーなどで、みどり牛乳を見つけると、
思わず買って飲んでしまう牛乳。

そこがバターを作っているとは知らなかった。
と言うか、
このバター、あまり流通してないみたい。

現に、九州乳業のネットショップでも、取り扱いがない・・・
楽天でのこのサイトでの取り扱いはあるみたい。

このバター、あっさりとした味のバター。
ちょっとカルピスバターと味が似ている。

昨日は、じゃがいもを蒸かしてこのバターを付けて食べたけど、
すごくじゃがいもの味と合う。
なんだかすごく懐かしい〜味のするバター。

最近ちょっと上手になってきた、
天然酵母の食パンとこのバター、非常によくあって、
朝食が楽しくて、おいしくて・・・たくさん食べちゃう・・・

夏の朝の、元気の素、おいしいパンとおいしいバター!

IMG_9314_1










久しぶりに、お弁当もアップ。

お醤油とお酒に付け込んだのを焼いたぶりの切り身、
ピーマンの素焼きお醤油付け、
ズッキーニの味噌胡麻炒め、
玄米ご飯・なすのぬか漬け・梅干・昆布

いつもの通りの、地味〜なお弁当も、
ピーマンやズッキーニで、やや夏バージョンになっている。

こんな地味〜なお弁当だけど、夏の元気の素だと思っている。

さあ、今日も元気いっぱいがんばらなくっちゃねっ!

病気と性格と

IMG_9232_1










「病気になりやすい『性格』」

性格により、病気になりやすいか、なりにくいか・・・!?

この本で、一番最初に述べている点がある。
喫煙者の肺がんになる率は、非喫煙者に比べて高い。

が、しかし、
全ての喫煙者が肺がんになるかというと、そうではない。
ヘビースモーカーだって肺がんにならない人もいる。

また、非喫煙者であっても、肺がんになる人もいる。

つまり、Aという傾向がある人が、Bという傾向のある人よりも、
○○に関して、「そうなりやすい」と言うことがあっても、
全てのAの傾向の人が、そうなるわけではない。

なる人もいれば、ならない人もある。

まずは、この辺りをしっかりと把握しておかなくてはならない。

次に、
では、自分の性格がわかって、それが特定の病気になりやすいとすれば、
いったいどうすればいいのか・・・?

全く悲観する必要はない。

喫煙者の例のように、全てのその性格の人が、
その病気になるとは限らないのである。
しかし、その病気になる傾向はある。

自分の性格の「傾向」を、自分で知り、それに対処していく。
これが、筆者の一番言いたいことではないかと、私は考える。

以上が、この本のざっくりとした、「わたしの要約」・・・
この要約が、正しいかどうかは、知らん・・・わからん・・・
自己責任で受け止めてください・・・by 無責任な性格のわたし

以下、私がおもしろいと思ったこと。

この本では、
肥満・がん・心筋梗塞・認知症についての、
それぞれの、なりやすい性格について述べている。

研究者らしく、研究のデーターを元に、
性格と病気の相関関係を、わかりやすく本書では説明してある。

一番おもしろかったのは、認知症について。
ある意味、今、中高年以上の人が一番恐ろしい病気なのかもしれない。
と言うか、私は、これが今のところ、一番怖い・・・

この私が、この性格の私が、認知症になったら・・・・・・
考えただけでも怖い・・・
周りの人は、もっと怖いと思うけど・・・

ここから先は、私が読んで理解したと言うことなので、
疑問のある方は、本書をしっかり読んで確かめてほしい。
あくまでも、私が読んで、私の「脳」で理解したことだから・・・^^;

さて、認知症には、脳が大きく関係すると言われるが、
その脳が、壊れて行くときの段階(ステージ)がある。

不思議なことに、ステージ1でも認知症が表に出てくる人、
ステージ4でも認知症が表に出ない人もいる、
ということが研究でわかったらしい。

もちろん、ステージ4の方が、ステージ1よりも、脳の損傷は重い。
では、なぜそんなことが起きるのか?

「予備脳」があるかどうかが問題らしい。

脳の本体が壊れても、予備脳が「予備」として働いてくれるという、
何とも不思議な人間の身体の「安全システム」があるらしい。

だから、予備脳が多い方が、いいと言うことになる。
ありがたいことに、この予備脳、増やせることがわかっている
では、この予備脳をどうやって増やせばいいか・・・

幼少期の生育環境がいい・学歴が高い・頭を使う職業に従事、
以上の人に、予備脳が多いらしいことはわかっている。

えっ、じゃあ、じゃあ、じゃあ、私はどうすればいいの〜?
って言う人も、心配しなくていい。

中年から高齢期にかけて、次のような人は予備脳が多いらしい。
社会的ネットワークが豊富で、活動的な生活をしている。

つまり、
脳をよく刺激した生活をすると、予備脳が増えるらしいのだ。


ちょっと待ってよ〜?
性格と病気の話じゃなかったの?
脳を刺激する生活をするって、性格と関係あるの?

1冊の本を全てここで説明するのは、私の脳の状態では無理・・・
だから、大胆過ぎるぐらいに言っちゃうと・・・

性格により、病気になる傾向にある人は、
そのような病気にならないような生活をする。行動をする。考えをする。

そう、
性格は容易には変えられない・・・
しかし、
生活の行動パターンは変えられる。
考え方だって変えられる。

そして、最初に喫煙者の肺がんになる率を書いたけど、
もし、そのような性格であっても、
全ての人が、その病気になるとは限らない。
なる人もいれば、ならない人もいる。

ただ、そのような病気になりたくないなら、
健康で元気に長生きしたいなら、
自分の性格を踏まえ、
生活を変える、行動パターンを変える、考え方を変える。

以上が、私の脳の限界範囲の説明です・・・
かなり、しょっ引いて話しは進んでいますので、
?と思うところもいっぱいでしょうが・・・
後は、本書を読んで、みなさまの脳で理解してください。

夏の暑い日、こんな本を真剣に読んでみるのもおもしろいです〜♪

☆本を読んでばかりでも、家の仕事は前に進みましぇ〜ん!
 今日は、ちょっとばかり涼しそうだから、お掃除「も」しなくちゃ!
 身体活動も家事も、認知症防止にはいいそうですから・・・

☆朝から、みそ汁を作るオットに、
 「おおっ! 予備脳を活性化させ増やしているねぇ〜!」
 と励ました。。。
 私はその間、知的活動である、新聞を読んでいた・・・
















負けるな〜!

201007271410000_1










わたしのピンクのままチャリ号

我が家のパーキングに駐車中


実は、8月の半ばまで私の車が使えない。
ご心配なく・・・事故とかそんなんじゃなくて・・・
オットの会社で車の都合がつかなくて、
今、オットが私の車を使っているのである。

だから、このめちゃ暑〜いのに、車なしの生活なのである^^;

ずっとマンションの駐輪場の2階にあった、ピンクのままチャリ号、
それを引きずりだしてきて、空気を入れて、きれいに拭いて、
我が家のパーキングへと待機中。

この前、久しぶりに自転車に乗った。
ぐんぐん走ることができる。
大腿四等筋に筋肉が付いてきたからかな・・・と勝手に思っている^^

がんばれ! 負けるな 筋肉 ここにあり!

IMG_9278_1










宮崎の口蹄疫、やっと終息宣言が出た。よかった!

先日行った大手スーパー、そこに宮崎産の豚が売っていた。
値段は、ちょっと高め。
桜ポークと言うだけあって、きれいな色の豚。
脂身も少なく、我が家にはぴったり。

さっそく2パック買って帰った。
土用丑の日、うなぎはなかったけど・・・
同じくビタミンBたっぷりの豚で、豚しゃぶ。
さっぱり味の豚が旨い!

夏本場、ウナギもいいけど、豚もいいよっ!
同じ買うなら、宮崎県産、ちょっと応援したい! 

がんばれ! 負けるな 宮崎 ここにあり!

IMG_9284_1










昨日、うれしいメールが・・・・・^^ ^^ ^^ 

届いたものは、釜揚げちりめんに、小イカのボイルに、
それに瀬戸内のお魚がいっぱい、山盛りいっぱい!

お魚のうち、大きいのは、薄味の煮付けにした。

かわいらしいお魚は、油で揚げて南蛮漬け風にした。
この季節の南蛮漬け、いつもの南蛮漬けとは違う味にする。

市販のポン酢に千鳥酢を入れて、お湯で味加減する。
お砂糖が入らないので、さっぱりしておいしい。
食べる直前に、トマトのざく切りを混ぜるとよりさっぱり。
青シソを振りかけてもいい。

冷たくしすると、玉ねぎのしゃきしゃき感と共に、旨い〜!

がんばれ〜! 負けるな 夏場 食うにあり!

IMG_9281_1










昨日は、本屋にも行った。
さすが、チャリはきつかったので、バスで行った。
車だと5分の距離のそごう・・・ バスだと家から20分はかかる・・・
遠いし、暑いし、熱中症対策でペットボトル持参なり。

「病気になりやすい『性格』」辻一郎著 朝日新書 740円

おもしろかった〜!
と言うことで、きのう一気に読んでしまった・・・

特に認知症のところがおもしろい。
この話、あまりにもおもしろいから、またゆっくり書きたい。

あっ、これは、740円の価値がある本だと思う。
「旬」を楽しみたい方は、ぜひ買った方がいいと思う・・・

著者の辻さんとはお友達でもなんでもないけど・・・
いちおう、同じ歳みたい・・・^^

それから、350円で買ったオレンジページの特別版、タレの本。
ちょっとマンネリ化している我が家の台所。
かと言って、この暑い夏、難しい料理はしたくない・・・
ちょっと目先を変えるにはいいかな、と買ってみた。

ただ、
オレンジページ掲載のお料理を見ていつも思うのは、
とにかく、フライパンでちゃちゃっと仕上げる料理が多い。
油を使った料理が多いから、我が家ではちょっとアレンジが必要。

がんばれ〜! 負けるな 油(脂) 腹にあり!

暑くて熱い夏、ゆるゆ〜るがんばらなくっちゃねっ。

旬の本

IMG_9277_1










広島市の図書館、ネットを通じて、本の予約ができる。
このシステムを知ってから、読みたい本はネットで予約する。
ただ、今の「旬」の本は、予約がすごく入っていて、
かな〜り待たなくてはならない。

予約番号70番なんていうときもあった・・・
お高〜い本で、読んでみたいのは、それでもじっと我慢の子で待つ。

塩野七生氏の「ローマ亡き後の地中海世界上下二巻」は、
2冊で6000円だったから、我慢の子で待って読んだ。
待った甲斐もあったし、読んだ甲斐もある、
かなり手ごたえのある本だった。

しかし、待っていることができない「旬」の本は、
やっぱり、買っちゃう。

最近買った本(↑写真左手前から時計回りに)で、手元にある本。
(すぐに誰かが持っていちゃうから、手元にない本もある・・・)

「もし高校野球の女子マネージャーが
 ドラッガーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海著

・おもしろい!!! おもしろすぎて一気に読んでしまった。
 この表紙から、漫画的な本だと思うでしょ・・・
 私もちょっとそんな気がしていて、買うのに躊躇したけど・・・

 本屋の店頭で、以前からちょっと読んでみたいと思っていた、
 ドラッガーの「マネジメント」の本を手に取ってみて、
 こりゃ読まんわね(読めんわね!が正しい)・・・と思った。
 それで、ドラッガーと名の付いている、こちらへと・・・^^;

 その「マネジメント」をなかなか面白いストーリーの中に組み込み、
 お話として書いてある本。
 野球部女子マネージャーが、弱小チームを甲子園へと連れて行くには、
 どうしたらいいかと、この「マネジメント」を参考にして・・・

 野球部マネージャーじゃなくても、何か集団で事をしようと思う人、
 そんな人には、参考になる本だと思う。
 
 ただ今行っている「おいしいテーブル」を当てはめたら・・・
 と、そんな思いでこの本を読んだ。

 図書館予約待ち数 ただ今 484人


「くらべない生き方」大平光代・釜田實著

・このような、哲学本と言うか、生き方本、基本的に買わない。
 気が向いたときに、ときどき図書館で借りる程度。
  
 では、なぜこの本を買ったかと言うと・・・
 ぱらぱらと目次を見て、心に響く何かを感じたから・・・
 
 本の表紙にも書いてあるが、
 「人生で本当に大切にするべき10のこと」
 この10のことを、一つ一つ、著者の両氏が対談形式で語っている。
 
 参考までに、その10項目は、
 「くらべない」
 「ゆるす」
 「伝える」 
 「無理をしない」
 「繰りかえす」
 「つくりあげる」
 「泣いてみる」 
 「さらけだす」
 「寄りかかる」
 「つないでいく」

 この10項目を見ただけで、この本が読みたくなると思う。
 
 今何かに悩んでいる人、
 人間関係に悩んでいる人、
 自分自身がイヤになっている人、
 これからの人生、ちょっと立ち止まって考えたい人、
 そんな、何かの「悩み」や「戸惑い」のある人は、
 読んでみるといいかもしれない。
 
 図書館予約待ち数 ただ今 13人


「100日弁当。」よっちゃん著

・40代独身サラリーマンの毎日の弁当の記録、
 これをブログに毎日掲載している。
 それの本。
 正直なところ、ブログを見たら本は買わなくても・・・
 って感じかもしれないけど・・・

 けどけど・・・買った理由は、
 毎日作っているだけあって、真実味がある。
 毎日作り続けられそうな(ここがポイント!)弁当なのである。

 だいたい、キャラ弁なんていうのは、性格に合わないし、
 あんなにいじくりまわした弁当は、不衛生じゃないかとも思う・・・
 まあ、できない私の「遠吠え」ではありますが^^;

 それに比べて、今日にでも作れそうなメニューばかりの本。
 そう、明日からのお弁当のおかずのヒントになりそうな本。

 夕方、でろ〜んとソファーに転がって眺めるのにいい本。
 「明日のお弁当のおかずの参考になるの、どれかな〜?」って。

 図書館予約待ち数 検索の結果まだ、図書館買ってないみたい・・・


「日本経済の真実」辛坊治朗・辛坊正記著

・「たかじんのここまで言って委員会」でおなじみの
 辛坊氏と彼のお兄さんのの本。

 テレビでわかりやすく解説してくれる、辛坊氏の本なので、
 すら〜っと読めるかと思ったが、
 やや根性を入れて読まないと読めない本。
 それでも、わかりやすく解説してくれている。

 こんな「旬」な本は、やはり、今読みたい。
 来年読んでも、あまり意味のない本だと思う、こういう本は。

 図書館予約待ち数 ただ今 169人


さて、写真奥にある2冊、これは図書館で予約して借りた本。
人気の作者ゆえに、予約待ち数がすごいかな〜?って思ったけれども、
そうでもなくて、借りた本。

ベネシア・スタンリー・スミス氏著
「ベネシアのハーブ便り」「ベネシアの京都里山暮らし」

この2冊、実は、ベネシアファンの母に贈った本。
私も買うかな〜って思ったけれども、
まずは、図書館で借りてみようと思って。

ハーブ便りの方は、もしハーブに興味がある人だったら、
買っても損はしない本かもしれない。
私も、いくつかのレシピは、メモメモする予定。

こちらの方の、図書館予約待ち数は? って・・・

私が図書館に返したら、借りられるますよ〜^^
さっさと読んで、次の人に回さなくちゃね。


☆今日も本屋さんに行く予定
 本屋さんに行って、本を選ぶ時間、極楽の時間。
 バーゲンにも行かないし、洋服もしんぼう「したい」し・・・
 化粧品も買わないし、アクセサリーもガマン。
 でも、本だけは、ほんのちょっとのわたしの贅沢品。

空白のスケジュール

IMG_9268_1











陀羅尼助丸(だらにすけがん)って、胃腸薬!?
吉野の山で修業する、修行僧が作って飲んでいた薬みたい・・・

以前、奈良に行くとき、友だちから買ってきてと頼まれた。
なんでも、胃腸が弱いから、これを飲むと言う。

ふう〜ん、って、胃腸に自信満々な私は、あまり興味なし。
まあ、ついでだからって、1袋、自分用にも買ってきた。

つい数日前、これ買って1年以上になるけど、
まだ一回も飲んだことないよね〜、と、オットに自慢した。

どうやら、自慢したのがいけなかったみたい・・・

それとも、最近の過密スケジュールのせいだったのか・・・

それとも、単なる夏バテなのか・・・

やっぱり、単なる歳のせいなのか・・・

昨日の朝、起きたら、なんとなく‘だらり〜ん’とした感じ。
身体に力が入らないみたい。
そして、頭痛がする・・・

朝ごはんは、茶がゆにして軽く食べた。
そして、頭痛薬を飲んだ。
その後、どうも、胸がむかむかする・・・

食べすぎかな〜って思ってみる、けど、そんなに食べてないけど・・・

だら〜んとソファーに転がる。
やる気、ないな〜・・・

そうそう、数日前に話しに出た、あれを飲んでみよう、と思いつく。

陀羅尼助丸を出す。
一回に30粒も飲むんだって・・・!
数、数えるの大変だな〜って、いち・にい・さん・・・って数えた。

飲んだ後から気が付いたけど、10粒ずつ数えるスプーンが付いていた。

その後も、なんだか、気持ち悪い〜。
クーラーを少し効かせて、部屋の中でごろりん。

お昼は、半玉の素うどん。
オットには、具だくさんの冷やしうどんを作った。

オットの冷やしうどんが、すごく美味しそうなんだけど、
さすがの私も、遠慮した・・・

食後、なんだか甘いものが食べたいな〜って言った。

オットが何が食べたい〜?って聞くから、
「お砂糖が回りにこびりついたドーナッツが食べたい!」
って言うと、オットが笑う。

なぜ、そんなものが食べたいのか?なんだけど、
正直、食べたいな〜って思った。
でも、さすが、やっぱり今日はやめておこう。

オットが、もみじ庵で、桜餅とくず桜を買ってきてくれた。
熱いお茶で、パクパク食べる。
お腹の調子は変だけど、頭の中では、しっかりとおいしい!

2週間ほど、ずっとスケジュールがいっぱいだった。
梅雨末期の雨、その後の夏、そして旅行、ボランティアなどなど・・・
やや、お疲れなのかもしれない・・・

そんな忙しい日々だったけど、
今日から8月末まで、じゃ〜ん! 全く予定が入っていない。
スケジュール真っ白!

友だちいないんじゃないの〜っ?って言うぐらい、予定なしの日々。

空白の40日間弱、毎日、なにするかな〜?
って、
やりたいことは、山ほどあるの。

だから、まずは、体調を整えて、
それから、
少しずついろいろやるつもり。

しばらくは、自分の時間を楽しみたい。



落ち着くごはん・その2

IMG_9249_1











さて、椎葉山荘の晩ごはん、ビールの次は冷酒にした。
地元のお酒。さらっと辛口。

この入れものがいいよねぇ・・・・・!
実は、椎葉山荘の売店に売っていた。
買おうかどうか、かなり迷ったけど、いちまんえんだったから・・・

次、誰か椎葉山荘に行ったら、これ、お土産にください〜 

IMG_9250_1










「お造り」は、ヒラメ、カツオのたたき。

IMG_9251_1











「吸い物」は、山芋のつくねがおいしい〜。
出しは、かつおぶしがよく効いたお出し。
私は、かつお控えめで、昆布がもう少し効いた方が好きかな・・・

IMG_9252_1










「佐賀牛の網焼き」
実は、しゃぶしゃぶかどちらがいいかって、事前に電話があったの。
しゃぶしゃぶだと、お野菜とかお豆腐とかいっぱい出そうで、
食べられるか心配だったから、網焼きにしたんだけど・・・

もう、このお皿が出たころは、お腹がいっぱい過ぎて・・・
食べられないよ〜ん。。。

オットが、おいしいから食べろと言う。
一枚食べたら、確かにおいしい・・・けど、二枚が限度だった。。。

IMG_9255_1










「丸ナスの煮びたし」
って、もう限界を超えていたお腹だったんだけど・・・

これは、この日の一番のおいしいさだった、私一押しのお料理。
丸ナスを揚げて、その上に粟麩・蒟蒻・小いもを乗せている。
お出しの感じもいいし、これ、後3個食べたい〜。

って、もう限界だったんじゃないのかねぇ・・・・・

IMG_9248_1










順番は前後したけど、「お造り」の前に、
「オクラといんげんの胡麻和え」が出てきた。

胡麻、ちゃんと擦っているんだ〜。
すりゴマで作る、我が家のちゃちゃっと胡麻和え!?とは違うね。
インゲンのゆで加減がいい。

IMG_9257_1










「五島うどん」
もう、これは、無理だった・・・
お腹ぱんぱん・・・

IMG_9259_1










って、言いつつ・・・

「茗荷ご飯」なんて、どんなご飯だ〜って、好奇心が勝って、
結局、これは全部食べた・・・

IMG_9261_1










「黒糖わらび餅」は、もう、私は食べない・・・・・って言うのに、
オットが、おいしいからひとつ食べろ、と言う。

食べてみたら、あら本当! おいしい〜、って全部食べた。

この前に、巨峰と何か果物が出て、それは食べた。

とにかく、旅館のお料理は、私には少々多すぎる・・・
それでも、食べちゃうところが、また、不思議なんだけどね・・・

最後の果物とわらび餅、これは、お部屋に持って帰ればよかった、
と、後から気が付いた。
ちょっと残念だったところ。

どれも、やさしいお味で、落ち着く味のごはんだった。



落ち着くごはん・その1

IMG_9243_1











椎葉山荘の晩ごはん、まずは、「山桃酒」からスタート。
このグラス、いいな〜。
我が家の梅酒用にも、こんなグラスが欲しい・・・
日本酒にもよさそうだしね。

IMG_9244_1










「蒸し鶏サラダ」は、お醤油味のドレッシングが添えられていた。
お料理は、オットと2人分がお皿に盛られてくる。
それを、取り皿に取り分け食べる。

昨晩、おうちでこのマネっこをしてみた。
蒸し鶏、白きゅうりを種を取って薄切りにして氷水に放ったもの、
それから、キャベツの極細千切りに塩をして絞ったもの、
ドレッシングは、ごま油・サラダオイル・千鳥酢・醤油。

オットが、おいしいな〜って食べた。
我が家でもこんなサラダは作っているけど、
ちょっとだけ、プレゼンテーションを変えると、
見た目も違うし、おしゃれになるし、それが外から学ぶことかな?

IMG_9245_1










「ぜんまいの田舎煮」
ぜんまい・竹の子・ニンジンを煮たもの
お上品な味〜で、もっと食べたい・・・
私だったら、みりんは入れないかもしれない。

IMG_9246_1










「吟醸豆腐 美味出し」
濃厚なお豆腐。ぐぐっと濃厚な豆乳を固めたお豆腐。
豆腐がもっちり!している。
これは、おいしかった。お皿を、なめたい気分になった・・・

このお豆腐、オットと2人分取り分けたけど、
食べてみておいしかったから、
残りの分、急いで自分の取り皿に入れた・・・^^

IMG_9247_1










「鮎煮浸し」
鮎を圧力なべか何かで煮ている。
だから、頭の先からしっぽまで、骨を含めて食べられる。
甘露煮の甘くなくてさっぱりした感じかな?

手長エビをカラッと揚げたもの。
ぱりぱりしていて、こういうの大好き。
エビとかの皮を揚げたのや、焼いたのが大好きなの。
う〜ん、酒が欲しいな・・・

添えられていた、ごぼうの甘酢浸け、これがおいしかった。
ごぼうを柔く似て、それを甘酢に漬けたもの。
これは、ぜひぜひ作ってみたい。

ここまで食べてきて、全体に落ち着く味付け。
ただ、我が家の味付けに比べると、少々甘みがある。
もちろん、みりんの味付けだろうけど。
酒飲みには、もう少しみりんは控えめでもいいかな?
って、もうこれは好みの問題だけどね。

それにしても、特別、これっ!って言う料理はないけど、
ていねいに作られている味、落ち着くね。

お外で食べて、一番まいっちゃうのが化学調味料の味。
ラーメン屋さんとか、庶民的な中華料理屋さんとか、
場末の居酒屋とかだと、化学調味料もあまり気にならない。
と言うか、それはそれでいいと思っている。

ただ、恰好付けているお料理なのに、手抜きの料理、
つまり、化学調味料で勝負!している味はいただけない。

その点、ここのお料理は、基本に忠実なお料理。
落ち着くお料理なのである。

さてはて・・・

まずは、生ビールでここまで進んだけど、
実は、白ワインの辛口の冷えたのが、飲みたかった。
しかし、ワインの種類はあまりなくて・・・

聞けばあったのかもしれないけど・・・
それは、やっぱりちゃんとリストに乗せて置いてくれないと困るな。
そこまで白ワインって、感じでもなかったから、
なんとなくスルーしちゃったけどね・・・

そんなこんなで、
次は、お造りだから、やっぱり日本酒かな?
せっかくだから、地元の日本酒で行くかな?
なんて、
本日の献立を見ながら、いろいろ考える。

つづく・・・

30年目のハート

IMG_9203_1











久しぶりの夏休みの旅行、
今回は、オットに、かなり無理な休みの取り方をしてもらっての旅行。
なぜなら、今年は、結婚30周年だから。

本音の部分では・・・
海外に行きたいんだけどね・・・
オットの休みがね・・・

・・・結婚30周年! 
     わたしひとりタビ・・・

         ・・・・・でも、私はいいんだけどね〜(苦笑)

なんだかんだ言うと、どこにも行けなくなっちゃいそうだから、
とにかく、近場でも、夏場でも、なんでもいいからのお出かけだったの。


ここは、長崎道上り「大村サービスエリア」
海がきれいそうだからって、ちょっと停まって休憩。

梅雨明けの海がきれい〜!

って、お昼の2時ごろ、お日さまガンガン!
気温36度、暑い〜〜〜!

休憩の人たちも、陰のベンチに、べた〜っと張り付いて、
アイスクリームやかき氷なんぞ・・・食べている。

その中、このハートを発見!
対称ではないこのハート、形がかわいいな〜って、
炎天下の中、このハートを手で、すりすりした・・・わたし・・・

なぜ、ハートの真下に正方形のタイルがあるんだろう・・・
それに、
なぜ、あんなところに、突き出た台があるんだろう・・・



わかった! わかったぞ〜! 

と、ひとりうれしくなり、試してみる。

そう、その突き出た台のところに、カメラを乗せると・・・
後ろの海と空をバックに、ハートのマークがカメラの真ん中になる!

この突き出た台、真ん中には、ねじねじもあって、
そこには、カメラが固定できるようになっている・・・うひうひ^^

木陰で寝そべっていたオットに、すぐに来るように言う。

IMG_9205-1_1











じゃ〜ん!!! 

 結婚30周年の記念写真です〜!

うれしくなって数枚写真を撮った。
写真を撮るたびに、シャッターを押して、ハートにまで走った。

暑い中、余計暑くなった・・・

って、このころ、にわかに、周りで見ていた、「ギャラリー」が色めく!
みんなが、我々のことを見ているのがわかる。
陰のベンチで、べた〜っと座って、
アイスクリームなんて、かき氷なんて、食べてる場合じゃないぞ!
って、そんな雰囲気が、あちこちに・・・

そして、
みんな、カメラの用意をし始めた。

我々が去った後、次々に順番待ちで、ハート写真を撮っている・・・
暑い中、ご苦労様です〜。

私も、汗でぐっちょりなりました・・・^^;

仕事で高速を運転するときは、
トイレに一番近い場所に車を止めて、
駐車 → トイレ → 即 → 車 → 運転・・・だけど・・・

仕事がらみじゃない旅行は、こんな点でも、のんびり、ゆっくりできる。

ああ〜、また、行きたいな〜。


☆困るなぁ・・・
 誰かが、こんな素敵な場所を紹介しているよ・・・
 「オーベルジュ土佐山」は、やっぱり行きたいところ。
 それに、
 「オーベルジュ内子」 こんなところもできたんだね・・・

 結婚10周年も、結婚20周年も、どこにも行ってない・・・
 今年は、まとめて、あちこち行っちゃうか・・・っ!

数年ぶりの夏休み・・・

IMG_9211_1











梅雨が明け、夏らしい日がスタート。
そんな中、
数年ぶりに、夏休みを3日(実質は2日かな?)いただきました。

オットと、「仕事がらみでない」旅行へと!
仕事がらみでない!旅行は、たぶん、2〜3年ぶりかしら?

行先は、佐賀県嬉野温泉。
以前から、その名前だけは聞いていたけれども、
予約が取れないって・・・少々諦めていた場所。

椎葉山荘へと行きました。

予約が取れない理由、行ってみてわかりました。
行ってみて、また行きたいと思いました。
そういうお客さんが増えるから、予約が取りにくいのね・・・

オットも、また行きたいと言います。
「また、2〜3年後!?」って聞いたら、
「一年に一度くらいは行きたいねぇ・・・」

!ヤッタネ! 来年、また、行けるかも^^

いつもは、仕事がらみの旅行。
私は運転助手で付いて行くから、文句も言えないんだけど・・・
ビジネスホテルか、民宿か、そんなところに泊まる。

まあ、ビジネスホテルでも民宿でも、どこかに行けることはうれしいの。
私は、泊るところは、どんなところでも、基本的のOK!だから、
それは苦になることはないのです。

食べるものは、その時の気分と予算で、
超〜庶民的な居酒屋のときもあれば、
たま〜に、本当にたま〜に、イタリアンだったりすることも。
でも、基本は、庶民的な居酒屋がほとんど。

だから、
今回泊ったような、10畳の畳のお部屋があって、
隣はツインのベッドルームが付いていて、
お部屋にヒノキのお風呂も付いていて、
なんていうのは、我が家にとって、ウルトラ超ド級に豪華な旅行!

正直、この歳になって、
たまには、こんな旅行もいいな〜って思います。

子育てが終わって、やっとやっと出掛けられるようになりました。
ここまでの道のり、長かった・・・

リピーターの多い理由は、ロケーション、お部屋、お風呂、
そして、
なんと言っても、お料理だと思います。
また、ゆっくり紹介しますね。



サバと体脂肪の相関関係

IMG_9145_1










ちょっと前のことだけど・・・

魚屋さんで、びんびんしているサバを見つけた。
「しめ鯖用」って書いてあるっ! 
値段も安いし、すぐにお買い上げ。

早速、しめ鯖を作った。

が、? 何かが違う・・・・・

オットが「腹身のところが、固い!」と言う。

よくよく観察すると、腹身の部分に「脂」がのってない。
やっぱり夏のサバだからなぁ・・・

このサバの体脂肪率、かなり低いかも・・・

私だったら、体脂肪が低いのはうれしい。
特に、私の腹身の体脂肪は、もっともっと減らさなければならない・・・
しかし、
サバの方は、体脂肪が低いのは、どうもいただけないね・・・

とか何とか言いつつも、しめ鯖を食べた。

後半身残っているけど、どうしよう・・・・・・

IMG_9162_1










いろいろ考えたけど、なぜか次の日、気分はイタリアンだった。

白いキャセロール皿に、玉ねぎの薄切りをたくさん敷き詰めて、
その上に、ズッキーニも輪切りにしておいて、
そして、しめ鯖の切ったのを並べた。

上から、生シイタケの薄切りをぱらぱらと置き、
パン粉をふりふりして、パルメザンチーズもふりふりして、
クレイジーソルトとブラックペッパーを振りかけ、
最後に、オリーブオイルをかけた。

これを220度のオーブンに入れて20分。

できた、できた! しめ鯖のイタリアン風!?が。

マリネした魚をこのようにオーブン焼きすることがある。
しめ鯖だって、考えようによっては、マリネした魚。
我ながら、なかなかいいアレンジ方法だと思った。

お味の方は、酢で下味の付いたサバと他の野菜の組み合わせがおいしい。
オットは、パルメザンチーズがきいていると言う。

とにもかくにも、ちょっとだけ頭を悩ました、夏のサバ、
どうにか美味しくいただきました。

やっぱり、サバは冬かな・・・

いやいや、秋サバって言うものね。秋まで待たなくっちゃねっ!

ハウエルのティータオル

IMG_9153_1










「今年の気分」のもの、この前書いた。
その中に、マーガレット・ハウエルのリネンの白シャツが、
欲しいな〜って書いた。

節約の人からメールが来て、買ってもよろしい〜!と、
お許しが出た。ヤッタネッ!

それでも、すぐに買い物には行かない。
なぜって、私は極度のひきこもりだから・・・

昨日、やっとの思いで、そう、やっとの思いで、そごうに行った。
車で5分の距離なのに、そごうは遠い気分。。。
そうなの、気分的にかなり遠いのよね・・・ぇ・・・

エスカレーターで、マーガレット・ハウエルに直行!

でさ、
白いリネンブラウスは、春夏物商品で、売り切れた・・・

えっ、基本の基本のシャツだから、年中あると思ったし、
なければ、取り寄せができると思ったら・・・
そう言うもんじゃなかったのねぇ・・・・・

ネットでは見かけたけど、
リネンの感触とサイズは、やはり実物を見たいと思って、
そごうまで、「はるばる」出掛けたのに・・・グスン・・・

コットンの定番シャツ、これにするかな〜とも思ったけど、
サイズが?しかない・・・
サイズ?は日本の9号かな? 
私は、サイズ?の11号サイズじゃないと、丈が短い・・・

8月の中旬には、サイズ?が入るという。
う〜ん、コットンのシャツにするかな・・・

NEW ARRIVAL(新しく来たもの)の中に、
デザインのかなりおもしろいシャツがあった。
ちょっと考えた。。。 

歳が歳だもん・・・こっちの方が似合うかな?

ショップのお姉さんが、(すごく感じのいい人!だった)
このシャツ、洗ってくしゃくしゃになったら、
すごくいい感じになりますよ〜って。

確かに、今はお行儀いいけど、洗ったらいい感じが出そうだよね〜。
しかし、
またもや、サイズ?しかないという。
だから、サイズ?を頼んできた。楽しみだな〜、来るのが。

さてさて、
マーガレット・ハウエルのティータオルが大好き。
イギリスでは、ふきんのことをティータオルって言うの・・・

一枚、税抜きで2800円。(税込みで3000円ぐらい・・・)
高いな〜って思う。

ショップのお姉さんが、
「これなら、今バーゲンで、1980円になっています。」
と、ちょっと布の感じの違うティータオルを持ってきた。

1000円違いか・・・・・・・・

でもでも、待てよ・・・って思った。

「私、以前買ったの5年以上使っているの。(↑写真左下)
 1000円を5年で割れば、1年に200円でしょ。
 一か月だと17円だよね。だから、やっぱりこっちを買うわ〜」

ショップのお姉さんは、ニコニコ、いやいや、ニヤニヤしていた。
月に17円ってとこが、めちゃ主婦っぽかったのか・・・な^^;

ここに宣言します!

今までの人生の中で、最高のふきん、それがこのふきんです!
それは、この私が保証します!

一枚3000円、高いかもしれません、が、その価値はあります。
使ってみて、絶対に後悔しないふきんです。

世界最高のふきんだから、って言う理由で、
それに、
普段がんばるご褒美!?、って言う理由で、2枚買った。
これで、また、お料理が楽しくなる。

☆実は、プレゼント用に、もう数枚買い占めようかと思っている。
 もし、売り切れていたら・・・
 私が、買い占めたと思ってください・・・

☆☆3000円のふきん5年使ったとして、月に50円なり。  
  2枚買ったから、月に100円。
  5年以上使えば、それからは、ただ!になる計算。。。





もう少しの雨の日・・・

IMG_9138_1










とにかく、すごい雨。

我が家から、川が見える。
その川に、島ができた!
もともとは、何もないところだった。

この島、どこかの岸の一部が水の勢いで流されてきたもの?

とにかく、何もない「洲」みたいなところに、島ができた。
朝から、ウォーキングのついでに見に行きたかったけど、
雨だから、断念。

そう言えば、最近、ウォーキングもできていない・・・
昼から、雨が小やみになったので、
フィットネスクラブへは、さぼらず、ちゃんと行った。
まあ、車で行くんだけどね・・・

雨が降り続くから、おうちの中で、いろいろしている・・・

昨日は、小豆を煮たり、野菜を酢に付けたり、いろいろ。
そして、
オットのTシャツを作った。

すると、余りが出た。

ちっちゃなタンクトップを作ってみた。
あれれ〜、かわいいタンクトップ。
これは、みぃ〜ちゃんサイズかな?

家に残っている、小さな端切れで、タンクトップができるなんて、
子供って小さいんだなぁ〜って・・・
それにしても、かわいいサイズ!

雨の日もそう長くは続かないみたい・・・明日まで?

夏が来る。
すると、また暑くなって、おうちにこもりそう・・・^^;




野菜の味・考

IMG_9129_1










大雨の朝、朝から肉うどん!

昨夜も肉うどんだった・・・
オットとふたりで、うどん一玉食べた。
もう一玉うどんがあったし、だしも作っていたし、
肉うどんの肉も残っていたから、朝から肉うどんにした。

小どんぶりで食べる、朝から肉うどんも、けっこうイケル。

暑い夏、暑いうどんもいいかもしれない。
七味唐辛子を入れて、もっと熱くして、フーフーして食べる。

ただ、食べた後は、汗が吹き出しそうに暑かった。

IMG_9113_1










きのう、きゅうりが届いた。
大きなきゅうりがたくさん入っていた。

実は、大きなきゅうりは、苦手なの・・・
きゅうりは小ぶりがおいしいと思っている。

大きなきゅうりの嫌いなところは、
皮が固い、種が口にあたるし食感が嫌い、味がおおあじ。。。

産直市とかでも見かけるきゅうり、大きいのが多い。
なぜ、小さな内に収穫しないのか、それが不思議。
いろいろきゅうりがあれば、私は間違いなく小さなきゅうりを選ぶ。

九州小国というところの産直市、
「きよらか〜さ」というちょっと不思議な名前の産直市。

ここに、小さなきゅうりが売っている。
親指くらいの細いきゅうり、長さは10〜15センチぐらいのきゅうり。
これを見かけると、3パックぐらい買って帰る。

これで作ったピクルスは、
プロ級以上に、おいしいピクルスになる。

きゅうりのサイズが違うだけで、(品種も違うのかな?)
ピクルスの味の差が歴然とわかるぐらい、おいしいピクルスになる。

ただ、不思議なことに、今までの私の経験から言うと、
この「きよらか〜さ」以外で見かけたことがない。

なぜ、農家は、この小ぶりきゅうりを作らないのか、
私は不思議でたまらない。

さてさて、
大きなきゅうりは苦手だけど、大きなきゅうりがたくさん・・・

きゅうりを縦長に6つ割〜8つ割にして、種を取り除く。
種を取り除かないと、おおあじなきゅうりの味が、
余計におおあじになるから、注意。

そのきゅうりを食べやすい長さに切って、塩を振って2時間。
水がじわ〜っと出てくる。

☆ごま油、千鳥酢、醤油、しょうがのみじん切りを入れた中に、
水気を切ったきゅうりを浸けこむ。

↑浸けこむこと約2時間。
酒の肴にぴったりの、「きゅうりの夏漬け」ができる。

ボリボリ、バリバリ、大きなきゅうり2本分ぐらい、
晩ごはんにオットとふたり、あっという間に食べた。

もちろん、これも、小さなきゅうりで作った方がおいしい。
それは、またく違うお料理なる。
母が昔作っていた料理名、「リャンパイホワイカー」になる。

これは、小ぶりのきゅうりを、すりこぎでガンガンたたいて、
割り切る感じに切る。
これに、上と同じ☆の調味液に付けるだけ。至極簡単料理。

ただ、これは、きゅうりの大きさが、小ぶりの、上品なきゅうり向け。

大きなきゅうりは、やはり、種を取り除くことと、
塩をすることを、忘れてはいけない。

産直市でのきゅうりもそうだが、
最近、産直市で不思議に思うことがある。

たぶん、本当の農家の人じゃない人も出品しているからかな?
とも思うのだが、
お野菜のおいしい時期を外し、収穫をした野菜がたまにある。

そんな野菜は、食べてみると、やはりおおあじ。

それを一番感じた産直市は、
鳥取県と岡山県と京都府辺りの県境にある、とある産直市。

ここで買ったもの、どれも、信じられないくらいに安かった。
しかし、
どの野菜を食べても、おおあじ、だった。

なんて、素人の主婦は、食べる側の理論ばかり言い張るが、
作る側には、作る側の言い分もあるのだろう。

そんな、おいしい時期ばかり収穫できないというのが、
ほんとうのところだろうと思う。

ただ、今の世の中、その辺りに付加価値を付けることにより、
野菜の差別化を図るというのも、ひとつの方法ではないかと思う。
私だったら、2割程度高くても、こちらを買うと思う。

最近、野菜の味について、疑問を持つことが、続いたので、
ちょっとばかり、思うことを書いてみた。



スコーン考

IMG_9107_1










雨が降る〜降る〜降る〜っ・・・
だから、
おうちにこもっています・・・

おうちにこもっていても、いいことがあります。
マ○オのスコーンをいただきましたっ! ありがとね〜♪

「おいしいテーブル」で、スコーンを作りたいとの声が、
以前からありました。

スコーンかぁ・・・・・と、思っていました。

以前はしょっちゅう作っていました。
何かのフェアで、そごうの裏の県立体育館のそばで、
スコーンを売ったこともあります。

私のスコーンがおいしいと言うことを聞きつけた、
主催者からの直々のお誘いで出店したのであります!
(↑ちょっと自慢^^)

ただ、予算的に、「おいしいテーブル」でスコーンを作るのは、
厳しいかな・・・とも・・・思っていて、
「おいしいテーブル」シーズン1には登場しませんでした。

私のイメージのスコーンは、
お皿に小さめのスコーンがひとつとデザートナイフ一本。
そばには、
山盛りのクロテッドクリームとジャム。
そして、
もちろん、イングリッシュミルクティー。

クロテッドクリームがスコーンには、絶対に必要だから、
そして、それに合わせるには、ジャムが必要だから、
スコーン自体は、甘くないの。

マ○オのスコーンを食べて、甘い!と思った。

ははぁ〜ん、このスコーンって、スコーンだけで食べるんだね・・・
マ○オのは、そんな味付けになっているんだね・・・

なるほど・・・ね・・・ と、いろいろわかった。

イギリスで食べたスコーン、いずれも、甘くはない。
ぼそぼそした感じのスコーン。
しっとりなんかしていない。
とにかく、ぼそぼそ、ぼろぼろなかんじ。

ただ、それに山盛りのクロテッドクリームを乗っけて、
(ちなみに、このクロテッドクリームも甘くはない)
甘みの補充にジャムを乗っける。
これが、イギリス風スコーンだと思う。

これが好きであちこちで食べたけれども、
スコーン自体食べるって感覚のスコーンじゃなかった。
クロテッドクリームあってのスコーンっていう感じ。

だから、イギリスでも、デボン地方と言って、
いいクロテッドクリームができる地方が、
スコーンのおいしいところらしい。

ちょっと無理な例えだけど・・・
日本でいえば、みつ豆かな・・・?

寒天だけがおいしい、ってことはない。
これに、黒蜜をかけたり、シロップと果物をかけたりして、
それで、寒天がみつ豆として完成する、
そんな感じかな・・・

とにかく、雨の日、家の中での発見でありました。




ねこの恩返し!?

IMG_9099_1










ちょっと前、お友達から携帯にメールが入った。
用事は、ほかのことだったんだけど、そのほかにも・・・

「にゃお〜ん、パソコンの調子が、おかしいにゃお〜ん・・・」って。

ねこにゃん〜、パソコンってほっておいてもよくならない、わん。
って、
わたしの知っている唯一の方法を、携帯メールで送った、わんわん。

にゃんと!にゃんと! その方法でパソコンが復活したらしい、わん!

ねこにゃんいわく、
まさかのまさか、私が助けになるとは、思わなにゃかった、らしいわん。


さて、昨日のこと、
あれ〜っ、我が家のパソコンがおかしい・・・
メールは送受信できるのに、ネットが開かない・・・^^;
なぜだ〜???

東京に住む息子に電話をする。
息子が、パソコンをクロネコで送れと言う。
そうしたら、直してやると言う。

いやいや、そうしたら、しばらくはパソコンが使えない〜・・・
それは困るなぁ・・・
とりあえず、デ○デ○に行くかな・・・

わたしの唯一知っている方法でも、パソコンはよくならない・・・
ねこにゃんのパソコンはあれでよくなったのにね・・・

にゃ〜ん、わ〜ん、にゃ〜ん、わ〜ん・・・・・困った。

とりあえず、午後からはパソコン抱えて、サポートセンターへと、
行くつもりだった・・・

午後一番で、パソコンをもう一度、起動させたら・・・

あれれ??? 復活している。ネットにつながる。
えっ、これって自然治癒したの?
なんでぇ・・・・・・・ だから、パソコンは、わからん!

ねこにゃんに親切にアドバイスしたから、
きっと、私のパソコンもよくなったのかな〜?

鶴の恩返し、ならぬ、ねこの恩返し、なのかな???


☆求む! パソコンに強い方!
 お礼は、わたしの手料理と酒飲み放題!

「木のテーブル」の方も、ちょくちょくアップしています。
 最近は、織りについてです〜♪

☆サッカー決勝に、参院選に、テンション上がるぅ・・・・・朝!
 今日は一日、眠いぞ〜っ。。。


今年の気分

IMG_9027_1










最近は、バーゲンに行かなくなった。バーゲンで買わなくなった。
その代わり、必要なもの、欲しいものを買う。
そして、とことん着る。

↑これは、絶対に欲しかったもの。
春から夏にかけて、さらっとひっかけるものが欲しかった。
でも、カーディガンってイメージではない、わたし・・・

麻100%のさらっとした感じのプルオーバー。
着ていて気持ちがすごくいいし、
自分で言うのも、!?だけど、似合うと思う。

洗濯機でガンガン洗えるのもいい。
着ては洗い、洗っては着る。
今年の夏、大活躍しそうな一枚。

IMG_9019_1










↑これは、遊びの服。
大好きな快晴堂のシャツ。
なぜか、年に一枚は欲しくなる、快晴堂のシャツ。

正直、そこまで似合うとも思わないし、着る回数も少ないし。
もっと正直に言うと、来年は、この気分じゃなくなっちゃうの。

それでも欲しくなる快晴堂のシャツ。
これは、ほとんどビョウキーと言ってもいいかもしれない。
快晴堂病なのです、わたし。

このシャツと合わせるのは、白い細みのクロップドパンツ。
うんと若返った気分になって(もちろん気分だけ^^)
帽子をかぶって、ガンガン歩く。

元気のもとのシャツ。梅雨が明けたら、もっとガンガン着る。

IMG_9028_1










今年買った靴。
ビルケンのスリッポン。

とあるビルケン直営店、そこで買った。
ここだけの話し、
店員のお兄さんの態度には、かなりムカッときた・・・!

買わずに帰ろうかとも思ったけど、
このスリッポンのかわいさに、ころっとなって買った。

あのお店ではもう買わない。
でも、また、かわいいのが見つかったら、どうしよう・・・
って、行かなければいいんだよね・・・

これは、5月終わりの廿日市もくざいまつり、
あれを手伝ったご褒美に買ってもらったもの。

盛夏と真冬以外は、ガンガンはくと思う。
これに合う、冬用のずるずるした厚手のコットンの靴下が欲しい。


バーゲンが始まっているみたいだけど、行かないことにしている。
だって、安いっ!って買っちゃいそうだから・・・

いやいや、正直なところ、実は行った・・・
フィットネスで着るウェアを買った。
たまたま他の用事で出かけたときに、見つけてしまった!のである。

まあ、フィットネスクラブへは、週3のペースで行っているから、
ある意味、着る回数がすごく多い「服」となるのである。
年間だと100日以上着るウェアになるものね・・・

それに、まあ、いい訳、新しいウェアだと、やる気がでるもん・・・!
いつも同じウェアだと、なんだか、退屈しちゃうしね・・・

IMG_9033_1










ナイキの黒のウェア、うん!力が出てきそうな気分!
バーベル挙げの筋トレクラス、ピラティスのクラス、
エアロビのクラス、ヨガのクラス、
テンションがぐわっ!っと上がりそうな気分のウェア。

これと共に、白のウェア1点、濃いブルーグレーのボトム1点、
合計で1万円だから、やっぱりバーゲンは安い・・・

でも、もう行かない。行かない。行かない。

たぶん、行かない・・・


行かない代わりに、欲しい服がひとつだけある。
マーガレット・ハウエルの白いリネンシャツ。
ずっと贅沢かな〜?って思っていたけど、いや、今でも思うけど、
50過ぎて、ちょっぴり贅沢なシャツもたまにはいいのかとも・・・

麻リネンのプルオーバー(↑写真一番上)の中に着て、
襟を出して、袖は白リネンシャツと共に折り返して着て、
裾からは白いリネンシャツを少し出して、
濃紺のはきよかパンツと合わせたら、いいだろな〜。

って、濃紺のはきよかパンツ、
布だけ買って、まだパンツになってないけど・・・

買っちゃおうかな・・・どうしようかな・・・

☆実は、買っちゃおうかと50%以上思っているのですが・・・
 節約の達人から叱られそうで・・・怖い・・・

ダイコンの葉の食べ方

IMG_8980_1










梅雨のはず・・・だよね・・・!?

でも、このかわいい「てるてるぼうず」をもらって以来、
雨、降ってない・・・!
すごい御利益のある「てるてるぼうず」に、少々びっくり!

今日も晴れそうです。
だからってこともないけど、お出かけします。
おうち時間もいいけど、たまには、おそと時間もなくちゃね・・・

IMG_9001_1










この前、葉付きのダイコンをもらった。

若い(経験値が少ない!?)主婦の方に、
「大根の葉っぱもちゃんと食べるんよ〜」って言ったら、
ちょっと???そうな顔をしていた・・・

そして・・・

「ご飯にして食べるんですか・・・」っての答え。
きっと、「菜めし」のイメージかな?

でも、ご主人さんと2人分の食事、「菜めし」にしたら、
何人分できるかな? たぶん、10人分以上できるゾ〜〜〜笑
永遠に食べ続けないと、ダイコンの葉っぱ、なくならないよ・・・^^;


【ダイコンの葉っぱの正しい食べ方!?】

1・ダイコンの葉っぱは、ダイコンの白い部分(葉っぱに近い部分)の
  5ミリぐらいのところから切り落とす。
  ここで切り落とすと、ダイコンの葉っぱが、ばらばらにならない。
2・外の葉っぱの固そうなところを取り除く。
3・ダイコンの葉っぱをきれいに洗い、沸騰したお湯に塩を入れ茹でる。
4・茹であがったら、冷たい水に取り、冷めるまで洗う。
5・しっかりと水を絞り、これで下準備完成。

さて、このダイコンの葉っぱ、刻んで油でいためて、お醤油をたらり、
これで、美味しい一品ができる。

応用編として、
オイルを、ごま油にする。菜種油にする。
油揚げ、ちりめんじゃこ、桜エビ、ごま、ちくわな、厚揚げ、などなど、
冷蔵庫にあるものを加えてもおいしい。
お醤油プラス、ブラックペッパーもよし、七味唐辛子もよし。

ちょっと濃いめの味付けにして、ご飯に振りかけてもおいしい。
ちょっと薄目の味付けだと、ビールのおつまみによろしい。
もちろん、日本酒だって行けちゃうぞ〜!

ワインと一緒なら、カリカリベーコンと一緒に炒めて、
ブラックペッパーとクレイジーソルトで味を決めるとグ〜!

我が家では、ちょっと上級編へと、ダイコンの葉っぱが変身〜♪

『ダイコン葉入り肉みその作り方』
1・みじん切りのしょうがとニンニクをごま油で炒める。
2・豚ミンチを入れて炒める。塩。ブラックペッパーで下味を付ける。
  辛みが欲し人は、豆板醤をこのタイミングで入れて炒める。
3・下処理したダイコンの葉っぱを刻み、水気を絞って加える。
3・オイスターソースで味付けをする。

↑写真の日は、大葉もあったので、最後に大葉も加えた。
オイスターソースは、スーパーの中華材料売り場に売っている。

しゃきしゃきのレタスがあったので、
この肉みそを、レタスに包んで食べた。
ビールが最高に旨いぞ〜!

なお、ちょっと甘めのゆるゆるの炒り卵と、この肉みそを、
熱々ご飯にかけて食べると、美味しいどんぶりになる。

豆板醤、大人向けにはピリッとしておいしいけど、
子供向きには、どうかな・・・
豆板醤なしだと、インパクトが少ないから、
大人は食べるときに、七味唐辛子を振ってもいいかもしれない。

ダイコンの葉っぱのみならず、カブの葉っぱなどでもOK!
とにかく、付いている葉っぱは、なんでも食べちゃうのだ。

ただ、ニンジンの葉っぱは、ニンジンが10センチ以上になると、
固くてスジスジで食べられないことも・・・

節約・節水・節電は苦手だけど・・・
こんな、なんでも食べちゃう節約は、食いしん坊だから、
まかせとけ〜! かな・・・^^








おうち時間・おそと時間

IMG_9006_1











今日で、53歳になりました。

いつもと同じような日のスタート、でもなかったかな?
朝5時ごろ起きて、ビネンホフ兄弟とサッカーを観た。
やっぱりおもしろい、サッカー!

それから、ウォーキング、いつものようにしっかりと歩く。
帰ってから、オットの作ったバナナヨーグルトを飲む。
それから、オットの淹れたコーヒーをゆっくり飲む。

オットは、今日は出張だから、お弁当はいらない。
だから、朝からゆっくりと朝ごはんを作り食べた。
オット、今晩もいないから、今日は一人ぼっちの誕生日。

朝から、プリンを食べて、ハッピーバースデーのつもり。
わたしは、手作りプリンで充分すぎるくらい幸せ!


さてさて、去年の誕生日に掲げた目標は何だったかな・・・?


1・運動を続行
2・痩せるを続行
3・酒の量を減らす
4・ピアノの練習
5・新しいことを、ひとつ始める。何かは未定。
  何か10年計画でやってみたい気持ちがある。
  でも、なににするかな〜・・・
6・海外に行く
  どこにするかな〜? 
 
たくさんの目標を掲げたんだなぁ・・・忘れてた・・・意味ない!?

1・運動を続行する
2・痩せるを続行
  フィットネス、継続中!
  朝のウォーキングも継続中!
  体重、減らないけど、増えない。
  最近やや筋肉量が増えた。
  体幹が強くなった。

3・酒の量を減らす。
  これは、なぁ・・・・・むずかしいなぁ・・・
  でも、この一年間二日酔いはしてない。少しえらくなった!?

4・ピアノの練習
  これは、相変わらずサボりだな・・・
  ピアノの楽譜が難しすぎるのかもしれない。
  もう少し簡単な曲を練習するかな?
  
5・何か新しいことを始める。
  「織り」を始めました!
  これはわたしの人生でもかなりすごいこと。
  よく思い切ってスタートしたと思う。
  それに、
  なんといっても! よき指導者に恵まれたこと、これが幸せ!
  ↑プリンの下のマットも、自分で織ったランチョンマット^^

  「おいしいテーブル」もスタートした!
  これは、周りのいい仲間に支えられたからだと思う。
  わたしは、やっぱり幸せ者だ!

6・海外旅行に行く
  これは行けなかった・・・
  

こうして一年を振り返ると、いいこともあり、そうでもないこともあり、
でも、平均してみると、
やっぱり去年一年間は、いい年!だった。


さて、さて、今年の目標は・・・

1・ていねいな生活をする 衣・食・住において
2・ひとりの時間を大切にする
3・「織り」 ひたすらに織る、きっと何かが見えてくるはず・・・
4・他人とのかかわりともう少し持つ
5・小さな旅をする

欲張りすぎるかな・・・まあ、半分できて「ヨシ!」とすればいいか。

今年新たな目標は、
4の他人とのかかわりをもう少し持つ、かな?

とにかく、ひとりが好き・・・出無精・・・
かといって、その一人の時間、意外とだらだら過ごしている。

決して人が嫌いと言うことではない、が、人見知りはするほう・・・

もう少し、あちこち出かけよう。
思い切って一歩を踏み出し、お家から外へ出かけよう。
って、
やっぱり出無精だからな・・・

お暇な方、誘ってください・・・3回に2回は断ると思うけど^^;

5・小さな旅をする
海外旅行なんて思うから、なかなか出掛けられない?のかな。。。
小さなひとり旅をしてみよう。
ちょっとそこらに出かけてみよう。


ここまで書いてきて、今年の目標が少し見えてきた。

おうちでの時間、生活の時間をていねいに大切にすること。
そして、
おそとでの時間、人とかかわる時間を大切にすること。

今年一年、おうち時間とおそと時間、意義あるものにしたい。

IMG_8992_1










↑プリンをオーブンから出した後、
湯煎のお湯を捨てて、そこに水を入れて、氷冷剤を置いておく。
すると、すぐにプリンが冷えます。後は冷蔵庫へと。

まいったな〜っ・・・

IMG_8985_1










ロシアに行った友人が、お土産にって、
シーズニングスパイスを買ってきてくれた。

って、これって、なんだろう・・・

↑右手前、たぶんペレチィかな・・・読めても意味わかんない・・・
アロマナーヤなんて文字も読める・・・
アロマだから、風味付けみたいなもの?

ボルッシは、ボルシチのことだから、
これは、たぶんボルシチを作るとき使うんだろうな・・・

IMG_8987_1










袋の裏、たぶん、使い方の説明だと思うけど・・・
ロシアの国旗の後、
ロディーナ ドゥシストゴ ペルシャ・・・
って、やっぱり何のことか、やっぱり、さっぱり・・・・・??????

どうするかな〜。なめてみて、何かに使うか。

やっぱり、ロシア人のサーシャにお願いして、
読んでもらうかな・・・

それにしても、まいったな・・・ぁ・・・

だれか、ロシア語読める人、そして意味のわかる人、いませんか?

IMG_8964_1










ダイコンをたくさんいただいた。
先日いただいたダイコンは、
コンソメで煮てダイコンステーキにしたけれども、
やっぱり冬のダイコンとは味が違う。

夏のダイコンは、もう少しピリッとしているので、
違う使い方の方がいいかもしれない。

でも、我が家で酢のものなどにするには、少々多めのダイコン。
どうするかな〜って考えて、ハリハリ漬けを作ることにした。

以前、都城の道の駅で、ハリハリ漬けにするためのダイコンを買った。
それをマネっこして、そして、母が干していたのをマネっこして、
朝からダイコンを切って串に刺して、ベランダに干した。

昼から晴れるみたいだから、
2〜3日干して、ハリハリ漬けにするつもり。

ダイコンは困らないけど、
ロシアのシーズニングには、まいったなぁ・・・・・


2時間一本勝負の料理

IMG_8963_1















ご飯係り、でした。
助手が一名、いました。
予算1人200円、制限時間2時間、でした。

買ったもの
豚バラ・アゲ・こんにゃく・卵・ちりめんじゃこ・ニンジン・ごぼう

畑のもの
ダイコン・カブ・じゃがいも・青ネギ・しそ・紫玉ねぎ・玉ねぎ・パセリ

持参したもの
出し(昆布・かつお・いりこ)・マヨネーズ・ブラックペッパー
オリーブオイル・ごま油・クレイジーソルト・ゲランの塩・胡桃
レモン果汁・自家製ぬか漬け(きゅうりと干しダイコン)

拝借した調味料
醤油・塩・千鳥酢・味噌

できたメニュー
豚汁(ねぎはオプションで好きな人だけ)
じゃがいもサラダ(ニンジンと紫玉ねぎ入り)
いろいろなレタスの胡桃サラダ(紫玉ねぎとしそと胡桃入り)
じゃことねぎ入り炒り玉子
紫玉ねぎ入り炒り玉子
カブの葉とじゃこの炒めたの
ダイコンとカブの酢のもの(シソとちりめんじゃこ入り)
自家製ぬか漬け

大人子供合わせて総勢20名ぐらい!?
それぞれ、好きなものをバイキング方式でお皿に盛りました。

主食のおむすびやパンは、それぞれが持参です。
飲み物もそれぞれが持参です。

お椀・取り皿・お箸も持参です。

大きなお椀、大きな取り皿の人・・・
控えめなお椀・小さなお皿の人・・・

大皿にドカッと盛る人・・・
小さなお皿に何回もおかわりする人・・・

お料理係りは2名で2時間、ちゃんと完成しました。
そして、
予算以内で十分おいしいものができたのは、
畑の恵み、お野菜がいっぱいあったおかげで。

お料理するの、大好きです。
食材を見て、どう作ろうか、その場で考えるの大好きです。

ひとつだけ、残念だったこと・・・
紫玉ねぎの炒り玉子ですが、パルメザンチーズがあったらな〜、
って思いました。

それから、お借りした台所、すごく使いやすかったです。
ガスが業務用だから火力が強い。
次!?があったら・・・中華を作ってみたい・・・です。。。

コーヒータイムは、オットがコーヒー係りでした。
上手にコーヒーも入って、しばしの休息。

楽しい一日でした。

お野菜を作ってくださった方、
お手伝いの方、台所をお貸しいただいた方、
何度もおかわりをしてくださった方、
皆様、ありがとうございました。

そして、畑の野菜、ありがとうございました。

オット、コーヒー係り、ありがとうねっ♪




しばし、平和な時間

IMG_8956_1










最近、たまにピアノを弾く。
弾くのは、たいてい、ご飯の準備もできてオットを待つ時間。

ぽろ〜ん、ぽろ〜ん、ぽろ〜ん・・・♪

とにかく、ずっと弾いてないから、指が思うように動かない。
それから、瞬時に楽譜が読めなくなってきた。

昔、初見が結構できた。
初見とは、楽譜を見た瞬間に弾くこと。
何せ、練習しない人だったからね・・・

ピアノの先生から宿題をもらう。次この曲ってね。
それで、一週間後、先生の家。
そのページを開く。

弾く、実は、これが最初なの・・・
それでも、それなりに弾けた。
先生は、もちろん、「もう少し練習しなくては」と言ったけど。

まあ、簡単な楽譜はこれでどうにか乗り切ったけど、
だんだんそうもいかなくなって来て・・・

ヤマハのピアノのグレードテストっていうのがあって、
その中に、昔、やっぱり初見演奏っていうのがあった。
「えっ、この曲知ってますか?」って言われたこともある。。。

でも、こんなことは、あまり身を助けない。
まじめに練習する方が、どれほどいいかわからない。
人間、何が得意なのがいいか、わからない。

ともあれ・・・
今は、ショパンの「雨だれ」を弾いている。
雨の降る夕暮れ時にぴったりの曲。

・・・と、言いたいが・・・・・弾けない・・・

♭が5つあるの。シ・ミ・ラ・レ・ソこれらに♭がつく。
ええと、ええと、ええと、ややこしいなぁ・・・
おまけに、ここは♮だから、♭がなくて、
ああ、ここは、ドの♭だから、結果、シだよね・・・

ショパンの優雅な雨だれとは、うんと遠い音が鳴り響く、
のは怖いから、練習はもっぱらヘッドフォン。

自分の中の世界に浸る。

「おいしいテーブル」での、反撃・ツッコミ・反抗も忘れ、
しばし、ピースフルな私の世界に浸る。

ああ〜っ、それにしても、どうしてこんな楽譜なのっ!
ショパンよ、なぜ、変ト長調で曲を書いたの・・・
もう、♭、♮、♯、多すぎじゃない!?

って、自分で自分に突っ込みを入れる、
そんな私が、そこには存在する。

第9回「おいしいテーブル」

IMG_8922_1










第9回「おいしいテーブル」、 プレ「おいしいテーブル」を含め、
今回で10回目の「おいしいテーブル」です。
紆余曲折あったものの、なんとか10回達成できました!
ありがとうございました。

さてさて、↑コロッケにパン粉を付けています。

「おいしいテーブル」では、参加人数により、3〜4班に分けます。
班分けは、くじです。
誰と一緒の班になるかわかりません。
それも、また、お楽しみ。

パン粉を付けているのは、ベテラン主婦3人組。
なぜか、昨日は同じ班になりました。作業が早い!

IMG_8924_1










↑一瞬をとらえたカメラ、この写真からもわかると思いますが、
手慣れた様子、手早い様子が、伺えます。
さすがです。

IMG_8926_1










↑さて、こちらの班、なぜか昨日は若い主婦さんたちでした。
一瞬をとらえたこの手つきを見ても・・・まだまだ、かわいい〜♪

って、私が食べるのはこの班です。
「私が食べるんだからねぇ・・・ちゃんと作ってよ〜っ!」
って、若い主婦さんたちに、激!を飛ばします!

でもね・・・ 彼女たち、マイウェイ〜です〜ぅ〜す〜ぅ〜

私の激!にも、4人がかりスクラム組んで「反抗!」しまっす!
私は、もう、タジタジです・・・
もう・・・頼むよ・・・ホンマに・・・

IMG_8937_1










さて、きのうのメニュー、↑「ベトナム風生春巻き」です。

うす〜い生春巻きの皮を、お湯に浸けて戻し、
それに、エビや大葉、春雨、サニーレタス、にらをくるくる巻きます。
巻いたときに、きれいに見えるかがポイントです。

上手に巻けました! えらいっ!
これなら、お客さまにも出せますね。
簡単な割には、見栄えのする生春巻き、
これからの季節の前菜にぴったりだと思います。

IMG_8931_1










メインは、↑「ニンニク入りコロッケ・トマトソース添え」です。
みじん切りのニンニクを炒めて新じゃがの中に加えたコロッケです。
お肉は入ってないけど、ニンニクとバターの風味でいただきます。

トマトソースは、シンプルな味に仕上げます。
そこが、コロッケを引き立てるポイント、だと思っていましたが・・・

ケチャップが入れたいの、お砂糖が入れたいのと、
「ガキンチョ」のナポリタンみたいな味にしたい!・・・と言い張る、
困った若手主婦4人組を相手に、私はひとり、がんばります!

「じぇ〜たい!に、だめっつ〜ぅの〜!!!」抵抗派勢力、ガンバル!

ケチャップなんか入れたら、この料理全体のバランスが壊れちゃう・・・
もう、泣いちゃうよ・・・

それに比べ、ベテラン主婦組は、
「このソースは、塩とコショウだけのシンプルな味がいいわね〜」って、
自分たちの舌を信じて、即刻そのように決定です。
やっぱ、ベテランだわ〜

結果、食べてみて、シンプルトマトソースに軍配が上がりました。
やれやれです・・・

IMG_8950_1










デザートは、「ココナッツミルクゼリー」です。
今回は、板ゼラチンを扱ったことのない人が、初めて作りました。

この会では、なるべくやったことないことを経験し、
お家でも作れるようになるのがポイントだ、と私は思っています。

作った感想は・・・
「へぇ〜、知らなかったぁ・・・粉ゼラチンよりいいね〜。」

一回作ると、もうお家で作れるようになります。
簡単で、美味しくて、安全で、お安くできるし、
こんな手作りおやつが、お家のおやつだと思っています。

とにかく、レシピ起こしから、試作とレシピ校正に始まり、
買い物リストの作成、買いもの、下準備、当日持っていくものの点検、
などなど、正直大変ですが、
ボケ防止にはこれほどいいものはない!と思っています。

若手勢力からは、容赦のない反撃を食らい、
ベテラン主婦からは、厳しい突っ込みを食らい、
たじたじとなりながらも、なかなか楽しい会になっています。

これにて、「おいしいテーブル」シーズン1は終了。

9月からは、「おいしいテーブル」シーズン2に突入です。


☆夏の間、うんと元気を溜めておかなければ・・・
 9月から、パワーバージョンアップして、新たに挑みます!
 
  衝撃の9月 新シリーズスタート! 
      「おいしいテーブル」シリーズ2! 
                     乞うご期待!

できること・できないこと

IMG_8921_1










オットとツマの会話・我が家の場合

オット「こんなボロボロ着ていて、みすぼらしいなぁ〜・・・」

って、↑このシャツに、チノパンツはしみだらけのボロボロ。
朝から会社に出て行く、我が家のオットの姿である。

ツマ「何も恥じることはないっ! 堂々として行きなさいっ!」

オット「いや、恥とはひとつも思わないよ。これで十分と思っている。」

ツマ「もし、誰かが何かを言ったら、私に言いなさい!
   お天道様の下で、堂々と仕事をしている。
   何も恥じるようなことはしてないっ。
   何か文句あるんね・・・・・・・・っ! って言ってやる!」

オット「我が家の奥さんらしい、言い方やねぇ・・・笑、笑、笑」


材木屋のオット、とにかく、服が汚れるのである。
それはそれで、私は洗濯をすればいいから、
(正しくは洗濯機が洗濯するんだけど・・・)
全然苦にならない。

だけど・・・・・・このシャツの襟は、やっぱり限界を超えているよね。
って、襟を裏返すと、あら、まだ裏はきれいなんだね。

と言うことで、このシャツ、襟をひっくり返してきれいにしなくちゃね。
昨日も、ほかのシャツの襟をひっくり返してきれいにした。

最近、「自分で作れるものは自分で作る」のが私の信条。

食べるもの、着るもの、自分で作れるものは作ってみる。
結果、失敗しても、それは生活実験だと思っている。

ただし、我が家のウィークポイントがある・・・
大工仕事ができないのだ・・・
我が家、材木屋さん。だから、材料はあるんだけど・・・

オット、いい人なの。でも、くぎ一本打てない・・・
と言うか、打つ気がないのかな・・・する気がないのか・・・
ほんとうにできないのか・・・???
たぶん、本音のところは、めんどくさい・・・だと思うけど・・・

棚を吊ってほしいと思う、くぎを打ってほしいと思う。
でも、これだけは、自分でする!はちょっと脇に置いといて、
外注なのです・・・

大工仕事のできる方、よろしく、よろしくお願いします。
あなただけが、頼りです・・・
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ