*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2010年09月

衣替え

IMG_0185_1










今日二つ目のブログ!

朝一番の用事、思いのほか早く片付いたので・・・
何しよう・・・? 三越にまた行く? いやいや、服ないぞ〜!

それでもって、
三越に行く服!?を探すことにした。
というか、
急に秋めいてきたので、思い切って、衣替えをすることにした。

ここ数年、服を減らすようにしている。

どういうことかというと、
IN (買う)と OUT(処分)で、INを少なくし、OUTを多くする、
という、単純な方法で。

とにかく、なるべく買わない。
あるものを着る。
そして、もう着れない、着ない服は、潔く処分する。

まあ、そう言っても、なかなか潔くはなれないけれども。
それでも、減らす方向、その思いで数年。
持ち服、かなり少ない。

プラスチックケース2個、それを入れ替えるだけ。
夏物を納めて、冬物をクローゼットに掛けて、それで終わり。
そんな簡単な衣替えだから、1時間もかからず終了。

そして、ビニール袋1つ分の処分が決定。

今、20歳過ぎてからの私の人生の中で、
持ち服、一番少ないと思う。

20年前ぐらいに買った服でも、好きなのは残っている。
10年前ぐらいに買った服でも、お気に入りは、毎年着る。

結局、人生の中で学んだこと(大げさだけど^^;)
中途半端な気持ちで買った服、それは長くは着ない!
ということが、この数年でわかった。

特に、安い!と思って買った服、着ない。
バーゲンの服は、残っていない。

↑写真のクローゼットの中、バーゲンで買ったのは、
全体の10%以下。たぶん2〜3枚ぐらい。
それは全て、たまたま、欲しいと思ったものがバーゲンだった。

プロパープライス(正規料金)で買った服、
これは、10年選手以上がんばっている。
15年モノの服、20年モノの服も、やっぱりプロパープライスの服。

一番高かった服はどれかな〜?って探してみた。
喪服・・・かな?
私の一番高い服は、その程度^^

そうそう、衣替えの目的は、三越に行く服を探すことだったっけ!
って、
びっくりした。

ちゃんとしたパンツがない。
ジーンズとか、チノパンツとか、コールテンのパンツはあるけど、
ちょっとだけおしゃれっぽいパンツ、ない・・・
どれもこれも、はきくたびれているような、パンツだよね・・・

夏は、リネンの自作「はきよかパンツ」が数本あるけど、
冬は、ウールのカジュアルな自作「はきよかパンツ」が2本。
後は、とにかく、一枚も見つからなかった・・・

さらっとしたウールのパンツ、ひとつ欲しいな〜って思う。
さりげないシャツと、15年以上着ているカシミアのセーター、
それに合わせて着るような、さらりとしたウールのパンツ。

思い切って、三越に買いに行くかな〜?
って、
三越に行く服が、ないんじゃない?

これってどうする・・・




場違いな場所

IMG_0181_1










急激に「秋」になった。

冷酒よりも、熱燗が飲みたいな〜。
冬瓜の煮ものも、冷たく冷やしたのよりも、熱っちっちの方がいいな〜。
グラタンやポタージュの季節だよね〜。豚汁もいいな〜。

足元も、素足にサンダルだと、なんだか寒々しいね・・・
だから、
コットンのぐじゅぐじゅの靴下をはいた。

その靴下に、オーロラシューズ、秋だねぇ・・・
って、そのまま、三越に行った・・・

三越に、ぐじゅぐじゅ靴下とオーロラシューズは、合わないねぇ・・・
なんだか、ひとり、違う世界の人間が紛れ込んだ気がして・・・

久しぶりに合う、ショップのお兄さんが声をかけてきて、
「なんだか、雰囲気だいぶちがいますねぇ・・・」だって。

うん、違うかもねぇ・・・

その三越で、暖っか色の毛糸を見つけた。
三越に毛糸!? 
よく見ると、手で紡いだ風の毛糸。
染めは手染めらしい。

三越だけど、手染めだけど、値段は私にも手が届く範囲。

なんでも、ただ今イベント中で、毛糸が来ていると言うこと。
薄グリーンのモヘアも素敵。
これで大判のショールを織ったらいいだろうな〜、と思った。

思っただけで買わなかった。
しかし、
昨日、三越から帰って、ずっとあのモヘアが頭から離れない。

う〜ん、買うかな・・・?

薄グリーンもよかったけれども、ピンク系のもかわいかったよね。
迷うな〜。
イベントが終わると、毛糸の数が少なくなるらしい。

二日続けて、三越に行くかな・・・

行くとしても、今日は、オーロラシューズにぐじゅぐじゅ靴下、
あの組み合わせは、やめとこ・・・っ

といっても、三越に行くような服、ないなぁ・・・

なんちゃって料理

IMG_0176_1










インド料理を食べに行くと、注文しちゃうのが、ラッシー(lassi)
飲むヨーグルトみたいなんだけど、ちょっと違う味。

ヨーグルトと牛乳と砂糖を混ぜて作る、なんて書いてあるけど、
インド料理店のラッシーは、そんな作り方じゃないと思う。
何が違うのかな・・・?

我が家で作る、なんちゃってラッシー。
こちらの方が、インド料理店のラッシーに似ていると思うんだけど。

作り方は簡単。
牛乳にりんご酢を加える。
甘みは、わたしは、自家製梅シロップを少し加える。
氷を入れて、混ぜる。

牛乳に、酢、りんご酢を入れるから、
牛乳がとろ〜んとしてくる。

夕方、小腹が減ったとき、それに、少々パワーダウンしたとき、
牛乳と梅と酢のパワーで、ちょっと元気が出る・・・
と、信じている飲み物。

最近、この「なんちゃって」料理の出番が多い。
「なんちゃって」の意味は、本来の作り方とは違うけれども、
それなりの味を再現しようっていう料理。

「なんちゃって」の一番のポイントは、
材料費を安くあげるってところかな?
何せ、秋風とともに、財布が軽いからね〜っ〜〜〜

「なんちゃって」の第二のポイントは、
作り方、かんた〜ん、ってところかな?
何せ、毎日のご飯作り、ややこしいのはやってられないからね〜っ〜〜〜

昨晩は、「なんちゃって・ビーフストロガノフ」

本来は、牛フィレで作るんだろうけれども・・・
昨晩は、豚で作った・・・鶏のささみでもOKなんだけどね。
(おいしすぎて、写真は忘れた・・・)

3分で材料を切って下準備して、3分フライパンで炒めて、
10分ほったらかしで煮込んで、1分仕上げで、完成のレシピ。
「なんちゃってバターライス」を付け合わせにね。

そんな簡単レシピだけれども、
オット、レストランみたいだって、大喜び。
680円の白ワインと、安者同士!? なかなか合うわ〜♪

さて、そろそろ、季節になったから・・・
次は、
「なんちゃって・マツタケご飯」を作らなくっちゃね。

何せ、貧乏人の「なんちゃって」だから・・・
本物のマツタケなんって、いくら探したって、出てこない、
そんな、ある意味、悲しくも笑っちゃう「我が家のマツタケご飯」

本物と比べると、まあ、ちょっと問題はあるけれども・・・
貧乏人にも、食可能な!?マツタケご飯だからね・・・^^



サンマとビルダー

IMG_0172_1










財布が軽い・・・ 底が見えるくらいに軽い・・・

上を見ればきりがない、と言うが・・・
我が家の場合、
下を見れば「後がない」状態・・・

秋風とともに、お札がふわ〜っと、どこかに飛んでいく・・・
そういう季節なのか・・・?

近所のお店に行った。
生サンマ1匹100円なり。
思わず3匹買った。

でもなぁ・・・この前、サンマの塩焼きをしたばかりだしなぁ・・・

だから、サンマを3枚におろして、かば焼きにして食べた。
オットとふたり、2匹分200円を。

残りの1匹分100円は、お弁当のおかずへと。(↑写真)

今朝、広告を見ていたら、生サンマ1匹100円。
オットが、かば焼きがおいしかったから、また買えば、と言う。
いくらなんでも、かば焼きが続くのもね・・・

そういえば・・・

「おいしいテーブル」で、夏休みの宿題を出した。
作りたいレシピを各自コピーしてくる。

その中に・・・

「いわしのトマトソースかけ焼き」みたいなのがあった。
いわしじゃなくて、さんまで作ってみるかな?

当分、一匹100円のサンマ三昧の日々になりそう。


息子が一年ぶりに東京から帰ってきて・・・
パソコンのお掃除をお願いしたら・・・
雑巾で拭いたら〜!?なんて言って、はぐらかされた・・・ムカッ!

一浪二留で大学を卒業し、院まで行ってお勉強なさったのは、
確か、パソコン関係だよね・・・!
授業料払ったの、誰だと思ってんのよっ(怒)

ホームページだけは、どうにかしろっ、って脅かした。
どうにかの半分くらいしたら、時間切れ・・・

だって、家に帰っても、ほとんど家にいない・・・だものね。

後はどうにか自分でがんばってね〜っ!と、母へ熱いエールを送り、
息子は、東京に帰って行った。

薄情者めがっ!

まず、転送でつまづいた。
送ったつもりなのに、ネットで見るとおかしい。
なぜ?

こんなとき、パソコン音痴は考える・・・
今日は、きっと日が悪いんだろうな・・・
明日は、きっとパソコンのご機嫌も直って、できるかも・・・かも・・・

今朝、転送を試みる。できた! やっぱり、今日は日がいい!

よく見ると、「青空食堂」の「堂」の字の右側が欠けている・・・
なぜ?
わからんな〜?

これを修正しようとするが、うまく行かない。
今日は、きっと日が悪いんだろう・・・

当分、ホームページビルダーとの格闘三昧の日になりそう。

☆堂の字が欠けたホームページ、こちらから←



仕切り、疲れ〜

DSC00941_2










上の息子、そろそろ結婚するかも・・・などなど聞いていた。
とにかく、のんき、のんびりな息子なのだ・・・

やっとこの週末、婚約者を連れて帰って来た。
1年ぶりに会う、婚約者、以前よりもうんとしっかりしてきた感じ。

まあ、息子がのんき、のんびりだから、
彼女には、ちょっとだけがんばってもらわないと・・・

帰って日は、ディッシュ堺町でお食事。
普段はオットとふたり、少しのお皿しかオーダーできないけれども、
この日は、あれやこれやと、いろいろ注文。

話しもはずんで、それに、お料理もおいしくて、楽しかった。

次の日は、下の息子一家も我が家に来て、みんなでご飯。
わいわいがやがや・・・ 
ご飯を用意して、食べて、飲んで、ちびっこをお風呂に入れて、
キッチンを片づけて・・・ああ、忙し〜

日曜日は、婚約者のご両親と会う。
ちょっと緊張・・・

なんだけど・・・

こういうとき、我が家のオット、世間話は上手にするけれども・・・
詰めなきゃならない話し、これは、私にまかせっきりなの・・・

だから、私は、「仕切りオバサン」になり、その場を取り仕切る。
本人同士の思いとか、ご両親の思いとか、私たちの思いとか、
それに、お金の問題とかが絡んでくるから・・・
かなり気を使う「仕切り」となる・・・

ご両親も、すごくいい人で、それにフレンドリーで、
私たちも、ほっと安心・・・

だけど、向こうの両親は、今頃・・・
たぶん・・・
すごい仕切りオバサンだった・・・と噂しているに違いない^^;

まあ、上の息子が東京だから、話しを詰めなきゃいけない所は、
ちゃんと詰めておかないと、次、なかなかみんなで会えないし・・・

どう仕切るか・・・結構いろいろ考えたのだ・・・2〜3日。

まあ、みんながいいところで落ち着いて、やれやれ。
やれやれしたら、どっと疲れた。

どっと疲れて、夜はオットとお酒。大山のお土産のお酒。
めでたい、めでたいと、これをぐっと飲んだ。

さてさて、またまた、ちょっとの間、忙しくなりそうだし、
それに、
お財布の方も、うんと軽くなりそうだ・・・ああ、こわい・・・




いろいろなナス

IMG_0151_1










最近、いろいろな色のナスがある。
ナス色のナス、薄緑色のナス、白いナスなどなど。

それに、大きさもいろいろ。
以前は手に入らなかった、水ナスや米ナスなども、
そこいらのスーパーの店頭にも並ぶ。

この前、ナスの話が出た。
白ナス、薄緑色のナス、いったいどうやって食べる?って。

白ナス、すぐに色が変わって、せっかくの白い色が茶色に。
使い方が悪いのかなぁ・・・

それに、白ナス、ちょっと皮が固いような気がする。

私は、やっぱり昔ながらのナス色のナスが一番好き。
それも、小ナスの小ぶりなのが、好き。

小ナスの小ぶりなのは、ぬか漬けにする。
切って、そのまま糠に漬けるだけ。
それで、おいしいぬか漬けのできあがり。

しばらく置くと色は悪くなるけど、気にしない。
皮のちょっと固い感じが好き。

後、長ナスの焼きナスも大好き。
焼きナスは、冷凍もできるから、
焼くときは、いっぺんに3〜4本焼く。
まあ、たいていは、冷凍する前になくなっちゃうけどね。

ナスを使って、アルネカレーのアレンジバージョンを作った。
豚コマ、玉ねぎ、白ナス、薄緑色のナス、
これをオリーブオイルで炒めて、トマト缶を入れて煮込んだ。

最後に、アルネカレーのスパイスを入れて、
ガラムマサラも加えて、塩を加えてできあがり。
調理時間、10分以内・・・
これが、本日、土曜日のお昼ご飯。

よそのお家ごはん

IMG_0169_1








よそのお家に伺うのは、楽しい〜♪
そこで、そのお家のごはんを頂くのは、もっと楽しい〜♪

田んぼを持っているお家のおむすび、いっぱいのおむすび、
他のお御馳走がいっぱいで、たった1個しか食べられなかった^^;
気持ち的には、もう1個食べたかったんだけど、梅むすびの方を・・・

帰り、残りのおむすび、もらってくればよかったなぁ〜、
なんてひとりで思いながら、運転した・・・

運転しつつ、食べることばかり考えていた。

お米がおいしんだ〜。
「売るほどある」と言っていたけど、本当かな・・・
次、「買えるほどあるか?」聞いてみようかな・・・

そう言えば、じゃがいもも「売るほどある」らしいけど・・・
聞かなかったけど、玉ねぎも「売るほどある」かな・・・

聞くことがいっぱいだ。

食べること、イコール、生きることだと思う。
食べ方、イコール、生き方だと思う。

だから、
食生活をいい加減にする人、基本的に信用できない。

とはいっても、
わたしは、ただの食いしん坊で、
おいしいものを日々食べたいだけ、それでまじめにご飯を作っている。

それ以上の哲学もないし、ストイックさもない。

きのうのお家の「食に対する考え方」、
食いしん坊なところを含め^^ 呑み助なのを含め^^
我が家と、食のベクトルが同じ方向なのは、確か。

食談義をすれば、終わりがないほど話しが付きないもの・・・

このお家の強み、田んぼや畑を持っていること。
我が家は、すべて、よそに頼っているからね。

それにしても、「よその家のご飯」は楽しい♪

「お家ご飯の会」なんて作りたいな〜。

お御馳走なんて作らなくていいの。
日々食べている、我が家のちょっと自慢料理、
それをお互い、行ったり来たりしながら食べる会。

こんな会、したいな〜♪

誰か、この指にとまらないかな・・・

☆第一回、もし我が家だったらのメニュー(予定)
 「茹で塩豚・大分山国の柚子胡椒添え」
 「ひじきの梅煮」
 「ごろんごろん野菜の豚汁」
 「おむすびころりんブラックペッパー味」
 「かぼちゃのフラン」

お家3軒の場所

IMG_0160_1







今の家に引っ越してきて、来月で3年。
引っ越してすぐに買ったものが、↑写真の棚。
四国の桜製作所のモノ。

送ってきた棚を見て・・・
オット、その値段に絶句!

そして、1年2年経ち・・・
誰も棚を壁に付けることができず・・・そのまま、放置・・・

やっと、棚を付けていただきました!

棚を取り付けに来てくれた棟梁さんも、棚の値段に絶句!
同じような棚を、自作で作ってくれました。
値段は、10分の一、ならず、100分の一以下・・・らしいです・・・

まあ、わたしとしては・・・
棚がついたから、それでうれしいのです。
だから、値段のことは、もう忘れちゃったし・・・いいのです。
(実は、しっかりと覚えているのですが・・・忘れたふり^^;)

基本、飾り物を家に飾るのが、好きでない。

なぜって、掃除がめんどくさくなるから・・・
ただそれだけの理由で。

この棚がついても、飾るものがなかった・・・
以前買っていた、アンティークのボトルを飾り・・・
エッフェル塔のちっちゃいのを飾り・・・

ここに何か欲しいな〜って思っていたところ・・・

うんと、うんと以前に、ある人のブログにかわいいもの発見!
いいな〜、いいな〜と書いた。
この棚が付く、ずっとずっと前のことなんだけど。

すると、この前、忘れたころに・・・
お家が3軒、やってきました!
赤い屋根の家1軒、青い屋根の家2軒がね。

ここに置くために作られたみたい! ぴったりだわ〜!

ということで、ただ今、この棚には、
おうち3軒とエッフェル塔とボトルがあるの。

クリスマス近くになったら、ここに置けるような、
ちっちゃなちっちゃなクリスマスツリーを買うつもり。

我が家の唯一、かわいいものがある場所、
それが新たにできました。


65歳以上のお店

IMG_0139_1










↑昨日焼いた、ベネシアさんレシピのクラッカー。
 サクサクでおいしい。
 バジル入りだけど、黒コショウ入り、ゴマ入り、などいいかも。


昨日は、なんと「敬老の日」だったそうな・・・
夜ニュースを聞いていて、わかった・・・

昔は、9月15日が「敬老の日」だったけど、
今のように、ラッキーマンデー、えっ、ハッピーマンデーだった!?
とにもかくにも、毎年変更する祝日。

いったい、今日はなんでお休みなんだ〜?って・・・
最初のころは思っていたけれども、最近は、何とも感じない、
ただの休みの感覚・・・

それに、我が家、この手の休みは、休みじゃないことがほとんど。
だから、よけいにどんな休みか、興味もなくなる・・・

それで、がてんがいった!
新聞に、65歳以上の人の割合が書いてあったのは、
敬老の日、だったからなんだ。

男性5人にひとり、女性4人にひとり、65歳以上だって。

フィットネスでも、街でも、65歳以上が多く見受けられる、
と思ったら、こんなに多いんだね・・・

その割には・・・・・・・

65歳以上を狙ったような、商売、少なくない?

たとえば、

65歳以上をターゲットにした、カフェとか食堂、レストラン。
ゆったりとしたスペースに、カロリー計算した食事。
量は少なめ。レストランでも箸を出す。
水じゃなくて、お茶を出してくださいね。

ハンバーグ定食、食後は日本茶と煮豆がうれしいかな。
もちろん、コーヒーと小さめ羊羹でもいいかも。

65歳以上をターゲットにした、書店。
活字の大きな本。昔懐かし本。
孫に読んで聞かせる絵本。病気の本、病気予防の本。
それから、老後を生き抜く本。
読みやすい哲学の本なども欲しいな・・・ 

65歳をターゲットにした、雑貨屋さん。
そこいらにあるような、チャラチャラしたものは置かない。
ちょっと品のいいものを置く。
チープ懐かし品もいいかもしれない。
コーナーには、ちょっと腰掛けるスペースも。

店員さんは、若い女の子もいいけど、
若くてカッコイイお兄さんでもいいな〜。
お買い物ついでに、しばしお話もできるし・・・

65歳以上をターゲットにした、洋服屋さん。
体形が大きく変わるこの年齢。
お腹周りゆったりめは、もちろん!
曲がった背中が原因で裾線が斜めになるなど、こんな補正もできるお店。
もちろん、デザインは、おしゃれで知性的。

男性用は、ちょっと昔流行った、「ちょい悪おやじ」っぽいもの。
色、柄ともに、ちょっと派手目で、イケてる感じの服がいい。
カッコイイサスペンダーなんかもいいんじゃない。

広島に唯一ある地下街、
いまだに、若者、それも20代30代の女性がターゲット。
もうこれって、感覚的に古くない?

20代30代は、お金もないし・・・失礼・・・
欲しいものは、どこまででも買いに行く元気がある。
それに、昨今は、ネットでお買い得なファッションを上手にするし。

65歳以上だと、それもままならない・・・

だから、
地下街、ここは、65歳以上をターゲットにした街にする。
夏でも暑くない。冬でも寒くない。雨でも雪でも大丈夫。

トイレも、あちこちにちゃんとあるし、
エスカレーター、エレベーターもあるし、
バスセンターも近いし、電車もアストラムラインも隣接しているし。

たとえ、行き倒れても・・・誰かが見つけてくれるし・・・
AED(自動体外式除細動器)も設置されているし・・・たぶん・・・
市民病院も近いしね・・・

こんな65歳にうってつけの街。
そこに、ちょっとおしゃれなお店を出す。

巣鴨だったかな?
ハンバーガーのお店では、ポテトと言わずに「おいも」って言うらしい。

だから、
ここにある、有名なコーヒーチェーン店も、
難しげなキャラメルマキアートなんて名前は付けない・・・
「キャラメル味のコーヒー」にする、とか。

とにかく、この不況時代、それなりのお金を持っているのが65歳以上。
だから、
ここいらをターゲットにしたお店が、できるとおもしろいのにね。

何せ、4〜5人にひとりは、65歳なんだからね・・・

あっ、わたしも、そう遠くないうちに、このメンバーに参加します!


腹黒なおくさま

IMG_0136_1










昨日、生まれて初めてのパン焼きが、上手く行って、
すっごくごきげんな、我が家のオット!

今朝も、
「ねえ、パン焼こうかっ?」って聞く。

昨日のロールパンが二つ残っているし、
天然酵母の食パン2斤分は、まだ、ほとんど手付かず状態。

え〜っ、また、パン焼くのぉ・・・・・と思ったが・・・

 待てよ、今がチャンス! と思った・・・

「今日は、全部ひとりでやってみる?
 きのうのパン、ほとんど完璧だったからね〜!」と褒める。

オット、きのうのパンを褒められて、ニコニコ^^ ニコニコ^^

ここだけの話し、これが私の腹黒い作戦なのだ!
褒めて、ほめて、ほめ倒して、オットをその気にさせて、
パン焼き、この仕事をオットの仕事にするための、
その一歩が、今、ここにある。

オット、道具を取り出し、粉を量り、塩を入れ・・・
ひとりでやっている・・・
私は密かにカメラで、その様子を盗み撮り。

そうそう、ついでに・・・

パンを仕込んだオットに、ついでにクラッカーも焼こうと提案。

ベネシアさんのレシピ、ローズマリーのクラッカー、
我が家ローズマリーはないけれども、
夏の最後のバジルがまだ健在。だから、バジル入りのクラッカーにする。

「えっ、こんなにバターを入れるの・・・!!!」
バターの量を見て、オット、驚愕。

「クラッカーだから、お砂糖は入れないけれども、
 クッキーやビスケットだったら、これにたっぷりのお砂糖も入れる。」
と告げる。

クラッカーの下準備もできた。

祝日だけど、オットは仕事へと。
その後、フィットネスクラブに行くと言う。

「それでね、天然酵母パン、何時頃、一次発酵が終わる?」と聞くから、
「3時〜4時ごろには、次のステップにかからないとね」と答える。

「じゃあ、3時までには帰ってくるからね。」

3時から、今日は、天然酵母のプチパンを焼くらしい。
そして、2次発酵の間に、クラッカーを焼くらしい。

そのうち、パン焼きがオットの仕事になれば・・・と、
密かに悪だくみをもくろんでいる、
わたしは、腹黒なおくさま!なのである・・・

 

初めての・・・

IMG_0132_1










「パン、パン、ぱん・・・・・」と、うるさいオット。
何せパンが大好きなのだ。

朝ごはん、パンとご飯とどっちがいい?って聞くと、
必ず、パン!と答える。

最近、ちょっとさぼりで、パンを焼いてなかった・・・
大好きなブラジルのパン、これを買いに行ったりしたオット。
金曜日も行ったらしいけれども、売り切れでなかったみたい・・・

残念・・・・・ ちょっとガッカリきているみたい・・・

土曜日の朝5時半過ぎ、パンを焼くよって、オットに声をかける。
オットの初めてのパン焼き、それをそばから指南する。

パンの仕込みをして、それから、第一次発酵の時間、
その時間、ウォーキングに出かけた。

歩きながらも、
「帰ったら、パン、膨らんでいるかね・・・^^」って嬉しそう。

帰ってパン種を見て、膨らんでいる膨らんでいるとうれしそう。

それから、ベンチタイム、成型して、オーブンの中へと。
焼けている間、何回もオーブンを見て、
膨らんできた・・・だの、色が付いてきた・・・だの^^

ハムエッグと簡単なサラダ、それにコーヒーを用意する。
みどり牛乳のバターと、高知で買ったはちみつも添える。

「おいしいな〜、家で焼いたパンは、やっぱりおいしいな〜」って言う。

朝食後、次は、天然酵母のパンをしかける。
そして、その後、オットと県北の方に仕事に出かける。

帰ってきたら・・・パンの第1次発酵終了。
それから、ベンチタイム、成型・・・

天然酵母のパンは、イーストパンより、手にくっつくぞ・・・
と言いつつ、うれしそうにパン作り。

無事パンも焼けて、これからは、ひとりでパン作りをすると言う。

本当かな・・・ 


外ごはん

IMG_0129_1










いつまで続くのこの暑さ・・・
今日の昼、30度は絶対に超える暑さ、もうイヤになっちゃう。

それでも、夕方陽が落ちると、ぐんと涼しくなる。
そして、
今日は、とってもいい風が海の方から吹いてくる。

ベランダを見ていたら、外ごはんにしたくなった。

いつももお家ご飯の外側に、テーブルの用意をする。

処分予定だったはずの・・・茶の麻の布を、急きょテーブルクロスに。
ちょっと折り目が付いているけど、まっ、いいかっ!

今晩のおかずは・・・
残念ながら、お外ごはんにしては、地味ご飯。
というか・・・残り物を寄せ集めたもの。

ただ今、冷蔵庫の中、お掃除期間中だから、何も買わないの。
でも、何か残っていないかな〜?って見てみる。

コリンキーがひとつ野菜室に転がっている。
これで、サラダを作ろう。
ワインも欲しいけど、買いに行くのもめんどくさい。

580円の料理用白ワインが1本あるから、
まあ、これで今日は我慢するか・・・と、急いで冷凍庫に入れる。

そうそう、チーズ頒布会のチーズ、
オットが仕事の帰りに、これを取りに行ってくれる、はず・・・
忘れなきゃいいけどな・・・

クラッカーは、ない・・・
パンも、ない・・・
それっぽいものは、ない・・・
まあ、我慢か・・・

いただき物の葡萄がある。
フロマージュ・ブランのチーズに、この葡萄を添えよう。
クラッカーの代わりに葡萄もおしゃれだ。

そうそう、キャンドルに灯をともそう〜♪

後は、オットがチーズを忘れないことを祈るだけだけどな・・・

☆どうか、オット、忘れませんように・・・

四季の楽しみ方

IMG_0106_1










浮羽「ぶどうのたね」で買ったもの。
小さなリム付きのプレート2枚。
径は、15センチぐらいかな?

このサイズ、今我が家では、イッタラの16センチのプレート、
これを毎日のように使っている。
ガンガン使えるし、割れないし、食線機に入れられるし、
とにかく便利なプレート。

大好きなイッタラだけど・・・飽いちゃうんだよね・・・

この大きさのプレート、ちょっと「和」っぽいの、
ずっと欲しいと思っていたの。

ちょっとした取り皿にしたり、和えものを入れたり、
お漬物を入れたり、ピクルスを入れたり、
果物を入れたり・・・

今日は、お菓子をひとつ入れて。

2枚しかなくって、2枚しか買わなかった。
もう少し欲しいな〜とも思ったけれども、
これと同じサイズのお皿、2枚ずついろいろ取り揃えたほうが、
楽しいかもしれない、と思った。

この径に切った紙を、お財布に入れておいて、
素敵なお皿が見つかったら、その紙を当ててサイズを確認。
こうすれば、同じサイズのお皿が集まるかな?

お皿にも、「旬」があって、ずっと使っていると、
飽きてきちゃう。
以前買った、小鹿田焼きの小鉢、これもいいんだけど、
最近ちょっと飽いてきたな〜って思う。

夏がうんと長かったから、秋が待ち遠しい。
昨日は、冬瓜を煮たけど、やっと温かいスープ仕立てにした。
夏の間は、ずっと冷たい冬瓜だったけれども。

これからの季節、そんな汁ものを入れる、
ぽってりした器、それが欲しいな〜なんて思っている。

日本の四季、楽しむのはいいけれども・・・
モノは要るし、お金もいる・・・

葡萄畑の中のカフェ

IMG_0105_1










九州の田舎の雑貨とカフェと和菓子屋さんとのお店、
浮羽にある「ぶどうのたね」に行った。

山のふもとを少し登ったところ辺り、
周りは、葡萄畑と柿畑に囲まれた、のんびりとしたところ。

水曜日の午後6時過ぎ、
「おいしいテーブル」が終わって、ぼ〜っとしていたら、
明日は九州と、オットから電話。急きょ、またまたの九州行。

日曜日、九州から戻ってきた道を、
昨日、またまた、九州へ向けて車を走らせる。
実は、次の連休も、またまた、九州へとオットの仕事に付いて行く。
10日間に3回の九州行・・・

今回は、のんびりと「ぶどうのたね」でひとり遊ぶ。
お店には、なかなかいいセレクトの商品が。
雰囲気としては、多治見の「ギャルリー百草」に似ている。

IMG_0104_1










カフェも併設されている。
↑一番上の写真は、カフェの入り口付近。

お昼は、薬膳カレーのワンプレートランチを頼んだ。
カレーは、しっかりと煮込んだ、野菜がベースのカレー。

IMG_0102_1










ワンプレートには、ひじきとツナのフィリングのピタパン。
枝豆と豆乳のすり流し汁。
豆のサラダ。キッシュ。白和え、などなど。

どれも、お上品な味で、特に枝豆と豆乳のすり流し汁がいい。
カフェの人に、これが大変美味しかったです、と伝えたら、
作り方を教えていただいた・・・・・ので、作ってみよう〜♪

201009161223000_1








お腹一杯になって、遠くの景色をボ〜っと見ていた。
そうそう、このカフェ、外のデッキ席もあって、
私は、外の席に座った。

う〜んと遠くに、いつも車で駆け抜ける高速道路が見える。
湯布院へと抜ける大分道が見える。
その手前は、一面の畑。果物畑。のどかな風景が広がる。

ボ〜っとしていたら、デザートが運ばれてきた。

えっ、デザート付きだったの? 知らなかった・・・
お腹に入るかな〜・・・

コーヒー、これは、抜群に美味しかった!
だいたい、ランチの後のコーヒーって、
まとめて入れていたようなコーヒーで、ろくなコーヒーがないっ・・・

ここの珈琲は、ちゃんとていねいに入れた、と思われる、
美味しいコーヒー。

そして、真ん中の「豆たん」と言うお菓子、これが美味!
こんなお菓子だったら、毎日食べたいな〜って思う。

もなかのパリパリの中に、アーモンドのキャラメルがけが入り、
小豆入りのちっちゃなお餅がはさんである、
はじめて食べる組み合わせのお菓子。

そして、右端のちっちゃな豆乳プリンもおいしい〜。
これも、ぜひぜひ作ってみなくっちゃ。

とにかく、のんび〜りとした時間を楽しんだ・・・2時間ばかりね。

そして、はたまた、広島へと4時間の運転。
さてさて、次の九州行は、どこで遊ぶかな・・・

「おいしいテーブル」シーズン2−1

IMG_0087_1










去年一年続いた「おいしいテーブル」
この9月から、シーズン2へと突入。

シーズン2の第一回は、みなさんのリクエストの多かったメニュー、
雑誌「アルネ」に掲載されていた、アルネカレー。

カレー粉を使わずに、スパイスを配合して作るカレーです。
ボウルいっぱいスパイスを作り、それでカレーを作り、
残ったスパイスは、みんなで分けて家に持ち帰りました。

美味しくできるかな〜?
みなさんの好みに合うかな〜?

ちょっと心配でしたが、評判は上々。さすがアルネです♪

IMG_0095_1











サラダも、アルネに載っていたサラダを作りました。
バナナ・アボガド・きゅうり、これをヨーグルトで和えます。

塩を入れるか、にんにくのすりおろしを入れるか、
各班、それぞれに味が違います。

IMG_0085_1










カレーとサラダだけだと、ちょっとさみしいので、
「レモンチキン」を作りました。

鶏のささみを焼いて、その焼き汁の中に、
バターとレモンを入れて作るソースを添えます。

レモンとバターと卵黄で作る、オランデージソースが大好きです。
今回は、バターとレモンだけの簡単レモンソースにしました。

残念なのは、フライパンが鉄のフライパンで・・・
ささみが焦げちゃうこと・・・
テフロン加工のフライパンだと、ささみに焼き色が余りつかず、
薄めの色のソースできれいなんですけど。

イメージとはだいぶ違うソースになりました・・・^^;

IMG_0099_1










デザートは、焼き菓子を作るかな?と思ったのですが、
暑い日々が続いていたので、冷たいデザートにしました。

こちらのサイトの「パンプキンゼリー」
です。
ゼラチンで固めるし、名前もゼリーって付いてますが、
できあがりは、リッチな味のパンプキンプリン!?のようです。

このサイトのレシピで試作しましたが、やや固めなので、
今日は、うんと水分量を多くして作りました。

よちよち歩きのあ〜ちゃん、彼女はこれがたいそう気に入ったようで♪
ず〜っと食べていました。

レシピでは、生クリームを使いますが、
牛乳だけで作っても、さっぱりしておいしくできそうです。

IMG_0096_1










メニューは、以上だけだったのですが・・・

yoccoちゃんが、新鮮なきゅうりとナスを持参してくれました。
ゆきりんさんが、キムチの素!?を持参してくれました。

と言うことで・・・
即席の、ナスとキュウリのキムチ味も作りました。
これ、評判がすごくよかったです。

私もたくさん食べたかった・・・ビールと共に・・・^^

家でも作ってみます。もちろん、ビールと共にです!


シーズン1の終わり、8月は一カ月お休みでした。
その間、宿題をして来てもらいました。
作りたいお料理のレシピを持参する、と言う宿題。

いろいろなレシピが集まりました。
シーズン2では、このレシピを元に、いろいろ挑戦する予定です。

パンあり、お菓子あり、中華あり、イタリアンあり、
それから、どこの国のお料理か?のレシピもあり、
ますます楽しくなって行きそうです。

シーズン2も、ブログで報告しますので、よろしく〜♪

いよいよ・・・!?

IMG_0079_1










今日二つ目のブログ。

2010年9月14日(火)の日本経済新聞朝刊35面より


「コストコ」
が、もしかしたら広島にやってくるかもしれない・・・
マツダスタジアム隣に。

来るとか、来ないとか、いろいろ噂では聞いていたけれども。
広島には、まとまった広い土地がない・・・
と言う理由から、もう来ないのではと思っていたら・・・

ただ、あの辺りは、そうじゃなくても普段から車の多いところ。
コストコなんかができたら、平日はもちろんだけど、
休日なんて、とんでもないことになりそう。

ただ今、我が家は福岡にある久山のコストコを利用中。
最初は物珍しさと共に、いろいろ買っていたが、
今では、もう買うものはだいたい決まってきている。

アメリカ型スーパーだから、何せ量の単位が多い。
そして、なんたって安い。
だから、コストコに来る人は、だいたいが大量買いをする。
数人のグループで来て、帰りに分け合っている人も見かける。

上手に利用すると、かなりおもしろいところであることは、確か。

年に数回利用するのだが・・・
今までのリサーチの結果、私は、あることに気がつきつつ・・・ある。

ここで、
すぐに食べられそうなものを大量に買うファミリー・・・
間違いなく、買う量がアメリカンサイズなら・・・

身体の方もアメリカンサイズ・・・なのだ・・・
親子そろって、アメリカンサイズ・・・なのだ・・・

何を言いたいか・・・は・・・・・・・・・・・・・・・

さてはて、
IKEAも広島に来るとか、来ないとか・・・
やはり、まとまった土地がいるらしいけれども・・・
こちらの方も、どうなるのかな?

どのようなお店が広島に来ようとも、
わたしたちは、既存店を含め、地元のお店を含め、
上手に利用する、賢い消費者になりたい・・・


やっと・・・

IMG_0070_1










やっと秋風が吹き始めた・・・ほっ・・・

昨晩は、この秋初めてクーラーなしで寝た。
途中少し暑いな〜って思ったけれども、
それでもそう思いながらグーグー寝ていた。

朝からのウォーキング、風がひんやり冷たくて気持ちがいい。

しかしながら、日中はやはり暑さがまだまだ残っている。
昨日も夕方は、やっぱり暑い。

そんな中、土佐山で買ってきたそうめん瓜を料理した。
土佐山では、そうめんかぼちゃって書いてあったけれども・・・

見た目は、冬瓜のような形。
大きめの輪切りにしてお湯の中に入れる。
ぐつぐつして、中の繊維が崩れ始めたら、水に取る。

すると、あらら不思議、中の繊維がそうめんのようになる。
それを水でさらして、準備完了。
昨日は、氷水に放して冷たくした。

白だしと昆布とカツオで取った、薄色の出しの中に、
このそうめん瓜を入れ、そのまま冷蔵庫へと。

食べるときに、小エビとオクラを飾った。
冷た〜くてしゃきしゃきした食感が、まだまだ暑いこの季節にうれしい。

IMG_0073_1










今朝の朝食プレート。
目玉焼き、黄色のトマト、かぼちゃの煮つけ、全部黄色。
秋っぽい色のプレート。

それに、おいしいひじきの梅煮をちょっと添えて。

このひじき、本当に美味しい。このひじきについてはこちらから→
なんでもひじきって春に取れるらしい・・・知らなかった・・・
来春は、このひじきを手に入れる予定。

こんな美味しいものを知っている人は、いい友だちだな〜って思う^^
彼女、牡蠣のすごく美味しいところも知っている。
この冬は、おいしい牡蠣も予約して、うんと食べたいと思っている^^

美味しいものを、身体に優しく食べて、
この夏、疲れた身体をちょっとだけ労わってやりたい・・・
秋風が吹き始めた今、そんな思いをがする。

九州とふきんと

IMG_0046_1










土日、九州へ行った。
オットの仕事の運転手として、例のごとく、九州の田舎めぐりたび。
帰りは、コストコに寄る予定を、急きょ変更して、
島根県の仕事場へも足を伸ばした。

運転距離1000キロ・・・

エコカーに買い直して、2週間余り・・・
その間の走行距離2500キロ余り・・・
さすが、エコカー。確かに燃費は抜群!

泊りは、九州の実家。

父のトンチンカン度が、日々増していると言う、母。
頭が徐々に壊れつつあるみたいなことは、確か・・・
母が元気だから助かっているけど・・・これからどうなる事やら。

しかしながら、
今、考えてもしょうがないことは、考えないことに。
どうにかなってから考えよう・・・と、母と話す。

以前、母に渡した手織り布、
台ふきにするといいよ、と言ったけれども、もったいないの一言。

母に言わせると、もったいなくて使えない台ふき、
あるとき、チンチンカンな父が、テーブルにこぼれた水を、
そのもったいない台ふきで、ふいたらしい。

その吸水性のよさに、母、びっくり!

それ以来、台ふきに使うことにしたら・・・
これぐらいいいものはないよ、と言う。
水の吸収はいいし、洗ってその辺に干しておくと、すぐに乾くと言う。

と言うことで、ふきん第2弾を織り、母に持っていく。

例のごとく、もったいない、使えない・・・と言う。
まあ、また織るから使ってよと置いて来た。

2世帯住宅のお嫁さんにも、少しあげてねと言う。
いろいろお世話になっている、義妹。
何もしてあげられないけど、ふきんぐらいだったら作ってあげられる。

もう少し、広め、大きめに織ったら、バスタオルにいいかもしれない。
手織りのバスタオル、想像するだけで楽しくなる。

写真のふきん織りについての詳しくは、こちらから→

意外な場所の野菜と果物

IMG_0038_1










やっとシャワーヘッドを買った。
近くのホームセンターでの購入。
値段の差は、材質と機能、マッサージモードがあるとか・・・

シャワーヘッドのところで、オンとオフになる、
シンプルなシャワーヘッドにした。

さっそくのシャワー、
久しぶりの、ジャ〜ッと出るシャワー、
超節約モードのしょぼいシャワーより、こっちがやっぱり、いいわ^^


昨日、近所のローソンに行く。
近所には、3件のコンビニがある。
我が家から近い方から、セブンイレブン、ファミリーマート、
そして、ローソン。

ローソンが一番遠いから、と言っても、徒歩3分かな・・・
でも、やっぱり、一番遠いから、あるのは知っていたけれども、
行ったのは、ローソンができてから、たぶん2回目ぐらい。

レジ横に、りんごがあった。
つがるリンゴ、1個105円。
新鮮そうだし、ローソンの保冷棚に並べられているから、
冷たい中での管理だし、ひとつ買った。

ふと見ると、その下にレタスもある。

あれ〜? ローソンって、レタスも売るの???
と、そのレタスも、1玉105円。
ひとつ手に取ると、しゃきっとした感じが手に伝わるようなレタス。

ついでに、レタスも1玉買う。

店員さんが、私も、今日はレタスを買う予定です、と言う。

「ローソンにりんごやレタスがあるなんて、びっくりです〜」
と、言ったら・・・

「奥に、ほかの野菜もありますよ」と、案内してくれた。
あらら、
本当に、きゅうりとかトマトとか、野菜がある・・・!
それも、うれしいことに、全部105円均一!

全て、保冷棚に並んでいるから、安心して買えるね。

近所のお店、
野菜とか、果物とか、新鮮で安いお店があるんだけど、
この真夏に、外に置いてある、そんな果物はちょっとね・・・

ローソンでびっくりしていたら、店員さんが、
「実は、バナナもあるんですよ。これがかなりの人気でね・・・」

へぇ・・・・・とばかり、バナナ売り場も紹介された。
あら、本当に、バナナだ・・・
それも、一房105円。

我が家、毎朝、バナナと牛乳とプレーンヨーグルトをミックスした、
バナナヨーグルトを飲む。
朝からバナナがないときは、ウォーキングの時に、
24時間開いているスーパーに行ってバナナを買っていた・・・

今度からは、ここのローソンで買える。
ついでに、きゅうりだの、りんごだの、オレンジだの買える。

お店の人の話では、
全てのローソンに野菜や果物があるわけではないらしい。

なんでも、我が家の近くのローソンは、特別なローソンで、
名前は忘れたけど・・・プレミアムローソンだか何だか・・・
そんな名前、だったような・・・!?
エクセレントローソン、だったかな・・・? 

まあ、名前はなんでもいいけれども、
しばらくは、ローソンファンになりそうな気がする・・・

☆105円のつがるリンゴ、すごく美味しかった。
 だから、今日も行って、りんごを買う予定。
 それから、オレンジとグレープフルーツも買う予定。

☆昼前、買いに行ってきましたっ!(↓写真)
 きのうと同じ店員さんがいて、
 「リンゴ、とってもおいしかったです〜♪」と言いました。
 今日は、りんごとオレンジとグレープフルーツ、
 それに、山形のブドウも買っちゃった。
 半分は、みぃ〜ちゃんにあげる予定。

IMG_0044_1

よしず頼り

IMG_0024_1










朝の我が家のキッチン。午前7時過ぎごろ。

オットが仕事に出かけて、これから片づけってところ。
だから・・・
写真に撮ってアップするのには、恥ずかしいような状態^^;

キッチンのドアや窓、東向き。
朝日が入る気持のいいキッチン・・・・・
と言えば、聞こえはいいが・・・

夏場は、さすがに暑い・・・
今年は、暑い以上に暑い・・・

唯一の救いは、ガスでなくてIHだから、
ガスの火の熱さはないことぐらいかな。

このキッチン、夏場だけは、よしずを立てかけている。
台風接近と言うことで、よしずをたたんでいた。
台風は、広島にはほとんど影響なく通過。

よしずをそのままにしていたら・・・

朝から、暑い。
秋だから、陽の光がう〜んと中まで入ってきて、
朝から暑い。

今朝は、お情けぐらいの秋風が吹くんだけど、やはり暑い。

当分、よしずのお世話にならなくては、ね。


☆織りの方、ただ今、カラフルな織りです。
 詳しくは、こちらから→

もの入り&節約

IMG_0013_1











秋、インビテーションカードが届いた。
甥っ子の結婚式、10月に東京のホテルで。

おめでとう!

赤ちゃんから知っている、かわいい甥っ子が結婚するなんて、
我が子のようにうれしい〜♪
あの子がねぇ・・・・・って、おばさんも感慨深い。

さてさて、
現実の話として・・・

オットと指折り計算する。
東京に2人で往復して、○万円。
式のあるホテルの宿泊代(普段泊らないようなホテル)、○○万円。
前日、みんなで食べるディナー代、○万円。
お祝い、○○万円。

それに、
東京にいる息子と会えば、夕飯いっしょに食べに行って、○万円。
スーツのひとつでも買ってあげるとなると、○万円。

それから、それから、
これは、オットには言わなかったけど・・・
私のお小遣い、だって、久しぶりの東京だもの、これ○○万円。

いったいいくらお金がいるのよぉ〜!!!

もう、いるものはいるっ!って、腹をくくった。
これが人の世と言うものだよね・・・

その代わりじゃないけど、普段の生活は、節約生活。
sora節約大先生のご指南の元、わたくし、がんばっています。

まあ、↓見てください〜♪

IMG_0014_1










ガス代、なんと驚きの、5㎥

先月は、10㎥だから、半分だよ〜♪

前年同月は、17㎥だから、すごいと思わない!?

それによくよく見てね〜。
今月は、32日間で5㎥だよ〜ん!

我ながら、えらいとも思うけれども、
やはり何と言っても、
sora節約大先生のご指導には、恐れ入った・・・

まあ、ひとつには今年の猛暑があると思う。
なんたって、水道水がぬるいからね・・・
だから、シャワーにかかるガス代も少しだと思う。

この前、落として壊したシャワーヘッド、
まだ、買い換えてない・・・^^;

めちゃくちゃしょぼい、ちょろちょろシャワーを使っている。
このままだと、来月は、3㎥ぐらいになる?

いやいや、水温が下がってくるから、そうもいかないだろうし、
シャワーヘッドのちょろちょろも、もう限界だ・・・

とにもかくにも、
お金のいる秋だからこそ、日々の節約に励む、
そんな、
どんぶり勘定の私の日々の生活・・・なり。


オーベルジュ・・・

IMG_9939_1










旅の楽しみ、宿の楽しみは、やはり何と言っても、晩ごはん!

なんたって、オーベルジュだもの・・・期待値は上がるな〜♪

ちなみに、auberge(オーベルジュ)は、フランス語。
辞書を引いてみると、
1・田舎の宿屋、ホテル
2・高級料亭(外観は田舎風の)

日本での解釈は、
腕のいいシェフがその土地の食材を今風に料理する、
田舎にあるちょっとおしゃれな宿、ってとこかな?

IMG_9963_1










食事は、レストラン。
テーブルがいいか、カウンターがいいか聞かれる。
カウンター好きのオットは、迷わずカウンターって言ったけど・・・
私は、ちょっとだけ、イヤな予感がする・・・

テーブルには、もう3品並んでいた。

↑「つるむらさきのお浸し」
 「温州みかん」(写真なし)

前菜が、5種類(写真なし)

とにかく暗いの・・・だから、写真がうまく撮れない。
カウンター前の赤の壁が、妙に気になる・・・しね。

つるむらさきは、野菜が新鮮なのか、
市販のつるむらさきとは、味が違う。

前菜は、う〜ん、まあ、それなり・・・かな・・・

IMG_9969_1










冷碗「ポークの柔らか煮山芋汁」
豚の三枚肉を軟らかく煮て、だし汁にすりおろした山芋が入る、
冷たい一品。

この季節だから、冷たいポークらしい。
口当たりもよく、これはおいしかった。

上に乗っかっている黒いのがわからなく聞いたら、
ナスの皮をむいて揚げたのらしい。
プレゼントしてはおもしろいけど、食べてどうってことないかな・・・

IMG_9971_1










「土佐山キュイジーヌ」
エゾ鮑の旨煮蒸し
それに、土佐山オーガニックラインと書いてあったけれども、
季節の野菜の盛り合わせ。

鮑、味がない・・・
塩気とかがないと言うのじゃなくて、うまみがない・・・

野菜は、それなりの味がしておいしい。
けれども、
山本ファミリー農園さんの野菜を食べているから、
それ以上においしいかと言われれば、まあ、同じくらいかな・・・

このプレゼンの仕方、ちょっと流行りなのかもしれないけど、
う〜ん、ちょっとちょっとだけ、流行遅れかもしれないな・・・って。

IMG_9974_1










御造り「カツオ・くるまえび・いさき」
カツオは、確かにおいしかった。
エビも、甘さが感じられて旨い。
いさきは、普通、だったから、オットにあげた・・・

IMG_9976_1










山の夕げ「地鳥・野菜のてんぷら・モチキビの塩ゆで」

このプレゼンには、ぶったまげた!
ありえんじゃろ・・・

昔、カリフォルニアスタイルっていうのが流行ったけど、
あれの亜流って感じがする。
ダイコンを切って、それに南天の葉っぱを突き刺したの・・・
これって、おしゃれなのかな・・・?
私には、わからん・・・

昔子ども会で、亥の子祭りの手伝いしたけど、
その時の、町内の祭壇、こんなの飾ったような気もする・・・

もう、これは見ただけでお腹がいっぱいになって、
オットががんばって食べていた・・・

IMG_9982_1










「ソーメン瓜」
ソーメンのだし汁みたいな中に、ソーメン瓜が入っている。
冷たくて、のど越しのいい一品。

これは、家でマネっこして作ってみたい。
ただ、
家だと、だし汁は、クリアな色に仕上げるかな〜?
それの方が、そうめん瓜の色がきれいに出そうな気もするけど。

IMG_9983_1










そうそう、一緒に飲んだのは、
超辛口酒「鬼辛」 20度のお酒。ちびちび飲んだ。

あまりにも度が強く、料理によっては合わないので、
間では、
秋おろし(夏の終わりころ出来るお酒)を間で飲んだ。

IMG_9987_1










最後は、なぜか、卵かけごはん。
ほんの3口分に、黄身だけかけて食べた。
これに赤だしが付いて、ご飯は終わり。

IMG_9988_1










デザートは、
「トマトのはちみつコンポート」
「抹茶アイス」
「冷たい煎茶」

コンポートは、家で作った方のが、おいしい・・・
家のは、白ワインで煮るからかな?

抹茶のアイスは、嫌いだけど、
これは、抹茶の味がしないから!? 食べることができた・・・

お料理、量的には、ちょうどいい感じ。

席に着くと、テーブルには追加メニューが置いてある。
眺めてみると、食べたいな〜って思うものも。
若くて、もう少しガンガン食べることができたなら、
カツオのたたきは、必ず追加しただろうし、
牛ロースのステーキも、オットはたぶんオーダーしていただろうし、
私は、
じゃこ天あぶり、なんか追加したかな?

ただ、オットも私も、その意味では歳をとった・・・^^;
途中で食べられそうだったら、追加しようね、って言ったけど、
とてもじゃないけど、途中で完全無理と思った。

隣の若い夫婦は、いろいろ追加して食べていた・・・若いっていいね。

さて、座ったのはカウンター。
掘りごたつ式のカウンターだから、座る席は、床レベル。

私たちが座ったのが端っこで、その横が調理場へと続く。
そこを、給仕の人たちが、どんどん、どんどん歩くから、
うるさい・・・

それから、調理場が近いのかな〜?
茶碗がかちゃかちゃいう音、これがかなり響く。

ちょっと落ち着かない。
やっぱりテーブルにすればよかった・・・

そんな中流れる音楽は、同じCDが何回も・・・
これは、もう少し考えてもいいんじゃないかな・・・?

お料理のこと、お酒のこと、いろいろ質問すると、
そのたびに、ちょっと聞いてきます、と言って・・・
支配人らしき人が出てくるんだけど、
この人、もごもご言うし早口。
結局、なんかわからんかった・・・

それから、私たちが座った後ろに、小さなテーブルが。
そこで、何かがくつくつ煮えている。
それに、お寿司の盛り合わせと、フルーツもある。
ちらほら、それを取りに来ている人もいる。

私たちには、何も案内がなかったけれども、
あれって、なんだったんだろう・・・
お腹はいっぱいだから、もうこれ以上は食べられなかったけど、
案内だけでもして欲しかったな〜、って食いしん坊は思う。

全体的に、お料理おいしかった。
地元の野菜を使って、まじめに作っている料理だと思う。

ひとこと添えれば、
オーベルジュと名乗るところに期待をしすぎた私がいけないのか?
その意味では、ちょっと期待はずれ、と言うのが正直なところ。

ただ、宿のために書いておくけれども、
値段からすると、良心的な値段の設定だと思う。
(私たちは、ホテル棟に泊まった)

お料理、若い人には足りないかもしれないが、
それは、追加料金でオーダーできる。
このことを考えると、ある意味、良心的な商売だと言える。

高知は暑いぞ!

IMG_0001_1










行ってきました、四国へと。↑宿のデッキ。

マレーシア、ランカウイ島にあるリゾートホテル、
「タンジュンルー」を、少しばかり思いだす・・・そんな宿。

もちろん、タンジュンルーは、海のリゾートだし規模も違う。
しかし、
今回行った宿、これを作った人は、頭の中のイメージのどこかに、
このタンジュンルーがあったのではないか、と思わせるところが・・・

さて、なぜ、旅に出たかというと・・・

オットが車を買い換えた。
とうとう、ハイブリット車、いわゆるエコカーに乗り換えた。
その車が、先週の火曜日に来たので、その試走を兼ねての旅。

どこに行くかな〜って思っていたら、
予約が取りにくいと言う、あの宿に空きがあったので・・・

IMG_9927_1










「オーベルジュ土佐山」へと。

ここの予約、取りにくいみたいだけれども・・・
2週間前とか、1週間前とかになると、予約が取れる可能性が。
適当に予約を入れた人が、キャンセル料が発生する前に、
キャンセルするからかな?とも、思うのですが・・・

泊ってみたかったヴィラは、残念ながら空き室はなし。
常に満室の理由は、4室しかヴィラがないからだとわかり、納得。

泊ったのは、ホテルの部屋。
こちらについては、また、いつか・・・詳しく。

高知へは、瀬戸大橋経由で、広島から3時間余りで着いた。

高知はどこにも行かないつもりだったけど、
ちょっとだけ気になるお店へと。

「ボンコワン」へと。Arneで紹介されて有名になった店らしい・・・
が、私はそのArneは、読んでない。

店は、一方通行でわかりにくいところ・・・
ぐるぐる回って行ったら、休み?
というか、閉店、移転のような・・・・・???

ここらでオットが、腹減ったコールをするので、
適当に車を走らせ、適当に駐車して、適当に街中を歩いたら、
「ひろめ市場」という建物が・・・

オットがここがいいと言うので、その中でご飯休憩。

とにかく、人が多くて、クーラーが効いてなくて、暑くて・・・
カツオのたたき丼とクジラの竜田揚げを食べた。
うん、まあおいしい。

その後、もう一軒、行ってみたいお店、ギャラリーm2へと。

ここで、辻和美さんのグラス、生で!?はじめて見た。

見た瞬間、買う!と思った。
値段も、それなりの良心的価格。
デザインは、間違いなく「好き!」

結果、買わなかった・・・
理由は、私の手には大きすぎるグラスだった・・・
それに、ほんの少し重すぎるグラスだった・・・

あれが、皿だったら、買っていたと思う。
そうめん鉢のような形のガラスもあった。かなり素敵な形。
しかし、買わなかったのは、
なんとなく、今の私の気分ではなうような・・・

このお店には、n100(エヌハンドレット)のカシミアも・・・
こちらの方、いいな〜と思ったカシミアのカーディガンが。
お値段、ほとんど5万円なり。

それから、コート、これもよかった・・・
う〜ん、って、コートの前でしばらく立ち尽くしてしまった。

お店には、ギャルリももぐさ監修の野立てセットもあって、
それをお店の人から、丁寧に見せてもらった。

野立てなんていう柄じゃないけど、うんとお金持ちになったら、
あんなの欲しいな〜って思う。
ちなみに、怖くてお値段は聞けなかった・・・

買ったのは、1枚750円のびわこふきんのみ。
真っ白のふきん、これを参考にして、自分でふきんを織ってみるつもり。

蛇足だが、この後、めちゃくちゃ暑かった・・・
このびわこふきんを水でぬらして、
オヤジみたいに首に巻いていたら、涼しいのなんのって・・・

そんなに暑い理由は、↓これ・・・

IMG_9925_1










海男、オットが、太平洋を見に行こうって言う。

ということで、高知から海岸の方へと。
太平洋、やっぱり好きだわ〜。

オットが九州宮崎の都城に仕事に行くとき、
私は、待ち時間に、宮崎の海を見に行く。
青い太平洋を見ながらのドライブ、大好き。
気分がスカッとする。

高知の方は、
宮崎と比べると、スカッとするようなドライブウェイではないが、
それでも、太平洋の広さと海の青さは、同じ。

行きついたのは、桂が浜。
写真の向こうに見える松林のところに車を停め、歩いた。

暑い〜、あじゅ〜い、じりじりと焼けそう・・・

ひろめ市場も、ここも、こんなに暑いのに、人がいっぱい。
今、高知は暑くて、熱いのだ。

唯一の助けは、首に巻いた、びわこふきん・・・
どうにか熱中症にならずに済んだ・・・

もう、限界とばかりに、宿へと車を走らせる。

IMG_9952_1










山の中にある宿だけど、ここも暑い・・・
やっぱり異常気象だよね・・・

好きな浴衣を貸してくれると言う。

オットには、「かまわぬ」のガラの浴衣と、紺の帯を選ぶ。
私は、グレイッシュパープルの地にピンクの抽象花の浴衣、
これに、濃いパープルの帯を選ぶ。

お部屋について、お風呂に行って、や〜れやれ。

さっそく、ホテルのバーにて、冷えた生ビールをいただく。

生き返った・・・♪

困ったモノたち

IMG_9266_1










片づけて入るものの、なんだか力が入らない・・・
暑さのせいにしているけど・・・

それでも、ぼちぼちと片づけている。
片づけでめんどくさいのは、ゴミの分別。

紙ごみとか、本とか、布の切れっぱしとか、
すぐに何ゴミかわかるのはいいけれども・・・

パソコンのコード類、いったい何に使うの?っていうヤツや、
海外時計の壊れたの、
ビニールのCDケース、
缶バッチ、
デジカメの使わなくなったの、そのバッテリー、
などなど・・・

めんどくさいから、とりあえず、一つの箱に全部入れている。
ある程度溜まったら、ゴミ分別の本を片手に分けるつもり。

それから困るのが、持っていてもどうしようと思うもの。
カセットテープ(子供の声入り)
βシステムのビデオテープ(お母さんと一緒に出た息子)
VHSのビデオテープ(子供のピアノの発表会)
などなど・・・

どうやって再生すればいいのかな・・・?
再生する機械が、もうないんだもの・・・

こんなお困りもの、どうにかしてくれるところってあるのかしら?

そう言えば、我が家の天袋には、
s−VHSシステムのビデオがあるはず・・・
あのビデオもどうしようかしら・・・

カセットから、MDへ、それから、CDへ、それからiポッド・・・
8ミリから、βシステムへ、VHSやs−VHSへ、それから・・・
そうそう、
5インチフロッピーから、3,5インチフロッピーへ、
CDやDVD、メモリースティックもあるね・・・

とにかく、いろいろと規格が変わるたびに頭は混乱、財布は散財。
そして、
今は、以前の機械がなくなって、それで困っている・・・

いったい、わたしはどうすればいいの・・・?




冬瓜の冷たいの

IMG_9837_1










冬瓜って、今の季節の収穫らしいけど・・・(畑のことは?・・・)
冬まで取っておかれるから、冬瓜って言うらしい・・・本当かな?
(以上のことについては、もしかしたら違うかもしれない・・・^^;)

冬の寒い頃、冬瓜を煮て葛でとろみをつけたの、大好。
片栗粉じゃなくて、葛のとろみが好き。

普通に煮ただけのも大好き。

この季節は、煮たのを冷蔵庫でうんと冷やしたのが好き。
できれば、次の日に食べるのが好き。

【冬瓜の冷たいの】
材料
冬瓜・エビ・ちくわ・だし・薄口しょうゆ・すだち

作り方
冬瓜の皮をむき(ピーラーで剥くといい)、一口大に切る。
鍋に水と冬瓜を入れ、冬瓜に透明感が出るまで煮る。
煮た冬瓜を水に取り、さらす。
鍋にすだち以外の材料を入れて煮る。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷たく冷やす。
食べるときに、すだちを添える。

☆冬瓜の皮をむくとき、少しグリーンの部分が残るようにするときれい。

☆冬瓜のグリーンが翡翠色をしてきれいなので、 
 だしや調味料など、色がつかない方がいい。

☆冬瓜自体、味がない!?ので、だしは濃いめの方がおいしい。

☆冷たくすると、やや塩味が強く感じるので、
 味付けは、足りないな〜って言うぐらいの塩味にする。

☆ちくわは、たまたまあったから入れただけで、
 鳥のささみとか入れてもいい。
 豚の塊で取ったスープで煮てもおいしい。

☆冬瓜を一口大にしたとき、面取りをするとおしゃれ度が増す。
 お客さまの時などは、ぜひぜひ面取りを〜♪


大きな冬瓜を見ると、買うのを躊躇するけど・・・
スーパーで、小さなかたまりを見つけると、つい買っちゃう。。。





秋の気配

IMG_9873_1










☆「スペアリブの黒酢煮」↓アップしました。

今朝、日の出前の空。もう秋・・・・・? 不思議な色の空。

オレンジとスカイブルーときれいな色。
こんなマフラーを織ったらきれいだろうな〜♪

IMG_9860_1










野菜屋さんの店頭には、里芋が。
宮崎産の里芋。

ていねいに皮をむいて、コロコロの煮付けに。

夏野菜も好きだけど、里芋のような秋の野菜にも大好き。
なんだか、ほっとするような気分。

IMG_9869_1










秋だから? もう、夕方の陽の光が家の中に、うんと入ってくる。

でもね・・・気温は36度だよ・・・夏だよ、まだ・・・

母から電話があった。
何度かと気温を聞くから、36度だよと答えた。

母が、
「こっちは37度! 1度勝ったね!」と言う。

ずっと勝っていただいて結構です・・・・・・
もう、暑いのはどうでもいいや・・・

週末、四国に行く予定。
オットが、高知を見て回ろうと言う・・・
わたし、すぐに却下!

この暑い中、高知の街の中なんて歩きたくない。。。
日曜朝のひろめ市場だけで、後はどこにも行きたくない。

早く宿に行って、
    ゆっくり、   
      のんびり、
        だらだらと過ごしたい・・・冷えたビール付きで・・・

スペアリブの黒酢煮

IMG_9866_1










レシピカテゴリーを作った記念!?に・・・^^
ちょっと調子に乗って、レシピ第2弾。


【スペアリブの黒酢煮】

材料
スペアリブ・黒酢・醤油・砂糖・焼酎・しょうが・ニンニク
ゆで卵

作り方
スペアリブを沸騰したお湯に入れ煮立て、アクが出たら、
水に取ってきれいに洗う。
調味料を入れ、豚がひたひたになるくらいに水を入れて煮立てる。
アルコール分が飛んだら、鍋のふたをして、
180度のオーブンに50分入れる。
ゆで卵を煮汁に浸ける。

☆オーブンに入れられる鍋を使うこと。
 オーブンに入れずに、ことこと煮てもできる。

☆豚バラの塊・肩ロースの塊でもおいしくできる。
 鶏もも肉でもできる。この場合、オーブンに入れず、ことこと煮る。
 
☆黒酢がなければ、米酢でもできる。
 が、黒酢の方が、コクがでる・・・ような気がする・・・

☆砂糖は、私は洗双糖(サトウキビ)を使うが、これはお好みで。

☆焼酎は、いただき物の沖縄の泡盛を使った。
 焼酎でもいいし、日本酒でもいい。
 梅酒でもいい。その場合は、砂糖を入れなくてもいい。
 梅酒の場合、梅の実を2〜3個入れていもさっぱりしておいしい。

残った煮汁を冷蔵庫に入れて置く。
次の日、上部に白く固まった脂が・・・
これを取り除き、野菜を煮ると、おいしい煮物になる。

見ない〜っ

IMG_9856_1










今日、二つ目のブログ。

カテゴリーの中に「レシピ」を加えました。
料理のレシピについては、ほかのブログとは別にアップすることにより、
簡単にレシピがわかるようにしました。

「レシピ」最初のブログは、「ひじきの梅煮」↓


めったにお菓子は買わない。
昨日は、その「めった」な日。
東急ハンズの帰りに「みよしの」に行った。

ここの黄身餡が好き。
黄身餡のお団子が好き。

でも、夏場、黄身餡のお団子は作ってないそう・・・
だから、
黄身餡を泡雪で包んだお菓子、それに、わらび餅を買った。

こういうていねいなお菓子を食べると、幸せ気分になる。
次は、10月ごろに作る予定という、黄身餡の団子を買う予定。

IMG_9845_1










ここのお店の包装紙と紐も好き。
折り目をきちっと付けて包む手の動き、
そして、紙紐で結ぶ動作、いつ見ても美しいと思う。

その間、たった10秒なり。すごい。見惚れちゃう・・・

IMG_9858_1










我が家のハンドタオルを全て処分するために、
東急ハンズでタオルを買った。

今治タオルは、全部売り切れていた・・・
何せ、ハンズメッセ最終日だったからね、きのうは・・・^^;

代わりに、大阪泉州のタオルがあったから、それにした。

白12枚、それとベージュ4枚、これはキッチンの手拭き用。
白雪ふきんもついでに6枚購入。
総入れ替えで気持ちがいい。

処分のタオルを見て、オットが、ちょうだいちょうだいって言う。
なんでも会社の手拭きタオルにするからだって・・・

え〜っ、くたびれているよ・・・って言ったら、
会社のは、この3倍くたびれているらしい・・・
それに、すぐ汚れるから、これでいいよ〜、だって・・・

まあ、いいかっ。。。

昨日の東急ハンズ滞在時間、10分なり。
タオルとふきんを買って、さっさと退散した。
あちこち見たい気分だったけど、見ると何か買っちゃいそうで、
それが怖くて、さっさと帰った。

断捨離・・・なんて、まだまだ遠い気分のわたし・・・

だから、なるべく、モノを見ないことにしようと思った。

そうそう、帰りに寄った「みよしの」の数軒隣に、
メロメロになりそうな、素敵な器屋さんがあるんだけど・・・

外から、そう〜っと覗いたら・・・

絶対に買いそうな器を発見! いい感じのそばちょく!

だめだ、だめだ、だめだ・・・と言い聞かせ、外から見るだけにした。
次、次に来た時には、中で見ることだけは許してあげるから、
今日は、我慢だよ〜って、心を鬼にして、駐車場へとぐんぐん歩いた。

夜・・・・・・・・

シャワーをしていて、シャワーヘッドが落ちた。
打ち所が悪かったのか、壊れた様子。
シャワーのお湯が、中途半端な感じで出る。
(まあ、これで使えば、お湯の節約にはなりそうだけどね・・・)

ガ〜ン! ショックだわ・・・

オットが、東急ハンズに行ったらいろいろあるだろうから、
そこで買っておいで、と朝から言う。

二日連続の東急ハンズ!?

いやはや、アブナイアブナイ・・・
駐車場の前は、あの器屋さんだもんな〜。
あのそばちょく、まだ、絶対に売れてないと思う。

もう一度、見たら、見たら、どうなる・・・

東急ハンズ駐車場、今日は違うところにしよう。
じゃないと、かなりアブナイことになる。

断捨離の言っていることは、よくよくわかるけど、
欲望渦巻くわたしの心、そんなに簡単には変えられそうにない・・・

ひじきの梅煮

IMG_9842_1










ちょっと前に、ひじきをいただいた。
これが、っていうぐらい、おいしいひじき。
大事に大事に食べている・・・
けれども、いつかなくなるよね・・・

また、欲しいです・・・^^

祝島のひじき、HPを見る限り、今は注文できないみたい。
困ったな・・・
どうやったら手に入るのか、いただいた方に聞いてみよう。

カテゴリーの中に、「レシピ」を加えました。
このブログ、料理の作り方を探すのが大変だから、
新たなカテゴリー「レシピ」を加えて! と言うアドバイスに答えて。

確かにな・・・・・ 言われるまで、気がつかなかったよ・・・

【ひじきの梅煮】
材料
ひじき・甘長とうがらし・アゲ・だし汁・梅干
(中に入れる具は、冷蔵庫にあるものなんでもOK!)

作り方
ヒジキは戻しておく。
甘長唐辛子は斜め切り。アゲは千切り。
出しの中に、ひじき・甘長とうがらし・アゲを入れて煮る。
梅干を入れて味付けをする。

味付けは、梅干しだけ。
すごくさっぱりとした味付けで、今の季節にピッタリ。
オットとふたりで、鍋いっぱいのひじきを完食してしまった・・・

また、作りたいけど・・・ひじき、どうする・・・


Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ