*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2010年12月

歳の瀬に

IMG_1448_1










今日で、一年も終わり。速かったなぁ~~~
歳を取るごとに、なんだか、一年過ぎるの速くなるような気がする。
気のせいかなぁ・・・ 物理的には同じはず!なんだけど・・・

昨日の昼ごはん、年越しそばの「れんしゅう」のつもりで、
年越し蕎麦を食べた。
ビニール袋に入っている茹で麺のそば^^;
見た目は蕎麦だけど、味は、まあ・・・・・

山芋をすって、山かけそば。
お稲荷さんもついでに作って、それと、ホウレンソウのお浸し。

掃除も済ませ、昼からは、することない・・・

ソファーでゴロゴロしたりしながら、
BSの再放送、中国の文化大革命のドキュメントを観た。
以前読んだ「ワイルドスワン」の世界。。。

夜も、BSで中国を扱ったドキュメンタリーを観た。
「麦客」と言う、麦刈りを請け負う人々の話し。
今の中国の格差・・・厳しすぎる・・・
貧しい農民たちの一途な姿に、涙が出てくる。。。

IMG_1454_1










昨日、ゴロゴロしながらも、少しはお正月の用意。
数の子も浸けたし、赤カブも出来上がった。

今日は、朝から、牛のタタキを作って、お雑煮の用意をすれば、
後は、すべて完了!

朝から、青空が広がっているから、シーツが洗える。
それに、窓ふきももう一度やるかな~!?

とにもかくにも、一年は、今日で終わり。

みなさま、この一年、いろいろとありがとうございました。
来年も、よろしくお願いいたします。

ではでは、よいお年を~♪

年末に・・・

IMG_1434_1










今年は、お掃除&片づけ、年賀状などなど・・・
例年よりも、うんと早いペースで片付いた、やっほ~!

お掃除も、あとは、ちょっとていねいなトイレとお風呂の掃除をすれば、
それで全て終了。
12月に入って、両方とも、ていねい掃除は済んでいるから、
本当に、ちゃっちゃっと30分もやればいいから、気持ちは楽ちん!

30日、今日は、数の子の用意をして、
それから、今は、オーブンで黒豆を煮ている。

出来合いの既成のおせち料理は買ったことがない。
きっと口に合わないだろうな~って思うから。
お正月早々、食べることで不機嫌になりたくないものね・・・

ただ今の心情、「日々の暮らしを丁寧に」・・・
と言っても、そうたいしたことはしない。
あたりまえのことを、手抜きしながら、まあまあ・・・するだけ。

お正月も、それなりに丁寧に準備をしたいと思う。
でも、わたしのことだから、それなり^^;

年末年始を含め、食べること、3食丁寧に食べることって、
簡単そうで、実は、けっこう厄介なことなのである。
って、台所をあずかる人はわかると思うけれども。

それでも、それを丁寧にしている人、大好き。
わたしの知っている、丁寧なごはんを作る人リスト↓

主人の実家の台所をあずかる義姉、
わたしの母、
わたしの弟のお嫁さん、
それから、
森の家に住んでいる・・・ねこちゃん、
それから、
後は、今のところ、思い出さない・・・
(予備軍は、数人いるけどね・・・まだまだかな^^;がんばれ~!)

ただ、これは、よっぽど親しい人じゃないと、
その人の台所の中身って見えない。
知っているけれども、台所がわからない人も多くいるから、
もっともっといるんだろうけどな・・・

IMG_1436_1










丁寧なごはんを作ろうと思う時、
我が家の台所を支えてくれる、力強い味方、
山本ファミリー農園さん
ここから、今年最後の野菜セットが来た。

今回は、特別に、美味しいにんじんも、5キロ追加してもらって、
何とも幸せな、野菜セットになった^^

おまけに、青森の方からは、素晴らしい山芋が来て、
我が家は、ただ今、幸せ野菜に囲まれているのである^^

冷蔵庫の野菜室に、新聞紙に包んで丁寧に保存する。
って、野菜室を見たら、そこいらで買ったにんじんが、3本残っていた。
う~ん、どうするかな~?

山本さんのにんじん、美味しいうちに美味しくいただきたい。
その後、冷蔵庫の3本のにんじんを食べるとなると、
それまで、持つかな・・・?

昨日、思い切って、干しにんじんを作った。
これなら、干して保存できるだろう・・・と思うのだが・・・
初めての干しにんじん作り。ちょっと不安。。。



わたしへのプレゼント

IMG_1422_1










今年のクリスマスプレゼントは、って、もちろん自分から自分への(笑)
プレゼントだけど・・・
アラビアのAVEC(アベック)にしました~♪
これ、「かもめ食堂」で観たときから、気になっていたお皿・・・

まっ白のアラビア、こちらの方は、毎日のように使っているお皿。
15年以上前、そごうにアラビアが置いてあった頃、買った。
お金が貯まると、2枚ずつ買い足して、買い足して、現在は12枚。

とにかく、毎日使うお皿で、重宝している・・・のだが・・・
何せ、まっ白だから、「和」っぽいものには、ちょっとさみしい。
「洋」や「洋っぽい」おかずには、ピッタリなんだけどね。

「かもめ食堂」では、この白いお皿がメインで使われていた。
そして、このAVECは、おむすびを入れるお皿として使われていた。

映画で観たときは、日本のお皿!?と思ったけれども、
調べてみたら、なんとこれもアラビアのお皿。
あちこちネットで調べたけれども、「かもめ食堂」での人気のせいか、
どこもここも売れてしまってなかった。

そんなこんなで、今回やっと手に入った。やれやれ・・・

今日の朝ごはん、塩サバちっちゃいの一切れと、紫ダイコンのおろし。
こんな「和」っぽいおかずには、白のアラビアよりも、ずっといい。
もちろん「洋」にもいいけれどもね。

このお皿が我が家にやって来たから、
今まで使っていた、黒の四角いプレートは処分・・・
そのほか、小鹿田の小鉢とか、その他、
今の気分じゃないもの、つまり、飽いちゃったものは処分・・・

処分・・・するつもりだったら・・・欲しいって言う人がいた。
大事に使ってくれそうな人だったから、
わたしもうれしいけれども、お皿もきっとうれしいと思う。
新しいお家で、きっとかわいがってもらえるはず^^

IMG_1426_1










年末のプレゼントは、もちろん、わたしからわたしへのプレゼントは、
来年の干支の、うさぎの茶碗にした。
これは、子供茶碗なの。

いっぱい盛っても、80グラムのごはんしか入らない。
この量が、わたしの適切量だから、ちょうどいいサイズ。

IMG_1427_1










ごはんを、パクパク食べていくと、そこには、うさぎがまた見えてくる。
かわいいな~♪

ごはんは、ただ今、七分付きのごはん。
毎日、美味しく、パクパクいただいている。

オット用にもいいな~って思う茶碗があったんだけど・・・
3800円ぐらいで・・・割れたら後悔しそうで、やめた・・・

そんなこんな、新しいお皿とわたしの茶碗で、
日々のごはんが、いつもにも増して、美味しいのです^^


☆「アラビアって、中東の国のお皿なの?」って、
 きっと、たぶん、母から電話がかかってきそうだから・・・
 ここに、書いておきます。

 「アラビア」といっても、中東の国のお皿ではありません。
 北欧フィンランドの器メーカーの「アラビア」です。

 なぜ「アラビア」って名前を付けたかと言うと・・・
 昔、「アラビア通り」って言う通りに会社があったからだそうです。


10の元気の法則

IMG_1414_1










↑日経新聞土曜版 NIKKEIプラス1 12月25日(土)より

「気分一新 自分を元気づける言葉」

1位  なるよになる、なるようにしかならない
2位  まあいいか、気にしない
3位  人は人、自分は自分
4位  明日は明日の風が吹く(明日があるさ)
5位  時間が解決してくれる
6位  こういうときもあるさ
7位  人生に無駄はない
8位  明けない夜はない(夜明け前が一番暗い)
9位  死ぬ訳じゃない。生きているだけで丸もうけ
10位 なんでもない、大丈夫


なるほどな~って思う。

世の中、なんだか、行き詰っているような、そんな閉塞感がある。
いやぁ~な空気が淀んでいるような気がする。
そんなとき、自分もいっしょに落ち込んでいても仕方がない。

この世の中、イヤなことが多すぎると思う。
わたしも、ガク~んと落ち込むこと、しばしある。

って、最近も、イヤな話を聞いて、というか耳にはさんで、
ガク~んと落ち込んだ・・・約半日間ほど・・・

で、冷静に自分なりに分析すると・・・
これって、いわれもないことを言っている、そいつ、そうそいつ、
そのヤツ!が悪いのであって、何もわたしが悪いんじゃないっ?

だいたい、昔から、難癖を付けてくるヤツなのである。
まあ、それが、そいつの顔に出ているんだけど・・・
本人は、気が付いていないだろうな~~~

まあ、いいのだ。♪それでいいのだ~~~♪

なるようにしか、ならないし、気にしないし、
そもそも、人は人、自分は自分なのだ。
わたしの明日は、きっといいことがあるだろうし、
まあ、こんなことを言われることもあるだろうさ。
わたしは、こんなことは人には言わない。
これを反面教師とすれば、まあ、言われたことに無駄もないってわけさ。
暗い気持の時もあるけど、楽しいこともいっぱい、
わたしには、明るい明日がある。
いくらイヤなことを言われても、死ぬわけじゃないし、
現に、わたしは、生きている。それも元気で生きている。ざまあみろっ!
こんなこと、なんでもないさ、大丈夫!

って、上の10個に当てはめれば、すぐに元気になっちゃうね。

わたしは、そんな「お暇なヤツ」には、付き合えないのだ。

何せ、わたしは、バーベルも上げなきゃならないし、
ぶくぶくぱ~っもがんばって、次のクロールに挑まなくちゃならない。
アホな時間を費やすほど、暇ではないのだ。

イヤなことがあったら、ぜひぜひ、上の10個に当てはめてみれば、
なんっちゅうことないっ! って、わかるよ~♪

超かんたん牛のタタキ

IMG_1405_1







もしかしたら? 

このレシピ、我が家の断トツ!一番人気メニューかもしれない。
いったい何回これを作っただろうか・・・
これが、嫌いっていうお客さま、今までにいないと思う・・・

いったい何人にこのレシピを教えただろうか・・・
自慢じゃないが・・・(こう書くときは、たいてい自慢なのだ^^)
このレシピ、よその家でも、定番の人気レシピになるのだ!

って、今日は、かなり強気だね・・・笑

【超~かんたん牛のタタキ】

-材料-
牛のもも肉塊  最低300g以上 理想は500g以上
調味液     醤油:日本酒:酢 これを、2:1:1の割合
         しょうが・ねぎの青いところぶつ切り
付け合わせ   練りからし・レモン・大葉など

-作り方-
1・牛肉を冷蔵庫から出し、常温に戻しておく
2・グリル・魚焼き機などで焼く。七輪でもOK(あればだけど^^;)
  焦げ目を付けながら焼く。
  焦げ目がつき過ぎるときは、アルミホイルでカバーする。
3・好みの焼き上がりになったら、
  すぐに、用意しておいた調味液に浸ける。
4・最低3時間以上おいてから切る。
  できれば、一晩冷蔵庫で保存して切る
5・食べるときに、調味液をたれとして使う。
  お好みで、練りがらし、レモンなどを添える。

☆簡単すぎるレシピなので、「材料の良さ」が勝負!
 牛肉は、国産牛よりも、和牛の方が絶対においしい。
 100g500円以上のお肉がお勧め。

 年末に、スーパーの広告で出るような、
 100g398円の肉でも、それなりにできる。
 100g298円の肉だと、ちょっと悲しくなる。
 しかし、この辺りまでは、まだ許容範囲。

 ○ーストラリア牛肉、○メリカ牛肉で作ると・・・
 悲惨なほど、まずい出来上がりになる・・・
 正月早々、そんな悲惨な思いはしないように・・・
 
☆調味料も、出来れば美味しいものを・・・
 日本酒も、料理酒ではなくて、「飲める」日本酒がお勧め

☆子供のいる家庭、お酒が飲めない人のいる家庭では、
 あらかじめ、日本酒を煮切っておくこと。 
 (アルコール分を飛ばしておくこと、じゃないと、酔っぱらうよ~)

☆残った調味液は、オイルを混ぜてドレッシングができる。
 この調味液で、鶏のもも肉を煮てもおいしい。

☆冷蔵庫で、冬場だと4~5日持つ。
 我が家では、年末に作って、年末からお正月にかけて食べる。
 
ビールにいいし、日本酒にいいし、ワインにいいし、焼酎にもいい。
つまり、酒は類を選ばず、どれでも合うってこと^^
ごはんと一緒でもおいしくいただける。

両端のよく焼けたろころは、サラダに入れてもおいしい。
わたしは、この部分はおやつ・・・で食べる。
念のために言っておくけど・・・もちろん、その時は、酒なしだよ~ん。

大人なクリスマス会

IMG_1402_1










先週末は、ちょっと大人なクリスマス会。
「大人なクリスマス会」なんて、名前はかっこいいけれども・・・

何が大人!?かって?・・・・・・うふふ、平均年齢が高いだけ^^;
平均年齢・・・60代に近いかな・・・^^;

その割には、しゃべって、しゃべって、しゃべって・・・
しかしながら、若い人の集まりに比べると、
食べる量も、飲む量も、うんと少ないです・・・

腹8分目のクリスマス会、かな? ええじゃん、けっこう大人っぽい!?

大人だから、ちょっと美味しいものを、少しずつ用意。

一皿目 「タイとヒラメとカンパチのカルパッチョ」

1週間前から作って寝かせておいた、玉ねぎドレッシングがいい感じ。
それに、当日、トマトの湯むきとセロリを刻んで加え、
フレッシュ感を出した、カルパッチョソースで。
お皿は、あらかじめ冷蔵庫で冷たくして、盛り付けするのがグー。

二皿目 「超~かんたん牛のタタキ」

クリスマスだから、ちょっと奮発して特別オーダーの牛肉をタタキに~♪
簡単過ぎるので、超~かんたん・・・の名前が・・・
シンプルだからこそ、牛肉の良さと、調味料の良さ、
つまり、素材の良さが美味しさのポイント。

グルメの伯父が言うには・・・
博多の“ちんちくりん”というお店のよりか、数倍おいしい~!
と、評価を得た、わたし自慢のレシピの牛のタタキ。。。
なのに、作り方は、超かんたん~♪

☆レシピ、アップしますね~

あっ、忘れるところだった・・・お酒のことを・・・
乾杯は、大人だから、シャンパン!?

うふふ・・・・・じゃなくて、獺祭 発泡にごり酒で。
シャンパンのボトルに入っている、大人な日本酒~♪

それから、シルクエビスビールもね。

IMG_1408_1










三皿目 「ブリティシュスタイルターキー」

クリスマスだから、やっぱりターキー(七面鳥)を。
付け合わせは、
ローストポテト、さつま芋、ブロッコリー、インゲン豆、ニンジン。
そして、もちろん、グレビーソースとクランベリーソースもね。

今回は、大人6人だったから、ちっちゃなターキーにしました。
それでも、食べきれない・・・^^;

お酒は、ボルドーの赤、フルボディーだけれども、
さっぱり感のあるワインをチョイス。

デザートは、
イチゴのババロア、レモンケーキ、そして、コーヒー。
お土産のきんつばも、いっしょにね。

しゃべって、笑って、この一年の健康に感謝して・・・
来年も、日々の生活を大事にして、
食べることをていねいにして、健康な一年にしようね~って、
会を締めくくりました。

さあて~・・・今年もあと5日。
やり残したことは・・・いろいろだけど・・・
まあ、それなりにやって、なんとか、年の瀬を迎えよう^^


忙しく、でも楽しく

IMG_1393_1













メリークリスマス~♪

昨日のクリスマスイブ、いかが過ごされたでしょうか?

我が家は、
ブルーチーズと前日のスパークリングワインの残り・・・
鰆の刺身ポン酢味と熱燗・・・
カブと鶏ささみの地部煮とビール・・・
以上、ちぐはぐは、クリスマスイブでした・・・

さて、今日はクリスマス。
クリスマスだから、ターキーを焼く予定。
こちらの下準備は完了、あとはオーブンに入れるだけ。

レモンケーキは、ただ今オーブンの中。
いただき物の瀬戸内レモンをギュッと絞ったレモンケーキ、
オーブンの中から、甘酸っぱい香りがしています~。

牛のたたきは、もう完成。
後は、時間を置いて、牛肉が美味しくなるのを待つだけ。

砂谷牛乳の生クリームを宅配してもらったので、
それで、今日は、今からイチゴのババロアを作るつもり。

後は、夕方に、ぱぱっとやっつけちゃうつもり。

昨日は、クリスマスイブだったけど、フィットネスクラブに行った。
おばさんはクリスマスの用意!?なのかな? 少ない。
おじさんは、家にいても、ごろごろ邪魔だから、
フィットネスでも行っといで~って言われたのかな? 結構多い。

ぶくぶくぱ~っの初心者スイミングクラス、
なんと、なんと、わたし一人・・・
個人レッスンでした・・・

30分しっかりと教えていただいて、ありがたかった。
これが、サンタさんからのクリスマスプレゼントかな?
しっかりと、プールを5往復ぐらい、泳いで、ちゅかれた・・・

おかげさまで・・・昼からは、ソファーで爆睡してしまった・・・

今日もフィットネスクラブに行くつもり。
バーベル挙げのクラスがあるから・・・
前回いっしょに行った、あの方を誘ってみたけれども・・・

ヘロヘロになるから、行かない・・・だって!
根性なしめっ・・・・・・ぇつ

フィットネスクラブ、29日まではあるらしいから、
頑張っていくつもり。
バーベル挙げとピラティスのクラス、これが年内の納め。

年明けは、1月3日、朝から、ぶくぶくぱ~っのスイミングがある。
昼からは、バーベル挙げのクラスがある。
よしっ、行くかっ!

って、あの人を、もう一度さそってみよう~ぅ、っと。
年の初めのバーベル挙げに行かない~っ?

そんなこんなで、一番忙しいこの時期を過ごしています。

美味しいものに、運動に、
年末も、なかなか、忙し~楽し~い~のです~♪

贈りモノリスト

IMG_1386_1










今日は、クリスマスイブ。

昨晩は、ファミリーでのクリスマス。
お肉を焼いて、唐揚げを作って、イチゴのケーキを食べて、
おもちゃで遊んで、お風呂に入って・・・
あ~あ~、忙しいクリスマスパーティー。

明日は、大人のクリスマス。
親しい人と、ゆっくり過ごしたいクリスマス。

それで、今日のクリスマスは!?
家で、ゆっくりのんびり、ごちそうもお酒もないクリスマスの予定。

さてさて、
クリスマスプレゼントは!?

クリスマスだから、お正月だから、誕生日だから、
って、何か人にプレゼントをすることって、少ないかもしれない。

それよりも、何かを見つけたとき、
これって、あの人にいいかな~?って思ったときに、
それをプレゼントするのが好き。

特に、生活を大事にしている人へ、何かプレゼントするのは好き。
日々の生活しっかりしている人へのプレゼント、
それは、贈るわたしの方が、うんと楽しい気分になれる。

あの人~って、顔を思い浮かべながらモノを選ぶときって、
心が、なんだか、浮き浮きしてくる。

美味しいものも、美味しいものを知っている人に贈るのは楽しい。
日々の生活、一食一食ていねいに作っている人に、
美味しいものを贈るのは好き。

反対に、イベントじゃないのに、何か頂くのも楽しい。

↑写真のほわほわのなかのサンタさん、これはプレゼント。
この人も、時ならぬときに、いろいろ思いがけないものが届く。

ちょっと甘ったる~い声を出して・・・
「これってさぁ~、お店で見たとき、
 きっと好きだろうな~って、そう思ったのぉ~」

うれしいな~って思う。
そうやって、わたしのことを頭の片りんにでも思っていてくれる人って。

手作りのパンが、東京から送られて来た時・・・
手作りの本当に美味しいパンの実力って、こんなんだね~、
って、感動したパンだったよね。

nanaハンコを手にしたときも、うれしかったな~^^
最近は、わたしの篆刻!?のつもりで、押している。
今の気分は、濃い茄子紺の色のスタンプ台、この色のnanaハンコ。

手でくるくる回す、手回しの糸巻き機、これはありがたかった。
わたしが持っているのは、電動糸巻き。
速くて便利はいいけれども、繊細な糸には向かない・・・
その点、手巻きは、手加減できるから優しく巻ける。

それから、近所の方。
わたしが海のものが好きだって知っているから、
獲れたてのすごいものが届く。
一般に流通してないようなものが届く。
酒飲みには、うれしい限りだな~・・・

先日は、家に帰ると、玄関先にレモンがいっぱい。
瀬戸内のレモンだ~。
レモンケーキを焼きたいな~、モンチキンもいいよね~と、
いろいろ考えるだけでも楽しい。

それから、それから・・・・・・
ごめんなさい・・・忘れているものもいっぱいあると思う^^;
忘れているもの、ごめんね・・・

それでも、いろいろ、いろいろ、いろいろ・・・
今年もいっぱいいろいろ、いただきました。
ありがとうございました。

わたしが、贈ったものは?なんだろう・・・忘れた・・・

来年からは、贈りものブックを書こうかな?
そうすれば、忘れないものね。

☆そういえば・・・
 水でこすると落ちるスポンジ、あれは意外なプレゼントだった!
 重宝したな~^^

 マスカットのお砂糖がけのお菓子、あれは、美味かったな~^^
 冷蔵庫に隠して、ひとりで食べるつもりだったら・・・
 オットが見つけて・・・ 泣きそうだった・・・わたし。

 ステンドグラスのお家も、まさか、我が家に来るなんて思ってなくて、
 それだけにうれしかった^^

 孫のみぃ~ちゃんにもらった、「てうてう坊主」(テルテル坊主)
 あれは、かわいかったね^^
 今も、我が家に飾ってあります。だから、天気いいよね~♪

 どか~んといただいた、新米30キロ!
 あれは、今年一番の大物!だったかもしれない・・・^^

 などなど・・・一年、みなさま、ありがとうございました。


 ☆☆☆もしよければ、来年も引き続き、いろいろ、お願いです☆☆☆

パンツ一枚風呂掃除

IMG_1313_1










重曹とクエン酸での掃除、だんだんとおもしろくなってきた。

わたし、元気いっぱいなんだけれども、弱点は、皮膚が弱いこと。
自然の中に入ると、草とか、土とかにも負けるし、
ナスのアクとかにも負けちゃう。

そして、一番弱いのは、洗剤、水などなどなど・・・
洗剤を使う時は、いつもちょっと緊張する。

だから、ついでにそこいらを、ちゃちゃっと掃除・・・
なんてできない・・・
掃除をするときは、構えなくてはいけない。
だから、そうじが嫌いなのかな?

この重曹とクエン酸を入れたスプレー、
これは、手に優しいから、気分的にすごく楽ちん♪

年末、お風呂掃除は、いつもオットに任せるけれども、
今年は、自分でやってみようと思い立った。

昨日は、朝から、気合いを入れて風呂掃除開始。

重曹とクエン酸入りのスプレーをしゅぱしゅぱ振りかける。
あちこちにしゅぱしゅぱとね。

ちょっと待ってから、後は、スポンジ、ブラシ、歯ブラシなどで、
ゴシゴシこすっていく。
だいたいの汚れは、これで簡単に落ちる。

おもしろくなって、どんどんこすって洗う。
シャワーの水で、その後を流していく。

そうこうするうちに、はいていたスウェットパンツがずぶ濡れ。
気持ちが悪いから、脱いで、あはっ・・・パンツ一枚になった。
上は、Tシャツ、下は、パンツだけ・・・
昨日は、寒くない日だったから、これで掃除続行・・・

我が家のお風呂の入り口、ここは、バリアフリー設計なのか、
脱衣所と風呂場の床の間に、段差がない。
つまり、お風呂の床と脱衣所の床の高さは、まっ平らなのである。

お風呂のドアを閉めると、自動的にドアの下部分が立ち上がり、
お風呂のお湯や水が、脱衣所の方に流れないようになっている。

このドアの下部分、お掃除がかなりしにくい所。
いつもは、ふける部分だけ、超テキトーに拭いていた^^;

昨日、しゃがみこんで覗きこむと、どうも分解できそうだ・・・
と、ここに越してきて4年目、初めて知った。
というか、今までは、見て見ぬふりをしていた・・・

適当にあちこち触ると、あれ~っ、簡単に分解できるぞ~。
そこには、4年分のほこりや垢が溜まっていた@@;

ブラシでこすり、歯ブラシでこすり、それでも届かない部分は、
焼き鶏のくしを持ち出し、それで、ちまちまとこする。

パンツ一枚のおばちゃんが、かがみこんで竹串を持ってこする様子、
かなり、おかしい様子だな~って、自分で思いつつ、こすり続ける。

もう、完璧以上!っていう具合にお掃除完了! やったね!

さてさて、きれいに拭きあげて、元に戻そうと思ったら・・・
あれ~っ、どうやって元に戻すのかがわからない。。。
適当に、あちこち触って分解したからねぇ・・・

ドアの下に、そういえば、分解の仕方が書いてある。
組み立てるときは、この反対の手順でしてください、って書いてある。

その説明書を頼りに、あれこれするけれども、
組み立てられない・・・^^; もう泣きそうになってくる・・・

諦めて、オットになんとかしてもらおうと思ったところ、
部品に、右と左があることが判明。
どうも、右部分に左の部品を取り付けようとしていたみたい。
左右逆にしてみて、取り組むこと数分、なんとか無事に組み立てた。

やれやれ・・・この作業、ボケ防止にいいかもしれない~

こんな、あんなで、お風呂場の掃除は、わたし的に無事完了。

今朝は、台所の排水溝に、重曹の粉とクエン酸を少し振りかけた。
じゅわじゅわとクエン酸がサイダーのようになる。
ほっといて30分。お湯をかけて、そうじ終了。

中の方に手を入れてさわってみると、
キュッキュッと音がするぐらい、きれいになっている。

すごいな~。
重曹とクエン酸の大ファンになりそうだ。

☆200ccの水の中に、重曹とクエン酸それぞれ小さじ1杯を溶かす。
 それを、スプレー容器に入れて、準備完了。

☆排水溝は、
 重曹半カップ程度を振りかけ、クエン酸を小さじに2杯ほど振る。
 じゅわじゅわ言いだしたら30分放置。
 じゅわじゅわ言わないなら、水を少々振りかける。
 30分後、お湯を2リットルぐらい流す。

暖か過ぎるコート

IMG_1306_1










毎日、寒いのか、暖かいのか、わからないような日が続く。
昨日なんて、暖か過ぎて、気分が悪くなりそうだった・・・

あっ、家の中では、無印タンクトップの下着に、長そでTシャツ1枚。
ちなみに、足はいまだに素足で過ごしています・・・
さすが、ショートパンツではないですが・・・^^;

↑ベランダの野イチゴも、次々と実を付けています。

昨日、パルコに行った。
おしゃれなものを買いに行ったのではなくて、
無印のお掃除セットの不足分を買いに行った。

ついでに、パルコの本屋さんを覗いてみた。
あちこち立ち読みしたけれども・・・

まあ、雑貨系、インテリア系の本、雑誌のなんと多いこと。
以前からある名前の知っている雑誌から、最近出た雑誌まで、
いったいどのくらい、この手の雑誌があるんだろう・・・?

それから、ひとつ気になったのは・・・

お片づけをして、家の中をすっきりさせよう~って本。
それも、ぱらぱらめくると、単なる片づけ本ではなくて、
人生を見なおして、持ちモノを精査して、生き方を変えよう・・・
そんな本も、捨てるほど!?ある。

バブル期を経て、みんなモノを買い過ぎて、
それで、不況が来て、その時代が、今あまりにも長く続き過ぎて、
その中で、人々がいろいろ考え始めて・・・・・

自分の周りのモノを見まわして、自分の生き方を考える・・・
これって、今の「空気」なんだね。

などなど、考えた。

さて、月曜日、カフェボランティアに行った。
ここは、引きこもりのおじいちゃんおばあちゃんの集まりの場。
そのお世話をする、地域包括センターの人も来るし、
そこで研修をしている若い人たちも、見学に来る。

その日、わたしが来て行ったブラウスとセーター、
これを、なぜか、うんと褒めてもらった。
そして、午後から我が家に来た人も、
同じように、同じ服を褒めてくれた。

不思議~だ・・・・・・・

わたしのクローゼットには、プラスチックのケースが3個入っている。
3個分が、わたしの季節はずれの洋服入れの許容量。
これに入らない分は、処分対象となる。

今、本当に取っておきたい服は、ケース2個分。
1個分のケースの中は、「保留」のケース。
いつ処分してもいいものを入れている。

カフェボランティアに行った日は、
なぜか、その「保留」の中の、ブラウスとセーターを着て行った。

今年の冬、それも、明日の資源ごみの日に捨てるかな~って思った服。
まあ、捨てる前に一回着てみるか・・・と着た服。
それを褒められた・・・それも、数人から。

人間っておもしろい。
褒められると、やっぱりいいのかな~って、思ってしまう。
さっきまで、捨てるつもりの服が、よく見えてくるから不思議。

でも、必要ないから、たぶん必要ないから、
「保留」ボックスの中に入っているんだよね・・・
だから、処分しても、本当は困らないし、後悔しないはずなんだけどね。

それで、いろいろ考えて、
昨日、その「保留」ボックスの中を改めて見た。

やっぱり、処分した方がいいよね・・・と思うものばかり。
イヤ、もう一年だけ着ようかな、って服もないこともない・・・
いさぎ悪い言い方だな・・・@@;

たとえば、大好きで買った、ダークグリーンのショートコート。
これは暖かいですよ~って、買う時に言われたウールのコート。
確かに暖かい・・・頭から湯気が出そうに暖かい。

が、家の中で、Tシャツでも大丈夫なくらいのわたし。
そんなわたしには、暑過ぎる・・・のである。
とにかく、冬、しんしんと雪が降りしきるような時ならいざ知らず、
それ以外は、暑過ぎて着るチャンスがない・・・

だからの処分理由。

好きだけど、着るチャンスがほとんどない服は、やっぱいらない。
笑っちゃう理由かもしれないけれども・・・

あ~あ~、明日は、資源ごみの日。
今年最後のゴミの日。
どうしようかな~と、やっぱりいろいろ考えちゃうな・・・


生食用の牡蠣って!?

IMG_1298_1










素敵な牡蠣をいただいた!

土日に、ちょっと、いや、かなり食べ過ぎ&飲み過ぎたので・・・
月曜日の昨日は、牡蠣雑炊にした。
大根・金時ニンジン・白菜・白ネギなどをいっぱい入れた雑炊。

牡蠣の旨みがギュッと出て、美味しかったなぁ~♪
ついでに、昨日は、休肝日とした。
今から、飲むイベントが多いからねぇ・・・


さて、質問。

魚売り場にいます。
鯛を買いたいと思います。
一匹は生食用、もう一匹は加熱用。値段は同じ。
どっちを買う?

もちろん、生食用、つまり、生で食べられる方を買うよね。
だって、そっちの方が、新鮮だものね。
たとえ、刺身で食べなくったって、やっぱり生食用を買いたいよね。

では、次の質問。

魚売り場にいます。
牡蠣を買いたいと思います。
一袋は生食用、もう一袋は加熱用。値段は同じ。
どっちを買う?

やっぱり、生食用?
その牡蠣、生のまま酢ガキで食べる? 
それとも、牡蠣フライにする? お鍋にする? グラタンにする?

牡蠣の場合、生食用の方が新鮮だというのは、間違いです。
変な言い方ですが、
ある意味、生食用の方が、まずい・・・(うまみが少ないの意味)

その理由は・・・

生で食べられる生食用牡蠣は、
菌やプランクトンが少ない海域で育てらる。
プランクトンが少ない海域のため、牡蠣が取り入れる栄養が少ないため、
旨みが少ない牡蠣となる。

そして、牡蠣の菌を取り除くため、
水揚げ後、紫外線殺菌された海水の中に数日入れておき、
牡蠣の菌をはきださせる。

つまり、生食用の牡蠣は、
菌が少ないのだが、旨みや風味が少ない牡蠣となる。

もし、加熱して食べるために牡蠣を買うのなら、
プランクトンが豊富な海域で取れた、栄養価の旨みのいっぱいの、
加熱用牡蠣を買った方が、ずっと風味もあり旨い。


へぇ~って、思いませんか?

実は、わたしも去年までこのことを知らなかった・・・^^;
で、生食用の牡蠣の方が、新鮮だ・・・と思っていた。

知らなくて、生食用の牡蠣を、牡蠣フライにするという、
一番「不味い」食べ方をしていた・・・トホホ・・・

今では、ちゃんと加熱用の牡蠣を買って、
それを、お鍋にしたり、牡蠣フライにしたりして、
食べています・・・^^

牡蠣の旨い季節になってきた。
今年は、友だちの親せき筋の人が、牡蠣屋さんなので、
年が明けて、寒くなる頃、牡蠣を頼もうと思っている。

旨い牡蠣に、ギュッと冷えた日本酒、または、辛口白ワイン、
いいねぇ・・・・・・
考えただけでも、ヨダレ~が出そうだ。

☆とある洋風居酒屋に行ったとき・・・

 山陰の方の牡蠣を酢ガキで頼んだ。
 レモン汁をギュッと絞ったその生牡蠣、
 辛口白ワインとよく合って、おいしいかった~っ♪

 さて、カウンター隣に座っていたカップルも、
 わたしたちが、あまりにもおいしそうに食べていたせいか、
 同じく生牡蠣をオーダー。

 ところが、カウンターの中のシェフが、
 「だめだね~ぇ・・・
  こちらのお客さんのように(我々を指しながら)
  白ワインをガンガン飲みながらならいいけど、
  ウーロン茶を飲みながらの人には、
  生牡蠣は出せないね・・・ぇ・・・ごめんねぇ・・・」

 ここのシェフ、広島のグランドホテルで長い間、シェフ長だった人。
 生牡蠣は、アルコールを飲むお客さんにしか出さないと言う。
 
 アルコール消毒!?なんかねぇ・・・・・
 
 よくわからんけど・・・
 生牡蠣を食べるときは、酒があった方がいいみたい。
 まあ、そう言われんでも、
 やっぱ、牡蠣には、辛口の日本酒か白ワインでしょ^^

そうじを楽しく

IMG_1285_1










昨日、無印へと行った。

そこで、目に留まった冊子、「くらし中心」そうじを楽しく↑
中身はその場では見なかったけれども、
このかわいい表紙に魅かれて、もらって帰った。

先週のこと、
朝のNHKの番組で、掃除名人の人が出ていた。
重曹とクエン酸でのお掃除のこと。

掃除嫌いのわたし・・・
それなのに、重曹とクエン酸は持っているのだ・・・が、
使い方がイマイチわからない。

テレビで掃除の仕方をやっていたので、ポイントをメモした。

IMG_1292_1










200ccの水に、重曹とクエン酸をそれぞれ小さじ1杯ずつ、
それをスプレー容器に入れて、油汚れにシュパシュパする。

ふむふむ・・・この程度ならできそうだと、早速やってみる。

☆↑ステンレスのカップに、スポンジや歯ブラシを入れて、
 台所の隅に置いている。わたし流のお掃除セットなり。

まずは、ふふふ・・・手ごわい相手、魚焼きのグリルだ。
我が家のグリル、引き出しのふた部分が取れるので、取り外し、
それから、しゅぱしゅぱやる。

それから、スポンジでこすると・・・
あら、不思議!

焼け焦げたような油汚れが、するり!と落ちた。
端っこの方は、歯ブラシでこすると、あらら、これもするりと落ちる。
ちなみに、歯ブラシの固さは「ふつう」(もちろん使用済みの歯ブラシ)

しゅぱしゅぱ、ごしごし、するする・・・
しゅぱしゅぱ、ごしごし、するする。。。
おもしろいように、汚れが落ちていく。

昨日は、同じスプレーを使って、換気扇もお掃除。
こちらの方も、するする汚れが落ちる。

さて、「そうじを楽しく」無印の冊子をペラペラ見てみると・・・
あれれ~っ、ここの中に出てくる人、山崎さんって、
もしかしたら、この前、NHKのテレビに出てきた人と同じ人。

とにもかくにも、この冊子、無印に行けば、無料でくれる。
さっそく行って、ぜひ一冊いただけば、
あなたも、今日から、お掃除名人!になれる、はず・・・

無印に行けない人も大丈夫。

IMG_1295_1










お掃除の仕方を書いた、カードがダウンロードできる。
わたしは、早速、ちょっと厚い紙にダウンロードした。
これを切って、お掃除カードを作って・・・

これで、わたしもお掃除名人になれる、はず・・・

無印のナチュラルクリーニングについての報告は、こちらから。


こんなページも。こちらから。

↑写真のカードをダウンロードするには、こちらから。


まるで、無印の回し者みたいな、そんな気もするけど・・・苦笑
無印のナチュラルクリーニングセットなるものもある。こちらから。

別に、無印に行かなくても・・・
近所のスーパにある、重曹やクエン酸を買えば、同じものができる。

ちなみに、わたしは、生協で買った重曹、薬局で買ったクエン酸、
100円ショップで買ったスプレーです。

無印さん、ごめん・・・
無料の冊子をいただき、無料のダウンロードだけして・・・
でも、昨日、モップは買ったからね・・・
それに、モップ立ても、買いに行くつもりだから、ねっ。

年末、主婦湿疹でちょっと掃除には出遅れたけれども・・・
これで、そうじが楽しくできそうな、そんな気分になってきた。

さて、今日は朝から、コーヒーボランティア。
昼からは、がんばって、掃除の続きをするぞ~っ!

しゅぱしゅぱ、ごしごし、するする・・・・・・ってね^^

年末、いろいろ

IMG_1264_1










月一回のチーズ頒布会、今回はブルーチーズ。
「ブルー・デ・コース」という名前。
クリーミーで食べやすいチーズ。

これを練り込んだ、甘くないクッキーを作って食べたい・・・
ブルーチーズクラッカーもおいしそうだな・・・

合わせるワインは、ウサギって名前のワイン。
来年の干支のウサギ、お正月にいいかな?って買ってみた。

夕飯の用意をしながら、ワインとブルーチーズ、
ちょっとだけのつまみ食いタイム。

いちおう、お正月の準備のつもり・・・^^;

IMG_1277_1










今、旬なデザート、もちろん、我が家での旬なんだけど。
マシュマロとプレーンヨーグルト、3日ほどでとろとろになる。
それに、自家製りんごの甘煮を加える。
簡単だけど、おいしいデザート。
クリスマスからお正月の、お客さま用のデザートの準備のつもり^^;

昨日、冷凍庫のお掃除をしていたら、山椒の冷凍が見つかった。
ちりめんじゃこがあったから、山椒ちりめんを作ってみた。
やや山椒が多かったせいか、ピリリッとする。
山椒は小粒で・・・・・って言うよね・・・

温かいごはんによく合う。
これは、お正月のごはんの友の準備のつもり^^;


☆やっと、主婦湿疹がよくなりつつある。
 そうは言っても、完治までとはいかない。
 ゴム手袋をしての水仕事、ああ、めんどくさい。
 かゆい所に手が届かないって感じ・・・

 先日、洗面所の下を片づけていたら、
 絨毯掃除のスプレー缶が2缶も出てきた。
 我が家、絨毯なんかないのに、どうしてこんなものがあるのか?

 缶を振ると、ほとんど満杯状態。
 買った記憶、ないけどなぁ・・・・・・?
 オットがときどき変なものを、景品としてもらってくる。
 それかな~?なんて思ってみる。

 さて、要らないから、捨てようと思うんだけど、
 こんなもの捨てるの大変だよね。
 まず、中身、どうやって捨てればいいのか・・・
 こういうのの処分、すごく困るんだよね。

 チーズを買いに行った時の話し。
 カレンダーいる?って、聞かれた。
 ごめんなさい、カレンダーは要らない、って答えた。
 要らないカレンダーがいっぱいあって、捨てるの大変だから・・・
 
 家の中、捨てたいのに、捨てるのが大変なのいっぱいある。
 プラスチックの衣装ケース、あれも捨てるのが大変。
 ああ~っ、そんなこんなで、家にあるいらないもの、困る。

 全部まとめて、どか~ん!って処分できたら、どんなにいいことか。
 サンタさん、今年のクリスマスは何もいりませんから・・・
 いらないもの、まとめて持って帰ってくれませんか!?

☆☆☆サンタさんが来るように~!?って、靴下を編みました。
 こちらから←

初めてのはさみ

IMG_1248_1












昨日は、孫のみぃ~ちゃんが遊びに来た。

熱心に挑んでいるのは・・・ 初めてのはさみ。

折り紙をチョキチョキ、チョキチョキ、チョキチョキ、
ものも言わず、わき目も振らず、
パパがお迎えに来るまで、1時間ほどはさみで切っていた。

IMG_1243_1










息子の時もそうだったんだけど・・・

いわゆる「知育雑誌」などの付録の工作、あれが、嫌いだった。
決められた通りの手順に従って、モノを作る・・・
想像性も何もあったものじゃない・・・決められた通りは、イヤだ!

そんな考え方、ある意味、あまのじゃく的かもしれないが、
とにかく、嫌だった。

だから、息子が小さい頃、とにかくその辺りにあるもので、
工夫をしながら、何かを作るっていうのが好きだった。

できあがりは、もちろん「知育雑誌」などの出来に比べると、
稚拙だし、荒っぽいし・・・
だいたい、これで終了出来上がりってところがないから、
どこで終了とするかは、子供が決めるところだった。

この、家にあるもので作る工作、近所の子どもたちにも評判がよかった。
だから、工作の日は、我が家、たくさんの子供でいっぱい。
後片付けは、かなり大変だったけどねぇ・・・^^;

それに、
その何かわからないものを作って、得意げに持って帰った子供たち、
その家では、かなり迷惑だったみたいだったけど・・・^^;

そうそう、持って帰ると叱られる子どもたちもいて・・・
そういう子は、我が家のふすまに、勝手に作品を飾っていた^^;

IMG_1255_1










さて、そもそも、なぜ?はさみを使わせたかというと・・・

朝から大根を煮た。
厚くむいた皮、これをベランダで干して漬けものにしようと思った。
昼過ぎ、かなりいい感じに乾いている大根の皮を見て、
切干大根にしてもいいかな~と思った。

みぃ~ちゃんのおままごとの相手をしながら、
包丁での切干大根切りは、難しかった。
キッチンはさみでチョキチョキ大根の皮を切りながら、
いっしょにおままごとをしていると・・・

「ばんたん~(ばあちゃんの意味)、わたしにも、それさせて・・・」
って、言ってきた。

これねぇ~、ちょっと無理かな・・・
ということで、メモ用紙と、我が家にある一番小さなハサミを渡した。
それで、メモ用紙を切るんだけれども・・・
もう、見ている方が冷や汗が出そうに、危なっかしい・・・

そんなこんなで・・・思い切って、
バスに乗ってそごうまで、子供用はさみを買いに行った。

はさみ・色折り紙・クレヨン・ノート・シールを買って、
また、バスに乗って帰ってきた。

帰って来てから、ハサミの持ち方を教えた。

切り過ぎると、左手の指、ちょっきんって切れちゃうよ、
切れたら血が出て、痛いよって・・・
それもついでに教えた。

チョキチョキ、チョキチョキ、チョキチョキ・・・
紅白歌合戦の紙吹雪作りのバイトができるぐらい熱心に、チョキチョキ。

あれほど欲しいっと言った、キラキラのシールもそっちのけで、
はさみに没頭・・・

たくさん切った色紙、ばんたん、捨てずに取っておくからね。
今度は、これを使って、貼り絵をしようね。
ぺたぺた、ぺたぺた貼るんだよ。
ノートに貼ってもいいし、ペットボトルに貼ってもおもしろそうだね。

でも・・・
糊でべちょべちょべたべた・・・になりそうだね^^;

そんなこんなで、冬の寒い一日、
こうして、みぃ~ちゃんとばんたんの一日は過ぎたのでした。


なんちゃって・・・

IMG_1226_1










昨日、テレビでシャンパンを飲むシーンがあった。
シャンパンいいな~って・・・
我が家、そういえば、お手頃価格のスパークリングワインがあったはず。

と、我が家の酒蔵!?を覗くと、あるある、あるある・・・^^
急いで、スパークリングワインを冷蔵庫へと入れる。
って、晩ごはんのおかずの予定は、
カマスの塩焼き、切干大根、ホウレン草の胡麻和え・・・

スパークリングワインに、全然合わんじゃん・・・!

急きょ、他のおかずを作ることにした。
朝、ちらっと見た、砂谷牛乳の来年度のカレンダー。
春巻きの皮で作る、キッシュ。

春巻きの皮は買い置きがあるから、それをキッシュ台にひいて、
玉ねぎ・ベーコン・ハム・ホウレンソウをバターで軽く炒めて、
卵と牛乳を入れて、最後にチーズをのっけて、
200度のオーブンで15分、なんちゃってキッシュを焼いた。

うん、焼き上がりの感じは、なかなか~じゃん~、と喜ぶ。

が、やっぱり、なんちゃってキッシュは、
所詮・・・「なんちゃって」なのである。
ほんまもんのキッシュとは、全然違う・・・涙が出そうに違う。

まあ、違うものだと思って食べれば、それなりのおいしさだけど、
やっぱ、これにキッシュと名前を付けるのは、いかんじゃろ・・・!
詐欺とは言わないけれども、やっぱ、いかんじゃろ・・・!

まじめに、キッシュを作ろう、と心に誓った、昨晩だった。。。

IMG_1231_1










今日から、寒くなるという。
イヤだな~って思う一方、うっひっひと待ち構えていることもある。

干物作りだ。

昨日、カマスのいいのが見つかったから、自家製カマスの干物を作った。
が、いかんせん、昨日の気温、高すぎた。
しょうがないから、冷蔵庫で、ラップをせずに乾かす方法で、
「なんちゃって」干物を作った。

こちらの方は、「なんちゃって」でも、かなりいい出来だった。
が、やっぱり、ほんまもんの北風が吹いたときの干物の方がいい出来、
これ、間違いない。

と言うことで、今日は、アジか、サンマか、サヨリか、カマスか、
そんなものがあれば、買ってきて干物作りをしたいと思う。
サンマは、お醤油と酒で下味をつけての干物もいいな~って思う。
カレイが安ければ、カレイの一夜干しも、なかなかだな~って思う。

干物、おいしい干物を買えば、それなり、いや、それ以上のお値段。
でも、作れば、安くできるんだよね。

干す、と言えば、
大根の葉っぱを茹でたのを干している。
ただ茹でて冷蔵庫に保存するよりも、長く保存できるから。

ちょっとカラッと干し上がった大根の葉っぱ、
刻んで冷蔵庫に入れて置く。
お味噌汁の最後にぱっぱと入れると、それでお味噌汁が豊かになる。

そうそう、最近は、下関の唐戸市場から取り寄せた、
キムチの素なるもので、キムチも作れるようになった。
もちろん、なんちゃってキムチだけどね^^;

白菜漬けを作って、それにキムチの素を混ぜるだけ。
この前は、カブで作った、カブキムチ、これもおいしかった。

白菜のお漬物やキムチに限らず、他のお漬物、
高菜のお漬物、壬生菜のお漬物、これも自家製だと、うんと安くできる。

この季節、漬けもの作りに、干物作りと忙しい。
そうそう、昨晩は、りんごの甘煮も作った。
これも、紅玉がある時期のみの仕事。

喰いしんぼ~が、しんぼ~して、おいしいものを食べようと思うと、
なかなか、忙しい、今日この頃なのである。


森のリース作り

IMG_1209_1













Nami-nuiさん主催の「森のリース作り」
に参加しました。

M.SAIToさんが、森で集めてこられた材料、
それを使って、自由にリースを作って行きます。

黒もじと言う、つまようじを作る木をくるくる丸めてリース型を作り、
そこに、
杉や月桂樹などの葉っぱ、それから、聞いたけど名前を忘れた木、
そんな枝をくっつけて作ったリースです。

IMG_1212_1














これは、M.SAIToさんが、あらかじめ丸く作っておいてくれた蔓、
それを土台につくってみたリースです。

杉をメインに、飾りの青りんごや、アジサイの花、柊の葉っぱをつけて、
作ってみました。

IMG_1214_1















これも、黒もじの枝をくるりと回して、杉などを付けたリース!?
というか・・・
これは、形のせいか、「和」っぽい・・・です。

お正月にどうかな、と思っていますが、それまで持つでしょうか?

あいにくの雨の日でしたが・・・
暖かなお部屋で、おしゃべりしながら、
冬の午後、楽しく過ごせました。

Nami-nuiのノンちゃんが焼いた特製りんごのケーキ、
おいしかった~♪
これは、また、食べたいケーキです^^
コーヒーも、お代わりして、2杯も飲んじゃった^^

M.SAIToさんが、その場で作って淹れてくれた、
ささの葉茶、これもすっきりした味で、しゃっきっとしました。

みなさま、ありがとうございました。
楽しい冬の一日でした。感謝。

夜なべ仕事

IMG_1195_1










今年は、12月15日までに、家中の掃除をするぞ~!
って、張り切っていたら・・・
主婦湿疹になって、せっかくのテンション、ガクンと下がった。

昨日、皮膚科の病院に行ったら、早くとも1週間はかかると言われた。
なんだか、気持ちが、ガクン+ガクンと落ち込んで行くのがわかった。

掃除をしなくても正月は来るという、damababaさんの励まし!?
主婦歴50年の方の心強い応援メッセージ!?をいただき、
掃除は、例年通り、テキトーにすることにした。

それでも、なんだかさえない気分・・・だよね。。。

気分を変えて、靴下編みに取り組んだ。
オットのクリスマスプレゼントにするために。
(ここだけの話し、これだと、お金使わずにすむもんね・・・^^;)

昼ごはんを食べてから、靴下編みに取りかかった。
オットの足のサイズ、27センチ、だから、大きめに編む。

毛糸は、大好きな、TA-ecoさんが羊の毛から紡いだ毛糸。
彼女の毛糸は、暖かいし、色がいいし、丈夫だし、大好き。

昨晩、オットは忘年会。だから、晩ごはんの支度は要らなかった。
わたしの晩ごはんは、
白ワイングラス1杯、それに、チキンラーメン、黒豆の煮たの。
めちゃくちゃバランスの悪い食事だけど、まあ、いいかっ!

フィギュアスケートをちらちら観ながら編み進めた。

ベースは、グレーと生成りの混じり糸で編んで、
ちょっと毛糸が足りそうになかったので、
足首のところは、濃いカーキを編んで、最後はブルーにしてみた。

勢いに乗って編み進めたら、なんと、オットの靴下は完成してしまった!
オット、12時過ぎのご帰還。
靴下を見つけて、大喜び。

酔っ払いだから、ワイシャツに下パンツだけの姿に、靴下をはいて^^;
きゃほっほ、きゃほっほ、と家の中を踊って回る・・・^^
(写真、撮っておけばよかった・・・笑)

↑ちなみに、この写真は、今朝の写真・・・
 お家用のスウェットパンツ、履いています^^

IMG_1196_1










オットの靴下を編んだ後、毛糸かごを見ると、まだ毛糸がある。
いろいろな色の糸が少しずつある。

その毛糸、どんどん色をかえて編んで行くことにした。
くるぶしのところから編んで、足先のところまでほぼ行ったところで、
昨晩は、終わりとした。

掃除は、できそうにないけど・・・靴下編みだけは、はかどっている。
「かあさんの歌」のような!? 夜なべ仕事をした、
そんな師走の一日でした。


☆春巻きの皮の表裏の見分け方。
 「モランボン」HPより 
 【春巻きの皮の表裏の見分け方】
  袋の表側に合わせて入れてあります。
  裏面の方が若干ザラザラした感じです。
  表面を外側にして巻いた方が、揚がりがきれいに仕上がります。

 以上、春巻きの皮の表裏がわからない人は、参考にしてください^^


キリンと湿疹

IMG_1182_1










掃除が、めんどくさい! 
だから、あまり家の中に飾りモノはしない・・・

だけど・・・
このキリンを見たら、一目で気に入ってしまって・・・
お家に連れて帰った。

紙粘土で作ったという、身長5~6センチのキリン。
なぜか、心が和むキャラクターの持ち主なの。

キリンのほかにも、いろんな紙粘土の動物がいて、2匹持ち帰った。
一匹は、あの人に・・・ 一匹は、あの人に・・・

紙粘土の動物を持って、あの人に会いに行きたくなった・・・


☆頑張ってお掃除進めていたら・・・
 あらら、あらら、あらら・・・
 お久しぶりの主婦湿疹が出てしまった。。。

 体調が悪い時とか、水仕事をし過ぎたとき、
 必ず手の指に出てくる、主婦湿疹。
 しばらくの間、全くどうもなかったのに・・・

 市販の薬を塗っているが、一向に良くならない。
 今日は、もうしょうがないから、皮膚科に行くつもり。
 
 とにかく、この湿疹が出ると、水仕事が難しくなる。
 ゴム手袋をしても、蒸れるからかゆくてたまらない。
 かといって、素手ではできない。

 お料理も、素手でするのが怖い。
 ほうれん草を茹でて絞ったりするのが、指に沁みる・・・
 ぬか漬けなんか、とんでもない・・・

 あ~あ~、15日までに、暮れのお掃除済ませる予定だったけれども、
 これでは、予定はかなり変更しなくちゃいけない。

 まあ、年内にお掃除ができなくても、お正月は来るし・・・
 まあ、のんびりやろう・・・
 と、もう、言い訳探しをしている^^

 ー犬棒かるたー (犬も歩けば、棒に・・・のかるた)
 子供が小さい時に、よく遊んだ、日本のかるた。
 一番好きだったのが・・・
  
 「理屈と膏薬は、どこにでも付く」 言い得て妙だな~!

 理屈は、言い訳は、どこにでもくっつけられる~のだ~

 ☆☆☆ 掃除をしない、単なる「居直り」に聞こえるね^^;





暖かい夜

IMG_1166_2











先ほど、朝のウォーキングから帰って来た。
歩いていたら、ぽつぽつと雨が・・・
北の方では、山の方では、森の方では、雪かな~~~

さて、おとといの晩、布団を冬ものにした。
それまでは、夏布団を使っていた。
だんだん、スースーするような感じで、おととい限界を感じたから・・・

冬の布団、実は3年ほど前まで、持ってなかった。
だから、冬は、いつもスースーしながら寝ていた・・・^^;
寒いな~なんて感じながらね。

3年前、50歳も過ぎたし、いい加減冬布団を買おう!と思い立った。

買うならと、羽根布団を買った。
それも、わたしにしては、ちょっといいお値段の羽根布団。
(でも、一般的には、かなり安いランクの羽根布団だと思う・・・^^)

羽根布団って、ふわふわしてボリューム感があるけど、軽いのね~。

いきなり、夏布団、それも、無印良品の中綿がポリエステルの夏布団、
それから、羽根布団になったから、
実は、冬は暖か過ぎる。。。

それでも、スースーして寒いな~って寝ていた冬よりも、
ぬくぬくと寝ることができる今の方が、やっぱり幸せ。

それにしても、よく夏布団で一年中寝ていたな~って、
今考えると、不思議。
若かったんだな~~~


☆ちなみに、シーツは一年中、無印良品の麻のシーツ。
 わたし、あの冬用のボアシーツ、あれ、嫌い・・・
 なんだか、清潔感がないような気がして・・・

癒しのランチ

IMG_1157_1










中国自動車道・沿線仲間!?と、ランチ会をした。
全員、車を運転して集合。
場所は、cafe-galette (カフェ・ガレット)

少しばかり小雨が降っていたけれども、
店主のEさんが優しい笑顔で迎えてくれる。

実は、お会いするのは2回目なんだけれども、
素敵な方は、やっぱり素敵♪

集まった仲間も、みんな、ちょっと「ドジ」で「抜けている」けど^^;
まあ、それはそれで、脱力して付き合える、気のいい仲間たち。
お互いのかなり間の抜けた話、笑いのなか、いっぱい話した。

さて、ここのお店、ガレットと言うだけあって、
クレープがおいしいと評判のお店。

ランチメニューも、わたしの大好きメニューだった。
もちろん、お料理上手の仲間にも好評。

ガレット(クレープ)に、
コリンキーのアンチョビー和え(オレンジの野菜)
レンズ豆の煮たの、
それに、安芸高田の無農薬玄米のサラダ。

どれも、旨いっ!

IMG_1156_1










そうそう、お店にはストーブが3台もあるの・・・
そのストーブの上には、オレンジ色のクルーゼ鍋が!
ふたを開けるといい匂いが~

グリンピースとチキンのスープ。
チキンの皮や脂の部分がていねいに取り除かれていて、うれしい~。
薄味のとっても落ち着く味。

ちょっと冬型の季節、こんなスープが、目にも口にも身体にも、
優しくて、それが、また、うれしい。

IMG_1163_1










デザートは、レンズ豆とレーズンのラム酒味ぜんざい風。
これには、まいったなぁ~!
うまい、おいしい、旨い。

食べながら、みんな、レンズ豆買いに行こうって話している。
う~ん、これは、絶対にマネっこして作ってみたい。

これにコーヒーが付いて、それで、驚き価格の1000円。

インスタントもなければ、インチキ素材もない。

最近、流行りのランチの店・・・
いつもガックリくるのは、「油仕上げ」「脂仕上げ」が多いこと。

「油」と「脂」を使えば、手軽にコクが出ておいしい味ができる、
けど・・・
わたしみたいな歳になると、ちょっと付いて行けない・・・

ただ、「油」と「脂」を使わないお料理をしようと思うと、
これは大変なのだ。
いい材料と手間がかかるから・・・

ここのお料理、いい材料、そして、ていねいな手間、
それがわかる、いいお料理だった。
媚(こび)ないランチ、正直なランチと言えるだろう。
決して派手さはないけれどもね。

こんなランチ、近くだったら、しょっちゅう行きたいな~って思う。
落ち込んだ時、
こんなランチが人を(少なくともわたしを)癒してくれる、
癒しのランチだと、わたしは思う。

さてさて、
「ドジ」仲間、それぞれの「ドジ」を暴露し、
おしゃべりと、そして、癒しのランチに元気をもらい、解散。
中国自動車道、北方面に走る人、広島方面に走る人、それぞれ。

ちょっと寒い日だったけれども、
ていねいなランチと、楽しいおしゃべりで、あったか気分。

さて、今年も残り少し。頑張る元気が出てきた。

陶芸家・Mikiちゃんのブログにも紹介されていました。

☆実は、後からわかったけれども・・・
 別に高速道路を走らなくても、一般道を走っても、
 広島からは1時間程度で行けそうだと判明!
 ちょっと気分が落ち込んだ時など、ふ~っと運転していきたい所。
 このランチなら、わたしを元気にさせてくれる!
 わたしにとっては、
 これは、「癒しのランチ」であり、「パワーランチ!」だ。

餃子レシピ

IMG_1111_1










プロの餃子屋さんが焼いた餃子みたいでしょ!

これ、「おいしいテーブル」の会員さんが焼いた餃子。
ベテラン主婦の人だな~って思うでしょ・・・
ところが違うの。
お若い人が焼いた餃子なのです! すごいな~!


【餃子レシピ】

-材料-
強力粉   300g
水     160~180cc
塩     少々

豚ミンチ  300g (大さじ2~3の水)
白菜    500g
ニラ     50g
しょうが汁・醤油・酒・ごま油・ブラックペッパー

-作り方-
1・餃子の皮を作る。水は加減しながら入れる。
  全体を混ぜ、手についてこなくなるまでこねる。
  生地を丸くまとめ、ボールに入れ濡れ布巾をかけて、
  30分ほど休ませる。

2・白菜はみじん切りにして、塩をする。
  5~10分置いて水気をしっかりと絞る。

3・にらは刻んでおく。しょうが汁を絞っておく。

4・豚ミンチは、少々の水を入れよく練る。
  そこに、調味料を入れよく混ぜる。
  よく混ざったら、野菜を入れて混ぜる。

5・餃子の皮の生地を4等分し、長細い棒状にする。
  それを10等分する。手粉を使いながら作業をする。

6・10等分したものを丸める。
  表面が乾燥しないように、濡れ布巾をかけながら作業をする。

7・6を餃子棒、または、綿棒を使い、丸く伸ばし、餡を入れ包む。
  このとき、手粉を使いながら作業をする。

8・くっつきやすいので、焼く前、茹でる前に作る。

9・すぐに食べないときは、ラップに並べ、冷凍しておく。


手作りの皮は、30分休ませるところがポイントかな?
これで、うんと伸びがよくなります。

皮を全部作っておいておくと、ひっついてしまうことがあります。
10個皮を作ったら、10個餃子を作り、
また、次の10個へと作業をしていった方が、作りやすいです。

餃子の皮を丸く伸ばすための、餃子棒があります。
普通の綿棒よりも細く短いため、作業がしやすいです。

水餃子でも焼き餃子でも、どちらで食べてもおいしいです。
残りは、冷凍しておくと便利です。


☆今日のお空、冬のお空になっています・・・
 天気予報で、今日から冬型になるって言っていたので、
 昨日は、ベランダ周り、ガラス戸、網戸、全部水で洗いました。
 
 オットに報告したら・・・
 「明日は、雨やで~っ・・・」ですって・・・
 だから、言ってやった・・・
 「いやいや、雨どころが、饅頭が降るで~っ・・・」って。

 わたしのお掃除、年に一度するかしないかのお掃除・・・^^;
 ですから、本当に饅頭が降るかもしれません・・・ 
 お気を付けを・・・^^


お客さまの人数

IMG_1154_1










先週から、今週末にかけて忙しかった。
まるで、駆け抜けるように・・・あちこち走りまわった。
そうか、師走だもんね。

土曜日は、お久しぶりのたくさんのお客さま。
たくさんと言っても、総勢10人だから、
昔に比べれば、少なくなったもんだ・・・

だんだん、大人数のお客さまが大変になってきている・・・
これは、事実。
歳なのかな~って思うけど。。。

正直なところ、総勢8名ぐらいがわたしの限界かな?
理想は6名ぐらいかな?

昔、大橋歩さんが、一番たくさんのお客さまでも4名まで。
自分たち夫婦を入れて6名まで、と書いてあった。
その時は、ふぅ~ん、って読んだ覚えがあるけれども、
今、考えると、そのくらいがちょうどいい人数なのかもしれない。

お買い物から、下準備から、後片付けを考えると・・・

さて、昨日の日曜日。
来年の手帳を買いに、ロフトまで歩いて行って、歩いて帰る。
後は、家でのんびり~。

夕方は、土曜日の残り物を並べて、それが夕食となる。

↑りっちゃん(佐々木りつ子さん)の器を使ってみる。

楕円のお皿、時々欲しくなるお皿。
これに、ぶたしゃぶサラダを盛ってみる。

取り皿も、りっちゃん作。
もう数枚欲しかったけれども、2枚しかなかった・・・

沖澤さんのワイングラスともよく合う。
白のスパークリングワインと共にいただく。

大人数のお客さまをしないようになれば、
たくさんのお皿も必要なくなる。
今の気分は、日々の食事のお皿。最低2枚あればいい。

お皿もグラスも、その時の気分というか、
旬があるように思う。
好きなんだけど、自分の中の旬を外れたお皿もある。

年内に、それは処分しようと思う。
そうすれば、
また、次、買えるしね!


☆八丁座に行った帰り・・・天満屋に行った。
 ガラス容器のパッキンを買いに・・・
 ところが、
 本屋さんができたためか、天満屋から家庭用品売り場が消えていた。
 あら~っっっ・・・ザンネン。

光と風と共に生きる

IMG_1140_1










熊本のスタバで読んだ本、「老いの才覚」 曽野綾子著
新書コーナーにひっそりとあった本だけど・・・
この前、広島の本屋に行ってびっくり。今、一番売れている本らしい。

話題一番の、売れ筋一番の本の理由、わかるな~。
抜群におもしろい!

表紙の帯にも書かれているのが・・・
「年の取り方を知らない老人が急増してきた!」
「自立した老人になり人生を面白くいきるための
 七つの才覚の持ち方」

曽野さん自身、1931年生まれの後期高齢者。
ご自身、高齢者の立場で、今どきの高齢者の生き方に、もの申す・・・
後期高齢者をバッサリ切る、とでも言えばいいのだろうか・・・

読んでいて、小気味のいい「生きざま」 胸がスカッとする。

わたしが今までに持っていた、曽野綾子さんのイメージは、
クリスチャン作家で、お上品でちょっと敷居の高い感じの人。
でも、この本で、全く印象が変わってしまった。

新書自体170ページ程度なので、ぜひぜひ手に取り読んでもらいたい。
って、
お歳を召した方のみならず、お若い方もぜひぜひ。

その理由は・・・

本の裏表紙に、こう書いてある。
「他人に依存しないで、自分の才覚で生きるために」
これは、年など関係なく、老いも若きもこうあるべきだと思うからだ。

彼女が言いたいことを、私なりに解釈すれば・・・

「人生をどう生きるか」
それも、
「人生を、人として、どう生きるか」

そのための、
「人生の美学」のようなものがここには書かれている。

「やせ我慢」を美学として、人生きっぱり生きる、
そんなことが、書かれていると思うのだが・・・

たとえば、ある部分を抜き出して書いてみると・・・

「愚痴をこぼしても、恨んでも、なんともならないのですから、
 そんなことに時間を費やすのはもったいない。

 (中略)

 この世の中はどんなことでも起こりえるのですから、
 いちいち驚かず、ただ憎しみを最小限度に抑えて暮らす方法を
 考えたほうがいいですねぇ。

 世の中のことはすべて、
  少し諦め、
   思い詰めず、
    ちょっと見る角度を変えるだけで、
     光と風がどっと入って来るように思えることもありますから


       注:「老いの才覚」曽野綾子著 85ページからの引用

この最後の部分は、すべてのことに通じるのではと思う。

そう、いろんなこと、そのすべて、そのひとつひとつ、

少し諦めて・・・ 「まあいいか」って、少しばかり許容範囲を広げて、
思い詰めず・・・ 思い詰めても、いい結果もいい未来も、ないものね、
ちょっと角度を~・・・これって、人生をうまく生き抜くコツだよな~。

とにかく、今年の最後、もしお手に取る機会があれば、
ぜひ読んでいただきたい本の一冊であることに間違いないです。
一冊 762円+税

もう一冊、この前、書店で手に取った一冊、
↑写真、ちょこっとあちらに見えている本、
これは、わたし的には・・・ どうでもよかった・・・^^;

八丁座に行ってきました

CIMG0079-1_1











行ってきました、八丁座。

広島八丁堀にある老舗デパート福屋の8階にできた、新しい映画館、
それが、八丁座。

観た映画は、「オーケストラ」

あらすじは・・・

ソビエト共産党時代に解雇された、指揮者、そして、楽団員。
その彼らが、ひょんなことから、ボリショイ交響楽団になりすまし、
パリへと行くことになるが・・・

最初は、ドタバタ喜劇化と思っていたら・・・
指揮者、元楽団員、そして、バイオリスト、
彼らには隠された過去があった。

この物語の本題ともいえる謎が、最後、一気に明かされていく。
チャイコフスキーのバイオリン協奏曲と共に。

↑写真は、
サンクトペテルブルグのアレクサンドル・ネフスキー修道院にある、
チャイコフスキーの墓。

チャイコフスキーは、「白鳥の湖」とか、「くるみ割り人形」などの
バレー音楽で有名な作曲家。

白鳥の湖の、あの有名なメロディー、きっと頭に浮かぶに違いない。
「オーケストラ」で演奏された「バイオリン協奏曲」も、
胸に響くような、感極まる哀愁を帯びたメロディー。

そのオーケストラ共に、最後は、感動の映画だった。

さて、
八丁座に話しを戻すが・・・

街中の映画館、やっぱりいいな~って思う。
シネコンとは違う雰囲気。落ち着いた大人の雰囲気。
平日の昼間だったせいか、年代的にかなり高い年代の人が多い。

車を運転できなくても、
街中にはバスや電車で出てきて、映画をみて、
デパートの食堂でご飯を食べて、そして、買い物をして・・・
と、昭和の感じの残る、そんな雰囲気の時間の過ごし方、いいな~。

お歳を召したご夫婦、それに、お歳を召したお友達グループが多かった。
元気に街中に繰り出すなんて、いいことだ!


☆余談だが・・・
 人生で、一番さぼった学校が・・・
 ロシア、サンクトペテルブルグのロシア語学校。
 とにかく、ロシア語の難しさに、さじを投げた!
 それで、学校を抜け出しては、というか、堂々と休んで、
 「ひとり社会見学」をして回った。

 アレクサンドル・ネフスキー修道院のチャイコフスキーの墓、
 これも、学校をさぼって行った所。

 ただ、ひとりで、お墓に行くのは、
 あんまり気持ちのいいものではない・・・
 アメリカ人のツアーがいたので、その後にくっついて行った^^;
 英語の解説もいっしょに聞けたしね。
 
 「展覧会の絵」で有名な、ムソルグスキーの墓も見つけた。
 写真↓

CIMG0081_1

2-4「おいしいテーブル」

IMG_1089_1










今回は、中華特集。それも、粉モノ特集です。

まずは、餃子。皮から作る餃子です。
強力粉と水と、ちょっとの塩を入れてコネコネ、こねこね・・・

この餃子の皮、伸びがいいので、とても包みやすいんです。
わたしは、市販の餃子の皮よりも、
手作り皮の方が扱いやすいと思っていますが・・・

焼き餃子、水餃子、どちらでもいいのですが、
昨日は、どの班も(3班のうち)焼き餃子を選択。

お醤油と黒酢とからしをつけて・・・
焼き立て熱々の餃子を、立ったまま、みんな頬張ります。

お行儀の悪いお料理教室ですが^^;
やっぱり、餃子は熱々をいただきたいですから・・・ねっ^^

って、会員の皆様の名誉のために、ここで言っておきますが・・・
今日は、出来立てを、とにかく食べる、立ったままでも食べる!
という、何ともお品の悪いこと、
このわたしが、みなさまにお勧めしたのです・・・

IMG_1093_1










熱々餃子を食べていたら、
あらあら、そろそろ肉まんが蒸し上がりました!

湯気の向こうに歓声が聞こえます~、って、何かの宣伝みたい。
冬、この湯気は、やっぱりいいですね^^

IMG_1108_1










熱つつ、熱つつっ・・・と言いつつ・・・
出来立ての肉まんに、写真を撮るのも忘れて、頬張りつきます。

わたしの歯型がついた^^;肉まんです・・・

と、向こうの班をみると、
肉まんならぬ、ぶたの顔をした、ぶたまん!ができています。
うわぁ・・・こんな才能を持った人もいるのねぇ・・・
と、こういうことができないわたしは、驚きです。

ぶたの顔のぶたまんは、こちらからどうぞ←

IMG_1102_1










肉まんを、はふ~はふ~言いながら食べていたら、
あれれ~っ、次は、春巻きができました。

わたしの春巻きは、揚げない春巻きです。
オーブンで焼く、春巻きです。
だから、ヘルシー!

なんと言っても、油を使わないので、簡単でっす。
くるくる巻いて、オーブンに入れればいいので、
気分的に楽々な春巻きです。

春巻きの向こうに、かすかに・・・
上海風きゅうりが写っています。

上海に行ったとき、どこのお店でも必ずと言っていいほど、
出てきたきゅうりの前菜です。
簡単だし、美味しいし、
ただ、やっぱりこれはきゅうりの季節に作るものかな?って思います。

これに、中華風コーンスープも作ったのですが・・・
写真、撮り忘れです・・・

今回は、粉モノが多かったので、お腹がいっぱい、満腹満腹。

今からの季節、肉まん、または、ぶたまんのおやつ、
温かくて、暖かくていいと思います。
また、手土産なんかに、手作り肉まんをいただいたら、うれしいな~。

餃子は、包んだ状態で、冷凍できます。
そうすると、いつでも美味しい餃子が食べられます。
中華スープの具としても、美味しくいただけます。

好みの問題もあると思うけれども・・・
わたしは、手作りのケーキが家にあるよりも、
手作りの肉まんや餃子が家にある方が、うんと、幸せです。

☆誰かのツッコミが入りそうです・・・
 「そりゃ、ケーキじゃ飲めんもんね・・・・・」

今年の「おいしいテーブル」も、なんとか無事終了。
来年も、美味しいものいっぱい作りましょう~♪

☆生れてはじめて、手織りの布でジャケットを作りました。
 こちらから←

送料とモノの値段

IMG_1064_1










玄関を掃除したとき、梅酒の瓶のそばに、ラッキョウの瓶も発見。
3年前ぐらいに漬けたラッキョウ。

見ると、ラッキョウが黒くなっている・・・
量も少なかったから、全部処分した。

そして、その瓶を洗う。
ラッキョウの匂いが残らないように洗う。

洗っても洗っても、匂いが残る。
洗剤を入れてつけて置く・・・

オットが、後を引き継ぎ、洗う。
パッキンをはずして洗う。

匂いの原因は、パッキンに染みついた匂いだと判明。
ガラスの瓶、きれいに洗ったら、匂いはほとんどしない。

パッキンを買い直さなくちゃね、と思う。
こういうのって、探すのが大変なんだよね・・・
ネットで探すかな?

でも、きっと・・・

パッキン自体は、180円ぐらいなのに、
送料が500円ぐらいかかったりするんだよね・・・

なんだか、こういうのって納得いかないんだよね・・・
メール便で送ってくれるパッキンってないかな・・・
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ