*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年01月

光マジック

IMG_1722_1










とある雑貨屋さん、全国区の雑貨屋さん、
器だの、布ものだの、飾り物だの、いろいろ置いてある。
ここは、わたしのお気に入りの雑貨屋さん。

ここ、ちょっと前に、場所が変わった。

以前は、そごう横のパセーラにテナントが入っていた。
そして、今は、地下街に。

以前に比べて・・・

あれぇ~~~? なんだか素敵にモノが見えない・・・

と、じっくり見ると、以前と品ぞろえは同じ。
同じ器もあるし、同じ布ものもあるし、同じ飾り物もある。
もちろん、わたしのお気に入りのキッチンクロスもある。

でも、パッと見ただけで、立ち寄ろうって気分にならない。
なぜなんだろう・・・

光! ライトニングなのかな? と思った。

以前のお店は、かすかながらも自然光が入ってくるような、
オープンスペースの場所。
もちろん、それだけの光では足りないから、
お店のライトニングもあった。それが、自然だったような気がする。

今は、地下街だから、もちろん自然光は入ってこない。
それに、ライトニングの方も、全体が、もわっとした光に包まれて、
なんだかモノがきれいに見えない。

光のことを表現しようとすると、
上手い言葉がなかなか見つからない・・・けれども・・・

以前の感じは、ふりそそぐような春の柔らかな光の感じ。
フレッシュな感じ、とでも言えばいいのかな。

今の感じは、暖炉に木が燃える、冬の家の中のような光の感じ。
暖かなか落ち着く感じ、とでも言えばいいのかな。

両方素敵な光のイメージがあるんだけれども、
店舗としての光は、少なくとも、この雑貨屋さんとしては、
ふりそそぐ春の光があっているような気がする。

さて、次の話し。
お気に入りの食材のお店。
ここはご近所だし、いいものはあるし、ときどき行っては、
我が家にとって、ちょっと贅沢品!?を買っていた。

ここのお店が、お隣の空き店舗へと、食材部門を移した。

すると・・・

今まで、憧れの贅沢品に見えた商品が、普通の商品に見える。
なぜなの?って考えてみる。

以前のお店は、お店に入るだけで、高級感あふれるわくわく感があった。
今のお店は、正直、そこいらのスーパーと変わらない。

同じ400円のひじきの佃煮なんだけれども・・・
以前は、ちょっとした手土産に使っていた。
今は、なんだか、おしゃれな手土産に見えないん・・・だよね・・・

光の感じ、店舗の感じ、これによって同じものでも全然違って見える。

そういえば・・・
お気に入りの作家さん、あちこちでの展示会を見ると、
素敵!と思う時もあれば、いったいどうしたの?って思う時もある。

これって、その作家さんの作るモノがちょっとずつ違うからかな?
なんて思っていたけれども、
もしかしたら、展示場所によっての、インテリア、光などによって、
モノの見え方が変わるから? と、改めて思った。

そういえば・・・

HPとか、ブログとか、やっぱり写真の撮り方、見せ方、
これによって、イメージは、大きく変わる。

同じ素敵なものでも、写真が悪いと、その光の感じが悪いと、
そして、その見せ方が悪いと、
センスが悪く見えちゃうからね・・・

☆って、最近、カメラの勉強をやっぱりしなくちゃ、って思っている。
 そのためには、レンズを買い直そうかな、なんても思っている。
 でもなぁ~、わたし、メカは、めちゃくちゃ弱いからなぁ・・・
 

外食ランチ三昧

IMG_1538_1










お昼ごはん、ほとんどは手作りのお弁当。
オットのお弁当を作るときに、自分のも作る。
それをお昼にいただくのが、普段のわたしのお昼。

先週は、オットが出張だったり、いろいろで、
お弁当を作らなかった。
ということで、いつもとは違う、お昼となった。

-月曜日-
カフェボランティアの日。帰りにふら~っと寄ったお店。
「元就」というつけ麺のお店。

食べたのは、元就つけめん。
ラーメンもあったり、いろいろで迷ったけれども、
店名の付いているつけ麺をまずは食べてみた。

旨い! 麺もつけ汁もいい!

これは、また食べに行きたいし、他のメニューも気になる~。
餃子もたべたいな~。豚飯も旨そうだ~~~。

-火曜日-
広島中の棚にあるお店、CASICOでランチ。
お外で食べるランチ、油と脂多用の安い素材のランチが多い中、
ここのは安心するごはん。

わたしが、お外のごはんは、ろくなごはんがないっ!って言うから、
このお店ならいいだろうな~って、お誘いいただきました。

はい、まさに「ツボ」でした。
ついでに、「ツボ」な服まで買いました^^;

-水曜日-
またまた、外食。三連ちゃんでの外食ランチ、めっずらしっいぃ~!

「辣辣(らら)」という麻婆豆腐のお店。
お昼時、店は満員状態。
麻婆豆腐定食を頼む。

旨い! これも旨い! 人生で一番旨い麻婆豆腐だ!

麻婆豆腐のほかのメニューもある。
これは、一度夜来なければいけないな・・・ぜひぜひだ!

店内には、麻婆豆腐のあんの持ち帰りもあるとの張り紙が。
家に帰って、それに豆腐を入れたら、麻婆豆腐ができるみたい。
息子一家が来るときに、次は、ぜひぜひ作ってみたい。

-木曜日-
お昼時、yoccoちゃんの家に突然行った。
突然にもかかわらず、お昼を快くごちそうしてくれた・・・と思う^^;

炊きたてのごはんと、昨晩の残りのおでん。
自家製キムチ、大根の千切りとちりめんのサラダ、
それから、プチヴェールを茹でてくれた。

おでんって、いろんな味付けがあるんだな~って思う。
yoccoちゃんの家のおでんは、砂糖としょうゆで煮た茶色のおでん。
我が家のおでんとは、似ても似つかぬ味のおでん。

甘辛いおでん、炊きたてごはんとおいしかった。
けど、yoccoちゃんのおでんでは、酒は呑めないな~~~^^;

-金曜日-
孫守りの日。
みぃ~ちゃんとなっちゃんと遊びつつ、お昼ごはんを作った。

鶏のから揚げ、ホウレンソウのおひたし、きんぴらごぼう、
そして、ちっちゃな海苔巻おむすびいっぱい。

みぃ~ちゃんのリクエストは、いつも「とりのからあげ」なの。
だから、朝から味をつけて用意した鶏を揚げた。

-土曜日-
昨晩のしゃぶしゃぶの残り野菜を入れての雑炊。
今週は、ちょっとカロリーオーバーなお昼ごはんだったから、
ごはんはほとんど入っていない、野菜いっぱいの雑炊。

さてさて、
外食もいっぱいの先週だったが、
見事に、全部おいしかったのは奇跡に近いと思う。

今日は日曜日。
今日は何を食べるかな~^^

☆↑写真は、全く関係ない、大豆の炒ったの。
 これをボリボリ食べるの好き^^

孫守り

IMG_1710_1










子守り、ならぬ、孫守り。

みぃ~ちゃんとなっちゃんのママが用事があるからって、
2人の孫の面倒をみた。

みぃ~ちゃんは、我が家に慣れているから、へっちゃらだけど、
なっちゃんは、わたしとのお留守番をしたことがないの。

パパが連れてきて、パパがそ~ぅっと家を出て行った後・・・
泣くかな~って思っていたら・・・

なっちゃんが、ふと気がついたように立ち上がった。
ぐるっとまわりを見回す。
わたしの顔を見る。

大丈夫だよ~っていう、オーラーを出す。(って、出したつもり^^;)

1歳3ヶ月なんだけれども、なっちゃんは・・・
ひとりで納得したような、覚悟を決めたような顔をする。
そして、また、ひとり遊び始める。

え~っ? 泣かないんだ・・・ って、こっちの方がびっくりした。

ひとりで、おもちゃで遊んでいる。

おやつにと、プリンを作っていたわたし。
泡立て器を洗って、なっちゃんに渡すと、気に入った様子。
泡立て器を手にして、ぐるぐるしたり、とんとんしたりする。

途中、DVDの取り出しボタンを押して、
DVDを入れるトレーが前面に出てきて、それでびっくり。
ちょっとだけ泣いたけれども、抱っこするとすぐに泣きやんだ。

おもちゃで遊んだり、子供番組を見たり、おやつを食べたり、
その間、
ばんたんはお昼ご飯の用意をする。

予定よりもうんと早く、ママが帰って来た。

それまで、泣かなかったのに・・・

ママの顔を見たとたん、わぁ~ん!って泣きだした。
ママにしがみついて泣く、泣く、泣く!
その後も、1時間ほど、時々思い出しては、
演歌歌手のように「うなり」を入れて、お腹の底から泣く!

その様子を見ながら、ママと顔を合せて笑う。

「よくも、このわたしを置いてどこかに行ったわねぇ~~~!」
って、きっと訴えているんだよ。

とにかく、おりこうさんにお留守番できてよかった。

その間、言うことをよく聞いて遊んでいた、
お姉ちゃんのみぃ~ちゃん。
「一番楽しいことは、公園に行くこと!」と、わたしに言う。

昼からは、ばんたん、みぃ~ちゃんと公園にいっしょに行った。
1時間以上、公園で遊んで、その後、本屋さんに行って、
それから、お買い物に行って、また、帰って遊んだ。

お風呂に入って、夕飯を作って食べて、後片づけをして、
やっと、やっと、やっと、帰った! 

やれやれ、ほっ・・・・・・・

そのまま、このばんたんは、へたり込みそうだったから、
急いでお風呂に入って、ソファーに転がっていたら、
オットが帰って来た。

「勝手にごはん、食べてちょうだい~」って、
言ったところまで覚えている・・・
後は、ソファーで爆睡してしまった。

その後、お布団に移動して寝た。
朝6時30分まで、一直線で寝た。

さて、今日は、お掃除をしなくちゃね・・・
それに、大量のバスタオルも洗わなくっちゃね・・・

ばんたん、今日も一日、忙しくなりそうだ!

冬の楽しみ

IMG_1578_1









天気予報によると・・・
広島市内でさえ、1月に入ってから、10度越えた日がないそうだ。
ましてや、山や森の方は、寒いだろうな~

小豆を煮る。
だいたいは、一袋煮て、味をつけずに半分は冷凍庫へと。

半分は、きび砂糖で、ほんのり甘く味を付けて、藻塩を少々入れる。
・・・もしかしたら、砂糖入っているかも?・・・
ってぐらいの、砂糖が「遠い~」味付け。

めったにないけれども、
もしあれば、タカナシの生クリームをちょっとだけ垂らす。
今回は、じゃがいもグラタンの残りのタカナシをちょっと入れた。

冬のおやつ、ちょっと暖かいものがあると、うれしい。
おやつの時間、日なたのこの場所に座って、
小豆をかみしめるの、冬の楽しみ!

IMG_1588_1










北風がぴゅーんと吹くころになると、作るのが干物。

アジ・カマスと作った。
今回は、イワシ。4尾で198円のイワシ。

海ぐらいの塩加減の塩水に、(海を思い出しつつ、なめてみる^^;)
開いたイワシを浸けて置く。

イワシの脂がのり、でっかければ、ちょっと長く。
痩せて貧相なイワシならば、ほんのちょっとの時間。
イワシの体型によって、浸け時間を加減する。

それから、ペーパータオルで水分を取り除き、
冬のぴゅーんとした風に当ててやる。

キュンキュン寒くても、乾燥していれば、半日ほどで、
イワシの干物ができる。

もちろん、他の干物もこうすればできる。

甘塩のちょっと生っぽいイワシ、夜に焼く。
塩気が足りないけれども、酒のアテにはちょうどいい。
ご飯の友には、しょうがを絞ったのと醤油をたらりかけて食べる。

ちょっと旨い酒の温燗片手に、自家製の干物、
これ、冬の楽しみ!

IMG_1605_1










うんと寒くなるときは、やっぱり、熱燗がいい。

庶民の味方、2級酒。
そういえば、最近は2級酒なんて言わなくたったな・・・

知らない人のために・・・
昔は、お酒には、特級酒・1級酒・2級酒ってあって、
2級酒は、値段が安く庶民のお酒だったの。

って、2級酒だから、まずいってわけじゃなくて、
酒によっては、呑み方によっては、2級酒の方がおいしい場合もある。
熱燗は、やっぱり2級酒がいい。

って、我が家の場合↑
年末に買ったお酒、好みじゃなくて困った。。。
料理酒にするには、もったいない値段だしな。。。

だから、「ちろり」に入れて、熱めの熱燗にする。
ちなみに、「ちろり」とは、酒を入れているアルミの入れもののこと。

ぐっと熱燗には、前出のイワシの自家製干物のようなものが合う。

寒い冬、温かな部屋で、オットとぐだぐだ言いながら、
自家製イワシの干物と、熱燗をいただく、
これ、冬の楽しみ! 

って、これが一番好きな、楽しみかも・・・!

運命の出会い

IMG_1707_1










赤いジャケットを買った。

わたしのクローゼット、
黒・白・グレー・ベージュ・茶・濃紺、
たまに、ブルーぐらい・・・

ピンクは一枚もないし、オレンジもないし、黄色もない。
まして、
赤はない。

雑貨屋というのか、セレクトショップと言うのか、
洋服屋さんでないのは確かなお店。
そんなお店の4階の隅に、何気なくかかっていた、赤いジャケット。
なぜか、なぜか、わたしの目に留まった。

ウールの膝掛けのような、ふわふわのタータンチェックの表地、
裏布は、真っ赤のコットン、
ボタンは白の四つ穴ボタン、
ボタンを縫いつけている糸は、赤・・・

やられた~~~!  速球ストライク! 

でもな~、赤だしな~、って悩む、が・・・
まずは、試着。

うふふふ~ 自分で言うのもなんだが、似合う。
赤が似合うなんて、歳をとったもんだ・・・

いっしょに行った人も、
「似合うよ~!」と、言ってくれた。ありがとね!

試着の時にわかったのだが・・・
値段は、なぜか、三分の一の値段・・・
これって65%オフってこと・・・!?

なんでも、びっくりすることに、このジャケット、
3年間、売れなかったそうだ!

ということは、3年前のジャケットなの?
でも、全然古さを感じさせない。
わたしにとっては、今って感じ。そう、まさに「旬」って感じ。

ゆっくりと見てくださいね、と言う店主さん、階下へと。
ので、ので、
お店にあった、白シャツを着て、その上からも試着した。

白シャツに、赤いジャケット、いい感じ~♪
これにジーンズだといいよね~~~(かなりのハイテンション!)

この白シャツが、またいい。
実は、今日もう一度行って、あのシャツを買おうか、と悩んでいる。
こちらの方は、20%オフ。

黒のギンガムのプルオーバー、あれを下に着て、このジャケット、
これでも行けそうだな・・・・・なんて、考える。

だいたい、こんなものを買うつもりはこれから先もなかった。
CASICOというお店。
ていねいなごはんランチを食べに行ったら・・・

ちょうど五十六さんの椅子展をやっているということで、
ギャラリーの方に上がっていったら・・・

tentenhouseの織りと五十六さんのコラボの椅子、
この椅子の上部に、ひっそりとあったのだ、赤のジャケットが。

空気感としては・・・
tentenhouseの織りと、五十六さんの椅子と、CASICOのランチ、
この混ざり合った空気、それに調和するジャケット、
とでも、言い表わしたら!? いいのだろうか・・・

ということで・・・・・
3年間、お店にあった赤いジャケット・・・
我が家の無機質なクローゼットに、今は、ひっそりいます。


☆家に連れて帰った、赤ジャケット。
 さっそく、下は黒のTシャツを着て、このジャケットを着る。
 首には、叔母の手織りのマフラー。

 寒い中、ぐんぐん歩いて、魚屋さんに行く。
 その帰り、野菜屋さんで、濃いグリーンの路地ホウレンソウも買う。
 手に提げた、市場かごから、ホウレンソウグリーンがのぞく。

 うふふ・・・これって、赤と緑、きっと絵になる、絵になる・・・
 って、冬の夕方の路地裏、誰も見てないか・・・^^;
 いいのだ、いいのだ、それで、いいのだ~♪
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ