*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年02月

ラムの香草パン粉焼き

P1000107_1












レストランみたい!って、好評だった「ラムの香草パン粉焼き」
見た目よりもずっとずっと簡単なので、レシピをアップしま〜す。

↑写真は、ラムじゃなくて・・・ 
鶏もも肉で作った、「チキンの香草パン粉焼き」

P1000067_1














「ラムの香草パン粉焼き」

−材料−
ラム
イタリアンパセリなどのお好みのハーブ
にんにく・パン粉・塩・ブラックペッパー
(あれば、パルメザンチーズ)
オリーブオイル

−作り方−
1・ハーブとにんにくをみじん切りにして、
  パン粉とパルメザンチーズと混ぜ、塩コショウを混ぜる。
2・ラムに軽く塩コショウをして、
  フライパンで強火で表面に焦げ目がつくように焼く。
  後から、オーブンに入れるので、
  この時点で火が完全に入らなくてもいい。
3・オーブン皿にラムを置き、その上に1を乗せ、
  オリーブオイルをかける。
4・240度のオーブンで7〜8分焼く。(パン粉がカリッとなるまで)

ハーブは、お好みでなんでもいいです。
この日は、イタリアンパセリとタイムを使いました。
普通のパセリでもいいです。
ローズマリーを使う時は、香りが強いので、量に注意。

セージとたまねぎのみじん切りの組み合わせも、かなりいいです。
夏場でしたら、バジルなんかも素敵です。

香草パン粉がパラパラしてお肉に乗せにくい時は、
この時点で少しだけ、オリーブオイルを混ぜてもいいです。
この場合も、最後にオリーブオイルをかけます。

鶏肉の場合、火が通りにくいので、
オーブンで20〜30分焼きます。
この場合、パン粉が焦げそうなら、温度を下げるか、
または、アルミホイルを上にかぶせてください。

ラムの他のお肉で、一番お勧めなのが、豚ヒレ。
ラムと同じように、柔らかくジューシーにできます。

鶏は、もも肉だけじゃなく、ささみでも、胸肉でもできます。

なお、お魚でもOKです。エビやホタテでもできます。
サバ・イワシ・サンマ・アジなどの青魚でも大丈夫です。
この場合、フライパンで最初に焦げ目をつけたとき、
最後に、たら〜りとお醤油をたらして香り付けしてもいいです。

レモンを添えて食べてもおいしいです。

香草パン粉がたくさんできたら、冷凍庫で保存できます。
ただし、冷凍すると、ハーブのきれいな緑の色は退化して、
きれいな緑色ではなくなりますが・・・

我が家にはオーブントースターがないので、
なんとも言えないのですが・・・
オーブントースターでもできそうです。
その場合、特に、鶏肉の場合、火が入りにくいので、
厚さに気をつけてください。

香草パン粉を作っておけば・・・
後は、実はめちゃくちゃ簡単な料理です。
まあ、手抜き料理なんですけど・・・
そんなふうに見えないのがいいです^^;

安い白ワイン、または、軽めの赤ワインなどを添えると、
それに、
ろうそくなどを灯すと、レストラン気分です。

お手軽、お安く、お家でレストラン!
週末にでも、いかが〜♪

☆広島市内でラムが買える場所(私の知る限りですが・・・)
 フレスタ(横川店・天満店)
 マルナカ(基町店)
 アバンセ(三越地下・古江店)

2−6「おいしいテーブル」

P1000052_1










どっど〜ん! ラムです。ラック・オブ・ラムです。

☆余りにもいいラムだったので・・・
 今回は、写真をでっかくしてみました^^

こんなラムをスーパーで見かけること、ほとんどないです。
でも、「おいしいテーブル」の買い出しにフ○スタに行くと・・・
なんとなんと、お肉コーナーにあったんです!

実は、今回のメインメニューは、豚ヒレの料理でしたが・・・
余りにも素晴らしいラムだったので、メニューを急きょ変えました。

おまけに、このラム、3割引きでした!
ラッキー!!!

P1000067_1











「ラムの香草パン粉焼き」オーブンから出たばかり、いい匂い〜^^

「レストランの匂いがする〜♪」って声があちこちから上がります。
ではでは、盛り付けも、レストラン風にとお願いしました。

P1000068_1











おしゃれに盛りつけていただきました。

ラムって初めて食べた〜っていう方も多かったのですが・・・
実は、ラムは、牛肉よりもカロリーが低くて、
特に冬場は、体温を上げる効果があるので、うれしいお肉なのです。

それに、作り方、意外と簡単なんです。
今度、レシピをアップしますね。

P1000075_1











ホワイトソースを使わない、「白菜のグラタン」です。

豆乳と白みそでホワイトソース風にします。
もちろん、食べた感じ、本当のグラタンとは違いますが・・・
カロリーの気になる大人には、いいかな・・・と思います。

中身は、白菜・白ネギ・エリンギです。
上にとろけるチーズをちょっぴりかけて、グラタン風を楽しみます。

P1000056_1











「白和え」です。
白和えの素を、豆腐・練りゴマ・白みそで作ります。

作ったのは、3種類の白和えです。
「にんじんの白和え」「ほうれんそうの白和え」「こんにゃくの白和え」
全部混ぜて作ってもよかったのですが・・・あえて一種類の白和え。

なぜって!?

だって、白和えの中身、いろいろ入れようと思うとめんどくさい^^;
一種類でも十分白和えになるよ〜って、言いたかったから。

白菜のグラタンで余った、白菜の葉っぱの部分で、
胡麻和えも作りました。

P1000061_1











「団子の白みそ仕立て」です。

この季節、温ったかいものが欲しいです。
でも、気分は少し春気分、だから、白みそ仕立て・・・
って、わたしは勝手にそう思っています。

里芋とお団子で、かわいいお汁ものです。
お雛様のお膳にもいいかもしれませんね。

P1000065_1













「ハイジの白いパン」も作ってみました。

って、今回、当日の時間の中で間に合いそうになかったので、
急きょ、朝からパンを焼いて持って行きました。

デモ用に、一回分は「おいしいテーブル」で焼きました。
って、
デモ用だったんだけど・・・・・

みなさん、ご自分のお料理を作るのに、精いっぱいで、
作り方、見ていただけたかな・・・って思ってます^^;

デザートは、パンナコッタでした。
これは、また、レシピと共にアップしますね。
作り方が、簡単だから。

今回は、「おいしいテーブル」の海外会員!?の方も、
日本に一時帰国でしたので、参加。
赤ちゃん連れで、にぎやかでした〜♪

今回は、スーパーでラムとの出会いがあったので、
急きょメニュー変更というハプニングもありましたが・・・
(そのために、全体のメニューバランスがおかしいのですが^^;)

それでも、なんとか無事に終わりました。

さてさて、来月は何にするか・・・
また、考えるの、これも、わたしの楽しみでもあり、
ボケ防止!?でも、あります・・・・・


人生の「ツケ」

P1000048_1











☆今日二つ目のブログ。
 晩ごはんも作ったし、シーツも換えたし、ちょっと暇な時間^^


人生の「ツケ」が、今、回ってきていると感じる。

こんな生き方で、53年間、生きてきたんだもんなぁ〜・・・
そりゃ、「ツケ」が回ってくるよな〜・・・

ぼやいていてもしょうがない。
その「ツケ」をつけてきたのは、誰でもない・・・

わ・た・し!  なのだから。

昨年の10月から、フィットネスクラブのピラティスのクラス、
先生が変わった。

ピラティス初心者クラス、
それまで、2年余りピラティスのクラスに入っていたから、
それも、それなりにまじめにやって来たんだけど・・・

今回のクラスは、呼吸法に特化したクラス!?
呼吸の仕方が基本で、それにエクササイズをつけて行く。

これが、全くできない・・・

吸ったり、はいたり、53年間毎日やってきた「はず」なんだけど、
いざや、いざ、ピラティスの方法でやろうと思うと、できない。

それから、姿勢・・・

反り腰の猫背、という・・・最悪パターンらしい・・・

姿勢は悪いは、股関節は固いは、ふくらはぎは縮まっているは、
わたしって、どっか、いいとこないの!? って・・・

とにかく、「ツケ」てきたのである。

姿勢も悪かったし、股関節も動かしてないし、あれこれあれこれ・・・
いろいろと、自分の身体に「ツケ」を回してきたのである。

ぐじゃぐじゃ言ってもしょうがない。
今まで「ツケ」てきた「ツケ」を、今から回収しなければならない。

53年間かかってつけた「ツケ」、取り戻すのに53年かかるのかな?
って、今日先生に聞いたら・・・

まじめにやれば半年で、かなり良くなりますよ・・・

って、まあ、いくらノー天気なわたしでも、半年はちょっとと思う。
3年計画ぐらいで、この「ツケ」を回収しないとねと思う。

とにかく、今からの人生、身体だけが頼りです。
自分の身体だけが・・・


☆写真と何も関係ないですが・・・
 これ、今晩のおかずです・・・^^;


やる気の問題

P1000041_1











yoccoちゃんが、いらない・・・っていうから、もらったトートバッグ、
オットのお弁当バッグになっている。

LLビーンのトート、わたしが自分で買ったのは、赤と紺。
グリーンはわたしの選択肢にはなかったけれども・・・
使ってみると、けっこうかわいい〜と思う。

さて、
必要に迫られて、ただ今、ちょっとだけ英語を読んでいる。
10年ほど前、一生懸命勉強したけれども、
今は、忘れている・・・・・

英文を読んでいて、悔しいのは、
「この単語、知っていたよな〜、でも、意味忘れた・・・」
っていう時。

tangible この単語、絶対に知っていた。
反意語は、intangible それも思い出すけれども、
日本語の意味、完全に忘れている・・・悔しい・・・

pristine この単語、これも絶対に知っていた。
う〜ん、何だったかな・・・

街中で、知った「はず」の人に出会って、挨拶もしたのに、
誰だかわかんない・・・だれだろう〜?って、考えている気分。

って、単語だもの、辞書を引けば早いのに、3日ほど考えた。

結果、tangible これは、思い出せなかった・・・
めんどくさがり屋だから、オットに聞いた。

「見えないもの」って、オットが言った。
この一言で、意味がわかった!

そうそう、そうそう、そうそう・・・・・・
オットの言う「見えないもの」って、透明なものっていう意味じゃない。

正確には、実体のないもの、具体的でないもの、そんなことだよね。
なんだか、ほっとする。

pristine の方は、2日目に思い出した。
「しみのない」っていう意味だったはず。
つまり、めちゃくちゃクリーン、っていう意味。

英文には、適当に、向こう独特のジョークが入り混じっていて、
この辺り、英単語は全部わかるし、文章も簡単、
でも、いったい、何が言いたいの?っていうのがある。

こういうのだけは、地道な作業だけど、ひとつひとつ勉強しないと、
わかんないよね〜と思う。

ああ、こうやって英文を読んでいると、また英語の勉強したいな〜。
英語もだけど、フランス語も中途半端でとん挫しているしな〜。

やればいいじゃん! って声が聞こえそうだけど・・・
やる気の「もと」が、今はちょっとない感じだよね・・・

motivation モチベーション、この問題かぁ・・・なぁ・・・

野菜いっぱいランチ

P1000026_1











さて、さて、雪の中、オットの仕事について行った島根県瑞穂、
いつもは、仕事だけだんだけど・・・
今回は、ちょっと雪道ドライブを楽しんで、ランチへと行った。

行った先は、「縄文村」っていうところ。
「村」かと思ったら・・・ 村じゃないような・・・

お店の前の駐車場、普段だったら10台分はありそうだけど、
雪のために、3台分ぐらいの駐車スペースしかなくなっていた。
とにかく、スゴイ雪!

だから、お店の全貌がわかんなかった・・・

お店は、バイキング方式のお店。
テーブルの真ん中には、古代酒なるお酒があった。
ちょっと甘ったるいお酒。

☆雪道ドライブは怖いから、この日はオットが運転担当。
 だから、わたしは、お酒が飲めたのですぅ~^^

P1000024_1











「すき焼きが煮えてますよ~」って案内された、けど・・・

牛肉のすき焼きじゃなくて、猪肉のすき焼き。
わたしたちと同時に入った若い人たちに、先を越され・・・
わたしが取ろうと思ったら、もう、お肉はなかった^^;

って、↑これは、第2弾の鍋。
お肉を一切れだけ取って食べた。
うん、まあ、おいしい。でも、牛肉の方が好みかな!?

P1000020_1








ここのお料理は、地元の野菜を使った料理。
ほとんどが野菜料理。

というか、猪のすき焼きの肉(ほんのちょっぴり)と、
ゆで卵(これは食べなかった)だけが、タンパク質系。
後は、お野菜ばかり、だから、我々にはぴったりかも。

P1000019_1











大豆と黒豆の炊いたの。
ちょっと酸味がすると思ったら、梅酢で煮たらしい。
これって、尾籠な話、便秘に効きそうだな~って思った。

豆が固いんだけど、歯でしっかりとかみしめて食べたらおいしい。
なんだか、癖になりそうな味。
オットは、2杯目をおかわりして食べていた。

これに、ダイコンの酢の物、こんにゃくの酢味噌かけ、
シイタケとかぼちゃの天ぷら、黒米のごはん、お味噌汁などもいただく。

P1000025_1











火鉢で炭をおこしているので、お餅を焼いて食べてください・・・
って、店主さんは言ったけれども・・・
とてもじゃないけど、お餅まではお腹に入らない^^;

デザートは、本当は、温かいお汁粉なんかが欲しかったけれども、
なかったから、みかん。
なんでも、地元で取れたみかんらしい。

甘ったるくない、昔っぽい味のみかん。

ここのお店、とにかく寒かった・・・
日本家屋というか、なんというか、スースーしているのである。

だから、さっさとごはんを食べて、帰った・・・

我が家みたいに、普段から、野菜中心のごはんだと、
こういうお店は、お家ごはんの延長みたいな気分。

でも、家で野菜料理をあまり作らない人だったら、
こんなお店に行って食べるのっていいかもしれない。
野菜いっぱいだし、何よりも、バイキングだから、
好きなだけ野菜を食べられる。

帰り道、お腹がいっぱいになったねぇ~と話しながら帰った。
けれども、
何せ、野菜中心のごはんだったからかな?
夕方には、お腹がペコペコになって、力が入らない・・・大げさ!?

夜は、しっかりとお肉をいただきました。

野菜もいいけれども、やっぱり、お肉やお魚も食べなくちゃ、
わたしは、元気が出ない・・・って、わかった。

春になったら、また行きなたいな~って思った。
山菜とかが出る頃行ったら、また、おいしい山のものに出会うかも。
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ