*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年04月

終わりのない仕事

IMG_1898_1












☆東日本大震災・手作りバッグ支援があります。
 こちらは、ご高齢の方のための手作りバッグ支援です。
 バッグ、作りませんか?
 詳しくは、こちらから←クリック


昨日は、朝4時半に起きた。
簡単なサンドイッチとコーヒーを持って、家を出る。
5時15分広島出発。9時30分熊本着。

熊本では、近くの産直市で野菜やタケノコを、たんまり買いこむ。
阿蘇高菜が売っている・・・
お漬物にすると美味しいんだけど、作るのめんどくさいな・・・

お漬物にしたのをスーパーで見かけるけど、
なんだか知らないいろんなものが添加されているみたいで、
結局は、阿蘇高菜一把100円を買う。

本屋で雑誌を買い、スタバでミルクティーを頼む。
ちょっとゆっくり。

オットから仕事が終わったと電話あり。午後1時。
オットが、仕事先からお弁当を2個もらってくる。
運動公園駐車場で食べる。

なんともいえないぐらいの味の濃さ!
一日の塩分摂取量をはるかに超えるぐらいの塩分量、だと思う。
市販のお弁当って、これだから、イヤになっちゃう・・・

その後、温泉・・・は、結局パスして、コストコもパスして、
一路広島へと帰る。
熊本発1時30分。広島着6時。

帰って、すぐにお風呂にお湯をはり、お風呂に入る。
温泉じゃないけれども、さっぱり。

風呂上がりのビールが、旨〜ぃっ!

冷蔵庫の中のありあわせのものを並べて夕ごはん。
ほっとする味。

お昼お弁当の残りの、お稲荷さんや巻きずしもあったけれども・・・
ごめんなさい、もうこれ以上は食べることできません、でした。

昨日の帰り、お茶や牛乳やコーヒーなど、いろいろ飲んだ。
とにかく、午後からいっぱいのどが渇いて、乾いて・・・
やっぱり、お昼のお弁当の塩分なんだよね。

熊本産直市で買った、サラダ玉ねぎ、という玉ねぎ、
これをスライスして、かつお節を乗っけてポン酢をかけただけ、
これが美味しい。

それに、厚揚げを焼いて、ダイコンおろしとねぎをかけたのが美味しい。
なんて言うことない、めちゃくちゃ手抜き料理(料理と言える!?)
だけれども、こっちの方が口に合う。

市販のお弁当やお惣菜って、どうして、あんなに味が濃いのかしら?
ああいうものを、日々食べている人の塩分摂取量って、
どのくらいになるのかしら?

ともかく、昨日は昼から、のどの渇きにヘキヘキしながらの、
運転でした・・・

☆朝から、阿蘇高菜のお漬物作りの用意をする。
 洗うだけで、けっこう大変な作業。
 今から、タケノコを茹でなくちゃいけない。
 それから、米麹が来たから、�跫塩を作って、自家製甘酒も作る予定。
 
 いちごジャムを作ったら好評。
 今日は、また安いいちごを仕入れてきて、ジャム作りもしたい。
 イヨカンの実を煮て作ったゼリーも好評。こちらも今日作る予定。
 
 はるゆたかが手に入ったので、パンを作る予定。
 オットが、市販のパンは塩辛くてイヤだ、と言う。
 だから、塩分量1%の自家製パンを焼かなくちゃ。

 エシャロットのドレッシングも次のを作らなくちゃ。
 これも、すごく便利だから、
 エシャロットがある時期に作っておかなくっちゃね。

 と、まあ、食べることだけなのに、忙しい忙しい。
 ある意味、きりがないと言えば、切りがない・・・
 
 食べること、生活すること、エンドレス・・・・・

ゆっくりお湯に・・・

P1020220_1













ハワイに行ったり、ふかほり邸に行ったりで・・・
この冬、2キロ体重が増えた^^;

でも、なんとか、元の体重にほとんど戻り「つつ」ある。
問題は、体重ではなくて、体脂肪。
こちらの方は、ちょっと高め・・・

それで、おとといの水曜日、ちょっとさぼり気味だった、
フィットネスクラブのバーベル挙げのクラス、
朝から張り切って参加する気、まんまんだった!

モチベーションをぐっと上げて行ったら・・・休館日だった。
ガックリ。

それで、しょうがないから、バッグ作りに専念した。

今日は、みぃ〜ちゃんの幼稚園の初めての親子遠足。
だから、妹のなっちゃんを預かった。
泣くかな〜って思ったら、ずっといい子。
全然泣かずに助かった。

でも、一日中、公園に連れて行ったり、
お昼をいっしょに食べたり、
お昼寝をさせたり、
怪我をしないようにみて、ばんたん、ちゅかれた・・・

夕方早くに、お風呂の準備をして、子供のお風呂を済ませ、
晩ごはんの用意をして、家ですぐに食べられるようにして持たせ、
みんなを帰した。

やれやれ・・・

と思ったら・・・
オットが、明日は九州に日帰りで行くと言う。ひとりで。
大変だろうな〜ということで、運転手で着いて行くことに決定。

はぁ〜っ、明日も頑張らなくっちゃ・・・

オットが仕事の間、約2時間。
明日は、仕事場近くのスーパー銭湯にでも行くかな?
なんて思っている。

つかの間の温泉で、ちょっとだけ、ほっとするつもり。

☆コメントのお返事、遅れてごめんなさい。

IMG_1940_1












1年ぐらい前ごろから、箸置きコレクターになった。
器はこれ以上増やせないな〜って思うし、
でも、素敵なのを見ると、欲しくなるし・・・

箸置きなら、小さいし、場所も取らないし、
それに、我が家にあまりないし・・・

以前、箸置きって、英語でどういうのか聞いてみたら、
chopstick rest って聞いて、へぇ〜って思ったことがある。
そのままだと、「お箸の休むところ」っていう意味なのかな?

今、調べたら、
rest には、台とか、モノを乗せるところっていう意味がある。
知らなかった・・・

先週までは、桜の花の箸置きを使っていた。
今は、ハートの箸置きを使っている。

今は、ハート、心の気分だから・・・

IMG_1955_1












昨日、ニュースを見ていて、複雑な気分になった。

茨木県のちりめんじゃこ、去年獲れたちりめんじゃこ、
これが売れない・・・というか、買い取りしてくれない、そうだ。

えっ、去年のちりめんじゃこでしょ!?
何も問題ないじゃない?って思う。

でも、問屋が引き取り拒否をするんだって・・・
結局は、その問屋の先のスーパーや小売業者が、
茨城県っていうだけで、もう買わないらしいから・・・

これって何なの???

去年のちりめんじゃこだったら、全然問題ないじゃない!
わたしだったら、食べる。
ごはんにじゃんじゃか乗せて食べる。
へっちゃらだもん。

民主党の岡田さん、彼の親戚はイオンの関係者でしょ・・・
イオン、買ってください、ちりめんじゃこを。
別に、イオンだけじゃなくてもいい。ゆめタウンも買ってください。

そして、全国のみなさん、ちりめんじゃこを買いましょう。
食べましょう。
何の問題もないです。

普段は、地元音戸のちりめんじゃこを食べるわたしですが、
喜んで、茨城産のちりめんじゃこを食べます。

・・・

とある市で、福島県から来た人の放射の検査をしたらしい。

ヒロシマのあと・・・
人々が一番苦労したことは、いわれなき差別。
原爆症も辛かったけれども、差別のために、
必死でヒロシマを隠した・・・ということ。
被爆された方の証言を聞くたびに、この話は聞いた。

とても悲しい。

明るさ考

P1010180_1













ロシア、サンクトペテルブルグの地下鉄構内の写真。

最初、薄暗い・・・照明だと思った。
日本の地下鉄に比べると、明らかに薄暗いと思う。

ロシアの地下鉄は、核戦争のため!?なのか、
地下深くに作られている。
いざとなった場合の核シェルターなのか・・・
天井高は高く、中程度のホールのような規模がある。

それに比べて、ロンドンのチューブや、パリのメトロは、
作られた時代が古いためか、天井高が低い。

パリの地下鉄、複数の駅が交差する、乗り換え駅では、
ひとつの線から、もうひとつの線へ乗り換える連絡通路、
くねくね曲がっていて、天井には手が届きそうで、
それでもって、薄暗い。ある意味、ちょっと怖い感じ・・・

海外から、日本に帰って来ると、明るい!と思う。

以前、夜、明るいことはいいことだと、思っていた。
でも、海外とかの夜の明るさを見るにつけ、
ここまで明るい必要があるのか、と思うことも。
もちろん、日本でも明るいのは都市部であるが・・・

さて、家の中、これも、日本の家は明るい。

15年以上前になるが、以前住んだ家に引っ越したとき、
ダイニングの照明に、北欧の照明器具を選んだ。
その時は、ただ単に、そのペンダントが素敵なデザインだったから。

オットが、暗い、と文句を言った。
わたしも、内心は暗いと思った、が・・・
ちょっとお高い照明だったので、付け変えるわけもいかず、
そのまま使い続けた。

すると、だんだん、その暗い照明の明るさが心地よくなってきて・・・

今の家のダイニングも、その照明を引き続き使っている。
今では、その明りで十分すぎると思っている。

ベッドルームには、天井の照明器具はいまだに、付けてない。
ダウンライトを部屋の四隅に付けたら、これだけで明るくて、
というよりも、明る過ぎて、4つのうちの2つだけに電球を入れている。

家の中、落ち着いた明かりに慣れると、それが心地よく感じる。

だから、よその家に行って、
まるでショーウインドウのような明るいリビングとかだと、
落ち着かない。

ちなみに、お風呂に入るとき、お風呂の電気は付けずに入る。
なぜならば、明るすぎるから。

えっ? 真っ暗な中でお風呂に入るの〜?って聞かれそうだが・・・
脱衣所の電気を付ければ、その光で十分なのだ。

節電なんて気持ちでスタートした訳ではないが、
我が家、20年以上前の照明の明るさに比べると、
今は、うんと暗い中で生活している。

それが、今では、大変心地よく感じる。

☆夏の夜、照明が暗いと、涼しく感じる・・・

☆☆ランプが欲しいな〜と思っている。
  ランタンっていうのか、ランプっていうのか?だけど、
  炎が揺らめき、心が落ち着くようなランプが。
  お手入れって、難しいのかな?

人生一番のはちみつ

IMG_1936_1












今、はちみつに夢中!

ハワイ島ヒロのファーマーズマーケットで買ったはちみつ、
これが、わたしの人生の中での、断トツ1位のはちみつ。

実は、はちみつ、どちらかと言うと苦手。
甘いし、どろんとしているし、あの独特の味がキライ。
だから、普段は、ほとんど食べない。

IMG_1947_1












ファーマーズマーケットで見かけたは、はちみつ屋さん、
あんまり買う気はなかったんだけど、
気の良さそうなお兄さんが、味見する?って感じで、
棒の先に付けてくれた、はちみつをなめたとたん・・・!

えっ!? これなに!? って思った。

こんなちょっぴりじゃ、味がわからん・・・
みたいなことを、言ったような記憶がある・・・^^;

そしたら、お兄さん、やっぱり気がいいお兄さんだったのか、
はちみつの瓶を差し出してくれて、
好きなだけ、なめたら・・・って、言ったと思う。

・・・この辺り、ローカルハワイアンイングリッシュで、
   ちょっとわからなかったけど、雰囲気は、こんなだった^^;

で、遠慮なく、棒の反対側を、はちみつの瓶に入れて、
はちみつを小指の先ほど取ってなめたら・・・

やっぱ、断トツで美味い!

美味い美味い、っていうと、お兄さん、次から次に瓶を出してくれて、
それで、次から次に、はちみつをなめてみた。

それで結果は、一番最初になめた、
お兄さんの一押しはちみつ、これに決定。

10ドルの瓶と、15ドルの瓶があった。
15ドルのは大きくて、重そうだったから、10ドルのにした。
でも、後から、15ドルのを買えばよかったと、うんと後悔した。

IMG_1944_1












このはちみつ、棚の奥にしまっていて、
たまに出しては、トーストにたっぷり塗って食べる。

はちみつは、こんな風↑な、乳白色。
ドロドロでもないし、ガシガシに固まってもない。
日本のはちみつとは、ちょっと違う感じ。

だいぶ少なくなってきて、ちょっと焦っている。
はちみつを買いに、ヒロに行きたいと、真剣に思っている。

オットが、行ってくれば〜なんて、笑って言うけれども、
マジではちみつを買いに行きたい気分。

それにしても、この歳で、こんな美味いはちみつに出会うとは。
人生、まだまだ、おいしいものに出会いそうな、そんな気がする。

☆美味しいもの好きの義姉に、このはちみつの小さな瓶をお土産に。
 義姉も、あのはちみつは、すごく美味しかったと言ってきた。
 義姉は、ハワイでお料理教室の先生をした経験もある、
 とってもお料理上手の、おいしいもの好きの人。
 その人も、言うんだもの・・・
 やっぱり、このはちみつ、ただモノではないと思う。
 

・・・・・

「英国王のスピーチ」を八丁座に観に行った。
うん、間違いなくいい映画だ。

ちょっと前、「わたしを離さないで」を観に行ったが、
こちらは、原作がどう映画化されているか、
それが知りたくて行ったのだが・・・
観終わった後、気が重くなった・・・

その点、「英国王・・・」の方は、いい気分で映画館を後にした。

こんな映画を観ると、また、イギリスにも行きたい気分。

☆この連休中に友だちがイギリスに行くけれども・・・
 なんでも、サーチャージだけでも5万円だって!
 高いなぁ〜〜〜

☆☆☆先週の土曜日、怒りはピークに達した!
   で、何に対して怒っているのか、それがわからない!
   とにかく、腹が立つのだ!
   もう、全世界を相手にケンカしたくなる気分だった!

   腹が立ってしょうがないから、ロールキャベツを作った。
   脈絡がわからないけれども、無心でロールキャベツを作った。
   で、作ったロールキャベツを、むしゃむしゃ食べた。
   なんだか、気分が落ち着いた。

   後から考えると、ロールキャベツ程度の怒りだったのか・・・ 
   と、なんだか、おかしくもあったが・・・
   怒っているときは、どの程度かもわからないぐらいで、
   それはそれで、・・・うんまあ、こんなものかと思うことにした。



記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ