*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年05月

更年期と加齢

IMG_2229_1












先週、中ごろから続いた、だら〜んとした気分、
そのだら〜んの原因がわかった。
この月曜日から、生理が始まったから・・・

こんなことブログに書く!?なんても思ったけれども、
53歳の身体の変化の正直なところ、
自分自身の記録として書くつもり。

だから、不快だと感じる人は、ここでストップしてください。

・・・・・これ以下、更年期などの話題に興味のある方へ・・・・・


カレンダー以上に正確だった、29日周期の生理、
これが、昨年あたりから、だんだんとおかしくなってきた。
そろそろだね〜と、身体の変調にちょっと耳をすます。

先輩女性や同年代の友達などから、更年期の辛い話を聞くこともある。
突然汗が噴き出すとか、眠れないとか、イライラするとか、
何もしたくないとか、ぐっと落ち込むとか、死にたくなるとか・・・

生まれつきの呑気な性格なのか、それとも、気がつかないだけなのか、
わたしの場合、更年期としての目立った変化がない。
いつもの通り、同じような感じの時のが過ぎて行く。

そんな中でも、生理不順(こういう言い方するのかな?)になり、
ちょっとだけ、自分の変化に気が付いてきた。

まず、29日周期の生理の時は、次の生理がいつなのか、わかる!
ところが、
これが、周期がめちゃくちゃになり始めると・・・
いったい、次は、いつなのぉぉぉ〜〜〜?って困った状況に。

だから、いつも、ナプキンは持ち歩くようにしている・・・

それでも、わたしの場合、突然、生理が始まるってことはない。
予兆が必ずある。

まず、とにかく、食べ物に対して変な執着が出始める。
普段は食べないようなもの、たとえば、ポテトチップスと頭に浮かぶ。
すると、もう、脳全体がポテトチップスに支配され始める。

ポテトチップ、ポテトチップ、ポテトチップ・・・・・

しつこいぐらいに、忘れようと思っても忘れられないぐらいに、
ポテトチップス! が、やって来る!!!

で、気がつくと、ポテトチップスを食べている。
普段は、食べないのに、なぜか、ポテトチップスの袋を片手に、
ボリボリと食べているのである。

もう一人の自分が、それを冷めた目で見ている。
山姥みたいだ・・・って。

そう、もう、食べなきゃ納まらない、そんな境地に陥り、
無我夢中でポテトチップスを食べている、わたし。
やや狂気が、漂っているのでは・・・と、自分で感じる。

不思議なことに、今日はポテトチップスだったのに、
次の日は、違うものが頭に浮かぶ。
さくら餅だったり、キャラメルコーンだったり、
とにかく不思議なのは、普段、絶対に食べないようなものばかり、
そんな食べ物に、ひどく、ひどく執着するのだ。

大好きなお酒が頭に浮かぶことはない。
これは、よかった、ホッ! って思う。

しかし、その食べ物に執着する感覚、
何回も言うけれども、狂っている、としか思えないような感覚。

なんだか自分のすることに、悲しくて、悲しくて・・・
そして、
次に、イライラが襲ってくる。

まあ、こんな時、被害者はひとり、わがオット。
とにかく、ひとりでわたしの集中攻撃を受ける。

ただ、こんな状況に慣れっこなのか・・・
オットは、はいはい、はいはい、はいはい・・・って感じ。

さて、さて、こんな状況が2〜3日続き、その後、
あれっ!?っていうぐらいに、調子がよくなる。
その日、または、次の日、生理が始まる。

始まったら始まったで、また、ちょっとお腹が痛くて辛いけれども、
変な食欲は納まり、イライラも納まる。

3日目ぐらいには、
「この世の中は、わぁ〜たしぃ〜のものよ〜〜〜っ!」
ってぐらい、元気になる。
ぴょんぴょんはねて歩きたい気分になり、
その後、いつもと同じ普段の気持ちに落ち着く。

本当に困ったもんだ・・・^^;

以前は、3日程度で納まっていたものが、
最近では、1〜2週間続く・・・
そして、2か月ぶりとか、3か月ぶりとかに生理が始まる。

最近、1キロ増えた体重と、かなり増えた体脂肪、
これを戻そうとするが、
何せ、このしつこい食への執着が始まると、
どうしても、どうしても、自分を抑えられなくなってくる。

本当に、本当に、脳みそのどこかが狂っているとしか思えない、
そんな泥沼状況に陥っているのである。

ただ、あまり、真剣に悩みもしない。
こんなもんだろう・・・って思っている。

この辺りが、元来の呑気者の考えなんだろうな〜って思うけれども。

とにもかくにも、しばらく様子を見るつもり。
これが、わたしの更年期なのかもしれないから、
ある意味、大事にしてあげたい気もする。

・・・

最近、といっても、この半年ぐらい・・・
ときどき、夜中に目が覚める。
たいていは、2時とか3時とかぐらい。

以前だと、目が覚めても、またすぐに眠ることができた。
ところが、最近は、目がさえて眠れない。

何かの本で読んだことがある。
眠れないときには、無理に眠ろうとしない。
眠ることから目をそらすことが必要だ、と。

だから、眠れないことに、それほどストレスは感じない。
こんなもんだ〜って、思っている。

寒い時期は、それでもベッドから出るのが嫌だったから、
ベッドの中で、いろいろ考えた。

その時、考えるのは、
あの引き出しのあれはいらないから処分しよう・・・
次の「おいしいテーブル」のメニューはこれとこれにしよう・・・
次の織りはこんな糸配列にしよう・・・
とか、一番多いのは、
明日のブログは、こんなことを書こう、とか・・・

最近は、寒くないから、思い切ってベッドから抜け出す。
そして、メールをチェックしたり、ブログの下書きを書いたり、
雑誌をぱらぱら見たり、そんなことをする。

すると、1〜2時間程度すると、また眠たくなるから、
もう一度寝る。
この時は、すぐにぐっすり眠られる。

最近見つけた、睡眠障害っていうチェック項目。
わたしの場合をチェックしてみた。
原因がわかった。わかって、ショック!

加齢・・・・・のため、だって(苦笑)

もう、ひとりで笑っちゃった。
加齢だって、歳だって・・・ なあんだぁ〜って、力が抜けた。

なんだかんだて言っても、やっぱり、歳はとって行っているんだ。
当たり前だけど・・・

とかなんとかで、更年期なのか加齢なのか、なんだかよくわからんけど、
それでも、そんなモノいろいろなんだろうな、って思う。


酢じゃこの使い方・その2

IMG_2310_1












酢じゃこを使った、酢のもの。

この季節、さっぱりした酢のものが一品あるとうれしい。
それも、きゅっと冷えて、酢がなじんだ、酢のもの、
これがあるとうれしい。

朝から作って、パイレックスに入れ、冷蔵庫に入れておく。
夜は、これを器に盛り付けるだけ。
もちろん、今の気分は、沖澤さんのカップに盛る^^

IMG_2304_1












パイレックスのガラス容器に、
きゅうりの薄切り(塩もみせずそのままの状態で)
みょうがの薄切り(お好みで)
酢じゃこを、浸けた酢と共に入れる。

ポイントは、ティースプーン1杯の、はちみつ。
なければ、普通のお砂糖でも大丈夫。
メイプルシロップだっていい。

これを、ぐるぐる混ぜる。
ただ、混ぜるだけ。

はちみつが溶けなくったって、大丈夫。
夜までには、ちゃんと溶けているから。

あえて、塩は加えない。
夜になり、食べる前に味をみて、塩気が足りなければ、足す程度。

わたしは、いつもこのまま。
ちょっと塩気が足りないかな?って思うけれども・・・
でも、このまま食べる。

この酢のもの、きゅうりを塩もみして絞ったりしないから、
簡単だし・・・

それに、きゅうりの水分が、いい感じに酢を調和させてくれて、
酢のキツイ感じが、やわらぐ。

食べるときは、きゅうりのジュースも酢も全部食べたいから、
お汁までしっかりと飲んでしまう。

今からの季節、朝からこれを作っておくだけで、
気分がうんと楽になる。

もっともっと、じめじめして暑くなる夏・・・うんざりだけど・・・
冷蔵庫に、こんな、冷え冷えの酢のものがあると、ちょっと元気になる。

☆長く保存したことはないけれども、
 冷蔵庫だったら、2〜3日は、十分に大丈夫。

 職場とか、もし冷蔵庫があれば・・・
 この酢のものを、別容器(ジャムの瓶とか)に入れて持って行って、
 冷蔵庫で保管。
 お昼に食べるとおいしい。

☆☆ちょっと?って思うかもしれないけれども・・・
  実は、この酢のもの、ツナサンドに合うのだ!
  別々に食べるんじゃんなくて・・・
  ツナサンドの間に、この酢のものをはさんで食べるの。

  ツナが、お魚だからかな?
  ツナサンドに、きゅうりのしゃきしゃき感と、酸っぱい味、
  これがお口の中で混ざると、とってもおいしい。
  

だら〜んとした日曜日

IMG_2286_1









せっかくの日曜日、なのに・・・
気合いの入らない、だら〜んとした一日を過ごしてしまった・・・

朝から、車を洗う。
我が家、マンションだから、車を洗う場所がない。
だから、オットの仕事場の廿日市まで行って、車を洗う。

屋根付きの駐車場なんだけれども、
黄砂のせいか、3日ほどで車はほこりっぽくなり、
そこで、ぱらっとした雨でもあったら、たちまち水玉模様になる。
情けない・・・ 

わたしの車の色は、黒。

車の色、塗り替えようかしら?って考えていたら・・・
オットが、軽〜く10万円はかかるよ〜っ、
なんて言うから、とてもじゃない・・・と、半分諦め気分。

黄砂の時期、とにかく、すごいことになる、黒の車。
見るたびに、乗るたびに、気分が滅入る・・・

廿日市で車を洗って、ぴっかぴっか!な車と気分。
よっしゃ〜っ!と気合いを入れて、「キリン亭」へと、
長崎ちゃんぽんと皿うどんを食べに行った。

ここに来るといつも思う。
中華は、大人数だよな〜って。
他のお客さんの頼んだものが、おいしそうで、おいしそうで・・・
ついつい、隣の皿を覗きこむ・・・

今度、誰か、日曜日のお昼、中華食べに行く人、いない!?

お久しぶりに、サンリブへと行く。
昔、息子が二人いたころは、スーパの袋5〜6個分買い物していた。
昨日は、お肉もお魚も買わず、果物と野菜と豆腐ぐらい・・・
エコバック1袋分。今は、これで十分。

昼から、身体がだるい・・・
テレビを見て、だらだら過ごす。

BSの民放放送のチャンネルで、「101歳の看板娘」をやっていた。
途中から観たんだけど、ハワイ島に住んでいる日系の人たちの話し。
てしま食堂の看板娘、101歳の静子さんの、よく働かれること!

と、思いつつも、テレビを観て、だらだら・・・
夕飯も、思いっきり手抜きの、だらだら、そして、変な組み合わせ。

サラダ・ひじきの梅煮・ところてん・いかげそのトマト煮、
それから、チーズ頒布会のチーズ、以上。
不思議な組み合わせだけれども、それなりにおいしい。

いかげそのトマト煮は、オットが、旨いっ!と、絶賛!
正直、作り方は、かなりインチキだけど、
イタリアンレストランっぽくって、美味しいと思った^^

IMG_2291_1












サラダは、レタス・きゅうり・みょうが、
これに、マカデミアンナッツをつぶしたの。
ドレッシングは、自家製エシャロットドレッシングをベースに、
バルサミコやお醤油など加えた、オリジナルドレッシング。

オットが、もうドレッシングを買う必要、ないなぁ〜って言う。
確かに、そう思う。

どうして、あんなに高いドレッシングを、買っていたんだろう?
って、今思えば不思議・・・
もう、1本500円以上のドレッシングは、買えない気分。

なんだかんだで過ごした、だら〜んの1日。
もしかしたら、5月病かな〜?なんて言ったら、
オット、笑っていたけれども・・・

図書館に行ったら、受付カウンターの前に、
「五月病コーナー」みたいなのがあって、
そこに、五月病かな?と思ったら読む本!?がいろいろあった。

「ほどほどかげんの幸せ暮らし」ももせいづみ著
「弱い自分を好きになる本」香山リカ著

ときたま・・・ こんな本を図書館で借りる。
借りて読んで、ちょっと元気が出て、
そしてまた・・・ こんな本を図書館で借りる。
それの繰り返し・・・

5月病のせいなのか、更年期のせいなのか、
なんだか、ちょっと晴れ晴れしない気分の日々。

まあ、人生、いつも晴天!みたいな日々はないよね、
って思っているから、落ち込むって言っても、そこまでは落ち込まない。

こういう時の対処法は、とにかく、静かにしている。
そんな気分のときだってあるさ、と思うことにしている。

今日は朝から雨。
たんたんとした一日を過ごす予定。

酢じゃこの使い方・その1

IMG_2246_1












酢じゃこを使って、サラダを作った。
と言っても・・・

レタス菜に、酢じゃこを適量かけて、
醤油とごま油をたらり・・・ それだけ・・・

これで、できあがり!

繰り返しの強み

IMG_2249_1












沖澤さんのカップに、ところてんを入れてみた。
やっぱりきれい。
天草で作ったところてんのきりっとした感じ、このカップに合う。

・・・

高校の時、2年生から3年生になるとき、転校した。
何が大変だったかって、できないなりに、勉強の方、かなり苦労した・・・
習っているところ、習ってないところ、いろいろで・・・

物理、前の学校では2年生の時に履修した。
ところが、次の学校では、物理はなぜか3年生の科目だった。
同じテキストではなかったが、同じ内容を2年続けて学んだ。

前の学校での物理の成績は・・・まあ、ほどほど・・・いや、それ以下^^;
だいたい興味もなかったし、意味もわからなかった・・・

次の学校での物理、同じ内容2度目の物理。
2度目だもん、スタート地点が違った、他の生徒とは。

それでもって、最初の中間テスト、成績は学年でトップ!
音楽系の学校に進む予定だったから、文系クラス。
なのに、全校でトップの成績だった。物理だけ・・・

何せ、驚いたのは、わたし本人!
ありえんじゃろ・・・・・・って思った。
でも、入試には関係ないんだよね・・・物理・・・

それでもって、なんだか物理がおもしろくなって、
最後まで、物理だけは、「だけ」は、常に学年上位だった・・・

この時、呑気な高校生活を送っていたわたしでも、気が付いた!
物理なんてさっぱり・・・だったけれども、
同じものでも、2回勉強すると、わかるようになるっ!

さてさて・・・

音大を目指して勉強していたわたし、音楽理論を勉強しなくてはならなかった。
どうするかな〜って考えたんだけど、独学でやってみることにした。
そこで、街の本屋さんで、入試対策参考書と問題集が一冊になったのを買った。
夏休み、ぼちぼち、ひとりで参考書を読んでは問題集を解いた。

同じクラスのチカコ、彼女もいっしょに音大を目指す仲間だった。
が、夏休みも後半、彼女から呼び出しがあった。
会ってみると・・・

なんでも、自分は音楽に向いてないと思うから、違う大学を目指すと言う。
それで、この参考書要らなくなったから、あげると言って、
手渡されたのは、わたしが持っていたのと同じ参考書&問題集。

いっしょに走ってきた仲間が、違う方向に行くのは、ちょっと残念だったが、
彼女、音楽大学に対しての情熱は、確かにそんなに感じられなかった。
他の道を見つけ、そちらに行くのも悪くないと思った。

でも、なんだか、寂しくて、なんだか、腹立たしくて・・・
その参考書を手に、夏の暑い日、待ち合わせ場所から、
どんよりした気持ちで歩いて帰った、あの日、おぼろげに覚えている。

その時、思ったのは、
同じ参考書&問題集、2冊もいらないよな・・・・・って。
家に帰って、チカコの参考書、その辺りに、ほいって、置いておいた。

夏休み中、わたし自身の参考書&問題集は、いちおう勉強した。
独学だったから、なんだか今一歩の自信がなくて・・・
なんとなく不安なまま、冬休みになった。

ある日、ふと気が付いた。
チカコの参考書があることに。

そこで、ふと思い立った。物理のことを。
同じこと、2度やれば、2度目はできる、ってことを。

チカコの参考書、ほとんどまっさら状態だった。
それを最初のページから勉強し始めた。
なるほど、なるほど、やっぱり2度目は、よくわかる!

2冊の参考書、と言っても、同じものだけど、
それをやりあげたとき、これで音楽理論は大丈夫だと確信した。

入学の後、音楽理論担当の教授から質問された。
どこで勉強したの?って。
後から知ったんだけど、わたし以外の学生は、
なんでも、入試前、その教授のもとで勉強したらしい。

へぇ〜っ!? びっくり! 知らなかった・・・

もっとびっくりしたのは、
わたしの行った大学には、附属の音楽高校があって、
そこでは、音楽理論の授業が、週2度ほどあったということ。

他の受験者も、みんな独学で勉強するものだと思っていた、わたし、
かなり呑気すぎたかもしれない・・・

でも、この物理と音楽理論の経験をもとに、
同じことを2度勉強すること、
できれば、同じテキストを2度勉強すること、
これって、効果的だと言うこと、これをこの時、学んだ。

その後、大人になって・・・

英検を受けるとき、同じ方法をとった。
英語の先生が特別に取り寄せてくれたテキスト、
それを全部コピーにとって、2冊分にした。
2回同じことを繰り返し勉強した。
この方法で、無事合格できた。

ずっと足踏み状態のフランス語。
そのままになっているフランス語。
この前、テキストを見直したら、あれやら、これやら買っている。
これも、どれかに絞って2冊買ってやったら、
もしかして・・・ モノになるのかもしれない。

などなど、ぐだぐだ思う「だけ」の日々なのである。

☆ぐだぐだだけは、何度思っても、なんにもならない・・・
 それもわかっているが、だけど、今は、ぐだぐだ気分・・・
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ