*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年06月

枯れない愛・・・

P1020380_1













5月18日は結婚記念日。
その時にオットからのプレゼントが、カラーの花。
その時の花束の様子は、こちら←

↑今朝、6月24日のカラー。
なぜか3本だけすごく元気で、今でもがんばっている!
切り花で一ヶ月以上・・・

「あなたの愛は、枯れないのね・・・」
なんて、言ってみようと思ったが・・・
オットが、照れ笑いしそうだったので、
ひとりで言ってみて、ひとりで笑っている。

P1020378_1













今朝のお弁当。

10穀米を入れたごはん、梅干し、めんたいこ。
おかずは、
ニラと鶏ミンチのつくね梅みそソース絡め、
厚揚げの焼いたのポン酢とねぎ絡め、
さやえんどうの茹でたの。

お弁当の写真、上手く撮れない・・・

新しく買ったカメラ、といってももう数か月前だけど・・・
このカメラ、使い方がイマイチわからない・・・

使い方がわからないから、以前のカメラで撮っていたんだけど、
新しいのも使わないともったいないし・・・
それに、小型だから、外ではこの新しいカメラだし・・・
やっぱり、新しいのに使い慣れたいから、最近はこれを使っている。

以前のは一眼だから、ピントの合い具合が、
レンズを通して目で確かめられたんだけど・・・

今度のは、ミラーレスカメラ!?って言ったけ!?
大きなディスプレーを見ながらシャッターを押すの。
ディスプレー上では、とってもきれいに見えるから、
いい写真だ〜って思うんだけど・・・
パソコンに落としてみると・・・さえない・・・

これを買う前、講習会みたいなのがあって、
そこでは、Pのお兄さんが、素晴らしいカメラみたいなこと言って、
それでもって、いろいろ写した写真を見せてくれて・・・
その写真が、素敵だった!

で、わたしもこれを買って使ってみようと・・・
まんまとその手に乗っかった・・・

しかしながら、なぜか、納得いく写真が撮れない。
納得いくのは、カメラのサイズと重さ。
つまり、持ち運びの便利さのみ^^;

って、Pの会社が悪いわけじゃない、と思う。
カメラが悪いわけじゃない、と思う。

こちらの腕が悪いだけ、だと思う。

ため息つきながらも、少しカメラの説明書でも読む!?
あ〜あ〜、これ、一番イヤな仕事・・・

「わたしのカメラの使い方」個人レッスンがあればいいのに・・・

・・・

秋モノのバッグに取りかかった!
まだ、真夏も前に、この準備のよさ!
我ながら、ほれぼれする〜(笑)

バッグの布から織るのだ。
経糸に、しっかりとした帆布用の細い糸を張って、
緯糸に、ウールを織りこんでいく予定。

昨日一日がかりで、経糸の用意をした。
夕方までかかって準備終了。ほっとした。

ほっとしたのもつかの間、緯糸を織りこんだら・・・
どうも、目の詰まり方が足りない・・・
もう少し細かい織りにしたい・・・
ウールだから、洗ったら縮まるはずだけど・・・

う〜ん、う〜ん、考えたけれども、夕方だから、
考えるのやめた。

それから夕飯準備をしたんだけど、
出来上がったポテトサラダが、全く変な味で・・・ボツ・・・
その後、作った料理も、なんだか味が決まらない・・・

ガクッって落ち込んでいたから・・・
オットがワインを1本抜いてくれた。
これにて、だいぶ元気になったけれども、気分はちょっと下がり気味。

早めにシャワーをして、早めに寝た。グースカ寝た。
しっかり寝て、気分爽快っの朝っ!

そして、決めた。

やり直し!
経糸をもう少し詰めるために、緯糸を50僂曚匹曚匹い董
それから、経糸の幅を詰める作業をやり直すつもり。

よしっ! 朝の元気のいいうちにこれをやりと遂げよう!
それができたら、ヨガに行こうっ!
昼から、緯糸を少し入れて試し織りをしよう!

全部できたら、できたら・・・
チャリに乗って、三越に西田先生の絵を見に行こうっ!

今日は忙しくなりそうだっ!

手作りな日

P1020372_1













昨日は、一日中、手作りの日。
手作りといっても、ヌイヌイ縫物じゃなくて、機織りでもなくて、
台所で、保存食品を作った。

知り合いのおばちゃんから教えてもらった、梅みそ。
今の季節じゃなくちゃ作れないよっ!って念を押されて、作った。

味見させてもらったのは、うんと甘めの梅みそ。
わたしは、うんと砂糖控えめ、みそ控えめ。
だから、きっと長くは持たないはず・・・
でも、甘めの味は苦手だから、うんと「酒飲み」好みの味にした。

梅のコンポートも美味しそうだったから、
こちらは、「うかたま」の本を参考に作った。
どうやら梅を煮過ぎたようで、少々形が崩れてしまった^^;

こちらも味の方は、うんと甘さ控えめ。白ワイン多め^^
これも長くは保存できないだろうな・・・って思う。
まずは、これでゼリーを作りたい!

オットが、道の駅から、ちっちゃなきゅうりを買ってきてくれた。
ピクルスを作るのにぴったりサイズのきゅうり。
一袋100円を2袋。

これを塩漬けして、それから、ピクルス液に漬けた。
こちらもうんと甘さ控えめ。
これも冷蔵庫に保存しなくちゃね・・・

夕方、チャリ散歩したら、立ち寄ったお店でバジル発見。
ジェノバソースもついでに作る。

ジェノバソース作りのために出した、フードプロセッサー、
ついでだから、梅みそを入れたドレッシングも作る。

梅みそで残った梅の種、この周りにはまだ果肉がいっぱい。
鶏のウィングをしょうがとお醤油、そしてこの種を入れて煮る。
鶏の酢煮のような味。

あ〜、あ〜、1日中、手作りで疲れた・・・
って、昨晩の晩ごはんは、餃子の予定。

あ〜、あ〜、なんでこんな日に限って餃子にしようと思ったのか・・・
それからまた、餃子の具の用意をして、包んで・・・

とにかく、台所仕事をしていると、1日中忙しい。
食べることって、ちょっと丁寧に小まめにしようと思うと、
なんと時間のかかることか・・・

・・・

この前、テレビで・・・
「食事をマクロビに変えたら、調子がよくなりました!」
っていう、某有名アナウンサー・・・

マクロビのお食事の用意、大変だと思う。
そんな時間があるのかな? って疑問に思う。

まじめにマクロビをしている人、
1日中とはいわないけれども、半日は台所にいる感じだもの・・・

きっと東京とかだと、いろいろな買えるものもあるんだろうな〜、
なんて、思ったんだけど、どうなんだろう・・・

・・・

この前、ちょっとの立ち話・・・
ご主人さんを介護されている方との立ち話・・・

ちょっとのつもりが・・・

○○のデイサービスの不満をいっぱい聞いて、
その後、ケアマネージャーさんの不満をいっぱい聞いて、
今は、○○のデイサービスを利用しているから・・・なんとかかんとか

ほんのちょっとの顔見知りのわたしに、いろいろ・・・
このわたし、その話がよくわからなくて・・・
でも、うん、うん、うん、って聞くだけ聞いて・・・
でもでも、ほとんど話しの要領がわからなくて・・・
たぶん、とんちんかんな相づちだったはずで・・・

まあ、結局、わたしの方としては、全く話しが見えなかったんだけど、
話した方は、きっと、少しはすっきりしたかも?

ちょっとその前、やっぱりちょっとお歳の方だったんだけど・・・
いろいろ、いろいろ、話されるんだけど・・・
何の話しか、全くわかんない・・・

○○の○○さん・・・ 知らない・・・
その話しから、あちこちの話し・・・
全くわからない・・・

わたしは、うん、うん、うん、って適当な相づち・・・
悪いなあ〜って思うんだけど、
わかんない話しだから、しょうがないというか・・・

たぶん、わたしは、ちょっと困った顔をして聞いていたはずだけど、
相手が話しをやめずに、延々と話すから、
ふんふんって、聞いた・・・

よく言われる。よく書いてある。
お歳を召した方の話しを聞くだけでも、
聞いてあげるだけでいいって、言われるけれども・・・

でも、修行の足りないわたしは・・・
ただ聞くだけ、その聞くだけでも、かなり大変なこと。

訳のわからない話しを聞くって、忍耐力がいるんだな・・・
まだ、訳のわからない本を読むほうがいい。
読み飛ばせるから・・・

でも、人間相手だと、こうはいかない・・・そこが難しい。

creer(クレエ)

P1020364_1













新しくできたお店、布や手作りのものがあるお店。
開店からちょっと一段落ついたかな〜と思ってので、
昨日の夕方、チャリで行ってきました〜♪

creer、クレエというお店。
フランス語で「作る・創造する・創作する」などの意味。

正確には、creer の最初の「 e 」の上に、
「 ′」 accent aigu(アクサンテギュ) が付いているんだけど・・・
・・・わたしのパソコンだと、どうやったら、これがでてくるんだろ!?

HPはこちらから←

大手町4丁目、市役所前の高いビルNTTのビルの近く。
お店は5階。
エレベーターを登って行くと、びっくりするような世界が・・・

後は、行ってのお楽しみ〜♪

って、ちょっと意地悪いかなぁ・・・^^
店内の様子は、こちらから←

素敵な空間が広がっている。
この空間には、驚きがいっぱい。
店内の壁一面には、大きな鏡が・・・
なんでも、以前はバレー教室だったらしい・・・なるほど。

そして、その店内の奥には、街中の中に、スッコ〜ンと抜けた空間が。
この空間が大好き!
いいな、いいな〜♪

いつか、いつか、いつか、ここでバッグ展をしたいな〜。
青空の真下のこの空間で・・・木のテーブルを持ち込んで・・・
「青空食堂」の「kinotable」のバッグ展・・・
と、ひとり妄想の世界に浸りこみそうな、そんな空間。

その空間の前には・・・
なんと、なんと、あのル・コルビジェの椅子がぁ〜あった!

昨日は、横目で見て座らなかったけれども・・・
(って、店内を見るのに忙しすぎたから^^;)
次は、コルビジェの椅子に座りたい〜です。

さてさて、ここで、素敵なものを発見!
う〜ん、欲しい、ですが・・・
来月はお誕生日なので、ちょっと考えているところ・・・
それが何かは、秘密。
(だって、一点しかなかったから、売れたら困っちゃう・・・)

そのほかにも、よだれが出そうなくらい素敵な布を発見!
こちらは、即買い!
バッグを作ったら、絶対に素敵!
ほれぼれするような布。

これは、まだまだ、在庫があります。
どれか?って・・・
お店のノンちゃんに聞いてください。

nanaがよだれを出しながら、買って行った布、と言えば・・・
わかるはず(笑)

そんなこんなで、素敵な空間での時間の後、
チャリに乗って、平和大通りまで出て、平和公園経由で、
鼻歌交じり・・・ゆっくりチャリ散歩を楽しんで帰りました♪

あ〜、あ〜、また行きたい・・・です。

P1020362_1













帰って、シャワーをして、冷えた白ワインをさっそく^^
おととい作っておいた、安いお肉を使った牛のタタキも一緒に。

森の家のねぎで作った、ねぎペースト。
これを、たたきにちょっと乗せて食べると、うんまい!
チャリ散歩の後だから、よけいに、うんまい!

P1020367_1













今朝は、紫玉ねぎドレッシングで、ベランダ栽培レタスを食べる。
このドレッシングも、うんまい!

ドレッシングやペースト作り、今の季節が一番美味しくできる気がする。
生野菜が美味しい季節だからかな!?

うんまい野菜と、素敵なお店、
昨日は、なんだかとっても幸せ気分の、
梅雨の間の晴れ間、でした♪

手みやげ考&ご報告

P1020198_1













昨日は、カフェボランティアの日。
カフェの合間に、公民館の本をぱらぱら見る。

「手みやげ考」のような題名の本を手にした。
ふう〜ん、なるほど〜、これはありえんじゃろ・・・
などなど、ひとりでツッコミを入れながらぱらぱら読んだ。

手みやげって、確かに難しい。
今回のクロワッサンの阿川佐和子さんのエッセーには、
楽屋への手みやげの難しさを書いていた。

わたしは楽屋へは行かないから、その心配はしたことないが、
人の家に行くとき、悩むのが手みやげだ。

ちょっと気が利いていて、喜ばれそうなもの、
あと後残らない方がいいかなと、主に食べ物を選ぶことが多いが、
その人の好みを考えると、なかなか、難しい。

酒飲みだから、お酒がいいだろう・・・なんて思ったら、
後から、その方のお好みの酒造会社があって、
それ以外のお酒を手土産にして、失敗したな〜って思うことも。

ビール好きだったら、簡単だ! ビールにすればいいから・・・
なんて思っていたら、そうもいかない。
K社のビールは飲むけど、A社のビールは苦手、
なんて言う人の話しを聞いて、えっえ〜って〜っ! 
ビールの会社にも好き嫌いがあるんだ・・・
(ちなみに、わたしは、どこでもうれしいです^^)

酒飲みだから、酒やビールっていうのも、難しいと判明。

お菓子も、糖尿病の人とかの食事制限がある人もいるから、
なかなかだし・・・
洋菓子は食べるけど、和菓子は苦手っていう人もいたしなぁ・・・
餡子は好きだけど、生クリームはダメっていう人も・・・

お花だったら、絶対にうれしいだろうなって思った、若いおしゃれな人、
お花はすぐに枯れるから、そんなもの「もったいない」って、
面と向かって言われたことも・・・
(これ、買う前に言われたから、セーフだったけど・・・)

反対に、わたしがいただいて、ちょっと困ったのは・・・

大人数のお客さんの時。冷蔵庫は満杯以上。
こんなとき、生もののケーキとかいただき、
「冷蔵庫に入れておいてくださいね。」なんて言われちゃうと・・・
どこに入れようかと、マジ困る。

これで困って以来、
「およばれ」の時、相手のお宅の冷蔵庫お料理でいっぱいと思うから、
冷蔵庫に保管しなくちゃいけないものは、
基本、持って行かないようにする。
それでも何か冷蔵物を持って行くときには、(※主に頼まれた時のみ)
せめて3時間程度は冷蔵庫に入れなくても大丈夫な状態!
こうして持って行く。

コーヒーが好きだって言ったら、
インスタントコーヒーの瓶、それも大瓶をもらって、
どうしようかと思ったこともある。

ビールや酒類は、基本困らない・・・^^
でも、甘いワインは苦手・・・
ただし、カナダのアイスワイン、これは美味しかった。
(これ、例外中の例外。後で聞いたら、かなりの高価なものらしかった)

普段絶対に買わない、シャンパンもうれしい。
ただし、あまり高価なワインやシャンパンも、気後れする。
何せ、庶民中の庶民だから^^;

海のもの山のものは、基本うれしい。
ただ、デッカイ魚丸ごとは、ちょっと困る・・・
出刃庖丁がないからね・・・

山本山の美味しい焼き海苔もうれしかったな〜。
幸せがちょっとの間続いた。
ただし、味付け海苔はちょっと苦手。

ちょっと買うのに勇気がいるような果物もありがたい。
宮崎のマンゴーは、超うれしかった。

メロンだったら、高いマスクメロンよりも、
庶民派のメロンやまくわ瓜の方が、ずっとうれしい。

甘い桃やマスカット、こんなものは、思わず、ニタニタしちゃう。
山形のサクランボも、両手いっぱいぐらいいただいたとき、
この世の幸せを感じた。
毎年届く、青森のりんごも、パリパリで美味しい。

果物は、基本、うれしいと思う。

なんて書いていたら、さっき、スイカを半個いただいた。
かなり大きなスイカを半分。

このスイカの話し、笑った。
義姉がスーパーでスイカを買ったらしい。
そのスーパーのレジで、くじがあって、なんと3等賞。
商品が大きなスイカ丸ごと1個!
で、半分いただいた。

このスイカ、でっかいぞ〜っ!
オットが息子の家に半分以上持って行ってくれたので、
ちょっとほっとした。

とにもかくにも、手みやげ、なかなか、難しいのである・・・

☆わたしの手みやげは・・・
 お菓子、季節の果物、お花、ワイン、ごはんの友などなど・・・
 食べ物以外では、ちょっとしゃれたふきんかな・・・
 手作りのドレッシング、ジャムなど持参するときもある。

それにしても、手みやげは難しい・・・が、
人のお家におよばれするのは、やっぱり、楽しい!

P1020356_1













6月21日(火) 振り込みしました。

みなさまに買っていただきましたバッグ5点、
全部で、22,500円になりました。
ありがとうございました。

これからも、わたしなりに、少しずつの支援ができたらと思っています。
その時は、また、よろしくお願いいたします。

ルーシー・リー展in萩

P1020348_1













日曜日、久しぶりのお出かけは、萩へ。
1000円高速最終日なので、朝は6時15分には出発。
今日のお目当ては、「ルーシー・リー展」

オープンと同時に入館できたから、人はまばら・・・

ルーシー・リー、圧巻!

P1020352_1













なんと表現したらいいのだろう・・・
とにかく、わたしは、彼女の焼き物のすべてが好き。

形、色、姿、手触り(もちろん触れないけど想像で^^;)
その醸し出す雰囲気、すべてがいい。

焼き物・インテリア好きな方はもちろん、
手作りモノが好きな人、などなどには、ぜひぜひ、ぜひぜひお勧め!

残念なことに、来週の日曜日、6月26日までの開催。
悪いこと言わないから、
お時間の取れる方は、ぜひぜひぜひぜひぜひ・・・・・

そう、もし行かれるなら、最後ロビーで観られるDVDもお勧め。
リチャード・アッテンボローがルーシーにインタビューしているDVD。
彼女の飾らない人となりが出ていて、好感が持てる。

まあ、あそこまで行きつくには、いろんな苦労があったみたい・・・
でも、
最終的に、彼女が信じたものは、自分自身。
その揺らぎない自信、一貫性とでも言うのかな!?
それが、作品に出ている。

いろんなメモなども残っていて展示されていたが、
そこからみて取れるが、研究熱心で、几帳面な人だったと思う。

あ〜、もう一度行きたい・・・と、図録を見ながらタメ息・・・

P1020345_1













萩へは、こんなでっかい門が迎えてくれる。
笑っちゃうぐらいの大きな門。

P1020344_1













吉田松陰、高杉新作などなどが、迎えてくれる。
道の駅なのに立派な像がいっぱいあって、少々びっくり。

萩では、行きたかったお店1軒だけに寄る。
古民家のお店。
オットは、天井に張っていあった屋久杉の天井板に感激!

わたしは、うふふ・・・
ずっと雑誌上でしか見たことのなかった、某メーカーの服に感激!

その後、そば屋さんに立ち寄るが・・・
まだ、オープン前。

オープン前なのに、人が待っている。
誰ひとり、何時オープンなのか知らずに待っている・・・
ちょっと不安ながらも、我々もいっしょに待つ。

十割そば、旨かった! そばの姿が美しい! ほれぼれするそば!

その後、オットの仕事場へ3つほど寄り道しながら、帰る。

P1020346_1










晩ごはんは、帰りに生協で買った、カツオのたたき。
これに、後は、家にある野菜を、刻んで刻んでいろいろにして、
少し残っていた冷酒をいただく。

ごちそうはないけれども・・・
そう、今日の晩ごはんのごちそうは、ルーシー・リー展の余韻。

実は、オット、いったいどんな展覧会に行くのか知らなかったの・・・
で、行ってみて、すっごく感激していた。

あ〜あ〜、展覧会や美術館って、疲れるけど、おもしろい。

☆広島三越7階画廊で、明日から、西田俊英氏の日本画展がスタート。
 27日月曜日まで。
 25日(土)午後2時からは、ギャラリートークも開催される。
 
 西田先生の日本画、あの色使いが大好き。
 ぜひぜひ行ってみたいと思っている。
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ