*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年07月

夏のふぐ

P1020609_1













100均で買ったビーズ。5袋買っても525円はうれしい♪
それに、
ビーズ専門店のビーズよりも、子供の喜びそうなビーズがいっぱい。
しばらくは、100均に行ったときは、ビーズ探しをしそうです^^

昨日は、息子一家が夕飯を食べに来た。
夏にしては、ちょっとおもしろいお魚が手に入ったため。

ふぐ、夏のふぐ、どうなんだろう・・・?

オットはおいしいって食べていたけれども、
やっぱりふぐは、冬の方がうんとおいしいような気がする。

それでも、青森のきりっとした冷酒と合わせると、
なかなか、いい感じ。

☆正直なところ、夏は、ハモかスズキのあらいの方が、旨い!
 ふぐさんには悪いけれども・・・
 夏の今は、小鰯の刺身にねぎとしょうがをたっぷり、
 こちらの方がうんとわたし好み!
 
P1020624_1













みぃ〜ちゃんは、食べるどころではない。
ビーズに熱中〜〜〜♪

楽しくて、楽しくて、楽しくて、たまらないらしい。

塩麹の唐揚げと、とうもろこしの茹でたの、
それに、
嫌いなかぼちゃを練り込んだパン(かぼちゃパンということは秘密)
これをどうにか食べたけれども・・・

妹のなっちゃんは、食べる食べる、よく食べる。
でも、食べるが言えなくて・・・
「あぺる、あぺる、あぺる」を連発する。

みぃ〜ちゃんの作ったビーズには、かわいい、じゃなくて、
「あわいい〜〜〜」って(笑)

・・・

節電のための、輪番休業、どうなんでしょうか?
節電になっているのでしょうか?

知り合いの方、自動車関係の方で、木金がお休み。
先日、聞きました。
「もう慣れましたか?」って・・・

「いやいや、なかなか慣れません。
 どうも、木金休んでいると、【ずる休み】しているようでね・・・」

土日は、もちろん仕事があって働くから、
決して【ずる休み】じゃないんですけれども、
感覚的に、そう思われるんでしょうね・・・

BS3で、午後1時から放送中の映画。
手作業をしながら、ちらちら観ることがある。
☆昼寝をしながら、ちらちら観ることも、あるけど^^;

先日の「マルセルの夏休み」だったかな? こんな題のフランス映画。
夏休み1カ月休みをとって、田舎暮らしをする一家の話し。
時代は、1900年初頭の時代かな・・・?

パパの仕事は、学校の先生。
学校の先生だから、夏休みが長くとれるのかな・・・?
とにかく、田舎でのバカンス。

うらやましいな〜って思う。
非日常を体験する、この長〜い休みが。

我が家も、田舎の別荘が欲しいなぁ〜・・・
☆って、家のローンもあるのに、いったい何考えてんのっ!
 でも、憧れるぅ〜〜〜♪

マルセルの行った家も、古い田舎の家。
いろいろ不便そうなんだけれども、それが楽しそうでもある。

そう言えば・・・

九州のおばの家、ここには、今誰も住んでない・・・
ここだったら、1カ月住むって言ったら、可能かも!
黒川温泉まで、車で1時間ぐらいの場所。

いいなぁ〜〜〜。ここにのんびり行ってみるかな・・・

☆この家は、わたしの父の実家。
 伯母は、九州のチベットって名付けているぐらいの田舎。
 わたしが小さい頃、夏休みと言えば、ここで過ごした。
 田舎すぎて、何もなくて、あるのは田んぼと川だけ。
 川遊びをしたり、後は、何をしたんだろう・・・

きゅうりのエビチリ

P1020592_1













エビチリの素を作る。
大きなジャムの瓶1個分作る。
すると、エビチリだったら、2回分の素ができる。

1回目は、たいてい、エビチリを作る。
甘さ控えめの、我が家風のエビチリ、今の季節おいしい〜♪
☆冬の寒い時、紹興酒の熱いのをと一緒でも、おいしい〜♪
 夏冬、どちらでもおいしい・・・ってこと^^

さて、ジャムの瓶に半分残った、エビチリの素・・・
エビが冷蔵庫に入っていたら、ラッキー!だが、
たいていは、エビはそんなに都合よく冷蔵庫にはない。

昨日も、都合よくエビはなかった・・・
そんなときは、鶏のささみで作る、が・・・
昨日は、鶏のささみが2本だけ。

う〜ん、いくらオットと2人分とはいえ、
ささみ2本分は、いくらなんでも寂しすぎる・・・

冷蔵庫を見渡す・・・
ふと、きゅうりが目に付いた。
それも、ちょっとでっかいきゅうり。

そうだっ! とばかり・・・
きゅうりを半割りにして、種をスプーンでかきだし、1センチに切る。
ザルに並べて、ベランダへと。半日ほどそのまま干す。

夕方、水分の抜けた、干しきゅうりが出来上がっていた。

塩と酒に浸けておいたささみ、親指大に切る。
ペーパータオルで水分をとり、片栗粉をまぶす。
フライパンに油をひき、ささみをこんがりと焼く。
途中、干しきゅうりを入れて、最後に、エビチリの素を入れる。
煮詰まりそうだったから、少しだけ、水を注ぐ。

干しきゅうりで増量した、「ささみときゅうりのエビチリ風」
ホンモノのエビチリとはちょっと違うけれども、
なかなかこれもイケル味!

これは、エビが買えない時には、けっこう使えるかも、かも〜っ^^
他にどんな応用ができるかなぁ・・・ 

・・・

誕生日だったから、フィットネスクラブで優待券をもらった。
いろいろ選べるが、体測定を選んだ。

実は・・・
ハワイに行った後、ふかほり邸に行って、それから・・・
それからっ、気分が緩んだこともあり・・・
体重が2キロ増えて、戻らない。

わたしの真実の心は、わたしにささやきかける。
「体重よりか、体脂肪、かなりヤバいと思うよ〜〜〜」って。

うん、まあ、わかっちゃいるけど、真実に真正面から立ち向かうのは、
何事にせよ、なかなか勇気がいるもんだ。

昨日は、えいや〜っ!とばかり、勇気を振り絞って、
フィットネスクラブで、体脂肪を含む体測定をしてもらった。

結果、やっぱ、わたしの真実の心の声は、正しかった!

体重は2キロだが、体脂肪率は3%上がっている・・・
もっと悪いことに・・・
増えた体重は、ほとんど腹部周りをゴージャスにしているみたい。

インストラクターの人が、
「これは、大問題ですよ!」なんて、真顔で言う。

ここで、わたしの真実の声が、わたしの耳元に囁く。
「大問題・・・って、わかっているよ。わたしが一番知っているよ。
 でもね、でもね・・・
 他のおばちゃん見てごらん〜っ!
 わたしのお腹周りの3倍はゴージャスだよ〜っ!
 ハイパーゴージャス!!!だよ〜っ!」

って、人のことを、どうのこうの言いたくなるのは・・・
わたしが、自分の本当の姿に立ち向かいたくないから、な・の・だ!

冷静になって、(って冷静になれないけど^^;)
考えてみると・・・
やはり、やはり、日々の生活、ちょっとたるんでいる。それは確か。

ということで、今日からまた、夏のダイエット、プラス運動、
がんばります週間、いや、月間です。

・・・

帰りに、馴染みのインストラクターに出会った。
彼は、わたしが一番最初にフィットネスクラブに入ったときに、
担当になり、わたしの体測定をしてくれた、インストラクター。

「体測定、したんですってね・・・」と、笑いながら言う。

うぬうぬ、お主、知っているな! わたしの結果を。

心を決めて、結果の紙を見せる。
「きゃはっ、はっ! これ、かなりヤバいですよ〜!」

わかっとるわい! 

このインストラクター、バーベル挙げのクラスのインストラクター。
だから、言ってやった。

「あんなに苦労して、バーベル挙げているのに、
 なんで、こんな結果がでらんといけんのんやろうかぁ・・・」って。

笑いながら、インストラクターは、
「まあ、まあ、また、がんばりましょう。」

うん、インストラクターのせいにしてもしょうがないねぇ・・・
食べて飲んだのはわたし、フィットネスさぼり気味なのもわたし。

よっしゃ、がんばるかっ! 挑戦の夏本番!!!

ふたつの違い

P1020589_1













アナログとデジタルの違い。

アナログは、時計の針が360度グルグル回る、タイプの時計(写真↑)
それに対して、
デジタルは、時計に針がなく、電光掲示板みたいに数字が表示される。

これぐらいしか、違い、わからない・・・

テレビの放送、アナログからデジタルになったそうな・・・
って、何が変わったん!?
わからん・・・ さっぱり・・・

一昨年の10月にテレビを買い直したから、もちろんデジタル放送対応。
だから、今回の切り替えは、全く問題がなかった。

デジタル放送、なんでも、双方向の通信・・・とか言っているけど、
そんなに役に立つことが、「今のところ」あるのかな?

NHKで、ちょっと前にやっていた、デジタルを使った番組。

いろいろな意見を聞く番組で、
Aだと思う人は、青ボタン、Bだと思う人は、赤ボタン・・・
なんて、視聴者にアンケートを求めていた。

それでもって、青ボタンの人が半分以上だから、
Aの考えの人が多いですね、なんての番組。

観ていて、ウファウファ笑ってしまった!

おかしいじゃん! これって、おかしいじゃん!って。

何がおかしいかって!?
母集団の問題だと思うんだけど・・・

だいたい、あの放送の時点で、デジタル放送を観ていた人どのくらい?
それから、
実際に、青ボタンや赤ボタンを押した人、どのくらい?

ほんの一部の人が、このボタンを押すアンケートに、参加した、
・・・のではないかと思うんだけど、どうだろう?

片寄った母集団の中の、半分の人の意見なんて、
こんなの全くもって根拠のない数字だと思うんだけど、どうなんだろう?

統計学とか、そんなのでは、どのようにこれを分析するんだろう・・・
などなど、
デジタル双方向番組を観ていて、思った。
って、結局、最後までは観なかった・・・おもしろくなかったから。

ムリして、デジタル双方向を使っているなぁ〜っていうのが、
その時の正直な感想。

ただ、これからもずっとそうだとは思わない。

昔、ネットが便利だからって、ネットにつないだ時、
「いったい何に使うんだろう・・・?」と思った。

その当時、メールアドレスなんて取得したって、
メールをやり取りするお友達なんて誰もいなかったし・・・

ネットで情報を取り寄せようとすると・・・
びっくりするぐらい時間がかかって・・・
写真なんて、5ミリずつぐらい上から見えてきて、
全部がわかるのに、相当な時間待ってなきゃいけなくて・・・

それに、使いたい放題なんていう料金設定じゃなかったような・・・

で、ネットっていったいどんな利便性があるの?
って、不思議でたまらなかった。

でも、何なの? って思っている時代は、あっという間に過ぎて・・・
今では、ネットやメールのご時世。

それに、わたしはまだ持っていないけれども、
iフォンとか、フェイスブックとか、どんどん時代は進化していっていて、
どこにいったい行くんだろう・・・

今のところ、半歩遅れ、いやはや、1歩か2歩遅れで、5歩かな?
この「新しくてわからん世界」にどうにか、ついて行っているつもり、
だがだが・・・今からは、どうなのかなぁ・・・

最後まで、ついて行けるのかな・・・?

ただ、今のこの状況からすると、
この世界、必死で食らいついて行かないと、やばいな〜って思う。

歳をとって、今よりも、ますます歳をとって、
行動が自由にならなくなったとき、
ネットで外と繋がるかどうか・・・という時、
つながる人と、つながらない人、この差は雲泥の差になると思う。

なんて言いながらなぁ・・・

いまだに、アナログ的世界にどっぷりのわたし、
デジタル的世界に乗り換えができるのかなぁ・・・

って、アナログとデジタルの違いもわかんないのに、
乗り換えも何もあったもんじゃないけど^^;

・・・

わたしの友達に、このわからない世界を、わかりやすく説明してくれる、
そんな素敵な友だちがいる。

メモリとハードの違いを尋ねたとき・・・

メモリっていうのは、「押し入れ」だと説明してくれた。
押し入れがいっぱいあった方が、いっぱいモノが入るでしょ。
それに、もし押し入れがいっぱいあったら・・・

ひとつの押し入れに、ひとつのモノを収納したら、
そこにモノを入れるのも、探すのも、とりだすのも簡単でしょ。

以前のパソコンの押し入れは、一間の押し入れ2個ぐらい。
新しいパソコンの押し入れは、一間の押し入れが、たぶん50個かな?
この差は大きいでしょ。

そして、ハードは、作業机。
作業机がひとつだと、いっぺんに1つのことしかできないでしょ。
でも、今は、作業机が10個以上あるから、
この机ではこの作業、これをそのままほっといて、
あちらの机ではあの作業、それができるんだよ。

こっちで洋裁をして、こっちで家計簿を付けて、
それでもって、途中で食事をしたくなったら、
あっちでごはんの用意をして食べられるんだよ・・・
と、なんとも、身近なことを例に取ってくれて。

なぁるほど〜・・・

わたしみたいな、わからん屋にも、わかりやすく説明してくれた。

この友達に、近いうちに電話しようっと。
アナログとデジタルの違い、わたしにわかるように説明してって。


バター餅

BlogPaint













たぶん、こんな名前で売っていたような、気がする。
不思議な名前、「バター餅」

たぶん、クーネルのハワイ特集に載っていたような気がする。
どんな食べ物なのか、見当も付かなかった、「バター餅」

ハワイ島ヒロのファーマーズマーケットの片隅、
おばちゃんが手作りのお菓子を売っていた。
その中のひとつ、ラップに包まれたお菓子、
これって、もしかして「バター餅」って、聞いたら、
まさにその「バター餅」だった。

米粉に、バターたっぷり、それにココナッツミルクたっぷり、
食べるのに勇気がいりそうなくらいな、高カロリーのお菓子。

食べてみたら、外郎(ういろう)のような食感。
もちもちしていて、それでいて、バターの風味がして、
和洋折衷のお菓子。

この不思議な名前と食感のお菓子、好きな味。

このバター餅は、蒸かして作ったらしいけれども、
オーブンで焼いて作ることもできるらしい。
☆って、お店のおばちゃんに聞いたら、
 めちゃくちゃわかりづらい英語で答えてくれたから、
 実のところ、本当はわからない・・・

米粉を使っているから、きっと日本からの移住者が考えたのかな?
ハワイに米粉ってあったのかな?

って、そう言えば、ワイキキ辺り、昔は、水田だったらしい。
そんな写真を見たことがある。

ワイキキって、きれいな砂浜のビーチだけれども、
本来は、砂のないごつごつした岩場だったらしい。
そこに、アメリカ人が砂を持ってきて、ビーチにしたと言う。

すごいな〜って思う。
この自然に抗う発想、アメリカ人っぽい発想だと思う。

三越でハワイ展があるという宣伝を見た。
バター餅、あるかな? ないだろうねぇ・・・







ボーイズパワー

P1020580_1













夏休み、「焼き鳥パーティー」をしよう!って、
マンションの若い方の提案。

ところが、みんなの予定が合わない・・・
みなさん、いろいろな行事が週末には入るようで・・・

ちなみに、我が家は、全くのカラッポスケジュール。
オットとふたり、旅行の予定もなければ、どこかに行く予定など、
まったくない・・・

「焼き鳥パーティー」の方は、またいつか、ということで、
都合のつく家族だけ、昨晩我が家で簡単なビアパーティー。
食べるもの持ち寄りの簡単、お気軽ビアパーティー。

大人6人、子供5人、途中から、大人8人、子供7人。

普段は、オットとふたりの、平和な空間!?が、
まあ、子供、それも7人中6人までが男の子・・・ということで、
バケツをひっくり返したような、パワーがさく裂!

階下の人、うるさかったかなぁ・・・って思ったけれども、
階下の人も、たまにすごい音量で音楽聞いているから、
今回は、こちらも失礼しますって、感じで・・・

持ち寄りのおごちそう・・・
例のごとく、写真撮り忘れ・・・です^^;

塩麹をまぶして作った、鶏の空揚げが、ボーイズには大人気。
やっぱり、子供は唐揚げかな!?

あまりのパワーのいい食べっぷりに、途中ごはんを炊く。
急いで、おむすびをいっぱい作る。
若い人や子供って、やっぱりよく食べる、食べる。

最近は、オットと2人分の食事を、ちょっとだけ作るから、
量の感覚が、なんとなくわからない・・・
こういうところに、歳をとったなぁ・・・って感じる(苦笑)

昨日は日曜日だったから、8時になったらお片づけのお約束。
8時になったら、茶碗を洗ったり、後片付けをしたりして、
8時30分過ぎ、無事きれいになり、解散。
↑おもちゃも、きれいに片付きました。

次は、「焼き鳥パーティー」だそうです。
夏の終わりころに開催予定。
夏の間、パワーを溜めこんでおかないと・・・
若い人、それに、元気いっぱいのボーイズにはついて行けない・・・

えがおのタネ

P1020574_1













「えがおのタネ」展に行ってきました。
詳しくはこちらから←クリック

昔、スマイルバッジっていうのがあって、それがすごく欲しくて、
あの当時、安いコピーバッジがいっぱい出回っていて・・・
中学生だったのに、お金もなかったのに、コピーが嫌で嫌で、
無理をして、ホンモノのスマイルバッジを買った記憶が・・・

そんなスマイルバッジを彷彿とさせる、この笑顔。
これって、いっぱいの写真からできているんです。
一枚一枚見るのも、けっこう楽しい・・・

会場には、いろいろな笑顔の写真。
うふっ!て笑っちゃうような写真、素敵な景色の写真、
などなど、いろいろあります。

東日本震災への募金、行っていました。
震災後、あちこちに設置されている、いろいろな義援金ポストに、
少額ながら義援金を少しずつ入れてきましたが・・・
ここの義援金ポストが、一番すてきな義援金ポストです^^

なお、会場では、ポストカードも売られています。

P1020570_1













場所は、可部の可笑屋さん。
古い民家を改築したギャラリーです。

P1020575_1













夏を感じさせるポストカードを買って帰りました。
やはり、青空の写真が好きです^^

きりんくんが、青空を覗きこんでいます。

震災後、いろいろな方が、いろいろな形で、応援しています。
できることを少しずつ、得意なところから少しずつ、
この少しずつの応援が、きっと大きな力になると、信じています。

会場からは、えがおのタネをいっぱい持って帰りました。
えがお不足の方は、ぜひどうぞ〜♪


塩麹・きゅうりのずぼらごま酢

P1020530_1













きゅうりの季節。
夏のほてった身体に、冷えたきゅうりは、優しい味。

↑きゅうりの薄切りに、塩麹少々。
しなっとなったところに、小さじ1のきび砂糖、そしてすりごま。
最後に黒酢を入れて混ぜる。そして、冷蔵庫へと。

P1020536_1













しばらくすると、こんな感じに。
冷え冷えがいつでも食べられる。
夏のおやつに、冷たいきゅうりのごま酢も美味しい。

・・・

今までのきゅうりのごま酢の作り方は・・・
まず、きゅうりを薄切りにして、塩をしてちょっと置いて、
それから、きゅうりの水分を絞って、
その後、味付けをしていた。

この最初の、きゅうりの塩をして置く、これって、めんどう^^;
めんどう、って言うほどでもないんだけど、
このひと手間が、やっぱ、めんどくさい・・・ 

それに、
きゅうりの水分を捨てるわけだから、それも、もったいない^^;
もったいない、って言うほどでもないんだけど、
やっぱり、この水分が、もったいない・・・

それで、考えたのが、「きゅうりのずぼらごま酢」(上記の作り方)

昨日作ったのは、さらに「ずぼら度」が進化した作り方。
それに、よりヘルシーに進化。
砂糖も油も使わない「ノンノンシリーズ」夏の一押しレシピ♪

レシピって言うほどのものでもないけれども・・・
いちおう、以下↓

・・・

レシピ「きゅうりのずぼらごま酢(進化バージョン)」

−材料−
きゅうり・塩麹・すりごま・酢

−作り方−
きゅうりを薄切りにして、その中に、塩麹・すりごま・酢を入れ混ぜる。
冷蔵庫で冷やす。

☆ジップロック容器や、パイレックス容器などに、
 材料を直接入れて作ると、洗いものがない・・・^^

☆砂糖を入れなくても、塩麹の甘みが、ほんのりする。
 もちろん、お好みで砂糖を入れてもいい。
 はちみつ・メープルシロップなども優しい甘さがでる。

☆すりごまは、ちょっとだけ値段の高いのを入れると、香りがいい。
 もちろん、「ずぼら」じゃない人は、ごまを炒って、すり鉢ですると、
 より美味しい。
 わたしは、「ずぼら」だから、すりごまを買う派だけど^^;

☆酢は、米酢が美味しい。黒酢もイケル。
 お好みで、ゆずなどのかんきつ系の酢でもOK!

☆みかんなどの汁を絞ると、酸味と甘みで、子供向き。

・・・

たったひと手間、きゅうりに塩をしないっていう行程が抜けただけで、
気分が、すごく楽!

わたしは、やっぱり「ずぼら」だな〜って思う(苦笑)

☆わたしは、ジップロックの容器で作る。
 材料を全部入れたら、ふたをして、ガンガン振る。
 冷蔵庫で冷やしているとき、ときどき、容器を振ってやる。
 すると、味が全体に回って、おいしくなる、気がする・・・

自転車とビーズ

IMG_3947_1












「みぃ〜ちゃん、なんさい?」って聞くと、
「3さい、でも、もうすぐ4さい。おたんじょうびなの」と答える。

早いなぁ〜、もうすぐ4歳だもの。
↑これは、2年半前の写真。1歳半ぐらいの時かな?

さて、昨日は、朝からみぃ〜ちゃんを預かることになった。
みぃ〜ちゃんが来る時は、なにがしかの「しかけ」をして待つのだが、
昨日は、急だったので、「しかけ」がない・・・

う〜ん、どうやって遊ぶかな・・・???

来ると、少しだけ咳をするから、水遊びは今日はできない。
公園も、暑いしねぇ・・・
家の中で一日は、ちょっと辛いね・・・

朝9時過ぎ、思い切ってお出かけをすることにした。
ママが、アンパンマンの水筒に用意してくれた麦茶を持って、
さあ出発。

まずは、バスに乗って、それから、アストラムラインに乗る。
アストラムラインは、広島の新交通システム。
モノレールとはちょっと違って、神戸のポートライナーみたいな感じ。

初めてのアストラムライン、最初は地下から出発だから、
トンネルだ、トンネルだ、って大興奮。
3つほど駅を過ぎた後、アストラムラインは地上に出る。

「お外が見えた〜! 高ぁ〜い! すごぉ〜い!」
と、アストラムライン、最前列の席で、あっちを見たりこっちを見たり。

うんとうんとたくさんの駅を過ごして、広島市交通博物館へと。
ここは、わたしも初めての場所。
何があるのか、実はよく知らなかった。
でも、少なくとも施設の中は、クーラーがきいて涼しい、はず!

まさか・・・外にも遊ぶ場所があるとは・・・知らなかった・・・

目ざとく外の遊び場を見つけた、みぃ〜ちゃん。
「ばんたん、こっちが楽しそうだから、こっちで遊びましょ!」
と、外に誘う・・・ 暑そう・・・ぅ・・・・・・

いろいろな変わり種の自転車がいっぱい。
ひとり30分100円のチケットを買う。

ちっちゃな自転車に、みぃ〜ちゃんは乗るけれども、
まだ、自転車のこぎ方がわからない・・・

ばんたん、中腰になり、後ろから自転車を押しながら、
「右足さん、踏んで、次、左足さん、踏んで・・・ハンドルはまっすぐ」
と、後ろに、前にと、中腰姿勢で行ったり来たり・・・

自転車乗り場は、大きな楕円形のコースになっていて、
炎天下、やっとこさ、一周回る・・・ 
最初の一周で、ばんたん、へとへと・・・

「次は、ばんたんといっしょに、自転車に乗りましょ!」
って、みぃ〜ちゃん。

パンダの自転車に乗る。
みぃ〜ちゃんが、前に座って、ばんたんは後ろに座って、こぐ。
このパンダ、なんともこぎにくい・・・自転車。

普段、スクワットで鍛えている大腿四頭筋を、フルに活用・・・
よいしょ、よいしょっ、って、こぐ。やっとこさの一周。

次は、ひとりで乗るって言って、またもや、ばんたんは中腰姿勢。
その次は、ふたりで乗るって言って、大腿四頭筋の活躍。
この繰り返し。炎天下で・・・

「熱中症には注意!」の注意書きが、かげろうの向こうに、ゆらゆら〜

ママの作ってくれた麦茶を、ふたりで飲む。
危ない、アブナイ、って、麦茶をたっぷり飲む。

やっとこさ30分が経過。やれやれ、やれやれ・・・

まだ、お外で遊ぶって言うんだけど・・・
アイスクリームを食べよう、って、食べ物で釣って、中へと。
食堂で、ソフトクリームを食べる。

こりゃ、これ以上、自転車をするって言ったら・・・
ばんたん、ぶったおれるわぁ・・・って思う。

みぃ〜ちゃんが、ソフトクリームを食べている間、
次の作戦を考える。

「ビーズを買って帰って、ネックレスを作りましょうよ!」
って、提案すると、運よくこれに飛びついてくれた。
やれやれ・・・

再び、アストラムラインに乗って、街中へと帰る。
シャレオ地下のビーズ屋さんに行って、あれこれビーズを買う。
あれこれ買ったら、思いがけないお値段で、ばんたん、びっくり!

その後、簡単なランチを食べて、再びバスで家に帰る。
帰って一番は、シャワー。
やっと、ほっとする・・・間もなく・・・ 
次は、ビーズ、ビーズ、と騒ぐ。

やれやれ・・・と、ビーズの用意。
小さなココット皿に、それぞれのビーズを入れて、
みぃ〜ちゃん用の小さな子どもテーブルの上に並べる。

糸に、ひとつずつビーズを通していくんだよ、って教える。
真剣な顔をして、ビーズに格闘するみぃ〜ちゃん。

ばんたんは、ソファーにひっくり返って、もう、寝てしまいそう・・・
って、途中、ビーズが糸から、ひっこ抜けたり、
ビーズをひっくり返したり、と、まあ、家で遊ぶのも大変。

それでも、なんとか、かんとか、ネックレスがふたつできて、大喜び。
玄関にある鏡を、何回も何回も、見に行っては、
「かわいぃぃ〜〜〜♪」って、喜ぶ。

夕方、パパがやっとこさ迎えに来て、パパと帰る。
首には、ネックレスふたつをぶら下げて・・・

「またね〜♪」って言う。
「また、自転車行こうね〜っ♪」って言う。

・・・ぅぅううん、また、いつか、涼しくなってね・・・
いやいや、次は、パパに連れて行ってもらってね・・・

夜、9時にはバタンキューで、ばんたんは、寝てしまった。

ばんたんに必要なもの、体力!!!

・・・

ビーズをしながら、みぃ〜ちゃんがおしゃべりをする。
「また、ばんたん、みんなで行きましょうね。」
「どこに?」って言うと・・・

どこに行きたいのか、話しがわからない。
いろいろなヒントを出してもらうけれども、どこなのかわからない。

「下駄を履いて歩いたところだよ。」って言う。
ああ、ふかほり邸ね・・・

また、みんなで行きたいって言う。
うん、ばんたんも行きたいんだけどね・・・フトコロ事情がね・・・
しっかりお金貯めなきゃなぁ・・・

ばんたんに必要なもの、体力! 筋力!! そして、金力!!!

ビール三昧

P1020564_1













梅雨も明け、土用も明日となった、今この頃・・・
なんたって、ビールがおいしい季節!

って・・・ ビールは、一年中おいしい! けどね^^

広島に新しくできた、ビール専門店、行ってきました。
この6月にできたばかり。

この土日、世間では三連休らしかった・・・
我が家では、3日間で半日のお休みのみ。
オットは仕事やなんやで、いつものように、わたしはお留守番。

☆節電輪番での土日の仕事ではありません、念のため。
 木金は、ちゃんと仕事、それでもっての仕事。
 この週末も、オットはいないと言うし・・・
 なんだか、ひとりお留守番ばかりで、さ・え・な・い・・・

さてさて、その半日休み、月曜日の午後4時帰宅のオット、
4時帰宅だから、半日も休みないんだ・・・ クォーター休みぐらい!?
そのオット、疲れたと、寝てしまった・・・

5時過ぎに起きてきたオット、
いくら寝ぼけた顔でも、いくらドン臭くても・・・
わたしの機嫌があまりよろしくない、ぐらいは見て取れたみたい。

「ビール飲みに行くよっ・・・」と言うわたし・・・

「はい、はい、はい、はい、行きましょ、いきましょ・・・」
と、さっそくビールを飲みに行くことに。

お店までは、家から、てくてく歩いて行った。暑かった!

P1020563_1















場所は、大手町。ブックオフの裏側。
Beer Pub Phi's (ビア・ファイズ)

台風接近中という中、風は強いが、蒸し暑い中を歩いて行ったので、
「ビール、ビール、ビール・・・」と叫びたいように、のどカラカラ。

まずは、バス・ペールエールとヒューガルデンホワイトを頼む。
もちろん、どちらも大きいサイズ!

マスターが、わたしの顔を見て、
「パイント(大きいサイズ)で大丈夫ですか?」と聞くから、
大丈夫、大丈夫、大丈夫・・・と答える^^

出てきたのは、泡が何とも言えないぐらい爐いご兇検蹐離咫璽襦

ぐぐ〜っと、飲む。泡がクリーミィ〜〜〜!!!
旨い、美味い、うまい〜っ!

いいなぁ〜、ビールって。

その後も、スコットランドのビールを飲んだり、
ベルギーのビールを飲んだり、
アイルランドのギネスは、樽開けすぐのを飲んだり、
日本のハートランドも、ついでに飲んで・・・

いっぱい飲んで、幸せ。

サッカーも勝ったし、ビールも美味しかったし、
ということで、帰りも、がんばって歩いて帰った。

☆後から、マスターが言うには・・・
 「パイントっていうから、どうなんだろう・・・って思ったけど、
  最初の飲みっぷりを見て、納得しました。
  いい飲みっぷりでしたっ!」 
  と、ほめていただきました^^;
  ちなみに、ビールをチビチビ飲む人の気がしれん・・・

☆ビール一杯目に、なぜか、柿のタネとピーナッツが付いてきた。
 おつまみ、なんだろうけど・・・
 Pubにしては、ちょっと不思議な組み合わせ・・・

怖いもの

P1020292_1













なでしこジャパン、金メダル おめでとう!

今の日本の状況を打破し、未来に向かって変えて行くのは、
ニッポン女子かもしれないっ!!!

ニッポンのガールズ&おばちゃんズ&ばあちゃんズ、がんばろう!!!

・・・

世の中、いろいろな怖いもの、苦手なものがあるが・・・
わたしの怖いものベストスリーは、以下。

その1 怖い映画

ホラー映画は、まずダメ・・・
怖いシーンのある映画、これも、目をつぶっちゃう・・・

レンタルDVDの時、怖いシーンは、コマ送りで観る^^;
そのくらい、ビビり・・・

その2 お化け屋敷

絶対に行かないところ。
子供だまし、そんなお化け屋敷だって、無理、絶対に無理。

以前、子供にせがまれて、お化け屋敷のチケットを買ったとき・・・
お化け屋敷の中に一歩踏み込んだとたん・・・
「ママは、やっぱりやめとくから、あなたたちだけで行きなさい」
って、ヘタレのビビリ・・・が露呈。

入口付近で、すったもんだした・・・後、
結局、係りの人が見かねて、チケットを払い戻してくれた^^;

その3 PK戦

サッカーのPK戦ぐらい、苦手なものはない。
あの、はらはらドキドキする緊張感に耐えられない・・・

向かいあった選手と選手、あの間の緊張感に耐えられないのだ。

昨日、なでしこジャパン、延長の最後の最後、点を入れたとき、
お願いだから、もう1点追加してくれ〜!!!
お願いだから、PK戦にだけは、ならんといて〜っっっ・・・!!!

PK戦なんて、見てられないもの・・・

結果、PK戦。きゃぁ〜っ、どうしよう、どうしよう、どうしよう!

ソファーに座ってなんか見てられない。
クッションを抱きしめて、立ち上がって、
どうしよう、どうしよう、どうしよう・・・・・って見た・・・

最初のゴールを、海堀選手が止めたとき・・・
へなへな・・・とソファーにへたり込んでしまった・・・

あまりにも完璧すぎる、PKセーブだったため、
最後は、ソファーに座って、安心して観た。

それにしても、すごい試合だった。

前半戦なんて、もう、いつ点が入ってもおかしくない状況で、
クッション抱きしめて、右往左往しながら、試合を観ていた・・・
ヘタレのビビリは、サッカーひとつ観るのも、大変なのだ。

後半、1対1になったとき、こりゃイケるんじゃないっ!?
って思って、オットを急いで起こしに行った。

それにしてもすごかった。

ありがとう、なでしこジャパン!


☆澤選手のインタビューで、
 「お寿司が食べたい、温泉に入りたい、でも、無理でしょう・・・」
 
 誰か、お金持ちの人、
 選手たちに、おいしいお寿司をお腹いっぱいおごってあげて〜〜〜
 
 温泉でゆっくりする時間は、あまりないかもしれないけれども・・・
 神戸に帰った時には、有馬温泉に、せめて一泊ぐらいさせてあげて〜

みつ豆が好き

P1020552_1













みつ豆が好き。
寒天の角、あの「スキットした角」が好き。
そして、
あの豆が好き。

子供のころは、中に入っている果物がうれしかったが、
今では、果物なんていらない。
寒天と豆とシロップだけでいい。

↑写真は、生協の缶詰のみつ豆。
今日のおやつは、これ。

まず、果物から食べる。余分なヤツらを、先に食べる。
その後、
寒天をひとつずつ、スプーンに乗っけて食べる。
ときどき、豆を食べ、そして、また、寒天に戻る。

東京赤坂、虎屋本店喫茶部、ここのみつ豆、忘れられない。
寒天と豆とシロップだけのみつ豆。
これに、白蜜か黒蜜を選ぶことができる。

問題は、ちょっと行きにくいってことかな・・・

前回は、東京に住んでいた弟に、車で連れて行ってもらった。
が、今は、東京に住んでいないし・・・
でも、ここにもう一度行って、みつ豆を食べたい。

すぐにはいけないから、当分は、
生協のみつ豆の缶詰を食べることにする。

一押しみつ豆缶詰は、はごろも甘みあっさりみつ豆。
このあっさりなところが好き。

P1020550_1













バーニャカウダの残りで作った、キャベツのざく切り炒め。

これを、パイレックスのガラス容器に入れて、冷蔵庫へと。
3日目、味がしと〜っとして、おいしくなった。

そごうのハム売り場、ハムの端っこの方、
真ん中のちゃんとしたところよりか、ちょっと安く売っている。
それがあれば、それを買う。

先日、ハムの端っこを見つけたので、奮発して買う。
ハムの端っこを見つけた時は、うれしい〜♪

キャベツのざく切り炒めの冷えて味がよくなったもの、
ハム、自家製きゅうりのピクルス、粒マスタード。
ドイツ風!?と思っているんだけど・・・

夏、暑いけれども、朝から、しっかり食べる。

今日も、なかなか暑い。暑いな〜〜〜

ベルギー風ビール煮

P1020544_1













昨晩は、手抜き料理の牛肉のビール煮。
いちおう、ベルギー風のつもり・・・

−材料−
牛肉(もも肉・バラ肉・すね肉などの塊肉)・玉ねぎ・トマト
オリーブオイル・塩・ブラックペッパー・小麦粉
ビール・ビーフコンソメ・酢・ケチャップとおしょうゆ(お好みで)

−作り方−
1・牛肉を適当な大きさに切り、塩とブラックペッパーをかけ、
  小麦粉をまぶしておく。

2・玉ねぎとトマトはざく切り。

3・厚手の鍋にオリーブオイルを入れ、1を炒める。
  色が変わったら、玉ねぎを入れさらに炒める。

4・ビール(350cc)を入れ、アクが出たら取り除く。

5・トマト、ビーフコンソメ、酢を入れ、肉が柔くなるまで煮込む。

☆または、オーブン利用もできる。
 鍋のふたをして、180度のオーブンに1時間程度入れ、
 タイマーが切れてもそのままにしておく。余熱利用。

6・味を整える。お好みで、ケチャップ・醤油など入れてもいい。

☆酢は、なんでもいいが、昨日は、鹿児島の黒酢を大さじ2杯入れた。
 ワインビネガーでもいい。

☆ビールは、ベルギービールを使うといい・・・が、高い・・・
 昨晩は、普通のビール。ただし、本当のビール。
 黒ビールでも、コクがあっておいしい。

☆昨日は、小ぶりな玉ねぎがあったので、丸ごと5の時点で入れた。

☆じゃがいもは、一緒に煮込むとに崩れるので、
 別に茹でて添えた。

出来上がり、たいそうなおごちそうに見える! が・・・
実は、オーブンに入れるまでの工程、10分程度。
かなりの手抜き料理・・・

ビールの炭酸で肉が柔くなり、ビールの麦芽で甘みが出る。
赤ワインで煮込んだ料理に比べると、さらっとした出来上がり。

肉は、塊肉ならなんでもいい。
わたしが使ったのは、500グラム1000円のお買い得すね肉。
これで、だいたい4〜5人分。

・・・

これ、ベルギーの郷土料理らしい・・・

ベルギーのブルージュという古都に行った。
このときは、ひとり旅。

1階がレストラン、2階がオーナー家族の住まい。
3階がホテルになっているところに2泊した。
ひとり旅の時は、こういう宿が安心。

夜は、1階のレストランで食事をするので、
夜道、ひとりで歩いて帰る心配もしなくていいので、
安心して、飲める!

ベルギーは、ビールが有名なところ。
宿の主人のお勧めビールをいただく。
ベルギーのビールは、ビールごとにグラスの形が決まっていて、
長細いの、まん丸いのと、なかなか面白い。

二日目の夜、さっぱりとしたものが食べたかった。
「さっぱり」って、英語でどういうの!?!?!?

どう考えても、「Simple」って言葉しか思いつかなかった・・・

そこで、シンプルな食べ物が食べたいって、主人に言うと・・・
ビール煮がお勧めだと言う。
そこで、食べたのが、この牛肉のビール煮。

出てきてびっくり!

わたしの想像する「さっぱり」とは、ほど遠い・・・
しかしながら、食べたら、家庭的な味でおいしかった。

加えて言うなら、この宿のレストラン、何を食べてもおいしかった。
宿の女主人が、台所で、ことこと手作りしているような、
ベルギーのお家ごはん的なものだったからかな?

お昼も、自分たちが食べるものと同じでよかったら、
と、そこのお家ごはんをいただいたが、これもおいしかった記憶が。
ただし、何を食べたかは、覚えてない^^;

・・・

ベルギーは、旅しやすい国、だと思う。

なぜかと言うと・・・
英語を話す国じゃないから。
宿の主人の英語も、ほどほどの英語。
だから、わたしにはすごくわかりやすい。

どこに行っても、みんな、ほどほどの英語はしゃべるが、
ほどほど程度。だから、すごくわかりやすい。

ロンドンの英語なんて、5回聞いても、わかんない・・・
だいたい、英語をしゃべっているのかどうかも、
正直なところ、わからなかった・・・

英国英語、クィーンズイングリッシュ、なんて言うけど・・・
あれって、中流の上以上の人たちの話す英語、らしい。

ロンドン街中の英語は、コックニーという独特な英語。
それに、インド系、アラブ系、東欧系の人たちのなまりのある英語、
それにそれに、スコットランド英語、アイルランド英語、
これらのなまりもあるから、ますます、こんがらがる・・・!

もうひとつ、ベルギーのいいところ。
チョコレートが、抜群に美味しい! そして、安い!

首都ブリュッセルで、何気なく入った「ヴィタメール」という店。
3個チョコを買った。
買ったのを、手のひらに乗せてもらって、歩きながら食べた・・・

そして・・・

あまりのおいしさに、急いで走って店に戻った!
店の店員さんが、わたしが、あわてて帰って来たから、
みんな、笑っていた^^

もちろん、たくさんのチョコを買ったってことは、言うまでもない。

☆今、調べたら、日本にもいっぱい店舗があるんだね!

バーニャカウダレシピ

P1020494_1













バーニャカウダ、レストランメニューでは、人気のメニュー。
けど、量的にお上品だし、それなりのお値段。

その点、お家で作ると、野菜がいっぱい、いっぱい食べられる。
それに、余ったバーニャカウダも、使い道がいっぱい。

バーニャカウダ
−材料−
にんにく・アンチョビー・オリーブオイル
生クリーム(お好みで)・塩・ブラックペッパー

−作り方−
1・にんにくをバラバラにして、半分に切り、中の芽を取り除く。

P1020471_1













2・にんにくを水から5分ほど茹でる。(臭みを取るため、水から)

P1020475_1













3・牛乳を入れた鍋で、2のにんにくを柔らかくなるまで煮る。
  (吹きこぼれ・焦げ付きに注意しながら!)

4・にんにくを取り出す。
  牛乳たんぱくが、こびりついているが、
  神経質に取らなくても、それはそれで、大丈夫。

P1020479_1













5・フライパンにオリーブオイルを入れ、
  アンチョビを入れ弱火で炒める。
  アンチョビの生臭さを取るため、軽く炒める。

P1020484_1













6・4と5とオリーブオイルを足して、フードプロセッサーで混ぜる。
  味をみて、塩とブラックペッパーを足す。

↑ここでは、にんにくをフォークでつぶし、混ぜている。
つぶつぶが少々残ってもへっちゃらなら、この方法でもいい。

☆ここの時点で、冷蔵庫に保存すると、1カ月は持つ。
 その場合、瓶の上にオリーブオイルで、空気が入らないように、
 「ふた」をする。

7・6に生クリームを入れよく混ぜる。
  温めるとき、熱し過ぎると、生クリームが分離するので注意。
  生クリームは、お好みで。入れなくても食べられる。

付け合わせの野菜は、季節の物をお好みで。
生野菜でもいいし、蒸し野菜でもいい。
パンにつけて食べてもいい。

6の時点のソースは、スパゲティーに使うことができる。
じゃがいも・キャベツなどとの相性もいい。

P1020528_1













残りのバーニャカウダを使っての、キャベツのざく切り蒸し煮。
塩気が足りなかったので、クレージソルトを加えた。
(生クリームを入れる前の状態のバーニャカウダ使用)

昨晩は、これを朝作っておいて、夜、冷え冷えなのを食べた。
冷蔵庫で3〜4日は持つ。



復活の夏

P1020524_2













なでしこ、勝った!!!


朝4時前から起き出して・・・
びっくり、3点も入れるんだもの。
次は、アメリカ戦、勝って欲しいな〜〜〜!

・・・

片づけた衣類、えへへ・・・
縛ったはずのプラスチック袋、もう一度ほどき・・・
ケチだから、もう一度、のぞきこむ・・・

Tシャツ類数枚を眺める。
もしかして、袖と襟を、ザクザク切り取ったら、
タンクトップできるんじゃない、ない、ない!?

そこで、あれこれリメークをしてみた。
結果、新たな!?タンクトップが4枚できた。

最優秀コラボ賞!(写真左手前)
上部分ワイズ、下半分快晴堂、襟ぐりそでぐり無印良品。
これらの、コラボタンクトップ。

最年長賞! (写真右手前)
プランテーション、1993年夏番Tシャツ、襟よれよれ・・・
襟袖をはずして、上と同じく無印良品Tシャツで包む。
まだまだ、着れそう・・・^^

復活賞! (写真左白)
アニエスのお気に入りTシャツ。
そでの長さが肘までの中途半端・・・だった・・・
バッサリ袖を切り、無印良品Tシャツで包む。

ついでに・・・参加賞! (写真一番奥)
無印良品の長そでTシャツ。身体にしっくりこなくて・・・
袖をバッサリ切って、同じく無印良品Tシャツで包む。

以上4点、
午前中2時間がんばって出来上がり。材料費、ミシンの糸代のみ。
その糸も、そこいらにある残り糸・・・

この出来具合に、我ながら、なかなか、いいじゃん!

あ〜あ〜、こんなにビンボーなのか・・・と、ひとり笑う。

まあ、ビンボーは、確かだけれども、
それに、もったいないっていう気持ちも、確かだけれども、
ポイントは、ちょっと違うところかもしれない・・・

楽しい! だから、リメイク、リフォーム!

捨ててしまうようなものを、もう一度活用するっていう「快感」
それかな・・・?

そう、ビンボー、シンボーだけど、
ただのシンボーじゃない、楽シンボー!なのだ。

これで、今年の夏のタンクトップは、どうにかなったから、
次は、キュロットスカートを作らなくちゃ・・・

・・・そう言えば、無印の麻のシーツ、あれ、使えないかな?
シーツって、真ん中部分はヘタルけれども、
周囲の部分って、けっこうきれいなんだよね・・・

などなど、暑い夏に、あれこれリメイクも、また楽し!

☆今朝は、資源ごみの日。
 ゴミ袋3パック分の服(オットの分と合わせて)
 思いは、想いはあったけれども、バッサリと切り捨てたっ!

 ありがと〜う服たち〜〜〜 十分楽しかったよ〜〜〜

空&すっきり

P1020521_3






















Omoさん風に、あくまでも「ふう」だけど・・・
空の写真をアップしてみる。
今朝5時ごろの写真。

う〜ん、なかなかうまく空の写真が撮れない・・・

こりゃ、写真展に行って、少し写真のお勉強をした方がよさそうだ^^

東日本大震災復興支援プロジェクト@えがおのタネ 写真展
詳しくは、こちらから↑クリック!

広島の写真上手のブロガーさんたちが集まっての写真展。
ポストカードなどの販売(義援金へと)などもあるそうです。

ちょっと楽しみな写真展です。

・・・

梅雨が予定よりも、うんと早く明けたので、毎日忙しい。
押し入れの中を全部出して、シーツ類、毛布などを洗う。
何を洗っても、半日で乾くのがうれしい。

クローゼットの中も、全部出して、そうじをする。
3か月ほど前に掃除したのに、もう、綿ぼこりが・・・^^;

クローゼットの中のお掃除ついでに・・・
ちょっと気になっていたこと、こちらに手を付ける。

洋服のストック数を決めている。
数が何枚というのではなく、この場所に入るだけ、と決めている。

わたしのストック許容量は・・・
クローゼットに吊るせる半分の量(半分の意味は、今なら夏ものが半分)
そして、プラスチックケース3個分のみ。
これ以上は、処分とする、かなり厳し〜ぃルール。

夏場の今は、冬物をしまっておく。当たり前だけど・・・
プラスチックケース3個分に、冬物をしまおうと思うと・・・
かなり以上の厳しさを自分自身に課さないと、入りきれない。

実は、この春の片づけの時、プラスチックケース3個を越えた!
後からお片づけした服が、入りきれなくて・・・

気にはなっていたけれども・・・

プラスチックケースを買い足したら、とも思ったが、
ダメ、ダメ、ダメ・・・・・
一度、基準を緩めると、だらだらなりそうだ・・・

と自分に言い聞かせ、昨日、朝から、気合いを入れて、
冬物が入ったプラスチックケース3個分、
そして、プラスチックケースに入らなかった服を、
全部出してみる。

鳥のように、そう、鳥瞰図のように、上から目線で眺める〜〜〜

それから、仕分けをする。
「いるっ!」「いらないっ!」と、服を分ける。

大好きなアニエスのグレーのアルパカのカーディガン・・・
しばらく眺めたけれども・・・
今のわたしには、分量的に大き過ぎる・・・ 処分っ!
(ボタンだけ取っておこう・・・お気に入りだから^^;)

コムデギャルソンのセーターも、なぜか、今はお婆さんに見える・・・
ますます歳をとって行くのに、もうこれ以上はムリ・・・処分っ!

大好きだったもの、そう、大好きだったものほど処分しがたいが、
だが、これをとっておいたとして、着るか・・・?
また、着たとして、その時、わたしは「楽しい気分」であろうか?
と、自問する。

好きだけれども、今のわたし、そして、今からのわたしには、
重荷になるだけではないだろうか・・・と考える。

などなど、ぐじゃぐじゃ・・・考えながら、
最後は、プラスチックケース3個分に納まる量に。やれやれ・・・

ついでに、今、着る服も、全部出して、チェックしてみた。
そして、もし、買うなら、もし、縫うなら、
どんなものがいるのか、クールな目線で、見てみる。

その結果、なあんだ〜ぁ・・・

今、一番必要としているのは、ふだん家にいるときの服。
わたしの夏の定番服、タンクトップとキュロットスカート。

これら・・・人が突然着たら、ちょっと恥ずかしいぞ〜っていうぐらい、
そのくらいの、ボロ、ボロ、ボロ・・・

作業部屋もきれいになったことだし、
しばらくは、夏の定番、お家服を作らなくっちゃっ!

・・・

まだ、バーゲンに行っていない。
昨日のお片づけでわかった!
買うものなんて、ない・・・

でも、もし・・・
涼しそうな〜パンツとチュニックがあれば、
買ってもいいかも、かも、かも、かも・・・・・

さ・く・ら・・・

P1020511_1













塩麹をまぶした、鶏のささみ。
昨日は、焼いてポン酢とネギにまぶしたのを、お弁当のおかずに。
今日は、鶏のささみを使った肉じゃがに。

じゃがいもは、足が速いので(お弁当の中で傷みやすいので・・・)
夏の間は、肉じゃがは朝から作る。
そして、できたら、広いプレートの上に肉じゃがを広げ、
扇風機で、冷ます。すっかり冷えたら、お弁当箱へと。

少しの間、お弁当のおかず、ちょっと気を付けます。
オットにも、お弁当の管理をちゃんとね!
と、毎朝、優しく笑顔で「命令!」いたします・・・^^

・・・

「さくら」と言えば・・・

今、なんたって、話題の九州新幹線かな?
まだ、乗ったことないけど・・・
なんでも、かなりいいらしい。

「さくら」と言えば・・・

もちろん、花、桜の花。
富士山に、桜に、やっぱりいいよね〜

「さくら」と言えば・・・

「男はつらいよ!」の寅さんの妹、さくらさん。
彼女のあのお兄ちゃん想い、いいよね。

「さくら」と言えば・・・

寅さんにも、ちょっと関係するんだけど・・・

広辞苑だったら、意味のΑ,修里泙淌承すると・・・

㋐ただで見る意。
 芝居で、役者に声を掛けるように頼まれた無料の見物人。

㋑転じて露天商などで、業者と通謀し、客のふりをして
 他の客の購買芯をそそるもの。
 また、まわし者の意。

寅さんの場合、この㋑
蛾次郎が子分役で「さくら」になり、露店でものを売る様子、
何回見たって、笑っちゃう・・・

って、先週話題になった「さくら」は、ちょいと笑えない・・・

使われたのは、メール。
メールを使った、新手の「さくら」・・・

寅さんが生きていたら、なんと言うだろう。

ただ、ちょっと考えてみたら、テレビの世界では、
この手の「さくら」が、満開状態じゃないかな・・・

特に、宣伝、コマーシャル、なんだけど・・・

有名俳優、女優、そして、街中の「一般」のおじさん、おばさん・・・
誰もかれもが、わたしには、「さくら」に見えるんだけど、な〜っ。

例1
泡泡の石鹸、つるっと玉子を向いたよう顔の女優。
これで洗ったら、あたかも、こんな顔になりそうな、そんな気分・・・
この人、本当に、この石鹸だけで、これだけきれいなの?

例2
膝や腰に効くらしい、なんだかえらそうな名前の商品。
富士山前に、歩いて行く、老年の俳優と女優。
これを飲んだら、ずっと元気でいられるの?

例3
そこいらのおじちゃん、おばちゃん・・・らしい人。
これを飲むと、字がくっきり見えるようになる、って。
ボケボケの字が、くっきり見えるようになる、魔法の果物カプセル。
えっ、老眼も治るの?

例4・5・6・7・・・・
そこいらの・・・
これを使うと・・・

例をあげたら、切りがないと言うか、
ほとんどこのパターンの宣伝、あまりにも多い、多すぎる。

本当にこの人たち、それを飲んでいたり、使っていたり、
しているのかな・・・?
そりゃ、サンプルに少しはもらうかもしれないけれども、
元気や美貌や健康やダイエットの秘密は、
本当に、その商品のおかげだけ、なのかな・・・

これらのパターン、ちょっとうんざりする「さくら」たち。
観ている人って、心から信じてみているのかな?
それとも、ある意味パロディーとして観ているのかな?

季節外れの、さくら、さくら、さくらの満開。
なんだか、ちょっとおかしいぞ〜

一押しズッキーニ

P1020510_1













この前いただいたズッキーニ、
「人生で一番おいしかったズッキーニ賞」を差し上げます!

何が違うかって言ったら、味の濃さ。
スライスして、炒めただけなんだけど、コクがあって、
ズッキーニの味がする。

ズッキーニって、味って、ありそうで、なさそうで・・・
なんだか、ぽわ〜んとした味の野菜だと思う。
主張しないっ味って言えばいいのかな?

さて、さて、今からの季節、ズッキーニがいっぱい。
どうやって食べるか!?

そのまま炒める、これが一番簡単。
オット、お弁当にズッキーニ炒めが入っていると、
なんだか嬉しくなるんだって! 知らなかった・・・

ただ、これが可能なのは、おいしいズッキーニの場合。

次、よく使うのが、ラタトゥユかな!?
ラタトゥユにズッキーニが入るだけで、
とたん、イタリアンなラタトゥユらしくなる。

ただし、味の方は、ズッキーニが入ったからって、
そんなにおいしくなるわけでもなく・・・
むしろ、味的には、ナスやたまねぎの方が好き。

そんな中、これは、やっぱズッキーニでしょ!
って、わたしの一押しメニューは、
ズッキーニのフライ。

これは、旨いよ〜!

土曜日、ズッキーニのフライをしたら、
息子の嫁のちぃ〜ちゃんが、「旨いっ!」って、バクバク食べた^^

作り方は簡単。
1センチぐらいに輪切りにして、塩とブラックペッパーを軽く振り、
小麦粉・卵・パン粉の順に付けるだけ。

ここで、ポイント!

パン粉だけれども、必ず「細めパン粉」を使うこと!
味の食感は、この細めパン粉で、決まる!といっても過言でない。

この辺り、こだわるか、こだわらないか・・・
それによって、味って大きく違う。だから、必ず細めパン粉!

って、土曜日、家に細めパン粉がなかったの^^;
そんな場合、フードプロセッサーがあれば、問題ない。
普通のパン粉を、フードプロセッサーに入れて混ぜるだけ。
すぐに、細めパン粉の出来上がり。

☆「細めパン粉」は、大きなスーパーに行ったら売っています。

揚げるのは、他に揚げものをするときは、普通に揚げればいい。
もし、ズッキーニのフライだけするなら、
多めの油をフライパンに入れて、「焼き揚げ」すればいい。

ちなみに、英語では、
トンカツやてんぷらをなど、油をたっぷりにして揚げることを、
deep fry (ディープ・フライ)と言う。

フライパンに油を多めにして、焼き揚げるような感じは、
shallow fry (シャロウ・フライ)と言う。

ついでに、
フライパンのことは、frying pan (フライング・パン)
これが、短くなって、フライパンとなる・・・

ちょっと寄り道したけど^^;
要するに、多めの油で、細めパン粉を付けたズッキーニを焼く。
これが、わたしの一押しのズッキーニメニュー。

これ、もし家に、チーズがあったら、揚げたて熱々に乗っける。
ちぃ〜ちゃんが、ピザ用とろけるチーズでもいい?って聞いたけれども、
あれは、加熱用だから、生ではちょっとねぇ・・・

とろけるスライスチーズなら、まあ、なんとかいけるかも・・・
理想は、
チェダーチーズ・カマンベールチーズ・ブルーチーズなど、
そのまま食べてもおいしいチーズ、これがお勧め。

揚げたて熱々のズッキーニの上にチーズを乗っけると、
とろ〜り溶ける・・・ これがうまい。
絶対に、冷えた白ワイン。

って、土曜日は、チーズが我が家に存在しなかった・・・

そんな場合は、ケチャップとグリーンタバスコ。
これも、赤い普通のタバスコよりも、グリーンタバスコがお勧め。

もし、もし、可能だったら、ケチャップもちょっといいのが旨い!
ちなみに、わたしのケッチャップの一押しは、こちら←クリック

まあ、土曜日はなかったから・・・
普段使いの、生協の日本のトマトケチャップを使った。
この日本のトマトケチャップも、けっこういい味だと思う。

揚げたてのズッキーニに、ケチャップとグリーンタバスコをたっぷり。
これをいただく。
なかなか、オツです!

なおなお、ズッキーニ、一番困るのが・・・
とにかくでっかいズッキーニ・・・
なぜあんなに大きく育てるのか・・・わかんない。

って、とあるブログで見たら・・・
収穫が、ちょっとでも遅くなると、巨大化するみたい・・・
なるほど、ねぇ・・・

もし、こんな巨大ズッキーニだったら、
その場合は、縦四つ割にして、種部分周りの柔らかいところを取り除き、
それから、7センチぐらいの拍子切りにして、
これにパン粉を付ければ、なんとかイケル、かもしれない・・・

☆わたしの嫌いなもの!
 ズッキーニのデッカイの。
 きゅうりのデッカイの。
 この二つだけは、ちっちゃい方が絶対においしいと思う。
 だから、選べる時は、ちっちゃいのを買う。

☆☆☆15センチぐらいの小さなズッキーニだったら・・・
   これを5ミリぐらいの薄切りにして、
   パン粉を付けてフライにする。(この場合も細めパン粉)
   ルッコラやベビーリーフを置いた上に、
   揚げたてのズッキーニフライを乗っけて・・・
   レモン汁とおいしいオリーブオイルと塩をぱらり。
   お好みでブラックペッパーを振る。
   もしあれば、パルメザンチーズをかける。
   こちらも、かなりのお勧め。

新茶・夏の楽しみ

P1020506_1













新茶、それも、手作り新茶をいただいた。

このお茶、今の季節、水出しでいただく。
無印のガラスのポットに、お茶がら濾しが付いているポット、
これに、新茶と水を入れて、3時間ほどほっておく。

きれいな新茶の色が出て、香りもよく、そして、ほんのり甘い。

麦茶、ハブ茶、ウーロン茶、ジャスミン茶などいろいろ作るけれども、
今の季節、一番うれしいのは、この水出し新茶。

今日は、もみじ庵の水まんじゅうといただきました。
ごちそうさま。

・・・

我が家12階で、お日様をさえぎる建物が目の前にない。
だから、太陽の光は、まっすぐ家に入ってくる。

うらやまし〜なんて言う人もいるけれども、
夏の間だけは、この強烈な光が、しんどい。

我が家、リビングの部屋にカーテンはなくて、
縦のブラインド、バーティカルブラインドを吊っている。
これ、風が吹くと、カタカタとうるさいの・・・

12階でいい風が吹くから、なるべく、窓を開けて、
涼しい風と部屋に取り込みたいけれども、
昼間は、風と共に、夏の光がすごい。

それで、今年は、遮熱レースカーテンを付けることにした。

いろいろあちこち見たんだけど、
紫外線カットのカーテンって、なんだか、ちょっとピカピカした布地。
イヤだな〜〜〜〜〜

麻のサラッとしたカーテンにしようかと思ったんだけど、
これだと、UVカットにならないと言う。
いろいろ悩んで、適当な安いのにしようかとも・・・
でも、それじゃあ、きっと、来年はイヤになりそうだし・・・

最終的に、通販生活のUVカットレースカーテンにした。
ただ、頼んだのが遅かった・・・
我が家に来るのは、7月下旬ということ^^;

それまでの応急処置として、作業部屋のレースのカーテンを、
今、リビングに付けている。
これは、UV仕様じゃないと思うけれども、
とりあえず、強い光は遮る。

ただ、これって、遮っているようで、実はUVカットじゃないから、
ある意味、かえって危ないってことかな・・・

それでも、ないよりマシと、このレースのカーテンを吊っている。

☆7月下旬ってわかったとき、梅雨が明けるのが20日ぐらいだから、
 ちょっとの辛抱だわ、と思ったら・・・
 なんとなんと、梅雨が明けちゃって・・・
 予定、狂うなぁ・・・

「おいしいテーブル」2−11

P1020491_1













昨日は、「おいしいテーブル」第2期最後の会でした。
スタートしてから、早2年! 22回が、あっという間に・・・
年月が過ぎ去るのはあっという間、歳を取るのも、同じく速い!

「バーニャカウダ」・・・って、ソースが写ってない^^;
ソースレシピは、また、詳しく載せます〜。

お野菜は、庄原の新鮮なアスパラ、かわいいにんじん、
森の家の新じゃが、鹿児島のオクラ、他、いろいろ野菜。

バーニャカウダを付けて食べます。

P1020496_1













塩麹メニュー、「鶏のから揚げ」
塩麹に漬け込んだ鶏もも肉を、揚げただけです。

塩麹以外何も入れてないんだけれども、
とても深い味がじっくりします。
このから揚げ、わたし的には、かなり気にいっています。

お好みで、しょうが汁やにんにくなど入れてもいいと思います。
でも、塩麹だけでも、十分おいしくなるから、不思議。

P1020498_1













「砂ずり炒め」です。
砂ずりをきれいに処理した後、塩麹に漬け込んでおきます。

フライパンで炒めて、最後にブラックペッパーと、
大量の刻みネギを入れるだけ。
味付けは、あらかじめの塩麹でついているので、なしです。

これは、絶対にビールです! 

P1020501_1













「砂ずりとセロリのサラダ」
砂ずりをパッと茹でたのと、セロリを切って混ぜただけ。
セロリの葉っぱの部分は、さっと茹でます。

食べるときは、ポン酢とからし、または、ポン酢と柚子胡椒、
お好みでどちらかで食べるとおいしいです。
この季節、あらかじめ大量に作っておくと、毎晩、おいしいです。

P1020488_1













「生パスタのジェノバソース」
庄原のバジル、大量に買ってきていただいたので、
これで、大量のバジルソース(ジェノバソース)を作りました。

生パスタに和えるだけ。
夏には、こんなパスタが、うれしいです〜。

後は、マンゴゼリーココナッツソース添えを作ったのですが・・・
写真を忘れました・・・ 食べるのに夢中で・・・

・・・
試作を含めて、砂ずりを近所のお肉屋さんで、
続けざまに買いました。

「なににするの?」って聞かれました・・・

お肉屋さん、砂ずりをあまりというか、ほとんど食べないそうです。
なぜならば、売れちゃうかららしいです。

お肉屋さん、じゃあ、何を食べるの?って聞いたら、
売れ残ったお肉を食べるんだよ・・・
だいたいが、高い牛肉が売れ残るから、それを食べるの・・・だって。

うっらやっまっしいぃ〜っ!!! って言ったら・・・

あのね、売れ残って、だいたいそれを半額で出すでしょ。
それでも売れなかったら、それを食べるの。
だから、お肉が食べたい日に、お肉を食べるわけじゃなくて、
それ以上お肉が持たないとき、しょうがなしに食べるの・・・

なるほどな〜って思いました。

うれしいような、うれしくないような、そんなのかな・・・
そんなシチュエーションがないから、よくわからない。

で、砂ずりのおいいく食べる方法を教えてね、って言われちゃった。

ちなみに、砂ずり、そこのお肉屋さんでは、グラム80円。
500円分も買えば、かなりあるので、うれしい。

それに、砂ずりって、鉄分が多くて、脂肪は少なめだから、
うれしいな〜って思った・・・けど・・・

今調べたら、コレステロールが結構高い食べ物だから、
それ以上に摂取するのは、よくないかもしれない。
って、毎日食べるわけじゃないから・・・

持論としましては・・・

なんでもまんべんなく広く浅く、
できる限り家で作ったものを食べるのが、
「食のリスク分散」とわたしは、勝手に名付けています。

・・・

昨日紹介した本、「100日弁当」ですが、
著者のブログがあります。
リンクしていいかわからないので、ここではリンクしません。
探してください・・・グーグルですぐ見つかります^^

ブログタイトルは、「好日弁当日記」です。

ちなみに、著者は、40歳独身サラリーマン。
マンだから、男性です!
朝15分でお弁当を作るそうです。

お弁当の中身はもちろん大好き。
(一度食べてみたい・・・^^ お嫁さんになりたい・・・^^;)

そして、
弁当の詰め方、これが好きです。
男前っ! の弁当です。
梅干しとしその葉の置き方、センスを感じます。

自分のお弁当作りに、「喝!」が入るような、そんな潔い弁当です。


がんばらないお弁当

P1020456_1













昨日の誕生日、免許センターに行った。
大雨だったから、人が少ない・・・と思ったら・・・
まあ、けっこうな人、人、人・・・
雨でもめげない人って、多いんだね・・・

ゴールド免許、またまた、いただきました。
免許取得から、50年以上。
☆ 50年以上なんて、大いなる間違いっ^^;
  昨日、54歳になったばかり、4ちゃいの時に免許取った!?
  間違いです。
  免許取得から、30年以上です!

  この30年間、いまだに、無違反です! 

☆人は、ただ、運がいいだけだ・・・と言いますが・・・

・・・

お弁当の本、けっこう好きです。
写真撮影の後、他の本も見つかりました・・・

それでもって、おべんとうの作り方の本、
これって、意外に参考にならないんです・・・

それよりも、人のお弁当を覗き見するタイプの本、左より、
「おべんとうの時間」
「100日弁当」
「私たちのお弁当」

このタイプのお弁当本の方が、わたしにとっては参考になる。

って、そのお弁当のおかずをそのままマネするか、と言われれば、
そういうわけではなく・・・

「ふう〜ん、こんなお弁当もあるんだ〜〜〜」
と、おべんとうの「多様性」を再確認する!

そして、
お弁当の概念を壊す、脳のブレーキング、
ここに、他人のお弁当の覗き見の神髄があるといえる。

「なんでもあり!」のお弁当、これがいい。
千差万別、人のお弁当はおもしろい。

自分の考える範囲のお弁当は、たかが知れている・・・

と言って、じゃあ何か新しいおかずをと思って、
いわゆる、お弁当作りの本って、買ってみるけど、
役に立つようで立たない・・・ そう、わたしは思っている。

お弁当作りが苦痛っていう人、けっこう多いけれども・・・

なんだってお弁当のおかずになるんだよ〜
完璧なお弁当なんて目指さなくったっていいんだよ〜
自分流のお弁当で十分だよ〜

って、基本、思っている。

毎日、なんとなく冷蔵庫をひっかきまわして、
それなりのお弁当ができる。
おごちそうなお弁当じゃないけれども、お弁当ができる。

わたしのお弁当は、名付ければ・・・
がんばらないお弁当、かな!?

54歳になりました

P1020462_1













今日は、お誕生日。

無事に産まれて、すくすく育ち、この歳まで大きな病気もなし。
人よりか、ちょっとハチャメチャなところもあるけれども、
それでも、大きな事故もなし。

みなさまに、感謝です。 ありがとう〜♪

・・・

オットは、ただ今、出張中。
↑「ラムの香草パン粉焼き」これは、3日前、
プレお誕生日として、作ったお料理。

☆って、コストコで買ったラムの賞味期限が切れそうだったから、
 お誕生日まで待っていられなくて・・・
 コストコのラム、きれいなラム。次から毎回買い!です。
 ちなみに、ニュージーランド産です。

昨晩は、ひとりで、「おいしいテーブル」の予行演習をした。
作ったのは、バーニャカウダ。
これって、アンチョビによって、味がいろいろ変わるから、
今回使うアンチョビの様子を見たかったため。

買ったのは、84さん。
お値段が、普通のアンチョビの倍ぐらいする〜!
一瓶、1000円からちょっぴりおつりの来る値段。

お味の方は、84さんのような味・・・
お上品で、塩味控えめで、あっさりしていて、清楚で、気品高い。
84さんの「立ち姿」のような、そんな味(笑)

そんなアンチョビを使った、バーニャカウダだから、
すごくお上品な、高級レストランっぽい味となった・・・

わたしは、もう少しワイルドなアンチョビを使った方が、好みかも。
何せ、ばりばりのおばちゃんで! 品がいいからは遠いし^^;

この上品にできた、バーニャカウダ、
パンにつけて食べたら、絶対においしいと思う。
品のいい、ガーリックトーストができると思う!

じゃがいもに添えても、品のいい付け合わせになりそう!
スパゲティーは、そのままイケル味になること保証付き。

ワイルドなアンチョビも好みだけれども、
この上品なアンチョビも、ワンランク上のテーブルのため、
いいかもねぇ・・・
高いたって、なにせ、1000円分のアンチョビがあれば、
山ほど、バーニャカウダできそうだもん。

・・・

バーニャカウダを食べた後、オットもいないし、
ネットで、バーニャカウダポットを見ていたら、
素敵なのが、いろいろあるんだね・・・
値段も、思ったよりも、うんと安い。

イタリアの贅沢生活 TRA NOI (トラノイ)

ここのバーニャカウダポット、いろいろかわいいのがある。

わたしは、好みとしては、イタリア製のぽっとりした茶色のが好き。

でも、日本製の逆円錐の形のこポットも、
ソースが少なくなったとき、絶対に便利だよな〜って思う。

チーズフォンデュをしようと思ったら、
こちらのチーズフォンヂュのポットの方が、いいかな〜って思う。

このシンプルな形と魅力的なお値段のぽっと
これもなかなか捨てがたい・・・と思う。

2000円以上、送料無料っていうのもいいなぁ・・・

こちらの食材は、かなりヤバい!
欲しいものがいっぱい過ぎる。

ゴルゴンゾーラ、チョコ、イタリアの塩・・・
ため息の出そうなものばかり。

「エコ的生活」・・・
食材は、遠くから取り寄せず、地元のものを食べる。
半径○キロ内でとれたものを食べる。
なんて書いてあることもあるけどさ・・・

わかっちゃいるけどな〜〜〜
イタリア食材、これも、これも、食べたい〜〜〜

54歳、まだまだ、強力な食の煩悩に支配されているようです。


・・・

母から、電話が来そうな気がする・・・
お誕生日おめでとう・・・じゃなくて・・・

バーニャカウダって、何!? なに!? ナニ!?

なんだかおいしそうだね・・・
どうやって作る!?!?!?   って、メモ片手にね(笑)

旨いでっせ! 

にんにく・アンチョビー・オリーブオイル・牛乳、
マイルドが好きなら、生クリーム(なくてもいい)を用意して、
待っといてね・・・
レシピ、書くからね。


☆☆☆ 作業部屋のお片づけ、終了です。やれやれ・・・
    

♪おかたづけ

P1020453_1









数年前だったかな?
くまのぬいぐるみが出てきて、踊りながら歌う。
「♪お買いもの・ドン! ♪お買いもの・ドン!」
某デパート・○ごうの半期セールのテレビコマーシャル。

このCM、簡潔で覚えやすい言葉とメロディー、
たいした宣伝だと、感心した覚えがある。

今年の夏も同じく、くまのコマーシャル、連日TVで流れる。
セールの時期なんだね・・・
と、まだ行っていない。

・・・

昨日、起きたら、すがすがしいお天気!
シーツを洗って、レースのカーテンを洗って・・・
レースのカーテンを洗ったら、網戸も掃除しなくちゃ・・・

お掃除の連鎖だ!

以前から気になっていた、わたしの作業場、今ぐじゃぐじゃ。
レースのカーテンを洗ったついでに、網戸を掃除したついでに、
えいっ!って気合いを入れて、床に掃除機をかけて、拭き掃除。

あちこち、テーブルやいすなどを移動して掃除していたら・・・
なんだか、突然、模様替えがしたくなってきた!!!

テーブルを動かす。テーブルを動かすためには、
この棚をあちらに移し、あの棚をそちらに移し・・・
あれこれ、あれこれ、ひとりで移動する。
そのたびに、すごいほこり・・・ ほこりの塊だ〜っ!

引っ越してきて以来、早5年経つが、初めての模様替え。
家具移動をすると、あれれ・・・
思ったよりも広いスペースが確保できて、自分でもびっくり。

ついでに、思い切って、いろいろ処分することにする・・・が、
昼前には、だんだんとエネルギーが切れてきた。
つまり、お片づけに飽きてしまったのだ。

近所のスーパーまで、♪お買いもの・ドン! と歌いながら歩く。
金曜日の「おいしいテーブル」のための鶏肉、昨日は安い日。
帰ってから、朝作ったお弁当で、お昼ごはん。

そのまま、お昼のニュースを観て・・・
録画してあった、「刑事コロンボ・2枚のドガの絵」もついでに観る。

☆録画も便利だけど、ある意味、罪だな〜。
 だいたい、こんな時間に、コロンボを観るなんて、もったいない。
 などなど思いながらも、観はじめた勢いで、最後まで観る。
 途中、あまりにも時間がもったいないので、
 横目でテレビをちらちら観ながら、リビングの書類棚を片づけ始めた。

コロンボが終わって、わたしの作業場の片づけの続きのつもりが・・・
ぐちゃぐちゃすぎて、もう、見る気もしなくなってきて・・・
次は、やりかけた、リビングの方のお片づけを始める。

こちらの方も、溜まりに溜まった、書類などを、一気に処分する。
9割以上はゴミ袋へと直行。

その後、ちょっとだけ、晩ごはんの用意をして、作業場の片づけに入る。
あ〜、あ〜、なかなか進まない。
いるものといらないもの、どれもこれもが、まだ使えそうな気がする。

って、使えそうって思うものが、人から見れば、笑っちゃうようなもの。
もう着ない、アニエスのTシャツ。これは鍋つかみができるぞ!
オットのオックスフォードのシャツ。これはエコバッグができるぞ!
オットのチェックのシャツ、これはわたしのエプロンができるぞ!

なんてなんて、思うと、どれも捨てられなくなってきて・・・
あ〜あ〜、思いっきりが悪いよね・・・と思いつつ、
なによ、なによっ! これこそ、街中でできる、エコ的生活じゃない!?

なんて、自分で「モデル的エコ生活」の主人公になりきり、
その姿に、うっとりと酔いしれる^^;

とうとう、夕方になってしまって、片づけは頓挫してしまった。

知らないっ〜〜〜 また、あしたっ〜〜〜

って、明日は、免許センターにも行かなくちゃ・・・
「おいしいテーブル」のレシピも書かなくちゃ・・・
そうそう、前回見つからなかった、マンゴジュースも探さなくちゃ・・・
昼からは、バーベル挙げのクラスにも行かなくちゃ・・・

今のわたしは、
「♪おかたづけ・ドン! ♪おかたづけ・ドン!」だよ^^;

早くきれいさっぱり、お部屋をかたづけて、
「♪お買いもの・ドン! ♪お買いもの・ドン!」って、
歌って踊ってバーゲンに行きたい・・・♪

☆って、本音のところ、バーゲンで欲しいもの、何もない・・・

・・・

「塩麹」が美味しい、と書いたが・・・
みんながみんな、そう思うだろうか、と・・・

塩麹の味は、自然の旨みが、じわ〜っと口の中に、
控えめに、控えめに広がっていくような味。

「うまい〜っ!!!」って、
のけぞるようなインパクトのある味じゃない。

先日、大阪泉州の水ナスの漬物をいただいた。
食べること大好きな人から頂いた。
丸々とした水ナス、透き通るような、茄子紺の色。

スライスして食べてみた。
オットと顔を見合わせる・・・

化学調味料の味がする、と言うと、オットも同意する。
なすの色も、こんなにきれいな色を保つなんて、
普通じゃちょっと考えられない、と思う。

ごはんといっしょにいただくが、オットも箸が進まない・・・
家で漬ける、色の悪くなるナスのぬか漬けの方が、いいと言う。
確かに、派手さはないけど、我が家のぬか漬けの方が、
少なくとも、我々好みであることは確か。

あちこち、美味しいっていうもの・・・
最近、あまり信じない。
食べてみると、意外とこの化学調味料の味が勝っていることがあるから。

塩麹の旨さ、甘みは、自然の味。
ほんのりとした味だから、
みんながみんな、おいしいと思うかどうかは、疑問。

次の「おいしいテーブル」に、塩麹料理するけれども、
もしかしたら、NG・・・かもしれないなぁ・・・
なんたって、地味な味だからね。。。

・・・
化学調味料が、全くダメっていうわけではない。
ラーメンとか、中華料理とか、
化学調味料の味がバンバンするような、料理、これはこれで好き。

お上品な中華料理もいいけど、
そこらのお店の中華料理、町の中華料理屋さんの中華料理、
これは、これで大好き。

ただ、和食には、合わないような気がする・・・

って、駅の立ち食いそばのつゆなんて、
化学調味料の味がするけど、あれはあれで好き。

わたしの好みって、ようするに、ただのワガママだけなのか^^;

塩麹・エコ

P1020449_1













発酵食品が、どうも、身体にいい、らしい・・・
真偽のほどは、わからないけれども、
身体に悪いことはなさそうだ・・・

この冬から、塩麹を作っている。
最初は、何に使えばいいのか、ちょっとわからなかったけれども、
今では、あれやこれやに使っている。

一番のお勧めは、豚コマに一晩まぶしておいて、
次の日に、それを炒めると、なんとも言えない旨みが増す。

↑母から大量の麹をもらったから、今、大量に塩麹を作っている。

塩麹を作るようになってから、気が付いたことがある。
醤油もいい醤油は、ぷ〜ぅんと麹の匂いがする。
味噌も、ぷぅ〜んと麹の匂いがする。

今まで、気が付かなかったんだけど、
麹の匂いが嗅ぎ分けられるようになった。

そうそう、塩麹にまぶした豚の肩ロース、これをオーブンで焼いたら、
家の中が、甘酒の匂いになって、ちょっとびっくりした。
この焼き豚、旨かった〜っ!
呉冷麺なるものを買ってきて、上に乗っけて食べた。

発酵食品、味噌、納豆、醤油、糠漬け、ヨーグルトなどなど、
日々の生活の中でおなじみだが、わたしの摂取量が一番多いのは・・・

笑! なんたって、ワインかなぁ〜♪

☆どうやら、便秘にいいらしい・・・
 腸の調子がよくなるからかな?
 便秘の人は、試してみる価値があるかも・・・です、塩麹。

・・・

「エコ的生活」 エコな生活について

大量生産・大量消費がぐんぐんと力を持った時代。
日本古来の伝統とか、そんなモノがどんどん廃れ、継承されなくなり、
そんな時代を経て、バブルなんて時代があって・・・

あの頃、どこそこのレストランだの、どこそのワインだの、
どこそこのお取り寄せだの、どこそこのデパ地下だの・・・
食べ歩きだの・・・ 海外ブランドだの・・・
なかなかにぎやかな時代もあって・・・

その後、バブルは見事に弾け去り、気が付けば、デフレの時代に。

もったいないとか、エコとか、節約とか・・・
今は、節電、節電と、
ニッポン丸の進む方向は、まあ、あちこち、忙しい。

考えてみれば、正常な方向に、戻った、というだけかもしれないが。

そんな中、本屋の店頭の雑誌や本、
「エコ的生活」・・・特集なるものが、あちこちに。
テレビの番組も、同じような路線が増えてきて・・・

この「エコ的生活」のモデル像みたいなの、ちょっと気になるなぁ・・・

だいたい、このモデル、どの雑誌も、どの本も、どの番組も、
画一すぎないっ!? 

田舎暮らし、木の家、薪ストーブ、土間、木の床、珪藻土の壁・・・
家の周りには、畑、果実のなる木、コンポスト、ハーブ・・・
田舎の古民家なんて言うのも、流行りだしなぁ〜

そうそう、そういう生活の中で、天然酵母のパンを焼く、
これも、外せないし・・・
蕎麦打ちも、外せないし・・・

そういう路線で行くと、機織りも外せないし、
糸紡ぎも外せないし・・・

わたしも、知らず知らずのうちに、その路線に乗っかっている!?

街中に住む私としては、本音のところ、憧れの世界である。
いいな〜って、うらやましい生活であることは、確か。

ただ、「エコ的生活」イコール、上記のような画一的な「型」
これには、最近、少々ヘキヘキしてきた。

これって、バブルのころに流行った、「セレブな生活」の、
エコ的版のような気がして・・・

こういうモデル的な生活が、「エコ的生活」そのものズバリ!
って構図、あまのじゃくかもしれないけれども・・・
なんだか、好きじゃないな〜。

何度も言うけど、個人的には、すごく憧れるんだけど、
あまりにも、「みんな同じ」すぎるパターン、好きじゃない。

わたしは、街中のマンションに住んでいるんだけど、
これじゃあ、ひっくり返ったって、「エコ的生活」には、程遠い。

街中のマンションでは、「エコ的生活」なんて、ありえないのかな?

☆街中だと・・・
 築30年の古アパートを、改造して住んでいます・・・って感じ。
 これが「エコ的生活」雑誌の取り上げるテーマかな!?
 でも、考えてみれば、
 築30年で、古いっていうのも、なんだかねぇ、ふに落ちない。

 わたしなんて、築53年だものね・・・
 いや、築じゃなくて、生誕53年かぁ・・・

☆まあ、でも、なんかかんかと、いちゃもん付けながらも・・・
 「都会のプチセレブ的生活」よりかは、
 「エコ的生活」の方が、まだ、身近に感じられることだけは、確か。

・・・
何かのミニコミ誌みたいなので読んだこと。
「節約のために何をしていますか?」っていう質問。

「車を使わないようにする」
「クーラーを使わないようにする」
「買いだめをしないようにする」
「冷蔵庫の食品・野菜を最後まで使い切る」
などなど・・・

その中で、わたしが、一番、「ふう〜ん、なるほど!」と感心したのは、
「病気にならないようにする」っていう答え。

人間、病気にならないように頑張っても、病気になる時はある。
それはそれで、本当に気の毒だと思う。
このような、避けがたい病気は別として・・・

いわゆる、生活習慣病のようなもの・・・

普段の生活を見直して、病気にならないような生活をする。
これなら、日々の生活の中の、ほんのちょっとの努力でできるかも。

病気になると、確かに、お金がかかるものね・・・
病院にちょっと行くだけで、数千円いるものね・・・

ちょっと考えさせられた、意外な答え、でした。

パン・中華・うどん

HAWAII-1 372_1












週末ずっとあちこち、3週連続。
萩、九州へ、そして、土曜日は益田から高田へと。

益田、オットの仕事があるからついて行った。
今回、ちょっと行きたいところがあったから。

益田出身のイクちゃんお勧めのお店、monukka(モヌッカ)、
ここに行ってみたかった。
パン屋さん、ちょっとかわいいパン屋さん。

お隣は、葡萄屋さん。
なんでも7月の中旬ごろからお店を開けるらしい。
変わり種の葡萄が店頭に並ぶという。
また、来たいな〜。

お昼は、恵比寿軒という中華料理屋さんへ。
ここ、好きだな〜。
中華料理屋さんなのに、塩っ辛くないの、お料理が。

普通、中華料理屋さんって、塩気が強すぎることが多い・・・
白ご飯についてきた、スープ、鶏ガラのスープなんだけど、
味が付いているの!?っていうぐらいの薄味。
こういうスープを飲むと、ほっとする。

特筆すべき料理は、麻婆豆腐。
これは、わたし好みの味。
白ご飯が欲しくて、わざわざ麻婆豆腐のために、白ご飯を注文。

ここ、ランチタイムに行ったんだけど、
ランチセットみたいなのは、ないみたい・・・たぶん・・・

五目ラーメン、これも好きな味だった。
580円という値段もうれしいし・・・
なんたって、頼んでから、3分程度で料理が出てくるのがすごい。

隣の人が食べていた、焼きそばもおいしそうだったし、
春巻き、餃子、チャーハンも、すごいおいしそうだった。
(この焼きそば、注文後、2分で出てきた!)

益田って、高速道路から離れているから行きにくい場所なんだけど、
こんなおいしいものがあるお店があるなら、
その遠さなんて気にならなくなっちゃう・・・また、行きたい!

その後、浜田に向けて9号線を運転。
瑞穂インターまで運転して、オットはもうひとつの仕事場へと。
わたしは、瑞穂の道の駅でお買い物。

そして、オットのお気に入りのドライブコースを抜けて、
久しぶりの、ten ten house へと。

あれこれ積もり積もった話しをして・・・^^
その後、
織りのこともいろいろ聞いて・・・

その結果、わかったのは・・・
わたしの織りは、かなり「オリジナリティーな」やり方みたい!
って、
つまり、インチキ!というか、マチガイ!というか、
かなりいい加減、自分の思いこみでやっていた部分が、
かなりたくさん、あるということ。

ひとりでやっていると、気が付かないんだよね・・・
いろいろ聞いて、なるほど、なるほど・・・
まだまだ、お勉強が足りないようです。

補習が必要な気がします。

・・・
日曜日、クロワッサンのお店に行きたいから、駅前福屋へと行く。
バーゲン開始だから、駐車場はいっぱいだと思い、
アッセの駐車場へと。ここは、ガラガラだった。

福屋でさささ〜っと買い物して、帰る。

帰りに、うどんの「乃きや」へと行く。
オット、おろしスペシャルを頼んだら、
まあ、なんともいっぱいのてんぷらが乗ってきた。
玉子のてんぷらや、餅のてんぷらまである・・・
予測するのに、軽く1000キロカロリーはありそう・・・

わたしに、てんぷらを食べろ、食べろというけれども、
わたしは、梅しそぶっかけで、幸せなんだけど。

・・・
隣のテーブルに、まあまあ、若いカップルが座る。

女が注文するものに、イラッ!と来た・・・(怒)

「冷やしトマト、それからぁ〜、アスパラのサラダ・・・

おい、おい、おい・・・ここは、うどん屋なの!
手打ちうどんのお店なの!
それなのに、うどんを頼まずに、冷やしトマトかよぉ〜っ!」

わたしが、男なら言う。
「おい、うどん屋に来たら、素直にうどんを喰えよっ!」
って。。。

ダイエットなのか、食事制限なのか、?だけれども、
なんだか、イヤみな客だな〜って、
隣のわたし、ひとり憤慨した!

☆オットの父、ふぐの大好きな人だった。
 今でも、語り継がれる話し・・・
 すき焼き屋に行って、ふぐを注文したそうな・・・
 で、すき焼き屋のおやじ、
 ふぐ刺しを「酔心」に買いに行かせたそうな・・・

うどん屋では、うどん!
すき焼き屋では、すき焼き!  で、しょうに・・・苦笑

へっ!?

P1020398_1













今日は、2011年7月1日。
2人目の孫、なっちゃんが生まれたのが、2009年10月11日。
だから〜〜〜 なっちゃんは、1歳と9カ月ぐらいになる。

って、なっちゃんの話しじゃなくて・・・テレビの話し。

なっちゃんが生まれたその日、我が家ではテレビを買った。
なっちゃんが生まれたんだもの、記念に思い切ってテレビを買った。

だから、なっちゃんと我が家のテレビは同じ年。

・・・
実家の台所をゴシゴシ磨いたせいなのか、
ちょっとだけ、お掃除の神様が舞い降りてきた。

昨日は、お天気もいいし、風も気持ちよかったので、
気になっていた、ベッドルームの窓周りをお掃除。
網戸をお掃除して、カーテンを全部洗って、
クーラーのフィルターもはずしてゴシゴシ洗って・・・

それから、風の通り抜ける場所、電話の下の書類入れの棚、
ここらも、全部出しては、掃除機をかけたり、拭いたり・・・

地図や家電の取扱説明書なども、全部出して、
古いモノや不必要なものはゴミへ。
まだ取っておかなくちゃいけないものは、空拭きして棚へ。

その時、テレビの取扱説明書が目に入った。
空拭きして、ほいっ・・・と置いた瞬間、あれ〜???

インデックスの「録画」の文字が目に入った。

「録画!?」・・・・・・・・これって、何のこと???

とりあえず、そうじを済ませて、シャワーをして、
ソファーに座りなおして、取扱説明書のページを開く。

うっそぉっ〜〜〜!!!

我が家のテレビって、録画ができるんだぁ〜〜〜〜〜!!!!!

デ○○○さん! 今まで、知らなかったよ〜ん!!!
なんで教えてくれんかったん・・・!!!

って、そんなこと、取説読めよっ! って突っ込みが入りそう^^;

我が家のDVDは、友だちのお下がり。
それも10年近く前にもらった、すごく古いお下がり。
それでも、レンタルDVDはちゃんと再生できる。
ただし、録画機能はなし。

テレビ、録画までして観なくてもいいと思っている。基本。
ただ、
時間が合わなかったりする番組、主に夜遅い番組だけど、
そんな番組は、録画できるといいな〜って思っていた。

で、いつかは、録画機能のついたDVDかブルーレイが欲しい、
なんて思っていたんだけど・・・
まずは、リビングのクーラーが先で、(これは先日購入済み)
その次は、冷蔵庫かな・・・って思っていて、
なかなか、録画機能付きのそちらまで、お金が回らない・・・

ガマン、ガマン、ガマン、って、思っていたのにぃ・・・

取説を読むと、う〜ん、頭が痛くなりそう・・・
「どこかの誰かが、どないか、ええようにしてくれへんかな〜」
なんて、どこかの宣伝のような気持ちになる。

すると、取説からポロっと落ちたカードが・・・
簡単録画の方法、だって!
なあんだ、これを見れば、簡単に録画の方法が書いてある。

と、テレビのリモコンの「番組表」から、番組を選び・・・
・・・ってさぁ・・・「番組表」なるモノも、すごいとびっくり!

後は、「決定」ボタンを押すだけ。これだけ!?

へっ!? これだけで、録画予約できるの・・・便利だな〜〜〜

と、昨日予約したのは、BSお気に入り番組「美の壺」
これを録画予約する。ついでに、「漱石と猫」も録画予約。
すると、テレビの左下に、オレンジのランプが点灯。
ふむふむ、どうもこれが、録画予約ができたという、
テレビからのお返事なのかな?

午後7時30分、美の壺スタート。
昨晩は、「湘南の家」 うん、素晴らしい。
生まれ変わって、大富豪の家に生れたら・・・
こんな家に住んでみたい・・・こんな家を建ててみたい・・・

さてさて、録画再生ボタンを押すと・・・

へっ!? すごい、録画した番組が一覧表になって出てくるっ!

観たい番組をクリックすると・・・
ありゃありゃ・・・「美の壺」のテーマソング、
アート・ブレーキーの「モーニン」が流れてきったっ!

やったね! 録画ができたっ!

と・・・この1年9カ月、いったい何だったんだろう・・・

よくよく見ると、テレビのリモコンにも、「録画」の文字がある。
あ〜あ〜、本当に馬鹿みたい・・・

・・・
なっちゃんが生まれるという朝、みぃ〜ちゃんを預かった。
ちっちゃなみぃ〜ちゃん、不安そうな顔・・・

お天気のいい日だったから、我が家から平和公園にお散歩。
平和公園では、元気になって、走りまわって遊んだ。

その後、なぜか、デ○○○に行った。

記念だ! テレビ買っちゃおうかっ? ってオットに言う。

テレビ売り場に行くと・・・テレビでアンパンマンが。
みぃ〜ちゃんとふたりで、アンパンマンの前でアンパンマンを観る。

オットに「適当な〜テレビ買ってね〜」って言う。
で結果、オットがどんなテレビを買ったのか、知らなかった・・・
録画できるかどうか、知らなかった・・・

据え付けに来た人も、据え付けたら、そのまま帰ってしまった。
以前は、いろいろ使い方を教えてくれていたような気がするんだけど。

って、電気屋さんのせいにしてはいけないよねっ・・・
ちゃんと自分で調べないと、ね!

とにもかくにも、我が家、これで、録画ができる!
ということで、
ねこちゃんお勧めの「サラメシ」だって、観られるのである!

やったねっ!!!

・・・
なっちゃんは、この1年9カ月で、歩けるようになって、
言葉もだいぶしゃべれるようになって、
それに、ばんたんの家で、泣かずにお留守番もできるようになった。

で、ばんたんは、1年9カ月かけて・・・
やっとやっと、テレビの録画ができるようになった・・・

歳をとると、進化は、遅々として進まないのである。。。

やれやれ・・・


Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ