*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年09月

1−1「ちくちくテーブル」

P1030204_1













「お呼ばれしたい〜っ!」って言ったら・・・
あちこちから、お誘いが・・・
最近、遊び歩いている、わたしです。

みなさま、ご招待、ありがとうございます。
出不精ではありますが、お出かけは、やっぱり楽しいです!
これからも、よろしく、です^^

↑美味しい〜タルト。これはわたし好みです!
 ケーキ屋さんのよりも、こちらのほうが美味しいです。
 今度、教えてください〜〜〜♪

・・・

昨日は、第一回「ちくちくテーブル」
キッチンクロス、台所ふきんを麻で手縫い。
朝飯前で、ちゃんちゃかちゃ〜ん♪でできるよね^^

わたしが、甘かった・・・

冷や汗、暑い汗、脂汗・・・^^;

玉止めができない、って、本当だったんだねぇ・・・
いやあ、そこまでとは思わなかったんだけどねぇ・・・アセアセ…

最初から、
糸がもつれたぁ〜〜〜
針に糸が通らない〜〜〜

ここ何か変!? 
・・・って、言った通りにしてないでしょ・・・
折るの、折るのを忘れているよ・・・

って、次の人も、ここ何か変!?
・・・って、同じことでつまづくと、仲間ができたと、喜ぶ! 
・・・・・・・・・あのう、喜ぶところ、違うじゃろうに・・・

それでも、なんとかかんとか、形になっていく。

調子に乗って、バザーに出す!なんて、向う見ずなことを言う。
あのう、やめとき・・・ 悪いことは言わんけんねぇ・・・

間違ったり、ひっかっかったり、進んだり戻ったりだけど、
それでいいのだ!

針山も作る予定だったけれども、到底及ばず・・・
リバティーの布を買ってきていたり、
アメリカンレトロの布を持ってきていたり、と、
気持ちははやるが・・・手は追いついて行かない・・・

針山は、次回へと持ち越しにして、まあ、ゆっくり進めましょ。

終わったら、どっと疲れた・・・でも、楽しかった!
一番笑って、一番楽しかったのは、わたしかも・・・

キッチンクロス、少々曲がっていてもいいの。
それでも、自分で手縫いしたもの、かわいいよ〜。

ちくちくしながら、話したこと!
「今の時代、なんでも買える時代だから、こそ!
 あえて、自分でできるものは自分で作ってみる。
 それって、クール!(かっこいい)じゃない!?」

みんな、うんうんと、針を動かしながらうなずいていたけれども、
きっと、聞いてない・・・よな〜〜〜 ま、いいかっ。
それでいいのだ!

いちおう、わたしの頭の中では、次はこれ、その次はこれと、
カリキュラムはあったのだが、大幅修正しなければならないかも。

って、当の当人たちは、
バッグが作りたいよね〜〜〜なんて、自分の実力を返り見ず、
勝手なことを言っている(笑)

まあ、一年後、それまでがんばったら、できるかも。
ゆっくり焦らず、ちくちく、ちくちく、していきましょ^^

☆みなさんの作品、写真撮っておけばよかった。
 ビフォー&アフターになるものね・・・
 って、いつになったら、アフターになれるのかな〜♪

買ったお弁当

P1030199_1













お昼は、ほとんどの日は、手作りお弁当。
オットのお弁当を作るついでに、自分のも作る。
だから、お昼のことは、なんにも考えなくていい。

昨日は、オットが朝早くから九州へと出張。
朝ごはんのお弁当は作ったが、昼ごはんのお弁当はなし。

朝から、用事があって、そごうへと行く。
昼の早い時間から、またもや、用事があるから、
お昼は簡単に手早く済ませたい。

そごうの地下で、出来合いのお弁当を買うことにした。
たいていいつもは、酔心のお弁当を買う。
ここのは、揚げものがほとんど入ってない、あっさり系のお弁当。

デパ地下2階に行くと・・・
あらら、三滝山荘のお弁当が売っている。
こちらを試しに買ってみることにする。

ぶりの煮付け・白身魚のフライ・鰆の西京焼き・出し巻き卵
牛肉とたまねぎの甘辛煮、以上がたんぱく質群。

さつま芋煮・小松菜と油揚げの煮たの・切干大根・みょうがの甘酢漬け、
以上が野菜群。

それに、白ご飯と沢庵二切れ。

どれも量はちょっぴりだけど、美味しく作ってある。
やや塩気が強いかな〜とも思うけれども、
まだまだ暑いこの秋、そして、万人向けの味だろうからな、と思う。

バランス的には、タンパク質類は多いけれども、
野菜は、かなり少ないな〜って思う。
カップに入っている、小松菜や切干大根は、
一口サイズ、ならぬ、半口サイズ^^;だもの・・・

正直に作っているお弁当だと思う。
そこいらの、揚げもの中心のお弁当に比べると、
わたし的に点数は高い。

ただ、値段も高い。これで840円なり。

う〜ん、我が家的には、お高いなぁ・・・
たまにだから、買えるけれども、正直毎日は無理な値段。

たんぱく質と野菜とのバランス、それに値段、
などなど考えると・・・
やっぱり、お家でお弁当を作るのが、一番、と思った。

・・・

たまに、こんなお弁当を買う。
それによって、自分の家の食事を振りかえる。
それから、おかずのヒントをいただく。


ばんたん似!?

P1030193_1












みぃ〜ちゃんの幼稚園、今月は敬老の日があるからかなぁ〜?
おじいちゃん&おばあちゃんのための参観日があった。

チャリで幼稚園に駆けつけると・・・
園庭には子供がいっぱい・・・ どこにいるんだろう・・・

年少さんは教室に移動です、と聞いて教室に行く。
が・・・教室にいない、見つからない。どこ!?
と、探したら、手洗い場で手を洗っている。
石鹸を泡立て、丁寧に丁寧に洗っている。

みんなもうお席に座っているんだから、早くしなさいよ〜っ!
って、思わず言いたくなる・・・

やっと手を洗い終えたかと思ったら、ポケットからハンカチを出し、
丁寧に丁寧に手を拭いている。
そして、ハンカチを広げて、ハンカチの絵を見ている。

まま、幼稚園にプリキュアのハンカチとか持たせたらダメだよ〜。
みぃ〜ちゃん、絵に見とれて次に進まないよ〜っ・・・

・・・って、もしかして、あのハンカチ買ったのは、わたし^^;
そうそう、プリキュアのハンカチが欲しいって、買ってあげた・・・
あ〜あ〜、こんなことになるなら、水玉のハンカチにすればよかった。

園庭で遊んだ後は、手洗いをして、
その後、持参の水筒のお茶を飲む時間らしい。

手洗いとハンカチで出遅れた、みぃ〜ちゃん・・・
みんなはもう、お茶を飲んで、水筒を棚にしまって、歌を歌っている。

みぃ〜ちゃん、ゆっくりと水筒を棚から出してきて、
自分の机に持って行って、水筒からコップにお茶をついで、
ゆっくりとお茶を飲んでいる。
コップを置いては、わたしに手を振り、また、お茶を飲む。

あのうぅぅぅ・・・ 今、お茶を楽しむ時間じゃないんだけどぉ・・・
早く飲みなさいよ。早く水筒を棚に返しなさいよ。
みんな、歌を歌っているでしょ・・・

やっと水筒を棚に戻し、歌を歌いはじめたときには、
歌は、もう3曲目に入っていた^^;

その後、ちょっとしたゲーム的お勉強。
息子の時の幼稚園時代とは、やることのスピードが全然違う。

その後、トイレタイム。
・・・またまた、トイレに行ったみぃ〜ちゃん、帰って来ない。
み〜んな、帰ってきているよぉ・・・どこにいるの?

よく見ると、手洗い場で、丁寧に丁寧に石鹸付けて手を洗っている。
ばんたんが以前教えた、正しい手洗い方法で手を洗っている・・・
もう少し手抜きでいいから、さっさとしてぇ〜〜〜ぇっ〜!
ばんたん、冷や汗がどっと出てくる・・・

こちらも、みんなの用意ができている頃に、やっとこさ席に戻る。
はあ、やれやれ・・・
次はプリントの時間。。。

P1030187_1













プリントのほうは、何なくできて、ほっとする。
というか・・・後ろの席の子が少々ぐずっていて・・・
自分のプリントよりも、その子のことが気にかかる・・・
こうするんだよ、ああするんだよ、と・・・

それよりかはっ、自分のプリントを。まずはしなさいっ!って、
ばんたんは心の中で叫ぶ!
後ろの子の面倒は、それからすればいいじゃん・・・もう・・・

昔、昔、その昔・・・
全然覚えてないし、記憶の片りんにもないし、
つまり、全く自覚していなかったけれども・・・

母曰く、わたしは、なんでも「ビリ」だったそうだ。
そう、なんでもビリ、超〜〜〜が付くほどのゆっくり、だったそうな。
今を知る人は、全くもって信じられない、と言うが・・・

ばんたん似なのかなぁ・・・? あのゆっくり度は・・・

まま、ごめんね。
みぃ〜ちゃんがゆっくりなのは、ばんたんに似たみたい・・・
でも、大丈夫だよ。そのうち、みんなと同じになるから。

夜、オットに、みぃ〜ちゃんの幼稚園での様子を話した。
わたしに似て、ゆっくりだったよ〜って。

すると、オット、
「そのうち、一度に三つのことができるようになるよ。
 ばんたんみたいに・・・」と笑う。

「あのね、ばんたん似のところ、もうひとつあったよ!」
って言った。ちょっと胸を張って言った。

「みぃ〜ちゃん、やっぱりかわいいかったよ〜〜〜♪」
「あのね、他にもかわいい子はいたんだけれどもね・・・
 美人度ではね、ばんたんに似て、みぃ〜ちゃんが断トツの美人!」

オット、
「よかった、よかった、それが一番だ! 
 ばんたん似の一番美人、それが一番!」
と、笑いながらそう答えた。

そう答えないと、家庭平和はないからね・・・^^

マイペース、そう、マイペースでもいい。
ゆっくりだけど、丁寧にすること、大事。
だんだんとみんなと同じペースでできるようになる、はず。

そう、焦らなくてもいい、いいんだ!
と、みぃ〜ちゃんに言うよりも、自分自身に言い聞かせた。

・・・

幼稚園から家に帰ったら、どっと疲れた・・・

親の心、子知らず・・・じゃなくて、婆の心、孫知らず。
ぼちぼち進もうね、みぃ〜ちゃん。ばんたん、応援するから。

秋気分だけど・・・

P1030131_1













あっという間に、秋が来た。

おとといまで、タオルケットで寝ていたけれども・・・
そろそろ限界と、夏布団を出した。
昨晩は、夏布団で寝たんだけれども・・・
夜中に暑くなって・・・窓を開けた。

タオルケットだと、やや涼しいし、
かと言って、夏布団だと、やや暑い。
でも、やっぱり、もう夏布団の季節かな?

秋の訪れは、陽ざしの長さ。
リビングの中まで、お日様が入ってくる。

遮熱カーテン、そろそろ洗濯して、しまおうかと思っていたけれども、
しばらくは、遮光カーテンとして使えそうだ。

普段着は、いまだに、タンクトップとショートパンツ。
でも、外に出るときは、ちょっとだけ秋色の服。
それでもまだ暑いから、麻の服。
この時期、中途半端。

白い服は、それでもやっぱり夏っぽいから、
そろそろ、そんな服をしまわなければならない。

サンダルももう履かないだろうな〜って思いつつ、
近所へは、今でもサンダルを履いている。

朝夕涼しく、昼暑い、この季節、
着るものも、履くものも、布団も、帽子も、中途半端。

ただ今、7割方夏仕様の我が家。
3割程度の秋を楽しんでいる。

field 日々

P1030137_1













「field 日々」展に行って来た。

素敵なウールの織りものがいっぱい。

色の感じがいい。
青とか、茶とか、グレーとか、一言で言い表せないような、
何とも言えない色の感じが好き。

P1030148_1

















組織織りっていう、ちょっと、いやいや、かなり難しい織り。
わたしも一度だけ挑戦したけれども、これはハードルが高い。

機織りで、ひとつひとつ人間の手で織った、手織り。
優しくて、温かくて、暖かい。
やっぱり手織り。人間の手っていいなぁ〜。

なんでも安く買える時代だけれども、
なんでも工業製品として作れる時代だけれども、
それでも、それでも、人間の手で作ったもの、いいなぁ〜。

一段ずつに、作った人の手が、右に行ったり、左に行ったり、
「思い」が織りこまれている、そんな手織り。

木枯らしの吹く季節、人間の手で織りだした布、
それを首にくるくるって巻く。
織った人の手のぬくもりが、思いの優しさが感じられる。
その思いや温もりが、心まで豊かにしてくれる。

ウールが「くしゅくしゅした」ふさの部分もかわいらしい。
これも、ひとつずつ、くるくる結んでいくんだものね。

人間の手、ばんざいだ。

P1030140_1













椅子もある。
いいなぁ〜。椅子好きにはたまらない。

我が家の丸椅子、量販店の安い丸椅子。
いつか買い直したいな〜〜〜って思う。
座ってみたけど、おしりに優しい椅子^^

ランチもある。
限定の何食からしい・・・売り切れたら、それで終わり。
もし行かれるなら、ランチ狙いで行くといいかもしれない。
ただし、早めがいいかも・・・

ケーキも美味しそうな品ぞろえだったけれども、
ランチを食べたら、お腹がいっぱい。残念・・・
横で食べている人のを、そっと横目で見ていた。

今日は、お天気がいいから、チャリで行った。
ぐんぐんチャリをこいで行った。
時間は20分だった。意外に早い!?

帰りは、裏道をあちこち、あちこち散策しながら帰った。
もう暑くないから、チャリをこぐのも楽しい。

ずっと行きたいと思っているお店、市内のあちこち。
秋になったから、チャリであちこち巡ってみるかな?

駅裏のあのお店、東雲のあのお店、三滝のあのお店、
気になる、気になるお店。
噂を確かめに、チャリにて出動・・・

チャリの季節

P1030135_1













一気に涼しくなった。
去年も、確かお彼岸のころ、一気に涼しくなった記憶がある。

夏も終わった・・・

昨晩は、久しぶりのベランダごはん。
涼しいを通り越して、やや寒い!?
ビールをワインを飲んでいたけれども、最後は湯割り焼酎。

飲み物を見ても、季節は移り変わっているのがわかる。

・・・

おとといの夕方、
オットが飲み会だったから、フリーだよ〜って言っていたら、
ももちゃんから、遊びに行かない!?っていうメールが。

うんうん、遊ぶのは好き!

チャリに乗って街へ出発!
と言っても、居酒屋じゃないよ・・・

おしゃれな布や布製品のお店、creerさんに行った。
ノンちゃん&アンちゃんにも会いたかったし、ねっ♪

どれもこれも、欲しいものだらけ・・・
誕生日来ないかな・・・
10月はオットの誕生日だから、何か買うかな!?
わたしの幸せはオットの幸せでもあるはず、だから・・・^^;

なんて、なんて、もうユダレが出そうに、いろいろ欲しい。
で、ユダレが止まりそうになかったので、
リネンシャツを買った。

自分で言うのも変だけど・・・
わたしのためのリネンシャツって感じ。
丈も長いし、袖丈もたっぷりの長さだし、いい感じ。

黒もあったけれども、やっぱり白にした。
でも、黒も欲しい。
ああ〜っ、クリスマスまで、待てないっ!
ハローウィンは、プレゼントは買わないのかな・・・・・

それに、他に欲しいものもいっぱい、いっぱい、いっぱい。
でも、ちょっとだけガマン。

布も秋物になってきていて、
こちらのほうは、もう少し何を作るか考えて買うことにした。
型紙作って、きっちりの用尺を買えば、無駄がないから。

creerさんで、ノンちゃんといっぱいおしゃべりして、
アンちゃんとも少しだけ遊んで、それからバイバイした。

いっしょに行ったももちゃんも、布に魅せられてしまって・・・
何かお買い上げしていたみたい。

 ももちゃんへ
  とうとう、布世界のドアを開けてしまいましたね・・・
  こちら、入ったら最後、出られません・・・
  今から、布が欲しい、欲しい、欲しい地獄に陥ります・・・

その後、ちょっと気になるお店、logさんへと行った。
赤ワインをいただく。

ちょうど夕暮れ時、お店の光の加減が変わるのがきれい。
布の話しをしていたら・・・
オーナーさんが、あそこのお店、いいらしいですね・・・と。
やっぱり、元セレクトショップの店主さん。いろいろ知っている。

その後、チャリで家路へと。
オットも帰ってきてないし、我が家で飲みなおそうよってことに。

冷えた白ワインと、冷蔵庫の残り物。
オットのごはんいらない日が、二日続いたから、
冷蔵庫の中、からっぽ! ごめんねぇ・・・

そのうち、ももちゃんのご主人さんも来られて・・・
そのうち、我が家のオットも帰ってきて・・・

おしゃべり、楽しみました。
また、遊びに来てください。

☆チャリ、もう少し上手に乗れるようになるといいな〜 
 かなり危なっかしかったよ^^;

☆わたし、今から、f i e l d 日 々  tenten houseの織布に行きます。
 チャリでね!
 チャリがもう少し上手になったら、一緒に行こう!
 今の実力じゃ・・・ 草津まで無理と思う^^;



かぼちゃのマッシュサラダ

P1030098_1













−材料−
かぼちゃ(くりかぼちゃ)・クリームチーズ・バター・砂糖・塩
デザート用には、パン・バター・メープルシロップまたは蜂蜜

−作り方−
1・かぼちゃを切って煮る。
  甘さが足りないかぼちゃの時は、砂糖を入れる。
2・煮上がったら、水分を飛ばし、マッシュする。
3・熱いうちに、バターとクリームチーズを入れて混ぜる。
  足りなければ塩を加える。

P1030099_1













↑デザート応用
パンをカリッとトーストする。バターとメープルシロップを塗る。
上にかぼちゃマッシュを置いて食べる。

デザートで食べてもいいが、朝ご飯でもOK!

・・・

この季節になると、ペイストリー系の焼き菓子がいろいろ出てくる。

昨日買った、「マロニエ」のお菓子、なんとかダモーレ・・・!?
ペイストリーのパリパリの生地の中に、カスタードが入った焼き菓子。

壁紙を貼りに来たクロス屋さんのお茶受けにした。
わたしの分も一つ買った^^

クロス屋さん、絶賛のお菓子。
わたしも、後ほどいただいたが、確かに美味しい〜♪

だがだが、こんなお菓子、バターたっぷりで、カロリーが気になる。
栗が入ったパイ、そして、アップルパイなどなど・・・
今から、こんなお菓子が美味しくなるんだけど・・・

ペイストリーは、バターと砂糖と粉の塊りだから、
かなりのハイカロリーになる。
う〜ん、気を付けて食べなければいけない・・・

かぼちゃのマッシュを乗っけたトースト、
これは、ちょっぴりそんなお菓子気分を味わえる、
秋のお手軽、おやつ。

日々の努力

P1030120_1










台風、広島では、風がすごかった。
マンションのドアを開けると、吹き飛ばされそうなぐらいの風。
北風がすごかった。

今年は、あちこち自然災害の多い年。
自然に対して、もっともっと謙虚に向き合うこと、
学ぶ時が来たのかもしれない。

↑昨日、夕方の空。
手前の雲、見ていると、ぐんぐん移動して行く。
北西方向から、南東方向へと。
生きもののように、雲が動いて行く。
しばらく、ボーっと眺めていた。

P1030117_1













スーパーの今月の強化安売り品目、その一つがささみ。
100g68円だった!
それを、塩麹に浸けておいた。

アバンセで90円で買ったブラウンマッシュルームで作ったソース、
それを上にかけての一品。
後は、ごはんの残りに、バターとイタリアンパセリを混ぜた、
「1分でバターライス」を付け合わせただけ。ふたりで300円程度^^

オット、こんな簡単な一皿でも、ナイフとフォークを出すと、
「おごちそうだな〜」ってニコニコして食べる。
なんとも簡単な人だ。

・・・

我が家のオット、いつもニコニコしていて、いい人だねっ、
と、他人は言う・・・
確かに、悪い人じゃあないと思うけれども・・・

30数年いっしょに暮らす中、どれだけ言い争い、
どれだけ喧嘩をし、どれだけ叩きあい(主にわたしが叩く^^;)
どれだけ、もう別れようと思ったことか・・・

日常の小さな喧嘩もあれば、
数か月、数年越しに喧嘩してきたことだってある。
それでも、お互い、別れなかったのは? 

愛があるから・・・???   だといいけど・・・

ただ、めんどくさかった!?から、一緒にそのままいたんだと思う。
別れるのって、パワーがすごくいると思う。
それに、その後、新しい人を見つけて、またいっしょにスタート、
はぁ〜〜〜、考えただけでも、めんどくさそう・・・

そのうちに、子供も家から出て行ってしまって・・・
気が付けば、ふたりだけの生活。

なんだか、この頃から、喧嘩の量がいっぺんに減ってきた。
家の中には、ふたりだけ・・・
年もとってきたし・・・
いまさら〜喧嘩してもねぇ・・・

もちろん、小さなことでイザコザはあるけれども、
まあ、それは、お互い言いたいこと言って、それで終わり。

日々の努力と言うほどのものじゃないけれども・・・

いちおう、わたしが心がけていることは、
ただただ、わたしにできることを、ぼちぼちするだけ。
完璧にはできないけれども、それなりにするだけ。

それなりに、それなりにの日々の繰り返し。
ただ、それなりの繰り返し、って、ある意味においては、
微々たる努力の積み重ね。めんどくさいの積み重ね。

大きな努力はしないけれども、
この毎日の微々たる努力、けっこうめんどくさいことばかり。
でも、これは手を抜かない。

母がいつか言った。
「オットに手を抜くなよ!」と・・・

確かにそれは言えている。正しいと思う。

我が家の場合、オットのことを、大事大事にはしてないと思う。
けれども、手抜きは、あまり、してないと思う。
まあ、自分で思う、あまり、だから・・・あいまいだとは思う。

まあ、そんなこんなで、日々を過ごしている。

まだまだ、
オットに言いたいことは、1,000,000個ぐらいあるけれども、
オットだって、わたしに言いたいこと、あるだろな〜
いくつかぐらいかな〜!?

でも、もう、かなわない夢を追い求めて、
オットに言い続けるのも、いい加減、疲れた・・・

だから、
オットにない部分は、わたしが補い、
わたしにない部分は、オットに補ってもらう。

そんでもって、
ふたりにない部分は、アウトソーシング、または、諦めるか・・・

まあ、ぼちぼちやりましょ・・・

季節はめぐり、われわれの関係もめぐり、めぐる。

・・・

↑300円ぽっきりのディナーだけど・・・
手抜きはしてない。これが、わたしの言うところの、日々の努力。
まあ、この程度の努力です、わたしの努力は・・・



冷蔵庫の中を・・・

P1030113_1















☆以下の報告がありました。参考になると思うので、
 ここに載せます〜。
 ご報告、ありがとうございましたっ♪

 先日教えていただいたチョコプリン、
 ガーナチョコで作ってみました。

 ガーナは明治に比べミルク成分が多め?のせいか、
 二層にはなっても明治ほどクッキリとしてませんでした。

 お味のほうも明治チョコのほうが、
 チョコプリンに向いてる気が・・・

☆☆☆お好みの問題もあると思いますが、
    みなさま、他のチョコでもいろいろ作ってみてください。
    作ってからの報告、お待ちしています〜♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風が来るって言うから、朝から非常食作りをする。
九州育ちだから、台風って聞くと、ちょっとかまえる。

山本さんの野菜いっぱいのドライカレー。
ナス・ズッキーニ・クッキングトマトが送られてきたので、
お肉はちょっぴりで作ったドライカレー。

ひじきの佃煮。
いつも、クロワッサンで買う金ごま印のひじきの佃煮、
これをマネっこして作ってみたら、けっこういい感じ!
これなら、今からは、手作りでイケるかも!

ブラウンマッシュルームのソース。
アバンセで、普段は高いブラウンマッシュルームが、1p90円。
なんでも、ちょっと傷んでいるらしいかららしいが、問題なし。

そして、冷蔵庫の野菜室にあった野菜でのサラダ。

今晩、停電になっても大丈夫なように、ごはんは作った・・・
が、台風は、どうも方向が違うみたい・・・
でも、備えあれば憂いなし・・・ということで。

・・・

冷蔵庫の中、開けるたびに、よその家の冷蔵庫を開けている気分。
なんだか、自分の家の雰囲気がまだない。よそよそしい感じ・・・

今日は、近所の100円ショップに行って、
少しだけプラスチックの整理かごを買ってきた。

冷凍庫も野菜室も、大きいから・・・
引き出しを引き出すたびに、中身が、ゴロゴロ、ゴロゴロする^^;
だから、まとめて入れてゴロゴロしないように、カゴに入れた。

いろいろなもの、瓶やジップロックコンテイナーに入れているが、
なんだか、統一感がないなぁ・・・
でも、全部「見える」容器に入れているから、
中身が何かは、一目瞭然! これは、自分でも気にいっている。

以前、たしか、クロワッサンの記事か何かで・・・
奈良の「くるみの木」の石村由紀子さんの冷蔵庫が載っていた。

冷蔵庫の中に、常備菜とか、野菜の茹でたのとか、
いろいろ手作り品がいっぱい入っていた。
その容器全部に、何が入っているかわかるように、シールが貼っている!

すごいな〜って思った。
わたしみたいな、ずぼらには、とてもできない技だと思った。

もうひとつすごいな〜って思ったのが、
野田琺瑯の社長夫人、野田善子さんの冷蔵庫。
さすが、野田琺瑯! 中の容器はほとんど野田琺瑯。素敵〜。

ここでびっくりしたのは、
中身を黒マジックで琺瑯容器に直接書いていたこと。
走り書きの黒マジックが、圧巻だった!

なんでも、容器を洗う時に、黒マジックのメモも、
洗剤で簡単に落ちる、って書いてあったのも、びっくりした覚えが。

シールに中身を書いて貼るのは、わたしには不可能に近い作業で、
でも、黒マジックだったら、書けるかもしれないけれども・・・
う〜ん、やっぱり無理そう。

パイレックスのガラス容器や、ジップロックのように、
またまた、そこいらの瓶などのように、
横から透けて中身が「見える」容器じゃないと、
長続きはしないだろうな〜って思う。

でも、見た目、あまりかっこよくないしな・・・
でも、日々の生活の中、無理は続かないだろうしな・・・

中身が常に決まっているものだったら、野田琺瑯もいいかもしれない。
例えば、味噌とか、いりことか、かつお節とかだったら・・・

いろいろ、いろいろ、冷蔵庫の使い勝手をいろいろ考えているのだが、
実は、こんな作業が一番好き。
けっこう楽しい時間を過ごしている。

・・・

冷蔵庫を買ってから・・・
庫内が広くなったから、安心して保存モノが作れる気分!

栗の甘煮は、2瓶分作ったし、桃の白ワインにも作ったし、
今日は、ひじきの佃煮も作ったし、マッシュルームソースも作ったし、
自家製保存瓶がどんどん増えて行く。

う〜ん、「おいしい冷蔵庫」 ただ今パワーアップ中!


チョコプリン

x85h69rz_1

















☆以下の報告がありました。参考になると思うので、
 ここに載せます〜。
 ご報告、ありがとうございましたっ♪

 先日教えていただいたチョコプリン、
 ガーナチョコで作ってみました。

 ガーナは明治に比べミルク成分が多め?のせいか、
 二層にはなっても明治ほどクッキリとしてませんでした。

 お味のほうも明治チョコのほうが、
 チョコプリンに向いてる気が・・・

☆☆☆お好みの問題もあると思いますが、
    みなさま、他のチョコでもいろいろ作ってみてください。
    作ってからの報告、お待ちしています〜♪


☆写真、sankiraiさんからお借りしました♪

材料三つでできる、お手軽チョコプリン。
どんなにがんばっても、二層に分かれてしまう・・・^^;
↑上部8ミリぐらいのところ、チョコが濃い部分ができる。

でも、今回の「おいしいテーブル」で、
2層に分かれるのが美味しい〜♪ って意見が・・・
そう言われてみれば、そのような気もする・・・
一手間で、2層に分かれるから、ある意味、いいかも!?


【チョコプリン】
−材料−
板チョコ 58g(明治の板チョコの場合 ロッテのガーナの場合)
牛乳  300cc 
板ゼラチン 5g

−作り方−
1・板ゼラチンを氷水で戻す。
2・鍋に牛乳を入れ温め、板チョコとゼラチンを溶かす。
3・カップに入れて固める。

分量の対比  板チョコ1:牛乳5:板ゼラチン0,08の割合

例えば・・・
板チョコ100g 牛乳500cc 板ゼラチン8g

☆板チョコの甘さにより、甘みが決定する。
 もっと甘い方がいい人は、グラニュー糖を加える。

☆明治もロッテも、なぜか、板チョコ一枚58グラムだった。

☆このゼラチンの割合だと、ひっくり返すと「自立」できない。
 もう少ししっかりとしたチョコプリンにしたい場合は、
 ゼラチンを増やす。ただし、だんだんと固くなる・・・

☆この分量で、だいたいプリンカップ小さめ5個分ぐらいできる。


おいしい冷蔵庫

P1030110_1

















新しい冷蔵庫がやって来た!

すったもんだあったけれども・・・
やれやれで搬入できた 新しい冷蔵庫。

以前の冷蔵庫は、日立から頂いたもの。
エッセイを書いて当選して、
その後、モニターエッセイを書いたため、
無料でいただいた冷蔵庫。

考えたら・・・
それ以前の冷蔵庫、アメリカ製の冷蔵庫だった。
めちゃくちゃでっかい冷蔵庫だった。
☆今考えると、電気代はすごかっただろうな・・・と思う。

このアメリカ製の冷蔵庫は、義姉が使っていた冷蔵庫のお下がり。
だから、この冷蔵庫も無料。

つまり、今回の冷蔵庫、結婚して初めて「自前で買った冷蔵庫」
人生初の買った冷蔵庫!

シルバーグレーと白と、色で悩んだけれども、
やっぱり、この場所には白がぴったりだと思う。
ややピカピカしているのは、気になるけど・・・
まあ、許容の範囲内かな?と思う。

201109180939000_1

















動かした壁、まだ、壁紙を貼っていない。

この壁があったゆえに、68.5センチの冷蔵庫が入らなかった。
正確に言うと、入るけれども両脇に隙間がなかった。

写真←左方向に、壁を10センチ動かして、隙間を作った。
これで、68,5センチは余裕で入ることになった。
だから、思い切って、うふふ、74センチの冷蔵庫を買ったのだ^^

次は、どんな冷蔵庫を買うのかな・・・?
10年後・・・わたし、64歳になる・・・
みぃ〜ちゃんが14歳になるのかぁ・・・
まだまだ、みんな食べ盛りだろうな〜〜〜

10年後も、大きな冷蔵庫を買うだろな・・・
とすれば、やっぱりやっぱり、思い切って壁を動かしたの、大正解!

・・・

今回、冷蔵庫の買い替えで、冷蔵庫の中を全部出した。
全部出して、ぶったまげたことがある。

とにかく、瓶類が多いってこと。
以前に比べると、調味料とかドレッシング類とか、
最近はぐっと減ってきている、と実感していたのだが・・・

それでも、瓶類多い〜っ!

和洋中エスニック料理を、作り食べたい我が家では、
それなりの調味料が、それなりにある。
う〜ん、これを減らすのは難しいなぁ・・・

いやいや、べつに減らさなくてもいいんだ。
必要とあらば、それを買って冷蔵庫に入れて使えばいいんだ。

雑誌とかに載っているような、
何もない冷蔵庫とかに、憧れるけれども・・・
でも、我が家では無理だ。

ただ、それをちゃんと管理することはしなくてはならない。
数が多いだけに、死蔵しちゃうものだって出てくるはず。
だから、管理だけはちゃんとしなくちゃ、って思う。

食いしん坊だから、
そして、自分の好みの味を食べたいから、
手作り品のストックは、外せない。

新しい冷蔵庫、これからも、手作りストックをいっぱい入れて、
毎日、安心・安全・ヘルシーで、もちろんおいしいもの、
それをあれこれ作って食べたい。

我が家の冷蔵庫は、名付けて、「おいしい冷蔵庫」だ!

・・・

日立のモニターエッセイの時、書いたこと。
玉子入れの改善要望を書いた。イラスト付きで。
その要望がどうなったのか、連絡もなかったので、
そのまま知らなかった・・・

以前の冷蔵庫の玉子入れは、ドアポケットが主流だった。
開閉するたびに、外気温の影響が大きなドアポケットに、
生や半熟で食べる可能性のある玉子を入れることに、
ずっと疑問を持っていた。

だから、日立の要望に書いたのは、
冷蔵庫の冷える場所に、玉子を入れる場所を確保して欲しいこと。

それから、
玉子はきれいそうだけど、ばい菌が付いている可能性もあるから、
ふたのできるような閉じた場所に玉子を入れたいということ、
これも要望書に書いた。

イラストは、冷蔵庫下段左端、肉入れ場(チルドルーム)の隣に、
玉子入れ専用の引き出しを書いた。

今回、びっくりしたのは・・・

冷蔵庫の玉子入れ、イラスト通りになっていたこと・・・
えっ、これって、もしかして・・・わたしが書いたヤツじゃん!

しまったなぁ・・・特許申請出せばよかったなぁ・・・
そうしたら、もしかして、今頃、億万長者かも、かも、かも・・・

億万長者じゃないかもしれないけれども、
あのアイディアで、次の冷蔵庫も、無料でもらえたかも、かも・・・

なんて、びっくりしつつも、しまったな〜って思いつつも、
それでも、自分のアイディアが商品に反映されていて、
ちょっぴりうれしい、そんな思いなのである。

☆って、こんなこと、誰でも考えると思うから、
 きっと、きっと、わたしのイラストでそうなったとも思えない、
 それが、わたしの正直な本音であります^^;

3−1「おいしいテーブル」

P1030093_1













「おいしいテーブル」第3期、始まりました。
 
会員の皆様の温かい支えと、そして、歯に着せぬ突っ込みとのおかげで、
なんとかかんとか、沈没もせずに、ここまで続けてこられました。
みなさまに感謝です。ありがとうございました。

気持ちも新たに、4人の新人さんをお迎えしての3期、
昨日は、第一回目でした。

今回は、なんとなんと、「Omoブログ」のOmoさんをゲストに、
お迎えしました!

文書よし、写真よしの、ほんわかしたブログ、とっても素敵♪
それは、説明よりも見ていただいた方が、いいかな!?

わたしの一押しは、「風景の切り取り方」のセンスです。
その場にいるような、そんな「空気感」が何とも言えません。

いいなっ〜♪と、指をくわえて見ていたわけですが・・・
ある日、思い切ってお願いしたのです。

「料理の写真の撮り方、教えてもらえませんか?」って。

お会いしたこともないし、ズーズーしいかな〜って思いましたが、
快くお引き受け下さいました。

Omoさん、ありがとうございます。

さて、「おいしいテーブル」3−1のメニューは、

 ・トマトソース(これを使って↓)
 ・たこのスパゲティ トマトソース
 ・車麩のフライ
 ・ナスのサラダ2種 ごま和え&サラダ
 ・かぼちゃのマッシュサラダ
 ・チョコプリン

お写真のほうは、もう、絶対に、こちらを見られた方がいいです。

もちろん、「Omoブログ」です!

あのうぅ・・・
自分で言うのもおこがましいのですが・・・

「セレブのテーブル」みたいです! 

すごぉ〜い〜〜〜

って、朝からびっくりたまげたのは・・・
こちらのブログの写真

あらら、すごぉ〜いぞぉ〜〜〜
以前の写真とは、全然雰囲気違います。
こちらも、「プチ・セレブのテーブル」みたいです^^

Omoさん、ありがとうございました。また、来てください〜ねっ!

・・・

蕎麦打ちの先生が友だちなのだ! 
で、お願いした。「蕎麦打ちのテーブル」に来てください、って。

うふふ・・・了承を得ました!

年末、年越しそばまでの間にできるといいなぁ〜〜〜。
って、
そのことを、こそっとOmoさんに言ったら・・・

「僕、蕎麦打ちしたいですぅ〜♪」って言われました。
が、このわたし、即座に言ったのです。
「Omoさんは、写真班でっす!」って・・・スミマセン・・・

蕎麦を打ちながら、写真を撮りながらでも大丈夫です〜♪
あっ、それから、もうひとつ、写真の撮り方を教えながらのほうも、
よろしくお願いします^^

「蕎麦打ちのテーブル」 わたしが一番楽しみかもしれない^^;

カスタード名人もいるようだから、
「カスタードのテーブル」、こちらは、シュークリームでも作るかな?
なんて、名人を迎えて、今期は、いろいろ趣向を凝らして進めるつもり。

とにかく、「楽しく・おいしく!」の「おいしいテーブル」
第3期の出航です〜♪

・・・

お願いするの、ためらいもあるけれども・・・
思い切って、言いだすのもいいかもしれない。

「お家に招待してください」
「写真の撮り方教えてください」
「蕎麦打ち教えてください」
「お菓子教えてください」

なんて、なんて、最近は、ず−ずーしくお願いばかり。
でも、そのお願いで、世界が広がっている。
少しずつでも広がっている。

今からも、お願いできる人には、いろいろお願いしよう、って思う。

栗のテーブル

uz33w9ao_1












2005年9月にスタートしたこのブログ。
その9月に登場したこの写真は、
私のお気に入りのレストラン、Plasir、プレジールの栗のテーブル。

その頃、よくよく行っていたレストランが、Plasir・・・
街のほうに外食に行かなくなって久しい・・・
Plasirも、ずっと行っていない・・・

この栗のテーブルは、オットの会社の木で作ったテーブル。
デザインは、わたしが「何もない!」をお願いして作ってもらった。

レストランだから、主役は、お客さま。
そして、お料理、お店の雰囲気・・・・・・・
などなど考えると、テーブルは、引き立て役でいいと思っていたから、
何もないデザイン、ありきたりのテーブルがいいと思った。

今考えると・・・ 
もう少し、おしゃれなデザインでもよかったかも・・・

なぜ、お久しぶりのPlasirかと言えば・・・

先日、またまた、お招きがあった。
今月は、すごい勢いで、あちこちに遊びに行っている!

そこで、何気なく出た会話の中で・・・Plasirの名前が。
あらら、オーナーの人と仲良しさんだって。

あの人も知っている、この人も知っているって、ちょっと懐かしい。
久しぶりにお会いしたいな〜って思う。
そして、テーブルにも久しぶりに会いたいな〜〜〜

・・・

壁、ぶっ壊しました。

って、その時間、ちょっとお買い物に出かけていたから、
ぶっ壊しの瞬間の様子は見てないんだけど・・・
写真撮っておいてもらえばよかった、と少々後悔。

何気ない壁のはず、だったんだけど・・・

マンションだから、その壁の中には、軽量鉄骨が入っていた。
取り除いた、その軽量鉄骨を見てびっくり。

え〜っっ〜〜〜、たったこれだけの壁の中に、
こんなに立派な鉄骨が入っているのぉ・・・???
そこまでしなくてもぉぉぉぉぉ・・・

素人は、なんにでもびっくりするのです!

予定時間を大幅に越えて、作業は終了。
新しい壁ができた。
後は、壁紙を張るだけ。

大変な作業、ありがとうございました♪

さてさて、
壁紙屋さんは、今、ちょっと忙しいらしいので、
お時間ができたときに来てもらうことにした。
だから、しばらくは、壁紙ない状態の我が家。

これで、いつでも新しい冷蔵庫は搬入できる。
今は、冷蔵庫うの中、パンパンの満杯。
なぜって、今日は、「おいしいテーブル」だから。
今日が過ぎると、冷蔵庫は、ガラガラ状態になる。
だから、冷蔵庫搬入には、いいタイミング。

電気屋さんと相談して、搬入日を決めなくちゃ!

冷凍のものは、廿日市のオットの会社にある冷凍庫に、
一時避難させるつもり。

しばらくあれこれバタバタしそう・・・

・・・

壁移動のため、そこに置いてあった棚が置けなくなった。
それをどこに移動させるか・・・
それが当面の問題。

ひとつの「駒」を動かすと、
以前そこにあった「駒」を動かさなければならない。
それを動かすと・・・

と、「ところてん」を付いたように、次々に動かさなければならない。
う〜ん、悩ましいところだ。

そろそろ涼しくなる?・・・
このチャンスに、
ぼちぼちと、秋の大片づけ、大処分、大掃除をスタートしなくちゃ!


どんぐりすくすく♪

P1030055_1













オット、どんぐりが好き。

平和大通りに添って、緑地帯がある。
この緑地帯に、どんぐりの木がけっこう植わっている。

その中に、大きなどんぐりの実がなる、くぬぎどんぐりがある。
オット、この大きなくぬぎどんぐりが大好きなのだ。

ウォーキングの途中、夢中になって拾いはじめる・・・
あのぉ・・・何するんですかぁ???
栗じゃないんですよぉ・・・っ・・・

ある日、ベランダのプランターの世話をしていた。
枯れ果てた花やレタスなどの始末をして、
新しい土を加え、そして、腐葉土や肥料を新しく混ぜ・・・

あるプランターの中、何かある・・・どんぐりだ!
オットが、どんぐりを植えたのだ。
黙って植えているものだから、わたしは水もやらない。
だから、どんぐり、そのまま状態。

そのプランターに、違う苗を植えた。
どんぐりは、そのままにして・・・

すると、ある日、不思議な芽が出てきた。
そして、すくすく伸びて行く。
何だろう、この芽は? 雑草とは違うような・・・

どんぐりだった! どんぐりの芽が出たのだ。

どんどん伸びるので、大きな鉢に植え替えることにした。
さてさて、土は、どんな土!?

わかんないから、野菜の土を買ってきた。
肥料もわからないから、野菜の肥料を混ぜ込んだ。
どんぐり、花じゃないと思ったからだけど、
よく考えたら、野菜でもないよね・・・

とにかく、野菜の土と肥料入りの土に植えた。
最後、もしかして・・・と考えて、腐葉土を加えた。
なんだか、葉っぱの落ちてそうな場所に、どんぐりの木あるかな?
って思って。

それが正解なのかは、わからないんだけど、
とにかく、大きな鉢に入れた。
水もいっぱいあげた。

今のところ、どんぐりの葉っぱは、幸せそうな顔をしている。
一番陽当たりのいいところに、鉢を置いた。

オットは、「自分のどんぐり」が、いい鉢に植えられたから、
ニコニコうれしそうな顔をしている。
どんぐりの実がどっさりなると思っているのかな?

わたし!? わたしは、そうは思わない・・・けど・・・

とにもかくにも、我が家のどんぐり、ただ今、すくすく中!

芽と干物

P1030061_1















「にんじんの芽はどれかな?」って・・・

わたしの答えは、右から2番目の丸い葉っぱ・・・
こたえ、違った・・・^^;

答えは、右端と、一つ置いての、先のとんがった芽。
へぇ・・・・・・
って、野菜の苗、ほとんど何が何か知らない。
実がなればわかるけれども、花の状態でもわからない。

以前、あまりにもかわいい花が畑に咲いてるから、
農作業中の人に聞いたら、笑いながら答えてくれた。
「オクラの花だよ・・・」って。

野菜はいっぱい食べるけど、苗とか、花とか、
まだまだ知らないことだらけ。

P1030065_1













お魚をいっぱいいただいた。
オットとふたり食べるには、あまりのもたくさんの量。
さて、どうするか・・・

小さなお魚は、南蛮漬けにした。
カレイとアジは、どうしょうかと思ったけれども、干物にした。

我が家の干物作りは、冷たい北風が吹く頃からスタート。
夏場は、どうなんだろうか・・・?

昨日は、お天気もいいし、風がけっこう吹いていたから、
思い切って、夏場の干物作りに挑戦した。

うす塩をあてて、ベランダに干す。
一気に干す。
だらだら干すのは、ちょっと心配だから。

表面が乾いてきて、水分が少なくなったな〜って思ったところで、
家の中に取り込んだ。
表面の温もりがとれたところで、ラップに包んで、
それからジップロックの袋に入れて、冷凍庫へと。

朝ごはんが、ちょっと楽しみ!

・・・

今週、壁をぶっ壊して、クロス屋さんに来てもらって、
その後、冷蔵庫の搬入予定。

って、今、冷凍庫、けっこういっぱいなの、どうする?
食っちゃえ、食っちゃえ、食っちゃわないと・・・^^;


ディッシュで

P1030047_1













久しぶりに、夜、お外ごはん。

オットにどこがいい?って聞いたら、ディッシュと言う。
ではでは、ぷらぷら歩いて行きましょか。

「ディッシュ堺町」まで、我が家から往復4000歩の距離。

カメラ、忘れた^^; ですから写真なし・・・

まずは、キリンハートランドビールの生で乾杯。

前菜は、
「自家製ホタテの燻製といちじくと季節の野菜のサラダ」
自家製燻製のホタテ、旨いなぁ・・・
これは、ビールよりかは、日本酒の冷かなぁ・・・

このサラダの中に、四角豆を発見。
なるほど〜、こんな風にサラダに混ぜ混ぜして食べたら、いいよね。
さっと茹でてあるところの食感がいい。これは、即まねっこだね。

この辺りから、白ワイン登場。
飲まない、つもり、なので・・・ デカンタサイズで注文。

「ヒラメのカルパッチョ・柚子胡椒風味」
これは、オットの選択。
柚子胡椒風味に興味があると言う。わたしも興味あり。

エンダイブのような葉っぱの上に、ヒラメのカルパッチョ。
ピンクペッパーがアクセントとなる、かわいい盛り付け。
☆写真がいるよねぇ・・・

柚子胡椒の使い方がいいから、これも、お家で即まねっこ。
それから、盛り付け方もまねっこ。長四角のお皿が欲しくなった・・・

前回、お友達と来たときに、売り切れだった、
「サルシッチャ」を頼む。自家製ソーセージのこと。

普通自家製のこの手のソーセージ、
スパイスがガーンと味の前面に出てきて、正直うるさい!のだが・・・
このソーセージ、え〜と、サルシッチャだっけ!?
これは、お肉の味の向こうに、スパイスの味がほのかにする。

ソーセージの中に、豚の脂身が5ミリ角ぐらいに切ったのが入っていて、
これが、ぷりぷり、ぷちぷちして、美味しい〜!

自家製、それも、お家で作ったよ〜って感じの味。
イタリアで言うところの、「マンマ」の味なのかな!?

オットが、これ、家でできる?って聞くから・・・
う〜ん、腸づめ用の腸と、それを詰める道具があれば出来る、
って答えた。
腸づめ用の腸は、なんでも冷凍だったら手に入るみたい。

と言っても・・・作る気は、さらさらない・・・
780円のこのサルシッチャを食べたほうが、
手間もいらないし、結果として、うんと経済的だと思う、から・・・

メインは、お魚とした。
さて、どのようにお料理をしていただこうかしら?

クリーム味は、苦手だし・・・
トマトソースも、ジェノバソースもお家にあるから・・・
普段食べられない味がいい。
でも、残りのチョイスは、アクアパッツァ・・・どうする・・・

この時点で赤ワインを頼んでいたから、
「イタリアのしょっつるのような調味料とバターのソースは?」
という、お店の大須賀さんん提案で、これに決定。

こんな風に、その時の気分やワインや、それまでに頼んだもの、
それらのバランスを考えながら、メニューのアレンジができるお店、
いいなぁ〜って思う。

しょっつるっと言えば、、タイのナンプラー、ベトナムのニョクマム、
これを使った料理、増えてきているけれども・・・
料理の向こうに、東南アジアの風が吹いている〜って味がする。

しかし、このイタリアのしょっつるは、そんなに風味が濃くない。
日本のお醤油に似た感じかな・・・
バターと組み合わせると、こんな感じになるのかな・・・?
お家で、ナンプラーとバターの組み合わせで、作ってみるかな?

1匹丸ごとの、いとよりが出てきた。
これを、ナイフとフォークで分け、片身をオットの皿に乗せる。
オットが、なかなか、上手いな〜って言う。

このやり方、イギリスでドーバーソールを食べたときに見た。
そのやり方を、そっくりまねしてやってみただけ。

ナイフとフォークでお魚食べるのは難しいけれども、
片身取って、骨とって、残りの方の片身を取る。
この方法だと、ナイフとフォークでも、それなりにお魚を分解できる。

さてさて、もう、お腹いっぱい。
って、思ったら、オットが、スパゲティーが食べたいと言う。
2割、わたしが手伝うことで、頼んだのが、
「野菜たっぷりのペペロンチーノ・イタリアン生ハムのせ」

おいしい・・・けど、もう、お腹のほうがいっぱいで・・・
生ハムも、美味しいんだろうけど・・・お腹が付いて行かない・・・

メロンゼリーに自家製桃アイスクリームのデザートが、
頭の中にちらちらしたんだけど・・・
これは、もう諦めた。
これだけ、食べに行きたい気分・・・

あ〜あ〜、美味しかった!
やっぱり、たまにはお外にごはんを食べに行くのもいいねぇ〜♪

・・・

ディッシュで・・・

「最近、わだち草によく行かれるんですか?」って聞かれた。

へっ!? どうして知っているの!? ブログ・・・・・?
どうやら、ブログらしい・・・

「わだち草の原田くんとは、友だちなんですよ・・・」

へぇ・・・ おもしろい繋がり。
まじめに食べ物を作る、そんな繋がり、なのかな?

なんでも、ディッシュのお休みの火曜日、
ときどき、わだち草に行くと言う。

今、ほとんど外食しない中で、我が家が行くお店、数件のみ。
まじめに食事と向き合う、そんなお店が、我が家のチョイスの条件。

ディッシュもわだち草も、ずっとがんばって欲しいな〜って思う。

☆レストランに行かれる時は、ディナータイムをお勧めする。
 ランチでは、そのお店の実力はわからないと思うから・・・
 ランチがお得だから、って行かれる方も多いけれども・・・
 わたしは、基本、ランチは決してお得ではない、と思っている。
 3回〜5回行くランチを、1回のディナーにしてでも、
 やっぱり、勝負は、ディナーだと思う。  

お宅訪問強化月間

201109081230001_1










昨日は、打ち合わせ。
と言っても・・・
打ち合わせ部分は、まあ最初の30分少々・・・後はおしゃべり^^;

我が家での打ち合わせのつもりが・・・
「お招きしてください〜♪」なんてなんて、ブログに書いちゃったから、
うふふ・・・お招きされちゃった!

ブログのコメント、そのほかでも、
「遊びに来てください〜♪」のお誘いが。

なんでも、言ってみるもの、書いてみるもの、だわ・・・

みなさま、ありがとうございます。
本気で遊びに行きます。
この秋、「お宅訪問強化月間」です。

さてさて、昨日・・・

よければお昼も〜なんて、うれしいメールが届いて、
「ゴチになりま〜す」と返信。
ちゃっかりお昼まで、おごちそうになりました。

手作りハンバーガーです!
パンも自家製、ハンバーガーも、そしてスープも。
わたし好みの控えめな味で、美味しかったです。

おごちそうさまでした。ありがとうございました。

・・・

よそのお宅に行くとき・・・

ちょっと気合いの入る、言いかえれば、気を使うお宅へは・・・
ワインを買ったり、お花を買ったり、キッチンクロスを買ったり、
そんなものを手みやげにする。

友だちや知り合いの気軽な感じのお宅訪問は、
ちょっとしたものを手みやげにする。

だいたいは食べ物。
金ごまのひじき煮(市販のごはんの友)の出番が一番多いかな?

手作りの何かがあれば、ちょっと瓶に詰めたりして。
手頃なサイズのおしゃれ瓶は、捨てられない・・・

ストック食品なども手みやげにする。
トマトソースの時もあれば、ツナの缶詰の時もあれば、
キッチンペーパーの時もあれば、白雪ふきん1枚の時もある。

お菓子は、自分があまり得意でない分野だから、
あまりないかも・・・

ようするに、相手に負担のかからない程度の、ちょっとしたもの。
金額もかわいい程度の金額のもの。
お互い負担にならないようなものがいい、と思っている。

みなさん、どんなものを手みやげに持って行くのかなぁ?
また、どんなものを手みやげでもらったら、うれしいのかなぁ?

壁、ぶっ壊しまっす!

P1030034_1













夏の間、作ったお弁当のおかず、まず冷やす。
それから、お弁当を詰めたら、また、扇風機前で冷やす。
これ、毎朝続けてきた。そろそろ終わりかな・・・

やっと、やっと、昨日の朝辺りから、涼しい風が吹いてきた。
森のほうでは、気温12度なんて、信じられない気温。
わたしの中では、その気温は、冬じゃろ@@

広島市内では、まだまだ、朝は、涼しい〜程度の気温。

朝のウォーキング、首に保冷剤を巻いて歩いていたが、
さすが、おとといの朝からは、保冷剤なし。

・・・

冷蔵庫の一番安い季節、それが8月らしい。
それも、お盆過ぎる頃が、一年でも一番安いらしい。
なぜなら、9月には新製品が出るから。

我が家の冷蔵庫、かなり古い。
いつ壊れてもおかしくない状態。

う〜んと悩んだが、買い直すことにした。
さてさて、電気屋さんに行ったら・・・
まあ、昨今の冷蔵庫の色のカラフルなこと、カラフルなこと。

わたしは、白の冷蔵庫が欲しいんだけどなぁ〜。
って、白の冷蔵庫、ほとんどない・・・
え〜っ、白物家電の代表は、冷蔵庫じゃなかったの・・・?

他の色にするかな、って考えて、売り場を見てみる。

ブラックの冷蔵庫、超ク〜ル!!!
カッコイイ〜って思って、横から見たら、
あれれ、手あかがいっぱい目立っている。これ即却下。

その次、おしゃれだねぇ〜って思ったのは、マルーンっていう色。
こげ茶よりも赤っぽいけれども、その色具合が何ともいい。
これ、冷蔵庫単体としてみたら、好きだな〜って思う。

って、我が家にこの冷蔵庫が来たら、ひとつだけ完全「よそ者」だね。
って、マルーン色も却下。

次、シルバーの冷蔵庫。
プレミアム仕様っていう冷蔵庫。直線的なデザインがカッコイイ。
とにかく、これは、オット一押しの冷蔵庫。

う〜ん、冷蔵庫の中もよく考えられて作っているし、
外観は、断トツで素敵。

ほとんどこれにしょうかと思ったんだけど・・・
やっぱり、もう一度考えよう・・・と家に帰る。

家に帰ってみたら、すごいことに気が付いた!

欲しい冷蔵庫、今の場所に納まりきらない・・・
冷蔵庫の大きさ、68,5センチ。
我が家の冷蔵庫スペース、69センチ。
無理無理になら入る!?

う〜ん、何回もメジャーを当てて測る。
冷蔵庫、もう少しダイエットして、痩せてくれないかなぁ〜、
なんて勝手なことを思う。

悩んだ末に、電気屋さんに電話した。
すると、すぐに行って状況を見てあげます、とのお返事。

やって来たのは、188センチの長身のお兄さん。
アンガールズの田中さんみたいな風貌のお兄さん。

冷蔵庫スペースの上部のほう、軽々とメジャーで測る。
そして、一言。

「無理です!」 この言い方も、田中さんっぽい^^

「・・・・・・・・・・・・」こちら、絶句状態。

大きな冷蔵庫が欲しいと思う。
普段は、オットとふたりだから、今の冷蔵庫でもいいけれども、
息子たちが来たりした時は、ぎゅうぎゅう状態。
お客様の時も、かなり厳しい。
「おいしいテーブル」の前日なんか、もうドアも開けられない状態。

アンガールズの田中さんが帰った後、冷蔵庫の点検をすることにした。
とりあえず、全部出して、いるものといらないものとに分けた。

自分で自分を褒めてやりたいのは、「死蔵品」がなかったこと。
それから気が付いたのは、自分で作ったストック品が多くあったこと。

きゅうりのピクルス、しょうがの甘酢漬け、みょうがの甘酢漬け、
梅みそ、梅の白ワインシロップ、アプリコットソース、
バジルソース、手作りジャム数種類、塩麹・・・などなど。
それに、手作りドレッシング類。
大事に大事に食べてつないでいる、母からもらった金柑の甘煮。

イリコ、かつお節、糠漬け用のぬか、天然酵母菌などなどもある。
それから、普段使う調味料類の種類も、和洋中エスニックと結構ある。
夏、お泊りでのお出かけの時は、ぬか床も冷蔵庫に入れて行く。

冷凍庫のほうは、
パルメザンチーズ、グリュイエールチーズ、チェダーチーズなど、
まとめ買いのチーズ数種類、それに無塩・有塩のバター数種類。
クルミやアーモンドの粉、それに、イーストも冷凍保存している。

それに、またまた、自家製のもの。
小豆や大豆の煮たの、トマトソース、自家製甘酒、自家製パン。
玄米やごはんのストックもあるし、スープストックも入っている。

我が家の冷蔵庫は、冷蔵も冷凍も、こんな自分で作ったものが多い、
そんなことを、再確認。

そして、ふと思った。そう言えば・・・
「作りたいけれども、冷蔵・冷凍スペースがないから・・・」
って、セーブしているものもあるなぁ・・・って。

もちろん、冷蔵庫の中、限りなくストックを増やしたいとも思わないが、
保存食作り、それはそれで、「楽しみと幸せの保存」みたいで、
実は、かなり好き。
自分で食べるのも好きだけど、ちょっとしたお土産にするのも好き。
(もらう方は、なんて思うか???だけど・・・)

スペースの問題で、一時は、小さな冷蔵庫でガマンと思った。
けれども、最低でも10年使う冷蔵庫。ずっと我慢できるかな・・・

そこでオットが助け船を出してくれた。

冷蔵庫のスペース、入らなかったら、入るスペースを作ればいい。
へっ! そこまでするぅ〜!

いや、がぜんやる気になって来た!

ということで、我が家、壁、ぶっ壊します!

冷蔵庫のため、
いやいや、
大好きな保存食作りのため、
そして、孫たちが来る時のため、
はたまた、お客さまが来る時のため、
そして最後のとどめは、「おいしいテーブル」の食材を入れるため、
探せばいくらでも、壁をぶっ壊す理由が、出てきたゾ〜!

そんなこんなで、壁をぶっ壊して、冷蔵庫を搬入することにした。

ところで、冷蔵庫の色は!?

そうそう、そんな話しからスタートだったよね^^;
いろいろ考えて、我が家のキッチンを眺めて眺めて眺めまわして、
やっぱり、我が家は、白だよね、と白に決めた。
色優先だから、デザインは少し譲歩した・・・

シルバーのプレミアムの超ハンサム冷蔵庫、未練たらたらだったけど、
我が家に合った、無難な白、これに決めさせていただきました。

↑オット選びみたい・・・
カッコイイのもいいけど、やっぱ、自分に合った無難な選択、
これが、一番幸せをもたらすのかもしれない・・・かも、かも・・・

☆それでも、やっぱ、あのシルバーはずっとわたしの心に残ると思う。
 [あっちにしとけばよかった〜〜〜後悔]と思うのは、世の常!?


☆ちょっと涼しくなってきて、バッグ作り再開です。
 秋のバッグ第1号完成!
  織りのほうも、ウールをスタートしたいです〜♪

お招き

o1mjyh76_1










め〜ったに、「遊びにおいでぇ〜」って、誘ってもらえない・・・

そんな中、
たま〜ぁに、誘ってくれる友だち、数少ない友だち・・・

昨日、めったいないチャンス! いそいそと出かけて行った。

何を話しても、ばかを言っても、その場限り・・・たぶん^^;
3分に一度は、げらげら笑っている。

あり合わせのものでランチを作るから〜と、
じゃあ、わたしは簡単サラダを作って持って行くね〜って、
で、もう一人が、デザート係りで。

しゃべって、笑って、みんな元気になって、じゃあ、またねって。

いいなぁ。。。 こんな集まり、ずっと続けていきたい。

・・・

中のいいお友達、ちょっと遠くに住んでいるから、
しょっちゅう、行ったり来たりっていうわけにはいかない。
でも、大好きなお友達。

彼女のお家、よくお友達が来られるみたい。
我が家も、来られる方、と、招いてくださる方、
圧倒的に来られる方が多い。

ある日、彼女に聞いてみた。
「ねえねえ・・・ 遊びに来る人多いみたいだけど・・・
 遊びに招いてくれる人、どのくらいいる!?」

「それがねぇ・・・
 招いてくれる人、nanaさんぐらい・・・ 後はほとんどなし・・・」

ひぇ・・・・・・・・・!!!!!! のびっくり!

あんだけ、どんだけ、彼女の家に遊びに行く人多いのに、
「遊びにおいで〜」って、誘ってくれる人、いないのぉ・・・?

って、彼女とふたりで話した。
もしかして・・・
わたしたち、嫌われているんかねぇ・・・かもねぇ・・・かも。。。

・・・

外国人のお友達が数人いる。

あるとき、イギリスから大学を出たばかりの人が広島に来た。
住まい探し、必要雑貨の世話、などなどした。

そして、来てすぐのクリスマス。
我が家に呼んでのクリスマスパーティーをした。
イギリスのママ特製のケーキをお土産に持ってきてくれて、
楽しいクリスマスを過ごした。

そして、年が明けてちょっとして、
パーティーをするから、遊びに来てね、って誘われた。
小さなお部屋に、ちょっとしたお料理が並んでいた。

まあ、お料理と言っても・・・
クラッカーにディップ、簡単サラダ、チーズ、その程度。
でも、お料理の内容なんて関係ないの。
その時間が楽しかった。

イギリスでは、お家に招いていただいたら、
次は、自分の家にお招きする。
そうやって、あちこち、いろいろパーティー。

イギリスに行ったときに、日本人がめずらしいぃ〜って、
わたしのことを珍獣のように思っているのか、否か・・・
あちこちお招きにあずかった。

どこの家でも、はっきり言って、ごちそうはないの。
簡単なところは、先ほどの彼女みたいに、クラッカーと・・・程度。
お昼だと、それに、薄〜い紅茶が出て・・・それも何杯も・・・^^;

みんなが楽しむのは、共有の時間。
そう、何気ない会話やおしゃべり。
そして、ちょっとしたお料理とお茶、または、お酒。

そうそう、びっくりしたのは、お酒のこと。
自分で飲むお酒は、持参!っていうことが多かった。

☆ということで、我が家でも、このルールは取り入れている。
 誰が何を飲むか?だけど、持参だと気を使わなくていい。
 それに、冷蔵庫がいっぱいにならなくていい。
 それと、お互い、お酒に関しての金銭的遠慮がなくていい。
 とっても、いいルールだと思っている。

ちょっと、話しがずれちゃったけど・・・

要するに、お招きしたら、お招きするっていう文化、
いいなぁ〜って思う。

我が家は家が狭いから、わたしはお料理苦手だから・・・
まあ、いろいろな理由はあると思うけれども・・・

でも、家が狭くても、くっついて座ればいいし、
お料理が苦手なら、クラッカーでもいいし、お持ち寄りでもいいし。
普段のおかずなら、それは一番いいおもてなしだと思うし。

なんてなんて、言いつつ、お招きしてくれる人いないかなぁ・・・
なんて、昨日のお招きが楽しかったので、ボーっと考えているのである。

・・・

「近くにお寄りの節は、どうぞお越しください。」
なんて書いてあるハガキ、時々いただく。

行っちゃおうかな・・・!
「近くに来たから〜〜〜」って^^

☆ただ今募集中
 お家にお招きいただける方・ ・ ・ ・ ・

↑この書き方、今朝の秋の風のように、さむ〜い^^;

台所修行

P1030011_1













休みの日の朝、オットが台所でごじょごじょしている。
まあ、ほっとけ・・・と思いつつ、横目で見る・・・

サラダ作りをしているみたいだ。
キャベツを千切りして茹でて・・・ 
トマトを切って・・・
うぬうぬ、順調に進んでいる様子。

ズッキーニを薄切りにして塩をして・・・
うひゃひゃ・・・っ、どうも、きゅうりと思っているみたい・・・
まあ、ズッキーニだって美味しくできるから、構わないけど。

カラーパプリカ、ここで、包丁が止まってしまった。
「これ、どうやって切るん!?」って質問が。
ピーマンと同じように切って、種出して・・・と説明する。

できたサラダが、赤いサラダ。
いい感じのサラダ。

パリかNYのデリカテッセンに置いてもいい感じ。
なかなか絵になるサラダだ!

その間、わたしは、花ソーセージを使って、
ハムエッグ、ならぬ、ソーセージエッグを作る。
これに自家製ベーグルとコーヒーで、休みの日の朝ごはん。

むかし、むかし、そのむかし・・・
わたし、熱を出して寝込んだことがある。

ハインツのカレーの缶詰を買ってきて、
「これ、旨いよ〜^^」って、大盛りカレーを出されたことがある。
これが、以前のオットの最大級の台所仕事だった。

・・・でも、熱だし、缶詰のカレー、食べられんかった・・・

あのころに比べたら、うんとうんと料理の腕が上達したオット。

オットいわく、
「先生がいいけんね! それも個人レッスンだからね!」

それにしては、腕の上がりようが、ちょっとスローだと思うけれども。
それでも、まあ、料理をする気持ちだけでも、高く買う。

オット、もともと、なんでも興味のある人。
調理も、理科実験のようなつもりでやっているところがある。

それから、キッチンも大きなポイントかもしれない。
以前住んでいたキッチンは、もぐらの穴ぐらのようなキッチンで、
そこにいるだけで、気分が滅入りそうな、暗いキッチンだった・・・

今のキッチンは、いわゆる対面式キッチン。
これがいいかどうかは、評価のわかれるところだが・・・
でも、明るくて開放的だから、そこに立つだけでも気持ちはいい。
ちなみに、我が家のキッチンからは、世界遺産宮島が見える。
(ただし、宮島の鳥居は見えない・・・)

そして、もうひとつ大きな要因は、キッチン用品。
使い易いものを、使い易い場所に置いておく。
これは、大きなポイントかもしれない。

我が家の場合、すべてが3歩以内に収納している、便利キッチン。
まあ、言いかえれば、それだけ狭い、ってことだけどね^^;

その狭いキッチンの中にある道具、
長い間かけて、コツコツと買い集めてきたもの。
30数年かけて、集めてきたもの。

オットがゴルフとかなんやらで、参加賞の商品券3000円分、
まあ、この程度もらってくることがあると、
それを使わずに、きっちりと貯めていた。

10000円ぐらいになると、それを持ってデパートへと。
☆あの頃、ネットショップなど無かったからね^^; そんな時代。

デパートの台所用品売り場も、今よりもうんと充実していた。
そして、そこで買ったもの、いろいろ。

アラビアのお皿なんて、いっぺんに買えないから、
そごうにお願いして、今回3枚取り寄せてくださいってお願いしていた。
店頭になくても、取り寄せてくれた、そごうに感謝している。
それも、わずかの数枚ずつでも・・・ありがと、そごう。

福屋のウイリアムズ・ソノマなんかも、
結構いい商品が、それなりのお値段で置いてあった。
10000円の商品券、握りしめて、数回行ったことがある。

天満屋の台所売り場なんか、季節の変わり目なんかに、
あれ〜っていうほど安く、いいものを売りだしたりしていたことも。

そんなこんなしているうちに、時代はうんと進んで、
ネットで簡単にものが手に入るようになった。
おまけに、デパートで買うよりも、安い・・・
そして、デパートの台所用品売り場、どんどん狭くなって・・・

オットが何もしないと嘆く人がいる。
う〜ん、人によっては、何もしない人もいるだろうな・・・
特に、それ以上にお歳の人は、いまさら、だろう・・・

でもでも、お若い人は、今から変わる可能性もある。
とにかく、ほめて、ほめて、ほめあげて、ほめ倒して、
オット、または、パートナー、ボーイフレンド、そして、息子たち、
料理の楽しみへのドアを、開けて欲しい。

☆いつか、「おいしいテーブル」では、こんな教室を開きたい。
 「イケメン or イクメンのおいしいテーブル」を・・・
 
 ただ今、ぼちぼち、参加者募集中!

 参加条件  イケメン、または、イクメン
         おだてに乗りやすく、すぐその気になる男子
         普段から妻や母に叱られ、少々の罵倒に耐えられる男子

クルミざるうどん

P1030024_1














クルミざるうどん、擦った胡桃が入っているつけだれ、
これをつけて食べる、ざるうどん。

もちろん、行ったのは「わだち草」

想像では、もう少しどろっとしたつけだれかと思ったら、
さらっとしたつけだれ。でも、濃厚な味がする。

ねぎとしょうがが付いてきたんだけど、
最初は、くるみの味だけを堪能したくて、だしそのままでいただいた。
途中から、ねぎとしょうがを入れて食べたんだけど、これもいい感じ。

だし、だし、って書いたけれども、
うどんが、やっぱり美味い。
うどんだけ、ツルツル食べちゃえるぐらいだもん・・・

ただ、量が結構多い。
結局は、ざるうどん、最後はオットに食べてもらった。

P1030021_1













オットが頼んだのは、温泉玉子 揚げ餅ぶっかけ。
ボリューム満点のぶっかけうどん。
揚げ餅はふたつも入っていて、わたし、ひとついただきました!

P1030019_1













ランチタイムは、セットにできる。
オットは、サラダとおむすびをセットにする。
おむすびの米のつやがいいこと、いいこと・・・きらっと光る米。

サラダのドレッシング、これ、みそだれ!?
それとも、たまり醤油かな・・・!?
かすかににんにく味もするけど・・・!?

にんにく醤油、これを使ったドレッシングかな・・・
などなど、何度も、なめなめしながらいただいたサラダ。
う〜ん、答えがわからない・・・

P1030026_1













わたしは、別注文で、エビのてんぷらを頼む。
2匹来たから、オットと1匹ずつ。
やっぱり、旨い、このてんぷら! 冷酒が欲しい・・・

ざるうどん残したのは、揚げ餅も食べたし、えび天も食べたし、
だから、ちょっと欲張り過ぎて、うどん完食できなかったんだ^^;

P1030029_1













デザート、今回は、両方頼んだ!

オットは、はったいこプリン。
わたしは、黒蜜小豆ヨーグルト。
プレーンヨーグルトに、あんこ。それに黒蜜がかかっている。

あんこ、あまり得意としないんだけど、ここのは美味しい。
きんつばを作るから、あんこ作りは得意なのかな?

帰り、きんつばをお持ち帰りにしてもらう。
そして、ここで売られていた、醤油も買う。
この醤油で、サラダのドレッシングを再現してみたい、と思って。

大崎上島の岡本醤油って書いてある。

P1030028_1











材料にこだわりと自信があるんだろうな〜って思う。
ちゃんと産地を書いてある。

安心な食材で、まじめに作っている食べ物。
それに、ここの店員さんの笑顔がいい。

すっごく幸せ気分になって、店を後にした。

・・・

朝6時ごろ、宮島から出ていた、大きな虹をを見つけた。
大きな、大きな虹。
カメラで撮ったけれども、ぼんやり、ぼやぼや・・・

数日前、ウォーキングの時も虹を見た。
その虹は、ダブルレインボウ。
二重にかかった虹。

下の虹は、90度ぐらいまでの角度しかなかったけれども、
上の大きな虹は、180度の虹。
何かいいこと起きそうな、そんな虹だった。

元気の素

P1030017_2















今朝、広島の朝。くっきり! 元気が出そうな青空。

ただ、まだ大雨の地方がある様子。
早く、その地方にも青空が戻ればいいんだけれども。

・・・

「おいしいテーブル」
いろいろ考えることはあるけれども、これはずっと続けるつもり。

「ちくちくテーブル」
こちら、縫いものの集まり、これは、今からスタート。

両方で求めるものは、人とのつながり。

それを、料理を通して、縫いものを通して、求めて行くつもり。
そのときどきにより、形は変わるかもしれないけれども、
ライフワークとして、ゆっくりと続けて行くつもり。

行き詰れば、ブログで広く、意見や知恵をお借りしたい、
そう思っている。

さてさて、今日も、天気もいいし、ぼちぼち始動です・・・

最後の砦

「おいしいテーブル」に関して、
たくさんのアドバイスありがとうございます。
まったく存じ上げない方からも、
いろいろなアドバイスをいただいています。
ブログに書いてよかったと思っています。感謝!

ブログ右上の Profile のところにある、お手紙マーク、
これをクリックすると、わたしへのお手紙が届くみたいです。
・・・初めて知りました・・・このシステム・・・
これを利用して、数名の方からアドバイスをいただきました。
ありがとうございました。

☆カテゴリーに、新たに「健康」を入れました。

わたしにとっての「最後の砦」
そして、
我が家にとっての「最後の砦」
ここに、この夏、やっとこさ着手した!!!

「二日酔い以外は、毎日、飲む!」という、我が家のルール。
つまり、年に休肝日は、2〜3日しかない我が家。

これを、この夏、改定した。

「飲まなくていい日は、飲まない」という、新ルール。

そう、とうとう、最後の砦に手をかけたのだ!
我が家の一大事なのである。

きっかけは?と聞かれたら・・・
なあんとなぁく〜〜〜 ある日突然〜〜〜 って軽いノリで。

これが、なんとも力の入らない、気持ちの切り替えで・・・
別に飲まなきゃ、飲まなくてもいいじゃないのぉ・・・
って、思いはじめて・・・する〜っとスタートした。

そんでもって・・・飲まなければ、食べ過ぎることもない。
そんでもって・・・必然、痩せてきた。

オットもわたしも、す〜っと痩せてきた。

っていうことは、今まで、いかにお酒を飲み、
たくさん食べていたか、ってことだよね・・・
いやいや、いまさら言われなくても、百も千も承知だったはず。

承知だったはずなのに、なぜ、お酒を毎日飲んでいたんだろう・・・?
はたまた不思議なのは、なぜにもこんなに簡単に、お酒やめられたの?

って、オットもわたしも、身体のどこかが悪くなったわけでもない。
ドクターストップがかかったわけでもない。
健康診断で、どこかの数値が悪くなったわけでもない。

ただ、ひとつ言えることは、オットもわたしも、年はとったね!

お酒を飲まないと、晩ごはんが早い。
ぐだぐだ飲まないから、食べる量も減っているはず。

密かに思っているのは、酒代が浮くから、お金もたまっているはず・・・
なのに、これだけは、実感がない・・・

とにもかくにも、とうとう、最後の砦に手をかけた我が家なのである。

☆お酒が嫌いになったわけではない。
 現に、旨いつまみがある日は、今日は飲むかな〜って飲んでいるもの。
 今のところ、週に2日ぐらいの飲酒かな・・・

・・・

1か月ちょいと前、フィットネスクラブの体測定は、
かなりヤバい状態だった・・・緊急事態だった。

今日、フィットネスクラブでもう一度体測定をしたら・・・
脂肪が、1,2キログラム減っている!

えっ!? 脂肪1,2キロって、脂身が1,2キロ減ったってこと!?
インストラクターのお兄さんに聞いたら、そうですよ〜だって。

脂肪の塊のような、豚バラ1,2キロって、かなりの量よ〜!
あれが、身体全体から減ったんだ、と思ったら、うれしくなった。

まだまだ、減らしたい部分はあるけど・・・って、お腹をさすったら、
インストラクターのお兄さんは、十分ですよ、それでって言ってくれた。
その後の言葉に、ちょっとガックリきたんだけど・・・

「そのお歳で、その程度のお腹なら、十分イケてます!」だって・・・

そのお歳で、こりゃ、いらんことじゃろ・・・
って、内心おかしくもあり、なるほどと納得もしつつ・・・

とにもかくにも、最後の砦に手をかけたためのこの結果だろう、
と、今は思っている。

・・・

フィットネスクラブのロッカー内での会話。おばちゃん2人。
どうでも、医者に行って、いろいろ言われたみたい・・・

「コレステロールも中性脂肪も、3キロ減ったら、改善します〜 
 って、医者は言うんよ。わかっとるよね・・・」
「そうそう、なんか言うたら痩せろっ! 痩せたら変わる言うんよね。」
「この前医者に行ったら、3キロ痩せろって言われたけど、
 この夏、3キロ太ったわぁ〜〜〜 暑かったもんね。」
「私なんか、○○病院で医者にきつく言われて、10キロ痩せたんよ。
 そしたら、すぐにリバウンドしてしもうて・・・
 もう、あの医者は行かれん、叱られるじゃろ、だから医者変えた。」
「そうそう、がたがた言う医者のところには、行かんでもいいよね。」

う〜ん、なかなかすごい会話。

その後、わたしに話しかけられてきて・・・
「暑いじゃろ、孫が来るじゃろ。
 孫が好きじゃけん思うて、ハーゲンダッツ買うじゃろ。
 孫は嫁がわがままに育ていているから、他のアイスがいい言うじゃろ。
 だけん、私がそのハーゲンダッツ食べるんよ。
 だから、太るんよ。3キロ、1カ月で3キロよ〜。
 夜は夜で、孫のために、唐揚げとか作るじゃろ。
 ビール飲むじゃろ、それに焼き肉にも行くし、イタリアンにも・・・」

あ〜あ〜、会話を聞いているだけで、太りそう・・・^^

でも、このおばちゃん、明るくてあっけらか〜んとしているから、
実は、大好きなのである。

フィットネスでのおしゃべりは、ああ楽し!!!

夏サラダ(茄子入り)

P1030008_1













夏野菜のサラダ。茄子(ナス)入りのところがお気に入り!

今、茄子はいろいろな種類がある。
これは、九州の産直市で買ったものだが、生食用の茄子。
親指程度の太さのすら〜っとスリムな茄子。

もちろん、その辺りに売っている普通の茄子でもできる。
水ナスでも美味しくできる。

−材料−
茄子(なるべく細めのモノ)・きゅうり・パプリカ・ミニトマト
みょうが・大葉
(野菜はなんでもお好みで)

調味料  塩麹(塩でもいい)・オイル・酢・レモン汁

−作り方−
1・茄子ときゅうりは、3〜5ミリ程度に切り、塩をして置いておく。
  30分ぐらいしたら、水気を絞る。
2・適当な大きさに切った野菜と1を混ぜる。
3・その中に、調味料をお好みの量入れ混ぜる。
4・3の状態で冷蔵庫に入れ、30分程度したら食べる。
  
☆3の状態であまり長く置くと、水分が出てびしゃびしゃになる。
 3の状態ですぐに食べると、味がなじまない。

☆オットと2人分、と言っても・・・4人前ぐらいありそうな量・・・
 これで、使うオイルは、グレープシードオイルで、大さじ半分程度。
 この量だと、ドレッシングがかかっている感じはない。
 かなりさっぱりとした出来上がり。

☆我が家のオイル指標。一日ひとり、大さじ2杯が最大限度。
 これは、油揚げ・肉・ハムなどに含まれる油分を含めるから、
 かなり厳しいオイル指標となる。
 (正直なところ、なかなか、この限度は守れない・・・)

茄子は、大好きな野菜だ。
油との、そして、脂との相性が抜群にいい。
しかし、ずずず〜ぃっと油を吸うから、
低カロリーの茄子は、あっという間に豹変し、高カロリーの茄子になる。

茄子料理、油を使わず・・・なかなか難しいのである。

焼きナス、茄子サラダ、茄子の煮物、
この辺りが、油なし、または、油控えめの茄子料理。
夏の間、毎日のように食卓に登る、我が家の茄子の定番料理。

油をたくさん使う茄子料理、大好きなんだけど・・・
これらが食卓に上るのは、2週間に1回程度。
もっと少ないかも・・・

9月に入り、「天高く馬肥ゆる秋〜〜〜」となり、
馬が肥えるのはいいことだとしても、わたしたちは、困るぅ・・・
でも、新米も出るしね・・・

そんな中、はたまた、気を引き締めて行こう〜って思う、
9月に入った、今日この頃なのである。

第3期「おいしいテーブル」

P1030004_1













連続イベントの後の九州行、帰ってからの、おとといと昨日、
完全にばてた・・・

とにかく、暑い。暑くて風が熱い。
昼からは、我慢ができなくて、両日ともにクーラーをつけた。

買い物にも行く気になれずに、家の中にあるもので、
3食なんとかしのぐ・・・が、今日は限界かな・・・
いやいや、がんばれば、あと二日ぐらいはなんとかなりそう・・・

今朝、だしを取っていないのに気が付いた。
朝から、急いでだしを取る。

ナスのお味噌汁、この場合、やや濃いめの色の味噌を使う。
できたら、最後に、大量のニラを入れる。
ニラのパワーで元気になる。

・・・

9月になった。
またまた、「おいしいテーブル」が始まる。
この会、8月だけはお休みをいただく。
2年間で22回、なんとかかんとか続けてきた。

さてさて、3年目、どうするか・・・

正直なところ、
今までの2年間のままでは、その負担に、これ以上は?かな・・・

最初、食べることの好きな人が、我が家に来ては、
いろいろ作って食べていた。
ところが、そのうちに、わたしも誘って欲しい、わたしも、わたしも、
なんて言う声が多くなり・・・

実は、大変困ってしまったのです、わたし。

この人を誘って、あの人を誘わない、なんて、意地悪でしょ・・・
でも、全員は誘えない。

だから、えいとこさ〜っ! って気合いを入れて、
公民館での「おいしいテーブル」をスタートしたんだけど・・・

レシピを考え、レシピを書き、それから試作、その後レシピの補足。
前日の買い物、下準備。
当日朝からの荷物の用意、搬入。
終わってからの荷物の持ち帰り、その後の片づけ。

当初思ったよりも、けっこう大変・・・
毎月、あっという間に次の「おいしいテーブル」の予定が来る。

他の料理教室はどのように運営しているのか、
ちょっとあちこち調べてみた。
びっくりしたのが、その値段。結構お高いのねぇ・・・

場所代、人件費、などなど考えると、
それに、もしビジネスでやっているなら、「もうけ」分も入れると、
このくらいの値段になるのかなぁ・・・と思う。

わたしは、ビジネスでやるつもりは毛頭ない。
と言うよりかは・・・
そんなプロっていうほどの、技も知識もない。
☆それがいい!って言ってくれる人も、いるんだけど。

この会は、同好会の集まりぐらいでいい、と思っているし、
現に、今の会は、まさに同好会の集まりみたいなもの。

同好会だから、参加者に手伝っていただこうかと、今、考えている。
買い物、手伝いなどなど、それに、会計や連絡係などなど・・・
つまり、全員参加型の会。

でも、それぞれにいろいろな事情があるから、難しいかな・・・
とも考えている。

または、いっそのこと、アシスタントを雇って、
その人にいろいろ任せる。
その代わりに、参加費は、少し高くなる。

今のところ、全員参加の形での会の運営にするか、
または、参加費は高くなるが、アシスタントを雇うか、
この二つしか、浮かんでくる考えは出ないんだけど・・・

他に、いい考えはないのかなぁ〜と、
この夏、いろいろと考えていた・・・

・・・

今思いついたのが、
公民館でする、この「おいしいテーブル」は解散。

その代わり、一回につき、5人程度までの会を自宅でする。
これだと、わりあい簡単にできそうだわ・・・

って、それだと、また、人数の問題が出てくるんだよね・・・
やっぱり、いい考えではないのかしら。

う〜ん、夏バテバテの頭では、なかなかいい考えが浮かばない・・・

誰か、助けて〜〜〜

Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ