*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年09月

チャリの季節

P1030135_1













一気に涼しくなった。
去年も、確かお彼岸のころ、一気に涼しくなった記憶がある。

夏も終わった・・・

昨晩は、久しぶりのベランダごはん。
涼しいを通り越して、やや寒い!?
ビールをワインを飲んでいたけれども、最後は湯割り焼酎。

飲み物を見ても、季節は移り変わっているのがわかる。

・・・

おとといの夕方、
オットが飲み会だったから、フリーだよ〜って言っていたら、
ももちゃんから、遊びに行かない!?っていうメールが。

うんうん、遊ぶのは好き!

チャリに乗って街へ出発!
と言っても、居酒屋じゃないよ・・・

おしゃれな布や布製品のお店、creerさんに行った。
ノンちゃん&アンちゃんにも会いたかったし、ねっ♪

どれもこれも、欲しいものだらけ・・・
誕生日来ないかな・・・
10月はオットの誕生日だから、何か買うかな!?
わたしの幸せはオットの幸せでもあるはず、だから・・・^^;

なんて、なんて、もうユダレが出そうに、いろいろ欲しい。
で、ユダレが止まりそうになかったので、
リネンシャツを買った。

自分で言うのも変だけど・・・
わたしのためのリネンシャツって感じ。
丈も長いし、袖丈もたっぷりの長さだし、いい感じ。

黒もあったけれども、やっぱり白にした。
でも、黒も欲しい。
ああ〜っ、クリスマスまで、待てないっ!
ハローウィンは、プレゼントは買わないのかな・・・・・

それに、他に欲しいものもいっぱい、いっぱい、いっぱい。
でも、ちょっとだけガマン。

布も秋物になってきていて、
こちらのほうは、もう少し何を作るか考えて買うことにした。
型紙作って、きっちりの用尺を買えば、無駄がないから。

creerさんで、ノンちゃんといっぱいおしゃべりして、
アンちゃんとも少しだけ遊んで、それからバイバイした。

いっしょに行ったももちゃんも、布に魅せられてしまって・・・
何かお買い上げしていたみたい。

 ももちゃんへ
  とうとう、布世界のドアを開けてしまいましたね・・・
  こちら、入ったら最後、出られません・・・
  今から、布が欲しい、欲しい、欲しい地獄に陥ります・・・

その後、ちょっと気になるお店、logさんへと行った。
赤ワインをいただく。

ちょうど夕暮れ時、お店の光の加減が変わるのがきれい。
布の話しをしていたら・・・
オーナーさんが、あそこのお店、いいらしいですね・・・と。
やっぱり、元セレクトショップの店主さん。いろいろ知っている。

その後、チャリで家路へと。
オットも帰ってきてないし、我が家で飲みなおそうよってことに。

冷えた白ワインと、冷蔵庫の残り物。
オットのごはんいらない日が、二日続いたから、
冷蔵庫の中、からっぽ! ごめんねぇ・・・

そのうち、ももちゃんのご主人さんも来られて・・・
そのうち、我が家のオットも帰ってきて・・・

おしゃべり、楽しみました。
また、遊びに来てください。

☆チャリ、もう少し上手に乗れるようになるといいな〜 
 かなり危なっかしかったよ^^;

☆わたし、今から、f i e l d 日 々  tenten houseの織布に行きます。
 チャリでね!
 チャリがもう少し上手になったら、一緒に行こう!
 今の実力じゃ・・・ 草津まで無理と思う^^;



かぼちゃのマッシュサラダ

P1030098_1













−材料−
かぼちゃ(くりかぼちゃ)・クリームチーズ・バター・砂糖・塩
デザート用には、パン・バター・メープルシロップまたは蜂蜜

−作り方−
1・かぼちゃを切って煮る。
  甘さが足りないかぼちゃの時は、砂糖を入れる。
2・煮上がったら、水分を飛ばし、マッシュする。
3・熱いうちに、バターとクリームチーズを入れて混ぜる。
  足りなければ塩を加える。

P1030099_1













↑デザート応用
パンをカリッとトーストする。バターとメープルシロップを塗る。
上にかぼちゃマッシュを置いて食べる。

デザートで食べてもいいが、朝ご飯でもOK!

・・・

この季節になると、ペイストリー系の焼き菓子がいろいろ出てくる。

昨日買った、「マロニエ」のお菓子、なんとかダモーレ・・・!?
ペイストリーのパリパリの生地の中に、カスタードが入った焼き菓子。

壁紙を貼りに来たクロス屋さんのお茶受けにした。
わたしの分も一つ買った^^

クロス屋さん、絶賛のお菓子。
わたしも、後ほどいただいたが、確かに美味しい〜♪

だがだが、こんなお菓子、バターたっぷりで、カロリーが気になる。
栗が入ったパイ、そして、アップルパイなどなど・・・
今から、こんなお菓子が美味しくなるんだけど・・・

ペイストリーは、バターと砂糖と粉の塊りだから、
かなりのハイカロリーになる。
う〜ん、気を付けて食べなければいけない・・・

かぼちゃのマッシュを乗っけたトースト、
これは、ちょっぴりそんなお菓子気分を味わえる、
秋のお手軽、おやつ。

日々の努力

P1030120_1










台風、広島では、風がすごかった。
マンションのドアを開けると、吹き飛ばされそうなぐらいの風。
北風がすごかった。

今年は、あちこち自然災害の多い年。
自然に対して、もっともっと謙虚に向き合うこと、
学ぶ時が来たのかもしれない。

↑昨日、夕方の空。
手前の雲、見ていると、ぐんぐん移動して行く。
北西方向から、南東方向へと。
生きもののように、雲が動いて行く。
しばらく、ボーっと眺めていた。

P1030117_1













スーパーの今月の強化安売り品目、その一つがささみ。
100g68円だった!
それを、塩麹に浸けておいた。

アバンセで90円で買ったブラウンマッシュルームで作ったソース、
それを上にかけての一品。
後は、ごはんの残りに、バターとイタリアンパセリを混ぜた、
「1分でバターライス」を付け合わせただけ。ふたりで300円程度^^

オット、こんな簡単な一皿でも、ナイフとフォークを出すと、
「おごちそうだな〜」ってニコニコして食べる。
なんとも簡単な人だ。

・・・

我が家のオット、いつもニコニコしていて、いい人だねっ、
と、他人は言う・・・
確かに、悪い人じゃあないと思うけれども・・・

30数年いっしょに暮らす中、どれだけ言い争い、
どれだけ喧嘩をし、どれだけ叩きあい(主にわたしが叩く^^;)
どれだけ、もう別れようと思ったことか・・・

日常の小さな喧嘩もあれば、
数か月、数年越しに喧嘩してきたことだってある。
それでも、お互い、別れなかったのは? 

愛があるから・・・???   だといいけど・・・

ただ、めんどくさかった!?から、一緒にそのままいたんだと思う。
別れるのって、パワーがすごくいると思う。
それに、その後、新しい人を見つけて、またいっしょにスタート、
はぁ〜〜〜、考えただけでも、めんどくさそう・・・

そのうちに、子供も家から出て行ってしまって・・・
気が付けば、ふたりだけの生活。

なんだか、この頃から、喧嘩の量がいっぺんに減ってきた。
家の中には、ふたりだけ・・・
年もとってきたし・・・
いまさら〜喧嘩してもねぇ・・・

もちろん、小さなことでイザコザはあるけれども、
まあ、それは、お互い言いたいこと言って、それで終わり。

日々の努力と言うほどのものじゃないけれども・・・

いちおう、わたしが心がけていることは、
ただただ、わたしにできることを、ぼちぼちするだけ。
完璧にはできないけれども、それなりにするだけ。

それなりに、それなりにの日々の繰り返し。
ただ、それなりの繰り返し、って、ある意味においては、
微々たる努力の積み重ね。めんどくさいの積み重ね。

大きな努力はしないけれども、
この毎日の微々たる努力、けっこうめんどくさいことばかり。
でも、これは手を抜かない。

母がいつか言った。
「オットに手を抜くなよ!」と・・・

確かにそれは言えている。正しいと思う。

我が家の場合、オットのことを、大事大事にはしてないと思う。
けれども、手抜きは、あまり、してないと思う。
まあ、自分で思う、あまり、だから・・・あいまいだとは思う。

まあ、そんなこんなで、日々を過ごしている。

まだまだ、
オットに言いたいことは、1,000,000個ぐらいあるけれども、
オットだって、わたしに言いたいこと、あるだろな〜
いくつかぐらいかな〜!?

でも、もう、かなわない夢を追い求めて、
オットに言い続けるのも、いい加減、疲れた・・・

だから、
オットにない部分は、わたしが補い、
わたしにない部分は、オットに補ってもらう。

そんでもって、
ふたりにない部分は、アウトソーシング、または、諦めるか・・・

まあ、ぼちぼちやりましょ・・・

季節はめぐり、われわれの関係もめぐり、めぐる。

・・・

↑300円ぽっきりのディナーだけど・・・
手抜きはしてない。これが、わたしの言うところの、日々の努力。
まあ、この程度の努力です、わたしの努力は・・・



冷蔵庫の中を・・・

P1030113_1















☆以下の報告がありました。参考になると思うので、
 ここに載せます〜。
 ご報告、ありがとうございましたっ♪

 先日教えていただいたチョコプリン、
 ガーナチョコで作ってみました。

 ガーナは明治に比べミルク成分が多め?のせいか、
 二層にはなっても明治ほどクッキリとしてませんでした。

 お味のほうも明治チョコのほうが、
 チョコプリンに向いてる気が・・・

☆☆☆お好みの問題もあると思いますが、
    みなさま、他のチョコでもいろいろ作ってみてください。
    作ってからの報告、お待ちしています〜♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風が来るって言うから、朝から非常食作りをする。
九州育ちだから、台風って聞くと、ちょっとかまえる。

山本さんの野菜いっぱいのドライカレー。
ナス・ズッキーニ・クッキングトマトが送られてきたので、
お肉はちょっぴりで作ったドライカレー。

ひじきの佃煮。
いつも、クロワッサンで買う金ごま印のひじきの佃煮、
これをマネっこして作ってみたら、けっこういい感じ!
これなら、今からは、手作りでイケるかも!

ブラウンマッシュルームのソース。
アバンセで、普段は高いブラウンマッシュルームが、1p90円。
なんでも、ちょっと傷んでいるらしいかららしいが、問題なし。

そして、冷蔵庫の野菜室にあった野菜でのサラダ。

今晩、停電になっても大丈夫なように、ごはんは作った・・・
が、台風は、どうも方向が違うみたい・・・
でも、備えあれば憂いなし・・・ということで。

・・・

冷蔵庫の中、開けるたびに、よその家の冷蔵庫を開けている気分。
なんだか、自分の家の雰囲気がまだない。よそよそしい感じ・・・

今日は、近所の100円ショップに行って、
少しだけプラスチックの整理かごを買ってきた。

冷凍庫も野菜室も、大きいから・・・
引き出しを引き出すたびに、中身が、ゴロゴロ、ゴロゴロする^^;
だから、まとめて入れてゴロゴロしないように、カゴに入れた。

いろいろなもの、瓶やジップロックコンテイナーに入れているが、
なんだか、統一感がないなぁ・・・
でも、全部「見える」容器に入れているから、
中身が何かは、一目瞭然! これは、自分でも気にいっている。

以前、たしか、クロワッサンの記事か何かで・・・
奈良の「くるみの木」の石村由紀子さんの冷蔵庫が載っていた。

冷蔵庫の中に、常備菜とか、野菜の茹でたのとか、
いろいろ手作り品がいっぱい入っていた。
その容器全部に、何が入っているかわかるように、シールが貼っている!

すごいな〜って思った。
わたしみたいな、ずぼらには、とてもできない技だと思った。

もうひとつすごいな〜って思ったのが、
野田琺瑯の社長夫人、野田善子さんの冷蔵庫。
さすが、野田琺瑯! 中の容器はほとんど野田琺瑯。素敵〜。

ここでびっくりしたのは、
中身を黒マジックで琺瑯容器に直接書いていたこと。
走り書きの黒マジックが、圧巻だった!

なんでも、容器を洗う時に、黒マジックのメモも、
洗剤で簡単に落ちる、って書いてあったのも、びっくりした覚えが。

シールに中身を書いて貼るのは、わたしには不可能に近い作業で、
でも、黒マジックだったら、書けるかもしれないけれども・・・
う〜ん、やっぱり無理そう。

パイレックスのガラス容器や、ジップロックのように、
またまた、そこいらの瓶などのように、
横から透けて中身が「見える」容器じゃないと、
長続きはしないだろうな〜って思う。

でも、見た目、あまりかっこよくないしな・・・
でも、日々の生活の中、無理は続かないだろうしな・・・

中身が常に決まっているものだったら、野田琺瑯もいいかもしれない。
例えば、味噌とか、いりことか、かつお節とかだったら・・・

いろいろ、いろいろ、冷蔵庫の使い勝手をいろいろ考えているのだが、
実は、こんな作業が一番好き。
けっこう楽しい時間を過ごしている。

・・・

冷蔵庫を買ってから・・・
庫内が広くなったから、安心して保存モノが作れる気分!

栗の甘煮は、2瓶分作ったし、桃の白ワインにも作ったし、
今日は、ひじきの佃煮も作ったし、マッシュルームソースも作ったし、
自家製保存瓶がどんどん増えて行く。

う〜ん、「おいしい冷蔵庫」 ただ今パワーアップ中!


チョコプリン

x85h69rz_1

















☆以下の報告がありました。参考になると思うので、
 ここに載せます〜。
 ご報告、ありがとうございましたっ♪

 先日教えていただいたチョコプリン、
 ガーナチョコで作ってみました。

 ガーナは明治に比べミルク成分が多め?のせいか、
 二層にはなっても明治ほどクッキリとしてませんでした。

 お味のほうも明治チョコのほうが、
 チョコプリンに向いてる気が・・・

☆☆☆お好みの問題もあると思いますが、
    みなさま、他のチョコでもいろいろ作ってみてください。
    作ってからの報告、お待ちしています〜♪


☆写真、sankiraiさんからお借りしました♪

材料三つでできる、お手軽チョコプリン。
どんなにがんばっても、二層に分かれてしまう・・・^^;
↑上部8ミリぐらいのところ、チョコが濃い部分ができる。

でも、今回の「おいしいテーブル」で、
2層に分かれるのが美味しい〜♪ って意見が・・・
そう言われてみれば、そのような気もする・・・
一手間で、2層に分かれるから、ある意味、いいかも!?


【チョコプリン】
−材料−
板チョコ 58g(明治の板チョコの場合 ロッテのガーナの場合)
牛乳  300cc 
板ゼラチン 5g

−作り方−
1・板ゼラチンを氷水で戻す。
2・鍋に牛乳を入れ温め、板チョコとゼラチンを溶かす。
3・カップに入れて固める。

分量の対比  板チョコ1:牛乳5:板ゼラチン0,08の割合

例えば・・・
板チョコ100g 牛乳500cc 板ゼラチン8g

☆板チョコの甘さにより、甘みが決定する。
 もっと甘い方がいい人は、グラニュー糖を加える。

☆明治もロッテも、なぜか、板チョコ一枚58グラムだった。

☆このゼラチンの割合だと、ひっくり返すと「自立」できない。
 もう少ししっかりとしたチョコプリンにしたい場合は、
 ゼラチンを増やす。ただし、だんだんと固くなる・・・

☆この分量で、だいたいプリンカップ小さめ5個分ぐらいできる。


記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ