*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年09月

おいしい冷蔵庫

P1030110_1

















新しい冷蔵庫がやって来た!

すったもんだあったけれども・・・
やれやれで搬入できた 新しい冷蔵庫。

以前の冷蔵庫は、日立から頂いたもの。
エッセイを書いて当選して、
その後、モニターエッセイを書いたため、
無料でいただいた冷蔵庫。

考えたら・・・
それ以前の冷蔵庫、アメリカ製の冷蔵庫だった。
めちゃくちゃでっかい冷蔵庫だった。
☆今考えると、電気代はすごかっただろうな・・・と思う。

このアメリカ製の冷蔵庫は、義姉が使っていた冷蔵庫のお下がり。
だから、この冷蔵庫も無料。

つまり、今回の冷蔵庫、結婚して初めて「自前で買った冷蔵庫」
人生初の買った冷蔵庫!

シルバーグレーと白と、色で悩んだけれども、
やっぱり、この場所には白がぴったりだと思う。
ややピカピカしているのは、気になるけど・・・
まあ、許容の範囲内かな?と思う。

201109180939000_1

















動かした壁、まだ、壁紙を貼っていない。

この壁があったゆえに、68.5センチの冷蔵庫が入らなかった。
正確に言うと、入るけれども両脇に隙間がなかった。

写真←左方向に、壁を10センチ動かして、隙間を作った。
これで、68,5センチは余裕で入ることになった。
だから、思い切って、うふふ、74センチの冷蔵庫を買ったのだ^^

次は、どんな冷蔵庫を買うのかな・・・?
10年後・・・わたし、64歳になる・・・
みぃ〜ちゃんが14歳になるのかぁ・・・
まだまだ、みんな食べ盛りだろうな〜〜〜

10年後も、大きな冷蔵庫を買うだろな・・・
とすれば、やっぱりやっぱり、思い切って壁を動かしたの、大正解!

・・・

今回、冷蔵庫の買い替えで、冷蔵庫の中を全部出した。
全部出して、ぶったまげたことがある。

とにかく、瓶類が多いってこと。
以前に比べると、調味料とかドレッシング類とか、
最近はぐっと減ってきている、と実感していたのだが・・・

それでも、瓶類多い〜っ!

和洋中エスニック料理を、作り食べたい我が家では、
それなりの調味料が、それなりにある。
う〜ん、これを減らすのは難しいなぁ・・・

いやいや、べつに減らさなくてもいいんだ。
必要とあらば、それを買って冷蔵庫に入れて使えばいいんだ。

雑誌とかに載っているような、
何もない冷蔵庫とかに、憧れるけれども・・・
でも、我が家では無理だ。

ただ、それをちゃんと管理することはしなくてはならない。
数が多いだけに、死蔵しちゃうものだって出てくるはず。
だから、管理だけはちゃんとしなくちゃ、って思う。

食いしん坊だから、
そして、自分の好みの味を食べたいから、
手作り品のストックは、外せない。

新しい冷蔵庫、これからも、手作りストックをいっぱい入れて、
毎日、安心・安全・ヘルシーで、もちろんおいしいもの、
それをあれこれ作って食べたい。

我が家の冷蔵庫は、名付けて、「おいしい冷蔵庫」だ!

・・・

日立のモニターエッセイの時、書いたこと。
玉子入れの改善要望を書いた。イラスト付きで。
その要望がどうなったのか、連絡もなかったので、
そのまま知らなかった・・・

以前の冷蔵庫の玉子入れは、ドアポケットが主流だった。
開閉するたびに、外気温の影響が大きなドアポケットに、
生や半熟で食べる可能性のある玉子を入れることに、
ずっと疑問を持っていた。

だから、日立の要望に書いたのは、
冷蔵庫の冷える場所に、玉子を入れる場所を確保して欲しいこと。

それから、
玉子はきれいそうだけど、ばい菌が付いている可能性もあるから、
ふたのできるような閉じた場所に玉子を入れたいということ、
これも要望書に書いた。

イラストは、冷蔵庫下段左端、肉入れ場(チルドルーム)の隣に、
玉子入れ専用の引き出しを書いた。

今回、びっくりしたのは・・・

冷蔵庫の玉子入れ、イラスト通りになっていたこと・・・
えっ、これって、もしかして・・・わたしが書いたヤツじゃん!

しまったなぁ・・・特許申請出せばよかったなぁ・・・
そうしたら、もしかして、今頃、億万長者かも、かも、かも・・・

億万長者じゃないかもしれないけれども、
あのアイディアで、次の冷蔵庫も、無料でもらえたかも、かも・・・

なんて、びっくりしつつも、しまったな〜って思いつつも、
それでも、自分のアイディアが商品に反映されていて、
ちょっぴりうれしい、そんな思いなのである。

☆って、こんなこと、誰でも考えると思うから、
 きっと、きっと、わたしのイラストでそうなったとも思えない、
 それが、わたしの正直な本音であります^^;

3−1「おいしいテーブル」

P1030093_1













「おいしいテーブル」第3期、始まりました。
 
会員の皆様の温かい支えと、そして、歯に着せぬ突っ込みとのおかげで、
なんとかかんとか、沈没もせずに、ここまで続けてこられました。
みなさまに感謝です。ありがとうございました。

気持ちも新たに、4人の新人さんをお迎えしての3期、
昨日は、第一回目でした。

今回は、なんとなんと、「Omoブログ」のOmoさんをゲストに、
お迎えしました!

文書よし、写真よしの、ほんわかしたブログ、とっても素敵♪
それは、説明よりも見ていただいた方が、いいかな!?

わたしの一押しは、「風景の切り取り方」のセンスです。
その場にいるような、そんな「空気感」が何とも言えません。

いいなっ〜♪と、指をくわえて見ていたわけですが・・・
ある日、思い切ってお願いしたのです。

「料理の写真の撮り方、教えてもらえませんか?」って。

お会いしたこともないし、ズーズーしいかな〜って思いましたが、
快くお引き受け下さいました。

Omoさん、ありがとうございます。

さて、「おいしいテーブル」3−1のメニューは、

 ・トマトソース(これを使って↓)
 ・たこのスパゲティ トマトソース
 ・車麩のフライ
 ・ナスのサラダ2種 ごま和え&サラダ
 ・かぼちゃのマッシュサラダ
 ・チョコプリン

お写真のほうは、もう、絶対に、こちらを見られた方がいいです。

もちろん、「Omoブログ」です!

あのうぅ・・・
自分で言うのもおこがましいのですが・・・

「セレブのテーブル」みたいです! 

すごぉ〜い〜〜〜

って、朝からびっくりたまげたのは・・・
こちらのブログの写真

あらら、すごぉ〜いぞぉ〜〜〜
以前の写真とは、全然雰囲気違います。
こちらも、「プチ・セレブのテーブル」みたいです^^

Omoさん、ありがとうございました。また、来てください〜ねっ!

・・・

蕎麦打ちの先生が友だちなのだ! 
で、お願いした。「蕎麦打ちのテーブル」に来てください、って。

うふふ・・・了承を得ました!

年末、年越しそばまでの間にできるといいなぁ〜〜〜。
って、
そのことを、こそっとOmoさんに言ったら・・・

「僕、蕎麦打ちしたいですぅ〜♪」って言われました。
が、このわたし、即座に言ったのです。
「Omoさんは、写真班でっす!」って・・・スミマセン・・・

蕎麦を打ちながら、写真を撮りながらでも大丈夫です〜♪
あっ、それから、もうひとつ、写真の撮り方を教えながらのほうも、
よろしくお願いします^^

「蕎麦打ちのテーブル」 わたしが一番楽しみかもしれない^^;

カスタード名人もいるようだから、
「カスタードのテーブル」、こちらは、シュークリームでも作るかな?
なんて、名人を迎えて、今期は、いろいろ趣向を凝らして進めるつもり。

とにかく、「楽しく・おいしく!」の「おいしいテーブル」
第3期の出航です〜♪

・・・

お願いするの、ためらいもあるけれども・・・
思い切って、言いだすのもいいかもしれない。

「お家に招待してください」
「写真の撮り方教えてください」
「蕎麦打ち教えてください」
「お菓子教えてください」

なんて、なんて、最近は、ず−ずーしくお願いばかり。
でも、そのお願いで、世界が広がっている。
少しずつでも広がっている。

今からも、お願いできる人には、いろいろお願いしよう、って思う。

栗のテーブル

uz33w9ao_1












2005年9月にスタートしたこのブログ。
その9月に登場したこの写真は、
私のお気に入りのレストラン、Plasir、プレジールの栗のテーブル。

その頃、よくよく行っていたレストランが、Plasir・・・
街のほうに外食に行かなくなって久しい・・・
Plasirも、ずっと行っていない・・・

この栗のテーブルは、オットの会社の木で作ったテーブル。
デザインは、わたしが「何もない!」をお願いして作ってもらった。

レストランだから、主役は、お客さま。
そして、お料理、お店の雰囲気・・・・・・・
などなど考えると、テーブルは、引き立て役でいいと思っていたから、
何もないデザイン、ありきたりのテーブルがいいと思った。

今考えると・・・ 
もう少し、おしゃれなデザインでもよかったかも・・・

なぜ、お久しぶりのPlasirかと言えば・・・

先日、またまた、お招きがあった。
今月は、すごい勢いで、あちこちに遊びに行っている!

そこで、何気なく出た会話の中で・・・Plasirの名前が。
あらら、オーナーの人と仲良しさんだって。

あの人も知っている、この人も知っているって、ちょっと懐かしい。
久しぶりにお会いしたいな〜って思う。
そして、テーブルにも久しぶりに会いたいな〜〜〜

・・・

壁、ぶっ壊しました。

って、その時間、ちょっとお買い物に出かけていたから、
ぶっ壊しの瞬間の様子は見てないんだけど・・・
写真撮っておいてもらえばよかった、と少々後悔。

何気ない壁のはず、だったんだけど・・・

マンションだから、その壁の中には、軽量鉄骨が入っていた。
取り除いた、その軽量鉄骨を見てびっくり。

え〜っっ〜〜〜、たったこれだけの壁の中に、
こんなに立派な鉄骨が入っているのぉ・・・???
そこまでしなくてもぉぉぉぉぉ・・・

素人は、なんにでもびっくりするのです!

予定時間を大幅に越えて、作業は終了。
新しい壁ができた。
後は、壁紙を張るだけ。

大変な作業、ありがとうございました♪

さてさて、
壁紙屋さんは、今、ちょっと忙しいらしいので、
お時間ができたときに来てもらうことにした。
だから、しばらくは、壁紙ない状態の我が家。

これで、いつでも新しい冷蔵庫は搬入できる。
今は、冷蔵庫うの中、パンパンの満杯。
なぜって、今日は、「おいしいテーブル」だから。
今日が過ぎると、冷蔵庫は、ガラガラ状態になる。
だから、冷蔵庫搬入には、いいタイミング。

電気屋さんと相談して、搬入日を決めなくちゃ!

冷凍のものは、廿日市のオットの会社にある冷凍庫に、
一時避難させるつもり。

しばらくあれこれバタバタしそう・・・

・・・

壁移動のため、そこに置いてあった棚が置けなくなった。
それをどこに移動させるか・・・
それが当面の問題。

ひとつの「駒」を動かすと、
以前そこにあった「駒」を動かさなければならない。
それを動かすと・・・

と、「ところてん」を付いたように、次々に動かさなければならない。
う〜ん、悩ましいところだ。

そろそろ涼しくなる?・・・
このチャンスに、
ぼちぼちと、秋の大片づけ、大処分、大掃除をスタートしなくちゃ!


どんぐりすくすく♪

P1030055_1













オット、どんぐりが好き。

平和大通りに添って、緑地帯がある。
この緑地帯に、どんぐりの木がけっこう植わっている。

その中に、大きなどんぐりの実がなる、くぬぎどんぐりがある。
オット、この大きなくぬぎどんぐりが大好きなのだ。

ウォーキングの途中、夢中になって拾いはじめる・・・
あのぉ・・・何するんですかぁ???
栗じゃないんですよぉ・・・っ・・・

ある日、ベランダのプランターの世話をしていた。
枯れ果てた花やレタスなどの始末をして、
新しい土を加え、そして、腐葉土や肥料を新しく混ぜ・・・

あるプランターの中、何かある・・・どんぐりだ!
オットが、どんぐりを植えたのだ。
黙って植えているものだから、わたしは水もやらない。
だから、どんぐり、そのまま状態。

そのプランターに、違う苗を植えた。
どんぐりは、そのままにして・・・

すると、ある日、不思議な芽が出てきた。
そして、すくすく伸びて行く。
何だろう、この芽は? 雑草とは違うような・・・

どんぐりだった! どんぐりの芽が出たのだ。

どんどん伸びるので、大きな鉢に植え替えることにした。
さてさて、土は、どんな土!?

わかんないから、野菜の土を買ってきた。
肥料もわからないから、野菜の肥料を混ぜ込んだ。
どんぐり、花じゃないと思ったからだけど、
よく考えたら、野菜でもないよね・・・

とにかく、野菜の土と肥料入りの土に植えた。
最後、もしかして・・・と考えて、腐葉土を加えた。
なんだか、葉っぱの落ちてそうな場所に、どんぐりの木あるかな?
って思って。

それが正解なのかは、わからないんだけど、
とにかく、大きな鉢に入れた。
水もいっぱいあげた。

今のところ、どんぐりの葉っぱは、幸せそうな顔をしている。
一番陽当たりのいいところに、鉢を置いた。

オットは、「自分のどんぐり」が、いい鉢に植えられたから、
ニコニコうれしそうな顔をしている。
どんぐりの実がどっさりなると思っているのかな?

わたし!? わたしは、そうは思わない・・・けど・・・

とにもかくにも、我が家のどんぐり、ただ今、すくすく中!

芽と干物

P1030061_1















「にんじんの芽はどれかな?」って・・・

わたしの答えは、右から2番目の丸い葉っぱ・・・
こたえ、違った・・・^^;

答えは、右端と、一つ置いての、先のとんがった芽。
へぇ・・・・・・
って、野菜の苗、ほとんど何が何か知らない。
実がなればわかるけれども、花の状態でもわからない。

以前、あまりにもかわいい花が畑に咲いてるから、
農作業中の人に聞いたら、笑いながら答えてくれた。
「オクラの花だよ・・・」って。

野菜はいっぱい食べるけど、苗とか、花とか、
まだまだ知らないことだらけ。

P1030065_1













お魚をいっぱいいただいた。
オットとふたり食べるには、あまりのもたくさんの量。
さて、どうするか・・・

小さなお魚は、南蛮漬けにした。
カレイとアジは、どうしょうかと思ったけれども、干物にした。

我が家の干物作りは、冷たい北風が吹く頃からスタート。
夏場は、どうなんだろうか・・・?

昨日は、お天気もいいし、風がけっこう吹いていたから、
思い切って、夏場の干物作りに挑戦した。

うす塩をあてて、ベランダに干す。
一気に干す。
だらだら干すのは、ちょっと心配だから。

表面が乾いてきて、水分が少なくなったな〜って思ったところで、
家の中に取り込んだ。
表面の温もりがとれたところで、ラップに包んで、
それからジップロックの袋に入れて、冷凍庫へと。

朝ごはんが、ちょっと楽しみ!

・・・

今週、壁をぶっ壊して、クロス屋さんに来てもらって、
その後、冷蔵庫の搬入予定。

って、今、冷凍庫、けっこういっぱいなの、どうする?
食っちゃえ、食っちゃえ、食っちゃわないと・・・^^;


記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ