*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年10月

バタバタババ

P1030438_1














昔、こんな歌があった。「パタパタママ」って歌が。

今のわたし。「バタバタババ」・・・

今週も、九州行きがあって、そのほかにもバタバタいろいろ予定続き。
でも、楽しいことをいっぱい見つけて、元気を出すぞ〜!

・・・

日曜日は、オットの母のお誕生日会をした。
みんなで集まってのお食事会。
義母95歳。ボケずに元気。100歳まで余裕で〜す!

シャンパンで乾杯、元気な95歳を乾杯!

☆集まったのは、某ホテル。
 おしゃれなホテルだと思っていたんだけど・・・
 お料理のほうは、正直イマイチ・・・
 サービスのほうも、う〜ん、ホテルにしては悲しい。
 もう少し頑張んないと、あのホテルはヤバいぞ〜〜〜
 
 その割には、シャンパン代は、高かった・・・
 飲み物は我が家持ちだったから、厳し〜請求が来た。
 せっかくの酔いが、吹っ飛びそうだった^^;
 
 今、我が家の家計は、かなり厳し〜〜〜くて、節約月間継続中。
 今月は、その上を行く、節約緊縮財政月間になりそう。
 どこかの国の財政みたいだ・・・

幸せごろんごろん

P1030424_1














基本、連続ドラマは、観ない!
大河ドラマも観ない!
朝ドラも観ない!

なぜなら・・・

次が待てないからだ。
次週まで、次回まで、待てない。
イライラする。

だから、観ない。

が・・・・・朝ドラ「カーネーション」観てます^^

ちらっと観たら、あれれ、ミシンが出ている。
朝の家事をしながら、ちらっ、ちらっ、と観ていたら、
これが、けっこう面白くなってきて・・・

主人公、糸子の子供の頃、服作りに憧れて、
手縫いで、あっぱっぱを縫う姿、かわいかった。

そして、今、やっとやっと、洋裁の先生について勉強をスタート。
うん、がんばって欲しいな〜。

さてさて、今日は、「ちくちくテーブル」の第3回目。
今日は、きんちゃく作りをする。
手縫いに、イラッときたのか、数人はミシンで縫うと言う。

ガンバレ、ミシン初心者!
誰でも、最初は、初心者マーク。
続ければ、ゴールド免許がとれる、かも、かも・・・かも。

・・・

NHKの「プロフェッショナル」ときどき観る。
今回は、あの料理界のカリスマ主婦、栗原はるみさん。

料理研究家なのに、細い、細い。
その理由がわかった。
とにかく、一日中、コマネズミ(ご主人いわく)みたいに働く。
あんなに、ちょこちょこ動いていたら、そりゃ痩せるわぁ〜。

って、録画したテレビを見ながら、ソファーでだら〜っとしている、
そんな、そんな、グータラ主婦のわたし。
こりゃ、こまめに身体を動かさんといけんねぇ・・・
と、思いながら、炊きたての白玉入りぜんざいを食べている^^;

彼女の生き方というか、考え方の中で、一番共感ができたのが、
「楽しく生きる」ということ。

これ、わたしの生活信条とまったく同じ。
彼女はこう言っていた。
「生活ってそんなに楽しいことばかりじゃないでしょ。
 むしろ、おもしろくないことがほとんどじゃない?
 だから、なるべく楽しくするの。楽しく生きるの。」

これって、全くもって、わたしと同じ考え方。

以前、ある人に言われたことがある。
「nanaさんって、生活を楽しむ、人生を楽しむ方法を知っている」って。

へぇ〜〜〜〜〜って思って聞いていたんだけど、
確かに、常に楽しいことを探しているし、見つかれば実践するし、
楽しくなければ、楽しくなるように工夫をする。

それを、ちゃんと見ていてくれた人がいたなんて、
その人の見抜く目に、ちょっとびっくりし、尊敬の念を持った。
ちなみに、その方は、わたしの織りの師匠です^^

って、師匠なんて言ったら、叱られそう・・・
「織り仲間って思ってね」なんて、師匠はなんともニクイ!

話しはそれたけれども、楽しく、楽しく生きたい。

その点、家は幸せがいっぱい潜む場所だと思っている。
家の中には、幸せが、ごろんごろん、転がっている。
それを、見つけるか、見つけないか、それで生活は大きく変わると思う。

さてさて、今日も、家の中のごろんごろんを見つけましょうっか〜♪

・・・

栗原さん、ほとんどすっぴん。
う〜ん、美人はすっぴんでも美しい〜♪
テレビの前でも、堂々としたすっぴん。

実は、このわたしもテレビに出たことがあるんだけど・・・
その撮影の時、すっぴん、でした・・・
だって、お家取材だったから、そのまんま・・・

で、テレビがオンエアされた後、すぐに電話があった。
せめて口紅でもつけなさいよっ!って。

そんな、もう遅いよ〜って、思ったんだけど・・・
でも、いいんです、これが普段の、本当のわたしだから。

でも、いざっていう時、本当に困る。
お化粧道具も持ってないし、たとえ、持っていたとしても、
お化粧のやり方がわかんない。

この日曜日、ちょっとしたお食事会に行くんだけれども・・・
せめて、口紅でもつけていくかな〜?
それも、お友だちがくれた、口紅の見本帳の口紅を(苦笑)

☆今年は、サンタさんに、口紅を頼もうかしら???


ちゃんと測る・量る

P1030389_1














↑餅ではありません! パンです^^

季節がよくなったから、今はちょっとパン焼き強化シーズン。
今まで、ちょっといい加減にパンを焼いていたから、
それでも、それなりのパンが焼けていたから、
まあ、それでもいいかと思ったけど・・・

今は、ちょっとまじめに、ちゃんと計量して、
ちゃんと温度を測ってみて、少し数字にこだわって焼いてる。

今までは、だいたい、このくらい〜の計量で、
温度は、手で触ってみるだけ、あとは匂いをクンクン嗅ぐ程度で^^;
感覚だけのパン作りだった。
ちょっとだけ、パン焼き、がんばるつもりです!

・・・

ロールパンを焼いた。
お隣さんに持って行った。
お隣の2歳のプリンセス、パンがお嫌い、だそうな・・・

でも、お隣のママが言うには、
ロールパンを、ペロッと1個食べたんですよ〜♪

うれしくなって、隣の婆さん(わたしのこと^^)
次に焼いたロールパンを、また、持って行った・・・
これも、プリンセス、ご機嫌でお食べになったそうな♪

その隣の2歳のプリンス、彼はパンを見るなり、
1個取って、パクリ、パクリ、パクリ。
あっという間に、1個完食!

うれしくなって、隣の隣の婆さん(私のこと^^)
次のロールパンを、持って行ってあげたい気分。
だけど、まだ、次の焼いてない^^;

ちゃんと計量して、ちゃんと温度測って、ちゃんと焼いたパン、
2歳のお子ちゃま、ちゃんと食べてくれた。
本物のプリンセスとプリンスかもしれない・・・

☆・・・って、もしかして・・・
 コーエンでいっぱい遊んで、ただ、お腹が減っていただけ、かも!?
 まっいいかっ! それでも、食べてくれてうれしかったよ〜♪

・・・

やっぱりお家が好き。
お外も好きだけど、お家でいろいろするのが好き。

パン焼きもしたいし、
今の季節のお野菜を使って、お料理もいろいろしたいし、
それに、
バッグも作りたいし、
それに、
ウールの糸を機にかけたのを、織りあげたいし、
やりたいこといっぱい。

でもでも、やっぱ、一番は衣替えでしょ!

日曜日、タンクトップを着ていたら、みぃ〜ちゃんに言われた。
「ばんたん、どうしてお袖のない服着ているの?
 もう、長そでを着る季節なんだよ。」ですって・・・

ばんたんねぇ・・・
まだ、衣替えしてないんだよ。
タンスの中、まだまだ、夏物なんだよ^^;

したいことはいっぱいあるけど、今日は、やっぱり衣替えしなくちゃ。
朝、ぐんと冷えたものね・・・
タンクトップは、さすがに、辛すぎる・・・

・・・

昔、やっぱり秋でもタンクトップを着ていた。
それも、白のタンクトップを。
子供が指をさして言った。

「ターミネーターのおばちゃんみたいだ!」

バタバタ日々&コーエン

P1030347_1














久しぶりのブログ更新です^^;

とにかく忙しかった! でも、いっぱい楽しかった!

県北のお友だちの家に遊びに行った。
帰ってきたら、あらら、マンション内ママの飲み会があって、
そちらに急きょ参加して、焼酎の飲み比べをしたら、酔っ払った!

次の日、県北のお友だちの畑からいただいた野菜、
これで、いろいろ作って、気持ちと冷蔵庫内は豊かになった。
ありがと、珍しいお野菜をいっぱい!

長男夫婦が帰ってくると言うので、その用意もする。
長男夫婦が帰ってくるとなると、次男家族もやってくる。
いっしょにごはんを食べる準備をする。
野菜と準備で、半日以上は、キッチンにいた。楽しい時間だ。

日曜日、オットのお誕生日だった!

誕生日だったけれども、
オット、朝から島根県まで仕事だと言うから、一緒に行った。
昼からは、オット、仕事の残りがあると言って会社へと、単独で行った。
お誕生日、まあ、やりたいことをするのが一番かも・・・
と、少々苦笑気味に、オットを送りだす。

島根から帰ってきたら、みぃ〜ちゃんが、「遊ぼ〜♪」って待っていた。
急いでお昼ごはんを作って食べた。

お昼からは、みぃ〜ちゃんのボーイフレンドのmくんとたちと、
公園に行って遊ぶ。

その後、お家で、mくんたちとビーズをして遊び、
その後は、おままごとに、かくれんぼに忙しい。

みんなが帰って、オットも帰ってきて、
ささやかなお誕生日会ということで・・・
歩いて、ディッシュ堺町へと行く。
ほろ酔い加減でのお誕生日、この一年も元気でありますように。

月曜日の夕方、長男夫婦を広島駅まで送り届けて、やれやれ、やれやれ。
やっと、普通の日々が・・・

・・・

「一番楽しいところはコーエン!」というみぃ〜ちゃん。
わかるよ、わかるよ。子供にとって、コーエンは最高の場所だよね。
いっぱいいっぱい遊ぼうね。

今回は、mくんの自転車を借りた。でも、まだ、上手く乗れない。
う〜ん、ばんたん、mくんとおそろいの自転車買ってくるからね。
また、練習しようね。mくんといっしょに練習しようね。

忙しい中、バタバタの中、それでも、子供と公園で遊ぶのは楽しい。
遊ぶと言っても、もう一緒に遊ぶと言うより、見守るって感じ。
お友だちと一所懸命に遊んでいる姿を見るのは、うれしい。

子供にとって、公園は社会生活のスタートの場だと思う。
ここで学ぶことは、多い。
というか、ほとんどのことは、公園で学べる。

お砂に触れ、いろいろなものを、自分の手で作ったり、壊したり。
お友だちとおもちゃを奪い合ったり、譲ったり、そして、泣いたり。

お山に登って、降りるとき、こけそうになって・・・
あれだけ、アブナイって言ってもわからなかったのに、
一度、こけそうになると、その後は、慎重になるみぃ〜ちゃん。
う〜ん、学んだな!って、ばんたん、ひとりで苦笑い。

今の季節、葉っぱがいっぱい落ちている。
それを拾って、赤いだの、黄色いだの、虫食っているだの、
棒を拾って振り回して、叱られたり、そこで、また学ぶ。

「怪獣」の子供、ちょっと苦手。
「怪獣」の意味は、ルールがわからない子。
子供が悪いわけではない。親が教えていないだけ。
そんな子供は、不幸だと思う。

mくんも、みぃ〜ちゃんも、幸いにも「怪獣」ではない。
4歳児なりのルールをちゃんと身に付けている。
その点では、4歳児のジェントルマンとレディーだ。

こんな子供は、好き。
子供として好き、というよりは、人間として認めてあげる、って感じ。

「怪獣」の子供を見ると、悲しくなる。
子供が本当にかわいそうになる。

みぃ〜ちゃん、そして、なっちゃんが「怪獣」にならないように、
いっぱい公園に連れて行って欲しい。
ばんたんも、時間がある限りは、公園に連れて行ってあげたい。

・・・というか、公園で、一緒に遊びたい・・・
年を取ってからだって、公園で学ぶことはいっぱいあるんだ〜♪

やっぱ、みぃ〜ちゃんが言うのは正しいかもしれない。
「コーエンは、一番楽しい場所!」

最高級品を買う

P1030379_1













ハーブを植えてみた。
パープルセイジ・タイム・セルフィーユの3種類。
どれも、お料理で使うもの。
使えるぐらい十分に育ってくれると、うれしいな〜♪

・・・

お友だち、子供が3人。
家にはモノがいっぱい。でも、捨てられない。もったいない。
どうしたらすっきり暮らせるか、それが彼女の悩み。

う〜ん、ある程度、モノは厳選して処分しなくちゃ、
気持ちのいい暮らしは出来ないかもねぇ・・・と、話してはいたが。

彼女の子供のうち2人の男の子、大学に行くために家を出た。
今は、夫婦と3人目の女の子の生活。

ある日、ふと、目覚めた!
モノ、多いんじゃない?
で、片づけスタート。

黒いビニール袋にどんどんいらないものを入れていったら、
あらら・・・ すごい数の黒いビニール袋。
それらは、全部処分した。

そして、先日、3番目のお譲さんが修学旅行に出かけた。
久しぶり、夫婦ふたりになってしたことは・・・

片づけ!

土日の休み、夫婦して、家じゅうのモノの見直しをした。
それで気がついたことは、半分はいらないモノということ。
処分して、処分して、処分したらしい。

すると、今まで見えなかった空間が見えてきて、
なんともすっきり、気持ちのいいこと、いいこと。

彼女が晴れ晴れとした顔で話すには・・・

洋服なんて、本当に着る服は少ない。
洋服だけじゃなくて、いろいろなもの、
本当に無駄なものいっぱい買っていた。
捨てるときに見たら、もう、本当にイヤになっちゃった・・・

いろいろなモノ、かわいい〜、便利よさそう〜、安い〜って、
家の中にどんどん持ち込んだ結果が、こんなになったんだよね・・・
と、彼女の自己分析を聞いた。

うんうん、いいところに気がついたね。

あのね、わたし、基本100円ショップ嫌いなの。
なぜなら、安いから。
安いから、気軽に買っちゃうでしょ、それが怖い。

台所用品は、基本、100円ショップで買わない。
例えば、レードル、買うなら、うんといいのを買う。
2000円ぐらいなのを買う。
すると、これ、ずっと使える。

高いから、買う時、どれを買うか慎重になる。
だから、あまり家にモノを持ち込まなくても済む。

それからね・・・
それでもね・・・

何か買いたい気分の時がある。
イライラの時、自分へのご褒美の時、
理由もないけれども何か買いたい時。

そんな時、その時の買える値段の中での最高級を買う。
例えば、予算3000円で、安いTシャツは買わない。
数回着て、きっとイヤになるのはわかっているから。

3000円なら、靴下を買う。
または、キッチンクロスを買う。
これなら、3000円だったら、最高級ってまではないかもしれないが、
その部類の中では、なかなかいいものが買える。

ずっと使える。使っている間、気持ちがいい。
なんたって、最高級品だから。
それに、邪魔にならないしね・・・

彼女、ふ〜ん、って聞いていた。
で、その時見せたのは、オールドマンズテーラーのハンカチ。
これ、たぶん3000円ぐらいの値段。
高いけれども、いつも使う時、気分がいい。

まあ、こんな気分になるまで・・・
わたしも、ないお金をいっぱい使ったと思う。
お金を使って、それで、勉強したと思う。

まだまだ、甘いな〜って思うところはいっぱいだけど、
最近、変な無駄遣いはしなくなった。
人間、少しは落ち着いてきたのかな^^

季節が進んで、周りが秋冬になってきた。
欲しいな〜って思うものは、いろいろあるけれども、
ちょっと立ち止まってみる。
そんな余裕がある自分が、今は一番うれしい。

・・・なんてなんて、言っちゃったけど・・・・・・・
   きっと、街中に出たら、欲しいものが山ほど見つかる。
   で、また、ワナにひっかかっちゃうのだ・・・
   ああ、悲しい・・・

ウールのコースター

P1030372_1














急に涼しくなってきた。
いや、寒くなってきた、という方が正しいかな?

衣替え、まだしてない・・・
昼間は、まだまだ、袖なしタンクトップでへっちゃら。
さすが、外に出るときは、一枚ひっかけるけど。
でも、もう、いい加減、衣替えしなくちゃね。

食器の衣替えもしてない。
我が家、食器も衣替えする。
夏っぽいものと、冬っぽいものの場所移動のこと。

って、食器だから、衣替えって言い方もおかしいよね。
食器の季節の入れ替えのことなんだけど、なんて言うんだろう?

夏っぽい器は、高いところに入れて、
グラタン皿とか、ぽてっとしたお皿などを、
使いやすいところに入れる。
それだけのこと。

さて、久しぶりに、アンダープレートを出してみた。
モンキーポッドという木のアンダープレート。
それに、ウールの大きめコースターをちょっと端っこ重ねてみた。
これだけで、なんとなく、秋冬の気分。

夜は、焼酎の湯割りを飲んだ。
季節は、確実に冬に向かって行っている。

・・・

昨日、図書館に行った。
雑誌でちょっと見かけた、ハリスツウィード、いいな〜。
赤いハリスツウィードが素敵。

そう言えば・・・
数年前に買ったハリスツウィードがある。
すっごく高くて、びっくりするぐらい高いハリスツウィード。
それを、小さく切って切り売りしてくれるサイトを発見。
ちょっとだけ買った。

それでも、記憶に残っているお値段だけど・・・
確か、7000円ぐらいだったような。

そうだ、あれで、バッグを作ろう!
ずっとバッグを作ろうって思いながらも、そのままになっていた。
冬用のバッグを作ろう。

残ったら、そうだ、写真のようなウールのコースターを作ろう。
なんだか、楽しくなってきた。

お隣さんから広がる

P1030358_1














土曜日の昼から、大人8人、子供12人の集まりを我が家で。
お久しぶりの子供たくさん!
目がグルグル回りそう・・・

子育て中は、毎日のように子供が我が家に遊びに来ていた。
3,4人の時もあれば、7,8人の時もあれば、
多い時は、10人以上・・・

そんな毎日だった。バケツをひっくり返したような日々の連続だった。
家はぐちゃぐちゃ、夕方には、その日2度目の掃除機&拭き掃除。
でも、子供が一所懸命遊ぶの見るの、好きだった。
大変だったけれども、それはそれで、楽しく充実した日々だった。

☆それに、それだけ動いていたから・・・!?
 あの頃、今よりかは8キロぐらいスリムだった・・・

さて、爺&婆になって、小さな子供と言えば、孫ぐらい。
静かな日々の暮らし。
で、突然の12人の子供。

うわ〜っ! 見ただけで、くらくらしそうな気分。

ひとりのお母さんが、遊びものの「しかけ」を持ってきてくれたから、
助かった。本当に助かった。
ありがとう〜♪

・・・

さて、人が集まることが好きです。
イベントも好きです。
そう、いろいろなこと「仕掛けるの」好きです。

ただ、ひとりでは出来ない。
スタッフがいる。
そんなスタッフが、ひとりでも、ふたりでも、いたらうれしいな〜。

ということで、企画と運営ができるスタッフを見つけたい。
と言っても、すぐすぐに見つからない。
だから、若い人にそのスタッフになっていただくよう、
がんばっていただけたら、と、ずっと思っていた。

10年ほど前、広島市開催の講座で「企画&運営」を学んだ。
いろいろ大変だったこともたくさんだけど、多くを教えていただいた。
わたしの場合、多くを学び、それを実践するチャンスがあった。
今からは、自分の周りの地域にそれが広がれば、と思っている。

そのためにも、若い方に、いろいろやっていただきたい。
ひとつずつ、わたしのできる範囲で、一緒にがんばっていきたい。
大した力はないけれども、楽しくいっしょにやっていきたい。

「企画&運営」を小さなことから実践して、共に学ぼう!

今、社会では、「つながり」の再認識が盛んに取り上げられている。
その最初に一歩は、お隣さんからスタート。

正直なところ・・・
我が家、5年間同じマンション、同じフロアだったのに・・・
そんな「つながり」が、全くなかった。(大いに反省)

しかし、ちょっとした声かけからスタートしたら・・・
あらら、我が家のフロアの3軒、とても仲良しさんに♪
この5年間、わたしはいったい何をしていたのだろうか・・・

ちょっとしたきっかけ、この大切さ、改めて感じた。
ちょっとした声かけひとつから、つながりはスタートするんですね。

過去を悔やんでも何にもなりません。

このフロアのつながりを、もう少し広げて行きたい。
マンション内のつながり、これを求めて行きたい。
そして、その次は、この地域とのつながりを求めて行きたい。

ひとつずつ、一歩ずつ、進んでみたい。

・・・

お子様いっぱいの集まり、
おやつどきだったので、おやつを用意した。
手作りゼリー、そして、さつま芋のスウィートポテト。

子供に、ジュースや甘いお菓子、スナック菓子を食べさせるの、
基本好きじゃない。というか、イヤだな〜。
子供がぐずるからと、ジュースを飲ませたり、お菓子を食べさせるの、
すごくイヤ。まあ、わかる気も半分はするんだけど・・・

市販の甘いお菓子、わたしの手からは、そんなおやつはイヤだな〜〜〜
ということで、朝からがんばって、おやつを作った。

そしてその後、小さなちびっこに会ったら・・・
「nanaさんのゼリー、おいしかった」との感想、いただきました。

やっぱり、少々無理してでも作ってよかった^^

☆缶詰のみかんと白桃を固めたゼリー。
 この季節のおいしさの秘密は・・・
 りんごの薄切りをゼリーに入れること。
 赤いリンゴの皮は剥かずに、そのままスライスする。
 りんごの赤い色と、しゃきしゃきした食感が、
 プルプルゼリーの中でおいしい。

 なお、大人向きには、りんごを皮つきのまま1センチ弱角に切って、
 それをゼリーで固めても、なかなかおいしい。
 なお、お好みで、サイダーゼリーにしてもおいしい。

塩こうじスペアリブ

P1030367_1














水曜日に買ったスペアリブ、これを塩麹に浸けておいた。
土曜日、朝から、クルーゼ鍋に入れて水を入れてひと煮たち。
アクを取ってから、180度のオーブンに1時間20分。

トロトロのスペアリブの出来上がり〜♪

土曜日はお昼から、どひゃら疲れそうな予定があったけれども、
このスペアリブがあれば、どんなに疲れても、晩ごはんはばっちり!

そして、チャリで、ゴルゴンゾーラマスカルポーネも買いに行く。
ついでに、ドイツのペッパーチーズも手に入れる。

土曜日の午後、我が家はとってもにぎやかな集まりが・・・
みなさん、帰られた後は、ゆっくりと・・・

うふふ、すぐにビールを抜く!
赤ワインを持って駆け付けた人もいて・・・
ちょっと静かな大人の会。

ひとりは、頭が痛くて、痛くて・・・と言いつつ・・・
じゃあノンアルコールビールで・・・
でも、途中から、白ワインになって・・・

で、帰る頃にはすっかり頭痛もなくなって!
やっぱ、頭痛には、おいしいものとワイン!?

塩こうじスペアリブ、絶賛されましたっ!
でも、
残念ながら、たくさん作ってなかったので、一切れずつでゴメン!
後は、チーズを食べてね・・・

で、次の日、日曜日の朝は、
このスープの上にはった、白い脂を全部取り除いて、
セロリ・ニンジン・じゃがいもを入れたスープに(写真↑)

う〜ん、旨い!

塩こうじと豚の組み合わせ、これは、最高!

P1030368_1














そのスープ、ほんのちょっとだけ残った。
オットがいないので、簡単ランチをこしらえた。
カレー粉を入れてカレー仕立てに。

ごはんとカレー、それに、ゴーヤチャンプルを盛って、
カフェ風ランチ。

塩こうじのスペアリブ、これは、我が家の定番になりそう。
次は、これをオーブンで焼いてみるかな?

とにかく、おいしくて美味しくて、
ただ今、塩こうじに夢中!

抹茶シフォンとトマトソース

P1030342_1














「おいしいテーブル」で作ったシフォンケーキ。
シフォンケーキって、お家で手軽に焼けるケーキ、
断トツ1位だと、思っている。

さて、そのシフォン作りに、すっぽりと、どっぷりと!?
はまってしまった人がいる。
バナナシフォンを焼いて、ちょっと自信がついて、
次は、抹茶シフォンに挑戦。

出来上がりの写メをもらったら、見た目はなかなかいい感じ。
でも、味はどうなんだろうねぇ・・・

うふふ・・・ おごちそうになりました♪
コーヒー付きで!

うん、なかなかいいお味。
しっとりして、まったりして、甘さ控えで、わたし好みの味。
もちろん、シフォン独特の、ふわふわ感もいいです。

次は、どんなシフォンを焼くのかな〜?
次も、その次も、その次も、味見して差し上げます〜♪
よろしくです〜♪

P1030329_1














クッキングトマト、続けて手に入った。
忙しくて、ずっと冷蔵庫の中に・・・

P1030333_1














250度のオーブンに入れて10分焼いた。
トマトの甘〜い匂いが素敵。

皮はずるっとむけた。
それを鍋に入れて、ことこと半量まで煮詰めた。

P1030343_1














トマト!って味。当たり前か・・・^^;

今、どうするか、考え中。
このまま冷凍するか、はたまた、玉ねぎ炒めと合わせて冷凍するか。
それとも、思い切って、バジルと合わせてトマトソースにするか。

いやいや、冬瓜があるから、
買い置きの鶏ミンチでお団子を作って、冬瓜とスープ仕立てにして、
最後にこのトマトを入れたら、きっと旨い!

でも、それだったら、きっとトマト余るだろうな・・・
トマトを練り込んだ、トマトフォカッチャもおいしそうだ。

食いしん坊は、トマトを煮ただけであれこれ考える・・・
そう、この時間が一番楽しい!

・・・

「ちくちくテーブル」第2回目、終了。

毎回、と言っても、今回で2回目だが・・・
こちらの思ったほども進まない・・・

というよりかは、思ったほどの半分以下ぐらいしか、進まない^^;
まあ、それでいいんだけど・・・

意欲だけは十分以上。実力は半分以下だけど・・・

まあ、なんでも、やる気だよね、やる気。
これを大切にしなくちゃね!

次は、きんちゃく作りをするつもりだけど・・・
う〜ん、どこまで進むかなぁ・・・
わたしの思ったところの、半分だよね、半分

☆できたものを見て、みんな大興奮!
 「かわいい〜!」の連発!!!
 自分で作ったものはかわいいです。
 出来は、まあ、いろいろですが、手作りはやっぱりかわいいです。
 それに、楽しい〜♪って言うから、よかった、よかった。




リッチなパン

P1030328_1













久しぶりにロールパンを焼いてみた。
久しぶりだったから・・・
卵を入れるのを、忘れた^^;

それでも、バターを入れて焼くから、リッチなパンができた。
お砂糖や塩も、分量的には、いつものパンより多い。

パン自体にしっかりと味が付いているから、
それだけで食べても美味しいパン。

・・・というか・・・
このパンに、ベーコン・チーズ・トマト・レタスをはさんでみたら、
このリッチなパンには、合わない味となった。

このロールパンは、パンだけで食べたほうがよさそうだ。
まあ、ごはんで言ったら、味ごはん、みたいなものかな?

ぼ〜っとした季節

P1030314_1












普通の日の朝ごはん。
変わり映えのしない、朝ご飯。

さて、今日も一日がスタート!

・・・

ある人が、「一時期に一つのことにしか集中できない・・・」
って書いていた。

うん、うん、わかるよ。
わたしも、一時期一つのことだけに一所懸命なって、
後のことが、お留守になっちゃうんだよね・・・

どうも、いろんなことを同時に進めるのって、苦手。
でも、日々の生活、そうは言ってられない。

頭がごちゃごちゃしてしまいそう。
だから、手帳に書き留めたり、ノートを書いたり、するけれども、
そんなんじゃ、ちょっとないような、そんな気もする。

いくつかのこと、やりくりしながら、同時にできるんだけど、
「今やりたいことは、ひとつだけ! これだけに集中したい!」
そんな思いがある。

それだけをするから、また、それだけをしたいから、
他のことにまで、時間も気も使えず、
結局のところ、ひとつのことに集中しちゃう。

その辺りの気分、上手く分散できるといいんだけどなぁ〜。

秋になって、やりたいこともたくさんあって、
でも、しなくちゃいけないこともたくさんあって、
その狭間で、あ〜あ〜、悩むな〜〜〜

悩んでいる時間があれば、さっさと動いちゃえば早いんだろうけど、
なぜか、うんうん言って悩んでいる、そんな無駄時間が多い。

で、時々疲れてしまって、ぼ〜っとしてしまう。

正直、今は、頭が働かないぼ〜っとした時期。
いけないな〜って思いつつも、ため息ばかりが出てくる・・・

おもしろかった映画

P1030320_1











三連休、最後の日も何もせず、特別なことをせず過ごす。

オット、静かに新聞を読んだり、ぼ〜っと過ごしている。
それに、来週は、能の発表会だから、その練習もしている。

だから、わたしは、あんまり邪魔をしないように、
ひとりで静かに、ボーっとしている。

オットが家にいなくて、わたしひとりだと、
あれこれ、遠慮なく、ガチャガチャできるけど、
オットが家にいるとなると、なぜか、なんとなく静かにしている。
・・・飼い猫みたいに。

そんな中、何気なくみた、BSの映画、これがおもしろかった。
「トンマッコルへようこそ」2005年韓国映画。

韓国ドラマ、韓国映画は、正直なところ苦手。
友だちから、ぜひぜひ見てちょうだいと言われた、冬ソナ・・・
20分も見ないうちに、寝てしまった・・・
とにかく、ややこしい人間関係、ドロドロとした関係が永遠に続く、
怨念とか復讐とか、あの手の韓国ドラマにはついて行けない。

その点、この「トンマッコルへようこそ」は、よかった。

朝鮮戦争という時代を背景にした、ファンタジーのような物語。
ファンタジーなんだけれども、その裏には、政治的な思いも隠れていて、
まあ、深読みすれば、それなりにそんな部分も見えるんだけど、
楽しむ!という点で見れば、興味深い映画なことは確か。

とにかく、映像がきれい。
ところどころに挿み込まれる、スローなシーンがいい。

例えば、食糧を保管している小屋が爆発するのだが、
そこにある、干しとうもろこしが、爆発して、
ありえない話し・・・ポップコーンになって、空から降ってくる・・・
ありえないけれども、美しい。思わず微笑む。

そんな、思わず微笑むシーンが、映画の方々に美しく描かれている。

そして、なんと言っても好きだな〜って思ったのが、衣装。
韓国ドラマの衣装、チャングムの衣装はおしゃれで好きだったけれども、
どちらかと言えば、原色派手派手で・・・

このトンマッコル村の人々の衣装は、おしゃれ〜〜〜
まるで、ミヤケイッセイ、または、ヨーガンレールが、
デザインしたのでは?と思わせるような、素敵な衣装。

そうそう、音楽は、久石譲が担当。

知らなかったなぁ〜、こんな映画があったなんて。
劇場で観たかった、そんな映画でした。

・・・

たまたま観る、BSの映画、おもしろいのがたまにある。
最近おもしろいと思った作品。
「ジャッカル」
これも、こんな映画があるなんて、知らなかった・・・

知らないの、多過ぎかも・・・

昔みたいに、映画だ、グルメだ、お取り寄せだ、って、
必死になって追い求めることがなくなってきた。

たまたま、目についたもの、その中から好きなものが見つかれば、
それで、いいか・・・と思っている。

もう、先端について行かなくても、いいかと、思っている。
だから、
最近は、ずっと、半歩遅れならぬ、3歩遅れぐらいになっている。


オットのおごり

201110081846000_1











この三連休、といっても、我が家、土曜日は仕事。
その仕事から戻ってきたオットが言った。
「ご飯食べに行こう、僕のおごり!」

へっ!? なんでぇ・・・・・?

よくわからないが、なんでもかんでもいいのだ。おごりならば!
オットがおごるなんて、年に1度あるかないかのこと。
その理由なんて、なんでもいい。

ということで・・・ 行ったのは和食のお店。

「のどぐろの刺身」を注文。
こんなにも、モチモチした食感ののどぐろ、初めて!

オットも、一口食べるなり、目がになり、
「ぅ〜おぉいし〜いぃ〜〜〜!」

確かに美味しい。
今まで食べていた、あののどぐろ、何だったん!?
全然おいしさが違う。

前回このお店では、オコゼを食べた。
あれもよかったけれども、のどぐろはそれ以上に美味しい。

山口県の酒、五橋もいい感じ〜〜〜♪

のどぐろのあら、これは、パリパリのから揚げにしてくれた。
これも、いいねぇ〜〜〜 旨い。

「生しらす」の小鉢も、酒が進むぅぅぅ〜

ちなみに、最初はビールで、その付きだしは、小鰯の刺身。
我が家でも小鰯の刺身はよく作るが、さすがプロの技。
刺身の姿が美しい。

201110081849000_1












「季節の野菜の白和え」を頼む。
来たのが、これ↑ 美しすぎる♪

家でも白和えはよく作るが、和え衣と野菜を、混ぜ混ぜした白和え。
え〜っ、こんなおしゃれな白和えもできるんだ・・・
と、感激していたら・・・

そこの板前さんが、作り方を教えてくれた。
カウンターで食べると好きなのは、こんなコツを教えてくれること。

ちなみに、この白和えの中身は、
栗、さつま芋、こんにゃく、里芋、シイタケ、エリンギ、ごぼう、なす、
ラディッシュ、いちじく、マイクロトマト、水菜。

ひとつひとつに、きちんと味を付けている。
もちろん、一緒にごたごた煮てはない。
ひとつずつにちゃんと味を付けている。
作るの、大変そう・・・

ここの店は、お寿司もできるのだが、
以前から気になっていた、すしネタがある。
それは、「塩辛」 

これって、絶対に自家製塩辛に違いない。
お寿司はどうでもいいけれども、そのまま食べてみたい。

って、板前さんに、塩辛だけもらえる?って聞いてみる。
出された塩辛、う〜ん、人生で一番おいしいしおから。

あ〜あ〜、最後の晩餐は、この塩辛と山盛り白ご飯でもいいかも!

結局、あまりのおいしさに、お代わりを一回した。
もう一回、お代わりしたかったけれども、それはちょっと遠慮した。

これは、古いほうの板前さんが作る、自慢の塩辛だそうだ。
さすが、年季の入った腕前の塩辛、だった。

201110081917000_1











「ハモカツ」なんでも、秋のハモ、脂がのって美味しいらしい。
いつもは、湯引きとかで食べるけれども、
ハモカツは珍しいから、それを頼んでみた。

ハモをカツにするなんて、思わなかった。
これは、家でもできそう。
小骨の多いハモだが、全く気にならず、上品な白身魚のフライみたい。

オットが、お寿司が食べたいということで、「アラ」の握り、
そして、わたしのリクエストで、「漬けまぐろ」を頼む。

もうお腹いっぱいと思っていたけれども、
握りも、するりとお腹の中に入って、満腹。

おごちそうさまでした!

オットがおごるなんて、年に一度しかないけれども、
あ〜あ〜、美味しかった。
これで、また、元気になれる。
元気になって、またまた、この忙しい秋を乗り切れそうだ。

元気が出たから、また、日々のごはん、おいしいごはんを作ろう。

と、日曜日は、
「大人味のミートボール」を作った。
急きょ、友だちが夕方来るというので、「ラムのミラーゼ風」も作った。

さて、今日月曜日、オットは朝から会社へと行った。
お昼は、ソーメンがいいと言う。

「ぶっかけソーメン・とろろ添え」を作る予定。
ちょっとさっぱりし過ぎるよね・・・

冷凍庫の豚ミンチを解凍して、「豚の柚子胡椒つくね」を作り、
「干しシイタケの甘煮」も作り、添えるつもり。

五穀米も炊いてあるから、小さなおむすびでも作るかな?

なんて、なんて、美味しいものを食べると、とたんに元気の出る、
そんなわたしです!

☆最近、食べることが続いていて、1キロ増量。
 うん、明日からは、またまた、ダイエットだなぁ〜〜〜

イカごはん

P1030301_1











  
−材料−
米3合
イカ2杯ぐらい
醤油大さじ3 塩小さじ1弱 酒大さじ2 油大さじ1

注意! 米を炊く水分は、醤油と酒を含めて、炊飯器の目盛に合わせる
    ただし、新米の場合は、やや水を控え気味に

−作り方−
1・イカを下処理して、適当な大きさに切る。イカは皮のついたまま。
2・米をとぎ、調味料を合わせて、炊飯器の目盛に水を入れる。
3・1と油を米の上に置いて、スイッチオン!

☆刺身の残りのイカでもよい・いわゆるゲソでもOK!
 この場合、イカ2杯分だと少ないかも・・・

☆油を大さじ1加えると、つやとコクが出ておいしい。
 入れなくても、さっぱりしたイカごはんになる。

イカだけのイカごはん。
あれこれ入れない、これが美味しさのポイント!

イカが安い時に買って、処理して、冷凍にしておき、
忙しい時にイカごはんを作れば、簡単!
または、イカごはんを炊いて、それを冷凍しておいてもOK!

このイカごはん、我が家で作る炊き込みごはんの中で、
一番簡単な炊き込みご飯かもしれない・・・
でも、お味のほうは、ピカイチ!です。

・・・

「おいしいテーブル」で、イカの下処理をしてもらったら・・・
あらら、みなさん、すごいことになっている・・・
こりゃ、イカんかったねぇ・・・^^;

次、イカの下処理について、もう一度丁寧にしなくちゃね。

・・・

結婚して初めてイカを買った時・・・
どうして処理するのか、わからなかった・・・

その頃持っていた、唯一の料理本「土井勝の家庭料理」
これに、イカの下処理方法がカラーで載っていた。

台所にイカと包丁を用意し、テーブルに本を広げ、
台所とテーブルを行ったり来たりしながら、
最初のイカと格闘した、そんな記憶がある。

そのイカ、何にして食べたかの記憶、定かではないが・・・
この土井勝の本には、いろいろお世話になった。

サバのおろし方、アジのおろし方、などなども、本を見ながらした。
最初、サバを下ろしたときなど、もう、ぐちゃぐちゃ状態・
泣きそうになった記憶がある。

あれから、30年以上。
今でも、魚をおろすのは上手じゃないけれども、
なんとか、本を見ずにできるようになった。

でも、正直なところ、魚おろしは、包丁の勝負だと思っている。
わたし、実は、出刃包丁を持っていない。
だから、普通の包丁で魚をおろすの。
だから、だから、上手くできないと思っている・・・

最近のお魚屋さんは、親切だから、なんでもやってくれる。
行きつけのお魚屋さんなんかは、
時間を指定すると、その時間に、魚を焼いておいてくれる。
熱々の焼きたての魚、それを持って帰って、家のお皿に乗せるだけ。

一度、たくさんのお客さんに焼き魚を出すとき、その時頼んだ。
熱々の焼き魚、評判がよかった!
家では、大量に、一度に焼き魚は出せないから、ね・・・

でもでも、
安いお魚、スーパーの一盛り280円とか見ると、
やっぱり自分でお魚の処理ができる方がいいな、って思う。

イカだって、丸ごとだと安いものね・・・

3−2「おいしいテーブル」

P1030307_1












「おいしいテーブル」の今回のテーマは、「出汁をとる」です。

出汁(だし)、
日々の出汁は、あまり難しく考えずに、
日々続けられるような、そんな作り方でいいと思っています。

その出汁を使って作ってみたのが、「けんちん汁」です。
これからの時期、根菜いっぱいの、おかずおつゆ!?がありがたい。
小さな子どもたちにも、このような味は、ぜひぜひ知ってもらいたい。

地味な、地味な味ですが、出汁をしっかりとると、
深〜い味のする一品に仕上がります。

P1030289_1












出汁を使って、ぜひぜひ作りたかったのが、「切干大根」です。
こちらは、うんと少なめの戻し水を使って、切干を戻します。
その戻した水を、ちょっとなめてみると・・・甘い!

切干大根を戻した汁と出汁を入れて、切干を煮ます。
お砂糖は入れませんが、甘く仕上がります。
ダイコンの甘さが引き立つお味です。
うんと薄味でも、おいしく出来上がります。

P1030300_1














お米のおいしい季節に作って欲しい、「イカごはん」
具は、あえてイカだけです。
イカの匂いがぷう〜んとして、いい香り。

イカだけだから、作るのが簡単です。
その割には、「袋の炊き込みご飯」に負けない味がする、
そう自負しています。

P1030286_1











「エリンギの牛肉巻き・バターしょうゆ味」
この季節、やっぱりきのこはおいしい。
バターしょうゆ味は、やっぱりおいしい。

牛肉の表面に、ほんの少し振った小麦粉が、
バターと醤油を入れたとき、とろ〜んとして、いい照りになります。
お好みで、柚子胡椒を付けて食べます。

P1030304_1














デザートには、シフォンケーキを焼きました。
レモン・バナナ・ココアの3種類です。

こちらのシフォンケーキは、かれこれ30年近く試行錯誤してきた、
そんなレシピです。

お家のシフォンケーキですから、玉子は「使いっきり個数」です。
えっ、それ、何のこと!?って思われるかも・・・ですね^^;

シフォンケーキのレシピですが、
例えば、卵白7個分、卵黄5個分、などのように、
卵白を多く使うレシピが一般的です。
でも、ここに卵黄2個、余っちゃうんですよね・・・

まあ、次の日の朝の卵焼きにでも入れちゃえばいいんでしょうけど、
それが、わたしにとっては、なんとも、めんどくさい・・・

だから、卵白と卵黄の数が同じ、そんなレシピにしました。
ですから、理想のシフォンケーキとは、ちょっと違うかもしれません。
が、お家のシフォンケーキとしては、気分的に楽なレシピです^^

それから、
レモンの量も、バナナの量も、ココアの量も、
入れおおせる最大量を入れています。
それのほうが、うんと味が「濃い」からです。

レモンシフォンなら、レモン味!
バナナシフォンなら、バナナ味!
ココアシフォンなら、ココア味!

こうでなくちゃね・・・と思っています。

・・・

出汁をテーマにした「おいしいテーブル」ですが・・・

さてさて、どれだけの人が、
今後、家で出汁をとってお料理をするでしょうか?

めんどくさい、高くつく、などなど、
出汁をとらずに、パッパッパの袋の出汁を使う理由は、
いろいろあると思います。

でも、せっかくですから、出汁を家でとる料理、
週に一回だけでも、作って欲しいな〜ぁと思います。

もうひとつのデビュー

P1030256_1













わたしのアウトドア、今回がデビュー。
そして、
キャンプの夜、もうひとつのデビューが・・・

「森の絵本屋さん」のデビューです♪
さて、さて、どうなることでしょうか?

ランタンの光の中、絵本屋さんのはじまり、はじまり・・・

P1030243_1













みんないい子に座って、絵本の始まりを待ちます。

P1030249_1













ちょっと、はらはらドキドキしたり・・・

P1030254_1













楽しくて、ニコニコ笑ったり・・・
じっくりお話しを聞いたり・・・

子供たちは、それぞれに反応します。

森のキャンプ、次からは、絵本屋さんが登場しそうです。
楽しみです。

☆ランタンの下での絵本屋さん。
 普段の明るい光の中の絵本屋さんとは雰囲気が違います。
 子供たちも、この不思議な空間が大好きなようです。

☆☆☆夜は楽しいです。お祭りのようです。
   いいですね、夜の絵本屋さん。
   またまた、リクエストしたいですねっ!
   ただし、絵本屋さんが酔っ払う前のみ・・・です^^;



進化したキャンプ

P1030222_1











キャンプ場へ、我が家が着いた時には・・・

これなに!?!?!?

すっごぉ〜い! すご過ぎるキッチンセット!
ひぇ〜っ、最近のキャンプってこんななの!?

私のイメージでは、れんがを積んだ炉に薪を燃やして、
その上に網を置いて、鍋を置いて、くつくつ・・・

違う違う、ガスなんだぁ〜〜〜
えっ、ガスじゃないって! 
まあ、なんでもいいけど、すごい。

すごい道具は、次から次に出てきて・・・ドラえもんのポケットみたい!
もう、わたしはびっくりするのみ。
キャンプの道具って進化しているのねぇ・・・

進化したキャンプをご指導いただいたのは、こちら←



このキッチンで作って食べたもの

豚の肩ロース塊り塩麹漬け 茹でたの・柚子胡椒添え
豚の肩ロース塊り塩麹漬け 串に刺して焼いたの
焼きとり もも肉塩味&たれ焼き ネギ間たれ焼き
ピーマンの素焼き シイタケの素焼き
魚の塩焼き(太刀魚・カレイ・しまアジのカマ)
三原名物たこ飯

以上、晩ごはんのメニュー

ミッドナイトメニューは、
フランスブルーチーズ・枝付き干しブドウ・いちじくドライ
なぜか、めざし。

もちろん、夕方からずっと、
ビール・ワイン・日本酒も一緒に・・・

青空のもと、星空のもと、食べるのはいいな〜〜〜♪

☆雨が降らなくてよかった^^

☆男子がよく働きましたっ!
 わたし!? 
 わたしは、「ああしろ、こうしろ・・・」って言うだけ!
 楽ちん、楽ちん、ああ、楽ちんだな〜〜〜

自然の中で

P1030242_1












キャンプに行ってきましたっ!

と言っても・・・ロッジ泊りだったんだけど・・・
行ったのは、棲真寺山オートキャンプ場

広島から1時間程度の場所だから、気軽に行けるところがいい。
それに、新しいから、トイレとかもきれい。

ロッジが5つ並ぶ中に、キャンプサイトが9ある、
こじんまりとしたキャンプ場。

キャンプ大ベテランさん、ご近所のキャンプ大好きさん、
ご近所のお友だちさん、我が家、それに息子一家、
大人10人、子供6人、総勢16人。

子供たちは、みんな、幼稚園までのちっちゃな子供たち。
みんなすぐに仲良くなって、バッタ採りに夢中。
目が届くところを走って回るから、安心なキャンプ場。

ロッジは、5人用のロッジ。
我が家は、息子一家と一つのロッジをシェア。
お風呂もあるし、トイレも水洗だし、キッチンもある。

食べたり、飲んだり、しました。
詳しくは、また。

アウトドアデビュー

P1030215_1













↑コールマンの信じられないくらい、デッカイクーラー。
これ、我が家のじゃない・・・
借り物・・・

なんでこんなものが、我が家にあるかって!?

いやあ、いやあ、なんでこんなことになったんだろう・・・ねぇ・・・

実は、一番苦手とする、アウトドアに出かけるのだ!
キャンプなのだ。
でも、それは、いくらなんでも無理な我が家、というか、わたし。
ですから、今回は、ロッジに泊るの。

ロッジだったら、ホテルみたいなもの・・・と思っていたら、
どうも違うみたい。
でも、いちおう、地面に寝なくても済む。それはありがたい。

キャンプ大好き一家が、たまたま、我が家の近くで、
で、そんじゃ、そんなわけで、ご一緒しましょ〜うって。
 
お友だちも、キャンプというか、アウトドア一家だから、
ずっと誘われていたけれども、今回、思い切って、飛び込んだ!

・・・なんやかんやで、とにもかくにも、今日は、アウトドア!

わたし、お家大好き人間!
お家の中だったら、大将でいられる!っし、大威張り!
だがだが、お外は苦手だなぁ^^;

ただし、天はわたしに味方してくれた!
今日の天気、数日前まで雨予報が、なんと、くもり晴れ予報になった。
これはありがたい。

ぐじゃぐじゃ書いたけれども、今日は今から、アウトドア。
なんだか心配だなぁ・・・

どうなることやら・・・とにかく出発です。

☆お外嫌い、雨嫌い、寒いの嫌い、虫嫌い、暗闇嫌い・・・
 とにかく、何も嫌いなもの、でてきませんようにっ!



Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ