*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年11月

去年の記憶をたどって

P1020237_1














久しぶりに、風邪とひいた。
1日目の夕方、のどの左側に、ガサッとする痛みを感じた。
2日目、鼻がずるずる、下を向くと、鼻水が垂れる・・・病院へ行った。
3日目、鼻が詰まった。両方の鼻が詰まると、大変苦しい〜
4日目、今日、だいぶ状態はいい。が、声は変。

お出かけ予定をすべてキャンセルして、家でいい子にしていた。
あちこち、ちょっと行きたいところはあったのだが、
うんとガマンの子。

じっと家にいるんだから、靴下編みをしようと思った。
毛糸は、2週間前ほど、手紡ぎの毛糸を手に入れている。
だから、これを編めばいいだけ。

そう思ったのだが・・・
編み図がない・・・

この編み図、わたしが書いた編み図。
靴下編みを習った時にもらった、編み図・・・
これは、わたしには理解不能の図だった。
だから、自分なりの編み図を作った。
世界でひとつの、わたしの解釈の編み図。

これが、見つからない・・・

鼻をずるずるさせながら、あちこち探した。
次の日は、
鼻が詰まって、口でハアハア犬みたいに息をしながら探した。

う〜ん、それでも見つからない。
どこに入れたかな・・・?
捨ててはないはずだけど・・・
去年の記憶の糸を手繰り寄せる・・・

だいたいをもって、3日前の晩ごはん、何を食べたか思い出せないのに、
去年の靴下編みの図、探せるんだろうか???
と思いつつ、記憶の糸を手繰り寄せた。

三日目の夜思いだした。
そうだ!
編物の本といっしょに置いているはずだ。

とすれば・・・編み物の本はどこだ!?
って、それは、本棚の中にあるでしょ・・・

あった、あった、あった!

やっぱり、編み物の本の中に、ちゃんと挟んでおいた。
やれやれ・・・・・これで、靴下編みができる。

その間、あちこちの戸棚、押し入れ、引き出しを引っ張り出した。
鼻がずるずる、息ができない状態で。
年末に向けて、こちらもお掃除しなくちゃなぁ・・・って、再確認。

やっとこさ見つかった編み図。
今の気分は、それだけで、何かやり遂げた気分!
正直、ここまでで、燃え尽きた・・・

靴下編みは、風邪がよくなって、もう少しパワーが出てから、
それから再開だ〜〜〜

☆プレミアムモルツ、これの黒を発見!
 カラメルがほどよい感じで、おいしい!
 今年の冬は、これにはまりそうだ・・・


最近の日々

DSC_0101_1










ばたばた、ぱたぱたしていて、ブログのほう、
最近はなかなかアップできない状態・・・

って、今までは、暇だったんかしら???

先週の金曜日は、「おいしいテーブル」の忘年会。
「夜のテーブル」でした。

夜はどうかな?と思いつつも、たくさんの方の参加で楽しかった。
「おいしいテーブル」の時は、
いつもばたばたで、ゆっくりお話しできない。

今回、たくさんの人だったので、
ゆっくりとまではいかなかったけれども、
でも、いろいろお話しできて楽しかった〜♪

で、酔っ払って、最後のほう、よく覚えてない^^;
でも、写真はちゃんと残っていて・・・
みんなで記念撮影している・・・記憶になし・・・
あ〜あ〜、赤面だわ・・・

楽しかったから、すべてよしとしましょう!

・・・

日曜日は、オットの仕事で、出雲へと出かけた。
出雲に行く途中、わたしのお願いで、一か所立ち寄り。

無農薬野菜を育ていているグループ「豆の木」さんの、
月に一度の集まり、初めて行った。

激安ともいえるランチ、食べ放題ですって!
信じられない・・・
でも、わたしたち、出雲まで行くから、
泣く泣くそのランチは、諦めた・・・次は絶対に、絶対に!

無農薬野菜の販売もある。
にんじんやカブなど、どっさりと野菜を買う。

うれしかったのは、生のピーナッツ。
これ、茹でて食べるとおいしいんだよねぇ・・・最高なんだよね!

お米は、その前に、玄米で「豆の木」さんのを買った。
一回も農薬をまかずに育てるお米。
なんでも、すっごく大変らしい。

猛暑の夏、草取りが、半端じゃなく大変らしい。
ありがたく、ありがたく、いただきます。

他の野菜も、無農薬だから、すっごく安心。
作っている人たちの人柄が見えるから、
安心、プラスの、なんだろう〜?
上手く言えないけれども、そんなものもくっついている野菜。
根っこも、葉っぱも、皮も全部いただきます。

会として、派手なところは全然なくて、
むしろ、こちらが心配になるくらいに地味な会なんだけど・・・
好感度は150%ぐらい、信頼度は200%ぐらい、
とにかく、好きな会だな〜って思う。

冬の間は、ちょっとお休みらしい。
でも、冬は冬で、冬だからのイベントもあるらしい・・・
その辺り、しつこいぐらいに連絡してね!って、念を押してきた。

県北、わたしの車で行ける時期だったらいいんだけど・・・
無理なら、息子の4WDを借りてでも、雪道を走ります!

・・・

その後、54号線をひたすら北へ走って、出雲へと。
帰りも、ひたすら54号線を走って帰った。

出雲、遠い〜〜〜 高速がないってないって、大変だね^^;

・・・

月曜日、カフェボランティアの会。
最近のメンバーは、落ち着いた方が多くて、ちょっとほっとする。

来月は、12月だから、ケーキを買おうと提案する。
で、ケーキ買い係りが、わたしになった・・・
って、わたし、甘いものは、あんまりわかんないんだけどな・・・

・・・

火曜日、今日。
昨晩から、のどが痛い。
のどが痛くて、朝からは、鼻水も出てきた。
明日が祝日だから、病院へと行く。

数人しかいないのに、長いこと待たされた。
みなさん、診察室で、先生と世間話をしている・・・
いい加減にして欲しんだけど・・・
急いでいる人も、いるんだけどねぇ・・・

その後、薬をもらいに薬局へと行く。
前のおばあちゃん、とにかく、薬の種類がすごい。
もう、すごい以上にすごい。

全部で、スーパーの袋いっぱいぐらい、抱えるぐらいある。
いったい、何種類の薬を飲むんだろう・・・?

で、料金は、無料!  信じられん・・・

こんなんだったら、日本の医療は、破たんする!

なんだか、なんだか、絶対におかしいと思う。
どこがどうなってるのか、?だけど、おかしいと思う。

この薬局でも、信じられないぐらい待たされた・・・

・・・

その後、ママチェーンに行った。
豚ミンチを買いに。
ここは、対面販売のお肉屋さん。
ケースに豚ミンチがないっ・・・が〜ん!

ママチェーンのおじちゃんが、少し待ってね、っていうから・・・
「待たれんっ! もう、これ以上は待たれんっ!」

病院で待って、薬局で待って、
わたしの待つためのエネルギーは、全部使ったから、待たれんっ!
ここでまったら、爆発するからねっ! と言ったら・・・

爆発する前に、豚ミンチ作ってあげるから、
野菜をちょっと見ときんさい、って諭された。

野菜とかヨーグルトとか見ていたら、
ママチェーンのおじちゃんが、豚ミンチの入った袋を持って、
走ってやってきた。
はいはい、まだ、爆発してないねっ! って、笑いながら言った。

そんなこんなの日々、過ごしています。

おいしいパンを求めて

P1030564_1














塩こうじを入れたパン、おいしいです!

そのパンに、ただ今挑戦中のパンママ、よくがんばる、と思う。

味見してください・・・って最初に持ってきたパン、
正直なところ、こちんこちんの石パン。。。

せっかく時間をかけて、手をかけて作って、これじゃあいけんね、
と、ダメだし。

では、次のパンを味見してください。

う〜ん、またまた石パン・・・

あのねぇ・・・ 同じこと続けても、同じパンしか焼けないよ。
少し分量を変えるか、やりかたを変えるかしないとね・・・

それでも、なかなか、なかなか・・・

でも、パンママのすごいところは、
何回ダメだしをしても、めげないところ。

ダメだしの次の日、また、パンを持ってくる。
これでどうでしょうか?って。

で、またの、ダメだし。

これって、わたしがかなりいじわるの悪者みたいだね・・・
と、自分でも思うけれども、やっぱり、せっかくだもの、
おいしいパンが焼けるようになって欲しい。

使っている粉をもらって、わたしが焼いてみる。
う〜ん、水分を10%ぐらい増やした方がいいかな〜?
もしかしたら、15%ぐらい増やしてもいいかも・・・

そんなこんなで、何回ダメだし、しただろう???

昨日持ってきたパン、とうとう、OK!を出しました。
美味しいと、心から言えます。

↑このパン、焼いたその日(昨日)は、もちろんおいしかった。
そして、焼いた翌日の日(今朝)も、おいしいパン。

これなら、売れる! 

というか、市販のへんちょこなパン屋さんのパンより、
ずっとおいしい!

十数回のダメだしにもめげず、パンを焼き続けたパンママ、
えらいっ!!!

わたしも、ただ今、食パン研究をしている。
おいしい食パンを目指して、ガンバル。

理想は、
粉と塩麹とイースト、または、天然酵母、それに水。
これだけでパンを焼きたいと思う。

材料が少なくなれば少なくなるほど、丁寧さが必要だと思う。
でも、主食とするパン、なるべく最小の材料で作りたい。
これが、わたしの目標。

まだまだ、道は遠いけれども、パンママのように、
決してめげずに、がんばりたいと思う。

☆パンママ、お互いにがんばろうねっ!


1−4「ちくちくテーブル」

P1030416_1














今日は、「ちくちくテーブル」の日。
第4回〜6回までの3回をかけて、バッグを作る。
裏付きの本格的なバッグを作る予定。

今日は、型紙を作って、布を切って、接着芯をはっての下準備。
持ち手を縫うところまで、2時間の予定・・・

だったのが、3時間かかってしまった^^;

それでも、いちおう間違いなくそこまで行きついた。
というか・・・
ひとつするのに、わたしがチェックするのを待っている。

わたしも、身ひとつ、目ふたつで、
いっぺんに一人の面倒見るのが、精いっぱい。
だから、なかなか、進まず、待っている時間が長い・・・

それでも、ひとつひとつの工程、ちゃんとしないと、
バッグは出来上がらない。

宿題は、持ち手を作ること。
手縫いの人、ミシンの人、それぞれの道具と希望に合わせる。

手縫いの人、大変だろうな〜とも思うが・・・
内心、ミシンの人のほうが大変だと思っている。

持ち手は、接着芯も含めかなり厚いので、
ミシンがスムーズに動くかどうか、かなり問題。
上手くミシンがかけられるといいんだけれども・・・

みんなが驚いたのは、接着芯をあちこち貼るところ。
そうじゃないと・・・
デレデレのバッグになっちゃうよ^^;

接着芯の部分、表からは全く見えないから、わからない。
でも、バッグの下支えをする重要な要素であることは、間違いない。

で、次回は、持ち手を本体につけて、本体縫いに入る。
一歩一歩だけれども、確実に進めていきたいと思っている。

・・・

 あ〜したい〜〜〜
   こ〜したい〜〜〜

夢と、希望と、妄想は、限りなく広がる、バッグ作り。

まずは、基本、きほん、キホン、だよね^^

夢と希望はね、バッグを少なくとも10個作ってから。
あ〜あ〜、それは、バッグ100個作ってからね。
えっ、そんなことは、バッグ200個作ってからね。

自分の実力という現実、もう少し見て〜〜〜(苦笑)

まあ、妄想だけは、好き勝手に広げ、勝手に夢見てちょうだい!

☆出来上がったら、各自の作品、ここにアップしたいです!
 みんな、がんばれ〜〜〜

アイリッシュシチュー

P1030562_1














アイリッシュシチューを作った。

なぜかって・・・羊の肉をいただいたから。
たぶん、国産の羊の肉を手に入れたのは、
初めてだと思う。

普通は、オーストラリア産可、ニュージーランド産だもの。

P1030544_1












「羊の肉、食べる?」って聞かれたから、
「食べる、食べる!」って答えた。

いただいた彼女が言うには・・・
「いらないっていう人が、ほとんどなんだよねぇ・・・」
 って、言われたけれども・・・

わたし、羊、好きなんです。
食べます。

で、いただいた、羊のお肉、骨付きで・・・
羊なんだけど、牛刀(ぎゅうとう)でさばき、肉片だけにした。

P1030550_1














もちろん、骨付きの部分は、それはそれで、
だしを取るために、たまねぎと炒めた。

たまたま、家には、紫玉ねぎしかなくって・・・
それで、その玉ねぎといっしょに炒めた。

P1030554_1













羊肉、紫玉ねぎ、羊の骨をクルーゼに入れて、
オーブンで一時間ぐつぐつ、ぐつぐつ・・・

それから、じゃがいもをスライスしたの、オーブン皿に入れて・・・

アイリッシュシチューを作った。

・・・実は、厳密には、かなり違うアイリッシュシチュー。
脂で作るグレービーソースを入れていない。
まあ、我が家風のヘルシーアイリッシュシチューってとこかな?

羊って、日本ではそんなに食べないけど、
なんでも、カルニチンっていう脂肪燃焼効果のある成分、
そんなのが入っていて、そのカルニチン、ボケ防止にいいらしい。

で、そんなこんなでの、羊のアイリッシュシチュー。
ちなみに、アイリッシュとは、アイルランド風のこと。

日本で言えば・・・肉じゃがかなぁ・・・?
たぶん、肉じゃが。
肉じゃがって、庶民的な食べ物じゃないっ?

アイリッシュシチューって、名前はちょっと気取っているけど、
そんな、庶民的な食べ物だと思う・・・

いずれにせよ、我が家で作った今回のアイリッシュシチュー、
身体にいいし、それに、なによりも、おいしかった。


記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ