*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2011年12月

年の瀬のカレー

P1030826_1














今年もあと少し・・・

お昼ご飯に、残り物を全部入れてカレーを作っている。
豚コマ・玉ねぎ・ニンジン・じゃがいも・紫芋・さつま芋などなど・・・
キッチンの湯気が好き。

美味しいものから広がる幸せ、来年も大切にしたい。

よいお年を♪

ソバストローネ

P1030820_1














先日作った、「新食感そば」が少し残っていた。
茹でて食べるには、ちょっと少な過ぎるし・・・
かと言って、蕎麦かりんとうにするために、油を使うのもめんどくさい。

今朝、パンを食べた。
パンには、サラダかスープかを作るんだけど、
寒い今の時期は、たいていの場合、スープ。

キャベツのスープを作ろうと思った!

県北の友だちからいただいた、キャベツ、おしゃれなキャベツ。
ちりめんキャベツ、またの名を、サボイキャベツという、
煮込み用のキャベツだから、甘さがあって美味しい。
ロールキャベツを作った残りが、まだ少しある。

ベーコンと玉ねぎを炒めて、キャベツをざく切りにしたのを入れて、
それから、塩麹で味付けをして、ぐつぐつ煮る。

! もしかして・・・とひらめいた。

イタリアでは、ミネストローネにスパゲティーをボキボキ折って入れる。
イタリアでは、スパゲティー・・・
だったら、
日本では、蕎麦!? いけるんじゃないっ!?

そこで、スープがほとんどできた時点で、蕎麦を入れた。
蕎麦にはレシチンっていう栄養素があって、
そば湯にはそれがいっぱい溶け込むらしい。

スープだったら、溶け込んだレシチンもいっしょにいただける。
なんて、なんて、考えながら作った、「ソバストローネ」

うん、我ながら、なかなかの出来だ!
新食感の蕎麦も、これなら、とろとろして美味しくいただける。
この何とも言えない太さがいい^^

・・・

冷蔵庫や調味料棚のお掃除をしている。
最後の方のバルサミコ酢を発見。
ちょっとだけ残っているから、使い切りたい。

う〜ん、と考える。

! そうだ、鶏の黒酢煮、ならぬ、鶏のバルサミコ酢煮を作ろう!

鶏手羽元を茹でこぼしてきれいに洗う。
ダイコンの皮をむいて、下ゆでする。
だしの中に、鶏と大根を入れて、炭酸水の残りもついでに入れる。
バルサミコ酢、ちょっと足りないから、千鳥酢も加える。
いただいた焼き肉のたれ、醤油を加えてぐつぐつ煮る。

朝から、洗濯を干したりしているうちに、煮上がる。
こんな煮ものは、朝から作るのがいい。
夕方には、しっかりと味が浸みて美味しくなるから。

冷蔵庫はきれいになるし、おいしくできるし、
うん、なかなかだ、とひとり満足する。

・・・

オットが、そば粉を買ってきた。
日原の産直市で買ったそうだ。
年末、蕎麦を打つ気まんまん・・・

やっぱり、大みそかは、新食感そばになりそうだ!

お正月の迎え方

P1030719_1














↑のどぐろの刺身、忘年会で食べたもの。
美味しかった〜〜〜!

だから・・・

年末年始に、無理して、お刺身なんていらない・・・と思う。
そう思うのは、わたしだけ!?

一年中、おいしいものが手に入る。
もちろんお財布との相談でだが・・・
日々の生活の中では、普通のごはんだけけど、
たまには、ちょっぴり贅沢ごはんもいただく。

だから、なにも、お正月におごちそうを食べなくてもいいと思う。
そうは言っても、
お雑煮・かずのこ・くろまめ・カブのおなます・ごまめ・・・
その程度は用意するかな?
お煮しめなんて、毎日のお弁当のおかずだもんねぇ・・・

いつもの年は、年末年始、お魚屋さんに頼んでお刺身を作ってもらう。
このお魚屋さん、すごいお魚屋さんで、
年末から年始にかけて、ほとんど寝ずにお刺身を作る。
で、元旦の朝、お刺身を取りに行く。

今年は、出遅れてしまって・・・
今からじゃあ、もう、我が家の分のお刺身はないかもしれない・・・

まあ、いいか・・・とも思っている。

その代わりと言えばなんだけど、
ローストビーフのお肉だけは予約を入れた。
お正月、ローストビーフと赤ワインなんていうのもいいかも!?

なんてなんて、勝手に思っているんだけど・・・どうだろう。。。

・・・

今朝の日経新聞、岸本葉子の「シングル・老いの支度」に、
お正月のことが書いてあった。

実家には父だけが住んでいるから、
28日から帰って、掃除、正月準備をするらしい。
だから、年末年始は忙しい、と。

それでも、父も母も、ひとりで正月を迎えることはなかった、と。
でも、自分はどうなんだろう?
岸本さんは、現在シングル。だから、将来は・・・?と思っている。

さて、つい先日のことだが・・・

フィットネスクラブでお話しをする人、そう多くはない。
その中で、感じのすごくいい人がいる。Oさん。
彼女とは、食べ物の話しでいつも盛り上がる。

といっても、グルメの話なんかじゃなくて、
大根をどう煮たら美味しいだの、今旬のお魚はなんだの、
などなど、いわゆる日々のおかずについて談義が楽しい。

お歳の頃、たぶん70代だと思う。

この前話してわかったことだけど・・・
彼女はひとり暮らし。お正月もひとりで迎えるという。

暮れの最後の日、三越に行こうと思っていると・・・
少しずつのおせちがあればいいから、
三越で、気にいったものだけ少しずつ買うの、と。

ふ〜うんって、その話しを聞いていた。

おひとりなんだ・・・

わたしも、いつかはひとりでお正月を迎えるかもしれない。
その時は、三越に行くのかな?
元気だったら、お正月から、ローストビーフを焼くかもしれない。

そう、おひとりさまでのローストビーフ。
すごく贅沢な牛の塊を買って、赤ワインを抜いて、
ひとりでいただく・・・!

いいかも!?

でも、やっぱり、誰かに来て欲しいと思うし、
出来れば、誰かに呼んで欲しいと思うし、
ひとりよりも、誰かとのほうがいいと思う・・・

昨日、近所のスーパーの店主の奥さんと立ち話。
彼女が言うには、
「おいしいものがあると、人が寄ってくるよねぇ・・・笑」って。

確かに、それは言えている。

お正月、たとえ、おひとりさまでも、
もし、ローストビーフを焼くって言ったら・・・
いっぱい人は来るかもしれない! たぶん、来る!

そのためには・・・

年をとっても、ローストビーフを焼く体力と気力、
そして、財力がなくちゃなぁ・・・

などなど、いろいろと、おひとりさまのお正月を思った、今朝です。

・・・

誰かが、何かに書いていた。

年を取るとは・・・孤独と付き合っていくことだ、と。



新食感そば

P1030809_1














25日のクリスマスの夕方は・・・

ねこじる大先生による「そばのテーブル」の講習を受けての、
第1回お家でのそば打ちチャレンジ決行!

食べ応えのあるそばができましたっ!

その意味は・・・太くて、固いそばです^^;
少なくとも、「そば」とは呼べないでしょう・・・
うどんのような、でも、「うどん」と呼ぶには、うどんに失礼です。

まあ、しいて名前を付ければ・・・
「新食感アルデンテそば」とでもいうのでしょうか^^;
スパゲティーなら、なかなか絶妙な感じだと思うのですが・・・

その名の通り・・・新食感!?・・・な味です。

P1030804_1














オットと味見をして、検証をした結果、今回の反省は・・・

1・水の量が足りなかった!?
2・伸ばし方が足りなかった!?
3・打ち粉が足りなかった!?
4・切る幅が太かった!(これ間違いなし)

P1030808_1














茹で方はなかなか上手かったと思うんだけど・・・
ちなみに、そば湯は美味しかった!

・・・って、
そば湯だけ、合格かよ〜ぉ・・・って突っ込み入りそう^^;

今年の年越しそばは、お家手打ちそば!と張り切っていたオット・・・
いやいや、何かが違う・・・と頭をひねるばかり・・・

そのうち、大変なことを言いだしてしまった!

森の家さんが、年末にそば打ちをするとき行って、手伝いをする。
手伝いをしながら、そのコツを見る・・・と言うのです。

あの〜う、森の家さん、絶対に手伝いをさせてくれませんよ!!!
まあ、せいぜい、洗いものぐらいでしょう・・・苦笑

・・・

打ったそばを切るとき、我が家の一番切れる包丁で切った・・・
が、長さが足りない。

それで困って、長めの包丁、牛刀(肉切り包丁)で切った・・・
が、先が細くてうまく切れない・・・

う〜んとうなってしまって、最後は、パン切り包丁で切った・・・
が、パン切り包丁だから切れがイマイチ、プラス、波型がつく^^;

オットいわく、
「こりゃ、包丁買わんといけんわ・・・」ですって・・・

いやはや、いくらするんだろう・・・?
1万円とか2万円とか言っていたような気がする・・・
めったに使わないとも思うけれども、
もし、これで上手く蕎麦打ちができるようになれば、安いものかも。

いやいや、上手く蕎麦打ちができるようになれば・・・
なんて、そんな日が来るんだろうか?

今年の年越しそばは、自家製手打ちだ!なんて言っていたけれども・・・
間に合うかいな!?
って、オットは、そば打ちをするって張り切っている。

年越しは、蕎麦と思わず、スパゲティーと思えばいい。
そう、「そばのペペロンチーノ」を作ればいいんだ!
頭の切り替えも、時には必要です(笑)

新食感そば「年越しペペロンチーノ」でよければ・・・
大晦日の晩、お越しくださいませ! 

ご持参は、冷えた辛口日本酒がいいかと思います。
または、スペイン産辛口白ワインなどでも、なかなかかと思います。

ではでは・・・

☆いちおう、カテゴリーに「そば」を追加しました。
 どうなることやら・・・ですが(笑)


クリスマスに・・・

P1030777_1














昨晩、一足早いファミリークリスマス。
みぃ〜ちゃん&なっちゃんと一緒に。

ケーキは、お気に入りのケーキ屋さん「マロニエ」で。
今回は、レアチーズケーキ。

P1030767_1














「タコとタイラギ(貝柱)のカルパッチョ」
急きょのクリスマスだったから、お魚がなくって^^;
だから、近所で手に入った、タコとタイラギで・・・

ソースは、きゅうり・セロリ・にんじん・紫玉ねぎのみじん切り、
これに、レモン・千鳥酢・塩・ブラックペッパー・オイルを加えて。

ポイントは、きゅうりの中の種を掻き出すことかな。
これは、食感をよくするために。
これだけで、う〜んと味が違うと思う。

タコとタイラギを、1センチ角に切ったから、
アボガドも1センチ角に切って盛りつけた。

フルーツトマトがあれば、なおよかったんだけど・・・
ないから、まっ、しょうがないっ。
ご近所で手に入るだけの、簡単カルパッチョ。

P1030761_1














チキンは2羽分。ド〜ンと2羽。
でも・・・
ここだけの話し、2羽で1900円なり^^

味付けは、バターを塗って、塩・ブラックペッパーをしただけ。
単純な味のほうが、おいしいと思う。
180度のオーブンで約1時間。
その後、230度に温度を上げて、皮目に色をつける。

この時期、スーパーでは、焼いたのが安価に売っているけれども、
焼きたての単純な味付けのこのチキン、
こちらのほうが、数倍美味しいと思っている。

昨日は、バタバタしていて、忘れちゃったけど^^;
お腹の中に、レモンを半分に切ったのを入れて焼いてもいい。
レモンは、皮が安全な国産のレモンを。

焼けた後、レモンを絞ってかけたら、レモン風味のチキンになる。
これ、簡単だけど、けっこういい感じになる。
けど・・・忘れた・・・

チキンのクリスマスは、手軽にできて安価でいいな〜って思う。
これが、ローストビーフじゃ、こんな値段でできないものね・・・

これで、我が家のクリスマス会は終わりかなぁ・・・?

今日24日も、また、遊びに来るねぇ〜〜〜なんて言っていた、
みぃ〜ちゃん&なっちゃん・・・
もしかしたら、今晩も、クリスマス会しよう〜っ、なんて言うかも。

その場合は・・・なに作るかな〜?

ツィードとクリスマスパーティー

P1030749_1














年内に織りあげたかった、ツィードのマフラー、
ついに織り上がりました! やったー!

昨日、換気扇の掃除の合間に、フリンジの始末をして、
その後、せっけん液のお湯の中で、縮絨という作業をして、
仕上げたマフラー。
今朝、乾いたので、スチームアイロンをかけて出来上がり。

ツィードって、大好き!

ちょうど、NHKの「美の壺」でも、ツィードをやっていたから、
なんだか、喜びもうんと倍増。

P1030751_1














こちらは、全体像。
といっても、これは、試し織りの部分。
実際のマフラーは、英国風のチェックにしてみた。
自分では、英国風と思っているけど・・・実のところは?です(笑)

マフラーのほうは、手作りブログのほうにアップする予定。

ですが・・・
今日は、みぃ〜ちゃん&なっちゃんが来てのクリスマスパーティー。
だから、今から、忙しいのです。

チキン丸ごとを2羽買ったから、それでローストチキンを作って、
それだけじゃ足りないから、
前菜を何か作って、ケーキは買っちゃうかな!?

掃除もしなくちゃいけないし、忙し、忙し、忙し。
でも、クリスマスパーティーは、なんだかウキウキします。


16800円なり

P1030720_1














↑牡蠣の味噌焼き、やや甘めの白みその中に、牡蠣が・・・
旨かった! 辛口冷酒との組み合わせ、ばんざい!

・・・

もうひとつ、ばんざい! がある・・・

先日、お友だちの家に行った。
何気なく話していたら・・・換気扇の話しになって・・・

我が家の換気扇、IHのためか、揚げものをあまりしないせいか、
以前に比べると、汚れない。
フィルターも、1カ月ほど換えなくても、まだ白い。
それでも、だいたい、1〜2ヶ月に一回、フィルター交換をする。

フィルターの中の換気扇内部も、手で触ってもべとべと感がない。
さらっとした感じ。
だから、普段は、雑巾でさっと拭くだけ。

友だちが、換気扇の中のくるくる回る部分、掃除する?って聞いた。

う〜ん、以前、オットが掃除をするのを見たことはあるけど、
でも、わたしは一回もしたことない、って答えた。
だって、周りは、さらさらだものねっ!

友だち、この友達は、きれい好きで有名なんだけど・・・
彼女が言うには、
「ひえぇ〜っ! きっとすごいことなっているよ!!!」

帰り道、ちょっと気になりながら帰った、が・・・
心の中では、大丈夫だも〜んと、自信たっぷり!

今朝、NHKの朝いちで、掃除特集をしていた。
それを見て、あっ、換気扇のくるくるのところ、どうなっているかな?
って、思って見たら・・・

あれ〜っ!? 
くるくるのところ、油と脂らしきものがこびりついている。

う〜ん、換気扇恐るべし。
周りはさらさらなのに、こちらは脂がこびりついている・・・

急いで、NHKご推奨の、
重曹と粉せっけんと水と、同量に混ぜたペーストを作り、
それをくるくる部分に塗っておく。

それから、換気扇のくるくるが付いていた回りを掃除。
両方とも、めちゃ掃除しにくい〜〜〜

めんどくさくなって・・・用事もあったので、
近くの郵便局やスーパーに買い物にちょっくら行った。

帰ってから、換気扇のくるくる部分、自家製洗剤につけていたの、
それを歯ブラシでゴシゴシやる。
とれるんだけど・・・
角というか、端っこの部分が、手が届かない・・・
いや、手ではなく、歯ブラシが届かない・・・

割りばしの先や、串の先を使い、ゴシゴシとこする。
汚れが落ちるんだけど・・・ めんどくさい作業。

昼になったから、しばし休憩。

午後から、また、端っこの汚れに対して、串作戦開始。
なんだか、効率悪いな〜って思いつつ、串を動かす。

そして、それに飽きたら、換気扇本体の掃除しにくいところ、
ここを、変な体制で拭く。
身体がつりそうになったら、串作戦。
串作戦に飽きたら、換気扇本体。この繰り返し。

新品みたいにピッカピッカになって、換気扇掃除終了。
ばんざい!

夕方、テレビを見ていたら・・・
この換気扇掃除を業者に頼む人がいるらしい。
お値段、16800円なり!

わぉ〜っ!!! 今日の掃除、16800円分の掃除だったんだ!
すごく得した気分!

10歩の距離に住む、大物mちゃんが夕方来た。
換気扇のくるくる掃除した?って聞いたら、まだ〜って言う。
うふふ、わたししてあげようか? 16800円で・・・

マンション中の換気扇を掃除したら、大金持ちになりそう!
って、あの苦労を考えたら、あまりしたくない仕事なことは確か。

そういえば・・・
換気扇のフィルターを買った会社が、タダで掃除をしてくれるらしい。
16800円の掃除をただでするってことは、いったいどういうこと?

フィルター代が、かなり高い?
それとも、掃除をしたと言いつつ、いい加減な掃除?

次、その掃除を頼むという家、掃除後に行ってみたい。
行って、掃除後のくるくるを見てみたい。
どんなふうになっているか・・・

もしきれいなら・・・掃除をしてもらいたい。

でも、基本、小まめに掃除をするならば、
そんなに大変な掃除じゃない気もする。

フィルターを換えるたびに、くるくるも掃除すれば、
たぶん、大したことない掃除だと思う・・・けど・・・

って、掃除をしたその後は、いつも思うんだよね。
次からは、これからは、こまめに掃除をしようって!

で、思うだけで、それが実行されたことは、まずない(自信たっぷり!)

P1030722_1














牡蠣の味噌焼き、中からぷりぷりの牡蠣が!

16800円自分でやったんだもの(自慢)
オットに、もう一度、忘年会しようや〜って、言おうかな・・・^^

・・・

実家の換気扇、どうなっているんだろう?
78歳の母がやる仕事じゃないように思う。
次、行った時は、これ、するかな?

それとも、16800円渡すから、業者に頼みなさい、って言うかな。
でも、ケチ母のこと・・・
たとえ、16800円送っても、頼まないだろな・・・(苦笑)

忘年会いろいろ

P1030711_1














↑今年一番豪華な忘年会!
それも、大好きなお友だちと一緒に!
オットのおごりの忘年会、これ、一番うれしい〜〜〜♪

・・・

特筆すべき、忘年会にも出席した。
なんと、なんと、なんと、絶対にありえん!!!
酒なしの忘年会。

昼じゃないよっ、夜の忘年会で・・・
ありえんじゃろう・・・と思っていたけど・・・

それはそれで、さらっとした、楽しい忘年会だった。
酒なしもあるのねぇ・・・ 人生で初めての経験だった。。。

☆それでも・・・
 コノシロのマリネとフランスパンが出たときには・・・
 マジで、マジで、冷えた辛口白ワインが欲しかった!

☆酔っ払わずに帰る冬の夜、これもまた、違う風景〜

・・・

大好きな番組、NHKのBSの「美の壺」
今回は、「ツィード」だった。
大好きなツィード。
知らないことだらけで、番組を非常に興味深く観た。

今、わたしなりのツィードを織っている。
わたしなり・・・だから、その程度のツィード。

その程度なんだけど、糸の持つ力なのか・・・

自分で言うのもなんだけど・・・ けっこう素敵・・・
いや、いや、いや、かなり素敵^^ 自画自賛^^;

機(はた)からおろして、縮絨(しゅくじゅう)するのが楽しみ。

ずっと、織っても、織っても、織っても、
なんだか、ドボン・・・続きだったから・・・凹んでいた・・・
でも、今回のツィードは、かなりいい感じ、と期待している。

・・・

「ちくちくテーブル」をスタートして3カ月。
最初のお試し期間終了。
1月からは、定時の「ちくちくテーブル」をスタート予定。
好きなものを作る会にするつもり。

人が作っているのを見ると、自分自身も触発される、ということ発見!
最近では、織りもがんばるし、縫いものもがんばるし・・・
手作り、いろいろがんばっている。

去年、編んだ毛糸の靴下。
寒いところに住む人、ふたりに、ささやかながらプレゼントした。
だから、手持ちの手編みの靴下の在庫がない・・・

うれしいことに、手紡ぎの毛糸がある。
オーダーしていた、オット用の毛糸も出来上がったと連絡があった。
だから、今からは、靴下編みもぼちぼちとスタートする。
冬の間、少なくとも3足は、手編みの靴下を編みたい。

お家用の室内着パンツも作りたいし、
カシュクール型の室内着も作りたいし、
あ〜あ〜、お掃除する暇ないかも^^;

・・・

って・・・
今年は、秋にがんばってベランダを掃除した。
その時、ガラスや網戸をしっかりと掃除した。

だから、年末は、簡単な掃除にするつもり。

換気扇も定期にお掃除しているから、年内はもうしなくていいし、
後は、オーブンをお掃除するぐらいかな?

やればきりがないから、と、いい訳をいろいろ考え出し・・・
年内は、寒いから、てきとーにすませるつもり。
まあ、それでも、年は無事に越せる、でしょう・・・たぶん。。。



にんじんペースト

P1030658_1














山本さんの作ったにんじん、これ、人生で最高のにんじん!
これで作った「にんじんドレッシング」最高だと自負している。

最高だと思っているから、「おいしいテーブル」でも作った。
そして、あちこちにも、少しずつ配っている。

先日持って行ったところから・・・
「実は、うちの主人、にんじん嫌い・・・ 
 でも、おいしいって食べた!」 うれしいですね、こんな一言。

そう、にんじんドレッシングのあまりにもいい評判に、
ちょっと気分がよくなって作ったのが、にんじんペースト(写真↑)
これが、また、美味いのなんのって・・・!
山本さんのにんじんだからこそ!の味だと思っている。

昨日は、久しぶりにおでんを作った。
おでんには、お砂糖もみりんも入れてないんだけれども、
不思議と、ほんのりとした甘さが出ている。
たぶん、山本さんのダイコンとにんじんの甘さだと思う。

冬野菜の自然な甘さ、ばんざい!

・・・

県北に住むお友だちから、電話があった。
頼まれていたもの出来たよ〜♪

わぁ〜〜〜行きた〜〜〜い!
すぐに取りに行きたい〜〜〜!

朝晩は、マイナスで氷が張るそうです・・・
わたしの車では無理です^^;
なんとか、オットの車を借りて、または、息子の車を借りて、
どうにか県北に行きたい、と計画しています。

・・・クリスマス寒波なんて言っている。
   クリスマス前には行きたいな〜〜〜
   雪道でも、息子の車なら行けるんだけど・・・





雪とクリスマス

P1030731_1














昨日は、広島でも初雪。
初雪といっても、ちらちらと降る雪。
本格的な雪、クリスマスごろに降るなんて、天気予報で言っている。

雪はちらちらだけど・・・
そんな中、ちっちゃなクリスマスパティー

☆テーブルクロス、折りしわが目立つぅ〜^^;

クリスマスらしく、金と銀のアンダープレート。

P1030734_1














カルパッチョ。
鯛・ひらめ・カンパチ・サーモンの魚。
お魚屋のおばちゃんが、朝早くからの注文も快く受けてくれました。
ありがとう!

あらかじめ冷蔵庫に入れておいたガラスのお皿、
これに薄〜く塩をして、オリーブオイルを垂らして、
その上に魚をきれいに並べていく。

ソースは、
山本さんのにんじんを使った、にんじんペーストベースのソース。
これは、前日に作っておくと、味がなじむ。

P1030738_1














塩こうじにまぶした、鶏ムネ肉、これをラップで巻いてボイルしたもの。
これを冷蔵庫で冷やしておいて薄切りにする。
にんじんペーストとハーブを乗せて。

超〜がつくほど簡単だけど、おいしい。
今、一番お気に入りの前菜。

P1030745_1














ローストチキンの一皿。

付け合わせは、ローストポテトとローストスウィートポテト。
にんじんの茹でたの、ブロッコリーの茹でたの。
それに、クランベリーソースと自家製グレービーソース。

熱々をいただきます。
ローストチキンは、丸ごと2匹焼いたんだけど・・・
写真はなし・・・
簡単だし、おいしいし、チキンの丸ごとは好きな料理のひとつ。

P1030747_1














デザートは、柚子のパウンドケーキとチョコココナッツケーキ。
どちらも、手作りの逸品をいただきました。
しっとりとして美味しい。
ガリガリとミルでひきたてのコーヒーとよく合います。

お手軽にできるクリスマスメニューですけど、
それでも、十分楽しかった・・・と思っています。

・・・

今晩は、今年最後の忘年会。
・・・といっても、そんなにたくさん忘年会は行ってないけど。

月曜日から3日間ほど、暖かい日が続くと天気予報で言っていた。
少しだけ、お掃除をするつもり。
少しだけ・・・ 後は、春が来たらするつもり。たぶん・・・



あんぱん記念日

P1030729_1














生れてはじめて、あんぱんを作った。

お隣さんから、小豆をたくさんいただいて、それを煮た。
たくさんだから、小分けに分けて冷凍した。

その小分けを、ご近所さんにおすそ分けした。
すると、鯛焼きになって帰ってきた。
美味かった!

気持ちが、ぐらっと動いた。

そうだっ! あんぱんを作ろう!
作って、小豆をいただいたお隣さんに持って行こう!

甘いものは、だいたい得意ではないので、
実のところ・・・
ひとりで、あんこを煮るのは生れてはじめて。

冷凍の煮た小豆、これに砂糖を入れて、塩少々入れて煮た。
煮詰まり過ぎて、ごちんごちんの塊りになった^^;
で、水を加えて、もう少しゆるくした。

いい感じより、ややゆるめ。
なぜなら、冷めたら、もう少し固まりそうな気がしたから。
この加減、当たり!だった。

パンの中にあんこを詰める。
これは、肉まんを作る要領でできた。
肉まんは閉じたのが上だけど、あんぱんは閉じたのが下。

上に、けしの実をつければ、より、あんぱんらしいけど・・・
なかったから、黒ゴマをつけた。
まあ、これでも、まあまあそれらしいかな?

全部で、8個のあんぱんができた。

焼き立てをお隣さんへと持って行く。
家族4人だから、4個持って行く。

近所の人にお買い物を頼んだ。
その人が、ちょうど来たから、あんぱんを1個食べてもらった。
わたしも、一緒に1個食べた。

残りは2個。これは、あんぱん大好きオットの分。

実は、オット、あんぱんが大好き。
パン屋で、いろいろ買う時、必ずあんぱんをセレクトする。
なのに、
わたしは、一度もあんぱんを作ったことがない。

誰かの詩集にあったよね・・・

あなたと初めて食べたサラダ、だから、サラダ記念日・・・
たぶん、そんなこんなの詩・・・だったような・・・記憶あいまい^^;

で、そのノリで言えば・・・

昨日、12月15日は、初めてオットにあんぱんを作った、
そう、記念すべき・・・

「あんぱん記念日」    アハハ・・・!

・・・

オットが寝ていて言った。
「スースーするねぇ・・・」

うん、わかるよ・・・ 確かに、スースーするねぇ・・・

やや寒い・・・程度以上に、寒い。。。スースー寒い^^;

昨晩、やっと布団を換えた。
夏布団から、冬布団へと。

これで、スースーする夜から、ぬくぬくの夜になる^^



ちくちく・・・and・・・

2011120706520000_1



















「ちくちくテーブル」作品 手縫いの部

↑ちくちくと手縫いで仕上げたバッグです。

「ミシンを持っていないから・・・」ということ。
でも、大丈夫。手で縫う「根気」があればできる。
ただし、大変だよ、手縫いだから・・・と念を押した。

肩掛けバッグにしたいからと、持ち手の長さは60センチ。
持ち手だから、2本縫わなくちゃいけない。
一本につき、こっち側後とあっち側をそれぞれ60センチ、
合計120センチ。それが2本で、240センチ。

つまり・・・
2メートル40センチ、ちくちくと手縫いをしてできた持ち手。
そう、考えただけでも大変そう・・・

立派にやり遂げました!

なにせ、3人の男の子のおかあちゃんだもの!
根性あるわ〜〜〜

3チン息子たちが、小学校や幼稚園に行っている間、
ひたすらちくちく、ちくちく。
夜、息子たちが寝て、オットが帰るまでに、ちくちく、ちくちく。

バッグの中がお見せできないの、残念。
表は、渋いグリーンなんだけれども、
中の布は、リバティー風の花柄。ちらっと見える花柄がかわいい。

よくできました! 花○を差し上げます。

・・・

「がんばろうニッポン」の冠を付けたイベントいろいろ。
できる限りの応援をしたい。
微力であるけれども、できる限りの募金にも協力したい。
それも、末永く応援したい。

これは、わたしだけでなく、みんな同じ気持ちだと思う。

がれき処理の問題。
日本全国、広く浅く受け入れられないかな? と思う。

怖いからイヤ、不安だからイヤ・・・

わかります。その気持ち。
わたしもかわいい孫がいるから、怖いし、不安。

でも、現地の人たちは、もっともっと怖いだろうし、不安だと思う。

募金・ボランティアもろもろも大切だと思うけれども、
がれきを受け入れる、リスクを分散して受け入れる、
それも、手助けの一部だと思うんだけど・・・ 

どうなんだろう・・・そんな簡単な問題じゃないのかな?

テレビに映る、今だ残るがれきの山。
あれをどうにかしなければ、次に進めないような気がする。

・・・

夕方、近所に買い物に行った。
小学生の3〜4年生の男の子2人、空き地の草むらで何かしている。
ちょっと薄暗くなりつつある空き地。
遊んでいるのかな?と思いつつ、通り過ぎる。

が、何か気になって仕方がない・・・

戻り、小学生の様子を見てみる。
すると・・・
なんだか、怪しい・・・ 立ち止まり、じっと見てみる。

「おばちゃん・・・」と声がかかる。
「これ、落ちていた。火がつくんだよ・・・」
と、手渡されたのは、100円ライター。

カチッと押してみると、火がつく!
ロック機能のついてない、旧型の100円ライター。

「これ、危ないと思うから、おばちゃんが預かるね。」
と言ってみる。
「うん」と素直にうなずく男の子2人。
「薄暗くなったから、早く家に帰るんよ〜」と、その場を離れる。

空き地、枯れ草が生えている。
ここに、不届きモノがゴミを捨てている。
家庭ごみに始まり、いろいろなゴミが散乱している。
その中に、このライターも紛れ込んでいたんだろう。

小学生3〜4年生の男の子、ちょうどギャングエイジの男の子。
なんでもしてみたい、なんでもやってみたい。

察するに、たぶん、ライターを見つけ、火を付けていたはず・・・
じゃなければ、「火がつくんよ」とは言わないだろう。

枯れ草に火が付かなくてよかった。
あの時、妙な感が働いて後戻りしてよかった。

空き地に、簡単にゴミを捨てないでください。
その後、どうなるか、どういうことが起きうるか・・・
想像力を働かせてください。
悪いのは子供じゃありません。

・・・

ポン酢が切れた。
買わなくっちゃ、と買い物リストに書きいれた。

朝からメールが来た。
柚子、いりませんか?
いるいる、柚子いる! 大好きな柚子。

でも、家にはいろいろないただき物の柚子やカボスが、まだある。
欲張りnanaは、それでも、新たに柚子が欲しい^^;
冷蔵庫の柚子とカボス、これで何か作っちゃおう、と思った。

!!! そうだ! 手作りポン酢を作ろうと思った!

家にあった柑橘系の酢を全部絞った。
かつおでとったつゆの素、醤油、千鳥酢などなどを配合して、
配合しては、なめてみて、なめてみては、足して、足して・・・
手作りポン酢の出来上がり!

一瓶680円する、なんとか村のよりか、うんとおいしい!
それに、うんとうんとうんと、お財布にやさしい。

柚子をくれるっていう人に、手作りポン酢をおすそ分け。
下心いっぱいのおすそ分け^^


広がる

P1030677_1













☆40センチ程度に丸く伸ばしたそば、
 これの角を出していく作業、角だしです。
 打ち粉を縦に振り、綿棒にくるくる巻いては、あちら側に置き、
 手前に、いち・に・さん、とひきます。


「そばのテーブル」詳細、Omoさんがブログにアップしてくださいました。
「Omo ブログ」←こちらから(クリックする)

そば打ちの詳しい経過が、美しい写真と共に載っています。
ぜひぜひ見てください。

・・・

今年の言葉、わたしの場合。

「広がる」

今年は、いろいろな方とのお付き合いが広がりました。
初めの一歩、これを踏み出すことにより、そこから広がりました。

その延長線上に、「ちくちくテーブル」
そして、今回の「そばのテーブル」もあります。

バタバタパタパタの日々ですが、楽しい毎日です。
今年も、きょうを入れて18日。
もう少しバタバタパタパタする日が続きます・・・

そばのテーブル

P1030663_1













「おいしいテーブル」の番外編、今回は、「そばのテーブル」

まずは、先生のお手本から。
そばって、コネコネするかと思ったら・・・

違う違う、違うのです。
そば粉に水を入れたら、塊りが小さくなるように、
手で混ぜていきます。

先生のお手本の後は、各班に分かれて、実習開始!

P1030709_1














自分たちで打ったそば、たたんで切ります。
↑技術系の男子、きちっと教わった通りに切っていきます。

詳しくは、また。

リネンとちくちくと・・・

P1030643_1














créer (クレエ)さんでの素敵な催し物!←詳しくはこちらから
12月6日〜8日 ただ今開催中。

昨日夕方、走って行ってきました。
素敵なモノがいっぱいで、いっぱいで、いっぱいで・・・

サンタクロースが毎日来ればいいのにぃ〜〜〜って、心から思った。
もし、3億円が当たったら、全部買いたい(笑)

しかし、現実は・・・
サンタクロースは毎日来ないし、3億円も当たりそうにないし、
だいたい、
宝くじを買うお金も、今はもったいないし・・・当然、当たらない^^;

もう泣きそうなぐらいに、素敵なモノがいっぱい。
詳しくは、また。

・・・

「ちくちくテーブル」6回コースの最終回。
3回をかけて作ってきたバッグ、できあがりました。

P1030621_1
















大物mちゃんの作品↑

リネンのストライプの表地のスキッとした布で作りました。
玉留め「さえも」できない^^;・・・のに、よくできたっ!

P1030628_1














表は、クールなストライプだけれども・・・
中は、かわいいリネンの花柄プリント。

内ポケットは、携帯と鍵とが入るように、ふたつに仕切っています。

ミシンをかける、その手・・・まだまだ初心者で・・・
カッタン。。。コットン。。。カッタン。。。コットン。。。
ゆっくり、ゆっくり、ゆっくりとミシンをかけて縫いました。

ワンコイン程度の材料費で作れる〜〜〜!
って、もう大興奮のmちゃん。

また、素敵な材料を見つけたら、縫ってみてください。
カッタン・コットンと、ゆっくりのミシンでも、
じっくりとやっていけば縫えます。

P1030630_1














こちら、きゅうりさんのバッグ。

しっかりとしたブラックウォッチの布を使ってのバッグ。
布が少し厚手だったので、ミシンの針を16号にして縫いました。

表のチェックの柄あわせ、ミシンでザ〜ッと縫うと、ずれます^^;
ずれないために、ちょっとめんどくさい作業ですが、
それを丁寧にしてもらいました。だから、チェック合わせ、完璧です。

P1030634_1














中は、リネンの黒ギンガムを使って、すっきりと。

ポケット口は、赤い刺繍糸で、ちくちくと手縫いです。
こういうちょっとしたところが、とってもかわいい〜〜〜

実は、途中から、ミシンが壊れてしまって・・・
最後の仕上げは、わたしがしました。

持ち手の留めのところは、カシメを打っています。
これで持ち手をしっかりさせるのと、バッグのポイントのためです。

mちゃんも、きゅうりさんも、小さな子供がいてなかなかだけれども、
少しずつ、少しずつ、バッグを作りました。

他に3人のバッグ・・・
ひとりは、写真撮り忘れ・・・で、帰っちゃって・・・
ひとりは、最後の仕上げが少々残っていて・・・
もう一人は、子供が風邪引きさんで、もう少し時間がかかりそうで・・・

それぞれのペースで、バッグ作りは進みます。
お家一番、子供一番、ごはん作り一番・・・
残った時間の中から、少しずつ、バッグ作りは進みます。

あせらない、あわてない・・・そんな「ちくちくテーブル」です。

3−4「おいしいテーブル」

P1030613_1



















今年最後の「おいしいテーブル」
クリスマスや年末年始を意識して、
ちょっとだけ“おめかし”した料理。
でも、コンセプトは、普段の材料で。

「鶏ムネ肉のクリームソース・バターライス添え」
うんと安価で売っている、鶏ムネ肉を使ったお料理。

鶏ムネ肉は、塩こうじに一晩つけて置き、
ラップでぐるぐる巻きにして、お湯の中で茹でる。
皮を取り除けば、低カロリーになる。

今回は、ちょっとだけおごちそう気分だから、
生クリームを使ったクリームソースで、よそいき感をだす。

緑のチャービル、我が家のベランダで育っているハーブ。
1ポット買ってきて植えておくと、ぐんぐん大きくなってきて、
ちょっとだけ使うのに、とっても便利。

P1030607_1



















「にんじんドレッシングで食べるサラダ」
山本さんのにんじんがとっても甘くておいしいので、お取り寄せ。
それを使って、大量のにんじんドレッシングを作った。
お持ち帰り用に、たっぷりと作った。

そのドレッシングを使ってのサラダ。
リアスからし菜・にんじん・じゃがいも・さつまいもの野菜たち。

それに、鶏ムネ肉を↑上記と同じようにして作ったもの、
これを一晩置いておいたものを添えて。
一晩置くと、味がなじんで美味しい。

山本さんから届いた、食用ほうずきも一緒に添えて。
ちょっとすっぱく、ちょっと甘い、不思議な味。
珍しいから、ちょっと話題になった。

P1030614_1



















「かぼちゃの白玉団子入りポタージュ」
かぼちゃのポタージュだけど、和風だしと牛乳を割って作る。
味付けは、コンソメじゃなくて、白みそを使う。

和風だし(いりこ・こぶ・かつお節)と白みそ仕立てだから、
和の優しい味がする。
こってりするポタージュとはまた違う美味しさがある。

白玉は、ある日、おぜんざいの残りの白玉を入れたら・・・
あらら、これってけっこう合う!

かぼちゃの黄色いスープに、白玉がぽこぽこ浮いているの、
見た目にもすごくかわいい〜♪

これは、ちびっこたちに人気のメニュー。
昨日も、ちょっと覗きに来た、ちびっこお姫様♪
彼女に味見をしてもらったら・・・

にっこりわらって、「おいしい〜♪」 

何回も味見して、だんだん味がわからなくなっていたけれども、
この一言で、味は決まり!
さっそく、白玉入りを試食してもらった。

P1030619_1














アン○○○ン風「りんごジャム」今回も作りました。
今回は、紅玉を1箱買っての大量作り。

3つの班で、それぞれ作ったら、同じ材料なのに、
色は濃いピンク、中くらいのピンク、薄いピンク、とそれぞれ違う。
皮をどれだけ入れたかによってジャムの色が違う。

アルミの鍋に入っている、りんごジャム・・・
ちょっと田舎っぽい感じだけど^^;
ジャムの瓶に詰めると、とたんに、おしゃれに変身!します。

デザートは、「ブリティッシュスタイル・パンケーキ」だったのですが、
りんごジャムで時間を取られてしまって・・・
パンケーキは、お持ち帰りで食べていただいた。

パンケーキについては、お手軽材料で簡単にできるので、
また、レシピをアップしたいと思います。

・・・

昨日の「おいしいテーブル」は、
一班を3人のグループにしたから、とっても忙しかった。
みなさま、ご苦労様でした。

でも、少ない人数にすると、みんなが料理にかかわれるから・・・
それに、さぼられないから^^;
全部のお料理に、目が行くはず!?と思っているけど、どうなんだろう?

バタバタしたけれども、今年の「おいしいテーブル」は終了。
後は、お昼の忘年会があるのみ。

来年も、おいしいものをいっしょに作りましょうね〜♪


気になるイベント

P1030597_1














今週から来週にかけて、行きたいところ三つ。

左から、créer (クレエ)である、エキシビション。
詳しくは、こちらから←

オールドマンテーラーズは、大好きなブランド。
布からこだわって作っている会社。
布好きにはたまらないし、洋服好きにもたまらないだろう。
素敵なモノに出会いそう。


中は、「ワイズ」と「ヨウジヤマモト プリュス ノアール」
この期間限定ショップ

昔好きだったワイズ。
今、どうなっているのかな〜?

右は、tentenhouseの『冬の森の市』 詳しくはこちら←

こちらの方は、残念ながら予定が合わない。
12月4日は、マンション内のピクニック。
残念だけど、ちょっと行けそうにない・・・

・・・

最近、行きたいところをちゃんとメモしておかないと、
すぐに忘れてしまう・・・^^;
頭の中にしっかり、インプットしておこう!

いやいや、インプットしたつもりが、忘れてしまう・・・
手帳にちゃんと書かなくちゃっ!

・・・

今日、バターが欲しくて行ったお店、バターがない・・・
たとえ見つかっても、あるのは無塩バターのみ。

困ったなぁ・・・・・・って思っていたら・・・

若い人が見つけてきてくれた。
それも、あれ〜っ?っていうようなお店で。
普段行かないお店だから、ありがたかった。

マーガリンは食べないから、バターがなくなると本当に困る。
クリスマス過ぎて、お正月過ぎれば、状況は少しは良くなるかな?
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ