*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2012年07月

友だちとの話し

P1050381_1















ベランダのバジルが立派になったので、ジェノバソースを作る。
孫のみぃ〜ちゃん、一番好きなパスタが、このジェノバソースのパスタ。
ニコニコして、いっぱい食べた。

バジル、ベランダの分だけでは足りそうにない。
どこかで、バジルを調達しなくては・・・

・・・

【最近の友だちとの話し・その1】

わたし「あのさ〜、最近夜中に目が覚めてね、眠られん・・・」

友だち、笑いながら、
「そりゃ、いくらんなでも、夜9時に寝たら目が覚めるよね。」
「だいたい、その歳になったら、みんな夜は寝られんのよ。」
「今まで、何の問題もなく寝られた方が、おかしい。」

そんなもんか〜? とも思う。

いやいや、9時じゃない、10時ごろ寝る努力はしている、が・・・
2時過ぎに目が覚めて、その後4時過ぎまで寝られない。

友だちが、睡眠導入剤を使ったら、朝までぐっすり眠られるよ、
とアドバイスしてくれる。

が、今のところ、夜中に目が覚めても、そんなに苦でもない。
というか、苦に思わないようにしている。

わたし自身、この夜中の目覚め、更年期だからかな〜って思っている。
まあ、更年期なら、そのうち治るでしょうし・・・
それに、毎日、夜中に目覚めるわけでもない。

目が覚めたら、いちおう、もう一度寝ようとする。
が、無理そうだな〜って思ったら、思い切って起きる。
その点、今の季節、夏はいいな〜、寒くないもん。

それで、ごちょごちょと、何かを始める。
さすが、キッチンでの作業とか、ミシンでの作業は、音の問題で無理。
でも、あまり音の出ないことならば、静かにする。

または、ベランダ近くの椅子に座って、外をぼ〜っと眺める。
道路を走るトラックを見ながら、誰がどんな思いで運転してるのかな〜
などなど思いをはせる。

そんなこんなで、4時過ぎると、眠くなるのである。
で、寝ちゃう。
この時は、すぐに寝ちゃう。けど、次起きるのが大変。

朝はウォーキングをしているから、5時過ぎには起きたい。
でも、2度寝の後、5時過ぎは辛い。
ついつい6時近くまで寝ちゃう。

この前見た睡眠障害についての新聞の記事、
日常の生活に困難を及ぼすぐらいの睡眠障害については、
医師の受診をした方がいいという。

わたしは・・・日常生活の困難!? 
う〜ん、夜早く眠たくなるぐらい。
それと、
家にいる時、お昼ごはん後に、10〜15分お昼寝するぐらいかな。

それ以外は、問題ない。

でも、これ、冬になったら辛いね。
お布団から出るの、寒いもんね。

まあ、それはそれで、その時に考えよう。
今、考えなくてもいいことは、あえて、今、考えない。

【最近の友だちとの会話・その2】

友だちが、
「私、優しくない人、嫌い。」と言う。

「えっ!? 優しくない人!? それって具体的にどんな人?」
と、わたしは聞く。

ふんふん、ふんふん・・・なるほど・・・
具体的な例を聞いて、うん、わたしもそんな人嫌い〜と思う。
というか、思っていた・・・

突き詰めてみたら、どんな人なのかわかった。

「自分さえよければいい人」

人に対しての配慮がない人かな〜?
自分はいいとこ取りしたいけれども、
自分からいいとこを出すことはしない。

英語で言ったら、ギブ&テイクの中の、
テイクばかり、つまり、「他人から取るばかり」で、
「自ら人に与えることをしない」 つまり、ギブがない。

いるいる、いるいる、いるいる・・・あの人だ〜っ!

と思いつつ、後からじっくり考えた。
わたし自身も、そういうところがあるかもしれない。
イヤ、きっとあるだろうな・・・

人間なんて、突き詰めたら、そんなもんかもしれない・・・

バーゲン戦利品

P1050399















先週初め、友だちの家にふらっと立ち寄ったら・・・
いきなり、「バーゲンに行こうっ!」って誘われた。
ちょうど車を運転して行っていたから、その足で街中へと。

でさぁ・・・

バーゲン、まだ始まってない。。。
「なんちゅうリサーチなの・・・」と突っ込みを入れる。

バーゲンは二日後からスタートと言う。
二日後に安くなる服、今、買う気分じゃないよね・・・

でも、いちおう、いろいろ見てみる。
バーゲン二日前なんてお店は、さすがに、誰も買いものに来ない。
だから、ある意味ゆったり見ることができる。

一枚だけ、気になったチュニックがあった。
麻の草色のチュニック。
値段もそんなに高くない値段。
たぶん、布を買って作るよりも、バーゲン価格の方が安いはず。

バーゲン行くかな!?と考えたけれども、
行って、欲しいものが手に入るとも思えない。

でもって、バーゲン当日。
友だちから電話があった。「バーゲン行く!?」って電話。

「う〜ん、行かないっ・・・」って答えた。

友だちは、開店と同時に行くって。
でもって、あのグリーンのチュニックあったらどうするって聞かれた。
あったら買ってきてね、と返事した。

開店と同時のお店、すんごい人だったそうな。
もう、ごちゃごちゃぐちゃぐちゃの人だかり。
バーゲン前の店の雰囲気とは一転してたそうな。

こんな中で、欲しいもの探すのは無理だわ・・・と思ったら・・・
なんと、わたしの欲しかった草色のチュニック、
誰かがいらないと思ったのか、ほいっと友だちの前に投げたそうな!

で、無事、わたしの欲しかったチュニックは、買えました。

残念ながら、友だちの欲しかったブラウスは見つからなかったらしい。
でも、ストールは2000円少々で買えたとうれしそう。

いつから、バーゲンに行ってないかな〜?と思う。
たぶん、この10年は行ってない。
いや、15年ぐらいかな・・・

久しぶりのバーゲン戦利品。
お友だち、ありがとう。

・・・

友だちの買ったストール、麻のストール。
大判で、でも薄くて軽くて、色もすごくいいストール。
これが2000円少々だなんて、信じられない。

ざっくり織ってあるから、手織り風なの。
もちろん、この値段だから手織りでないのは確か。

でも、すごく素敵。

こんな値段で、こんな素敵なストール、ちょっとうらやましい。

・・・

織りの糸見本が届きました。
昨日来た友だちと、あれこれ見てみる。

ここの糸、ちょっぴり以上に高いんだけれども・・・
やっぱりいい糸を使った織りは、手触り肌触りが違う。

友だちの手織り風のストール、すごくよかったから、
デザインだけ、ちょっとまねっこで、手織りで織ってみるかな?

それにしても、2000円チョイで買った事実を知っているから、
織るのは、ちょっと「ちから」が入んないような気もするけど。。。

でもでも、思い直す。

同じのを作ると思うと、しんどいけれども、
自分の好きなオリジナルを作ると思えば、
そう、そう思えば、「ちから」がもりもり出てきそう。

よっしゃ、2000円に負けない、オリジナルストールを作ろうっと!

ヘルシー・ヨーグルトカレー

P1050397_1












昨日、お友だちが久しぶりに我が家へと。

そう言えば・・・

最近、お友だちの家にけっこう遊びに行っていたけれども、
我が家には、ずっとお呼びしてなかったっけ・・・
でも、どっちがどっちをお家に呼んだなんて、
全然気にしなくてもいいお友だちだから、気が楽〜♪

最近、我が家に来る人、ぐっと減ってきている。

遊びに行きたい〜って言う人は、それなりにいるんだけれども・・・
じゃあ、遊びに来てね〜って言う人は、そんなにいない・・・

以前はそんなに気にならなかったけれども・・・

歳をとったのかなぁ〜
最近は、お互いお家に呼びっこする人、
そんな人たちとの交流が多いかな〜

そんなこんなで、久しぶりに我が家に遊びに来たお友だち。
ランチは、ヨーグルトカレーにしてみた。

このカレー、好みがいろいろで・・・
で、お友だちはおいしい〜って言ってくれたので、
以前アップしていたレシピを、↓もう一度手を入れて、
再アップしました。

【ヘルシー・ヨーグルトカレー】

できあがり







夏になると、カレーが食べたくなります。
でも、あの市販のカレールーって、かなり高カロリーです。
そこで、オイルをほとんど使わない、ヘルシーカレーです。

【材料】
ブルガリアヨーグルト(プレーンヨーグルト)
チキン手羽肉(皮なし) または、ささみ
タマネギ・にんじん・にんにく・しょうが
コンソメ・カレー粉・スパイス・小麦粉

にんにく炒め










みじんに切った、にんにくと生姜を、ちょっとのオリーブオイルで炒めます。

あれば、厚手のお鍋の方がいいです。

フードプロセッサー










タマネギとにんじんをみじん切りにします。
フードプロセッサーがあれば、簡単ですが、
なければ、包丁で切ってください。ごくごくみじんに。

ヨーグルト&チキン









無糖ヨーグルトは、いろいろ試してみましたが、
ブルガリアヨーグルトが一番、「ぴったり」のような気がします。
もちろん、他のメーカーのヨーグルトでもいいです。
もちろん無糖です。

チキンは、皮と脂を取り除いて、2センチ角ぐらいに切ります。
ささみだと、白い筋を取り除いてから切ります。

にんじんタマネギ炒め








いい香りがしてきた、にんにくと生姜の中に、
みじん切りのタマネギとにんじんを入れ、炒めます。

油が少ないので、炒めるというよりも、蒸し煮する感じです。
ここの作業、やっぱり厚手のお鍋がしやすいです。
もし、厚手のお鍋がなければ、フライパンを使ってもいいです。

ヨーグルト









ヨーグルトを入れ、あれば、ベイリーフの葉も入れます。

ひと煮たちしたら、チキンを入れます。

カレー粉








カレー粉です。
もちろん、ヱスビーのカレー缶で充分です。

私は、海外旅行に行く友達には、お土産をお願いします。
「カレー粉」「スパイス」「固形ブイヨン」をお願いします。
安いし、軽いので、みんなたくさん買ってきてくれます。
ちなみに、右端のカレー粉は、49P(ペンス)と書いてあるから、
イギリスのお土産で、値段は70円(2012年のレートで)ぐらいかな?

海外に行くと、中華街と称されるところ、けっこうあります。
インド系の人が多く住む、インド街のようなところもあります。
そんなところのスパイス屋さん、びっくりするほどスパイスが安いです。

もちろん、普通のスーパーマーケットでも、スパイスコーナーには、
山ほどスパイスがあります。
袋入りで買うと安いです。

ただし、日本から、ジップロックを持って行って、
その中に買ったスパイスを入れて持ち帰った方がいいです。

それでも・・・匂うみたいです・・・
日本帰国後、空港で麻薬犬が、わたしの周りをうろうろしましたもの。
でも、スパイスだから匂いが違ったと思ったのか、
す〜っと離れていきました。
えらいワンちゃんです!

スパイスミックス










ボウルの中に、小麦粉とカレー粉やスパイスを入れて用意します。
サラサラのスープカレーのような状態ががお好みなら、
小麦粉は入れないか控えめに。

スパイスの量は、後から足せます。
不安なら、この時点では、控えめに。

ぐつぐつ







約10分間ぐらいぐつぐつ煮ます。
するとこんな感じになります。
水っぽくサラサラになります。

キューブ








コンソメを入れます。
そんなにたくさん入れなくても大丈夫です。
スーパーで売っている、チキンコンソメでも大丈夫です。
写真のOXO(オクソ)は、イギリスのコンソメ。

どろどろ









先ほどのスパイスミックスに、
ぐつぐつ煮たお鍋の、「上澄み」のお汁の部分を入れて混ぜます。
どろどろになるくらいに。
これを、様子を見ながら鍋の中に入れていきます。
とろみが付いたら、塩胡椒で、味を整えます。

注意! カレーは塩味が足りないと、ボケた味になります。
    味が決まらない時は、たいてい、塩不足です。

カレー粉やスパイスが足りなければ、入れます。
シナモンやオールスパイスなどを入れてもいいです。

ちなみに今回は、ターメリックとカイエンヌペッパーを入れました。

ナン









ごはんや、市販のナン、このヨーグルトカレーによく合います。
ナンは、買ってきてジップロックに入れて冷凍しておくと、
いつでも食べられます。
もちろん、家での手作りナンでもおいしいです。

じゃがいもの季節は、じゃがいもの蒸かしたのを添えてもいいです。
ごはんは、五穀米のようなものでもおいしいです。

・・・

スパイスのヒント

近所のスーパーで手に入るスパイスのみで作る場合
以下のスパイスを入れるといいです。

市販のカレー粉
オールスパイス・ナツメグ・シナモン(シナモンシュガーじゃない)

材料の分量の目安

ブルガリアヨーグルト1箱
手羽肉1枚 または、ささみ4〜5本
玉ねぎ中1個 にんじん中1本

小麦粉大さじ1〜2杯
オールスパイス・ナツメグ・シナモン 各大さじ1〜2杯
カレー粉は、お好みの量

塩加減のコンソメと塩は、お好みの量。

・・・

このカレーは、友達がイラン人の方から、直接習ったカレーです。
イランで、こんなカレーを食べるのかどうかは知らないけど、
中東の味のする食べもの、だと思っています。

油は、最初に使ったオリーブオイルだけなので、
すっごくヘルシーです。

残ったカレーは、ジップロックに入れて冷凍して置きます。

注意!
このカレー、いわゆる「カレー」とは違います。
だから、食べものにすごい保守的な人とか、
子どもとかには、残念ながら、ダメな人もいます。

しかし、なぜか、女性には、大人気カレーです。

暑い夏、我が家では、市販のルーのカレーはほとんど登場しません。
その代わりに、
このカレーと、アルネカレー、NHK今日の料理カレー、
この3つのカレー、交替で登場します。

もひとつ・・・
瓶詰めですが「印度の味」これもお勧めです。
↑古いブログです。ここに掲載した印度の味のリンク、今はありません。
 こちらが、印度の味のHP↓です。

印度の味のHPはこちらから←

台所革命・その1

P1050117_1















梅雨明け、いきなり、すごい暑さ。
だら〜っとなってしまう・・・

でもでも、朝からもりもり食べて、お水もいっぱい飲んで、
今日も、一日、がんばろう!

・・・

先日の連休、九州に行く予定にしていたが・・・
母から電話があった。
「すごい雨だから、来ない方がいいよ。」って。

広島もすごい雨。だから、土曜日、行かないことにした。

ところが、明けて日曜日、朝からいいお天気となった。
急きょ、九州に行くことにした。
二泊三日が、一泊二日になったから、バタバタだったけど・・・

話しはちょっとそれるけれども・・・
連休初日の土曜日、息子が仕事仲間と九州へ行った。
宮崎まで行く予定が、福岡手前の古賀っていうところで足止め。
結局、宮崎には行き着かなくて、小倉に泊ったそうな。
やっぱ、土曜日に行かなくてよかった・・・

ということで、バタバタだったけれども、一泊二日が正解だったかも。

今回の九州行きの大きな目的は、母の台所の最終チェック。
工事を請け負うパナソニックの人と図面チェック。

母は、全然わかんないから〜ぁ、好きなようにやってちょうだ〜い〜♪
なんて、呑気なこと言って、お茶など飲んでいる。

好きなように・・・と言われてもねぇ・・・

そういうわけにはいかないから、
換気扇はどれにするだの、食洗機はどれにするだの、
水栓はどれにするだの、アルカリイオン水の浄水器はどれにするだの、
まあ、そんなことから始まって・・・

キッチンの棚、引き出しのサイズなど、細かなことを決めていく。
忘れちゃいけない、コンセントの数と、コンセントの位置。
これは、あと後、使い勝手に大きな影響があるから、
慎重に検討する。

お茶を飲みつつ、それでも、横からたまに母の声が入る。
「にんにくを、かわいいざるに入れてつり下げたい」
「大きなざるを洗ったのを、つるして干したい」
「鷹の爪を下げておくところを作って」
「じゃがいもと玉ねぎを入れておくところ、これ、必要」
などなど・・・枝葉をいろいろ言って来る・・

まあ、確かに、これが料理をする主婦の真の声なのは確か。

長年の生活習慣は変わらない。
キッチンを新しく変えて、さあ、そのキッチンにあった生活を
しましょ、なんて言っても、結局は、自分の今までのやり方に戻る。
それは、目に見えている。

だから、今の生活の習慣、母の料理の習慣をベースにいろいろ考える。

「梅干しのかめと、糠漬けが入っている野田琺瑯のラウンド、
 これをキッチンに置けるようにしてね」
「それから、ゴミ箱は今までのブラバンシアの、あれが使いたい」

などなど、システムキッチンとは、そぐわないようなこと、
そんなことも、横から声が飛ぶ。

はいはい、使いやすいように、考えますよ〜。
モデルルームのようなキッチンにはならないと思うけれども、
それでも、糠漬けの入れもの、梅干しかめは台所にいるし、
ゴミ箱も、足で踏んでふたが開かる、今のゴミ箱がお気に入りだもんね。

母のキッチン、今、パナソニックのビストロが入っている。
で、使うのは、ご飯温めの「チン」だけ・・・と言う。
スチームオーブンとか付いている、最新式のオーブンなのに、
あまりにももったいない・・・と言ったら・・・

思うところがあったのか、ビストロに付いてきたお料理本を見たそうな。
それでもって、博多のパナソニックにお料理教室があるから、
あれに行ってみようかな〜なんて言っている。
まあ、暑い夏の間はお勧めしないけれども、
秋の気候のいい頃、行ってみたらいいよと言う。

かなりいろいろなことができそうなビストロ。
これを、それなりに使いこなせば、お料理の幅も広がるし、
それでもって、楽にお料理できると思う。

キッチン、それに、お料理方法など・・・

母の歳になって、変わらないところは、変わらなくていいと思う。
今まで通りの料理の仕方でいいと思う。
だから、母のやり方で便利のいいように、キッチンの方は考えている。

そして、
ビストロなどの、便利な調理器具を上手に使って、
今までのお料理の仕方、便利にすること、
つまり、使いこなすことも、歳をとってのひとつの知恵だと思う。

と言うことで、この夏は、母の「台所革命」のため、
九州へは、数回往復する夏になりそう。


クッキー・調味料・キッチンリノベート

P1050379















バターと卵を使わないクッキー。

材料は、粉・オイル・メープルシロップ、この三つのみ。
ボウルに適当な量を混ぜてひとまとめにして、
それを綿棒で伸ばして、切れ目を入れて、
後は、オーブンで焼くだけ。

簡単なのに、美味しい〜♪ 適当なのに、なかなかの出来〜♪

最近、どうもショートニングの入ったものが苦手。
食べた瞬間、口の中が、モソモソしてくる。
微妙な感じなんだけど、口の中がかゆくなる、とでも言えばいいのか。

オットも同じく、口の中が変だ、と言う。

で、市販のクッキーやクラッカーを買う時、
箱の裏の原材料をチェックするようになった。

すると・・・

あらあら、たいていのクッキーやクラッカーには、
ショートニングが使われている。

自然食品を中心に扱っているようなお店でも、
このショートニング入りのもの、けっこうある。
だから、油断せずに、チェックする。

もちろん、絶対食べられないってこともない。
数枚なら、なんとか食べられる。
ただ、あまり多くはダメ。

こうなったら、いろいろガチャガチャ考えるのもめんどくさいから、
手作りするしかない。

油は、今、普段使いにこれを使っている。
九鬼の太白純正胡麻油

ごま油なんだけれども、ごま油特有の味や香りのしない油。
まあ、普通のサラダオイル感覚で使える油。
今回のクッキーも、これで作った。

1600gの缶で買ったら、お買い得ってことがわかったので、
今は、堂々の大人買いで、缶を買っている。

ちなみに値段は、一缶2000円ちょっとぐらいかな〜
まあ、歳もとったし、このくらい贅沢してもいいかな〜って思う。

なお、蛇足ながら、香りを楽しみたい時は、
九鬼のヤマシチ純正胡麻油を使う。
こちらの方は、そこまで使わないので、瓶を買う。

このクッキー、もちろん、普通のサラダオイルでもできる。
あまりにも簡単にできたから、いろいろアレンジして作ってみるかな。

・・・

最近、油だけじゃなくて、そのほかの調味料について、
納得できるものを使うようにしている。

無添加のもの。
丁寧に作られているもの。
それから、
納得できる値段の範囲のもの。

酢は、千鳥酢。
これは、一升瓶買いをすると、1瓶1000円ぐらいだから、
そんなに負担にはならない金額。

お醤油は、これといったものがまだ見つからないので、
あれやこれや、ちょっと気になるものを買っている。
ただし、お醤油の無添加ものは、冷蔵庫保存じゃないとカビが来る。
だから、一升瓶買いは、ちょっとしんどいから、小さめの瓶で買う。

ちなみに、普段使いの醤油は、醤油注しに移し替え、
約10〜20%の水(水道水)を増して、
「なんちゃって自家製減塩しょうゆ」にしている。
ただし、これ、絶対に冷蔵保存しないと、カビカビになる^^;

塩は、300〜400円程度の塩とゲランの塩。

お砂糖は、白砂糖は買わない。
普段使いは、きび砂糖。または、素焚糖(すだきとう)を買う。

それから、製菓用のグラニュー糖を買っている。
こちらは、めったと作らない、ふわふわ系のお菓子を作るとき、
ゼリーを固めるときに使う。
お料理では、きび砂糖の茶色が困る時に、使う。
例えば、ピクルスとかちらし寿司など。

ドレッシングの甘みには、メープルシロップを使ったりする。
これ、酢の酸っぱさが和らぐから不思議。

味噌は、九州人だから、九州に行ったときに買う。
今のところ、フンドーキンの無添加味噌がお好み。
四国のお味噌も好きで、ときどき買う。
同じのばかりだと、飽くので、ちょこちょこいろいろ買って、
野田琺瑯の味噌入れの中に入れて、適当に混ぜながら使っている。

最近、市販のドレッシングとか、たれとか、ほとんど買わない。
ある日、気がついた!
こういうのは、実は、けっこうお高い!
自分で作れば、安くできる。

そんなこんなで、数少ない調味料の種類で、いろいろ手作り。
手作りと言っても、あまり真剣に悩まない。
混ぜて、混ぜて、なめて、なめて、それで味を決めるだけ。

今、ドレッシングを作る容器を探している。
今のところは、片口などで作って、スプーンでかき混ぜているけれども、
余った時の保存が困る。

ラップで覆って冷蔵庫保存をするんだけれども・・・
冷蔵庫の中でひっくり返ったりすると、悲惨。。。

それに、朝の忙しい時には、できあがったドレッシングが、
冷蔵庫にあれば、うれしい、と思うから。

小さなサイズで、液ダレせずに、冷蔵庫保存が簡単な容器で、
できれば、ガラスの方がよくて、
それでもって、洗う時には、全部はずして、簡単に洗えるもの。
もひとつ! 割れにくいのがいいな〜、ガラス、割っちゃうもん。
どこかに、そんな夢のドレッシング容器ないかな〜?

HARIO(ハリオ)のがいいっていう人もいるし、
IWAKI(イワキ)がいいっていう人もいるし、
誰か使ったことある人、いないかな〜?

・・・

今、我が家のキッチンを見なおしています。
なぜって!?

母がキッチンをリフォームすると言っているのです。
(ちなみに、英語ではリフォームは通じなかった。。。
 なんでも、リノベートが正しい英語らしいです。。。)

それで、最近、パナソニックのショールームに連続で行っています。
我が家もパナソニックですが・・・
だいぶ進化しているようです。
この世界の数年、すごい進化です。

母の家のキッチンリフォーム、いや、キッチンリノベートは、
おいおい写真を撮ってアップしてみたいと思っています。
ビフォーアフターとして。

それでもって、母のキッチンを考えるにあたって、
我が家のキッチンもいろいろ考えているのです。

それでもって、今一番は、調味料入れの問題です。
全部、てんでばらばら・・・
これを、例えば、イワキのとか、ハリオとかに揃えたら、
きれいだろうな〜、って思うのです^^

きれいなキッチンって、やる気が起こりますものね!

なお、母がオン歳79歳で、キッチンリノベートするのも、
人生の終盤に楽しくお料理がしたい、という理由だからです。

80歳前に、最後のひと踏ん張りの台所仕事のために、
キッチンをリノベートしようって言う母、
なんだか、こちらが元気をもらっている気分です。


記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ