*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2012年08月

持ち運び法

P1050573_1















我ながら、なかなかいい考えだと、思うっ!

昨日、ちょっと出かけるところがあって、
手土産に何かちょこっと、できれば、手作りのもの、食べもの、
何かないかな〜ぁと冷蔵庫をのぞく。

何もない・・・

牛乳があるから、プリンを作るかとも思ったけれども、
卵、そう言えば、お盆前に買ったよね・・・と躊躇する。

で、じゃがいもスープを作ることにした。
いつもよりも、丁寧に玉ねぎをバターで炒めて、
ちょこっとあったかぼちゃも入れてのじゃがいもスープ。

今の季節、冷たい方がおいしいと思うから、
牛乳に豆乳も入れて、さっぱり味のスープにした。
隠し味に、塩こうじ。
豆乳と塩こうじで、和風なコクがでる。

それを冷蔵庫に入れて、ガンガンに冷やした。

さてさて、持って行くときに、ハタと困った・・・
何に入れて行く!?
ジップロックの容器に入れるかな〜〜〜
でも、漏れたらイヤだよね。

そこで思いついたのが、ペットボトル。

これなら、きっちりとふたも締まるし、冷蔵庫で保存もしやすいし、
これって、これって、ちょっといい考えじゃないっ!

それに、500ccっていう量もちょうどいい。
持って行く家族は3人家族。
大人ふたりに、子供ひとり。
大人200cc、子供100ccで、ちょうどの500cc。

完璧!

って、ひとりで、なんだか嬉しくなった。

ペットボトルには、無地のマスキングテープを貼って、
そこに日付と内容を書きいれる。

これを、ジップロックの袋に入れて、
買いもので付いてくる保冷剤を、うんとこさ入れて、これで安心。

今の季節のスープ、
汗がだらだら出るくらい熱いか、ぎゅっと冷たいのがおいしい。
中途半端はだめ。

そんなこんなで、じゃがいもスープを持って行った。

なんでも、そこの家、久しぶりにゆっくり家族そろって晩ごはん、
だから、今日はゆっくりごはん。
冷たいスープが来て、うれしいとのこと。よかった。

夜、お隣さんから、冬瓜のポタージュをいただいた。
冬瓜のポタージュ!?
え〜っ、考えもしなかったポタージュ。

それを冷蔵庫でがっちりと冷やした。
朝から、冬瓜のポタージュをいただいた。
さっぱりとおいしい。

昨日から今日、いろいろなポタージュ、
あっちに行ったり、こっちに来たり、
なんとうれしいことだろう〜♪

さてさて、今日もまだまだ暑そう。
今日は、冷凍しておいたハト麦を煮たのを解凍して、
熱々のスープを作るかな?

それとも、ハト麦の食感を生かして、
いろいろな夏野菜と共に、ゼリーに固めて、和風ゼリーにするかな。

まだまだ暑い夏。残暑続きそう・・・
最後のがんばり、熱いもの、冷たいもの取り交ぜ、
もう少々のこの暑さを、楽しもう^^



おとなの海

P1020742_1















床掃除以外、何も特別なことをしなかった夏のお休み・・・

昨日の日曜日、オット、どこかへ行こうと言う。
ちょっと考えて、光市の室積海岸へと出かけた。

↑写真は、去年の夏の早朝。同じ場所。

お盆過ぎの19日、泳げるかな〜と思ったら・・・

昼頃着いたのに駐車場は楽々停められたし、(おまけに駐車料タダ)
海岸に、人は、まばらなぐらいしかいないし、
水は思ったよりもずっときれいだし、それに温かいし、
クラゲは全然いないし、
海岸を吹く風は涼しく心地いいし・・・

なんだか、すごくいいじゃん! ハワイみたいじゃん!

すごく「もうけもん!」をした気分。

海は怖いから、オットには、胸の高さ以上には深いところに行かないで、
と、家を出かける時から、キツイ約束をしてもらって・・・
わたしは、おへその高さ程度のところで泳ぐ。

後は、波打ち際に座る。
打ち寄せる波が身体に当たり、しぶきが舞い散る。

ぼ〜っと遠くの海を眺める。
遠くには、九州、国東半島がぼんやりと見える。

途中、持って行った、コーヒーと小さなスナック菓子を食べて、
また、ちょっとだけ海に浸かる。

のんびりしていいな〜〜〜

松林では、バーベキューをしている人たちもいる。
その人たちを横目に、我々は、ほんの少しの海を楽しむ。

100円の簡易シャワーを浴びて、気がえ、帰る。

管理人のおじさんの話では、
例年、この時期、クラゲが出るらしいが、今年はまだ出てないらしい。
海の簡易シャワーとかの施設も、昨日で終了。
来週来ても、もう、何もないという情報を得る。

ここの海岸、熊毛インターから15分程度の場所。
広島の我が家からだと、1時間ちょっとの距離。
また来てもいいね、と、オットと話す。

次に来る時は、パラソルと椅子を持って行きたい。
風に吹かれて、ボーっと海を眺めるか、本を読むかしたらいい感じ。

バーベキューまではしなくてもいいけれども、お弁当は持って行きたい。
オットは、カセットコンロとフライパンを持って行って、
ソーセージを焼いてホットドッグ、またはハンバーガを作りたいって。

海とホットドッグかぁ〜(笑)

若いころ、ハワイで過ごしたオットの海のイメージは、
どうもこうも、コカコーラとホットドッグとかハンバーガーらしい・・・

わたしは、麦茶と海苔むすびなんだけどなぁ〜(苦笑)

そう言えば・・・
家を出る前に、パンがあるからサンドイッチを作ろうかって言っていた。
わたしは、海とサンドイッチは、合いそうにないから、
え〜っ、って言ったんだけど・・・

HAWAII-1 297















そういえば・・・

ハワイの海岸あちこちで、お弁当を持ったファミリーを見かけた。
大きなタッパーに、サンドイッチを詰めたお弁当、
それに、コカコーラ−やリプトンアイスティーのペットボトル。

↑ここでは、バーベキューをしていた人を見かけた。

次は、我が家も、ホットドッグかハンバーガーを、
海岸で作ってみるかな〜!?

ワイワイがやがやの海もいいけれども、
のんびりホットドッグをかじる、そんな海もいいかも・・・

泳ぐ海もいいけれども、
海辺でぼ〜っとすごす、そんな海もいいかも・・・

夏の終わり、そんな「おとなの海」を発見した。


雑誌整理とイタリアン

P1050532_1















☆この本じゃなくて・・・
 このテーブル、これ、お掃除前のテーブル。
 黒光りしている〜〜〜苦笑

この本、簡単な!?身の丈サイズのDIYが載っている。

本をペラペラめくって、
ちょこっと大工仕事できる人にとっては、
簡単なんだろう〜って、思うけれども・・・
私にとっては、ハードル高い・・・だから、見るだけ^^;

中古の狭いアパートを買って、いろいろな工夫をしている内容。
その姿勢といい、やり方といい、なかなか共感を呼ぶ本。
図書館で借りた。

この本の作者のもう一冊、イェンセンの畑、こちらもおもしろい。
これも図書館で借りた。

最近、図書館で借りられる本は借りることにしている。
その後、欲しい本は購入する。

ただし、新作のベストセラーとかは、買った方がいいと思う。
順番が回ってくる頃には、新作・・・ではなくなるから。
本にも、その時読みたい「旬」ってあると思うので。

さてさて、ただ今、雑誌の整理中。

売れそうな本は、ちょっと前、ブックオフに持って行って・・・
その結果は、500円弱。
もう、時間の無駄だと思い、2度と持って行かないことにした。

で、雑誌。
こちらは、もっと値段がつかないだろうから、
要らないものは、処分することにした。
これ、今回のお盆の最後の仕事、になるはずだった。

だが・・・なかなか進まず、お盆以降も持ち越し。

暮らしのヒントとか、織りのヒントとか、バッグ作りのヒントとか、
ようするに、
何か役に立ちそうなことが載っているページもある。
だから、そこは、切り取りファイルする。

で、そのファイルをチェックしてみたら・・・

8割がたは、今、必要としていない情報。
だから、こちらを捨てて、新しいページを追加して・・・
あ〜あ〜、時間がかかることこの上ない。

雑誌類、読んだら、すぐにいるところだけ切り取って、
処分するのがいいだろうな〜、って思いつつ、
いつも、それ、できてない。。。

そして、これからも、それ、できないだろう。。。

・・・

昨日、お盆、がんばってお仕事いっぱいしてくれたから、
そのご褒美に・・・
オットが行きたいっていう、イタリアンレストランに行った。

お店、以前は和食のお店。
ここのお店、好きだった。
そこが、イタリアンレストランになった。

お店に入ると、一番奥の席に案内された。
暑い・・・ クーラーの冷気が届きにくい・・・

ビールの冷たいのがおいしい。
ありがたいことに、大好きな、ハートランドの生ビール。
ちょっと一息つくが、やっぱり暑い。

お店、他の席もいっぱい空いていたのに、
なぜ、奥の席に案内したのかな?

☆6テーブルぐらいある中、帰るまで奥のテーブル2つにお客さん。
 内一組は、我々。
 通りに面した、眺めのいい席に、空席なのに、
 なぜ、案内しないんだろう・・・
 奥だから、横を見たら、キッチンの中が見える。
 冷蔵庫から、ごそごそ何か出すの、全部丸見え・・・

そんなで、ちょっとテンションが下がる。

それでも、ビールを飲んで一息つく。
で、ワインリストを見て、びっくり。
ワインの値段、このお店の雰囲気とは裏腹に、高い〜。

って、我が家の高い〜は、5000円ぐらい。
最低、そこいらからのスタートのボトルワインの値段。
まあ、オットの慰労のための食事だから、我慢して一本選ぶ。

最初の一皿は、豚のにこごりのような前菜。
さっぱりとして上品な味。
付け合わせは、グリルした野菜。
野菜も冷たくしていて、グー。
ソースは、トマトとスイカの意外な組み合わせ。

オットとふたりで、一皿を分ける。
取り分ける皿、これが、小さい・・・
小皿・・・だと、ナイフとフォーク、使いづらいんだよね。
味はいいのに、センスはいいのに、お皿で、テンション下がる。
 ☆次から、マイ皿持って行くか、と思った。。。

次は、ヤリイカのグリル。
下にイカのゲソを使ったトマトソースを引き、
その上にグリルしたイカを乗っけている。

イタリアンレストランにしては、さっぱりとした味。
油と脂で勝負していない、正直な味。
我々の年代には、ありがたい味付け。
ただ、若い人には、ちょっと物足りなさがあるかも・・・

メインは、コンフィにする。
鴨のコンフィ。これはなかなかおいしかった。

付け合わせは、野菜のグリル。
こちらは、熱々の焼いたばかりの野菜。
でも、前菜の野菜と同じ野菜。
ここら、前菜と付け合わせが同じじゃないようにしてくれたら、
うんと高いポイントを付けるんだけどな。。。

最後に、じゃがいものニョッキを選ぶ。
一皿を最初から、ふたつに分けて運んで来たから。。。
気が利く!と思って、ありがとうとお礼を言ったら・・・
なんとも、そっけない、感じのお返事。

ニョッキは、美味しかった。
たぶん、ニョッキとしては、今まで食べた中での最高点だと思う。

お腹いっぱいになったので、ここで食事は終わり。
お勘定をテーブルで済ませる。

その後、オット、わたしと、代わり交替でお手洗いに行く。
テーブルを立ち、出口に行こうとすると・・・

フロアの人が、「テーブルでお待ちください」と言う。
何???
思わず、デザートのサービスでもあるのかと思ったら・・・

いやいや、まだ、お勘定を済ませてないと思ったみたい。

我々を含めて、この日、4組の客。
フロアはふたりの女性。
なんだか連携が悪い・・・と思う。

ここのお店、お料理は、美味しいと思う。
油と脂に頼らず、いい材料で丁寧に作られていると思う。

だから、また行きたいか・・・と言われれば・・・

あのお店の雰囲気が、どうもなじめない。
フロアの人のそっけなさが、なんだか悲しい。
わたし悪いことした!?って、そんな気分にさせる。

いわゆる「上から目線」を感じる。

我が家が行くイタリアンレストラン、
ここは、よく行くからかもしれないけれども・・・
フレンドリーで、大衆的な雰囲気が好き。

食事を楽しむ! って感じがいい。

食事は、美味しいのも大切だけれども、楽しさもいる。
そんなこんなを、ちょっと思った。

☆予約が取りにくいって話しだったけれども・・・
 お客さん、少なかったのは、木曜日のため!?
 食事内容は、合格点以上なのに、「おしい」です。。。




求む・出かけたい場所

P1050550_1















朝ごはん、BLT

最初、BLTって見たとき、これ何!?って思った。
なんちゅうことない・・・
ベーコン・レタス・トマトだってさ。。。

つまり、ベーコンとレタスとトマトをはさんだサンドのこと。
アメリカ人が大好きなこの組み合わせ、
確かに、サンドイッチにしたらおいしいよね。

我が家の朝ごはん、自家製の小さめのバンズ。
たぶん、某マクド○○ドのサイズの半分以下のバンズサイズ。

 いちおうダイエットのつもり・・・
 でも、夜のビールでごはさん(御破算)となる^^;

ベーコンは、ほどほどの量。
これは、大好きな鹿野ファームのベーコン。
切り落としの、一袋300円のベーコン。

レタス、トマト、それに大量にあるきゅうりの塩もみ。
ダイコンやキャベツの千切り酢漬けも挟む。

パンに対して、野菜が多すぎるから、食べるの大変。
でも、こんな、野菜いっぱいのが好き。

我が家のお盆、今日で終わり。
お掃除とごはん作りの毎日だった。

うんとがんばって、それに、節約もしたから、
秋には、どこかに遊びに行きたいな〜って思う。

・・・・・・・・・・

オットとふたり、お休みに、ちょこっと出かける「ところ」がない。
デパート、ショッピングモール、商店街!?

オットとふたりで行く場所がない。

今日の日経新聞によると・・・
大阪の某百貨店、その売り上げの45%が60歳以上のシニア。

今、この百貨店のみならず、消費をけん引するのはシニア層らしい。

これから、どんどん増えるシニア層。
それに、今のところ、一番お金を持っていて、使える層がシニア。

なのに、なのに、なのに・・・

広島で、シニア層が行ける場所って、ある!?
あるなら、教えて欲しい。

広島で唯一の地下街シャレオ、
あそこ、若者の街にするんだって・・・いったい誰の考えなのぉ!?

若者って、お金ないし、あっても使わないし、
それに、彼ら、買いたいものはとことん値段を調べて、
ネットで買うんだよ〜。

それよりか、シャレオをシニアの街にしよう!

これ、わたしが、以前からずっと言っているんだけれども、
いぜん、シャレオは、若者の街・・・

シニアだからって、じじばばくさい感じにはならない。

前述の大阪の某百貨店の話によると・・・
30代がターゲットの洋服の店、客の多くは60歳以上。
つまり、今のシニアは、30代向けのファッションをするのだ。

例えば、BEAMSのようなお店、
なんていうのかな〜、セレクトショップとか言うのかな・・・

あんなお店の、ちょっと年齢層の高い人向けのお店、なんかいいな〜。
ジャーナルとか、パルコにあるようなファッション性の高い店、
だけど、ターゲットは、シニア層。

ファッションも、服だけじゃなくて、
靴とか帽子のお店も欲しい。
スポーツ用品のお店もいいな〜。

生活雑貨のお店なんかも欲しい。
昔あったような、ボダム、とか、ウイリアムス・ソノマとか、
あんなお店も欲しい。

カフェも、ちゃらちゃらしたものなんかじゃなくて、
大人のカフェ、そんなのがいいな。

そうそう、本屋さんなんかもいいね〜。

そんなお店がそろう街にシャレオがなったら、
シニア層の人は、出かけて行くと思う。

出かけたついでに、そごうにも行くだろうし、
東急ハンズでお父さんは買いものしたいだろうし、
本通りの昔ながらのお店にもよるだろうし、
その流れで、福屋、三越辺りにも行くと思う。

若者向け、若者向け、若者!?
少し、発想の転換をして欲しいと思う。

・・・

旧市民球場後地、もう、まっさら状態。
サッカー場なんて案もあるみたいだけど、広さ的にどうかな。。。

ここも、全国のシニアが集まるような、そんな場所にしたらいいのに。
広島のあそこに行ってみたい、って言うような場所に。

わざわざ、新幹線に乗って、飛行機に乗って、
それでもって、1泊か2泊してでも、行きたい場所にすればいいのに。

何か、そんなのができないかな〜?

誰か、いいアイディア、ない!?







お盆の仕事・その2

P1050569















どこにも行かないお盆。

床のワックスがけ、がんばった。
床がきれいになると・・・
目立つのが、テーブル。

こちら、18年ぐらい前に、オーダーで作ったテーブル。
あの頃、まだまだ、オーダーでテーブルを作るお店、少なくて・・・
それに、値段も高くて・・・

お金をコツコツためて、やっと作った念願のテーブル。
我が家に来たときは、本当にうれしかった。

・・・のに、・・・のに、、、

月日が経つと、そんなうれしかった気持ちもどこかへ・・・
そして、当然そこにあるように使っていたテーブル。

よく見ると、汚れが溜まっていて、黒光り!?

う〜んと薄めた洗剤液で洗った雑巾で、拭いてみる。
ごしごしこすると・・・雑巾が真っ黒クロスケ・・・・・!
半端じゃないほど黒い、真っ黒クロスケ!

薄めた洗剤液、少し濃いめにする。
そして、最後には、
やや薄めた程度の洗剤液を付けて、
たわしでゴシゴシとこすった。

すると、すると、テーブル本来の木の色が見えてきた。
薄い生成り色の木。
もうびっくり、いや、それ以上のびっくり。

こんなに汚れが溜まるほど使ったんだね。

汚れが取れて、やれやれと思ったら、
オットが、「サンダーをかけてもう少しきれいにしよう」って言う。

お昼前、廿日市の会社まで車を走らせ、サンダーを取りに行く。
お昼は、冷蔵庫にあるものでさっさと食べて・・・
そして、すぐにサンダーがけ。

あらあら、もう、真っ白のツルツルの美人テーブルになって!

きれいな雑巾で拭いて、最後は、蜜ろうを塗って終わり。

このテーブル、きれいになったので、
織りの時、糸の準備をするときのテーブルに使うことにした。
今までは、小さくて、ちょっとやりずらかった。

この糸の準備、ここでいい加減なことをすると、あと後響く。
だから、きちんとした大きなテーブルで準備をしたかった。
これからは、ちゃんとできる。うれしい〜。

お盆、あれやらこれやらと、今回はいっぱい働いた。
さてさて、またもや、普通の日々が始まる。
まだまだ暑いけれども、がんばらなくっちゃねっ!
記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ