*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2013年05月

キッチン拝見

P1070894_1




















「おいしいテーブル」に参加してくださっている、ツユマメさん。
彼女のお家をリノベートしたということで、
行ってみたいなぁ〜〜〜って思っていたところ・・・
ご招待がありましたので、いそいそと出かけてきました。

以前、応接間だったという所をリノベーションされ、
素敵なキッチン、そして、リビングとなっていました。

デザインなどなど、ご自分でされたようです。
何せ、家業はプロですから! 詳しくはこちらから ←クリック

木の扉が素敵です。
工業製品にはない、温かさがあります。

さてさて、いっしょに行ったのは、「おいしいテーブル」のメンバー。
今回は、ポットラックパーティーです。

P1070917_1




















それぞれにいろいろ作ってきて、いただきました。
正直なところ、そこいらのランチよりも、うんとうんとレベルは上です。

ちょっと無理をして、お腹いっぱい食べましたっ。
デザートまでいただいて、あ〜美味しかった!

腐っても鯛!?

P1070750_1




















腐っても鯛って言うけれども・・・
腐った鯛を食べたことがないので、どうなのかわからない。

まあ、厳密には、腐った鯛は食べられないだろうから、
腐りかけてた鯛、つまり、古い鯛ってとこかな。

魚なら、
古い鯛よりも、新鮮な鯖かイワシの方が、わたしはいいなぁ〜。

・・・

昨日のブログでも書いた、中途半端にくたびれたTシャツ。
実のところ、中途半端にくたびれているパンツ類もいっぱいある。

ぼろいんだけれども、愛着もたっぷりのパンツたち。
一番古いのは、たぶん20年以上着ている。

「腐っても鯛」ではないが・・・

それなりのブランドのものは、布がいいのか、カッティングがいいのか、
腐っても、いえいえ、古くなっても、味がある。

だからって、永遠に着られるわけでもない。
大好きな、あずき色の麻パンツは、着て洗って乾かして、
もう、色がハゲハゲ・・・お尻と膝のところは、白っぽい。

くすんだグリーンのパンツは、おしりのところが薄くなってしまって、
いつ破れてもおかしくない状態・・・

他にも2本、これらもくたびれはてた・・・から、処分。
去年の秋、夏ものをしまう時には、そこまでボロとは思わなかったけど、
初夏の日差しの下では、あまりにもみすぼらしい。

ということで、4本を処分することにした。

パンツを見ていて思ったのだが、
残るのは、いつもお気に入りのブランドのもの。
または、自分で作った、それも、ちょっとお高い布で縫ったもの。

お手軽値段のもの、お手軽値段の布で縫ったものは、残らない・・・
パンツだけは、やっぱりちょっといいものを買わなくちゃいけない。

魚は、腐っても鯛、ってわけにはいかないけれども・・・
パンツは、着古してぼろでも、いいブランドのもの、かもしれない・・・

・・・

この金曜日、5月17日に、「ミシュランガイド 広島編」
発売になるらしい・・・

昨日の広島の情報番組では、星を獲得したお店を紹介していた。
へぇ〜〜〜、出版以前でも、紹介していいんだぁ・・・

最高の星3つを獲得したお店は、広島では一店舗のみ。
どうも、和食のお店みたい。

で、下馬評の高かった、あの有名な日本食のお店や、
フレンチの有名なお店は、どうやら、星がひとつだったみたい。
がっかりだろうな・・・

まあ、誰が、どうやって決めるかわかんないけれども・・・
どこも、今からちょっとの間は、予約なんて取れないんだろうね。
でも、ちょっと行ってみたい気もするね。

ほとぼりが醒めるまでは・・・ お家ごはんで楽しむ予定。

我が家の場合、
タイヤは、ミシュラン!
ごはんは、ウチゴハン!

☆韻のふみ方、へたくそねぇ・・・苦笑
 

中途半端なくたびれ

P1070870_1















ちょっと前、ドライブがてらに行ったお店で、買ったランチョンマット。
前から、あちこちで見かけてはいたものの、ちょっとお高いお値段。
↑これは、まあまあなお手軽価格だった。

値段の違いは、素材の違いのようだが・・・
まあ、我が家、このお安いので十分と、これを2枚買った。

↑これは、晩ごはん、日本酒を飲む時のセット。

お箸は無印良品、
箸置きは福岡で買った岡山の作家モノ、
猪口は人吉の民芸のお店で買ったどこかの(忘れた)民芸モノ、
お皿は熊本の器屋さんで買った宮崎の作家モノ、
ビールグラスはプレミアムモルツの景品。

どれもこれも、たいした値段のものはひとつもない。
でも、
どれもこれも、わたしのお気に入り。

籐のランチョンマットひとつで、ちょっと夏気分になった。

P1070887_1




















これは、今朝の食卓。
お弁当の残りを適当に乗っけての、朝プレート。
自家製のパンといっしょにいただきます〜

・・・

昨日、夏ものを出した。
冬ものはだいぶ前にしまったが、それでも、薄めのものは残っていた。
今回は、薄めの冬ものも全部しまい、夏バージョンにした。

さてさて、
数年前から、基本、Tシャツを買わない・・・ことにしている。
そう思って、かれこれ7,8年になると思う。

Tシャツって、安いものだと、1000円ぐらいで買えちゃうから、
ついつい買っちゃう・・・
実は、去年も、お手軽値段のTシャツを買っちゃった・・・

まあ、買わないって決めても、買っちゃうんですが・・・
それでも、毎年、基本買わないルールを守ってきたから、
だんだんと着るTシャツが減ってきている。

それでも、着るTシャツは、山ほどあって、
  そう、山ほどあるんだけれども、
    どれもこれも「くたびれている・・・」のであります。。。

これが、完全に「くたびれはてた」ものなら、潔く捨てるのですが、
これが困ったことに、中途半端に「くたびれている・・・」のです。

☆☆☆ まるで、自分みたいだわぁ〜〜〜とも思えるところがおかしい。

中途半端なくたびれ! だから、まだ着られるんだけれども、
「よそいき」には、ちょっと厳しい感じ。

まあ、そんなに「よそいき」はいらないから、
普段に着ることができれば、それでいいんですけど・・・

でも、問題は、着る人間が中途半端にくたびれているから、
この中途半端にくたびれたTシャツを着ると、
相乗効果!?なのでしょうか・・・半端以上にくたびれて見えるんです。

で、潔く全部処分すればいいんでしょうけど・・・
そこいらの踏ん切りが付かない。

だから、今年も、この中途半端に「くたびれた」Tシャツを着る。

それでもって、秋になり、中途半端に「くたびれた」Tシャツ、
完全に「くたびれはてた」なら、処分するんですけど・・・
まだまだ、わたしのTシャツ、がんばりそうなんですよね・・・

ざば〜っと全部捨てて、新しいのを5枚買ったら、
気分がスッキリしそうなんだけれども・・・

キャラ弁!

130513_120723

← 我が家風キャラ弁!






頼みもしないのに・・・
オットが撮って、メールして来た。

我ながら、怒りをよく表していると、思う。

鬼の顔

P1070824_1




















腹の立った日曜日、だけど、それを引きずりたくない。
だから、朝は、あくまでも平常心をよそおうが・・・

でも、まだ、わたしとしてはすっきりしない・・・
だから、オットのお弁当、ちょっと違う仕掛けをした。

卵焼きで眉を怒っているように、逆ハの字に置き、眉。
その下にちくわの斜め切りを、やはり逆ハの字に置き、目。

鼻は、里芋の煮っ転がしを入れて、
箸の太い方で、ぶすっぶすっと刺し、でっかめの鼻の穴。

口は、たけのこの穂先のギザギザを置き、鬼の歯もたけのこで。

梅干しの入れるところがなかったから、
おでこの部分のごはんの下に埋め込んだ。

後残りの、塩鮭とか、黒豆の煮たのは、他の小さな入れものに入れた。

オットが洗面をしている間に、ぱっぱと作ったから、
写真を撮るひまはなし。

お弁当、お昼に開けたとき、
鬼のように怒った、わたしの顔が出てくるっ!

☆あ〜、写真撮っておけばよかった。。。


記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ