*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2013年10月

パン遊倶楽部・7

P1090189_1















パン遊倶楽部も早いもので、今回で7回目。
「ベニ−」というパン。
アマニという実とクランベリーが入ったパンです。

これは、ハード系のパンだけれども、食べやすいハード系です。
ライ麦粉が少し入っているので、モチっとしています。

クランベリーをチーズやくるみに変えてもいいかもしれない・・・
いろいろ応用が利きそうなパンです。

P1090177_1




















これ、シュークリ―ムではありません。
「ポン・デ・ケージョ」という、ポルトガル(スペインかも!?)の
パンです。

P1090196_1




















中にエダムチーズの粉が入っているので、ワインに合う。
夜は、赤ワインといっしょにいただきました^^

これは、手みやげとかにもいいかな?

こんな、普段作れない!と思っているパンが家で焼けると、
すっごく嬉しいです。

P1090173_1




















湯気の向こうに見えるのは「包」です。
肉まんの皮だけ・・・ってものです。

P1090185_1




















食べる時は、甜麺醤をぬって、
はちみつチキン・きゅうり・白髪ねぎをはさみます。

これは、冷えたビール、もしくは、紹興酒かな・・・
中に、豚の角煮をはさんでもおいしそうだし、
回鍋肉なんてのもいいかも。

P1090187_1




















寒くなるので、しゅうまいを蒸してみました。
これは、市販の皮を使わないしゅうまいです。

P1090198_1




















やっぱり蒸しものは、セイロがいいですね!
我が家の蒸し器は、クルーゼのですが・・・
小さなセイロが欲しくなりました。

しゅうまいを作る時は、豚ミンチ1キロが一単位で作ります。
80個できました!
冷凍にして置くと、便利です^^

P1090201_1




















昨日は、最後にお煮しめもいっぱい作りました。
パン遊倶楽部のメンバーは、みんな夫婦二人家族だから、
鍋いっぱい作ったお煮しめ、分けあうとちょうどいいです。

お持ち帰りのしゅうまいにお煮しめ、
これで、晩ごはんの用意をしなくても大丈夫。
主婦は、こんなところがうれしいかな〜って思います。

・・・

毎回、どんなパンが焼けるか楽しみです。
今回も、普段は作らないパンや蒸し物をしました。

次回は、どんなパンかなぁ!?

・・・

パソコン、買い換えました。
今回は、Mac Airにしました。

11月1日からそちらに全面移行します。
ので、ので、ので・・・

しばらくは、ブログもどうなることやら・・・
メールもどうなることやら・・・

しばらくは、頭の痛い日々が続きそうです。



わかんない

P1090159_1




















今、テレビでは、有名ホテルの食材について騒がしい。
その真相については、よくわからないが・・・

バナメイエビと芝エビと、見たら、食べたら、わかるでしょ。
でも、すり身にしたら、わかんないなぁ・・・

レッドキャビアは、食べたことないから、わかんないなぁ・・・

ネギとか豚とかの産地、食べただけじゃ、わかんないなぁ・・・

冷凍の魚と鮮魚、これ、上手に料理していたら、わかんないなぁ・・・

脂肪注入のステーキ、たぶん、わかんないなぁ・・・

ということで、わたしだったら、ほとんどわかんない(笑)

・・・

最近、テレビで観て思うんだけど、
けっこういいじゃん!っていう、ランチや食べ放題ってのがある。
つまり、値段の割にお得?って思うようなものが。

まあ、見ただけじゃ、なんとも言えない。
やっぱり食べてみなくちゃ、わかんないんだろうけど。

ときどき、こう言う人がいる。

材料買って家で作るより、
出来あいを買った方が、または、食べに行った方が安いって。

確かにそう思う値段のものがある。
でも、よお〜く考えてみたら、そんなことありえん!よね。

材料を買って家で作るよりも安いってことは、
相当の企業努力があるか・・・
はたまた、何か、そこに特別のしかけがあるか・・・

わたしは、そこに特別の何かがあると、思う。
根拠はないけれども・・・

どんな材料を使っているか、それは、「加工」したらわからない。

醤油をなめたら、どんな醤油がわかる。
が、
作ったものの中に入っている醤油は、どんな醤油かわからない。

後は、お店を、企業を信じるしかない。

そして、家で作るよりも安いと感じるものがあれば、
そこには何かある・・・と思ってもいいかもしれない、
と、わたしは思う。

500円ランチ、250円弁当などなど・・・
いろいろ話題にもなるけれども、
うん、中身はいったいどうなんだろう・・・

・・・

とあるスーパーで、3年ほど前、250円弁当を買った。
友だちが、ランチによく買うっていうから。

買って食べて、友だちに電話した。

そのスーパーのお弁当のおかずは、
言葉が適切かどうかわからないけれども、
残り物の寄せ集めのような弁当だった。

お勤めで、朝からいろいろ忙しいと思うけれども・・・

おかず1品でいいから、お弁当作った方がいいよって。
ごはんと豚の生姜炒めだけのお弁当でも、自分で作った方がいいよって。
おむすびだけだって、そっちの方がいいよって。

その後、彼女、一品のお弁当を作っているらしい。
続いているかどうかは、わからないけれども。

・・・

で、今回の問題は、お高い一流ホテルなんだよね。

だからこそ、じゃあ、普通のところはどうなのよ!?って聞きたい。


平山の宿

P1090153_1





















九州では、湯布院とか、嬉野とか、黒川とか、有名温泉は数多い。
平山温泉も、有名温泉を追従するように、この数年知られてきた温泉地。

平山の近くには、山鹿、菊池、植木などの温泉地もある。
ここは、博多からも近く、九州自動車道を使えばアクセスのいい場所。

さて、我々は、平山温泉の予約が取れにくいという宿に泊まった。

P1090170_1





















部屋は二棟続きで、すべて離れ方式となっている。
各部屋には、半露天風呂がついている。

半露天とは、屋根はあるが、大きな窓があって、
暖かい季節は窓を大きく開け放して、寒くなったら閉められるように。
これは、寒い冬には、うれしいかも。

お湯は、とろとろ〜〜〜

なんでも、ph9,7ということで、アルカリ度が高いらしい。
新陳代謝がよくなる、と書いてあった。

お湯は、43度ぐらいだから、加温加水せず、そのまま。
だから、濃度も濃いまま。
それが、ここ平山温泉のお湯の強みかもしれない。

P1090150_1






















お料理は、お部屋ではなく、食事処でいただいた。
料理内容は、創作田舎料理とでも言えばいいのだろうか・・・

最近は、レストランでも居酒屋でも、創作料理っていうのが流行!?
ときには、とんちんかんな創作料理ってのもあって、
基本わたしはあまり好きではないが・・・

ここの宿も、少しばかり、奇をてらったような料理が多いかな?
まあ、好みの問題もあると思うが。
お若い方は、こんなのが好きなのかな?
自分たちが、歳を取りすぎただけかも(苦笑)

P1090155_1




















里芋のコロッケ風に餡をかけたもの、これは、お好みだった。

熊本は、里芋がおいしい。
それを生かしたこんなお料理が、わたしはうれしい。

後のお料理は、まあ、それなりにいただいた。

ここの宿、予約が取れないっていう理由、いろいろあると思うが・・・

まずは、露天風呂付きのお部屋なのに、お値段が安いってこと。
離れ方式だから、家族連れ、特に子供連れはうれしいと思う。
お部屋にお風呂があるっていうのも、
24時間好きなときにお風呂に入れるから、ポイントは高い。

それから、宿の雰囲気が、レトロでニッポンで田舎風!?
懐かしい雰囲気を醸し出しているところ、人気の秘密かな?
設備は新しいから、気持ちよく使える。

新しくて、雰囲気が良くて、離れで露天付きだから、
それなりのお値段のはずなんだけれども、リーズナブルな値段。
そこが、人気一番なところだと思う。

ただ、お料理は、やや「届かない」かな?
まあ、このお値段だから、しょうがないかなぁ・・・

同じ予算でも、もう少し工夫の余地はあると思うんだけれども・・・
無理に創作料理風で「都会」風にしなくても、
地元食材をあっさりまっすぐ使った「田舎」風でもいいと思うんだけれども。

例えば、朝ご飯、
阿蘇高菜のお漬け物とか、地元の梅干しとか、大根おろしとか、
こんなものを出してほしかった・・・

実際に出された朝ごはんは、おいしかったんだけれども、
インスタント?と思われるものとかあって、ちょっと残念。

梅干しや大根おろしだと、
見栄えがそんなに良くないからね・・・苦笑

まあ、爺&婆の我々のお好みじゃなかった、っていうところかな。

・・・

同じお値段だったら・・・

湯布院の「はなの舞」がおすすめ。

同じ予算だと部屋にお風呂は付かないけれども、
お料理の方は、3倍ぐらいこちらがいい。
☆あくまでも個人の好みだけれども・・・
 オットも同じ意見。

☆それに、センスの良さ、これも3倍ぐらいおしゃれ。

☆☆☆
いろいろ選ぶとき、し好や価値観など人ぞれぞれだから、
わたしの意見は、そのひとつと思ってください^^



























1000キロ

P1090143_1















九州で2番目に広い平野、熊本平野。
その北側に位置する、不動岩。
山から、カパッと割れ離れたような不思議な岩がある。

遠くから見て、おもしろいなぁ〜と。
急きょその岩のそばまで車を走らせる。
↑これ、近くからの写真。
遠くから見たほうが、形的には、おもしろかったかも・・・

P1090144_1















ここの駐車場から、熊本平野を見渡す。
台風前の晴れ間に、熊本平野がきれいに見渡せる。
左の方は阿蘇山。

・・・

オットの仕事で、2泊3日の予定で九州へと行く。
途中、予定が変わり・・・1泊2日となる。
1泊2日で1000キロ走った。

丈夫がとりえのわたしだけれども、
さすがに、身体はキツイ。

さて、今回の1泊、平山温泉に泊った。
なかなか予約が取れない宿。
たまたま、ぽかっと空きが出ていた。

何が人気の秘密なのか・・・
宿については、また、明日。

今日は、身体が痛いので、少しゆっくり過ごしたい。
そして、
お家でのごはんをゆっくり作って、お家ごはんが食べたい。



落ち込む

P1080971_1





















美味しくて、心地のよいレストランというものは、なかなかない・・・
という話し、「お家おいしいテーブル」で出た話題。

確かに、それなりのお店に行けばいいのでしょうが、
お財布事情もいろいろなので、なかなかいつも、とはいかない。

肩ひじ張らずに行ける、レストランや食べもの屋さん、
サービスも家庭的で、子連れでも安心して行けるお店、
どこかにないでしょうか?

日曜日、孫二人が急に遊びに来ることになった。
急なことなので、お昼ごはん、どうしょう・・・となって、
近所のファミリーレストランに行くことにした。

12時うんと前なのに、店内はいっぱい。
少し待って席へと。

孫たちは、お決まりの「お子さまランチ」
ひとりは、カレー&から揚げのランチセット。
もう一人は、ハンバーグのランチセット。

わたしは、今フェア中という、きのこのハンバーグ。
ただしセットじゃなくて、ごはんを別に頼む。
☆もしかしたら、セットの方が安かったかも・・・?

お水もお手ふきも、待っていても持って来られないから、聞いた。
自分で取りに行くみたい・・・知らんかった。。。

孫たちは、ジュースが欲しいというが、これは却下する。
そちらばかりでお腹がいっぱいになりそうだもの。

しばらくして来たお料理、見て、悲しくなった。

想像はしていたものの、冷凍ものをチンするか、揚げるか、温めるか、
そんなものがお皿に乗っている。

レタスの葉っぱ一枚、ブロッコリーの茹でたのひとつ、
ミニトマトのひとつ、そんな野菜も添えられていない・・・

店内では、日曜日のお昼だから、家族連れが楽しそうにお食事中。
みんな、おいしいと思って食べているのかしら?

帰り道、うんとうんと悲しい気持ちになった。
そして、うんとうんと落ち込んだ。

家で、せめてものチャーハンでも作ってやればよかったと・・・

孫たちは、ファミレスで食べて、おまけのガチャガチャができて、
とても楽しかったと言うが・・・

わたしは、やっぱり、心が晴れない・・・

昼からは、折り紙をしたり、ブロック遊びをしたり、
近所のお友達も来て遊んだ。

夕方は、近所をお散歩。

帰ったら、おチビちゃんの方は、疲れたのか寝てしまった。
そこに、パパがお迎えに来て、ばいばい。

また来てね。

次は、何か作るから。
ご馳走はできないかもしれないけれども、
それでも、ちゃんとしたお魚かお肉、それに、
ミニトマトやブロッコリーぐらいは用意するからね。

・・・

ファミリーレストラン、もう少しどうにかならないのかな?

食べていたら、お皿を下げにくる。
孫たちの飲みかけのコーンスープ、お水も下げられた。

早く帰れ・・・の意味!?

わたしの料理も途中のところ、下げてもいいですかと・・・
食べる気もうせて、はい、下げてください、と。

チンして、揚げて、温めて、配って、皿下げて、はい次!

ベルトコンベアーに乗せられた「モノ」みたい・・・
もう少し、人間的な扱いをして欲しい。

もう行かない。

というよりも、行くと選択したわたしが、イケナイのね・・・反省。。。
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ