*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2014年04月

なんとかなるもんだ

P1100103


こちらのキッチン、ガスは二口だが・・・
小さな鍋と,小さなフライパンを同時に使うとなると、
かなり狭い。

鍋とフライパンが,ぶつかってしまってちゃんと置けない^^;

↑朝ごはんの用意。
こちら、トースターがないので、パンが焼けない。
だから,フライパんにバターをひいて,パンを焼く。

シンクも、洗面所よりも狭い。
水ははねるし、なかなかだが・・・まあ,なんとかなる。

P1100104


朝から,コーヒーを淹れて、
フライパンでトースト!?したパンと,レタスとハムのサンドイッチ。
これだけだけど、自分で作る朝ご飯は,おいしい。

この小さな,ミニミニキッチンで,日々ごはんを作っている。

ちらし寿司も作ったし,おいなりさんも作った。
簡単なローストビーフも作ったし、豚汁も作った。
ハンバーグも作ったし、豚カツも作ったし、牛すねカレーも作った。
肉じゃが,サバの香草パン粉焼きも、シェパーズパイもできた。
グラタンに,魚の煮付けも,スープ餃子、ミネストローネも。
ひじき、おから、ブリ大根だって炊けた。

やれば、できるもんだなぁ〜〜〜 ←ただの食いしん坊^^

明日は,保存用のミートソースを作る予定。
それから、酢豚も作る。

ウィークリーマンション備え付けのぺろんぺろんの,
たぶん、ひとつ780円ぐらいの鍋にフライパン,それぞれひとつずつ。
後は,備え付けの100均の調理道具でも,なんとかなるもんだ。

ただし、包丁は,広島から持参した。
それから、マンションのプラスチックのまな板では,刻みものができず、
こちらで桐のまな板を買った。

冷蔵庫も,おもちゃのような冷蔵庫だけれども,工夫しながら使っている。
ただ,野菜はあまりたくさん入らないから,少しずつ買って来ている。

おまけに、ビールと冷酒も入る余裕がある。
が、ゆったりと飲む時間がない。
ので、最近は,禁酒ぎみ・・・いいことかも(笑)

ワインオープナーも持参したけれども,まだ,ワインは買っていない。
たぶん,買わないと思う。
飲む時間がないのが,正直なところ。

キッチンがどうのこのよりも・・・
やれば,なんとかなるもんだな〜〜〜

☆ジップロックの袋が役に立つ。
 下味を浸けたチキンなどを保存するのに便利。
 狭い冷蔵庫に,きちんと並んで入り場所をとらない。
 持参の分はすぐに使ったので,100均で買い足した。

見えた,富士山

IMG_0717


三保の松原、行ってきました。

静岡に来て10日以上経つけれども・・・
ウィークリーマンションから、見えるはずの富士山、
ちょっとだけ見えた日が1日。

それも,早朝の2時間あまり。
その後,すぐに見えなくなりました。。。

今朝,6時前に起きると,なんとぉ・・・
窓から富士山が見えているぅぅぅ・・・

急いで支度をして、静岡発7時発、清水行きの列車に飛び乗りました。
スマホで,三保の松原の行き方を調べます。

P1100132


清水駅からの眺めです。
ずっと向こうに,富士山が見えます。

清水エスパレスのスタジアムも、この辺り、らしいです。

清水駅からは,バスで20分少々。その後,歩きます。

P1100133


こういうところを歩いていきます。
朝,8時前、歩く人はいません。

P1100134


到着!

IMG_0718


羽衣伝説の松、世代交代があるみたいです。
知らなかった。。。

P1100141


なんでも・・・
4月5月の富士山は、雪をいただく富士山で、
我々の富士山のイメージですが・・・

実は,見ることが難しいらしいのです。
なぜなら、駿河湾の暖かい空気が、もやとなり、
それが原因で静岡方面からの富士山、見えなくなるそうです。

なんでも、冬の時期,それも2月が一番,見えやすいそうです。

ただ,河口湖の方に行くと、また条件は違うらしいです。
知らなかったことだらけです。

三保の松原、滞在時間,およそ5分少々。
急いで,取って返します。
なぜなら,ばあちゃん業があるからです(笑)

また,バスに乗ってJRに乗って、静岡にトンボ帰り。
家に帰ったら,急いで昼ご飯の用意をしました。
先日,煮込んでいた牛すね肉が,こんなとき,役に立ちます。

急いで,カレーを作り,サラダを作り,チャリで運びます。
いそげぇ〜、いそげぇ〜

はぁ〜〜〜 なんと忙しいことでしょう。

昼からは、ウィ〜クリーマンションで、ひとり、
息子から習った,アップルストアのことを復習。
CDを取り込んだり,いろいろ忘れないうちに、やってみます。

その後,静岡の街中,ちょっと覗いてみたいお店へと。
いろいろ興味深い作家ものが並んでいました。

静岡で見つけた、お気に入りのパン屋さん、
黒いドイツパンがあったので、手に入れます。
ゆ〜ちゃんには,チョコパンを買います。

この忙しいのに、スマホの調子がおかしいので(泣きたい・・・)
次、ドコモショップへと。
待たされるぅ。

問題解決したら、息子から電話。晩ご飯のリクエストです。
ハンバーガーが食べたいそうです。

ドコモショップからすぐ近くの松坂屋の地下で、
ハンバーグの材料を買います。
ハンバーガーバンズがないので、ドンクの食パンを買います。

朝,用意しておいた、おからの煮たの、
砂肝のにんにくオイル漬け、これを添えて,晩ご飯です。

ウィークリーマンションで用意したハンバーガーセットを,
またまた,チャリで息子の家に運びます。

いそげぇ〜、いそげぇ〜

なんとか,6時に間に合いました。
熱々のハンバーグを焼きます。
うん,評判いいみたいっ^^ よかった!

IMG_0728


はぁ・・・疲れた。
今晩は,駅近くの居酒屋で,ビールをいただきます。
久しぶりのビールです。

突き出しですが、魚の「あら」の煮付け。
豪快なサイズの「あら」です。
これだけで一品ありそう・・・笑

しめ鯖を頼み、ついでに,冷酒も一杯。
しみるなぁ〜〜〜 オヤジっぽい・・・ね(苦笑)

茶碗蒸しで〆をして・・・
あ〜、長い一日でした。

でも,もうひとつ、ふたつ、やることが残っています。
それを仕上げてから,今日は,終わりです。

やれやれ・・・明日もがんばる、がんばれる!


静岡の休日

P1100113


金曜日、息子の家にお友達が来るということで・・・
わたしのお手伝いは,お休み^^

どうするかなぁ〜と思ったけれども,せっかくだから、
レンタカーを借りて,一日、あちこち見物することにした。

まず,行ったのは、日本平。
ここには,有名なホテル、日本平ホテルがある。
↑ここが、ホテルに入ってすぐのところ。

縦長い大きなガラスは、まるで屏風のようだ。
で,本来なら,ここに,富士山が・・・あるはず。。。

お天気は,いいけれども,もやっていて富士山は見えない。

P1100110


それでも,せっかくだからと、ここでお茶をする。
あ〜、富士山が見えたらすごいだろうなぁ〜、と思いつつも、
この景色もまんざらではない。←ほとんど負け惜しみ(苦笑)

富士山が見えたら,御殿場辺りまでドライブに出かけるつもりだったが、
見えないのに行ってもしょうがないよねぇ・・・と、
予定を変更。

車を運転して,清水インターから,ジャンクションを抜け、
「新」東名高速を走る。
すごい,新しいから,道幅も広いし,運転しやすい〜〜〜

そして,その後,行ったところが,すごかった。
すごすぎた・・・

P1100118


大井川沿いに,ずっと登っていく道を走ることにした。
大井川が見たかったのだ。
昔,社会科で習った,大井川,それがどんなものか見たかった。

「 箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」

この話しは、またいつか。

大井川は,すごい川だった。
とにかく川幅が広い。
それも,かなり上流まで広い。

そして,最終的に,わたしが行ったのは、
↑写真左上の77と書いてある辺りの秘境、寸又峡温泉。

とにかく,半端な道ではなかった。
車が一台やっとという道を,60キロ走った。
はぁ・・・疲れた。

P1100126


やっと,やっと着いた。

IMG_0705


お昼は,ひなびたお蕎麦屋さんで、とろろ蕎麦をいただく。
観光地にしては,正直な蕎麦屋さん。
お店の人も親切で,おそばもおいしかった。

P1100121


写真ではわかりにくいが、この先は,南アルプスだということ。
山が迫り,秘境という名にふさわしいところ。

P1100117


車を停めて,坂を登ると、町営の露天風呂がある。
美人の湯だということ。

P1100114


だあれもいないから,写真をぱちり。
ぬるめの炭酸温泉。
ゆっくりとお風呂に浸かる。

ゆるゆる入っていたら、なんだか音がする。
誰かが入って来たのかな!?と思うが、違う。
また,ゴロゴロと音がする。

雷!? えっ、すごくいい天気だったのに・・・

お風呂から出ると,
番台のおじさんが,雷注意報が出たよと言う。
え〜っ、また,あのすごい道を帰るのに、雷が鳴るの・・・

こりゃ,早く帰らなくっちゃ・・・

P1100124


帰りに見つけた,小学校。
今も使われているのかな?
その辺り不明。

お風呂のおじさんが,静岡に抜ける近道を教えてくれた。
帰りは,そちらの山越えをすることにした。
↑地図の右下、362号線

その山越えの前,ちょっと不思議なことが起こった。

風が吹き始め,葉っぱがどんどん舞う。
そして,白い花がどんどん舞う。

道にも,河原にも,お茶畑の上にも,白い花がどんどん落ちてくる。
今どき、何の花なんだろう?と思う。

スズランのような花が,どんどん落ちてくる。

それが,花ではないと気がついたのは,ちょっとしてから。

P1100131


なんとなんと、雹(ひょう)が降って来たのだ。
もう,そこいら一面、雹。
びっくり!

町の人が、雪かきならぬ、雹かきをしている。

レンタカー,この時期,まさかスタッドレスとは思えない。
ギアをセカンドに入れて,ゆっくりと走る。

さて、静岡に抜ける分岐点,どうも山越えをするようだ。
どうするか・・・と,考える。
でも,こちらを走っていく車を数台発見。
たぶん,大丈夫。

雹の中,ゆっくりと山に入る。
幸いにも,雹はすぐになくなる。やれやれ・・・

だが,この道も,半端じゃなかった。
とにもかくにも,やっとの想いで1時間20分ほど運転して、
静岡市内へと無事到着。

あ〜、静岡の山、あなどれないぞ・・・

あっという間に一週間

IMG_0661


フィットネス,ヨガ,などなどに,今は行けないから・・・
歩けるときは,なるべく歩いている。

朝のウォーキング、こんなものを見つけた。

さすが〜静岡、富士山^^

IMG_0672


今朝は、朝ごはんのパンもないし,ごはんもないから、
コーヒーショップでモーニングでも食べようかと思っていたら・・・

偶然見つけたのが、おかゆ屋さん。

雑穀おかゆのセット。
玄米雑穀のおかゆが,お家のようでうれしい。

すろーかる、という地元紙があったので,地元情報を得る。
今いるウィークリーマンションから近いところに、
地元密着の商店街がある。

まずは,そこの銭湯に行ってみたい。
それから,精肉専門店もあるみたいだから,そこでお肉も買いたい。

静岡一週間目、この街の様子,だいぶわかって来た。
さて,次の一週間、どうすごすかな?
また,新たな発見や楽しみ,そして,美味しいものが見つかればいいな。


ごはん作り

140422_200231


日々、静岡の街を走り回っている。
息子から借りた自転車、これが便利。
車のない今、これで、かなり行動範囲が広がった。

そんな中,広島に残っているオットから,写メが届いた。

↑昨日の晩ご飯
冷凍しておいたラムを焼いて、
じゃがいもとにんじんをゆでたのを添えて。

左の緑のものは,ゴーヤを切って塩揉みして鰹節で和えたもの。
それに,ビールとワイン。

オットいわく・・・

「家に帰って,ごはんがあるって、ありがたい・・・」

日々の生活の中,帰ってごはんがあるのは当たり前。
でもでも、それが日常だと,気がつかないんだよね・・・きっと。

そういえば・・・

お嫁さんのゆーちゃんが、言ったのが、
「座ったら,ごはんが出てくるなんて〜〜〜 幸せ〜!」

日々自分でごはんを作るから、ごはんが出てくるのがうれしいんだよね。

・・・

さてさて,こちらの今日のメニュー
昼ご飯は、
白ネギのグラタン・エリンギの牛肉巻きリーフレタス&トマト添え
梅とごまのおむすび
デザートにりんご

ゆーちゃんは、これに,バタートーストを食べた。
pupanのパンが,お気に入りみたい。

夜は,和食にする予定。
お魚の煮たのか焼いたの・お味噌汁・ひじき・きゅうりとささみのあえもの
簡単な肉じゃがも作るかなぁ・・・




正直クリームパン

IMG_0650


日曜日、朝早すぎてオープンしていなかったパン屋さん。
月曜日午前中、雨の中、てくてく歩いて行って来た。
(静岡、地下街をを歩くと,ほとんど濡れなくてすむ^^)

パン屋さんというよりも,おしゃれなケーキ屋さんの様な雰囲気。

ドイツパンが得意のようだが、
クリームパン(写真)と食パンを買った。

クリームパンは,3時のおやつに,ミルクティーとともに。

パンの部分が,全然違う。
もちっとして、本当においしい。

そして,クリームは,お嫁さんのゆーちゃんが絶賛!

確かに,これは,正直な正直なカスタードクリーム。
ちゃんとした材料を使い,お鍋で丁寧に作ったのがわかる。

パン屋さんによっては、出来合いのクリームを中に詰めて、
いかにも,自家製です〜っていうようなクリームパンも多い。

そんな中、こんな正直パンに出会えるとうれしい。

☆パン屋さんの名前は、pupan
 お取り寄せもできるようです。




始動・・・

IMG_0636


写真が逆光で,写真が暗いけど・・・苦笑
こちら、徳川家康さんです。

日曜日の早朝、ウォーキングで、駿府城に行ってきました。
正直、駿府城が、静岡にあるとは知りませんでした^^;

ここは,家康が幼い頃,人質となり来たところです。
ここだったのか・・・と、改めて思いました。

IMG_0640


これは,徳川家康が植えた,みかんの木です。

なぜ、自分でみかんの木を植えたのでしょうか・・・
わからないけれども、
「家康公 お手植えのミカン」と書いてあります。

その後,気になるパン屋さんへと行ってみました。
が、朝早かったので,パン屋さんまだ開いていません。

おいしそうなパンがありそうなので、ここは,ぜひぜひ行ってみたいです。

びっくりしたのは・・・
土曜日の晩行った、ビールのヨコタのすぐ近くでした、パン屋さん。
夜と、早朝と,全然街の雰囲気が違います。

その後,てくてくと歩いて,朝のウォーキングは終了。

・・・

昨日、ベイビィーは、病院から家に帰ってきました。
だっこすると,目を開けてキョロキョロしています。

朝から,昼ご飯の小さなおかずをいくつか作りました。
息子の家では、それプラス、パパとママに昼ご飯を作ります。
リクエストのステーキです。(財布が空っぽになった・・・笑)

その後,焼き魚用の魚を、スーパーで買い物。
いったんウィークリーマンションに帰って、
リクエストのスープも作りました。

夜,おかずをデリバリー。

その後、お家での初めてのお風呂に入れます。
ベイビィーは、お風呂が好きみたいです。
いい子でお湯に浸かります。

きれいな服を着せたら,そのまま,コテッと寝てしまいました。

・・・

午後9時前,缶ビールを買って、マンションに帰りました。
お風呂に入って,缶ビールで,ひとり乾杯。

明日も早くから,がんばらなくっちゃ!




映画とビールと

IMG_0635


静岡での週末、土曜日、あちこち堪能して・・・
夜には、ビール専門店を見つけました。

2階にあるお店、ここのオリジナルビール。
自家製のヘルシーコールスローと一緒に。
甘さ控えめの,酒飲みのコールスロー^^

ここで息子と合流して,その後、鶏専門店へ行った。
こちらも、なかなかでした。

IMG_0634


その前、土曜の午後遅くからは、映画館に行った。
ここは,シネコンのような大きな映画館ではなくて・・・
スクリーンひとつだけ、座席数も少ない,ちっちゃな映画館。

観た映画は、「ネブラスカ」という映画。

アメリカ,ミネソタ州に住む年老いた父。
その父は、偽の当たりくじを信じ,
その当選金を、遠くネブラスカまで取りに行きたい。

嘘だと知りつつ,それにつきあう息子。
その間に知りうる,父の若かりし頃の過去,母のこと。

そして,ついに,100万ドルの当たりくじの真実を知ることになる父・・・
その事実を前に、息子がとった行動は・・・

あまりにも優しい息子の気持ちに、涙が出た。

あ〜、いい映画を観た。

さて,話しは変わるが・・・

IMG_0632


こちらに最近できた本屋さん。
飲み物を頼むと、店内の本を自由に読んでもいい。

グァテマラコーヒー、少々お高かかったけれども・・・
気になる料理本など,たっぷり読みました。
ありがたかった。

また,来ると思う。

・・・

あっ、遊びに来ているのではありませんよ・・・

午前中は,息子から借りた自転車に乗って,あちこち。
ベイビーの必要なものを買ったり、スーパーで食材を買ったり。

市内を,チャリと徒歩で、あちこち、あちこち。
15000歩ほど移動しました。



食いしん坊根性

P1100091


ウィークリーマンション、
キッチンもあり、冷凍冷蔵庫もあり、洗濯機もあり・・・
いろいろあるけど・・・

来てから,気がついた・・・

ごはんを食べる,テーブルって,ないんだぁ。。。

だから、パソコン机でごはんを食べます。
これ、やっぱやだなぁ・・・

↑昨日は、朝から,お料理を少し作ってみました。
道具はないけれども,なんとか,できるものです。

P1100094


豆腐ハンバーグ・きんぴらごぼう・ブロッコリー・トマト、
それから、
静岡ならではの、釜揚げシラスを入れたおむすび、
自家製の鮭フレーク、できました。

オーブンがないから、グラタンとかはできないけれども・・・
それ以外のものは,いろいろできそうです。

さてさて、これを持って,てくてくと病院へ。
知らない街を歩くのは,楽しいことです。

P1100097


夕方行ったスーパー、マグロが安い。
安いのが,それ以上に値引きしています。
ふむふむ・・・ 夕方だと,安いんだぁ・・・

それから,おととい飲んだ,地元のお酒を買いました。

が、マンションの備品には、酒をつぐ,おちょこがない・・・
しょうがない,今日は,プリンカップです(笑)

プリンカップで,地酒を飲むのは,人生初めてです。
でも、まっ、いいかっ!

・・・

ただいま,不自由を楽しむ! これが楽しい!

あれもない、これもない・・・
でも、人生56年間生きた少しばかりの「知恵」がある。
そのない「知恵」を使って、あれこれがんばります。

豚の固まりを買った。
これを塩豚にする予定。
それを,ぐつぐつ煮たら,塩豚の煮豚ができる。
うふふ・・・ 旨いだろうなぁ・・・

どこでも,いつでも,食いしん坊は,食いしん坊です^^

ばば・・

IMG_0622


長男のところに,赤ちゃんがやって来た!

ばあちゃんのわたしは、即!新幹線で静岡へ。
ばば馬鹿と言われそう^^

しばらくは,静岡生活です。

・・・

病院からの帰り、息子とささやかなお祝い。

静岡ですもの、まずは,マグロ。

実は,あまり好きな魚ではないが・・・
それは普段、冷凍のお安いのを食べていたから(苦笑)

おいしいマグロは,おいしいんだっ!
と、少しばかり、マグロへの見方が変わった。

昨日,ちらっと覗いた、エキナカのお惣菜屋さん、
マグロの握りが10貫ほど入ったパック、
なんと、1000円からおつりがくる値段。
安いな〜ぁって思う。

こちらでは,マグロ率高いかも・・・

息子から,おいしい魚屋さん情報を得たから,今日はそこに行くつもり。

・・・って、何しに行ったの!?って,言われそう。

出産のお手伝いですよ、もちろん^^
お嫁さんが,病院から帰ったら,美味しいものいっぱい作りたい。

☆写真はないけれども・・・
 駿河湾で捕れた、生シラスもいただいた。これもグー。
 一緒に頼んだ,静岡の地酒も,なかなかでした。





一日にひとつ・・・

P1100055


ポテトサラダ、新ジャガのちっちゃいのを使って。
つぶしてマッシュするタイプじゃなくて,ころころのじゃがいも。
新玉ねぎときゅうりの塩もみ、上にはすりごまを乗せる。

最後に、ブラックペッパーを挽く。
粗挽きで挽く。
こうすることで,ポテトサラダが,酒の肴になる(苦笑)

・・・

8月が楽しみ。
暑いのは苦手だけれども,8月が楽しみ。

その理由は,映画。
「365日のシンプルライフ」という映画、これがやってくる。

フィンランドの映画。
彼女にふられた男、この男,生活を一新しようとする・・・

考えたことが,おもしろいっ!

1・自分の持ち物を,全部倉庫に預ける。
2・その倉庫から、一日にひとつだけ,家に持って帰る。
3・これを一年続ける。
4・1年間は,ものを買わない。

う〜ん、聞いただけでも,鳥肌が立ちそう!!! 

観たいっ!!!

観られるんだったら、フィンランドまで飛んでいっても観たいっ!!!
☆フィンランド語は,全くわからないけど・・・

今日,片付けをしながら,考えた。
わたしだったら,まず,いの一番に何を持って帰るか!?

歯ブラシ! これ,絶対だと思った。

いやいや,そんなことを考えたら,トイレットペーパーだって必要。
それから、それから・・・

ほとんど趣味の妄想・・・
無人島にひとつだけ持っていくとしたら・・・?
なんてのも,考えるのが好き・・・笑

一日にひとつだけ,それを一年・・・なんて,考えるだけでわくわくする。
これを酒の肴に、一晩,語り合える。

・・・って、誰と!?って言われそうだけど・・・あの人ならできる。

いやいや,あの人なら、まず、語り尽くす前に,酔いつぶれそう・・・爆!

・・・

さてさて、実は、しばらく生活環境が,ぐらっと変わる。
今の家から,当分の間,よその地に行く。
引っ越しでも、旅行でもない。

長男とところに、孫が生まれる。
それのお手伝いに行く。

長男の家、ちっちゃなマンション住まい。
だから,わたしが行ったら・・・
リビングに布団をひいて寝るしかない。

これじゃあ、お嫁さんも,わたしも,疲れそう・・・と考えた。
だから,ウィークリーマンションを借りることにした。

さて、そこに何を持っていくか,それが今,一番考えること。

重い荷物は持っていけないから、送りにすることにした。
そのために,箱を用意した。

その中に,いの一番に入れたもの。

いりこ・昆布・かつおぶし・干し椎茸・・・笑

出しがなければ,始まらない!
それから、ワインオープナーとか、練りからしとか・・・
もう,自分でもあきれるほど、食べ物関連のものばかり・・・

・・・

今,答えがわかったっ!
映画のオフィシャルサイトを観たら,わかったっ!

少なくとも,歯ブラシではない・・・

1・コート
2・靴
3・毛布
4・ジーンズ
5・シャツ
6・ネックゲイター  首に巻くものかな!?
7・マットレス
8・ソックス
9・下パッチ 
10・毛の帽子
11・自転車
12・ヘルメット たぶん自転車用
13・また、ソックス
14・ズボン
15・ここで,やっとやっと、歯ブラシ! え〜っ,2週間どうしたの!?

後は,映画のオフィシャルサイト、観てください。

おまけ 365日目は、お菓子の入った入れ物みたい(笑)


チーズのっけ

P1100089


八幡川酒造の大吟醸は、買えなかったけれども・・・
大吟醸の酒粕は,買えた。
それで酵母を起こし、食パンを焼いた。

酒粕酵母のパン、カリッとトーストするのが,わたしの好み。
オットと言えば、これでフレンチトーストを作るのが好み。

昨晩から,卵と牛乳と少々の砂糖に浸けておいたパン、
それを,今朝、バターを引いたフライパンで焼いた。
最後に,チェダーチーズを乗っけた。

パンにしみ込んだほんのり甘い卵味、それとチーズの塩っぱい味、
これが、自家製酵母パンと相まって,いい感じ。

ちまたでは、パンケーキとかいろいろ流行っているけれども、
我が家では、このフレンチトーストが今の気分。
いや,ずっと前からの気分、プラス、今からもこの気分。

朝から、簡単なサラダに自家製イチゴのドレッシングをかけたの、
それに、セロリと大根とじゃがいもの簡単なスープをほんの少し。
コーヒー、イチゴとりんごをミックスしたヨーグルトジュース。

我が家の朝ごはんは,しっかりめ!
しっかり食べて,一日をスタートする。

・・・

チーズは、コス○コのチーズ。
チェダーチーズ、ダメもとで買ってみたら,これが結構いい。
塩辛くないし,取り立てて「個性」のない,普通の味。

ホールセールだから、大きなサイズで売っている。
だから、買って来たと同時に切り分ける。
すぐに食べない分は,しっかりラップしてジップロックに入れて、
冷凍庫に入れる。食べるときは自然解凍。味に変化はない。

お気に入りだった,ブロックのハム、最近見かけない・・・
お気に入りだっただけに,ちょっと残念・・・





パン遊倶楽部12

P1100071


パン遊倶楽部、諸事情で3月はお休み。
4月、無事開催できました。

タルティーヌです。
町田パン工房さんが焼いたものです。
来月の町田さんのお教室メニューです。

これ、一見、フォカッチャかな!?
と思ったのですが,違うようです。

何でも,フランスの家庭的なパンの食べ方みたいです。
残ったバゲットとか、カンパーニュなどをスライスして、
その上にクリーウチーズを乗せて,後は,好きなものを乗せて焼く。

日本だったら,
残りごはんをチャーハンにしたり,おじやにしたり・・・
同じ残り物でも、
フランス版は,ダントツおしゃれ〜です^^

他にもパンを焼きました。
これは,4月の「おいしいテーブル」で作っていただくパンです。
4月、わたしがお休みさせていただくので、
番外編で「パンのテーブル」にしていただきます。

どんなパンかって!? それは,お楽しみです^^

P1100057


わたしが作ったのは、サラダプレートです。
出雲の「くるみ市」さんで買った、サラダリーフいろいろ。
色もカラフルですが,味のダイバーシティーもいろいろです。

ドレッシングは,イチゴドレッシングを作りました。

熊本で買って来た,オレンジのトマト、これとっても甘いんです。
トマトは熊本ですねぇ・・・

葉玉ねぎと葉にんにく、これは山本ファミリー農園さんの野菜ですが、
これは,塩こしょうで軽く炒めました。

メインは,チキンのパリパリ焼き。
塩・ブラックペッパー・酒に浸けておいたものを,フライパンで焼きます。
このとき,上から押さえつけて,皮目をパリパリに焼くことです。

このひとつひとつの手順をキッチリといていただくと、
おいしいチキンになります。
ひとつでも手を抜くと、普通のチキンとなります。

☆ポイント
 下味をつける
 下味を浸けておく時間
 厚めのフライパンで,気長にパリパリに焼く

盛りつけは,町田パン工房さんにある、素敵なペールグリーンのお皿です。
お皿一枚で、おいしさがぐう〜んと違います。
写真の角度で,少し見えにくいですね・・・苦笑

サラダ類は,ぜひぜひ,大皿を使うことをお勧めします。
それも、ドバッと野菜を乗せるのではなくて・・・
色とか考えながら,バランスを考えながら盛っていきます。

小さなお皿に、もりもりに盛りつけると・・・
学食や社員食堂のサラダのようになります^^;

パン遊倶楽部では,盛りつけの話しにもなりました。
たとえ300円のプレートでも、雰囲気が変わる話しです。
プレートのパワーはすごいですね。

パンとサラダなんて,日々食べるものです。
毎日同じプレートでいただいていると、それが当たり前になり、
なあ〜んにも感じなくなるんですよね。

そこで、同じパンとサラダですが、違うプレートに盛ってみる。
それだけで,うんとおいしそうに見えるんです。
実際,見た目もおいしさの一部ですから、おいしくなるんです。

小さなお皿にもりもりサラダの方、一度,プレートを変えてみてください。
全然違う雰囲気になりますよ。


ナチュラルから次へと

P1100078


イチゴのシフォンケーキ。
バナナは作ったことがあるけれども,イチゴはない。
食べたこともない。だから,人生初のイチゴシフォンケーキ。

さっぱりしておいしかった!
町田パン工房さんの作です。
生のイチゴが入っているそうです。

・・・

さて、昨日の話しの続き。

洋服,なぜにもこんなに,いろいろ似合わなくなったのか・・・

ひとつの大きな理由は、歳だが・・・
もうひとつ,大きな理由があるように思える。

しばらくの間、ナチュラル系の服が流行った。
生成り色の麻の服が流行った。
形は、だら〜っとした形。なぜか,これをナチュラル系の服と言った。

が、考えてみたら,何がナチュラルなのか、わからない・・・

元々、ナチュラル系が流行る前から、生成りの麻は大好きだった。
日本では、なかなか手に入らなくて・・・

香港の赤柱(スタンレイ)の小さな店で,この服を見つけ、
それが,パンツもブラウスもジャケットも,全部2000円ぐらいで、
7、8枚買って来た。

その後、日本でも、生成りの麻の服が流行り始めて、
うれしくて,それを買ったり、または,布を買って縫ったりしていた。

そのうちに、パラシュートのようなふわ〜っとしたのが流行り始めて、
内田なんとかさんとかが着るような服が,流行ってはやって・・・

その流行、いつの間にか、す〜っと消えて行ってしまって・・・
今では,あれはいったいなんだったの!?って思う。

しかしながら、流行って,こんなものなんだよね。

昔,肩パットのえらい入った服が流行った。
この頃,一番かっこいいと思ったのは、アルマー○のスーツ。
とてもじゃないけれども,買えるような値段じゃなかったが、
雑誌で見る服は,本当にかっこよかった。
市販の服も,肩パット全盛。

その前は、ボディコンなんて服も流行って。
あれ〜っ、どちらが先か後だったか,もう,わかんない。

けれども、どちらも、
あ〜、今じゃ、あんな服,とてもじゃないけれども着られない。

話しは戻って,ナチュラル系の服、
あれは、生成りの麻も好きだし、着るのに楽チンだし、
似合う似合わないは別として、それなりの服を持っていた。

が、その風は,吹いて吹いて,どこかに行ってしまった・・・

その時代の服が、もう,今のわたしには、イケない・・・
若ければ,もう少しいけたかもしれないけれども、
その若さは,今のわたしにはない。

この流行は,今,大きく舵を切ったと思う。

次は、スタンダードが来ているような気がする。
これ,わたしの本来一番好きなスタイル。
それも、ややメンズ的なスタイルが一番好き。

ちまたでは「おじさんファッション」などとも呼ばれているらしい。
この「おじさんスタイル」が、実はわたしは一番好き。

靴はヒモ靴。
おじさんのビジネスシューズみたいなのが好き。

スカートよりかは,絶対にパンツ。
ジャケットは、ふわっとしたものよりも,ジャケットが好き。

ふわふわブラウスよりも、シャツが好き。

まさしく,おじさんスタイルが大好き、だし,似合うと思う。

ただ,本物のおばちゃんになったから、
そのまんまおじさんスタイルは,かなり怖い。

この辺り,ちょっと考えなくてはいけないところ。

今のわたし

P1100068


ただいま、「ステキ」
素敵、じゃなくて、捨期!

ものを仕分け、捨てるのは、結構、いやそれ以上のパワーがいる。
なぜ今,そんなパワーがあるのか・・・!?

よくわからないが、春だから?

今回の仕分けの基準は、「今のわたし」

例えば,洋服類。
「今のわたし」に似合うかどうか、

今のわたしは、56歳,そろそろ57歳。
堂々たるおばちゃん!

体重は同じでも体型は,なぜか、下向きに変化・・・
顔も同じはずなのに、なぜか、下向き土壁色へと変化・・・

物持ちはいい方だから、10年前の服はもちろん、
20年前のなんてのも,つい最近まで着ていた。

が、改めてそれらを出して,着てみると・・・

自分が惨めになるほど,似合わない。
昔,あれほど素敵に見えていた服が、全く似合わない。

流行とかそんなこと以前の問題が,そこにはある。
「痛い」ぐらいに,似合わない。

その理由は、わたしの変化。
一言で言えば、わたしの「経年劣化」

今自分に似合わないものが、これから,私に似合うか。

答えは,簡単、NO!

今の自分より,来年はひとつ歳をとる。
再来年はもうひとつ歳をとる。
その次の年は、60歳になる。

この事実,どう抗おうが、やってくる。
これから先、わたしが若返ることは,ない。絶対にない。

今の自分に似合わないものは、これからのわたしに似合うはずもない。
そう考えた。

ということで、「今のわたし」に似合わないものは、処分。
大きな袋に二つ分。

正直なところ,まだまだ,処分できるものはあるが・・・
そこは,元来のケチ根性で,未練たらたらの服が少々残る(苦笑)

バッグやアクセサリー,靴も大量処分。
バッグは,肩が痛いのでショルダーバッグを処分。
アクセサリーは,首が痛いので,重いと感じるのものを処分。

↑処分するものを見ると、心から,歳をとったと実感。
これに対して目を背けてはいけない、と、思った。

服に始まった,捨期。
押し入れの中のものも,今,どんどん処分している。

「老前整理」ではないが・・・
今なら,考える力もある、片付ける力もある。
捨期のパワーがあるうちに,やるだけやるつもり。

☆ついでに、体脂肪も処分対象。
 3ヶ月かけて、2キロほど捨てた。
 こちらの方は、ぱっぱと捨てられない・・・

 ↑写真 一食にいただく野菜の量。
 一日に350gと言われるが、たぶん,それ以上の野菜を食べている。
 写真は,たまたま生野菜だが,摂取のほとんどは,火を通した野菜。
 1ヶ月500gを目標に,体脂肪の方も,捨てる・・・予定。

 注・ダイエット期だからこそ、タンパク質はしっかり取る。
   こちらは,3食ともにしっかりと必要量を確保。
   ダイエット中、タンパク質を減らすと・・・
   この歳になると、枯れてしわがれる・・・笑

出雲って、いいね!

IMG_0590


オットが出雲に仕事というので,土曜日行って来た。

前回は,高速道路を使って行ったが・・・
この高速道路、一車線だから,遅い車が一台でもいると・・・
以前、工事車両の車が50キロ以下で走っていて^^;

ということで,今回は,他に寄ってみたかったところもあったので、
54号線をひたすら走る。
高速道路に車が流れたためか,こちら、車がほとんどいない。

さて,最初に行ったのは,立久恵峡にあるキャンプ場「わかあゆの里」
キャンプの師匠が行ったというので、我が家も下見に。

気温3度、雪まじりの雨で、だぁ〜れもいない。
こちら、電源のあるキャンプサイトがある。
ただ,木とかの日陰がないから,タープなしの我が家は辛いかも・・・
☆行くなら,タープありの家族といかなくっちゃ。。。

その後,オットの仕事場へと。

出雲、昨日,青空が広がり,桜も満開できれい!
それをぼ〜っと見て,オットを待つ。
酒もまんじゅうもない、ひとり花見(笑)

その後、浜屋麹店へと行く。
ここは古い麹屋さん。
ここで,味噌、なめみそ、麹を買う。

なめみそ、なすのからし漬けが入っていて、おいしい。
夕飯のとき、きゅうりとセロリを,この味噌に付けて食べたが、
これ,かなりイケル!
塩辛くなく,かといって、べたべた甘くもなく,ちょうどいい感じ。

麹は,ほわほわの麹。
これで甘酒を作る予定。

その斜め前には、なぎら長春堂という、お菓子屋さんがあった。
お菓子にはあまり興味がないが・・・

店の感じ、そそられる・・・
おいしそうな,そんな雰囲気がする・・・

入ると,まずは,きんつばの字に目が奪われるが・・・売り切れ。
う〜ん、残念。

いろいろ見て迷ったけれども,買ったのは,
上用饅頭・塩豆大福・小豆のいっぱい乗った生菓子。
それぞれ2個,全部で6個。
値段がびっくり、600円からおつりがあった。

でもって、もっとびっくりしたのは,その味。

上用饅頭,いわゆる紅白まんじゅうみたいなの。
これ,わたしの人生の中で、一番おいしい上用饅頭!!!

「人生で一番の上用饅頭」の称号を与えます!

塩豆大福も,さいこー!って叫びたいぐらいおいしいし、
小豆の乗った生菓子もお上品でおいしい。

甘いものには、得意ではない,このわたしだが・・・
次,出雲に来たら,絶対に行きたい場所。

麹屋さんと和菓子屋さんは,道路を挟んで,こっちとあっち。
次からは,両方、来たい。

☆この付近,他にもお菓子屋さんがいっぱい。
 う〜ん、お菓子ばかりはいらないけれども,気になるぅ。

その後、くるみ市へと行く。
こちらは、いわゆる産直所のようなところだが・・・

おっしゃれっ〜〜〜! 今まで見た中で一番おしゃれな産直市。

そのためか,お若い方が多い。

ここにも、なぎら長春堂のお菓子が。
Facebookで見たら、仲が良さそうです,この2件。
わかるような気がする。おしゃれさが同じのにおいがするものね。

野菜をいっぱい買ったら、飾ってくださいね、と、ガーベラをいただいた。
赤・オレンジ・白のガーベラ3本。
思わずにっこりするような気分になる,お花のプレゼント。

その後,ここからすぐ近い、出西窯へと行く。
以前買った,湯のみが使いやすいので,少し買い足したいと思って。

ところが,1年前に比べると,お皿や茶碗の数がうんと少ない。
それに,あるのはお高いものばかり・・・
以前は、もう少し買いやすい値段のもの(1000円前後)が多かったのに。

ちょっとがっかり。

その後,またもや54号線を走る。
途中、頓原のラムネの湯に行く。
何でも炭酸水のpHは,大分の長湯を抜いて,ここが日本一らしい。

そんな効能を聞いただけで,手にいい,肩にいい,気がする。

ゆったりと温泉に浸かった後,広島へと帰る。
あ〜,いい一日だった。


イングリッシュナイト

IMG_0585


写真がよくないけど・・・花見写真です。

ヨガの仲間と,簡単な花見。
車だから、ノンアルコールビールです。
ノンですが、気分は盛り上がります^^

・・・

スウェーデンの方を案内して,ひしひしと感じたこと。

英語、錆び付いている。
さびさび状態(苦笑)

幸いにも,相手の方も,英語ネイティブの方じゃないから・・・
でも、英語,すっごく上手でした。

わたしのために,わかりやすい英語を話していただいたのかも、です。
話しはよく聞き取れました。

が、わたし、なかなか英語が思い出せなくて・・・
こりゃいかん、と、何回も思いました。

英語を話すって、「運動」だと思っています。
しゃべって,しゃべって,しゃべって、身体で覚える,そんな感じ。

例えば、
わたしは乗れませんが・・・一輪車、
あれ,乗れる人は,たぶん,おとなになっても乗れるはず。
でも,久しぶりだと,最初は、もたもたする・・・
で、あまりにも年月がすぎると、なかなかスムーズに乗れない。。。

英語も運動と同じ。

やり続けないといけない。やり続ける・・・やり続ける・・・続ける・・・

でも,なかなか英語なんて使うところがないんですよね。
英会話教室も楽しいのですが・・・月謝、半端じゃない。

う〜ん、だから,ちょっと考えているのが「イングリッシュナイト」

それ何っ!_って思うでしょ。

金曜日か,土曜日の午後などなどに集まって,英語でしゃべる会を開く。
「英語でしゃべらナイト」のお家版。

お酒を片手に,酔っぱらった勢いで英語を話す。
酔っぱらったら,恥もなにもかも脱ぎ捨て、「素」で話す。

楽しそうだな〜って思う。

ルールは、
自分で飲む酒を持ってくる。自分で食べるものを持ってくる。
そして,ひたすら英語。

その英語,どんなへたくそでも、どんな上手でもいい。
とにかく英語。

え〜っ、英語しゃべれないって言う人には,いいフレーズがある。

How do you say ○○○ in English?   ○○○って、英語でどう言うの?

例えば、
How do you say 麹 in English?  麹って、英語でどう言うの?

って、こんな感じ。

なぜ,麹なの・・・って思うでしょ。
実は,スウェーデンの人に説明するのに,麹、わかんなかった・・・

どう言うんだろう。。。

☆今調べたら・・・  koji だって(笑) 
           これじゃ、わかんないだろ。。。

スウェーデンからのお客さま

IMG_0563


先週土曜日、スウェーデンからのお二人を案内しました。
PとAのご夫妻です。

まずは,岩国錦帯橋。

錦帯橋の一番高いところで、大背伸びをして,一言。
「信じられない〜 今,こうして、ここに立っていることが!」

数週間前、日本のこんなところに,自分がいるなんて想像もしなかった。
もし,案内がなければ,こういう場所に来ることはなかったと思う。
本当に,本当に、ありがとう。

それを聞いたわたしは、とっても,とってもうれしかった。

海外では,現地で、案内してくれる人がいるのと,いないのでは、
その旅の「質」が,全く違うものになります。

いつも,あちこちでお世話になっている、わたし。
このわたしが、日本に来られた方を案内して,喜んでいただければ、
それは,わたしの喜びにもなります。

IMG_0568


宮島へは、フェリーで渡ります。
鳥居が見えて来て、テンションが上がり、カメラを取り出す二人。

宮島も,ゆっくりと見ます。
大聖院の方へは,なかなか行かないエリアですが、
外国の方は,この辺りがお好きなので、いつもここまで行きます。

実は,大聖院の辺り、日本人の人よりも,外国の方の方が多いのです。
ニッポンの雰囲気がするんでしょうね。

IMG_0571


そんな中、興味を示されたのは,お地蔵さんの帽子。
なぜ,帽子をかぶせるのか?と聞かれました。

寒いからじゃないでしょうか・・・!?と答えましたが・・・

手芸家のAは、この帽子をいろいろ見て回っていました。

その後、商店街で、できたてのもみぢまんじゅうを食べました。
お二人とも、もみぢまんじゅうの自動機械に釘付け。
子供みたいに,ガラスに顔をくっつけて見ています^^

千畳敷では、かなりの時間をかけて,いろいろ見ていました。
そんなときは,わたしは,座ってゆっくりと待っています。
お二人で、あちこち自由に見る時間を尊重して。

その後、商店街の大きなしゃもじに大喜びして,また,歩いて・・・

ランチをどうするか・・・が,悩みでした。
なぜならば、お二人はベジダリアンだからです。

宮島での、牡蠣やあなごは、無理ですし・・・
そのとき,お好み焼き屋さんが見つかりました。
でも,そこまでお腹が減ってないということで・・・

それから,車に乗って広島市内へと移動。
「みっちゃん」に行きました。

豚肉なしで、削り節なしで、チーズトッピングで頼みます。
「ジャパニーズピッツァ」と,大喜び。

こんな,ローカルフードが食べたい。
けれども、自分たちだけじゃ見つけられないと。

確かに,そうなんですよね・・・
海外で,地元の人たちの食べ物を見つけるのは,結構難しいです。
それも,リーズナブルで美味しいものを。

その後,平和公園の資料館前まで車で送って行く。
ここでお別れ。

後は,自分たちで資料館を見て,その後、本通をぶらぶらするらしい。
つぎの日は、朝早くに広島を発つ予定だったので、
アンデルセンでパンを買っておくといいよと,地図にマークをしました。

次は,スウェーデンで会いましょう!
と,約束をしました。

ということで、次は,わたしがスウェーデンです。
どんなところでしょうか?

ご苦労様

HAWAII-1 005


飛行機に対しては、全くの知識がない。
たまたま乗った、JAL国際線、
これが、JAL国際線のジャンボのラスト飛行だった。

ここは、ホノルル国際空港。
パイロット,副操縦士が、窓からずっとずっと手を振っていた。

HAWAII-1 001


そのときの機内誌。

昨日,沖縄から羽田に飛んだ、ANA便が国内線としては,最終フライト。

飛行機にはめったに乗らないが・・・
ジャンボという、ひとつの時代が終わったんだなぁと,思う。

Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ