*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2014年05月

土地の印象

P1100379


お気に入りの地、ってあると思う。

あの街は好きだけど、この街はどうもねぇ・・・というように、
旅行や仕事などで行った場所の印象。

その印象を大きく決めるのが、宿泊したホテルや旅館であること、
これは大きいと思う。

わたしの数少ない経験から・・・
いいホテルや旅館だったときは、その土地がうんと好きになる。

一般的には、料金がお高いほど、居心地もいい・・・
ただ、それだけでもないような気もする。

↑このホテル、海辺のホテル

朝6時から、コーヒーと紅茶のサービスがある。
自分でカップに注いで、好きな席で、のんびりと朝のお茶を楽しむ。

添えられていたミルクが、本当のミルクだったから、
わたしは、ミルクティーにした。

P1100384


朝の6時過ぎは少し寒かったけれども、外の席へと座る。
ここで、海にぽっかり浮かぶ島を見ながら、お茶をする。

こういう時間が持てたとき、そのホテルの印象はうんと良くなり、
そして、この街もうんと好きになる。

仕事ではない旅のときは、こんな時間を少しでも持ちたいと思う。
もう、夜の時間に飲むのはやめた。←いや、したくない、できないが本音。

だから、夜は、夕食がすんだら、なるべく早く寝て、
つぎの日は、うんと早く起きる。

そのとき、たいていのホテルでは、まだ、コーヒーの用意ができていない。
だから、お部屋で、コーヒーを淹れて飲む。
場合によっては、家から持参したコーヒーセットでコーヒーを淹れる。

が、たいていは、一杯一杯淹れるコーヒーを飲む。
これも、今は、なかなかいいコーヒーが飲めるようになった。

P1100381


ここのホテル、6時からのお茶の用意、こんな景色があるからかな?

紅茶をゆっくりと飲んで、そのまま、ウォーキングへと出かける。
行くのは、見えている島まで、橋を渡って。

この土地の名前も知らない、この土地の漢字も読めない
そんな場所にあるホテルだったけれども・・・
オットもわたしも、もう一度行きたいホテルリストに入った。

その理由は、この景色と、朝のお茶。

このホテルに付いて、詳しくは、また。

・・・

タイのバンコック、ここで泊まったのは、
一泊朝食付き、二人で1600円。
だから、そんなにいい印象がない街となっている。

でも、バンコックは、絶対におもしろい街だと思う。
次は、もう少しいいホテルに泊まって、街を楽しみたいと思う。




おすすめなお店

IMG_0806


最近,お外で食べたもの。
これが、全部「当たり」!

↑郊外のランチ,Do! reuri

身体に優しい、正直なランチ。
ロケーションもいいし、お庭も素敵だし、接客も丁寧だし、
もちろん、お料理がよくて、人気の理由がわかる。

行くときは、予約必須ですね。

IMG_0793


こちら、萩で食べたランチ。「千代」

わたしは、「握り寿司ランチ」

IMG_0794


オットは、「海鮮丼ランチ」

どちらも、お魚は抜群。
広島だったら、倍近い値段をとられそう・・・

この店に行くためだけに、萩に行きたいと思わせる、
それぐらいのお店。

IMG_0805


袋町の晩ご飯。 「しろがね」

こちら、すごく小さなお店で、メニューも少ない・・・
↑このお刺身二人前、新鮮でおいしかった。

今評判の「山○」系列のお店・・・こちらのお店のお料理は好き。
でも、お刺身は、わたしのお好みではない。

その点、この写真のお造りは、なかなかでした。
添えられた、野菜のピクルス,これが、またおいしかった。

このお店、コースで2500円(ディナーで)らしい。
このコースを一度食べてみたい。

・・・

と、この最近、選ぶお店が、全部おいしくて、ちょっと幸せ。

時差ぼけを乗り越えて

P1100499


バタバタのしすぎ!?

ブログに書きとめて置きたいこと、いろいろあるけど、
全然間に合っていない。。。

あちこち前後しながら、少しずつアップの予定。

↑「おうちおいしいテーブル」で作った、シナモンロール。
映画「かもめ食堂」のパンフに載っていたレシピを参考に、
扱いやすいように、少し変更。

P1100504


焼いているときの、甘いシナモンの匂いがいい〜〜〜

形は、いろいろ・・・笑
出来の悪い子ほど、かわいい、です^^

・・・

静岡行き、そして、帰ってからの「時差ぼけ!?」状態。
それを引きずったままの、「おいしいテーブル」「お家おいしいテーブル」

日曜日は、廿日市の木材祭り。
昨日の月曜日は、仕事で山口と岩国を回り・・・

今朝、やっと、ほっとしました・・・やれやれ。

ということで,急遽、郊外ランチへと。

今週は、少し、自分のペースに戻れそう。
だから、これからに向けて、少しばかり体制を整えなくては。

いつまでも、静岡時差ぼけ状態では、いられない・・・!

おいしいテーブル5−9

P1100442


前回は、静岡行きで、わたしの「おいしいテーブルは」お休みでした。
ので、2ヶ月ぶりの「おいしいテーブル」です。

お魚,それも、手に入りやすいサバを使ったお料理です。

「サバのカリッとムニエル・ラビコットソース添え」です。
サバは、一匹ごと買って、頭とお腹を出したのを持っていきました。
それを、みなさんで切り身にしていただきました。

P1100439


付け合わせは、ズッキーニです。
生のままのズッキーニをリボン状にしてフレンチドレッシングで和えたの、
それと、炒めたのと、両方を添えています。
↓ちょっと長めだったアスパラの根元も、むだなく使っています。

ラビコットソースは、少しゆるめだったので、
このように、グラスに入れていただきました。
おしゃれになりますね。

P1100450


レストランのような盛りつけです。
日頃の食べ歩きが役に立っているようです(笑)

P1100446


「アスパラのオーブン焼き」
今とってもおいしいアスパラを焼きました。
世羅のアスパラ、おいしい〜ですよ^^

上には、チーズを乗せて焼きました。
ブラックペッパーも少し振りかけています。

P1100459


卵は半熟です。
オーブンでの火の入れ方の加減が難しいのですが、
ちゃんとできました。花まるです。

これは、朝ごはんにいいですね。
また、じゃがいもの茹でたのなどを添えて一緒に焼くと、
ブランチにもいいですね。

P1100452


「新玉ねぎのドレッシング」
今、新玉ねぎがおいしいので、それを使ったドレッシング。

今回は、豚しゃぶとベビーリーフにかけてみました。
さっぱりしています。

P1100445


「トマトの冷たいパスタ」
完熟トマトをオーブンで焼いてソースを作ります。

残念ながら、今の季節、完熟ではなかったので、味は薄め。
梅雨から夏、真っ赤に熟れた完熟トマト、
それがうんと安くなったら作りたいトマトソースです。

冷たいパスタは、カッペリーニを使います。
これ、ソーメンでもおいしいです。
その場合は、バジルのかわりに、青じそが合います。

P1100455


「にんじんのしりしり」
くるみ入りのしりしりです。

これ、クリームチーズとよく合うんです。
それに、ブラウンのパンがよく合うんです。

偶然にも、
町田パン工房さんが、胚芽粉入りのパンを持参くださいました。
ですから、一品増えました^^

P1100466


「ミルクゼリーのぶどうシロップ」
はちみつ入りのゆるゆるのミルクゼリー。
それに、種無しの皮も食べられるブドウでシロップを作ります

ゆるんゆるん、とろんとろんのゼリーに、
レモンの利いたぶどうシロップが、ちょっとおとな味です。

P1100475


花かんざしさんが、イチゴを持参くださいました。
甘〜いイチゴです。

今回は、季節をちょっと前どりした、夏向けのメニューでした。
昨日は、気温が28度あり、ちょうどよかったです。

来月は、ぐうぅ〜んと暑くなるんでしょうね。
夏に負けないメニューを考えないと・・・




箱根5区

P1100260


カレンダー富士山を見た後、行きたかったところ、
それは、箱根。

毎年のお正月、楽しみにしている箱根駅伝。
特に5区の山登り、どんなところを走るか見たかった。

ということで、山中湖から、裏道を通り抜け、
(御殿場辺りが大渋滞みたいだったので・・・)
まずは、5区のスタート地点の小田原へと行く。

ここは、標高10メートル。
それで、一番高いところが、標高878メートル。
標高差867メートルを走り登るのだ!

広島の人は、宮島に登ったこともあると思うが・・・
こちらは530メートルぐらい。
あれを、登るのも大変なのにぃ・・・
それよりも、350メートルも標高が高い・・・絶句

P1100260


写真では、わかりにくいと思うが・・・
上りのカーブが続く。

P1100261


曲がっても、曲がっても、曲がっても、
上がっても、上がっても、上がっても、
上り道が続く。

P1100264


沿線にある、富士屋ホテル。
う〜ん、クラッシックの雰囲気のいいホテル。
お茶でも・・・と思ったけれども、駐車場は満杯。

P1100265


途中の標識。
右に曲がると、ポーラ美術館がある。
ここも行きたいところだけれども、今回は、箱根を「走る」

P1100266


小涌園の横を通り過ぎる。
お正月、この辺りまで人はいっぱい。

ここまで来ても、まだ登りは続く。

その後、878メートルの最高地点を経て、
次は、芦ノ湖への下りが続く。

P1100268


芦ノ湖、写真・右の奥地点が、往路のゴール地点。
つまり、復路のスタート地点でもあるところ。

「山のかみ」なんて、呼ばれた選手もいるけど・・・

5区を走る選手は、みんなすごい。
歩いてだって、簡単には登れない。
いやいや、半端じゃないぐらいの上りだった。

この5区を走る選手は、みんな「山のかみ」だ。
そして、復路、小田原へと下って行くのも半端じゃない。
膝ががくがくくるだろうな・・・

・・・

5区を車で走り抜けたけれども、
実は、小田原から芦ノ湖に抜けるには、今はいい道がある。
箱根新道、ほとんどの車はそちらを走る。

さて、芦ノ湖を後にして、国道1号線を三島へとハンドルを握る。
こちらの道も、ぐねぐね坂。
オットは、そんな中,いい寝息。

沼津から東名に乗って、静岡へと向う。

・・・

ゴールデンウィークだったけれども、思ったほど道は混んでなかった。
ただ、御殿場辺りは、半端じゃなかったみたい。
アウトレットがあるからかな!?

御殿場からの富士山も見てみたかった。
これは、次回への宿題。




えっ、御前崎

P1100330


御前崎灯台↑

♪おいら岬の灯台守は〜
 妻と二人で〜♪

こんな歌を、今年80歳になる母は、
わたしが幼かった頃、よく口ずさんでいた。
この歌を歌うときは、母が機嫌が良かったとき、
と、うんと幼いわたしは、子供心に覚えている。

母の話しによると、
「喜びも悲しみも・・・」とかなんとか言う映画、
その映画の舞台の御前崎・・・

人の住んでない、地の果てのような場所にある灯台。
そこを、夫婦二人で守るのが、灯台守。

映画では、
最後、灯台守の子供が外国航路の船に乗り、
灯台から、光で合図をする・・・とかなんとか・・・
そのシーンが、感動ものだったらしいが。

その当時、
灯台に火を灯す仕事は、想像を絶する仕事だったに違いない。

P1100325


人の住むところからは遠く、灯台の先には、太平洋。

夫婦二人で力を合わせ、厳しい環境の中、
灯台に明かりを灯す・・・

そんなイメージだった灯台。
そんな地の果てだった、御前崎。

そんな場所に、車のハンドルを握り運転する、わたし。
80歳の母が、幼いわたしにそんな歌を歌い、
その映画の話しをしていた頃、
まさか、娘がその御前崎に、自分で車を運転して行くなんて、
たぶん、想像だにしなかった・・・と思う。

P1100327


じゃ〜ん!

そんな母のイメージをしっかりと受け継いだ娘のわたし・・・
だったが・・・

灯台のそこまで、民家がいっぱい建っている。
いやいや、びっくりするぐらいの家があるよぉ・・・

灯台のお隣さんが、窓越しに、
「肉じゃが炊いたけど、食べるぅ〜?」って言いそう。

それに対して、灯台守の人が、
「食べるよ〜。ありがと、
 うちの白菜の漬物がいい感じじゃけど、食べるぅ〜?」
と、手には、白菜の漬物・・・

そのくらいの距離感・・・笑

まさか、このように↑ 広島弁で話すとは思えないが・・・
そんな近さに、民家がいっぱいの御前崎。

P1100337


御前崎を見上げる、下の道からの眺め。

P1100324


御前崎の下には、立派な道が・・・

その道を、わたしは、西へと向ってハンドルを握った。

とにもかくにも・・・
母の歌と、母の話しと、全く違った御前崎。

あ〜久しぶりの、想いと違った・・・
あーびっくり名所だった。

☆びっくり名所
 この御前崎の前の、びっくり名所は・・・
 ナイアガラの滝だった。
 ナイアガラの滝の周り、観光地で、ホテル,ホテル、ホテル・・・
 これは、びっくりした。
 
☆行ったことないけれども・・・
 友達の話しによると、
 エジプトカイロのピラミッド。
 何でも、周りには家がいっぱいあるらしい。
 それを聞いて、わたしは、びっくり!

・・・

さて、この御前崎に行く途中,車を走らせたのが、
牧ノ原台地。

小学校の頃の地理で習った。
お茶の牧ノ原台地。

台地だから、真っ平らな台地に、お茶が一面だと思っていたが・・・
いやいや、そのイメージとは違うけれども、
牧ノ原台地、お茶はあちこち、緑がとってもきれいだった。

何でも、今年の八十八夜は、5月2日だったらしい。

☆これ以外に、静岡石垣いちごも見た。
 ただし、これも、石垣ではなかった・・・
 この話しは、また。

浜松餃子

IMG_0771


話しは、あちこち前後するが・・・

静岡を車で発って、西へと。

昼ご飯、何を食べるか・・・
オットは、うなぎがいいと言ったが、
国産うなぎだと、ひとり前4000円はするよと、
浜松のもうひとつの名物、餃子にした。

急遽のことだから、急いでネットで調べて、
運転している場所から近い、餃子屋さんに決定。

↑この餃子にありつけたのは、店の前に到着後,約1時間後。

IMG_0769


適当に選んだ餃子屋さんだったが、どうも人気店みたいだった。
昼1時30分頃だから、空いている思ったのが大間違い。

とにかく、店の中に入るまで30分近く待った。
ちなみに、店の中で、30分弱待った。やれやれ・・・

普段なら、絶対に並ばないと思うのだが、
先を急がない旅だし、オットがせっかくだからと言うし、
まあ、じゃあ、イベントとして並んでみるかと・・・

IMG_0770


餃子定食、1000円だったかな?

餃子15個、ごはんにお味噌汁に、漬物。
なぜか、餃子にはもやしの茹でたのが付いている。

餃子自体は、キャベツ多めで、塩で味付けしたさっぱり味。

たれもさらっとした感じ。
ラー油は、にんにくがしっかりとした味。

餃子の焼き上がりが、ぱりっとして美味しい。
ここの餃子の特徴は、焼きかな!?

とにかく、凄まじい人が次から次へとやってくる。

「前の人の顔、覚えておいてくださいね〜」と、
店のおばちゃんが言う。
どうも、前の人が座ったら、その次、自分が座るルールみたい。

なんともおもしろい店だった。



カレンダー富士山

P1100227


カレンダー!?富士山、と、言うらしい・・・

カレンダーの様な富士山、なかなか見られないよ、と、
静岡の地元の人に聞いた。

5月4日、朝6時静岡のウィークリーマンションを出発。
朝の9時過ぎには河口湖に着いていた。
そこで見たのが、この富士山。

まさしくカレンダー富士山。

オットいわく、「ご褒美だね。よくがんばったご褒美だね」と。

P1100197


富士山の西側、朝霧台で見た富士山。
菜の花に、鯉のぼりに、青空に、富士山。
飛行機雲もある。

ここで,手作りお弁当を食べた。
たいしたおかずもない,朝お弁当だったけど、
ロケーションがいいから、おいしい〜〜〜

P1100203


河口湖にさしかかったところでは、みんなカメラ、カメラ。

河口湖は,高校の修学旅行で来ているのだが・・・
富士山についての記憶,全くない・・・

P1100222


車を出発させようとしたら・・・
ミラーにも富士山が映っている。
思わず,カメラを取り出す。

P1100237


河口湖大橋の上から見た,富士山。

この辺り、カメラポイントがいっぱいあるんだね。
知らなかった・・・

P1100240


山中湖からの眺め。

富士山がよく見える場所でもあり、
少々にぎやかなところから、離れていることもあり、
この辺り,素敵な別荘などなどある。
セレブの街って感じ。歩いている子供さえ、セレブ感いっぱい。

わたしの人生ではもうないけど・・・
生まれ変わって,万が一,セレブになったら・・・
この辺りに,別荘が欲しいなぁ〜〜〜って思った。
☆三途の川を渡るとき,このことを忘れないようにしなくっちゃ(笑)

オットは,何回も何回も,ご褒美だね,ご褒美だねって言った。

うん、静岡でよくがんばったご褒美だと思うけれども・・・
わたしは,これもうれしいけれども・・・他のものもうれしいよ^^

って、ヘレン・カミスキー(もどき)のブルーの麦わら帽子、
それに、うふふ、ちょっとだけ自分へのご褒美、買ったんだぁ〜
富士山も、そりゃあ、ありがたいけどね,もちろん。





食べたもの(静岡)

IMG_0701


静岡では、日々忙しい中、
生まれ持った食いしん坊根性を丸出しに、
暇暇を見つけては、美味しいもの探索。

写真を撮ったものだけ,アップします。
☆ほとんどは,写真取り忘れ・・・苦笑

まずは、息子の家の近くのちっちゃなお寿司屋さん。
カウンター6席ぐらいで、お客さんも少なかったので、
ここで、寿司屋の若大将といろいろ話す。

何でも,東京築地のマグロ問屋に勤めた経験があって、
世界各地へとマグロの買い付けに行ったと言う。
地中海でのマグロの買い付け場所の話し、おもしろかった〜〜〜

で、静岡とか、清水とか、マグロのイメージだけど・・・
実は,ここにマグロがあがる訳ではなく、
マグロ需要が大きいので,あちこちからマグロが集まる、
そんな裏話を聞いた。

↑話しに夢中で,写真は一枚のみ。
アジの握り。

さて、ここでは,静岡での美味しいものをいろいろ教えてもらった。
わたしの持っていた,静岡地図(観光協会でもらったもの)に、
いろいろ書き込んでもらった。

IMG_0710


まず,絶対におすすめだという、富士宮にあるフレンチ,
その支店が静岡にあるらしい。
さっそく,行ってみる。

正直、フレンチでひとりで、おまけにお店は満席で、
カウンターでひとり食べるフレンチは,心地悪さも、ちと感じたが・・・
いやいや,食いしん坊根性の方が勝った(笑)

黒板に、駿河湾捕れのサバとあったので,それを頼む。
一皿分は,お一人では多いでしょう・・・と、
量を加減していただいて、お店の人の気遣いを感じる。

付け合わせの野菜も,おすすめをチョイスしてもらった。
小松菜の焼いたのが,美味しかった。

ソースは,ラビコットソースかな〜?
名前は忘れたが、味はしっかりと覚えて来た^^

IMG_0708


生マッシュルームのサラダ。
シンプルにフレンチドレッシングで食べる,マッシュルーム。
こんなに美味しいとは思わなかった。
これは,お家でさっそくまねっこしたい。

IMG_0707


このレストランの契約農家のグリーンサラダ。
この日は、マスタードリーフのサラダ。
からし菜とは,また,種類が違うらしい。

このグリーンサラダも,半量にしてくれた。
ありがたい,心遣い。

広島にいたら、月一で行きたいようなレストラン。
いいレストランだった。

IMG_0738


連休に入り,オットが広島から車でやって来た。
オットとともに,まず行ったのが、息子と行ったお寿司屋さん。

↑これ、生シラス。
この時期だけのものらしい。
しょうが醤油で食べる。
冷酒に合う。

IMG_0740


たこの蒸したの!?
ブラックペッパーをかけて食べる。
たこの軟らか煮は、突き出しとかでよく出るが・・・
これは,薄〜い塩味の仕上げ。

いろいろいただいたけれども、写真はなし・・・
このお店、静岡にいた間、もう一度行ったけれども、
なかなかいいお店だった。
広島にあったら,月一行くお店になると思う。

IMG_0766


そして,オットとともに,例のフレンチレストランに行った。
この日の魚は、カサゴ。
これをおすすめのお料理にしてもらった。

カサゴは,やっとやっと火が入った状態。
何でも,カサゴのぬるっとしたタンパク質を加熱しすぎると、
固くなり,食感が悪くなるそうだ。
すごいな〜ぁって思う。

写真に撮ってないものもでも,美味しいものがいっぱいあった。
そして、
あちこちで教えてもらったお店で、行ききれなかったお店もある。
これは、また、行けたらなぁ〜って思う。

☆魚もすごくよかった。
 広島と違って,外洋のお魚。
 金目鯛はすばらしかった。
 駿河のサバもおいしかった。
 シラスも生もいいけど、さっと茹でたのが美味しかった。
 桜えびは,今年は不漁で、ほとんどは冷凍。
 



帰広

IMG_0779


8日夜遅く、広島に帰ってきました。

家に帰って、ほっとしました。
やっぱり,おうちはいいねっ!

つぎの日、ビールとグルメスタジアムに行きました。
前回、オクトパスフェスタがおもしろかったから、
同じメンバーで,遊びに行ったのですが・・・

前回は,ちゃんとしたビールグラスで,ビールをいただきました。
でも、今回は、ぺろんぺろんのプラスチックのカップで・・・

これじゃ、ビールの味が半減・・・それ以下ですぅ。。。

ビール2杯、それにソーセージを買って、3800円
う〜ん、どうなんでしょう・・・ 次は行かないかも・・・たぶん。

とにも、かくにも、広島に帰ってきました。

静岡での話し,その帰りの話しは、また、おいおい・・・

Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ