*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2014年06月

お出かけパンツ

P1100617


頂いた、大事な大事な天然酵母のパン。
最後ですから、丁寧に朝ごはんを作って、一緒に。

・・・

バーゲンが始まったらしい。

欲しいものは、ないが・・・というのは、本当は嘘で(笑)
懐を考えなければ、
欲しいものは、たんと、たんとある。

まずは、ちゃんとしたパンツが欲しい。
夏のお出かけ用のちゃんとしたパンツ。

今,お出かけ用にしているのは、10年以上前・・・
いや、世の中が「ミレニアム」と騒いでいた頃だったから・・・
少なくとも14年前(大笑)

マーガレット・ハウエルで買ったパンツ。
グレーの縞のパンツ。

今でも、よく覚えているのが、その値段。
もう、びっくりするぐらいの値段だった。
よくあんな値段を買ったなぁ〜って思う。

その値段は、4万円。信じられない〜〜〜っ!

あまりの値段に、卒倒しそうになったけれども・・・
麻でサイズもぴったりで、はいて気持ちよくて・・・
これ以上のパンツは、人生に、二度と現れないのでは、と、
マジで、思った。

そう、マジで思ったから、買ったのだ。

その後14年間はき続け・・・
先日も、ホテルのフレンチに行くときも、それをはいて行った。
何せ、夏用、お出かけ「唯一パンツ」だから。

パンツの値段 ➗ 着た年数 = 一年間の値段

40,000円 ➗ 14年 = 2857円 ← 安っすぅぅ〜う!!!

元は取った!!!

だから、ここいらで、お出かけパンツを買っても、
少なくとも、罰は当たらないだろう・・・

ただ、この様な、理想のパンツに出会えるかどうかは、微妙。
まず、バーゲンでは出会えないだろうな・・・

バーゲンで,見つからない、という訳ではない。

バーゲンだと、安いからって、変な妥協をしてしまう。
そこが問題なのだ。

たとえ4万円でも買いたいと思えるパンツに出会えるか、
というところが、ポイントなのだ。

実は、デパートやお店を、探し歩くの苦手。
正直、めんどくさい。
だから、ついつい先延ばしになってしまって、はや14年。

そのうち、ひょんなときに見つかると思っている。

その「ひょん」がなければ、もう少し、今のパンツをはき続ける。
あ〜、20年くらい、同じパンツをはき続けるのかな〜〜〜



理想と現実

P1100624


週2〜3回、牛肉を食べるようにしている。
量としては、ほんの少し。
脂身の少ないところを、ほんの少し。

いつもおいしい和牛だといいんだろうけれども、
それは「理想」であり、「現実」は、もう少し、つつましやか。

↑この日は、5センチ四方の牛肉1枚。
ちなみに、オットは2枚。

大事に味わっていただく・・・笑

・・・

ブラの洗濯、どうしていますか?

わたしは、ブラ専用の洗濯ネットに入れて、洗濯機にポイッ!
これで、ず〜っと洗っていました。

でもでも、やはり、手洗いがいいそうです。

わかっちゃいたけど、それが、ねぇ・・・なかなかめんどくさい。
だから、洗濯機にポイッ!

・・・

夏用のブラを買おうと思った。
スーパーで、ポイント5倍ときに買うとお得だと、教えてもらった。

ある日、たまたまスーパーに行くと、ポイント5倍の日。
それならと、ブラ売り場に行く。

夏用の軽〜いブラを買うことにした。
店員さんにサイズを測ってもらって、試着もちゃんとして、
納得の品を見つけた。

そこの店員さんが言うには・・・

ブラは、絶対に手洗い。
たっぷりのお水で優しく洗い、脱水をかけるか、
または、タオルに優しくはさんでの脱水。

聞いただけで、めんどくさいなぁ〜って,感じる。

そして、何でも、ブラは一週間分、つまり7枚持ち、
それを毎日、日替わりで使ったらいいと言う。
何でも、ブラを休ませる日がいるそうで・・・

そんなに大事に使うブラも、賞味期限、ならぬ、賞「着」期限は、
1年半程度、と言う。

一枚5000円のブラで7枚で、3万5千円。
それを1年半毎に買い替えていかなくてはならない・・・

ありえんなぁ〜〜〜 と、わたしは思う。

そりゃあ、それが「理想」なんだろうけれども、
「現実」は、そんな余裕がない・・・というのが正直な意見。

まあ、全てのことに「理想」と「現実」があるわけで・・・

例えば、運動や食事など、ひとつの「理想」像があるけど、
それを日々実践するのは、大変難しい。

なるべく「理想」に近づくように努力はするけれども、
なかなかその「理想」どおりにいかないのが、「現実」

その点、ブラの方は、「資金」と、
手洗いする「努力」があれば、なんとかなりそう・・・だけど。

やっぱり、やっぱり、なかなかだね・・・

人生なんて、その「理想」と「現実」のはざまの「落としどころ」
これを見つけながら、だましだまし生きていくものかもしれない。。。

・・・

それでも、最近は、手荒いしている。
洗面所にぬるま湯をはって、優しく手洗い。
柔軟剤を使って、型くずれしないように、優しく絞る。

タオルドライはスルーする・・・笑

それを、お風呂場の選択バーに引っ掛ける。
夜洗えば、朝には乾いている。

う〜ん、続けられそうな気もする・・・が・・・




カレー実験教室

P1100646


カレー実験教室、開催。
参加人数は、2人のこじんまりした教室ですが。

急遽決まったので、カレーの具材がない^^;
缶詰の豆と生しいたけ、だけ!

ごはんは、おいしいトウモロコシを頂いたので、
「とうもろこしごはん」にしました。
この季節限定のごはんです。

P1100634


スパイスは、家にあるものを,とりあえず使いました。

P1100642


玉ねぎを5個、1時間30分気長に炒めました。
最初は、焦げ付かないのですが、だんだん焦げ付いてきます。

でも、しっかりしたお鍋なら大丈夫です。
水気を入れて、簡単に「こそげとる」ことができます。

P1100637


干し椎茸をみじん切りいたもの、
干し椎茸とだし昆布のだし、
そして、しょうがとにんにくのみじん切りを入れました。

何回も何回も味見をしながら作ったのですが・・・
味が「決まらん!」のです。

トマトペーストが多すぎたような気もします。
それから、スパイスが少ないような気もします。

一晩寝かせて、明日、もう一度、トライします。
その結果、味は、どうなるかな〜〜〜!?



修理

P1100630


ピンクのカーディガン、たぶん、人生で初めて。

小さな頃から、地味な色ばかり着ていた。
子供だからって、ピンクとか赤とか着た記憶、ほとんどない。

ネイビーブルー・グレー・黒・白が多かったと思う。
夏は、ブルーが多かった記憶がある。まれに黄色もあったかな。
ときどきは、茶やベージュも。

だから、ピンクは、本当に珍しい。

就職した後、自分で森英恵のピンクのワンピースを買った。
それでも、そのピンクはグレイッシュがかったピンク。
ピンクピンクではなかった。

さて、↑このカーディガン、昨年の秋に買ったのだが・・・

すぐに穴が開いてしまった。
バッグの中に入れて,持ち運んでいるときに、何かに引っかかったようだ。

すごくショックで・・・
しょうがないから、自分で繕って着ていた、が、
その穴が大きくなりそうで、心配心配で着ていた。

夏、名古屋にあるこのお店に行ったとき、
店員さんが、他のお客さんに言っている言葉が耳に入った。

「有料ですが、修理もできます。」と・・・

何でも、東京の方に、こういう修理をするお店があるらしい。

その修理方法が、仰天の方法!

カーディガンやセーターの、脇の裏のところを少しほどいて、
そこから、修理用の糸を確保し・・・
それで、穴がわからないように修理をするという。

大変な修理だから、修理代金も半端じゃなかった。
ユニ○○だったら、カーディガンが3枚買えそうな値段の代金。

かなり悩んだが・・・

お気に入りのカーディガンだし、
穴が大きくなったらどうしょうと、びくびくしながら着るのもイヤだし、
それに、何といっても、カーディガンがかわいそうで・・・

そんなこんなで、思い切って修理に出してよかったと思う。

その修理の出来上がりは、いったいあの穴はどこに行ったの!?
っていうような仕上がり。

お店の人の丁寧なお手紙も添えられていて、感謝感謝。

・・・

カーディガンなどのニット類を,バッグに入れて持ち運ぶときは、
布で作った袋などに入れて持ち運んだ方がいい。

これは、今回の反省。

ニット類、マフラー類など、ニットものは穴があくと修理が大変。
そういうことになる前に、袋に入れる。
転ばぬ先の杖、かな!?

・・・

ここのお店、残念ながら、広島にない・・・
東京・名古屋・大阪、そして、博多と、広島は飛ばされる^^;

残念・・・

さて、
この店,夏の綿(シーアイランドニット)の大ファン!!!

その肌触りがすごい。
去年、グレーのカーディガンを買った。
夏のクーラー効き過ぎの寒い場所、あんなところで大活躍。

あまりの気持ちよさに、着て、着て、着た(笑)
お値段は、勇気のいる価格だったが、
値段 ➗ 着た回数 = かなりお安い(笑)

去年一年間で、どれだけ着たかわからない。
後10年は、十分着れそう、また、着るつもり。

そう考えると、ここのカーディガンは,結果、かなりお徳。

正直、冬のウールのカーディガンは、そこまではいかない。

軍配は、夏のシーアイランドコットンに上がる。

何でも、現地ロンドンで買うとお安いみたい。
また、ネットで買うのも、日本で買うよりもお安いみたい。

ロンドンにはなかなか行けないけれども、もし、行けたら・・・
大人買いしてみたい〜〜〜 夢だな〜〜〜


予告編

IMG_4495


ちょっと前、こんなブログを書いた(以下)

・・・

「365日のシンプルライフ」という映画、これがやってくる。

フィンランドの映画。
彼女にふられた男、この男,生活を一新しようとする・・・

考えたことが,おもしろいっ!

1・自分の持ち物を,全部倉庫に預ける。
2・その倉庫から、一日にひとつだけ,家に持って帰る。
3・これを一年続ける。
4・1年間は,ものを買わない。

う〜ん、聞いただけでも,鳥肌が立ちそう!!! 

観たいっ!!!

・・・

このブログを書いたときは、まだ、ほとんど情報がなかったが・・・

予告ができていた。

予告を観て、わかったととは・・・
主人公、真っ裸になって、本当に何もない状態からスタートする。

冒頭、真っ裸の主人公が、新聞紙で前を隠し(笑)
雪のヘルシンキの街を、倉庫まで突っ走る・・・

で、まず最初に選んだものは、コート。
わかるよね。

「人生はモノでできていない。」という言葉。

う〜ん、どんな意味かなぁ〜?

わたしなりに解釈すると・・・
「人生は、どんなモノを,自分の持ち物として選択するか、
 それにより、その人の人生は決まる。」とでも、なるのか。。。

モノ自体、そして、モノの数、考えさせられることがいっぱいありそうだ。

あ〜、早く観たい〜〜〜っ!

☆「カモメ食堂」は、広島に来るのが遅くて・・・
 それでも、早く観たくて・・・
 大雨の中、博多まで車を飛ばして日帰りで、観に行った。
 こちらも、車を飛ばして日帰りしてでも、観たい映画だ。

映画の予告は、↓こちらのHPから
HPを下にスクロールすると、 TRAILER の文字がある。
その下の画面が、予告編。 

「365日のシンプルライフ」こちらから クリック




ちょっとした贅沢

P1100608


オットが高知に行ったときのお土産。
鰹節一本。

すーっつ、すーっつ、すーっつ、と、オットが鰹削り器で、
鰹節を削る。

今、新玉ねぎがおいしい季節。
スライスして水にさらして、水を切って、冷蔵庫で冷やす。

お皿に、つんもり盛って、削りたての鰹節をたっぷり乗せて、
ポン酢を少しだけかける。

あ〜、しあわせの味。

P1100611


〆の卵かけ御飯。

こちらにも、鰹節をたっぷり乗っけて食べた。

卵の黄身のとろみと、鰹節のうまみ、ほんの少しお醤油、
まるで、ウニのようなおいしさ。

↑注:ウニの味にはなりません。念のため。

P1100613


オット、自分の卵かけ御飯用に、また、削る。

す〜っつ、すーっつ、すーっつ、と。

・・・

デパ地下やスーパーのお惣菜売り場の、その品数と量。

あんなにいっぱい、山盛りいっぱい、こっちからあっちまでずら〜っと、
売れるから作るんだろうな〜って思う。

廃棄分もかなりあるんだろうな〜っとも思う。
その廃棄分も、値段に上乗せしているはず。

デパ地下の有名どころのお惣菜店。
ちょこっと買っても、軽〜く3000円にはなる。
心を許すと、5000円ぐらいになる。

3年に一度ぐらい買うけど・・・
いつも、値段にびくびくしながら買う(小心者)

その点、スーパーのは、そこまでのお値段ではないけれども、
それでも、原価を知っているから、高いなぁ〜って思う。

フルタイムで働いている人にとって、夕飯作りは大変なことだ。
夕方一品でもかって帰りたい、そんな気持ち、よくわかる。

わたしも、数年前、フルタイムで忙しい時期があった。
そのとき、ごはん作り、お弁当作り、本当に大変だった。

そんなとき、ほうれん草の茹でただけ、とか、
そんな下準備をしたもの、売っていればな〜なんても思った。

って、こんなもの、値段がとれないのかな・・・

いやいや、98円のほうれん草が、茹でただけで158円なら、
やっぱり、ほうれん草そのまま、買っちゃうだろうなぁ〜苦笑


地味ごはん

P1100602


最近のブログ、カレーとか、天然酵母パンとか、
少しばかり、「おしゃれ」ぎみ!?なものもあるが・・・

我が家の95%のごはんは、地味ごはん。

昨日のお弁当↑
イワシをお醤油・お酒・しょうがに浸けておいたもの、
それに大葉を巻いて、朝から揚げたもの。

さつまいもの煮付け(オット作)
インゲン豆の胡麻和え。

大麦入りのごはん。
自家製梅干し、市販のたくあん。

地味ではあるが、滋味でもある。

・・・

6月、久しぶりにデパートに行った。
家庭用品で気になるものを探しに行ったが、ない。

ついでに、LOFTにも行ってみた。フロアレイアウトが変わっていた。
まあ、便利そうな家庭道具がいろいろ・・・
ついつい、買いたい気持ちになったが・・・ひと呼吸。

家に帰って、もう一度考えて、それでも欲しかったら、
また、買いに行く。

で、今、心に残っている、欲しいもの・・・
ないなぁ〜〜〜

6月のデパート、雨のためか、人がいない。
とにかく、人がいない。

そのデパートからの案内だと、夏のバーゲン、
6月の末からスタートするらしい。
一週間後なんだね。

今のところ、バーゲン行くつもりはない。
欲しいものって、そんなにないよね・・・

いやいや、欲しいものは、山ほどあるが・・・
切実に、これは絶対に欲しいものが、ない。

夏の喪服が必要だな〜っとも思うけれども、
こちらは、たぶん、バーゲンにあんまりならないだろうし。

後は、とりあえずは、ない。

ある意味,買いたいものが「ない」っていうのも、精がない。
歳、とったのかなぁ〜〜〜

・・・

買いたいものがないからって、お金が貯まるかっていったら、
それは、また、別の話し。

静岡で使ったお金、カードで切ったものの請求が、
先月、そして、今月、どか〜ん!ときた。

静岡でがんばっている、息子夫婦たち。
夏、暑くなる前に、お肉でも送るかな〜って思う。
お肉にお小遣いを入れて送って・・・

広島にいる息子たちにも、美味しいものを食べさせたい。
それに、そろそろ夏休みだから、プールも連れて行きたいし・・・
海か山にも、連れて行ってやりたいって思う。

そんなこんなで、お金は貯まらない。

そう言えば、母も、いろいろ送ってくれた。
ありがたかったよね・・・

あのとき、母の懐なんて心配もしなかったけれども・・・
こうやって、順送りなんだね・・・

バーゲンには行かないけれども、
ざるから水が漏れるように、懐がどんどん空っぽになっていく。
スースーして、風通しがいい。

まあ、夏は、涼しい方がいいかっ(笑)  ← 負け惜しみ(苦笑)






天然酵母のパン

P1100591


天然酵母のパン、好きです。

自分で作るから、パン作りの大変さ、わかります。

イーストで作るパン、安定して作れます。
イースト使いのパンは、おいしいパンが焼けると思います。

天然酵母、それも、自家製酵母は安定しません。

イーストと自家製酵母比べると、
安定性ではイースト、おいしさでは自家製酵母、
安定性と、不安定なところ、
そのあたりが、大きな違い、だと思います。

自家製酵母だと,全てなパンは、おいしいのか?

自家製酵母、正直なところ、
おいしいパンもあり、そうでもないこともあり・・・苦笑

それでも、わたしは、やっぱり好きです。
自家製酵母、あの不安定な味のパンが。

大好きな天然酵母のパン、頂きました。
世羅にあるパン屋さん、そこの天然酵母パン教室、
その教室に参加した方から、お裾分けしていただいたパンです。

とっておきのチーズと、それから、ワインと、
そんな組み合わせで、頂きました。

チーズは、ぶどうの木を燃やした灰、それをまぶし付けたチーズ。
フランスからやってきたチーズ。
これを、のっけて、頂きます。

ワインは、安物ですが・・・ 一応、フランスメルロー。

P1100598


一緒にいただいたのは、豚肩ロースを焼いたもの。
付け合わせは、世羅のルッコラ。

豚には、自家製の柚子胡椒を付け合わせました。

柚子胡椒にする青胡椒を,いただきました。
それで作った、自家製の柚子胡椒です〜〜〜
それを添えた、豚肩ロースです。

プレミアムな組み合わせでした。

おいしい天然酵母のパン、おいしいおかず、チーズ、
それにワインと。

こんなステキな晩ご飯、感謝です。





カレー観察

P1100583


昨日の「パン遊倶楽部」で、わたしはカレーを作った。
それも2種類のカレーを。

市販のカレーペースト「印度の味」のカレー(左の鍋)と、
わたしの作ったカレー(右の鍋)

「パン遊倶楽部」後、
ひとり放課後クラブで、味の違いをじっくり観察した。
観察というのは、両方をなめ比べてみること(笑)

「印度の味」は、甘み塩気ともに、うんと強い。
で、わたしのカレーに塩と砂糖を入れてみた。

だいぶ近づいたが、でも、何かが足りない。
う〜ん,何だろう・・・!?

P1100588


「印度の味」の箱を見てみる。

原材料名をしっかりと見る。
昆布エキス、しいたけエキスとある。

こりゃあ、うまみのもと、アミノ酸が必要だな〜と思う。
家の中にあるもので何かないかと,ちょっと考えてみる。
手軽にあるものとしては、市販のソーメンだしだと思い、加えてみた。

すると、なぁ〜んと不思議なことに、味がドンピシャぴったり!

小麦発酵調味料とあるから、ソーメンだしの醤油もよかったかも。

それでも、まだ、細かく言えば、甘みと塩が足りない。
もう少し加えようかとも思ったが・・・

お家のカレーに、それ以上の塩気と甘みはいらないかと、やめた。

それから、オイルも足りないような気がする。
が、オイルも足すのをやめた。

放課後,ひとりカレー観察の結果がでた。

次から、「夏野菜のカレー」を作るときには・・・
干し椎茸と昆布でだしをとり、それでカレーを煮込むことにする。
そうすれば、きっともっとおいしいカレーができるはず。

干し椎茸は、みじん切りにして煮込んだら、いい仕事をしそうだ。
なんだか、うれしくなってきた。

2種類のカレーを同時に作ることなんて、まず、ないが・・・
こうやって、味比べをするには、いいチャンスだった。

「パン遊倶楽部」の放課後、ひとり観察実験教室でした(笑)

・・・

先ほどNHKの朝イチを見たら・・・
精進料理のカレーが出てきた。

その中で、びっくりしたのは、
干し椎茸と昆布のだしをとること!
なんと、なんと、昨日思ったことと同じではないか!

味を修正したカレー、一晩冷蔵庫に寝せたものを、
先ほど、味見してみた。
まさに「印度の味・お家バージョン」ぴったしカンカン!

☆お家バージョンとは、オイル・塩・砂糖分が少ないこと。

「印度の味」は、1瓶450円ぐらい。
お手軽で簡単に作れるけれども・・・
3皿分でこの値段だから、決してお安くはない・・・

夏、トマトが一箱いくらっていうぐらいお得なとき、
印度のカレーペースト状のものを作り、それを冷凍保存すれば、
たぶん、1瓶当たり100円以下で作れそうな気がする。

いやいや、楽しくなってきた。
お家実験は、これだから、やめられない。

・・・蛇足・・・

「印度の味」1瓶のカロリー、426カロリー。
これに、具材を加えても、そんなにめちゃくちゃ高くはならないはず。
3皿分ということは、一皿で142カロリー。

ちなみに、
「ジャワカレー中辛」一皿分、牛もも使用のカレー(ごはん含まず)は、
287カロリー。

「カロリー50%オフバーモントカレー中辛」一皿分、
牛もも使用のカレー(ごはん含まず)は、
190カロリー。




パン遊倶楽部14

P1100556


久しぶりの「パン遊倶楽部」です。
先月は、社会見学として、ビールを飲みに行きましたから^^

↑「丸・粒ライ麦パン」です。

ライ麦のパンはよくあるのですが、こちらは、粒のライ麦入り。
プチプチしたライ麦の食感がすごくいいです。

今回は、かわいい丸パンです。
そのままでもおいしかったけれども、ハムとレタスを挟んでもグー!

P1100553


↑「胚芽食パン」です。

胚芽入りのパンで、もちもちしています。
このままでも、サンドイッチを作ってもおいしいです。

つぎの日に、軽くトーストしてから、サンドイッチにしてもいいそうです。
考えただけでも、おいしそう。

P1100560


↑「ホシノ丹沢酵母で焼いたカンパーニュ」です。
これは、お持ちいただきました。

カリッと焼いたのに、クリームチーズとマーマレードを乗っけます。
たっぷり塗って食べると、とってもおいしいです。

P1100567


わたしは、10分でできるカレーを作りました。

作り方などの詳しい様子は、こちらから ← クリック

こちら、今では、コス○コで売っています。
いくらかな〜!?
2瓶で、900円ぐらいのはず・・・

えびを入れて作ってみました。
大!好評でした。

☆以前のブログを見てわかったのですが・・・
  2005年の12月からのファンだったんですね、この印度の味。
  あれから、いったいどれだけ食べたかなぁ〜!?
  これ、カレー好きの人には、喜ばれます。
  お土産にも、喜ばれます。

☆このカレーをパンにつけて食べたら、カレーパンです。
  市販のカレーパンにはまねできないぐらい、おいしいカレーパンです。
  カレーパン好きの人は、ぜひぜひ。

P1100572


↑「夏野菜のカレー」です。
こちらは、先日の「おいしいテーブル」で作ったのと同じレシピです。

タイニーさん、「おいしいテーブル」をお休みでしたので、
ぜひ、食べていただきたいと、昨日作りました。

先日の「おいしいテーブル」に参加した、まちだパン工房さんが言うには、
先日のよりも、うんとスパイシーだと言うことです。

そりゃそうでしょ・・・

先日の「おいしいテーブル」でのスパイス使いは、かなり控えめでした。
我が家で作るのは、倍量ぐらい入れて、よりよりよりスパイシーにします。

P1100554


付け合わせのサラダは、簡単にリーフレタスとハム。
ハムは鹿野ファームのハムです。
大好きなハムです。

ドレッシングは写真がありませんが・・・
大根・新タマネギ・ぶどう・梅酢などを入れて作りました。

デザートは、写真取り忘れです・・・
「いちごシフォンケーキ」をお持ちいただきました。
こういうのは、オットの好物だから、少しいただいて、後はオットへ。
きっと、アイスクリームを添えて食べると思います。

P1100578


こちらお土産にいただいた、パウンドケーキ。
甘いケーキなのですが・・・
ブラックペッパーとチーズが入っていて、わたし好み。

ワインに合いそう〜〜〜

今回も、いっぱいお勉強しました。
そして、それ以上に,おしゃべりしました。

あまりにもおしゃべりしすぎて・・・
次回の予定を決めずに解散してしまいました(苦笑)

上品中華

IMG_0841


「黒酢酢豚」優しい味の酢豚。
豚、大きめの二口大。
しっかりとお肉。

☆しっかりと脂の固まりのお肉・・・っていうお店もあるから・・・

徒歩圏内にある中華料理店。
土曜の夕方、てくてく歩いて行ってみた。

IMG_0838


「ゆだれ鶏」と言う名前の前菜。

ゆだれが出るくらいに旨いから!?
なぜこんな名前なのかはわからないが・・・
ピリ辛の、確かにゆだれがじわ〜っと出てくるような鶏。

IMG_0839


「エビチリ」
優しめの味のエビチリ。

IMG_0842


「四川麻婆豆腐」
ぴりっとはしているが、そこまで辛くない麻婆豆腐。

どのお料理も、お上品な盛り(量)
我々世代にとっては、たくさんの皿数を頼めるからうれしい。

ここのお店、ホテルの中華料理店に勤めたシェフが、
オープンしたお店。

そのためか、味付けは、どれもお上品。
脂&油も強くなく、塩気も、甘みも強くなく、うれしい味付け。
それに、先ほど書いたが、盛りもお上品。

がんがん食べる「町の中華料理屋」と言う感じではない。
が、我々にはうれしいお店。

たぶん、これからも、ときどき行くお店になりそう。

・・・

このお店、持ち帰りメニューがある。
30分前までに,電話で頼むと、持ち帰りができる。

日曜日、どこかに出かけたときなど、
ごはん作りたくないなぁ〜っていうとき、
帰りの車から電話できる。

2品ぐらい頼んで、後は、家にあるもので食べる・・・
う〜ん、楽チンでいいなぁ〜

ランチもあるみたいだから、こちらもフラ〜っと行ってみたい。

お店はこちら↓

恵莉華



5-10「おいしいテーブル」

P1100540


今回のおいしいテーブルは、カレー。
夏になると、食べたいメニューNO1!

昭和っぽいお鍋で、カレーを煮込みました。

☆カレーをよそおう方の手、きれいですね。

P1100516


「夏野菜のカレー」です。

お肉を使わず、野菜のみのカレー。
オイルもちょっぴりですので、すごくヘルシーです。
ちなみに、小麦粉も使いません。
全て、野菜のとろみです。

「黒豆ごはん」を炊いて、カレーに添えます。
1時間ほど弱火で煎った黒豆を炊き込んだごはんです。
押し麦も少し混ぜました。

P1100527


「簡単ラッシー」です。

本当の作り方とは違いますが・・・
それでも、それなりの味がする、お手軽ラッシーです。

ひとりの方が、ミントを持って来てくださいました。
グッドタイミングです。

ストローを持参しました。
黒いストローです。
白いラッシーに、緑のミント、黒のストローで、大人!?

P1100531


たくさんできました。
「チキンナゲット」です。

市販のタンドリースパイスを使った、お手軽なチキンナゲットです。
ささみを包丁で、いい加減にたたいて作ります。
ちぎっていれた大葉が、味のポイントになります。

P1100519


チキンナゲットに添えたのは、「キャベツのザブジ」です。
インドの家庭料理、インドの野菜炒めです。
クミンシードを使って炒めただけの、シンプルな炒め物です。

P1100522


「セロリのピクルス」です。

セロリを刻んで,ラー油やごま油と混ぜただけのピクルス。
今回は、カレーのお供に作ってみました。

P1100523


「はと麦のサラダ」です。

本当は、キヌアで作りたかったのですが・・・
何でも、テレビでキヌアを特集したらしく、
今、市場から消えてしまって・・・

代わりに、はと麦を使いました。
ひじきと野菜と一緒に,さっぱり味に仕上げました。

夏は、ひじきの煮物よりも、こんなさっぱり味のひじきの方が、
食が進むような気もします。

P1100534


簡単なサラダを作りました。
生わかめも添えました。

コス○○で買う、焼いてあるカリカリベーコンをトッピング。
長いベーコンを、キッチンはさみでちょきちょき切って使います。
これ、このままで食べられるので、便利です。

P1100543


「梅酢利用の梅ドレッシング」をかけていただきます。

梅干しを漬けた梅の汁、これを利用したドレッシングです。
野菜、はちみつで、味を柔らかくします。
粒マスタードを入れて、少しだけパンチを効かせます。

市販のドレッシング、おしゃれな瓶に入って、1本700円ぐらい。
どばどばかけると、あっという間になくなります・・・

でも、手作りドレッシングだと、その点、安心&安全、そして、安い!
残り野菜で簡単にドレッシングができます。
味もお好みにできますし、オイルも控えめにできます。

P1100537


「バナナケーキ」です。

これは、わたしが朝から焼いて持っていきました。
久しぶりに焼きました。

ボウルの中に材料を入れ、どんどん混ぜていくだけのケーキです。
家で焼くケーキは、こんなケーキが一番だと思っています。
何たって、お気軽ですから(笑)

写真にはありませんが・・・
チャイも作ってみました。

ピンカートン・スークのアイロン印のチャイで作りました。

なぜ、アイロン印・・・なのか・・・?
聞かれたけれども、わかりません。
次、スークに行ったら、聞いてみます。

あ〜、スークのカレーが食べたい。

誰か、スークのカレー、食べにいきませんか〜っ!?
・・・って、わたし、食べたくなったら、
ときどきふら〜っとひとりでも出かけます^^

・・・

写真は、ありませんが^^;
「らっきょう」の付け方の実演もしました。

・・・

「おいしいテーブル」では、
「イラン風ヨーグルトカレー」「アルネカレー」と作り、
今回の「夏野菜のカレー」が3回目です。

どのカレーも、カレールーを使いません。
スパイス使いのカレーは、その出来が毎回違うから、楽しい!

今回使ったスパイスは、
ホールクミン・クミンパウダー・チリパウダー・コリアンダー、
それから、最後にガラムマサラを加えました。

今、ちょっと大きめのスーパーで手に入るスパイスです。
自分で調合してもいいし、ガラムマサラだけでも、
おいしいカレーができます。

・・・

市販品を買うってことを、否定するつもりは全くありませんが・・・

家でできるものは、作ってみるってのも、ひとつの手だと思います。
作ってみると、以外と簡単ってこともありますし。

カレー、ラッシー、チキンナゲット、ドレッシング、らっきょう・・・
買えば簡単に手に入るけれども・・・

あえて、作ってみるってのも、ある意味の「楽しみ」です。

失敗しても、明日があるさ。
明日、作れば、おいしいのができるかもしれない。
または、できないかもしれない。

そのときは、楽しみが先延ばしされるだけと、考える。

あくまでも楽天的に(笑)

お家は、そう言う意味での、懐の深い「実験センター」でもあります。

クラッシックなホテル

P1100344


どうしても、記録に残しておきたかったホテル。
蒲郡クラッシックホテル。

ここの好きは、お風呂。
お部屋に付いているお風呂。

温泉地だと、部屋付きのお風呂は,基本どうでもいい。
大浴場でお風呂に入るから、お部屋のお風呂には用がないから。

もちろん、部屋に露天風呂付きとかなると、うれしいけど・・・
そんなお部屋はめったに泊まれない。

ここのお風呂、ユニットバスじゃなくて、陶器のお風呂。
それに、外に向けての窓がある。

P1100345


窓の向こうには、竹島が見える。
湯船に浸かると、外は見えないけれども、
外の風を感じることができる。

気持ちよくって、夜入って、朝からも朝風呂を楽しんだ。

P1100339


お部屋からの眺めも好き。

すごく豪華っていうこともないけれども、
すっきりした感じが好き。

外に、竹島が見える。

P1100342


お部屋からの眺め。

海が見える部屋って、とっても好き。
オーシャンビューって、マウンテンビューよりもお値段が高い。
それも、たいていの場合、すっごく高い。

でも、ここのホテルは、ちょっぴりぐらいの高さ。
静岡での「ばあちゃん業」をすごくがんばったから、
ここのホテルでは、海を見て、ぼ〜っとしたかった。(ご褒美でね^^)

P1100361


夕暮れ時の景色。
こんな夕暮れを見ながら、何も考えないときが好き。

じぃ〜っと海を見る。

オットは,こんなとき、たいていは・・・
仕事のことをしていたりする。
だから、静かにしている。

そう、静かにしながら、外を見る。海を見る。
それが、わたしにとって、なんともいえない贅沢な時間。

P1100362


夜、食事に行くときの景色。
空の色が、ピンク。
こんな色の空、アイルランドで見て以来。

ホテルの敷地内の、鉄板焼きのレストランへ行く。
レストランは、我々を含め、二組。

P1100371


まずは、シーフードを焼いてくれる。
写真は、ぼけぼけ・・・笑

P1100372


お肉は、国産牛のヒレ。
国産牛だから、さっぱり味。

☆やっぱり、おいしいのは和牛だねぇ・・・苦笑
 
で、和牛に代えるオプションもあったけれども・・・
プラス○千円だったから・・・ やめた・・・

P1100373


付け合わせの野菜焼き。

その後、デザートのパフォーマンスがあった。
が・・・
デザートは、お腹いっぱいだし、まあ・・・どうでもよくて・・・

P1100378


夜、部屋から見えた竹島。
ライトアップしているんだね。

この景色がうれしくて、また、ぼ〜っと(酔っぱらいで)見ていた。

P1100396


朝ごはんは、和食をチョイスした。
わたしは、おかゆにした。

P1100389


ここのホテルは、古いホテルのようだ。
何せ、名前が、クラッシックだものね。

エレベーターも、すごく古いらしい。
でも、ちゃんと動く。

P1100385


古いわりには、ちゃんと動くエレベーター。

マレーシア、イポーのステーションホテル。
ここのエレベーターは、何でも由緒あるエレベーターで、
ホテルの自慢だった。

ベルボーイが、このエレベーターは、マレーシアで一番古くて・・・
でも、現役でちゃんと動くエレベーターです・・・と説明。

その説明の中で、ガタン!と音を立てて止まった。
一階と2階の間で止まって・・・

P1100391


ホテル正面玄関。

いろいろだけど・・・
もう一度行ってみたいホテルリストに入る、蒲郡クラッシックホテル。

オットの服

P1100509


↑オットのTシャツ、ポロシャツ、全て

先週、梅仕事の前、オットの服の衣替えをした。

数年前から、オットの服は、オット自身が管理することにしている。
だから、衣替えなど、わたしは一度も手伝ったことはない。

それを、今回は、わたしが衣替えをした。

なぜなら、オットの服、少しばかりの方向転換をしたかったから。

P1100511


↑オットのチノパンツ、全て

オットは、あれこれの服を着るような「おしゃれ」さんではない。
まあよくもぉ〜っと思うぐらい、同じ服を買い続ける。

お着替えしていないんじゃないっ!?って思うぐらい(笑)
毎日、毎日、同じ服を着続ける。

それはそれでいいと思う。
わたしに文句はない。

最近、サイズ感がちょっと違う感じがして来た。

以前に比べて、少しスマートになり、かなりサイズダウンした。
だから、前の服は、少しばかりぶかぶか・・・

60過ぎて、ぶかぶかの服を着ると、より「おじいさん」に見える。
だから、サイズの合わない服は、すべて処分した。

P1100510


↑オットの下着、全て

さらっとする、クールなんとかをそろえた。
ユニ○○のよりも、下着メーカーの方が、肌触りがいいと言うので、
そちらをそろえた。

お値段的には、5倍ぐらいするけれども・・・
大事に着るし、夏、外仕事で暑いだろうし・・・
それに、たかが下着だが、見た目がいい。

若い人だと、一枚1000円の下着でもかっこいいと思うが、
60過ぎると、しょぼく見える。それも、より、よりしょぼく見える。

P1100512


↑オットのショートパンツ、麻のパンツ、全て

オットの服は、これ以外には、クリーゼットに掛けて収納している、
シャツ類が8枚程度ある。

こちらのほとんどは、オックスフォード地のボタンダウンシャツ。

それから、合もののスーツ2着、紺ブレ1着、式服(喪服)1着。

P1100513


引き出しの一番下の段には、合ものを入れた。
キャンプに行くとき、梅雨で少し寒いときなどに着る服。
たぶん、ほとんど着ることなく、夏は終わると思うが・・・

これ以外に、靴下、スポーツ用の服も少々ある。
後、ハンカチ代わりの手ぬぐい20枚ぐらい。

これが、オットの夏の全財産(笑)

泣いても笑っても、これだけしかない。

後は、全部、黒いビニール袋に入っている。
明日は、資源ゴミの日。
明朝、全部ポイッする^^

・・・

昨日、出先で見た新聞に、ある記事が書いてあった。

その中に、ある男の人、60歳のときに、服を大量処分したと。
それを読んで、なんだか納得した。

その人、その後、シャツやポロシャツを買い足したらしい。
ちょっと遊び心あるポロシャツや、ピンクや赤ベースのシャツなどなど。

わかるなぁ〜

60過ぎて、今までの服に違和感を覚え、
新しい感覚の服を買い足したということ。

その人が、どんな人なのか、読み落とした。

我が家のオットは、おしゃれをするようなタイプではないが、
歳相応の「遊び心のあるおしゃれ」は、してもいいかと思う。

もちろん、手持ち資金に限りがあるから、新しいものはそんなに買えないが、
一枚ずつ増やしていきたいと思う。

・・・

わたしの方も、今は、かなり持ち服が少ない。
以前、ブログに、おとなになって一番少ない服数と書いた。

今は、そのときよりも、もっと数が少ない。

収納ケース的には、ひとつ分減った。
また、こちらは、ゆっくりアップしたい。

梅と週末と

P1100397


5日(木)
母から梅が届いて、それは、砂糖梅にした。
らっきょう2キロを漬けた。

6日(金)
母からの梅が、また、大量に届いた。

美人の梅は、梅干しにした。
個性的な梅は、梅酒にした。

梅漬けの間に、丹沢酵母でイギリスパンを焼いた。

7日(土)
朝から、北広島へ仕事。
そこから、直接、九州へと向う。

鳥栖のプレミアムアウトレットに寄る。

ティンバーランドのデッキシューズ7000円、Tシャツ2100円。
2点で10%OFF。 3点だと20%OFFだったけど・・・
必要ないものを買うこともないと、2点だけ買う。

2点で8500円程度。やっぱり安いなぁ〜。
でも、欲しいものが見つかるかどうかは、ある意味の「賭け」
見つからないときは、潔く、「何も買わない」ぐらいの気持ちがないと、
アウトレットは、危ないことになる。

先を急いだので、それだけ見て、それだけ買って、次は熊本へと。

お昼のタイミングを外したので、サービスエリアに寄る。
チャンポン一杯、鶏むすび2個,オットとシェアして食べる。

熊本でオットの仕事中、車で待つ。
暑い!

植木温泉に行く。
龍泉閣という大きめの旅館。
立ち寄り湯は、なんと400円。安ぅ〜い!

源泉掛け流し、3時間でお湯が一巡するという。
まあ、なんとも贅沢な温泉。
露天風呂には、打たせ湯もある。

砂蒸し風呂もあるらしい。
冬、こちらを一度試してみたい。

その後、スイカを買う。
にんじんバケツ2杯ぐらい入って、300円。
きゅうりもバケツ2杯で、300円。
トマト一箱12個入り、580円。

何でも安いが・・・
土曜日は泊まりなので、諦める。

その後、九州の実家へと行く。
夜7時着。

母が、キビナゴの刺身と,いろいろなおかず、
そして、ご機嫌な和牛を用意していてくれたので、
もっとご機嫌になって、焼き肉を食べた。

あ〜、忙しかったけど、いい一日だった。

8日(日)
朝ごはんを済ませて、叔母のホームに行く。

筑後川沿いの道を1時間少々走る。
まずは、叔母のマンションに寄る。

ここは、ホームに入る前,叔母が住んでいたところ。
最後の頃は、叔母だけではなかなか掃除などが難しく、
少しばかり大変な状態になっていて、ちょっと心配だった・・・

そこを、弟夫婦が何度も通ってきれいにしてくれていた。
感謝!

見違えるようにきれいになったマンション。
叔母が着ない服も、きれいに整理されていた。

叔母は、いわゆる「着道楽」だったから、
持っているのは、かなりいいものばかり。

もう、スーツやコートは着ないからと、数着いただく。
わたしには、とても買えないような値段のものだから、うれしい!

その後、ホームの叔母に会いに行く。

久しぶりだけど、オットのことも、わたしのことも、ちゃんと覚えていた。
話しをすると、ときどき「トンチンカン」だけど・・・
でも、ちゃんと話しは通じるから、一安心。

もうすぐ90歳にしては、足腰はしっかりしていて、
スタコラのスイスイで歩く。

叔母の部屋は角部屋で、明るく気持ちのいい部屋。
弟夫婦が、持ち物をきれいに管理しているので、
すっきりして、心地のいい部屋。

角部屋からは、九大線が見える。
日曜日の午後3時頃、例の豪華列車「ななつぼし」が通るという。
それを見るのが、楽しみみたい。

ホームのスタッフも、とってもフレンドリー。
叔母も信頼を寄せている様子。
その様子を見て、すっかり安心。

また来るね!と約束して、ホームを後にする。

ランチは、ちょっと行きたかった「寶屋」というお店。
「暮しの手帖」にここの様子が載っていたので、行ってみたかった。

昭和レトロの大衆食堂。
大衆食堂と言っても、4階建てのビルひとつ分、全部が食堂。
びっくりするくらいのメニューの多さ。

母、弟夫婦、オットとわたしの5人が、お腹いっぱい(以上)食べて、
5000円から、おつりが来た・・・

田舎の街だけど、すごくがんばっているお店。
ここは、また来てみたい。

その後、母を乗せて、実家まで運転。
母を下ろして、一休みをする暇もなく、広島へと帰る。

途中、オットの仕事1件済ませ、広島帰着、午後7時。

あ〜、よくあちこち走った。

バタバタのこの週末だったけど、
梅仕事も済ませ、実家にも行き、叔母にも会い、オットの靴も買って、
おまけに、わたしは服をいっぱいいただいて、
あ〜、いい週末だった。

今週も一週間、がんばる、がんばれる!



らっきょう&梅

IMG_0828


梅やらっきょうの季節になった。

まずは、らっきょうを2キロ漬ける。
らっきょうは、少々高くても鳥取と決めている。
深い根拠はないけど・・・ なんとなく、鳥取。

梅は、母が頂き物を3キロ送ってくれた。
割り梅の砂糖漬けを作ってみた。
梅シロップができる予定。これは、今年初めてのチャレンジ。

今日、また、梅が届く予定。
母が大量にいただく梅、それをお裾分けしてくれる。

梅のサイズが少し小さいというので、梅干しにする予定。
梅干しには多すぎそうな気もするので、
残りは、梅酒の予定。

梅干しは、野田琺瑯の白い容器に漬ける。
らっきょう・砂糖梅・梅酒は、瓶に漬ける。

あの、よく見かける、赤いふたの容器が、どうも苦手で・・・
毎年、1個ずつ買い足して行ったガラス瓶が、かなりの数になった。

この瓶を買うときは、ついでに、ふたのゴムパッキンを買う。
今、我が家には5〜6個のスペアパッキンがある。
らっきょうとかの匂い、あれは、パッキンに付くような気がする。
ガラス瓶本体は、しっかり洗えば、匂いは残らない。

だから、パッキンを匂って、匂う場合は、チェンジする。
ちなみに、パッキンは、ネットで買える。

今日は、梅仕事が忙しい。

来週は、らっきょうをもう少し漬ける予定。
あ〜、いそがし、いそがし〜〜〜


パン事情

IMG_0822


今、パン作りには、一番いい季節。
一時発酵の温度が、室温で充分だから、
こねたパン生地を,その辺りのほったらかし^^

ホシノ丹沢酵母を起こして、パンを焼いた。
いつもは、ホシノの普通の酵母だが・・・

たまたま、酵母を買うお店で、パンの先生のタイニーさんにお会いした。
丹沢の酵母もいいわよ〜って、話しを聞いて、
今回、初めて、こちらの酵母を買ってみた。

うん、なかなかいい感じ。

↑わたしが焼いたのは、イギリスパン。
こちらは、粉量300gの小さめのイギリスパン。
一度に二つ焼く。

IMG_0812


角々の食パンを焼くときは、650gの粉で焼く。
わたしは、「食パン」なんだけれども・・・
タイニーさんは、プルマンと言う。
そんな言い方があるとは、実は、タイニーさんから教えてもらうまで、
知らなかった^^;

で、その「プルマン」って言うのが、我が家ではまだ根付いてなくて、
今でも、我が家では「食パン」のまま(笑)

IMG_0815


「食パン」の大好きなオット。

パンを焼くと、にこにこ顔になる。
家に帰って、焼いたパンがあると、朝まで待てない。

晩ご飯、たとえ、パンに合わないおかずでも、パンを切る。

そして、焼きたてパンがあると、ワインを抜く。
うふふ、それは、わたしもうれしい。

・・・

いつも、いろいろなパンを焼いてみたいな〜って思う。
妄想のパンは、あれやこれやと膨らむ・・・

が、いざ、パンを焼くとなると、
食パン、または、イギリスパンになる。
たまに、丸パン、または、コッペパン。

う〜んとがんばって、イングリッシュマッフィン、または、ベーグル。
味のあるパンを作るときも、くるみパン、または、レーズンパン。

気分が乗ると、カンパーニュ、または、全粒粉のパン。

それ以外のパンを焼くのは,ほとんどない・・・

パン教室に通って、いろいろ習って,いろいろ焼いたけれども・・・
今の我が家の現状では、ニーズとしては、↑こんな基本パン。

まあ、わたしが横着でぐうたらだから、
いつもいつも、こんなプレーンなパンっていうのもある。

その他の理由としては、
オットと二人、味のついたパンがいっぱいできても・・・困る。

そして、今の一番の大きな理由は、材料について。

いろいろなパンを焼くとなると、それなりの材料がいる。
で、一時は、それが楽しくて、
あんな粉、こんな粉、あっちの粉にこっちの粉も買った。

でも、全部を上手に使いこなすことができない。
何せ、オットと二人だから、そんないろいろな粉が余る。

我が家で食べる分だから、少々の賞味期限は気にしないが・・・
それでも、賞味期限が一年以上前のは、やっぱり、なんだかねぇ・・・

ということで、少ない種類の粉で焼けるパンとなると、
そのパンの幅の決まってくる。

だから、今の課題は、基本のパンの粉で、いろいろ焼くこと。
どこまでできるか・・・



青い海

IMG_0819


青い空に、青い海、そして、ヤシの木・・・と言えば・・・

ハワイでしょ!

ただいま、ハワイでっす! 


        ・・・・・・・と、言ってみたい・・・苦笑

IMG_0820


本物のハワイを彷彿とさせる景色、これ、昨日。

IMG_0818


行ったのは、日本海、浜田にある海浜公園。
写真で見ると、よけいにハワイに見えてくる(笑)

夏になると、多くの人が、海水浴とかキャンプとかに訪れる場所。

昨日も、夏のような天気。

でも、夏じゃないから・・・人は、まばら。
まるで、プライベートビーチのよう。

土曜日、キャンプデビューしようと思ったが・・・
オットは、仕事に行ってしまった。

ひとりで、キャンプに必要なものをピックアップしていたら、
それだけで、なんだか、疲れてしまった・・・

風船の空気抜けるように、気合いが抜けて行くのがわかった。

せっかく天気もいいし、テントも買ったしと、気合いを入れるが、
気持ちが全然前に向かない。

オット、3時に帰ってくるから、用意しておいてって言ったけれども、
彼のいつもの行動パターンからすると・・・

3時が4時になり、下手すると5時近くに帰ってくる。

で、わたしは、イライラして、その帰りを待つ。
で、イライラのまま出かける。
で、たとえ近場のキャンプ場に行ったとしても、
  慣れない、初めてのテント立て。

で、絶対に、喧嘩になる。

おまけに、土曜日は、暑かったから、暑さも手伝って、よけいに腹が立つ。

なんて、なんて、キャンプシュミレーションをしていたら、
もっともっと、疲れて来た・・・

行く前から疲れるキャンプなんて、あ〜、テンション下がる。

ってことで、ひとりシュミレーションで疲れはてて(苦笑)
キャンプはやめた。

オット、結局、帰って来たのは6時前・・・
あ〜、行かなくてよかった!

だから、その代わりってこともないけれども、
昨日の日曜日は、朝5時過ぎ起きて、ドライブへと。
・・・と言っても、オットの仕事がらみのドライブ・・・

海が見たかったから、海浜公園へと行ってみた。

あ〜この季節、ここでキャンプするのも、いいかも。
こんなにきれいな海が、朝から見られたら、いいかも。

次は、暑くなる前に、ここでキャンプしたいなぁ〜〜〜


Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ