*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2014年07月

お手本

P1100922


NHKの団塊スタイルで、すっかりファンになった、
風吹ジュンさんの本、「風吹ジュンスタイル」

1952年生まれということは、60歳とちょっぴりのお年。
女優さんとはいえ,素敵さが違う・・・

いろいろ大変なこともあった人生なんだろうけど・・・
目指すところの「大人のお手本」が,ここにあるような気がする。

本の冒頭での一節。

はじめに
生きている限り,問題は起こります。
きっと一生頭を抱えて生きていくものだと思います。
それでも,いつも好奇心のアンテナを張って
心を柔らかく、さまざまなものを吸収して
これからも成長していきたい。そんな風に思うのです。

 注釈:「風吹ジュンスタイル」マガジンハウス 本文2ページより

この「はじめに」で、まず、心を奪われた。

確かに,生きている限り,問題は,次から次へと。
小さな問題のこともあれば、人生に立ちはだかるような問題だったり。

はたまた、
たいていの場合なんだけど・・・
たいしたことないのに,一人で空回りしてしまっている問題だったり。

そんなこんなで,頭を抱えることも次から次に,いっぱいやってくる。

いい意味での好奇心を持ち、
心に変なフィルターを持たず、
いろいろなものを吸収していくだけの、
柔軟なキャパシティーを持ちたい。

そうなりたい、と、わたしも思う。

本では,彼女のファッションや仕事、旅のこと、
そして、趣味のお茶、愛犬、アンチエイジング法など書いてある。

女優さんだから,わたしの生活の中に、
それをそのままは、取り入れられないけれども、
生きていく上の,参考となるものが、あちこちにある。

それを,自分なりに置き換えてみるのが,楽しい。

それにしても・・・
ジュンさん、スタイルがいい。
そのための運動を、きっちりとやっている。

ファッションについても,いろいろ書かれているが・・・
やっぱりきちっとした生活した上での、
努力のもとに維持している身体。

そのベースの上に着るから,かっこいいのね・・・

あ〜、わたしも,もう少しがんばんなきゃね。





リメイクエプロン

P1100889


エプロンを作った。
かわいいでしょ〜♪

これ,実は,オットのシャツのリメイク。
何年か前に買って,オット,夏にはよく着たんだけど、
最近,少しばかりスリムになって,ぶかぶかになった。

どうするかなぁ〜って考えて,エプロンにすることにした。

P1100890


胸当ての部分の拡大。
ここは,シャツの後ろヨークのところ。
ヨーク切り替えのところを利用したところがポイント。

P1100893


脇の部分は,そのまま利用。
だから、スリットが入っている。

P1100892


ポケットは,袖で作った。
半袖だったから,袖の折り返しを,ポケット口に持ってきた。

エプロンのヒモの部分は、前立ての横の布を利用。
お腹の前で結ぶのに70臓⊆鵑琉っ掛けに55臓
この長さは,その人の体型によって違う。

ぽんぽん周りがかなりゴージャスな人は,これじゃ足りないかもしれない。
この辺りが,すっきりしている人は、これじゃ長すぎるかもしれない。

実は,オックスフォードのシャツでもリメークしたエプロンがある。
でも,エプロンにするには,こんなかわいいシャツの方が楽しくできる。

なお、オクスフォードとか,無地のシャツリメークでも・・・
楽しいプリントで,ポケットを作ったり,ヒモを作れば、
それはそれで,楽しいエプロンが作れるかもしれない。

このエプロン造りのポイントは、
捨てちゃうような,着古したシャツを使うわけだから・・・
あまり考えすぎずに,思い切ってやること。

型紙は,自分が使っているエプロンを置けば、それでOK!

一枚目は,捨ててもいいようなシャツで作ってみるといい。
それで作って,改良部分があれば,それを頭に入れて、
2枚目に作ると,よりいいのができる。

じゃきじゃき切って,がんがん縫えば・・・
2時間もあればできる,リメイクエプロン。

☆最近は,リメイクに凝っている。
 着ない服をじょきじょき切って,いろいろ作る。
 または、布がいいものは、丁寧にほどいている。
 だめもとで,やるのがいい。



連休そうじ

P1100886


プラスチックの鉢が嫌いで,買うのはテラコッタの鉢・・・

買ってきた鉢を,テラコッタの鉢に植え替えたり、
または、
買ってきた苗を、テラコッタの鉢に植えていた。

そうやって集めた鉢たち・・・

大きな鉢は,持て余す,そんなお年頃になってきた。

この連休に,大きめのものは5〜6鉢、思い切って処分した。
大きい鉢はお値段も高かったので,いろんな思いも・・・
だが,なんとか,決断。

しかし,持ち前のケチ根性で、まだ思い切れなかった鉢↑
それがまだまだ残っている。

う〜ん,どうするかなぁ・・・ やっぱり処分かなぁ・・・

・・・

この三連休,オットは,仕事だと思っていた。
土曜日は,案の定,仕事に出かけて行った。

そして,連休二日目の朝、いきなり、
「どこかに遊びに行こう〜」って言い出した。

どこに行くかなぁ〜と考える。
大阪とかおもしろそうだけど、ハリポタUSJで、
大阪方面、人が多そうだなぁ・・・と思う。
それに,暑いしねぇ・・・

中国地方の地図を見るんだけど、どこもピントこない。
で、ぐずぐず・・・

10時過ぎに,ふと思った行き先。 ○ーナン(笑)

実は,ベランダを洗うためのホースがすごく古くなっていて、
たぶん20年以上使っている,年代もの。
この使い勝手が,なんとも悪い。

ホースを見に、ホームセンターに行こうとオットを誘う。
オットはオットで,欲しいものがあるからと、
連休の行き先は、○ーナンに決定。

最近できた○ーナンに行く。

すごぉ〜くたくさんの、もの、もの、もの・・・
入場料のいらない,テーマパークのようだっ!

お目当てのホース、う〜ん、20年の間に,かなり進化している。
20メートルのホースなのに,収納はコンパクト。
重さも軽い。これなら,わたしにも扱える。

これで,網戸の掃除,ベランダの掃除,がんがんできる。
やる気、でるぅ〜〜〜 と、かなりのテンションアップ↑

昼食後,オットは,たっぷりの昼寝をした。
わたしも,テレビを観ながら、ごろごろ〜

3時過ぎ、ホースを使ってみることにした。
なかなかの使い勝手。
まずは,網戸を洗ってみる。

と、ここで,ベランダのデッキを洗い始めたオット。
ついでだと、デッキをめくって洗い始めた。

あ〜、引っ越してきてから8年間,一度もデッキ下を洗ってない。
恐る恐るデッキ下をみたが,思ったほど汚れていない。

ベランダいっぱい引き詰めているデッキを,全てはぐって掃除した。

そのとき,ベランダの隅に置いていたもの・・・
よしず、大きめの鉢、かずらでできた鉢カバー、などなど・・・

これを処分しようと思った。

たまたま、月曜日は,不燃ゴミの日。
朝早くから作業を開始し、鉢や土をゴミに出した。

今,ベランダは,すっきり。

ひょんなことからスタートした片付けだが、
夏前に,ベランダ周りがすっきりして、あ〜いい気分!

この夏は、
もう少し鉢を処分して,自分の取り扱えるものだけ残す予定。

↑これ、自称「老前整理」の一環のつもり。。。



和牛ごろりんカレー

P1100807


カレー実験で作った,カレーの素で作ったカレー。

珍しく和牛のすね肉があったので,それを煮込んだ。
煮込んだすね肉を半分にわけ,半分は冷凍した。

その牛すね煮に、軽く炒めたきのこ類とズッキーニを加え、
皮ごと蒸していた小さなころころのじゃがいもを加え、
カレーの素を加えた。

味見すると,カレー粉の味が足らなかったので、
カレー粉を加えた。

軽く煮込んで、最後に塩とブラックペッパーで味を整えた。

うわぁ〜っていうほどの本格的な味のカレーになった。

が・・・

夕飯のとき,気がついた・・・
ごはんがない。。。

世の中には,神様がいるものだ!

この30分ほど前に、お家で焼いたパンをいただいたのだ。
ありがたや〜、ありがたや。

ごはんの代わりに,焼きたてのパンをいただいた。
グリーンのサラダをたっぷり添えて。

P1100805


和牛のすね肉、おいしかった〜!
大きめに切ったから,ボリューム感たっぷり。

まるごとじゃがいもに、負けない大きさのお肉。
あ〜,しあわせ感、充実感いっぱい。

オットいわく、
ホテルのカレーみたいっ!

↑褒め言葉なんだろうけど・・・
 少々ムカッとした。。。

☆和牛のすね肉だから、1800円もした!
 でも,半分に分けて使ったから,一回分900円。
 作ったカレー、3回分あったから、一回分300円。
 一回分300円で,これだけゴロゴロお肉が入っていたら、
 わたし的には、かなりうれしい〜〜〜

 あっ、一人分だと150円。
 レトルトカレー並みの値段。
 ただし、手間はかなりかかった。

 おいしく,お安く食べようとすると,手がかかるなぁ〜
 まあ、その手間、それも楽しみでもあるけどね。



緑と黄

P1100819


歳をとったからのか,日本人だからなのか、
ごはんのおかずに、和っぽいもの,お醤油味のもの、
こんなものが一品欲しい。

満願寺とうがらしをざくざく切って,揚げとじゃこで煮たもの。
油揚げは,親の敵みたいに,ぱさぱさになるまで油抜きする(笑)
自家製の出しで煮て,みりんとお醤油で味付けする。

なぁ〜んちゃことない一品だけど、こんなおかずが好き。
日々、98%は、こんな、何でもないおかず。

おかずが,平々凡々だから、器はちょっと変わった形で。
クロス(十字架の形)の器。
大きさの割に,あまりたくさん盛れない。

ひとつの辺だけ,黄色。それも,真っ黄色。

これを買うとき,いろいろな色があったけど・・・
緑がきれいに見えるかな!?と思って,黄色を選んだ。
狙い通りに、緑の野菜,それも夏野菜が合う。

ゴーヤ、ししとう、ピーマン、ズッキーニ、モロッコ豆などなど、
今のシーズン美味しい野菜が映える器。

実は買ってから後,どのように使うか,ちょっと迷っていたんだけど、
季節が違ったのかもしれない・・・

☆☆☆

器を作ったのは、杉尾信康さん。
ググると画像がいろいろ出てきます。
楽しい色と形、あ〜見ると,欲しくなります。

還暦になったら,赤いお茶碗が欲しい(笑)
いや,還暦にならなくても,欲しい・・・
赤いお茶碗でごはんを食べたら,絶対に元気になれそう〜

・・・って、オットが,それ以上元気になって、どうするん。。。と言う。





記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ