*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2014年08月

暫定一位

IMG_1024


おっ、久しぶりに、旨い餃子!

油っぽくなく、にんにくがききすぎることなく、
「普通」の味で、うまい!

焼き方も、羽根つきとか、カリカリとか、そんなんじゃなくて、
「普通」の焼きかたで、うまい!

変な表現かもしれないが、お家で作る餃子の延長線上にある、
それも、最高の延長線上の餃子、ってかんじ。

IMG_1026


春巻き、皮がぱりぱり。
家では、揚げ物をあまりしないので、外ではこんなものを頼む。

中身は、干しえびの味がしっかりした味。

IMG_1027


ホタテの上に、ねぎソースがたっぷり入って蒸した料理。

これが、今回のダントツ一番!!!

IMG_1028


ねぎソースの下に、ぷりぷりホタテが隠れている。
これは、いいなぁ〜〜〜
お家で、まねっこしてみたい、そんな料理。

IMG_1030


ここの名物、麻婆豆腐。
じゅーじゅーと音を立てて、熱々が来た。

山椒のぴりっとした感じがいい。
ごはんが欲しい・・・

IMG_1033


水餃子。薄緑色の皮が珍しい。

IMG_1034


皮はしっかりと厚め。
もちもちしておいしい。

わたし的には、焼き餃子の方が好き。

・・・

昨日の土曜日、オットが早く帰ってきたので、晩ご飯に出かける。

ふら〜っと出て、街をぶらぶらして、適当なお店に入るつもりだったが、
出かける前に、ひとつ思い出した。

ヨガの先生が、
「何を食べてもおいしいよ〜〜〜」って言っていたお店を。

ところが、お店の名前、ちゃんと覚えてない。
なんとなく、この辺りかな〜、ってところを調べて行ってみた。

午後6時開店前に着いたら、まだ、準備中の札が。
その辺りぶらぶら一回りして、もう一度行っても準備中。

だめかな〜!?と、お店に入ってみたら、大丈夫ですと言う。

入ったら、お店の中は、ちょっと古めで、誰もいない。
まっ、当たり前か・・・開店前の最初の客だものね。

ヨガの先生からは、行列のできる店って聞いていた。
でも、誰も来ないお店で・・・

もしかして、お店、間違えた!?って思い始めた。

すると、次のお客さんが来た。
子供連れのお客さん。

そして、ビールとともに餃子が来た。

生ビールがうまい。
餃子もうまい。

この店だ! 間違いなし!

たとえ、間違ったとしても、この店、いいよ!

ここは、市内では、今のところ、暫定一位の中華料理。
我が家の近くのお店よりも、こちらが好き。
オットも同じ意見。

大満足して、帰りは、街を抜け、平和公園を通り、
ぶらぶらと歩いて帰った。

あ〜、また、行きたい〜〜〜!

☆我々、6時前に到着。
 6時20分過ぎには、満席。
 次から次へと客が来た。
 我々が帰る頃、7時頃には、行列ができていた。

☆餃子で有名な、浜松餃子。
 こちらよりも、わたし的には、この店の餃子の方が好き。
 浜松餃子については、こちらから ← クリック



大きな虹

P1110076


昨日の夕方、広島の空に、大きな虹がかかった。
それも、ダブルの虹が。(虹の左側に薄い虹がある)

一瞬の間だったけれども、大きな虹だった。

P1110074


広島の空をぐる〜っと大きくまたがる,虹だった。

実は、この時間、雨が降っていた。

P1110079


西の空には、きれいな夕焼け。
こちらは、雨ではなく、晴れているようだった。

雨続きの八月、
今朝、やっと、青空が広がった。
しばらくは、雨が降りませんように・・・


ストック

P1110069


図書館で借りた本

「毎日、こまめに、少しずつ」
  ためないキッチンと暮らし   ワタナベマキ著 KADOKAWA

このタイトルを見た時、
わたしが日々思っていることが、タイトル、そのまんま!

わたし自身、正直なところ、毎日っていうのは、ウソになるが・・・
ほぼ毎日、少しずつ、いろいろなことをやっている。

そんな中、
そうそう、そうよね〜〜〜!!!!!! と多いに共感したのは、

ごはん作りをラクにしてくれる「ストック」 というところ。
        本文14〜16ページ参照

ワタナベマキさんの言葉では、次のように言っている。

「味つけを最後までしない」というのがポイント
「おいしくする余地を残しておく」

そうそう、そうなんだよね。
わたしがいつもやっているのは、「料理を完成させない」ってこと。
そうすると、その日、その時の気分で、いろいろ使い回せる。

ワタナベさんは、次のようにも言っている。

「わざわざ作る」というよりは、
 時間があるときに、「ついでにやっておく」

これも、同じ考えだわ〜〜〜!!!!!

朝、茶碗を洗うついでに、ホウレンソウも洗っておく。
じゃがいもを洗っておく、ついでに、蒸しておく、などなど。
わざわざやるんじゃなくて、ついでにやっておくのだ。

こんなこんなで、少しずつの「完成させないストックを作る」
これがポイント。

マキさんの言葉では、
ストックを作る、それにより、余力ができる。
そこで、また、次のストックを作る。
こんな循環ができたら、理想。

うん、うん、うん、そうなんだよね。

冷蔵庫には、常に、そんな「かくしだま」を置いておくと、
夕飯作りや、お弁当作りが、うんと楽になる。

そのことは、本には、このように書かれていた。

「朝に少しだけ、晩ご飯の下ごしらえをする。
 夕方、ゼロからスタートだとおっくう。
 夕飯作り、全行程を10とすると、1でも2でもしておくと、
 気持ちが大きく変わる。」
        本文60〜61ページ参照

そうなんだよね。

夜6時過ぎ、ゼロからスタートだと、本当におっくう。
でも、
冷蔵庫には、あれと、あれと、あのストックがある・・・
と思うと、それを使えば、15分で3品できる。

あとは、お肉を炒めるだけ、魚を焼くだけ・・・
全部で30分で、4品の晩ご飯ができる。

朝のお弁当作りも同じ。
ストックを使い回せば、朝から20分でお弁当ができる。
ついでに、朝ごはんも、少しずつ違うおかずが並ぶ。

それもこれも、ストックのおかげ。

あ〜、なんだか、わたしの気持ちを代弁してくれるような本、
それに出会えて、なんだかうれしいな〜〜〜。

・・・

今日、どうしても用事があって、街のデパートに行った。
用事は15分ですんだ。

その後、お気に入りのお店に行く。
秋の器がいい感じ。
でも、買わない。

バーゲンで、タオル類が安い。 
でも、買わない。

18造諒匱蠧蕁△海譴六箸い笋垢修Αそれに、お値段お手頃。
今の片手鍋のひとつが、どうも調子が悪いので、
これは、即買い。

帰りに、違うお店に行く。

秋から初冬にかけて履けそうな、ネイビーブルーのパンツ、
これが、なんと半額。
サイズ、ぴったり。
これは、即買い。

その後、無印良品に行く。
秋物がちらほら・・・

オットのシャツ、大好きなボタンダウンのシャツ。
秋物で布がいい感じのが、6980円。
高いなぁ〜と思ったけど、オットの大好きなシャツ。
こちらも、即買い。

あ〜、これだけ見てまわって、2時間少々。
疲れた、疲れた、疲れた・・・

帰り、駐車場のおじちゃんが、あめちゃんをくれた。
その場で、食べてエネルギー補給。

街中、楽しいけど、疲れる・・・

帰ってから、朝作ったお弁当を食べた。
あ〜、生き返るわぁ〜〜〜

↑これ、ストックで作った、手抜き弁当(笑)



唐揚げ定食

IMG_1018


唐揚げ定食、実は、こんなの大好き、大好物!

小さな頃、母が何が食べたい!?って聞いたときには、
必ず、鶏の唐揚げって、答えていた記憶がある。

あの当時、鶏の唐揚げって、おごちそうだった。

ビフテキ(ビーフステーキのこと、こう言っていた。笑)は、
めったに口に入らないものだった。

すき焼きは、甘いから、小さな頃から苦手だった・・・
なぜか、しゃぶしゃぶは、当時はなかった。

大きくなったら、何をお腹いっぱい食べたいか、
弟と話したことがある。

弟は、ビフテキだった。

わたしは、ヤクルトをコップでがぶ飲みしたいと答えた。

今、ヤクルトをコップでがぶ飲み・・・
想像しただけで、気分が悪くなる・・・・・・・苦笑

さてさて、鶏の唐揚げ、
子供が家にいた頃は、週一ペースで作っていた。
朝から、お弁当用に作った。
あの当時、もも肉2枚分、朝から、唐揚げしていた。

夜だと、もも肉4枚分だった。

今は、オットと2人、まず、唐揚げは作らない。
孫たちが来れば、たま〜に作るぐらい。

だから、外でお食事の時、たまにこんなものを頼む。
↑骨付きの唐揚げ、身がたっぷりついたの5切れ。

勢いよく,鶏の唐揚げ定食を頼んだ割には・・・
3つ食べて、撃沈・・・ ばーさんになったものだ。。。

ちなみに、ごはんもやっとの半分食べただけ。
気持ちは食べたいけれども、お腹がついていかない。

なのに、不思議なのは、
量がこれだけ減っているのに、全然痩せないってこと。
基礎代謝が落ちているんだろうね・・・やっぱ、ばーさん!?

・・・

この鶏の唐揚げを食べたのは、九州の小さな町の大衆食堂。
日田 寶屋

ここの名物は、チャンポンとコロッケ。

オットは、この日、コロッケとチャンポンを頼んだ。
コロッケは、大人の男の人のグーぐらいの大きさ。
ちなみに値段は、1個160円。キャベツ付き。

チャンポンは、うれしい小さめもあって、これでも充分な量。
ちなみに普通盛りでも、圧倒の大きさ。
鶏ベースのスープで、野菜たっぷり。おいしい。

ここの大衆食堂の雰囲気が大好き。
大衆食堂って言うだけあって、メニューも半端じゃない。
そして、安い。

ここのすごいところは,5階建てのビル、ぜんぶ全部が大衆食堂。
お客さんも、入れ替わり立ち代わり、すごい人、人、人。
小さな街なのに、いったいどこから、人が来るの?っていうぐらいの人。

最近では、暮しの手帖にも取り上げられていて、
全国区になりつつある!?



てるてる坊主

IMG_1021


何年前になるのかしら?

お友達にもらった、てるてる坊主。
それを見て、孫のみぃ〜ちゃんと作った,てるてる坊主。

それを、お空が一番見える窓に、吊るした。

どうか、お天気になってください。
お日様、お願いいたします。


広島では、本当に信じられないのですが、
わたしの住むところから、見えるようなそんな場所で、
大災害が起きました。
家からは、直線距離で10キロ程度のところです。

あの晩、信じられないぐらいの雨と雷でした。
バケツをひっくり返した、とでも言えばいいのでしょうか。
そんな雨でした。

水を溜め、懐中電灯,ラジオなどを用意して、寝ました。
次の日の朝、
甚大な災害が起きていることを、ニュースを観て知りました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

・・・

伯母が,九州に住んでいる。
数年前に叔父が亡くなり、ひとり暮らし。

とうとう、ひとりではどうにもならなくなり、
今は、施設にお世話になっている。

九州ののどかな田園広がる場所に、伯母のいる施設がある。
伯母の部屋は角部屋で、部屋の窓からは九大線が見える。

豪華列車「ななつぼし」も、見えるそうだ。
「ゆふいん森の号」も、もちろん、見えると言う。

なかなかすぐには行ける場所ではないが、
今年に入って、2度ほど訪ねた。

先日訪ねると、部屋で静かに本を読んでいた。

どんな本を読んでいるかと聞くと、
東野 圭吾とか、安部公房とか・・・
う〜ん、作家の傾向がわからない・・・

新しい本が欲しかったら、アマゾンで頼んで送ろうと思った。
で、聞いた、その答えが面白かった。

こっちの本を読んだら、次,こっちの本読むでしょ・・・
でね、前の本の内容、忘れているのよ。
だから、また、前の本を読んでね・・・

そりゃ、便利じゃね・・・笑 と、答えた。

昔の記憶はちゃんとしている。
それも、うんと昔の話しは覚えている。

小学校の先生をしていた,その頃の記憶はしっかりある。
定年後、好きでよく行っていた、スイスの山々は、
行ったことは覚えているが、どんなところかは覚えてない、と言う。

ちゃんと覚えてないから、もったいなかったわねぇ〜〜〜笑いながら言う。

最近のことは、すぐに忘れる。

だから、話しは、10分ぐらい同じ話しを、ぐるぐる何回もする。
わたしが行った時、いろいろ話して、10分ぐらいするとリセット。
もう一度、最初から、同じ話しをする。

楽しそうに話しているので、10分の話しを、
ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐると、
伯母のところにいる間、続ける。

何かの話しのときに、ハワイの話しが出た。

伯母が行ったことあるかと聞くので、「うん」と答える。
すると、一年中常夏で、暑いんでしょ、と聞いた。

いやいや、ハワイはね・・・
一年の半分が5月で、一年の半分が10月みたいなところ。
だから、一年中、5月と10月だよ〜と、答えた。

へぇ〜〜〜、だから、ハワイは楽園って言うんだね。
知らなかった。暑いと思っていた。
そんなにいいところなら、行けばよかった、とも。

とにもかくも、そのハワイの話しがえらく気に入ったみたいで、
10分に一回、その話しを繰り返した。

最後、帰るときは、わたしにお金をいっぱい貯めて、
将来は、ハワイに住みなさい、と、何回も何回も言った。

次に行く時、この話し、覚えているかな〜〜〜。
いやいや、覚えてなければ、また、話そう。

とっても楽しそうだったから、また、話そう。








あるものでもできる!

P1110051


朝から、気持ちがざわざわしたまま、家の中でぐずぐずしている。
わたしがぐずぐずしていても、何の役にも立たないのだけど・・・

・・・

残りの粉を使って、パンを焼いてみた。

これは、パン遊倶楽部で習った、もちっこ豆乳パンなんだけれども・・・
レシピ通りの材料がない。。。

しょうがないから、あるもので、それらしいパンを作る。

砂糖の代わりに、自家製の甘酒を入れ、
強力粉も少なかったから、代わりに準強力粉を入れ、
ショートニングは我が家にないから、オイルを入れようと思って、
忘れてしまった・・・ ので、ノンオイルのパン^^;

中に入れるのは、甘納豆だったけれども、
もちろん、そんなものは我が家にはない・・・ないものずくし。

市販のドライ黒豆、それからドライ豆ミックスみたいなの、
そんなのを入れて、焼いてみた。

???な材料だったけれども、なんとか、じみぃ〜なパンが焼けた。

P1110054


ないものでも、パンが焼けるんだと、気をよくした。
そこで、次の暴走がはじまった。

北欧のパン、クネッケパンの作り方を見つけた。
パンといっても、薄っぺらなビスケットみたいなもの。

ヒマワリの種とか、麻の実とか、
材料は、ほとんど我が家にはない・・・苦笑

まあ,なんとかなるでしょ、と、ある材料を混ぜる。
ライ麦粉・グラハム粉(たぶん)・マルチシリアル粉
黒ごま・くるみを入れ、塩を少し入れ、ドライイーストも少し。

あとは、適当に水を入れて、混ぜた。

こちらは、膨らまなくてもいいパンだから、
まあ、失敗ってことは、ないはず。

ただし、食べたことがないから、正解もわからない・・・

身体にいいものばかりだから、たぶん大丈夫と、思う。

P1110057


我が家の残りの粉類を使い果たしたから、
それを入れていた、容器類、それを全部洗った。

パン作りの道具に、粉入れの容器、などなど、洗ったものいっぱい。

それを、パンが焼けたあとのオーブンの扉の前に置いておく。
オーブンの余熱で、乾くのが速い。

お天気だと、お日様のよく当たるところに置いてもいいんだけど・・・

と、外を見ると、今日は、少しばかりの青空が見える。
シーツ、洗わなくっちゃ!

自然

P1110001


自然は美しい。

その自然の恵みを受け、我々は生きている。

受け取るものは、恵みのものだけでなく、水、空気、
そして、癒しも,多く受けている。

その自然が、時には、大きな災害を引き起こすこともある。

今回の広島の災害、あんな雨さえ降らなかったら・・・
と、何度も思う。

日本には、八百万の神がいると信じられている。
神社は、たいてい,山を背にしている。
その山に、神が宿ると信じていたからだろう。

わたしも、空や山には、神様がいると信じている。

その神様に恥ずかしくないように生きたいと、常々思う。
山や空の神様が、常に見ていると、わたしは思っている。

海外のお友達が言ったことがある。
「日本人は、神を信じないと言うけれども・・・・・
 あなたには、あちこちいっぱい神様がいるのねぇ・・・」と。

そんな神様に聞いてみたい。

どうして、こんなことになったのでしょうか・・・と。



広島では、
昨晩から大変な大雨が降り、各地で大変なことになっている。
行方不明の方々のニュースに、心が痛みます。
無事を祈るばかりです。

・・・

昨晩、午後9時過ぎ頃から降り始めた雨、だんだんと強くなり、
10時過ぎには、雷を伴う、豪雨となった。

そして、瞬間的ではあったが、停電。

その瞬間、マンションの我が家は、水が出なくなった。

最近のおかしな天気状況から、
我が家では、市販の水タンク(灯油を入れるようなタンク)に、
水をため、お風呂場に置いてある。

なぜなら、停電になると、マンションでは水が出なくなるから。
一番困るのは、トイレ。
トイレが流れなくなる。

昨晩の停電、すぐに解消された。

わたしがすぐにしたことは、お風呂場にいっぱいの水をためること。

幸い、停電はそれ以降なかった。

マンションでは、電力で各部屋に水が行くようになっている。
だから、

停電  =   断水  !!!

しばらく、こんな天気が続くらしい。
まだまだ、わたしの水ため生活は、続く・・・


遠い記憶

P1110012


トンネル・・・

その映像がテレビで流れた時、記憶の中を確かめた。
わたし、そのトンネル、歩いた!?

かげろうのように、ぼ〜っとした記憶。

80%以上の確率で、歩いたはず・・・
でも、記憶があやふや・・・

一緒に歩いたはずの、弟に聞いてみた。

「歩いたよ!」と、きっぱり。じゃあ、やっぱり歩いたんだ。

・・・

NHKのBS番組「にっぽん縦断 こころ旅」

火野正平さんが、日本全国を、視聴者のお手紙をもとに、
自転車で訪ねる、そんな番組。

九州を走る、それも、以前住んでいた大分を走るということで、
番組を観た。

わたしの住んでいた,大分県の佐賀関。
そこを訪ねるときのお手紙、そのお手紙にびっくりした。

わたし、この、お手紙を書いた人、知っている・・・

お手紙を書いたのは、Jさん。
歳もわたしと同じ、だから、同級生。
6年生の時、同じクラスだった。

詳しくは、こちらから ← クリック

彼女は、足が不自由だった。
その彼女、佐賀関の東古宮というところから、↑このトンネルを通り、
そして、その後、海辺の道を通り、小学校に通った。

わたしが,当時住んでいたのは、その東古宮よりもまだ遠いところだった。
わたしも、このトンネルを通り、海辺の道を通り、小学校に通った。

この番組を観て以来、ずっと、ここへ行きたい、と思った。

・・・

お盆休み、オット、特別の仕事がないと言う。
ではでは、今回は、わたしのわがままを聞いてください、と言った。

50年近くのタイムスリップの旅・・・
記憶の中の、遠くに、かすかにある景色を訪ねる旅。

P1100986


遠くに、この景色が現れた時、泣きそうになった。

この景色を見ながら、小学校に通ったんだ、と。

P1110021


ここは、Jさんが住んでいた、東古宮。
日野正平さんも、ここを通った。
この先に、トンネルがある。

P1110015


これが、トンネル。

こんなトンネルを、毎日歩いて、小学校に通ったんだ。
登校のときは、低学年の女の子2人を連れて歩いた。

帰りは、ひとりだった、はず・・・

もしかしたら、誰か、お友達が一緒だったかもしれないが・・・

それにしても、こんなトンネルを、ひとりでよく歩いたな、と思う。

今回、この付近に車を停めて、オットと歩いた。
半端じゃない、そんな長さのトンネル。

今、ひとりで歩け、と言われても、少々怖い。

でも、あのときは、当たり前のように、ここを通った。

少し考えてみると・・・
一緒に登校した、あの低学年の女の子たち、
帰りは、ここを2人で歩いたのだろうか・・・

50年近くの前の記憶など、遠くの彼方へと行ってしまった。

たまたま、NHKの番組で、思い起こすことができた。
何とも、不思議な感覚だ。


タイムスリップ

P1110041


ここの椅子に座ったとたん、
「ここに来たことがある・・・」と、思った。

40年近く前のことだ。

それも、一回や二回ではないような気がする・・・

ここは、九州の大分市にある「喫茶店」だ。
40年近く前、カフェなんてなくて、
もちろん、アメリカ資本のコーヒーチェン店などもなかった。

この喫茶店、わたしが大分で働いていた頃、来ていた。

駅前にある銀行のATMに行くと、
そこで働く銀行員のおじさんに声をかけられた。
父の友人だった、そのおじさんはコーヒー好き。

それで、よくコーヒーをごちそうしてもらった。
それが、ここの店。

夜、飲み会などあって、その後立ち寄ったこともある店。

お店の人に聞くと、50年前からこの喫茶店はあるという。

P1110039


大分に泊まった次の日、朝からモーニングを食べに行った。
すぐ近くにスタバもあったけれども、こちらの方を選んだ。

「BGM」というこのお店、流れる曲はジャズ。

BGM、バックグラウンドミュージックって言ったよね。。。
なんだか、懐かしい昔に戻った。

☆幼い頃住んだ大分。
 この盆休み、ひとつふたつ確かめたいことがあって、
 大分に行った。
 その話しは、また。


速すぎの世の中

P1100965


夏バテ予防に、鶏ムネ肉、または、マグロなどを食べる生活、
ムネ肉は2週間続けて、
マグロの方は、2週間で、↑これ一回こっきり(笑)

生のマグロの切り落としが安かったので、
なんとか、マグロが食卓に上った。

オットが、たまたま、冷酒2本を抱えてきたので、
ちょっとうれしい、お家居酒屋みたい^^

P1100962


ムネ肉のホイル焼き。
これは、ムネ肉に下味を付けておけば,簡単にできる。
たっぷりのきのこを添えて焼く。

ムネ肉生活、お弁当にピカタを入れたり、治部煮にしたりと、
じみぃ〜に続けている。

・・・

ソーシャルメディア、まだ、何も参加していない。

正しくは・・・

よくわからないから、まだ、参加できていない・・・ってところ(苦笑)

参加してはないけれども、ときどき?と思うこともある。
すご〜く不安とか,心配とかでもないんだけれども・・・

例えば、わたしがどこかに出かけたとする。
別に、わたしの行動を、秘密にすることなどないのだが・・・

そのどこかで、わたしを見かけた人がいるとする。
それで、nanaさんがお出かけしていた〜と発信したとする。

これって、ちょっとばかし?でしょ。。。

・・・って、わたしも、少し考えてみると・・・

ソーシャルメディアでは発信していないけれども、
ブログで、誰々さんが〜、なんて、ノーテンキに書いている、
かもしれない・・・

もちろん、わたしに「悪気」はない。

そして、どこかで、わたしのことを発信した人にも、
「悪気」はないと思う。

ただ、人のことを、気軽に書いてはいけないなぁ〜と、
なんとなく思い始めてきた。

ただ、この辺り、あまりにもきゅうきゅうにやっちゃうと、
世の中苦しくなってくる。

でも、この辺り、あまりにもだーだーでやっちゃうと、
う〜ん、どうなのかな?

ちょっと前に流行っていた!? twitterだけど、
面白いから、始めないって誘われた。

いやいや、リアルタイムで人とつながるなんて、
めんどくさがり屋のわたしには、無理だね〜と、
twitterには、参加しなかった。

あの時代、ときどき、そのtwitterをやっている人がいて、
わたしと話しをしていても、携帯をいじって、発信。
そして、着信、また、発信・・・

うんざり・・・・・・・・・したことがある。

今、何を食べているか、とか、今何をしているか、とか、
そんなこと、リアルタイムで発信することなの!?

それも、ただのランチごときを食べたこと、発信することなの?

って、わたしも、twitterでは発信してないけれども、
写真付きメールなんか、送ったこと、あるかも・・・スミマセン。。。

とにもかくにも、そういうものが便利なのか、そうじゃないのか、
その辺り、今だよくわからない。

ブルーレイとDVDの違いも、まだよくわからなくて、
ソーシャルメディアもよくわからなくて、
世の中、わからないことが多すぎる!

☆「アナと雪の女王」のピアノ楽譜が欲しい。
 ありのままの〜♪ それと、雪だるま作ろう〜♪
 このふたつの楽譜が欲しい。
 ネットで調べたら、ダウンロードできるみたい。
 で、それをお家のプリンターで印刷する、らしい。
 え〜っ、プリントアウトしたら、ぺろんぺろんの紙だと、
 楽譜として使うの難しそうだな、って思った。
 いやいや、しっかりした紙にプリントアウトすればいいんだ、
 と、昨晩気がついた。
 いやいや、それにしても、世の中、速く進みすぎている。。。






カレーパンと残り野菜

IMG_1004


前回の「パン遊倶楽部」で習った、カレーパンを焼いた。
カレーパン、大好きだから、家で作りたい。
中身の作り方も簡単な方法だったから、気持ち的に楽。

ラッピング、苦手なんだけれども・・・
少しだけ、食べていただこうと思って、なんとか包んだ。

IMG_1002


全部で9個焼いた。

3個のお裾分けで、6個を家で食べた。

土曜日のお昼、オットは2個半食べた。わたしは1個半。
残りの2個は、次の日の朝と、そのつぎの日の朝食べた。

オットが、カロリーを聞いたから、食品成分表と電卓で計算した。

1個あたり、240kcal弱っていうところ。

市販の揚げてあるカレーパンが、350kcal程度だから、
お家で作ると、かなりのカロリーダウンになる。

中に詰めたカレーの具だが、今回は、習った通りにやってみた。
次は、少しばかりアレンジを加えて、作ってみたい。

☆習ったのは6個で一単位。
 中身の具の量との兼ね合いで、9個作った。
 が、
 成型に、結構時間がかかるぅ・・・
 やっぱり6個がいいみたい。

IMG_1008


週の初めの朝は、冷蔵庫のお片づけの日。
月曜日のときもあれば、火曜日のときもある・・・
時には、週中のときもあれば、週末のときもある・・・

まあ、週一の程度で、冷蔵庫ががらんとしたら、お片づけの日。

いつするかは別として、とにかく、
週一で、冷蔵庫の中を見て、残り物を使って何かを作る。

あるだけの野菜を刻んで、軽く塩をして、
野菜多めの、それもかなり多めの、マカロニサラダ。
マヨネーズは大さじ1程度で、なんとなくマヨネーズの味付け。

なすも、あるだけ焼いて、焼きなすにした。

ゴーヤは、半分を薄切りにして、塩をしている。
この後、朝ごはんの残りの塩鯖と合わせて、小さなおかずを作った。

キャベツ、このキャベツ、白くて固くて、困ちゃうキャベツ。
そのままでは固い。
炒めても固い。
ピクルスにしても、カサが減らないから、そんなに使わない。

ならばと、全部茹でた。
季節的には、?だけど、ロールキャベツを作るつもり。
和風出しで煮込むから、夏でも大丈夫かな?

牛ミンチではなくて、鶏ミンチで作ってみるかな?
それも、しょうが・みょうが・大葉などを入れた、夏味ミンチ、
それを入れて作ってみるかな?

などなど、食いしん坊は、冷蔵庫の残りで、何かできないか、
あれこれ、考えているのである。

☆週に一度の冷蔵庫の棚卸し!?で、死蔵品が無くなる。
 夏なのに、じめじめしているので、ついでにお掃除も。
 薄めたエタノールのふきんで、最後、さっと拭く。
 これは、ほとんど気持ちの問題かもしれない。


アナとアメとアンと・・・

P1100974


「アナと雪の女王」 ならぬ、「アメと風の台風」・・・!?
そんなこの土日。

英語の題は、[ Frozen ] なんだね。
こちらは、絵本。

さてさて、
お友達の贈り物に、アナ雪(こう言うらしい・・・)のDVDを買った。

その時、孫のみぃ〜ちゃん&なっちゃんも喜ぶかな!?
それに、わたしも観たいしねぇ〜と、
夏休み、特別出費で、我が家のも買った。

うん、なかなかおもしろい〜〜〜

絵がきれい、音楽がいい。
ミュージカルの様なストーリー展開だけど、歌がステキ。

買ったDVDは、まず、孫一家が観た。
その後、我が家にやってきた。
孫と一緒に観た。楽しいね!

2、3日して、ケースを見てみたら、
もう一枚,同じのが入っているのよ。。。???

これ何!?

って、これが、世の中に言うところの、ブルーレイなのねぇ・・・
知らんかった・・・同じ形なのねぇ・・・ ← かなり遅れている

我が家は、ブルーレイプレーヤーがない。
DVDプレーヤーも、10年ほど前、友達からもらったもの。
こちら再生専用。録画ができない^^;

まあ、それでも、さほど困ることもなく日々暮らしている。

同じマンションで、まだ買っていない人がいたので、
我が家に全く!必要のない、ブルーレイをお貸しした。

昨日の夕方、マンションのエレベーター。
たまたま、ご一緒に乗った、家族・・・
この台風で、遊びに行く予定が、ぽしゃった。。。と言う話し。

小さな女の子2人、かわいそうに・・・本当にかわいそう。

で、アナ雪、そちらにも回してもらうことにした。

台風を蹴散らすことはできないが・・・
せめて、アナ雪を観て、うっぷんを10%でも吹き飛ばしてもらったら、
いいね・・・!

P1100977


さて、話しは変わるが・・・

英語版のアナ雪の絵本を買った。

この英語、ちょっと難しいぞ〜〜〜

日本語の絵本は、みぃ〜ちゃんが買ったのだが、本当に簡単な文章。
英語の方が、もっと突っ込んでいろいろ書いてある。

こちらの方が詳しいので、翻訳して読んであげたい。
でも、すぐすぐに翻訳して読んであげるの,難しい。。。

このさいだから、この英語を、みぃ〜ちゃん&なっちゃんにわかるように、
訳してみたい。

「花子とアン」みたいに、す〜らすら,翻訳できたらいいんだけど、
無理だから、
頭の体操のつもりで、ぼちぼち翻訳してみたい。

眺めて、使って

P1100978


夏は、ガラスがきれい。

ガラスは、光を通すから、それが涼しく感じる。

P1100980


手作りのステンドグラスのトレイ、
ここにガラスの箸置きを入れている。

小さなガラスのリスは、昔,息子が買ったもの。
それも、ここに入れている。

同じトレイ、少しサイズの小さめのがある。

P1100983


こちらには、小さなカードが入っている。

P1100984


孫のみぃ〜ちゃんがくれた、「おてつだいけん」
まだ、数枚残っている。

何に使うかな〜〜〜

トレイも、おてつだいけんも、お誕生日にいただいたもの。
眺めて楽しんで、使って楽しむ。
ちょっとうれしい、お誕生日プレゼント。

・・・

雨続きの週、と、思っていたら・・・

昨日は、期待してなかった晴れの一日。

朝から、家中の洗濯をした。
シーツも洗濯して、クッションカバーも洗濯して、
あ〜、ありがたい。

梅干しの土用干しは、まだ無理だけど、
とりあえずの、洗濯物は、全部終了した。

洗濯、今の時代のことだから、乾燥機もある、浴室乾燥もある。
でも。
やっぱり、青空の下で乾かすのが、一番好き。



目立つ修理

P1100972


夏の間のお仕事、手編み靴下の穴の修理。

・・・実は、冬、穴が開いた時,すぐにすればいいのを、
   夏まで、ほっておいただけ。

手つむぎのウールの糸を手編みした靴下だから、
穴が、すぐに開く。

でも、この暖かさと気持ちよさで、
この靴下、冬の必須アイテム。

穴を修理するときは、普通は目立たなくするんだろうけれども、
わたしの場合は、うんと目立つようにするのがポイント。

P1100970


ぽこぽこと目立つ方が、うんとかわいいと思う。
糸の色もちょっと違う色を使って、
修理の仕方もちょっと違う方法で、
いろんなぽこぽこ、これが、なんとも楽し、かわいい。

修理の跡の履き心地は、少しでこぼこした感じ。
2、3日履くと、体重でぼこぼこした部分が平たくなる。

修理の跡、履いているとわからない。足の裏だから。
でも、座ったりすると見える。
その見えたときが、かわい〜と、わたしは勝手に思っている。





夏の楽しみ

P1100881


あ〜、ごちそうさまでした。

ベランダでのささやかな晩ご飯。
これ、夏の楽しみのひとつ。

うんと暑い夏の一日。
夕方、なぎの後には、風が吹いてくる。

シャワーを浴びて、さっぱりしたところで、
風に吹かれてのビール。

さいこー!!!

P1100874


遠くに見える宮島、
気分的には、ハワイのダイヤモンドヘッドのつもり。

車の騒音はうるさいけど、これは、波音のつもりにする。
少々強引だけど、楽しい時間なのである。

P1100876


この日は、ちょっと豪華に、ラム。
コス○コで買ったラム。
1パックを2回に分けていただく。

お財布がキビシーときには、1パック200円の豚コマ。
これでも、十分おいしい〜。

ヘルシーにいきたいときは、鶏ムネ肉をスライスしたもの。
これでも、それなりにおいしい〜。

水切りしたトーフを焼いたり、厚揚げを焼いたりもする。
これでも、熱々は感激するおいしさ。

P1100879


もちろん、野菜もいろいろ焼く。
冷蔵庫にある野菜、焼けそうな野菜は全て焼く。

焼き焼きしないときでも、ベランダの晩ご飯は楽しい。

・・・のだが・・・最近の雨続き、ベランダどころではない。。。

先週は、オットと2人だけも楽しんだが、
それ以外にも、お友達が来て一回、息子たちと一回、と、楽しんだ。

それが、この雨で、夏の楽しみが・・・おあずけ状態。

まるで梅雨のよう。
というか、梅雨よりも、雨続き。
この一週間も、雨、雨、雨・・・

子供たち、夏休みだというのにかわいそう。

それに、
夏の冷夏で、お米が不足した年があった。
今年、大丈夫!?

8月の雨続き、うんざりするけど、
うんざり以上に困っている人が、いっぱいいると思う。

お日様、がんばってください。

☆☆☆
お友達、このハワイもどきに感激した!
家族と来たい〜っていうから、いつでも場所貸すよ〜って言った。
が、当分、無理。
残念だねぇ・・・




IMG_0984


梅ゼリー
前回の「パン遊倶楽部」での、町田パン工房さん作。

梅の実を煮たのが、ひとつころりと入っている梅ゼリー。
ころり丸ごとは、うれしい〜。

梅の季節は、一時。
この時期、ちょっとがんばると、夏においしいゼリーのご褒美。

さてさて、梅干しの方ですが・・・
土用干しをしなくてはいけないのですが・・・

土用後、晴れの日が続きそうな日が見つからない・・・困った。
今週も、広島の方は、ずっと曇りとか雨とか。

梅干し


↑これは、母の土用干し。
台風が来るっていうのに、土用干しを決行したみたい・・・

わたしは、まだ、そのままにしている。
たぶん、お盆の頃にならないとできないかも。
または、もっと遅くなるかも。

雨の日が続く、じとじとした日々。

最後の在庫の干し椎茸を使って、そうめん出しでも作ろうかと思った。
なんとなんと、びっくり。
虫がいる・・・

干し椎茸に虫がいるなんて、初めて。
残りがグーふたつ分ぐらいだったから、さっぱりと諦め、全て処分。

最近、ちょっと蒸し暑い。
湿度が半端じゃない。

ということで、食品を置いている場所を全部チェック。
幸い、他のものは無事。

パンの粉,次ぎ頼まなくてはいけないけれども、
少しずつにしなくてはと、思っている。


生き抜く

IMG_0956


コス○コで買った,まるごとチキン、
ほねほねになったのを,圧力鍋でスープをとる。
最後のひと絞りまで,食べ尽くす。

そのスープと残りの鶏の身を入れてのお粥。
こちらも,圧力鍋を使って,米から作るお粥。

うふふ・・・このお粥類は,オットの担当。

圧力鍋を使って作るのが楽しいみたい。
じょーずにほめて,持ち上げて,そう,ほめてほめてほめ倒して、
ひとつずつオットの担当を増やしていくのです。

わたし、軍師官兵衛にも劣らずの、策士です(笑)

☆オットを上手に持ち上げて,ひとつずつ仕事を与えましょう。
 その場合、ほめることです。
 男は,基本、ウマ&シカですから、すぐに乗ります。
 できなくても,絶対にけなさない。
 男は,基本、プライドが高く、けなされるのが,一番嫌いですから。
 
しょーじきなところ、圧力鍋を使ってのお粥なんて,誰でもできます。
ポイントは,誰でも「できる」ってところではないのです。

「やっていただく」というところがポイントなのです。

「圧力鍋使い,うまいよね〜♪」
 とか、
「お米から炊いたお粥,やっぱりサイコー!」
 とか、
「お粥、塩加減絶妙〜〜〜!」

などなど言ってやると,男は喜びます。
で、次からも、これからも、ずぅ〜っと、やっていただくのです(笑)

今回,オットは,最後の味付けが決まらん・・・と悩んでました。
コンソメ辺り入れてみたら,と少々提案。

味が決まったと,大喜び。← 単純ですねぇ・・・

・・・

↑実は,結構深刻な話しだと思うんです。

実の両親ですが,父が何もしません。できません。
もともと,不器用で,家のことなど何もしない人でした。
まあ,しょうがないと思います。

が、ひとつやふたつ、ほめてほめてほめ倒したら、
何かできていたかもしれません。

今,80過ぎの母が,一人で苦労しています。

この両親を反面教師として見た娘のわたしは、
オットに,家事をひとつずつ教えています。

ほめて,ほめて,ほめて、ほめあげて,やってもらっています。

ねぎひとつ切れなかったオットですが、今では見事にねぎを切ります。
皿洗いは,わたしよりも完璧です。
グレイビーソース付きのローストビーフも焼きます。

とにかく,できることがひとつずつ増えると,オットも面白いみたいです。

将来、どちらかが倒れたら,2人とも全滅ってならないように、
両方が生活を支える,基本の家事ができたら・・・

今から,少子高齢化を生き抜くには、
自分のことは自分でできるぐらいにならないと、
大変キビシー将来が待っていると,わたしは思うのですが。。。

☆最初は,何でもうまくできません。

 それは、子供にあいうえおを教えるようなものです。
 1〜2回できなかったって、諦めますか!?
 根気よく,毎日,教えますよね。
 少しでもできたら,うんとほめますよね。
 
 家事の場合「自分でやった方が速い!」って言う人がいます。
 確かに,そうです。
 が、
 「自分で書いた方が速い!」って、あいうえおの練習、自分がしますか?
 
 やっぱり,やらせないといけないのです。
 手がかかろうが,手間がかかろうが,後始末が大変だろうが。
 




 

研究結果

IMG_0946


とうもろこし饅頭、作り方をもう一度研究しに行きました。
まあ,研究と言う名の飲み会です(笑)

研究結果の報告です。
これは,食べに行くものだと思います・・・苦笑

身もふたもない報告で,スミマセン・・・

さて,作り方ですが、
とうもろこしをつぶして,くず粉を入れて、魚のすり身も入れて、
そんでもって,揚げて、かける餡を作って・・・

できないことはないと思いますが、オットと2人分作るには、
少々手がかかり過ぎます。

もうひとつの大きな問題は、
家で作るとなると,ついついたくさん作ってしまう・・・

とうもろこし饅頭、一人ひとつあれば充分な量。
少量いろいろいただけるのが,食べ行く「利点」のひとつですね。

例えば,天ぷらですが,家では,作りすぎてしまいませんか?

今,我が家では,基本、天ぷらは「外で食べるもの」になっています。
理由は、作りすぎない、
そして,最大理由は、食べ過ぎない・・・!

お外での天ぷらでしたら、量が適量です。
それに,次の日,残りを食べるなんてこと、ないですから。

それに,人に揚げてもらった,それもプロのわざの天ぷら、
やっぱり,お家の天ぷらとは,違うと思います。
これが,外食のアドバンテージです。

あ〜、ですから、メニューにあった、とうもろこしの天ぷら,
やっぱり頼めばよかった〜。

多いに心残りです,とうもろこしの天ぷら。
次、とうもろこしの天ぷらを食べ行きたい〜っ!!!

IMG_0949


これ,なんだか、わかりますか?

きゅうりの唐揚げです。
びっくりです。
何でも,天日干しにしたきゅうりを揚げたものだそうです。

う〜ん,これは,どうかなぁ・・・

やっぱり,とうもろこしの天ぷらの方が,おいしいと思う。
・・・と、あくまでもとうもろこしの天ぷらにこだわる(笑)

IMG_0945


はも,軽く湯引きしたものをあぶった、はも。
これは、なかなかのもの。

奈良の冷酒に,よくあった。

IMG_0950


小イワシのオイル漬け、小イワシの塩辛。
これは,かなりツーな味。

がつん!と来るぐらいの、癖のあるお酒がいる。
ぐっと燗をした,安めのお酒も,いいと思う。

小イワシと言えば,小イワシの刺身もおいしそうだった。
お隣の人が頼んでいたんだけど・・・

小イワシの背中が、ぎんぎらぎん〜で、すばらしかった。
家で作ることもできるが、やはりプロの作り方は違う。
ぎらぎらがまぶしいほど,きれいな作り方だった。

横目で,お隣を、じろじろ見たのです(笑)
プロならではの、プレゼンテーションがすばらしかった!

次は,小イワシの刺身、食べたい〜っ!

IMG_0952


羊の焼いたのです。

これは,想像以上のおいしさ。
羊って、「洋風」のイメージがあるけど,こんな料理なら酒に合う!
羊に日本酒、これは,新たなる発見!

あれがだめー,これがだめー、って考えすぎるよりも、
お外ではいろいろ勇敢に頼んでみるのが、
お外で食べる,外食の極みだと,わたしは思うのです。

何の先入観をもたずに、まずは,食べてみたい。
とにもかくにも、好奇心いっぱいですから。

次に行くなら・・・
小イワシの刺身,とうもろこしの天ぷら,羊の塩焼き、
それに,も一回、とうもろこし饅頭、これが食べたい。

↑このチョイスに,とりあえずの生ビール、
 そして、冷や酒、あ〜、夏の天国だなぁ〜〜〜




Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ