*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2014年11月

盛りつけいろいろ

IMG_1284


冷蔵庫のお掃除ごはんの日。
あるものを,ちょこちょこと並べる。

IMG_1287


これは,煮浸し。
小松菜、原木しいたけ、揚げを盛りつける。

器対しての量っていうものがあるから、少々控えめの盛りつけ。
オット、
おかわりしたいと言う。

ではでは、好きなだけ,とってくださいと言う。
で、オットが盛りつけたのが,これ↓

IMG_1289


えっ、なんかおかしくないっ!?

オットいわく、小松菜の茎を立てたのがポイント・・・らしい。
ふぅ〜ん、ポイントねぇ・・・これが,ポイントなんだね。。。

あまりにも「独創的」だから,写真に撮ってみた。

人生いろいろ、盛りつけも、いろいろ・・・!?



京都・街歩き

IMG_1273


オットの仕事は,いつも突然。
だから、いつも、何の下準備もなしに行く。

ぶらぶら歩きの京都、ビルとビルの谷間から見えた,イチョウの木。
あまりにもきれいなので,路地に入ってみた。
テレビの「世界ふれあい街歩き」みたいだ・・・

IMG_1278


路地を抜けると、なんとそこは、本能寺。
空を見上げると,今にも降り出しそうな天気だったのに、晴れている。
青空に,イチョウの黄色が映える。

IMG_1279


本能寺全景。
あの歴史に登場した本能寺は,燃えたはずだから・・・
これは,再建された本能寺かな!?

以外と街中だったんだね,本能寺。

IMG_1259


こちらは、平安神宮。
中学校の修学旅行以来、だと、思う。

IMG_1260


神社内の砂利、これが、えらくほこりっぽかったのを覚えている。
特別な感動もなかったので、再訪もしていなかった平安神宮。

雨でしっとりした平安神宮は、また、少し趣が違う。
雨の京都も捨てたもんじゃない。
といっても、この時点では,雨は降ってなかったけど。

IMG_1264


琵琶湖疎水に沿って,てくてく歩く。
ちょうど,水門の水量を調節していて、水がどんどん流れてくる。

木々が色づき,そのコントラストがいい。
誰も歩いていない,静かな京都。
いいな〜

IMG_1266


琵琶湖疎水の行き着く先は、鴨川。
下鴨の方向に向けて,写真を撮ってみた。

ひとり,てくてく歩く京都。
ちょっと好きかも。

・・・

京都駅から、市バスに乗って、京都市立美術館へ行った。
とんでもないぐらいの大満員。

京都は,地下鉄の方がいい。
地下鉄から後は、てくてく歩いた方がいい。

歩けないところは、一番近い地下鉄まで,地下鉄に乗り、
それから,バスの方がいい。

それにしても,京都は人が多い。
観光客が多い。

なんでも,年間5000万人以上の人が来るらしい。
調べたら、その人たちが使うのが、7000億円という。
観光って,お金になるんだねぇ・・・

そういえば、2月に京都に行ったときに乗ったタクシー運転手さんの話し。
「京都は,昔の人が作ったもので,食べてる・・・」

なるほどねぇ・・・



京都ふらり

IMG_1281


京都に行った。
☆間違って写っていた写真^^;

オットが仕事で奈良方面に。
いつものように,運転手としてついて行き、
オットの仕事中,わたしは、京都へと。

IMG_1251


東山を望む景色、紅葉の赤がきれい。
天気は,今にも雨が降りそう・・・

IMG_1253


京都市美術館、以前、真夏に「北欧展」に来て以来。

「ボストン美術館 華麗なるジャポニズム」 
 ー印象派を魅了した日本の美ー

ボストン美術館は,日本の浮世絵などを所蔵することで有名。
いつか,行ってみたいと思っている。

その浮世絵たちがやってきた。

IMG_1290


あまりにも有名な浮世絵。
この絵に影響を受けた,マネなどの絵も,同時に観ることができた。

雨が降りそうな天気だったので,美術館、ガランとしていた。
その中、音声ガイドを借りて,ゆっくりと絵を観る。

その後、歩いて行ける,雑貨屋さん、器屋さん、シャツ屋さんを巡る。
今回は,見るだけ。

IMG_1269


ランチは,通りすがりのお店。
「日替わりお魚御膳」をいただく。

サワラの西京焼、出し巻き卵、小さなおかず三つ、たっぷりのサラダ、
ごはんとお味噌汁、それに、山椒炊きじゃこ、ほうじ茶。

IMG_1268


サワラがふっくらして,とってもおいしい。
税込みで1200円。
近くだったら,しょっちゅう行くだろうなぁ〜ってお店。

京都 yururi

ふら〜っと入った観光地のお店としては、120点。
次は,夜,行ってみたい。

遠くの記憶

IMG_1238


今年最後の連休の最終日、その夜・・・

里芋を剥き、いりこと昆布と厚削り鰹節で出しをとり、
オットに鰹節を削るのを頼み、里芋を煮る。

昼にほうれん草を茹でたので,お弁当用に胡麻和えにする予定。

ごはんを炊いて、冷凍の塩鮭を焼いて、
きゅうりのぬか漬けを出して洗って切って、
これで、お弁当のおかずは決まり。

なんちゃことない、普通のお弁当。
でも,これが,我が家の定番。

昔,昔,その昔・・・

祖母が,夜,里芋の皮を剥いていたのを,おぼろげに覚えている。
そして、鰹節を,ごりごりと削り、それから、里芋を煮ていた・・・
それが,わたしのお弁当のおかずだった。
☆田舎町に転勤になった我が家、そこの小学校は給食がなくお弁当

なぁ〜んとなく、わたしの記憶にある、あやふやな風景。
もしかしたら、間違っているかもしれないけど、
たぶん、そんな記憶が,頭のすみある。

何せ、特別なことでもない記憶だから、はっきりしない。
でも、
遠く,遠くの記憶の中に,そんな「絵」がある。

で、笑っちゃうんだけど・・・
わたしが,その祖母の歳になった、だろう・・・!?
そんな今,同じことをしている。

違うのは、祖母みたいに,丁寧な仕事をしていないところ(笑)

ざっざ〜っと里芋を剥き、その後も、まあまあ、いい加減。
鰹節も,オットに削ってちょうだい、と、丸投げ(苦笑)

インチキだけど、できた結果の里芋は、
それなりにおいしい。

同じことだぁ・・・と、ひとりほくそ笑みながら、
明日の朝のお弁当の用意をしている、わたし。

この連休、特別何もなかったけど、
それで,心の中に,少々の不満もあるけど、
最後の夜は、里芋を煮る。

少しばかり、祖母のこと思い出しながら・・・



いい夫婦の日!?

P1110389


今の季節、夕方の時間,空を見るのが好き。
とってもきれい。

でも,今日の夕方は,そんな気持ちにもなれなかった。

・・・

11月22日は、「いい夫婦」の日、らしい。

オットは,朝からゴルフ。
夜はそのゴルフ仲間とお食事会。

いい夫婦も何もあったもんじゃない・・・と,ひとりブツブツ言いながら、
今日は,朝から,あちこち片付け回った。

☆何もしないと,なんだか腹が立つから、片付けをするのだ。

さかのぼって木曜日、「おいしいテーブル」をした。
終了後、急いで片付けて、それから、オットと九州に行った。
オットの仕事で。

仕事があったのが,金曜日の熊本。
次の日が土曜日だから、それに,今回は連休だから、
ゆっくりと温泉でも・・・と、思ったら・・・

オット、土曜日にゴルフに行くと言う。
だから、金曜日仕事が終わったら,広島に帰ると言う。

自分の用事なら,それが一番の優先のオット。

内心、わたしの心は穏やかではないけれども、
もう何も言わない。
でも,心の中では,しっかりと,いろいろ思っている。

それを,片付けにぶつける。

片付けには、パワーが必要だ。
「えいっ、えいっ、えいっ」と、怒りとともに片付ける。

ずっと処分できなかった,大事な本やパンフレットを処分した。
洋服も,今一度,処分した。

何もかも処分して、新しいのを買ってやっるっ!!!
買ってやるんだ、ざまぁ〜見ろっ!!!

そんな気持ちでの片付け。

☆こんな気持ちのときは,結構,片付けがはかどる(笑)





楽しい時間

IMG_1214


ヨガの教室に参加している。

コチコチの身体のわたし、
その先生に、一番最初にお会いしたのは、
あれこれ30年ほど前のこと。

うふふ・・・わたしがまだ,20代の頃。

その頃から,身体が固かったのです・・・
ですが、
その後、30年経ったわたし・・・

先生からのご意見では、
今の方が、
少しは(はい、少しです・笑)柔らかくなったようです。

・・・

今の教室の方々と、今日は,ランチに行きました。
(お誘いもなく、なかなかランチに行かないわたしですが・・・苦笑)

本当にいいお時間をいただいたと思いました。

みなさん、すごくいいお方ばかりで・・・
涙が出るくらいの感激のお時間を過ごしました。

☆お食事の方は、ちょっといろいろでしたが・・・

でも、お食事の内容は,はっきりどうでもいい。

お話しの「質」がよかった!

まず、「愚痴」がなかった。
☆わたしたちの年代になると、
 あれやこれやの愚痴、病気自慢が始まるのです・・・
 が、それがなかったのです。
 (わたしも、肩が痛い・・・などなど,つい言っちゃうから、
  注意しなくっちゃね。。。)

それから、

「自慢話」もなかった。

もう、ひとつ、一番イヤな話しが・・・
嫁の悪口もなければ、嫁も自慢話もなかった。
☆この辺り、微妙なのです。
 悪口もいただけませんが・・・
 みえみえの自慢話も,実は,あまり面白くないものです。
 
みなさん、自然体でよかった。

あ〜、こんな方々と、できれば,もっとおつき合いいただきたい、
そんな風に、すごく思ったひとときでした。





ささみの柚子胡椒焼き

P1110407


「おいしいテーブル」に参加した方から,教えていただいたお料理。

「ささみの柚子胡椒焼き」とでも名付けたらいいのでしょうか?

P1110405


ささみを開き,塩と日本酒でした味を付けておきます。
わたしは,3時間ほどおいておきました。

バットの上にオーブンペパーをひき(汚れ防止)
ささみを置いて,上に大葉を2枚置きます。
マヨネーズと柚子胡椒を混ぜたものをぬり、とろけるチーズをかけ、
最後に、ブラックペッパーを挽きます。

240度のオーブンで10分ほど焼きました。
オーブントースターでもできるそうです。
魚焼きグリルでもできそうですね。

ぴりっとした大人味です。

・・・

マヨネーズをお料理にあまり使いたくないので、
マヨネーズ以外,何か使えないかと,考え中。

豆腐・プレーンヨーグルト・アボガド・・・
サワークリームは、カロリーも値段も高くなりそうだね・・・
味付けは,白みそ・・・かなぁ。。。

一番簡単にできそうなのは、豆腐・白みその混ぜたの、
これだと、白和えっぽくなりそう。
少しばかりのオイルを加えるかなぁ・・・

手軽で家にあるものでできる、そんなのがいいなぁ〜。
ちょっと考えてみようっと。



6−3「おいしいテーブル」その2

P1110398


「たこの和風カルパッチョ」 盛りつけ by  お花さん
 お花さんのセンスが光ります!

 ☆この後、ドレッシング、お皿の周りの余白にかけました。
  もちろん,これも,お花さんです^^

同じカルパッチョも,器が変わり・・・
そして、
盛りつける人が違うと、出来上がりの雰囲気も違います。

今朝の「あさイチ」でやっていたのが,盛りつけ。

「高さ・彩り・余白」がポイントだそうです。
↑この盛りつけ、パーフェクトですね^^

P1110392


こちらは、オットが盛りつけたカルパッチョです。
彩りはいいけど・・・ 
余白と高さは、ないです。

が、黒い焼き締めの大皿が、和風の雰囲気を助けている・・・
と、わたしは勝手に思っています。

☆オットの盛りつけは,なかなかユニークです。
 楽しんで盛りつけているようなので、ときどき任せます。
 8割り褒めます。(褒めてオットを育てています・笑)
 2割ダメ出ししますけど・・・

P1110403


「es koyama」のクッキーをいただきました。
オットが,とっても気に入ったようです。
おごちそう様でした。

6−3「おいしいテーブル」その1

P1110383


「感謝祭のチキン」です。

11月は,感謝祭(収穫祭)の月です。
アメリカでは,毎年11月の第4木曜日が感謝祭。
今年は,11月27日木曜日になります。

本当は,七面鳥(ターキー)を食べます。
理由は、チキンだと家族で食べるには小さすぎるから、らしい。。。

日本でしたら,チキン丸ごと一羽で,家族4人は大丈夫かな!?
でも、今回は,もっと手軽にできるようにと、
骨付きもも肉を焼きました。

付け合わせは,栗入りのマッシュルームごはん。
七面鳥や鶏、丸ごと焼くときには,お腹に詰め物をします。
スタッフィングと言います。

スタッフィングの詰め物はいろいろありますが、
わたしは,お米の詰め物が好きです。
パンの詰め物は、びちょびちょして・・・ちょっとだめ。

ごはんは,炊飯器で簡単に作りました。

グリーンは、エンダイブ・春菊のサラダです。
今の季節,生で食べる春菊がおいしいですね。

P1110374


前後しますが・・・

前菜は,「たこの和風カルパッチョ」です。
ポイントは、カルパッチョのドレッシングです。
家にある簡単なもので,簡単にできます。

色とりどりの大根や野菜を,きれいに盛りつけていただきました。

P1110375


里芋の季節ですね。
「里芋のお焼き風」です。

冷蔵庫に残っている、ふりかけ・漬物等々を入れて作ります。
ので、毎回お味が違う・・・それが楽しい!?

里芋のコロッケもおいしいのですが,こちらは,焼くのでお手軽です。
里芋は,いっぺんに蒸してマッシュして,冷凍しておくと便利です。

P1110385


デザートは、「カラメルりんごのデザート」です。

お鍋でカラメルを作ってりんごを煮ます。
簡単だけど、ちょっと大人味でおしゃれ・・・だと自負しています(笑)

・・・

今回は,下準備しておくと,簡単にできるメニューばかりです。
鶏肉は,前日からの仕込みが必要ですが,後は簡単です。
仕上げは,オーブンでするので、前菜をいただいている間に、
メインのチキンが焼ける・・・という手順です。

ホームパーティー(この言い方、古いですね・笑)をする場合・・・

全部のお料理をテーブルに並べて、
「さあ,いただきましょう・・・」というのもいいのですが・・・

わたしは、メインだけは,温かく熱く,いただきたいと思うのです。
その時,オーブン料理は便利ですね。

前菜をいただいている間に、オーブンが仕事をするので。

今回は,オーブンでチキンを焼き,炊飯器でスタッフィングを作るので、
料理を出すほうも、ゆっくり前菜をいただけます。

サラダだけは,盛りつける直前に,ドレッシングと和えたいですね。
そのタイミングさえ押さえれば,簡単に熱々をお出しできます。

今から,お客さまの多い季節。
お料理を出すタイミングを考えながら、メニューを考える・・・
頭の中で,何度もシュミレーションしてみます。

頭の中のシュミレーションと,実際のタイミングが合えば、
「ヤッター!」と、心の中で,ひとりバンザイをします(笑)


小国あちこち

IMG_1206


先週は,仕事で九州へ。

もくもくとした蒸気、わいた温泉かな〜?
この辺り,温泉だらけだから,よくわからない。
オットの仕事中、ひとりで,田舎道をドライブ。

朝早くの小国地区、お店も開いてないから、ドライブ。
と、思っていたら・・・

黒川地区の温泉旅館、朝8時30分からお風呂に入れる。
泊まるとすごいお値段の高級旅館だけど、
日帰り湯は、どこもほとんど500円。ありがたい!

今回は、8時30分と同時に,高級旅館に行った。

露天風呂、誰もいない・・・
泊まりのお客さんは,ちょうどお食事時間のようだ。

すごく広い露天風呂にひとり。
前日、コンビニで買った「九州立ち寄り湯」の雑誌を、
露天風呂の中でぱらぱら読む。

お湯に浸かったり,ぱらぱら読んだり,また,浸かったり。
ひとりでたっぷりお風呂を堪能する。

あ〜、近くだったら,毎週行きたいなぁ〜〜〜って思う。




心のザワザワ

P1020206


ときどき,頭がぐじゃぐじゃになる・・・
なんだか落ち着かない・・・

心のザワザワの理由は,簡単なこと。

いろいろ小さな「めんどくさい」ことを、先延ばししている。

例えば・・・
処分しなければいけない小さなものを入れている箱、
これを,ゴミ別に分別して捨てる。 

このように,20分あれば,なんとかなりそうなことから、
ちょっと構えて,半日はがんばらなくてはならないこと、
もう少しがんばらなくてはならないこと、などなど。

旅に出て,ぱきっとしたホテルの部屋に入ると,ほっとする。
田舎の小さな民宿みたいなところでも、きれいに掃除してあると、
心が和む。

どこにも,いらないものがいないし、きれいに掃除されているし、
あ〜、我が家もこんなだといいなぁ〜〜〜など、妄想する。

だったら,家でもちゃんとしろよーと、突っ込まれそうだが・・・

家では,日々を少しさぼると,それが垢のように、じわじわとたまる。
小さなことだけど、日々押し寄せるから、それがつもると大変。

ホテルや旅館,民宿は,ちゃんと日々お掃除しているんだものね。
わたしも,日々,ちゃんと掃除して片付けて、
いらないものを片付ければすむんだろうけど・・・

あ〜、あ=,あー、心がザワザワするぅぅぅ。。。



残り物利用

IMG_1169


卵は苦手な方だけど、
たま〜に、スクランブルエッグなどなど、食べたくなる。

この日は、スクランブル気分の日だった。
わたし、卵は苦手だから,卵料理は,基本,オットの担当。
牛乳入りのゆるゆるのスクランブル、バター風味でおいしい。

IMG_1170


卵3個に対して,牛乳を50cc程度入れるらしい。
それを,バターで焼く。
ほとんどかき混ぜない。ほわっとしたスクランブル。

IMG_1172


スクランブルのサンドイッチ。

卵サンド、ゆで卵をつぶしてマヨネーズ味が一般的かな!?
わたしは、スクランブルのサンドイッチの方が好き。

軽くトーストしたパンに、バターをぬる。
粒マスタードとマヨネーズをぬり、卵とサニーレタスをたっぷり。

IMG_1171


朝から一緒にいただいたのは、野菜のスープ。
スープの素として、お鍋の残り汁を使う。

これは、キャンプの時作った,お魚のお鍋の残りスープ、
それを、ペットボトルに入れて持ち帰った。かなりのケチ(笑)

このスープをベースに,冷蔵庫にある野菜を入れて作った。

IMG_1168


前の番には,こんな感じで食べた。

我が家、こんな残り物スープをよく作る。
オットと2人だから、こんな残り物利用のスープでいいと思っている。

寒くなると、朝から,サラダよりスープが欲しい。

「まじめ」と「おしい」

IMG_1194


久しぶりに,「まじめな」外食にであった。

わたしがオーダーしたのは,天ぷらうどん。
国産小麦(全粒粉)を使った自家製麺、
お出汁は、いりこをベースにした,かなり薄味のおつゆ。
てんぷらは、山菜や季節の野菜を,米油で揚げたもの。

写真からもわかるように,量もたっぷり。
これ、オットと2人でひとつでもよかったぐらいの量。

オットは,かき揚げうどんを頼んだ。
おいしかった〜〜〜,けれども,量がちょっと多すぎた。。。

IMG_1197


食後は、自家製お茶と小さなお茶請けが付いていた。

あくまでも,安全,安心の自家製にこだわるお店でした。

・・・

今、外で食べて,安心して食べられるもの、あまりないと思う。
だけど、
たまにの外食だから,そんなにいろいろ気にせずに,おいしくいただく。

こちらのお店は,かなり「まれ」なお店だと思う。

が、お料理っていうものは、
安心・安全のみだけでも,成り立たないんだな・・・と,少し思った。

・・・

お店に着いたのは,午後2時頃。
お昼時を過ぎたためか,他のお客さんはいない。
お店には,店主さんひとり。

注文をすませると,店主さんが、
「お時間は大丈夫ですか?』と聞く。

うどんは,客の顔を見てから茹でるとおもうから、
まあ,10〜15分ぐらいは,待つかなと思い、
大丈夫です,と答えた。

店には,ちょっと興味のある本があったので、
オットもわたしもそれを読んでいた。

店主さん、ちょっといなくなった・・・
その後,水の音がしたりして・・・
天ぷらを揚げる音がして・・・
包丁の音がしたり、何か音がして・・・

30分が経過して、40分ぐらいたった頃、やっと,うどんが来た。

まじめな材料で,まじめに作っているから、味はとってもいい。

・・・のだが・・・

天ぷらは、少し冷たくなりつつ・・・ある・・・
うどんのつゆも、もひとつ熱くない・・・のである・・・

店主さんの説明では・・・
山に野草を採りに行き、それを,店の裏に植えているらしい。
新鮮な,摘みたて野菜を天ぷらにしたいようだ。

はぁ〜〜〜、店主さんがいなくなったのは、
店の裏の畑に,野菜や野草を採りに行っていたのね・・・

それを洗って,それから,天ぷらを揚げて・・・
天ぷらが揚がったら、それから,うどんを茹でたのね・・・

で、うどんがゆであがって,おつゆを温めて・・・
それから、ねぎを切って・・・
お盆に,天ぷらのつゆをはって・・・
などなど、たぶん。。。

そんな手順だと,想像するのだが・・・

お客さんに待っていただいても,
茹でたてのうどん、揚げたての天ぷらを出す。
これは、すごくいいことだと思うんだけど・・・

あまりにも手順が,悪すぎる(ごめんなさい)

わたしが考える,天ぷらうどんの手順としては、
注文を聞いて,まずは,うどんを茹で始め、
うどんを茹でる時間,約10分間を利用して,天ぷらを揚げる。

同時に、お盆にいろいろセットして、
うどんが茹で上がったと同時に,全てが完成。。。
全て熱々を出す。この間、10分〜15分。

これが,お客さんに出す手順とタイミングだと思うんだけど。

お店を出たら,1時間以上経っていた。

オットの仕事がらみだったが、でも,休みの日の仕事だったから、
そこまで時間に縛られなかったから,よかったけれども。。。
やはり,時間、かかり過ぎ・・・

お料理は、
おいしさ、安心、安全、そんなところが,一番の基本の基本だと思う。

しかし、やはり,タイミング、熱々なども、必要なんだよね。

などなど、いろいろ思った、自然派のうどん屋さんでした。

☆むかごの天ぷらをいただいた。
 なんでも,店主さんが山に入り,採りに行くらしい・・・
 そんな熱意があるうどん屋さんだけに、
 「おいしい」けど、ちょっと「おしい」うどん屋さんだった。

プルオーバーとセーター

IMG_1164


ごま入りのパンをいただいた。
朝から,トーストの予定だったんだけど、
オットが,サンドイッチの方がよくない?!と言う。

なるほど,そちらの方がよさそうだ。

カリカリのベーコンがあったので,それを焼いたのと、
エンダイブとリーフレタスを挟み、
たっぷりの粒マスタードと,ちょっぴりのマヨネーズをぬった。

パンは,ほんの少しだけトーストした。
ちょっとサクッとしたパンがいい感じ。

おいしい〜〜〜、と、ニコニコしちゃう。

トマトがあれば、BLTサンド(ベーコン&トマト&レタス)だけど、
トマトがないから、BLサンドとなった。
それでも,充分以上においしい。

・・・

真庭のパン屋、タルマーリーさんが,10月いっぱいで休業らしい。
先月行った時、買ったパンがおいしかった。

実は,日曜日,もしかしたら,オットが仕事で真庭に行くかも・・・
だったら、また,タルマーリーに行こうと思っていたところ。


日曜日は,11月2日だから,2日違いで,パンがないのねぇ・・・
残念。

なんでも,腰痛で,調子がお悪いようだ・・・
しっかり休んで,しっかり治療して、また,パンを焼いてほしい。
お大事にしてください。

・・・

昨日、予約していたカーディガンが来たと言うことで,お店に行った。

試着すると,袖が少し短めで,二の腕周りが,窮屈・・・

ニットだから,伸びるかな〜〜〜!?
などと,思ってもみるけど・・・

着ているのを、鏡で見ると,明らかにきつきつパッツン!!!

他のカーディガンを着せてもらう。
軽くて,袖もたっぷりだし、いい感じ。
でも,こんなの,確か,家にあるような・・・

プルオーバーは,いかがですか!?
と,言われた。

プルオーバー!?  ああ、セーターのことね。。。笑

プルオーバー、訳せば、引っ張って上からかぶることだから、
セーターのことなのね。

お店の人は,ずっと,プルオーバーって言っていた。
でも,わたしは,ずっと、セーターって言っていた。

こんなところに,時代が,年代が出るんだねぇ・・・

で,チャコールグレーのプルオーバー、
自分で言うのもなんだけど、めちゃ似合う!

オフホワイトのコットンシャツ、グレーのストレートコットンパンツ、
スプリングコートの黒のローカットスニーカー、
それに,チャコールグレーのセーター、いや、プルオーバー・・・

この格好って、高校生の頃,よく着ていた組み合わせ。。。
あれこれ流行りすたりのファッションてあるけど、
今でも,こんな格好が一番好き。

60歳になったら,スプリングコートの,赤いスニーカーが欲しい。
そのときは,ハイカットのスニーカーがいいかなぁ。。。

人生57年行きてきたけど・・・
とうとう,ハイヒールっていうものは、ほとんど履かなかった。
いや,正直なところ,履けなかったかな・・・

何せ,我慢ができない人だから,ハイヒールなんてとっても無理で。

そのおかげで,わたしの足は,外反母趾がない。
今でも、子供足、ズック足と呼ばれるけど、
ほんとに、子供みたいな,ぺったんな足。

我慢のない証拠,こんなところに,しっかりとある(笑)

☆もうひとつ、ハイヒールが嫌いな理由は・・・
 ストッキングが嫌いだから・・・
 ストッキングは、喪服の時しか履かない。
 タイツも,実は,苦手。
 足が包まれすぎて、自由がないから・・・
 靴下も,足首の辺りのゴムがきついのがいや。
 ずるずるした靴下が好き。

 どこまでも,どこまでも、我慢のできない人なのである。






Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ