*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2014年11月

心のザワザワ

P1020206


ときどき,頭がぐじゃぐじゃになる・・・
なんだか落ち着かない・・・

心のザワザワの理由は,簡単なこと。

いろいろ小さな「めんどくさい」ことを、先延ばししている。

例えば・・・
処分しなければいけない小さなものを入れている箱、
これを,ゴミ別に分別して捨てる。 

このように,20分あれば,なんとかなりそうなことから、
ちょっと構えて,半日はがんばらなくてはならないこと、
もう少しがんばらなくてはならないこと、などなど。

旅に出て,ぱきっとしたホテルの部屋に入ると,ほっとする。
田舎の小さな民宿みたいなところでも、きれいに掃除してあると、
心が和む。

どこにも,いらないものがいないし、きれいに掃除されているし、
あ〜、我が家もこんなだといいなぁ〜〜〜など、妄想する。

だったら,家でもちゃんとしろよーと、突っ込まれそうだが・・・

家では,日々を少しさぼると,それが垢のように、じわじわとたまる。
小さなことだけど、日々押し寄せるから、それがつもると大変。

ホテルや旅館,民宿は,ちゃんと日々お掃除しているんだものね。
わたしも,日々,ちゃんと掃除して片付けて、
いらないものを片付ければすむんだろうけど・・・

あ〜、あ=,あー、心がザワザワするぅぅぅ。。。



残り物利用

IMG_1169


卵は苦手な方だけど、
たま〜に、スクランブルエッグなどなど、食べたくなる。

この日は、スクランブル気分の日だった。
わたし、卵は苦手だから,卵料理は,基本,オットの担当。
牛乳入りのゆるゆるのスクランブル、バター風味でおいしい。

IMG_1170


卵3個に対して,牛乳を50cc程度入れるらしい。
それを,バターで焼く。
ほとんどかき混ぜない。ほわっとしたスクランブル。

IMG_1172


スクランブルのサンドイッチ。

卵サンド、ゆで卵をつぶしてマヨネーズ味が一般的かな!?
わたしは、スクランブルのサンドイッチの方が好き。

軽くトーストしたパンに、バターをぬる。
粒マスタードとマヨネーズをぬり、卵とサニーレタスをたっぷり。

IMG_1171


朝から一緒にいただいたのは、野菜のスープ。
スープの素として、お鍋の残り汁を使う。

これは、キャンプの時作った,お魚のお鍋の残りスープ、
それを、ペットボトルに入れて持ち帰った。かなりのケチ(笑)

このスープをベースに,冷蔵庫にある野菜を入れて作った。

IMG_1168


前の番には,こんな感じで食べた。

我が家、こんな残り物スープをよく作る。
オットと2人だから、こんな残り物利用のスープでいいと思っている。

寒くなると、朝から,サラダよりスープが欲しい。

「まじめ」と「おしい」

IMG_1194


久しぶりに,「まじめな」外食にであった。

わたしがオーダーしたのは,天ぷらうどん。
国産小麦(全粒粉)を使った自家製麺、
お出汁は、いりこをベースにした,かなり薄味のおつゆ。
てんぷらは、山菜や季節の野菜を,米油で揚げたもの。

写真からもわかるように,量もたっぷり。
これ、オットと2人でひとつでもよかったぐらいの量。

オットは,かき揚げうどんを頼んだ。
おいしかった〜〜〜,けれども,量がちょっと多すぎた。。。

IMG_1197


食後は、自家製お茶と小さなお茶請けが付いていた。

あくまでも,安全,安心の自家製にこだわるお店でした。

・・・

今、外で食べて,安心して食べられるもの、あまりないと思う。
だけど、
たまにの外食だから,そんなにいろいろ気にせずに,おいしくいただく。

こちらのお店は,かなり「まれ」なお店だと思う。

が、お料理っていうものは、
安心・安全のみだけでも,成り立たないんだな・・・と,少し思った。

・・・

お店に着いたのは,午後2時頃。
お昼時を過ぎたためか,他のお客さんはいない。
お店には,店主さんひとり。

注文をすませると,店主さんが、
「お時間は大丈夫ですか?』と聞く。

うどんは,客の顔を見てから茹でるとおもうから、
まあ,10〜15分ぐらいは,待つかなと思い、
大丈夫です,と答えた。

店には,ちょっと興味のある本があったので、
オットもわたしもそれを読んでいた。

店主さん、ちょっといなくなった・・・
その後,水の音がしたりして・・・
天ぷらを揚げる音がして・・・
包丁の音がしたり、何か音がして・・・

30分が経過して、40分ぐらいたった頃、やっと,うどんが来た。

まじめな材料で,まじめに作っているから、味はとってもいい。

・・・のだが・・・

天ぷらは、少し冷たくなりつつ・・・ある・・・
うどんのつゆも、もひとつ熱くない・・・のである・・・

店主さんの説明では・・・
山に野草を採りに行き、それを,店の裏に植えているらしい。
新鮮な,摘みたて野菜を天ぷらにしたいようだ。

はぁ〜〜〜、店主さんがいなくなったのは、
店の裏の畑に,野菜や野草を採りに行っていたのね・・・

それを洗って,それから,天ぷらを揚げて・・・
天ぷらが揚がったら、それから,うどんを茹でたのね・・・

で、うどんがゆであがって,おつゆを温めて・・・
それから、ねぎを切って・・・
お盆に,天ぷらのつゆをはって・・・
などなど、たぶん。。。

そんな手順だと,想像するのだが・・・

お客さんに待っていただいても,
茹でたてのうどん、揚げたての天ぷらを出す。
これは、すごくいいことだと思うんだけど・・・

あまりにも手順が,悪すぎる(ごめんなさい)

わたしが考える,天ぷらうどんの手順としては、
注文を聞いて,まずは,うどんを茹で始め、
うどんを茹でる時間,約10分間を利用して,天ぷらを揚げる。

同時に、お盆にいろいろセットして、
うどんが茹で上がったと同時に,全てが完成。。。
全て熱々を出す。この間、10分〜15分。

これが,お客さんに出す手順とタイミングだと思うんだけど。

お店を出たら,1時間以上経っていた。

オットの仕事がらみだったが、でも,休みの日の仕事だったから、
そこまで時間に縛られなかったから,よかったけれども。。。
やはり,時間、かかり過ぎ・・・

お料理は、
おいしさ、安心、安全、そんなところが,一番の基本の基本だと思う。

しかし、やはり,タイミング、熱々なども、必要なんだよね。

などなど、いろいろ思った、自然派のうどん屋さんでした。

☆むかごの天ぷらをいただいた。
 なんでも,店主さんが山に入り,採りに行くらしい・・・
 そんな熱意があるうどん屋さんだけに、
 「おいしい」けど、ちょっと「おしい」うどん屋さんだった。

プルオーバーとセーター

IMG_1164


ごま入りのパンをいただいた。
朝から,トーストの予定だったんだけど、
オットが,サンドイッチの方がよくない?!と言う。

なるほど,そちらの方がよさそうだ。

カリカリのベーコンがあったので,それを焼いたのと、
エンダイブとリーフレタスを挟み、
たっぷりの粒マスタードと,ちょっぴりのマヨネーズをぬった。

パンは,ほんの少しだけトーストした。
ちょっとサクッとしたパンがいい感じ。

おいしい〜〜〜、と、ニコニコしちゃう。

トマトがあれば、BLTサンド(ベーコン&トマト&レタス)だけど、
トマトがないから、BLサンドとなった。
それでも,充分以上においしい。

・・・

真庭のパン屋、タルマーリーさんが,10月いっぱいで休業らしい。
先月行った時、買ったパンがおいしかった。

実は,日曜日,もしかしたら,オットが仕事で真庭に行くかも・・・
だったら、また,タルマーリーに行こうと思っていたところ。


日曜日は,11月2日だから,2日違いで,パンがないのねぇ・・・
残念。

なんでも,腰痛で,調子がお悪いようだ・・・
しっかり休んで,しっかり治療して、また,パンを焼いてほしい。
お大事にしてください。

・・・

昨日、予約していたカーディガンが来たと言うことで,お店に行った。

試着すると,袖が少し短めで,二の腕周りが,窮屈・・・

ニットだから,伸びるかな〜〜〜!?
などと,思ってもみるけど・・・

着ているのを、鏡で見ると,明らかにきつきつパッツン!!!

他のカーディガンを着せてもらう。
軽くて,袖もたっぷりだし、いい感じ。
でも,こんなの,確か,家にあるような・・・

プルオーバーは,いかがですか!?
と,言われた。

プルオーバー!?  ああ、セーターのことね。。。笑

プルオーバー、訳せば、引っ張って上からかぶることだから、
セーターのことなのね。

お店の人は,ずっと,プルオーバーって言っていた。
でも,わたしは,ずっと、セーターって言っていた。

こんなところに,時代が,年代が出るんだねぇ・・・

で,チャコールグレーのプルオーバー、
自分で言うのもなんだけど、めちゃ似合う!

オフホワイトのコットンシャツ、グレーのストレートコットンパンツ、
スプリングコートの黒のローカットスニーカー、
それに,チャコールグレーのセーター、いや、プルオーバー・・・

この格好って、高校生の頃,よく着ていた組み合わせ。。。
あれこれ流行りすたりのファッションてあるけど、
今でも,こんな格好が一番好き。

60歳になったら,スプリングコートの,赤いスニーカーが欲しい。
そのときは,ハイカットのスニーカーがいいかなぁ。。。

人生57年行きてきたけど・・・
とうとう,ハイヒールっていうものは、ほとんど履かなかった。
いや,正直なところ,履けなかったかな・・・

何せ,我慢ができない人だから,ハイヒールなんてとっても無理で。

そのおかげで,わたしの足は,外反母趾がない。
今でも、子供足、ズック足と呼ばれるけど、
ほんとに、子供みたいな,ぺったんな足。

我慢のない証拠,こんなところに,しっかりとある(笑)

☆もうひとつ、ハイヒールが嫌いな理由は・・・
 ストッキングが嫌いだから・・・
 ストッキングは、喪服の時しか履かない。
 タイツも,実は,苦手。
 足が包まれすぎて、自由がないから・・・
 靴下も,足首の辺りのゴムがきついのがいや。
 ずるずるした靴下が好き。

 どこまでも,どこまでも、我慢のできない人なのである。






記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ