*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2015年02月

ちょっぴりお醤油

P1110826


魚屋さんで買う、イワシの丸干しが好き。
塩気が薄いのが好きなポイント。
ちょっぴりお醤油をたらしてたべる。

焼くと、いつもこんな風に、反っくり返る。
名古屋の金のしゃちほこみたい。

演技がいい!?  笑 変換ミス、縁起がいいが、正しい!

P1110824


日曜日の朝など、時間のあるときは、
オットが削り節をゴリゴリと削る。

熱々ご飯に、削り節、たらりとお醤油かけて、
いわゆるねこまんま。
旨いこと、請け合い!

P1110821


ねこまんまもいいけど、サラダにかけて食べても美味しい。
クルトンなどよりも,うんとヘルシーなトッピング。

自家製のドレッシングをかけて、
その後、鰹節だから、ちょっぴりのお醤油。旨い!

P1110833


何にもしたくない夜・・・

冷凍の自家製トマトソースをチンして、お皿にひいて、
冷凍の白身魚、下味をつけたのを軽くソテーして乗っけて、
市販のジェノベソース(いただきもの)を乗っけて、
上から、パン粉。

240度のオーブンで、15〜20分。

チーズもバターもオイルもかけないから、さっぱり味。
ちょっぴりお醤油をたらすと、以外と和っぽい。

・・・

お醤油好きかも。

お醤油の風味が好きだから、最後に、ちょっぴりたらすのが好き。
熱を加えない、生の、最後のちょっぴりお醤油。

お醤油は、どこのメーカーとは決めてないけれども、
塩・麹・大豆だけで作られているものを選ぶ。

封を開けたら、冷蔵庫の野菜室で保存。
それを、ちょっぴりたらりかける、食卓用に醤油差しに入れる。

これは、8:2の割合で、醤油と水(水道水)で割る。
これが、我が家の減塩醤油。
たまには、水を入れすぎて、7:3の時も(苦笑)

我が家の醤油は、「水増し醤油」・・・

自家製水増し醤油ののこと、みなさんに驚かれる。
が、
真似っこしていただいているご家庭もあるみたい。

みなさん、口を揃えて言う。
「水増し、誰も、気がつかない・・・」

そう、気がつかないんですよね・・・
気がつかれない、簡単減塩。

この水増し醤油、これをちょっぴり。
これが、わたしのお好み。

参考は?

P1110772


↑昨日の全体。
う〜ん、バランスがどうかな・・・微妙かも。。。

・・・

今、洋服の取捨選択をしながら、いろいろ考える。

いったいどのくらい、どのような服を持てばいいのか!?
と・・・

で、ちまたには、あれこれ参考になりそうな本や雑誌がある。
が、これらは、果たして参考になるのか?

わたしも、正直なところ、困り果てて、あれこれ読んでみるが、
どれもこれも、参考になるような・・・ ならないような・・・

なぜならば、その人それぞれに、立場が違うから。

たとえば・・・
お勤めをしている人は、通勤服がいるだろう。

お堅い仕事の人、スーツがいるかな!?
仕事場で制服のある人、この人は通勤着がいる。
普段着でもできる仕事の人は、それなりの普段着がいるかな。

仕事をしていなくても、外に出る機会の多い人。
ボランティアなどをしている人。
趣味で野外に出かける人、または、屋内の教室中心の人。
それぞれにふさわしい服がいるだろう。

家の中にいて、子育て中心の人。
外に出るのは、主に、子供の用事の人。
学校行事などもあるだろうから、ちょっときちんとの普段着!?

家にいて、ほとんどお家で着る普段着が中心の人。
↑わたしは、これ。

今、外に出るのは、フィットネスクラブに、
あとは、近所に買い物、図書館などなど。
そして、オットの仕事に付いてあちこち行くこと。

↑このような出かけは、ほとんど普段着(お家服)ですむ。
だから、特別なお出かけ服は、いらない。

実は、こんなわたしみたいな人が参考になるするような
そんな洋服の提案をする本や雑誌は、ほとんどない。

・・・というか、そもそも・・・

みんなそれぞれ立場が違うから、何かが参考になったとしても・・・
でも、
自分にぴったりという参考は、ないということ。

だから、自分で考えなければならない。
だから、悩むんだよね。

・・・

こんな感じだから、普段着中心。
「よそ行き」は、ほとんど持ってないけれども・・・

今、一番充実している「よそ行き」がある。
それは、喪服。

冬の喪服2着。
1着は叔母から貰ったもの。

夏の喪服1着。
これは、去年買った。(去年もので一番高かった😅)

黒のロングコート。
これは、母からもらったもの。

黒のバッグ。
喪のバッグ、先日、デパートの20%offで買った。

黒のパンプス。
これは、2年ほど前、ヒールの低いパンプスに買い換えた。

法事用のグレーのスーツ。
これも叔母から貰ったもの。

この歳になると、お祝い事よりも、喪の用事が増える。
喪のことは、ある日突然だから、前もっての用意が必要。
やっと、どの季節でも大丈夫になった。

⭐️プラス、黒のストッキングは5足ほど用意している。
 夏の汗取りの涼しい黒の下着。
 冬のお腹お尻がすっぽり隠れるくらいの温かい下着。
 冬のぐるぐる巻ける黒の大判ショール。
 などなども用意している。

⭐️最近テレビで観たんだけど・・・
 喪のハンカチって、黒なの!?
 わたしは、白でいいと思っていたんだけど・・・



ヘヤカツ&トンカツ

P1110773


グレイッシュブルーの麻のワンピース、夏に涼しくて好き。
でも、いまいち似合わない、と思っていたら・・・
骨格診断ナチュラルの「えり」ではなかった^^;

だったらと、ノースリーブのサファリシャツを上から着てみる。
これならいい感じ。
でも、夏、暑いのに、2枚着るかな・・・!?

・・・

断捨離だの、ミニマニズムだの、老前整理だの、
最近では、ヘヤカツ(部屋の活用!)だの、
もう、なんとも、世間はお片づけで騒がしい。

そんな時流に乗っかり、わたしもお片づけ続行中。

日曜日は、雨100%の予報。
一日中、オットとお片づけをした。

・・・というよりも、
わたし主導で、オットの部屋の片付けに着手した。

机周り、少し使いやすいようにと、
わたしの部屋のワイヤーラックを移動してみた。

結果、片付け半分状態だけど、
今のところ、わたしの考えた机周りの感じは、いいみたい。

オットは、日々忙しいから、なんでもそのまま・・・
書類類はすごい量ある。
それを、わたしが片付けるわけにはいかない・・・

だから、オットに頑張ってもらう。

心の中では・・・
「バンバン捨てろよっ(怒)」って思うんだけど・・・

オットの片付けは、まあ、ゆっくり。
カタツムリの歩みのように、ゆっくり。

まあ、それでもやってくれるだけ、いいけどね。

その間、
実は、人のことなど言ってられないわたしは、
自分の作業部屋を片付ける。

わたしの部屋のワイヤラックがなくなった分、
収納場所が少なくなり、わたしのものをどうにかしなくてはならない。

それでなくても、手作り道具のものが多くて、
ヘヤカツできていないわたしの作業部屋。

どんどん片付けて、やっと、ミシンが使えるようになった。
これで、春に向けて、少しミシン仕事ができる。

やれやれ・・・

平行して、洋服、バッグなども、大きな箱一杯処分。
黒いバッグ・黄色のアフリカン籠バッグなども処分。
大好きだったローラーアシュレイのジャンスカも処分。

思いはいろいろあるけれども、「今」いらないから処分。

本も処分。
前回よりも、もう一歩踏み込んでの処分。

ぐんぐんと加速しながら、家の中のダイエット、
前進あるのみ!

えっ!? わたし自身のダイエット!? 
それは、まあ、ぼちぼちですわぁ・・・

だって、イエカツよりも、
断然、トンカツが好きなんですもの(苦笑)


牡蠣の手抜きグラタン

P1110808


焼き上がりの「牡蠣グラタン」
ぐつぐつの熱々がおいしいです。

ー材料ー
ヴェシャメルソース(ホワイトソース)の材料(以下)
バター・小麦粉・牛乳・顆粒コンソメ・塩

牡蠣  溶けるチーズ  パン粉(今回はアーモンド入り)

P1110796


フライパンにバターと小麦粉を入れて炒めます。
ブツブツと小麦粉に火が入った感じになったら、OK!

ここに、人肌に温めた牛乳を少しずつ加え混ぜます。
エバトリオの小さなスプーンで、ぐるぐる混ぜます。

P1110798


少しゆるめの感じにします。
それの方が、おいしいと思います。

味付けは、コンソメと塩を入れて、薄味で。
後から、チーズを入れるので、あくまでも「うすあじ」です。

P1110800


耐熱皿にベシャメルソースを引き、
その上に、「何もしない生の」牡蠣を並べます。

牡蠣は、洗って、しっかりと水気を取るだけです。
ペーパーで拭いたほうがいいかもしれませんね。

牡蠣には、味付けは一切しません。
洗って拭いた「だけ」です。ここがポイントです。

⭐️牡蠣は、スーパーの袋詰めの牡蠣はお勧めしません。
 この牡蠣は、魚屋さんで買いました。
 この量で、1000円でした。
 何もしないので、牡蠣はいいものを用意したいです。

P1110801


とろけるチーズ(ピザのチーズみたいなの)を、
お好みの量乗っけます。

上から、パン粉をふりかけます。

今回は、生のアーモンドを砕いたものをパン粉に混ぜました。
パン粉だけでもいいです。

もしあれば・・・

パン粉の中に、イタリアンパセリ・バジルなど入れてもいいです。
ニンニクの刻んだのを入れても、パンチが効いて美味しいです。

最後に、バターのちぎったの、オリーブオイルをふりかけてもいいです。

ただのパン粉、そう、市販のパン粉をふりかけるだけでも、
十分すぎるくらい美味しくできます。

240度のオーブンで15分程度焼きます。(オーブンにより加減)
焦げ目がついたら、出来上がりです。

冷えた白ワインがいいですねぇ・・・
もちろん、冷えたビールでもいいです。
軽めの赤ワインも合うと思います。

牡蠣の手抜きグラタン、簡単なグリーンサラダ、バゲット、
それに、白ワインがあれば、完璧ですね!

・・・

エバトリオのスプーンについては、以前のブログにも。
くわしくはこちらから ⇦ クリック

台所用品、一押し道具!
これは、わたしは、ずっと使い続けると思う。
ちょっとしたプレゼントにも、使える。

たかがスプーンと思うかもしれないけれども、
本当に使いやすく便利です。

無⚪️に、同じような黒いスプーンもがあるけど・・・
私のお勧めは、エバトリオ。
たぶん一生もの・・・


春菊のちぢみ

P1110785


春菊のおいしい季節です。

おいしい春菊は、サラダでもおいしい。
でも、たまには、硬い春菊に当たることも・・・
そんな時は、ぜひぜひ、ちぢみに。

もちろん、柔らかい春菊で作ると、より美味しいですよ。

P1110787


ー材料ー
春菊一把 1〜2センチぐらいにザクザク切る。
      茎が太い時は、その部分は小さく刻む。

ナッツ(今回くるみを刻んんだの) カップ半杯ぐらい
ちりめんじゃこ 大さじ3〜5杯ぐらい
ゴマ  大さじ2〜3ぐらい
花カツオ 個別包装1パック

小麦粉 半カップぐらい (春菊の束の大きさで加減する)

だし(あれば 水でもいい)少し  だし醤油も少し
焼き油

P1110788


上の材料の小麦粉までを、全部をボウルに入れる。

P1110790


手で混ぜる。
下から持ち上げるように。

⭐️これって、英語でtoss(トス)って言うのを聞いた時、
 へぇ〜って思った。
 あのバレーボールのトスのこと。
 確かに、動きは、トスだね。。。

P1110792


混ざった状態。

寒い朝に「霜」が畑に降りた状態!?

P1110793


ここに、だし(なければ水でもいい)とだし醤油を入れる。
だし醤油とは、ソーメンつゆのようなもの。
なければ、醤油でもいい。入れ過ぎないように。

食べてみて、味が少しついている程度。
あまり濃くしない。

P1110794


全部混ぜた状態。

「これで焼けるのぉ・・・!?」っていう程度の小麦粉の量。
でも大丈夫、焼けまっす!

P1110804


フライパンにオイルを引いて、乗っけていきます。
径28センチのフライパンに、5個程度乗ります。
薄めのほうが美味しいです。

P1110806


ひっくり返して、焼きます。
少々焦げ目がついたら、出来上がり。

ここで、コップにビールがあれば、まずは食べましょう!
熱々が旨いです!

味が薄ければ、醤油をたらりと。

熱々もおいしいのですが、冷めても美味しいです。
お弁当のおかずにもなります。

・・・

春菊以外では!?との質問が。

多分、小松菜でもいいと思います。
う〜んと贅沢なら、ルッコラでも。。。

今考えたのですが・・・
セロリの葉っぱあたりも良さそうです。
でも、こちらは自信がないので、ちょっと作ってみます。

冷蔵庫の残りの葉っぱものでできると思います。
あまり考えなくても、あるもので作ると結構ヒットします。
まあ、ヒットしなくても、それはそれで・・・お家ですから。

6−6−4「おいしいテーブル」

P1110819


ちょっと日にちを空けての「おいしいテーブル」
今回は、デザートから紹介。

「ノンシフォンケーキ」です。
オイル全くなし。でも、焼けます。
カロリー、多分、かなり控えめです。

オイルなしなんだけど、しっとりふわふわです。
カロリーを気にする方には(大人はほとんど!?)
いいお菓子ですね。

卵・牛乳(低脂肪牛乳)・砂糖・粉だけですので、
和菓子のようなシフォンです。
⭐️普通の牛乳でもできます。

生クリームを少々加えると、おいしいです。
生クリームには、砂糖が入っていません。
甘くない生クリームは、大人味です。

アメリカからのお土産のチョコレート(うっふふ・・・好き!)
それに、イチゴもお持ちいただいたのを、添えました。

P1110814


「牡蠣のグラタン」です。
リクエストに答えて、今回は、牡蠣のピカタの代わりに。

みなさん、あまりの簡単さに、びっくり!

このグラタンを作った日は、歯が痛くて、
ご飯の支度をしたくなくて・・・
そんな日に生まれた、「大」手抜きのグラタンでしたが・・・

その簡単さが、受けました! 後日、レシピ公開しますね。

P1110813


グラタンでしたので、簡単なサラダを作りました。
外の赤い大根、これもお土産でいただきました。
それを切って、サラダに添えます。
この少しの赤が春ですね〜〜〜

ドレッシングは、「白雪姫ドレッシング」です。
これは、3月の「おいしいテーブル」で紹介予定です。

P1110810


「春菊のちぢみ」と「砂ずりのお醤油漬け」です。
それと、お持ちいただいた野菜をさっと胡麻和えに。

何て名前だったかなぁ・・・
紫色の菜の花のような・・・

これ、ちょっと苦味があって、でも、甘くて、
わたしは大好きな味です。
このグラタンも美味しくできそう〜〜〜♪
⭐️ただし、色に気をつけないといけないかも。。。

P1110817


「冬の肉団子」です。
今回は、ご飯はなしです。
グラタンでボリュームがいっぱいと思ったので。

後、写真撮り忘れですが・・・メインだったのに(^_^;)
リエットとバゲットも。

・・・

2月の「おいしいテーブル」も無事終了。

3月の「おいしいテーブル」のメニューをいろいろ考えます。
3月のメニューは、4月に作っていただけるようなもの・・・
と、考えますが・・・

野菜など、4月の野菜を3月に調達するのは、なかなかです。
そのあたり、いつも悩むところですね。



知恵をしぼる

P1110775


叔母からもらったコート。
茶と黒の千鳥格子。

好きなデザインなんだけれども、何かしっくりこない。
どうしてなのかな!?

P1110776


原因が「えり」だということがわかった。
「えり」が小さな丸いえり。
わたしには、かわいすぎる・・・笑

あ〜、好きなコートなのに、処分なの・・・
と、少し考える。

えりが問題なら、えりを変えればいいんだと思った。

P1110777


えりを立ててみる。
スタンドカラーみたいで、これならイケル!

P1110779


えりもと、こんな感じ。
ここに、大きなピンで留めて着たらいいかもしれない。

P1110780


または、このコートの上から、ダウンベストを着る。
えりの所のボリュームが出て、わたしにぴったり。

P1110782


えりもとはこんな感じに。

ただ、薄手とはいえ、コートの上にコート。
もともとあまり寒がりでない私だから、これはないかも・・・

・・・

昨日の午前中、春夏物も全部出してチェックした。
丸襟のブラウスを一枚処分へ。
あとは、着方の工夫でどうにかなりそうだ。

骨格診断で、似合うものがわかってきたが・・・
似合うものばかり持っているってわけでもない。

だから、そこは、着方を工夫して着ればいいと思う。
もちろん、着方の工夫ができるものとそうでないものがあるが、
でもでも、できるだけ、知恵を絞って、自分に似合う着方をしたい。

⭐️どうにもなりそうにないものでも、布として使えそうなもの、
 そんなものは、切り刻んで何か作るつもり。
 処分するものは潔く。
 しかし、利用できるものは、捨てない・・・

基本に戻る

IMG_1538


ちょっとの時間つぶし・・・
コーヒーよりも、日本茶、それもほうじ茶が飲みたくて。
小さなお団子を添えてもらった。

お菓子にも、いろんなブームがある。
ティラミスだの、クグロフだの、ドーナッツだの、
ロールケーキ、パンケーキにポップコーン!?
そのほとんどは、興味もないので食べたことない。

若い頃は、それでも、洋菓子が好きだった。
神戸のカフェで、ケーキ全種類頼んだこともある・苦笑

でも、今は、
ダントツで、和菓子が好き。
それも、あまり手をかけてない、素朴なお菓子が好き。

「一周回って、元に戻って、基本」って感じかな!?

・・・

ほうじ茶を飲みながら、時間つぶしの理由は・・・
パンツの裾上げをする時間を、少しばかり待っていたため。

パンツを買った。
白に近い生成りのワークパンツ。
形は、ほとんどストレートに近い。

実は、メンズを買った。
こちらの方が、わたしに似合うと思ったから。

⭐️ここでも、骨格診断の影響、大!
 わたしは、メンズライクなのである。

メンズのパンツは、股下が86僂阿蕕い△襦
折ってそのまま着ようと思ったけれども、さすがに長すぎる💦

一番高い靴、といっても、ヒール高3,5僂阿蕕い帽腓錣擦董
股下77僂棒擇辰討發蕕辰拭
これだと、伸ばしたままでもいいし、ロールアップもさまになる、
と、勝手ながらに思っている。

最近、服をどんどん処分している。
自分が、「今」似合う、「今」ドンピシャのわたしになるための服。
それを中心に、いらない服は処分。

いらない服は、好きなんだけど・・・
「なにかおかしい・・・」と、自分なりに思っていた服。

ドンピシャじゃない服・・・のこと。
違和感のある服・・・のこと。
しっくりこない服・・・のこと。

60歳を前に(リミットは、後2年半でっす)
自分の着る服の方向性を見極め、そちらに「舵を切る」ことにした。

で、思ったのは、団子と一緒(笑)

「一周回って、元に戻って、基本」へ。

ここでいう「基本」とは、わたしの中の「基本」
昔から、好きで着ていた服。
昔から、自分なりに似合うと思う服。

それは、メンズライクな服。
それは、基本的なトラッドな服。

そして、少しだけ変わった服。
↑歳をとると、トラッドトラッドは、少しばかりキツイ・・・
 だから、少しの「遊び」がいる、そんな気がする。

「かわいい」服は、もう似合わないと、悟った・・・
60歳を前に、やっとこさ、悟った・・・

「かわいい」はなく、「かっこいい」を目指す。

世間一般の「かっこいい」ではなくて、
あくまでも、わたしのなかでの「かっこいい」を。

60過ぎても出来るかな!?と・・・お手本を探す。

加藤タキさん、1945年生まれの彼女、今年70歳になる。
うん、「かっこいい」オーラー全開。

わたしも、60を過ぎ、70歳になっても、
「かっこよく」を着こなし、大股でガンガン歩く・・・
これが、私の目指すところ。

よっしゃ、目指せ「かっこいーばーさん」!!!
がんばれ、わたし!!!

・・・

↑パルコ近くのお茶屋さんでの時間つぶしの間、
後でわかったことなんだけど・・・

お友達が、パルコでお買い物をしていたみたい。
あ〜、残念。。。

彼女から、骨格診断について教えてもらった。
次は、一緒にお買い物に行こうって約束したんだけど、
こんなに早くのニアミスがあったなんて。

あ〜、残念、無念。でも、団子は美味しかった。



トレンチコート

とうとう、買っちゃいました。
トレンチコートを。

今年は、トレンチの「大当たり年」とでも言うのでしょうか、
どこのお店にも、トレンチ、トレンチ、トレンチ。

わたしもトレンチコートが大好き。
うんと若い頃は、
森英恵ブランドのネイビーブルーのロングトレンチを着ていました。

その後、それがオンボロになって・・・

その次は、10年ほど前、名古屋で偶然見つけた、
麻のブルーグレーのトレンチミドル丈。
これは、今でも、現役バリバリのコート。

こちらは、サイズも色も素材も、ドンピシャ。
おまけに、その日スタートのバーゲンで、半額。
人生のラッキーを使い果たすような、そんなお買い物でした。

さて、今回のトレンチは・・・

買うなら、一枚買うなら、
ベージュのライナー付き、3シーズン着れるもの・・・
などなど、おぼろげに思っていた。

でも、季節は、冬が終わり春に向かい、
ライナー付きはあるけれども、春色のトレンチ。
素敵な色だけど、これじゃ、秋に色が薄いかな!?

ということで、
ライナー付きの秋色ライナー付きロング丈は、
来秋に買うことに決めました。

ではでは、と、お店を出ようとしたときに見つけたのは・・・

ナイロン100%の、軽い軽いネイビーブルーのトレンチ。
もう、びっくりするくらいに軽い。

これなら、今から春先まで。
雨の降る6月まで着ることができそう・・・
それから、秋口、11月ぐらいまでは着られそう・・・

軽いから、手軽に着られる。
旅行にも、軽いから、かさばらないから、持っていけそう。

それに、なんたって・・・

わたしのために作られたように、ドンピシャ、似合う!

でも、お値段がちょっとお高めだったから、
1日考えることにしました。← 最近、この辺り慎重です^^

家に帰って、う〜ん、う〜んと悩んだ。
悩んだ結果・・・

やっぱ、着るなら「今でしょ!」 ← 古い💦

そして、「骨格診断」の結果は大きかったかな!?
わたしのタイプは、ナチュラル。
トレンチがぴったり似合うタイプ。

で、買ってしまいました。

・・・

わたしは、以外と根性の人!?

商品券ですが、
オットのゴルフの商品、香典返しなどなど・・・
一回一回は少額ですが、それをずっと貯めてました。

たぶん10年以上貯めたと思います。
いつか、何か、これは絶対欲しいと思う時に使おうと、
使わずに、ずっと使わずに、商品券きんちゃく袋に入れてました。

今回のトレンチコート、それで買いました。

ふと、思い出しました。

わたしが高校生の頃、母が同じように商品券を貯めて、
グレーのコートを買ったことを。

DNAは、争えません・・・笑

・・・

とにかく、今回買ったトレンチコートですが、
たぶん、軽く10年は着るでしょう。
20年以上着る可能性も、大いにあると思います。

15年前に買った、チャコールグレーのダッフルコート。
今でも現役です。
これも、軽く20年は超えて着そうです。








朝ごはんパンケーキ

IMG_1521


日曜日の朝は、パンケーキ。
実は、土曜日に焼いていたものを、オーブントースターで温めて。

目玉焼き、ジャガイモの焼いたのを添えてのパンケーキ。

簡単なサラダ、
キャベツの自家製コールスロー、缶詰のコーン、
それに、新鮮なクレソンを添えて。

P1110769


オットが、面白がってパンケーキを焼いた。

正直なところ・・・薄すぎかも・・・
200グラムのこなで15枚は、薄すぎなパンケーキになる。

ロシアンパンケーキは、もう少しふっくらした感じの方がいい。
次は、もう少しふっくら目にしてね、と注文を出した。

さて、次はいつ焼くかな!?

⭐️ロシアンパンケーキ、
 スモークサーモンとかイクラ、それにサワークリームが本格的。
 でも、お家の朝ごはんの時は、なんでもいいの。
 目玉焼きでもいいし、ソーセージでもいいし、
 何か、ちょっと添えてあげるといい。
 ベーコンなんかも、すごくいいと思う

バレンタインと鞆の浦

IMG_1519


バレンタインデー、孫からのチョコ。
オットは、うれしそう〜〜〜♪

手作りということです^^

IMG_1515


わたしは、オットにチョコは贈らない。
代わりに、オットの大好物、ステーキ&ワイン。

あっ、わたしの大好物でもあるんですけど(笑)

ステーキは、小さな可愛いサイズ。
おいしそうな霜降りのロースもあったけれども、
我々世代向きの赤身のお肉にした。

お肉がちっちゃいから、付け合せはたっぷりと。
それで、お皿をどうにか埋める。。。

IMG_1532


日曜日、暖かそうだったので、鞆の浦へと行った。

IMG_1535


常夜燈の周りは、雰囲気のある場所。

橋かトンネルかの議論もある、ここ鞆の浦だけど・・・
一体どうなるのかなぁ〜〜〜!?

IMG_1534


この上に、灯りをともしていたのかな!?

IMG_1536


てくてくと、資料館の方からの眺め。
いい眺め。

宮城春男の「春の海」は、この海から生まれたという。

IMG_1537


常夜燈も少しだけ見える。

IMG_1531


福禅寺の対潮楼からの眺め。
海が綺麗に見える。絵画のよう。

向こうに見える島、手前が弁天湯で、向こうが仙酔島。
この仙酔島に船で簡単に渡ることができる。

IMG_1523


船で5分ほど。
波もなく、静かな船旅。

IMG_1527


こんな船で渡る。
大人一人240円(往復で)

IMG_1525


仙酔島には、国民宿舎もあり、夏などは海水浴にいいだろうな〜。
でも、
多いだろうな〜。

行きは、高速道路で行ったけれども、帰りはひたすら2号線を運転した。

行きや帰り、あちこちの産直所により、ちょこちょこお買い物。
オットの好物「でびら」も買った。

夜は、そのでびらで、冷酒を飲んだ。

土曜日は、バレンタインデーで赤ワイン。
日曜日は、でびらで冷酒。
いいこと続きの二日間。

月曜日からは、少し辛抱生活をする。

絶品牡蠣グラタン

P1110756


牡蠣グラタンを作った。

のけぞるぐらい、おいしい!!!

自分で言うのも変だが、絶品牡蠣グラタン(笑)

残念ながら、料理用の白ワイン(700円ぐらい)しかなくて、
少しばかり残念だったんだけど、
それでも、十分すぎるくらい美味しかった。

P1110760


バターを8グラムぐらい入れて作ったヴェシャメルソース。
これに小麦粉を少し振り入れ、あとは、少し温めた牛乳投入。
スプーンでグルグル混ぜただけの作り方。

ものの3分でできる、お手軽ヴェシャメル。
これで作った牡蠣グラタン。

オットいわく、これは、売れる!

実は、この日、歯医者に行って、歯のお掃除をした。
1時間半ぐらい口を開けっ放し。
首筋が凝って、頭がガンガンした。

晩ごはんを作る気持ちにもなれなくて・・・
かといって、
オットの帰りも遅くなり、外食にも行けそうにない。

もう、苦肉の策で作った、手抜きの牡蠣グラタン。
まあ、瓢箪から駒じゃないけど、
こんな風に、突然、おいしいものができることもあるんだね・・・

P1110764


牡蠣グラタンで、5分ぐらい頑張って台所に立ったから、
あとは、あるもので。

牡蠣のコンフィの残り、自家製オイルサーディン、
これにレモンを絞って。
あとは、グリーンの葉っぱを洗っただけ。

冷蔵庫に、作り置きのきんぴらごぼうと大根の酢の物もあったけど、
それを登場させることもなく、ご飯は終わった。

手抜きもいいね!

6−6−3「おいしいテーブル」

P1110738


牡蠣のピカタ、今回が一番上手に焼けました。
焼いたのが、わたしではなく・・・💦
ma〜さんでしたから。

お持ちいただいた、ノンアルコールのワインを添えて。

P1110743


今回のご飯は、炊き込みご飯。
牡蠣のコンフィ(オイル煮)を作ったオイル、
これを入れた、炊き込みご飯です。

P1110744


冬の肉団子、レンコンの団子です。
広島産の生ワカメが手に入りましたので、少し入れました。

P1110747


自家製白菜のお漬物です。
お家で少しづつ作ります。
ですから、手間も要らないし、場所もいらない。

P1110754


チョコケーキをお持ちいただきました。
バラの花の型、綺麗に焼けてますね。
チョコがいっぱい詰まった、ゴージャスなチョコケーキでした。

実は、甘いものは苦手だけど・・・
チョコは、好きなんです^^

・・・

今日は、バレンタインデー。
お菓子屋さんやデパートは、すごいことになっているんでしょうね。

我が家!? チョコはなし・・・

その代わり、お昼のお弁当を作りました。
基本、土曜日は、お弁当は作りません。
お弁当を作ったら、もう、1日帰ってきませんから。

今日絶対に済ませなくてはいけない仕事があるから・・・

↑毎土曜日、そんな風に言って仕事に行きます。
で、行ったら、帰ってきません。

ですから、土曜日は、せめてお昼には帰ってくるようにと、
お弁当を作らないのです。

しかし、帰ってくるのは、たいてい3時ぐらい。
お弁当なしでギリギリまで働くのです。
働くのが悪いとは言わないけど、「キリ」がないのです。

今日は、マンションの用事で出かけるのが遅れたから、
お弁当を作りました。
また、帰ってこないでしょう・・・

1日たったしめサバで

P1110724


焼しめサバですが・・・
作ったその日に、「炙り」を入れるよりも、
次の日、落ち着いたしめサバに「炙り」を入れるのがいいようです。

もちろん、お好みもあると思いますが、
わたしは、次の日の方が好きです。

それから、数回書いたのですが、
しめサバは、断然、からし派です。
練りカラシとお醤油を少しつけて食べるのが好きです。

お酒は、やはり、日本酒ですねっ!

IMG_1508


これ、オットの盛り付けです。
こちらは、しめサバです。焼いていません。

「どうだ−!」っていうような、ドヤ顔での盛り付け・・・
本人は、かなり素敵に盛り付けた、自信作・・・

う〜ん・・・
かなり場末の居酒屋でも、こんな盛り付けはせんじゃろ・・・
これが、わたしの正直な感想です。

それでも、やってみたいと言えば、
しめサバを切ってもらい、盛り付けてもらいます。

そのうち・・・そう、そのうち・・・
きっと上手に盛り付けられるようになる、かも、かも、かも。



迷いの年頃!?

HAWAII-3 026


50歳を過ぎて、アラフィフを越え・・・
今は、アラ還(60歳前後)となってしまった・・・

まあ、このくらいになると、歳がどうのこのとかあまり考えない。
・・・って、わたしだけかな!?

年齢には抗えない・・・ってとこが、正直なところ。

アンチエイジングなんて、どうでもいい。
歳と仲良くってのが、わたしの求めるところ。

さて、
それでも、骨格診断に行ったのは、
どんな服が似合うか、本当にわからなくなってきたため。

歳をとったからって、若く見えたいとは思わない。
歳相応で十分。

⭐️歳以上は、やっぱ、いやかな。。。苦笑

アラ還となり、今、一番思うのは、なんたってダントツは、

「清潔感」

歳をとっての、「清潔感」がないのはいただけない。

年齢が一番見えるのが、髪のような気がする。
一番嫌なのが、長い髪でバサバサの髪。
歳をとって素敵な人は、ほとんどがショートの人。

白髪であっても、なんでも、ヘアスタイルが素敵な人は、
歳をとっても、素敵に見える。

実は、わたしの髪、最近、やや長め。
行きつけのヘアーサロン、少しばかりお値段が高くなって・・・
なるべく行かないようにしている、それがいけないみたい。

髪は、やはり月一で綺麗にしてもらうのが理想だと思う。
でも、
結構お金かかるし、今、これが、最大の悩み。

さてさて、洋服だけど、
この数年、何を着ていいのかわからなくて、
実は、あまり洋服を買っていない。

今回、骨格診断を受けて、自分の向かう方向が見えた。

だから、今ある服の中で、方向性が違うものは処分しようと思う。

まずは、スカート。
まあ、冬物は2枚しかないから、処分も簡単なんだけどね・・・

いずれのスカートも、わたしのタイプとは違う。
だから、処分。
いずれも、ウェーブタイプだと思う・・・たぶん・・・

次は、Aラインの服。
さすがに、これは似合うとは思っていなかったので、
ほとんど持っていないけれども・・・数枚、いただきものがある。
こちらも処分対象。

このように、簡単に処分が決まるものはいいが、
そうもいかない、中途ハンパにお気に入りなものもある。
これが、問題。

そんな時、とあるところで、とある言葉を見つけた。

「今、似合うかどうか」

これが、判断の基準というのだ。
なるほどだと思う。

今、自分が素敵に見えるかどうかがポイントのようだ。
そう考えると、髪型も服も、答えを見出せそうだ。

迷いながらも、行ったり来たりしながら、いろいろ考えている。
あ〜、アラ還も、いろいろむずかし・・・







学生服

HAWAII-3 078


骨格診断、こんな言葉、聞いたことある!?

1月、このわたし、この骨格診断を受けてきた。

そもそも、骨格診断とは 
⇩以下、わたしの解釈 

個人の骨格を調べ、その人がどのタイプ(3タイプのうち)かを診断し、
その特徴の骨格の人に似合うスタイル、それを提案する・・・
とでも、言い表せばいいのだろうか!?

3タイプとは、
ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3タイプ。

で、わたしは、骨のしっかりしたタイプのナチュラル。

ナチュラルの人が似合うのは、基本「メンズライク」
男性が着るような服が似合う、のである。

あ〜ん、もう、わかっていたよ、それは・・・高校の時から・・・

・・・

話は、大昔に戻るが・・・40年前だ(大笑)

高校の時、
学ラン(男子・つめえり学生服)を着ることがあった。
⭐️なぜ、わたしが学ランを着たのか、理由は全く覚えてない・・・

その時、鏡の中の自分を見て、愕然としたことがある。

もしかして・・・
わたしって、本当は、男に生まれてきた方がよかったんじゃない!?
・・・って、ことです(苦笑)

その時、一応女子でして・・・あたりまえ。。。
女子の制服を着ていた。

が、断然、そう、だんぜ〜ん、学ランの方が似合ったのだ。

学ランを着た、鏡の中の私は、自分でも惚れ惚れするぐらいの、
真ん中、ど、ストライク!!!

こんなに学ランの似合う「ヤツ」を見たことない、と思った。

学ランを貸してくれた、同級生男子タマリは、わたしと同身長。
だから、サイズ的には、ぴったり。

タマリは、クラスでもオシャレだったから、
なんと、なんと、ぶら下がりの学ランではなく、
オーダーの学ランを着ていた。

学ランを着る理由は、全く覚えてないが、
タマリの学ランそのものは、しっかりと覚えている。

何せ、オーダーだから、裏地はエンジ色。
全体的に細身に仕立てた、特別タイプの学ラン。
⭐️その頃、私は、今よりもうんと細身だった(苦笑)

とにかく、もう、誰もが認めるほどの似合い。

クラスメートは、タマリの学ランもらって、明日から着て来い、
なんて言っていたけど、わたしも、心からそう思った。

タマリは、綺麗な顔をした男子だったから・・・
(若い頃の、近藤正臣みたいな顔だった)
もしかしたら、わたしの女子制服の方が似合ったかも(笑)

・・・

今思うと・・・

ナチュラルに似合うのは、
Aラインの女子学生の制服じゃなくて、ボックススタイルの学ラン、
正解だったんだねぇ・・・

・・・

↑写真のバッグ、わたしが使っているバッグ。
自立して、A4サイズのファイルが入るから、便利なバッグ。

これは、ストレートタイプの人のバッグらしい。
わたしは、自立しない、くたっとした大きめバッグがいいらしい。

だから、このバッグは、間違い。
でも、自立のA4入るバッグ、便利なんだよね。

⭐️⭐️⭐️骨格診断について、もう少し書き続けたいと思う。
    ぼちぼち続ける予定。






寒い中に出て行く

HAWAII-3 045


昨日の日曜日、夕方、何気なく観たテレビ、面白かったぁ〜

NHKのEテレで、糸井重里さんと中井貴一さんの対談。
とにかくおもしろかった。1時間近く釘付け。

その中で、心にグッときたことがあったので、
ここで少し紹介。

・・・

「夢」って、大きすぎると、
「夢」のままで、実現しないんだよね。


「夢」は、なるべく小さな方がいい。
なぜなら、より現実的で本気になるから。


「夢」を持つことよりも、
「本気」になる事が大事なんだよね。


「本気」かどうかは、
「寒い中」に出て行くかどうか、ということなんだよね。


・・・なるほど・・・納得。大いに納得。 

「夢」を見るのも、持つのも、簡単だ。
どんな大きな「夢」だって見られる。持てる。
そんな「夢」の中で、ふわふわ妄想するのは楽しい。

しかし、自分の手に入れたい「夢」であれば、話は違う。

小さな「夢」だったら、手の届きそうな「夢」だったら、
「本気」なれる。

「本気」になれない「夢」は、永遠に「夢」のまま。

だからこそ、
「夢」を持つことよりも、「本気」になることの方が大事なのだ。

「本気」になれば、一歩踏み出すしかない。
そこが、「寒い」ところであっても、

「寒い中」に出て行くのには、勇気がいる。
「寒い中」だから、厳しく、辛く、心細くもなるだろう。

でも、そこが大事なのだ。

「夢よりも本気」になれるか・・・
「寒い中」に出ていけるか・・・



⭐️実は、今少し悩んでいることがある。
 「本気」はあるんだけれども、
 「寒い中」に入って行く、ためらいがある。
 ・・・ってことは、まだ、本気ではないってこと!?

 その先にあるのは、「夢」とは少し違うが、
 今、ここで踏み出さないと・・・と、思っている。

 さて、わたし、「本気」出せるか!? 自問自答。。。




6−6−2「おいしいテーブル」

P1110703


家飲みをテーマに、2回目の「おいしいテーブル」です。

昨日は、生きのいい小イワシが手に入りましたので、
「自家製オイルサーディン」を作りました。
オイルも塩気も控えめ、小イワシの味が引き立ちます。

P1110708


「リエット」
今回は、ココット皿に入れて固めてみました。
バケットを添えてお皿に。

「リエット」と聞いて、ハードルが高そうなイメージ・・・
しかし、作り方は、実はすっごく簡単。
ざっくり作ればできる、それでいて、非日常のおごちそう感があります。

昨日の参加者も、
「これなら、わたしにもできるっ!」と、おっしゃっていました。

P1110719


〆には、肉団子のお汁と、ちょっぴりの卵かけご飯。

飲んだ後、どうして、汁物、そしてご飯が食べたくなるのでしょうか!?
ですが、
飲んだ後ですから、ご飯はちょっぴりです。

P1110727


「ノンオイルシフォンケーキ」です。
すごくふわふわ、しっとり・・・
ノンオイルとは信じられない〜〜〜との感想。

P1110728


今回も、無事に焼けました。
ただ、やはり、気泡が出るんですよね・・・

・・・

お家での「おいしいテーブル」ですが・・・
6回目ともなると、少しばかり慣れてきました。

お家でのメニューの組み立ては、
火をどのように使うか、オーブンはどの段階で使えるか、
水回りの関係は・・・と、考えることがいっぱい。

プラス、
月に4回開催ですので、同じような材料が手に入るかどうか、
そこが、一番の問題です。

今回は、
「リエット」「春菊のちぢみ」「冬の肉団子」
そして、「ノンオイルシフォンケーキ」は、必ず。

あとは、前日の材料によって違う・・・としました。
これなら、ちょっと気持ちに余裕が出ます。

・・・

公民館で開催していた時に比べ、少人数が4回となると・・・

材料費が,思いのほか高く付くことがわかりました。
まとめて15人分買うのと、3〜4人分を4回買うのとでは、
かなりの差が出ることがわかりました。

6期を半分過ぎましたが、いずれの回も予算はオーバーです。
かなり苦しい予算の中で動いています。

少人数のお料理教室の参加費が高い理由、
少しばかり、なぜなのかがわかりました。

やってみなければわからないこと、気がつかないこと、
いっぱいあります。

・・・

以前行っていたお料理教室ですが・・・
翌月の予約をして帰ります。

我が家のように、仕事がらみの出かけがあり、
翌月の開催の日時が合わずに、欠席の月もありました。

そのお教室は、それでも、参加費をお支払いするシステムでした。
参加しないのに、7000円近くのお金を払うのは苦痛でした。

数回、どうしても行けなかったことがありました。
それでも7000円・・・
続けられず、とうとうやめてしまいました。

その時は、7000円、7000円と、思いました。

が、
わたしの人数を含めての、お教室の「維持管理費」・・・
そのように、違う視点があったのだと、最近気がつきました。

「おいしいテーブル」は、4人の4回で16人の計算をしています。

重荷にならずに、気軽に参加して欲しいと思っていますので、
欠席の方の参加費はいただいていません。
ご都合のいい時にだけ参加していただくシステムです。

先月は、1月で、ご都合のつかない方も多くいらっしゃったのでしょう。
参加人数は、11人でした。かなり厳しいことになりました。

本当に、なんでも、やってみないとわからないことだらけです。

・・・

「おいしいテーブル」を、人生に置き換えるのは、
変な話ですが・・・

人生、なんでも、やってみるまではわからない・・・
         やってみて、初めてわかることもある・・・

     そして、

          やってみても、わからないこともある・・・!?









6−6−1「おいしいテーブル」

P1110683


「リエット」です。
バケットに乗っけていただくと、
ワインによく合います。

今回のテーマは、「家飲み」です。
一番寒くなる時期、お外に出るのは寒い。
だから、お家で、家飲み。気の合う仲間と一緒だと楽しい。

リエットは、一晩マリネしておいた豚肉をコトコト煮ます。
お肉が柔らかくなったら、それをフォークでざっとほぐします。
フードプロセッサーを使わず、お肉の繊維が残る感じが好きです。

P1110677


「春菊のちぢみ」は、今おいしい春菊を焼きます。
中には、ナッツなどミネラル分の多いものがいっぱい。
これは、ビールかな〜!?

P1110674


「牡蠣のピカタ」です。
2月の寒い時期の牡蠣が好きです。

牡蠣ピカタには、大根おろしがよく合います。
白髪葱も合うけれども、大根おろしの方が、作るの簡単^^;

こちらは、冷酒・ワイン・ビール、う〜ん焼酎もいいですね。

P1110688


「砂ずりのニンニク醤油漬け」です。
砂ずりをコロコロに切るのがポイントです。食感がいい。
簡単なのに、美味しい。

これは、作り置きできるので、付き出しにいいですね。

P1110691


「冬の肉団子」です。
レンコンを使ったレシピです。
こちらは、〆の汁物です。

肉団子、一人一個という大きさ。
子供の「グー」ぐらいの大きさです。
大きいと嬉しいのは、わたしだけ?

P1110694


「黄身ごはん」です。
お醤油に浸けた黄身、密かに「貧乏人のウニ」と呼んでいます。

ウニじゃないけど、そんな気分が味わえます。
いい海苔をパラパラちぎって乗せても美味しいです。

P1110698


「ノンオイルシフォンケーキ」です。
全く油を使っていません。
ですから、ちょっとしたコツが要ります。
ときどき失敗するのが、困ったところです。。。💦

今回は、上手に膨らみました。やれやれです。

P1110701


気泡もあまり出ずによかった・・・
生クリームとイチゴのジャムを添えました。
⭐️ミントがあれば、完璧だった。。。
 セロリの葉ならあるよ〜と言ったけど、即却下された。。。

・・・

テーマは「家飲み」ですが、車で来られる方もいるから、
乾杯は、ノンアルコールビールです。
正直、少々盛り上がりに欠ける・・・かな!?

が、おしゃべりで盛り上がります。

ノンストップおしゃべりイング・・・です。

ノンが付かないものを用意して、
家飲み、お家で楽しんでくださいね。






我が家のお泊まり事情

IMG_0243


先週末、遠くに住む息子たちが来た。
ちょっと急だったのでバタバタ用意した。

と言っても、特別なことはしない。

魚と肉と、今の季節に美味しいものを買い込んだだけ。
それだけ・・・

・・・

いわゆるどこにでもあるようなマンションに住んでいる。
特別広くもなければ、特別狭くもない、普通サイズのマンション。

押入れは、一間が一つあるだけ。狭めのサイズだけど・・・
そこに布団を二組用意している。
ただし、冬用の布団は持っていない。かさばるから。

今回のような冬は、部屋に暖房を入れてもらうことにしている。

客室なんてないから、そこは色々工夫が必要。

赤ちゃん連れだから、ゆっくりと寝る部屋を確保したい。

わたしたちの寝室が一番奥まっていて、一番静か。
ガラスもペアガラスを入れたから、外からの音も静か。

普段あるものをその寝室から引越して、
その部屋を息子たちが使えるようにする。

1時間頑張れば、準備は整う。

我々は、オットの部屋に寝る。
ここにはシングルベッドが一つある。
そこの床にもう一つお布団をひいて、もう一人はそちらで寝る。

まあ、快適なお迎えとはいかないかもしれないけれども、
どうにかなっているのでは!?と思う。

ときどき、一人妄想をする。

宝くじに当たったら・・・(買ってもないけど・笑)

一軒家を建てて、そこには、ゲストルームを作りたい。
簡単なシャワーとトイレとミニキッチンがあって、
ベッドを二つ置いて・・・などなど。

そうしたら、簡単にお泊まりしてもらえるのになぁ〜と、
考える。

が、妄想は、妄想である。当たり前だけど。

現実は、あちこちに布団を移動して、どうにかやりくりする。

今朝は、その布団の山を前に、さてさてがんばろう〜と思う。




Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ