*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

2015年09月

一応の決着

IMG_1938


今朝、昨日の続きの土木作業をした。

いちおうの「済み」とした。

そこで、お嫁のちぃ〜ちゃんと「ご褒美」を買いに行った。
もみぢ庵の「あんみつ」〜〜〜

IMG_1940


手作り寒天と豆がいい感じ。
黒蜜も甘くないし、白玉も2個付き^^

☆あ〜、レトロな(ボロな・・・)キッチンが映っている(苦笑)

・・・

土木作業の場所、公園と中学校に挟まれた裏道!?
人があまり通らないから、ついついゴミを捨てちゃう人がいる。

ゴミと葉っぱ、それに、公園から流れ落ちる土。
その土の上に雑草が生えてきて、見るも悲惨な状況。

ここの裏道、雨が降ると、
ゴミと葉っぱ、流れ落ちた土などなどが流れてきて、
排水溝の口の部分をふさぐ。

逃げ場を失った雨水は、道路に溢れかえる。

ここは、中学生や小学生の正式な通学路ではないと思うが・・・
しかし、ここを通学する中学生や小学生はいっぱいいる。

水浸しの道を通学する子供たちが、気の毒で、気の毒で・・・

誰もやらなきゃ、わたしがやっちゃろうじゃないか!
と、ひとり奮起して、がんばった。

まあ、独り相撲の自己満足に過ぎない部分は大いにあるけど^^;

今朝、何とか一応の決着をみた。
☆あくまでも、わたしの基準の中の決着だけど・・・

来週も秋雨前線が居座ると、天気予報で言っていた。
少しは、雨水の流れがよくなって、水はけがよくなるといいんだけど。

☆☆☆
お嫁のちぃ〜ちゃんの感想では・・・

「見違えるようにきれいになりましたよ〜〜〜」

うれしい感想でした!

☆☆☆
きれいな場所、人の手が入った場所には、
基本、ごみを捨てにくい雰囲気があると思う。
だから、少しはゴミが少なくなるのでは!?
などなど、勝手なことを思っている。





文化ちりとり

IMG_1930


ちりとり。

なんでもこういうタイプを、
「文化ちりとり」と言うらしい・・・知らなかった。

会社にあった以前の「文化ちりとり」は、金属製。
だから、重いし、音もガチャガチャ。

これは、750グラムと軽く、プラスチックなので静か。
耐用性はわからないが、わたしには使いやすい。

なんでも、浦安にある○○ランドでも使っているらしい。
行ったことないから、???だけど。

4色あって、色が選べる。黒にした。

が、どこからどう見ても、濃いグレーだ。
いわゆるねずみ色ってところ。
次は、違う色を買うかも・・・

・・・

会社、1か月を通して、忙しいときと、そうでもないときがある。

今、忙しくないときは、掃除をしている。
今朝は、土木作業をした!

会社の横にある公園、公園のほうが敷地が高い。
だから、雨になどで、土がどんどんとこちらに流れてくる。
それが、公園の下の道路の端にたまる。

昨日、十能と言うスコップみたいなのを買った。
アルミ製の軽いのを買った。

道路端の土をスコップで取り、バケツに入れる。
バケツで、上の公園に運ぶ。
行ったり来たり、10往復ぐらいした。

思ったところの半分できた。
残りは、また、次。

この場所、正式には市の道路。
だから、管理は市なんだろうけど・・・

まあ、わたしが二日がんばればできるから、
やるっかっ〜って思った。

ここの場所、目につきにくい場所だから、
実は、不法投棄がたまにある。

だから、うんと、うんと、きれいにすることにしたのだ!

うんと、うんときれいにした場所には、
ごみが捨てにくいかなぁ〜〜〜って思うから。

長靴にスコップ作業、近所の人が、無理しないようにねって・・・

たぶん、いや、かなりへっぴり腰でやっている(苦笑)



真ん中

IMG_1936


疲れたら・・・

甘いもの!っていう人がいる。

わたしは、ダメ・・・
疲れて、甘いものを食べたい気分にも、まず!ならないし、
万が一食べたら、多分、気分悪くなって、ぶったおれるぅ。。。

疲れたら、たんぱく質の塊がほしい! 肉食女子!?

笑・・・ 肉食、ばばあぁ〜ですかね!

今日は、帰ってきて、ぶっ倒れそうな気分。
だから、ビール(正式にはお安いビールもどき、でも、これイケる!)

ハムの塊を少し切って食べる。
正しくは、食べるじゃなくて・・・ かじる(笑)

疲れた時は、なぜか、たんぱく質が欲しい。
それも、塊がいい。

お菓子は買わないが、ハムの塊は買う。
懐が厳しいい時は、ちくわ、でもいい^^
とにかく、ポイントは「かじれるたんぱく質!」

・・・

会社の近くに、孫のみぃ〜ちゃんが住んでいる。
ときどき、ふら〜っと遊びに来る。

先日来た時の話し。

「あのねぇ、夏休みに、九州のおじいちゃんとおばあちゃんにね、
 お手紙書いたの。
 そしたら、お返事が来たんだよ。
 でね、ママのおじいちゃんとおばああちゃんにもお手紙書いたら、
 そのお返事も来たの。」

よかったわねぇ〜と、お話をする。

で、いろいろ話をしていて、ちょっと違うことがあったので指摘。

「九州のおじいちゃんとおばあちゃんは、
 ひい・おじいちゃんと、ひい・おばあちゃんだよ」

「みぃ〜ちゃんは、九州のおじいちゃんとおばあちゃんの、
 ひい・まごだよ〜」って。

ちょっとわかんないふうだったので、わたしは、説明を続ける。

「ひい・おじいちゃんと、ひい・おばちゃんからしたら、
 みぃ〜ちゃんは、子供の子供の子供だよ」って。

仰天顏でみぃ〜ちゃんは、聞く。

「え〜ええっ!!! 
 じゃあ、真ん中は、誰ぇ〜っ???」

「真ん中!?」

ええ〜っと、わたしは、考える。

真ん中は、二人いるんだよと。
ひい・おじいちゃんと、ひい・おばちゃんの子供がわたし。
その子供がパパ。

で、その子供がみぃ〜ちゃん。

「真ん中に二人いるんだぁ〜!」と、
納得したのか、納得してないのか・・・それは???

面白かったのは、「真ん中」という発想。
確かに、真ん中かもしれない。。。




記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ